2024/06/08 更新

写真a

イシイ ケイコ
石井 慶子
ISHII Keiko
所属
理工学部 准教授
その他担当機関
理工学研究科精密工学専攻博士課程前期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 博士(環境学) ( 東京大学 )

  • 修士(工学) ( 東京理科大学 )

学歴

  • 2017年3月
     

    東京大学   新領域創成科学研究科   人間環境学専攻   博士後期   満期退学

  • 2013年3月
     

    東京理科大学   理工学研究科   土木工学専攻   修士   修了

  • 2011年3月
     

    東京理科大学   理工学部   土木工学科   卒業

経歴

  • 2023年4月 - 現在

    中央大学   理工学部 精密機械工学科   准教授

  • 2020年9月 - 現在

    青山学院大学 ジェロントロジー研究所   客員研究員

  • 2020年10月 - 2023年3月

    青山学院大学   理工学部機械創造工学科   助教

  • 2017年4月 - 2020年9月

    青山学院大学   理工学部機械創造工学科   助手

  • 2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会   特別研究員(DC1)

所属学協会

  • 2024年6月 - 現在

    日本時計学会

  • 2024年6月 - 現在

    IEEE

  • 2023年2月 - 現在

    Japan Skeptics

  • 可視化情報学会

  • 日本伝熱学会

  • 日本機械学会

  • 日本実験力学会

▼全件表示

研究キーワード

  • 熱流体

  • 可視化

  • 磁性流体

  • 燐光

  • 流体

  • 伝熱

  • 応力発光

  • 蛍光

  • マイクロチャンネル

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学  / 応力分布計測・応力発光体

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学  / 可視化計測,マイクロチャンネル,PIV, LIF, TSP, PSP

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学  / 可視化計測,マイクロチャンネル,自励振動ヒートパイプ,感温磁性流体

論文

  • Basic research on heat transport characteristics of low filling ratio pulsating heat pipe (Effect of heat pipe installation posture on heat transport performance)

    Shunsuke TSUTSUMIUCHI, Keiko ISHII, Koji FUMOTO

    Transactions of the JSME (in Japanese)   90 ( 930 )   23 - 00268   2024年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Mechanical Engineers  

    DOI: 10.1299/transjsme.23-00268

    researchmap

  • Numerical Investigation of Shape of Blood Heat Exchange Catheter 査読

    Aika Ueno, Keiko Ishii, Koji Fumoto

    2023 IEEE 11th Region 10 Humanitarian Technology Conference (R10-HTC)   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Synthesis and evaluation of high thermal conductivity magnetic heat storage inorganic microcapsules simultaneously containing gallium and magnetic nanoparticles by sol-gel method 査読

    Keiko Ishii, Kosuke Kawayama, Koji Fumoto

    Journal of energy Storage   59   106426   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.est.2022.106426

    researchmap

  • Flat plate pulsating heat pipe operating at ultra-low filling ratio 査読

    Koji Fumoto, Keiko Ishii

    Applied Thermal Engineering   228 ( 25 )   120468 - 120468   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.applthermaleng.2023.120468

    researchmap

  • Optical visualization of the formation behavior of magnetic particle clusters in a forced convection field 査読

    Keiko Ishii, Kazuki Ogura, Koji Fumoto

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   556 ( 15 )   169433   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 自励振動型ヒートパイプ内部における感温塗料を用いた温度分布および蛍光染料を用いた流動の同時計測 査読

    大髙裕矢, 石井慶子, 麓耕二

    実験力学   22 ( 1 )   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 接触・発話を伴う対面時の呼気の可視化 査読

    石井 慶子, 大野 淑子, 及川 麻衣子, 大西 典子

    可視化情報学会論文集   41 ( 7 )   21 - 27   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人 可視化情報学会  

    新型コロナウイルスは無症状感染する特徴により爆発的に感染者数が増えている可能性が指摘されている.咳やくしゃみ,発話で発する飛沫のうち,2~3μm以下の微小粒子のもの(エアロゾル)は広範に拡散し,空中で数時間漂うと言われている.密集・密閉した環境での集団感染が多く報告されたこともあり,この原因と言われはじめたのが,エアロゾル感染である.現象を理解したうえで,適切な感染対策を行い,安心を示した上で接客を行うことが,社会の混乱を避けながら,経済停滞を防ぎ,生活の質を維持することに重要である.そこで,本研究ではマスクやフェイスシールドの有無による呼気エアロゾルの流れの可視化を行った.感染が問題となる呼気エアロゾルの粒形と,電子タバコの粒径が近いため,電子タバコの煙のレーザー散乱光をカメラで撮影した.マスクをすると,呼気エアロゾルは体の表面に滞留し,ゆっくりと体の表面に沿って上昇した.下を向いている場合,マスクをしていても,マスクの上下端から漏れ出した呼気エアロゾルが乱れながら下方に向かった.フェイスシールドには感染症予防に意味がないという話が広く認識されているが,フェイスシールドを着用すると,呼気エアロゾルが体の表面に滞留しやすくなり,暖められたエアロゾルが下に向かわず,上昇した.すなわち,介護や医療,美容関係者等が下方にいる人間に接近する場合,マスクとフェイスシールドをどちらもつけると,顧客に呼気エアロゾルを浴びせる量を効果的に低減させることができると考えられる.

    DOI: 10.3154/tvsj.41.21

    CiNii Research

    researchmap

  • Relationship between human exhalation diffusion and posture in face-to-face scenario with utterance 査読 国際誌

    Keiko Ishii, Yoshiko Ohno, Maiko Oikawa, Noriko Onishi

    Physics of Fluids   33 ( 2 )   027101 - 027101   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0038380

    PubMed

    researchmap

  • Two-dimensional flow field visualization of temperature-sensitive magnetic fluid using luminescent micro capsule 査読

    Keiko Ishii, Aizawa Ryota, Koji Fumoto

    IEEE Magnetics Letters   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Mechanism of temperature-difference-induced spiral flow in microchannel and investigation of mixing performance of a non-invasive micromixer 査読

    Keiko ishii, Eiji Hihara, Tetsuo Munakata

    Applied Thermal Engineering   174 ( 25 )   115291   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 未利用熱の有効利用を目的とした熱輸送デバイスに関する基礎的研究 査読

    麓耕二, 山上廣城, 石井 慶子

    鉄と鋼   106 ( 8 )   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 感温磁性マイクロカプセル溶液を用いた流れ場可視化 査読

    相沢亮汰, 石井慶子, 麓耕二

    実験力学   19 ( 4 )   281 - 286   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Synthesis of temperature-sensitive magnetic microcapsules and visualization of the cluster formation 査読

    Keiko Ishii, Ryota Aizawa, Koji Fumoto

    Magnetics letters   10 ( 1 )   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Temperature Visualization and Investigation Inside Evaporator of Pulsating Heat Pipe Using Temperature-sensitive Paint 査読

    Keiko ISHII, Koji FUMOTO

    Applied Thermal Engineering   155   575 - 583   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Investigation of temperature-induced flow stratification and spiral flow in T-shaped microchannel 査読

    K Ishii, S Someya, T Munakata

    Microfluidics and Nanofluidics   22 ( 9 )   93   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Temperature Sensitive Paintを用いた自励振動型ヒートパイプ内の温度場計測 査読

    石井 慶子, 麓 耕二

    実験力学   18 ( 3 )   163 - 168   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Lifetime-based measurement of stress during cyclic elastic deformation using mechanoluminescence of SrAl2O4:Eu2+ 査読

    Satoshi Someya, Keiko Ishii, Tetsuo Munakata, Masayuki Saeki

    OPTICS EXPRESS   22 ( 18 )   21991 - 21998   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OPTICAL SOC AMER  

    The present study focused on the rise time and decay times of mechanoluminescence (ML) during cyclic elastic deformation of SrAl2O4:Eu2+. The time constants during compression and decompression, tau(up) and tau(down), respectively, did not change from the 2nd to the 5th cycle. Both tau(up) and tau(down) were expressed by a linear function of the maximum load and the inverse of the loading rate. tup depended only on the loading time, whereas tdown was affected by the loading time and the rate of change of the strain energy. Measuring tau(down) may enable evaluation of the loading conditions even under cyclic loading and may enhance the practicality of a ML phosphor. (C) 2014 Optical Society of America

    DOI: 10.1364/OE.22.021991

    Web of Science

    researchmap

  • Lifetime-based measurement of stress using mechanoluminescence of SrAl 2O4: Eu2+ 査読

    Satoshi Someya, Keiko Ishii, Masayuki Saeki, Tetsuo Munakata

    Optics Letters   38 ( 7 )   1095 - 1097   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The stress and loading rate on disks of SrAl2O4:Eu mixed epoxy resin were measured by a lifetime-based method. The concentration of the mechanoluminescence (ML) phosphor and the excitation power did not affect the measured lifetime. The lifetime was proportional to the stress and was inversely proportional to the loading rate. The concentration, the excitation power, the stress, and the loading rate affected the peak intensity of ML, while previous work estimated the stress using the absolute intensity under well-controlled excitation and concentration conditions. The method used here can shorten the measurement time and enhance the practicality of a ML phosphor. © 2013 Optical Society of America.

    DOI: 10.1364/OL.38.001095

    Scopus

    researchmap

  • 応力発光体の時系列応答特性に着目した荷重評価法 査読

    石井慶子, 染矢聡, 佐伯昌之, 宗像鉄雄

    日本機械学会論文集C編   79 ( 806 )   3721 - 3731   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Evaluation method of loading condition based on the time response of Mechanoluminescence 査読

    Keiko Ishii, Satoshi Someya, Masayuki Saeki, Tetsuo Munakata

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C   79 ( 806 )   3721 - 3731   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mechanoluminescence (ML) intensity is proportional to magnitude of load and loading rate in elastic region. However, ML intensity is affected by initial excitation level, concentration of ML materials and so on, resulting in difficulties to evaluate the stress quantitatively. Controlling the initial conditions for the quantitative measurement requires a long stand-by time. In this study, we evaluated relations between increasing/decreasing stress and the response characteristics of ML. The transient ML intensity was measured by a photomultiplier tube. The rise time of ML, τup, and decay time, τdown, were proportional to maximum load and inversely proportional to loading rate. Furthermore, τup and τdown were not affected by initial excitation level, concentration of ML materials. Investigating responses to the cyclic load, τ was not affected by cycle stress. In order to confirm whether external force affects the value of τ, same loading time and various magnitude of external force were added to the sample and calculated τ. Results show τup was affected only by loading time. On the other hand, τdown was affected by loading time and rate of time variation of strain energy. Appling to two-dimensional measurement, qualitatively correct results were obtained in each area. The above results indicate τ would be a useful parameter to visualize stress field in elastic body arbitrary and sequentially. © 2013 The Japan Society of Mechanical Engineers.

    DOI: 10.1299/kikaic.79.3721

    Scopus

    researchmap

  • Combined two-dimensional velocity and temperature measurements of natural convection using a high-speed camera and temperature-sensitive particles 査読

    Satoshi Someya, Yanrong Li, Keiko Ishii, Koji Okamoto

    EXPERIMENTS IN FLUIDS   50 ( 1 )   65 - 73   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    This paper proposes a combined method for two-dimensional temperature and velocity measurements in liquid and gas flows using temperature-sensitive particles (TSPs), a pulsed ultraviolet laser, and a high-speed camera. TSPs respond to temperature changes in the flow and can also serve as tracers for the velocity field. The luminescence from the TSPs was recorded at 15,000 frames per second as sequential images for a lifetime-based temperature analysis. These images were also used for the particle image velocimetry calculations. The temperature field was estimated using several images, based on the lifetime method. The decay curves for various temperature conditions fit well to exponential functions, and from these the decay constants at each temperature were obtained. The proposed technique was applied to measure the temperature and velocity fields in natural convection driven by a Marangoni force and buoyancy in a rectangular tank. The accuracy of the temperature measurement of the proposed technique was +/- 0.35-0.40A degrees C.

    DOI: 10.1007/s00348-010-0894-0

    Web of Science

    researchmap

  • A Dipping Duration Study for Optimization of Anodized-Aluminum Pressure-Sensitive Paint 査読

    Hirotaka Sakaue, Keiko Ishii

    SENSORS   10 ( 11 )   9799 - 9807   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Anodized-aluminum pressure-sensitive paint (AA-PSP) uses the dipping deposition method to apply a luminophore on a porous anodized-aluminum surface. We study the dipping duration, one of the parameters of the dipping deposition related to the characterization of AA-PSP. The dipping duration was varied from 1 to 100,000 s. The properties characterized are the pressure sensitivity, temperature dependency, and signal level. The maximum pressure sensitivity of 65% is obtained at the dipping duration of 100 s, the minimum temperature dependency is obtained at the duration of 1 s, and the maximum signal level is obtained at the duration of 1,000 s, respectively. Among the characteristics, the dipping duration most influences the signal level. The change in the signal level is a factor of 8.4. By introducing a weight coefficient, an optimum dipping duration can be determined. Among all the dipping parameters, such as the dipping duration, dipping solvent, and luminophore concentration, the pressure sensitivity and signal level are most influenced by the dipping solvent.

    DOI: 10.3390/s101109799

    Web of Science

    researchmap

  • Optimization of Anodized-Aluminum Pressure-Sensitive Paint by Controlling Luminophore Concentration 査読

    Hirotaka Sakaue, Keiko Ishii

    SENSORS   10 ( 7 )   6836 - 6847   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Anodized-aluminum pressure-sensitive paint (AA-PSP) has been used as a global pressure sensor for unsteady flow measurements. We use a dipping deposition method to apply a luminophore on a porous anodized-aluminum surface, controlling the luminophore concentration of the dipping method to optimize AA-PSP characteristics. The concentration is varied from 0.001 to 10 mM. Characterizations include the pressure sensitivity, the temperature dependency, and the signal level. The pressure sensitivity shows around 60 % at a lower concentration up to 0.1 mM. Above this concentration, the sensitivity reduces to a half. The temperature dependency becomes more than a half by setting the luminophore concentration from 0.001 to 10 mM. There is 3.6-fold change in the signal level by varying the concentration. To discuss an optimum concentration, a weight coefficient is introduced. We can arbitrarily change the coefficients to create an optimized AA-PSP for our sensing purposes.

    DOI: 10.3390/s100706836

    Web of Science

    researchmap

  • Combined two-dimensional velocity and temperature measurements using a high-speed camera and luminescent particles 査読

    S. Someya, D. Ochi, Y. Li, K. Tominaga, K. Ishii, K. Okamoto

    APPLIED PHYSICS B-LASERS AND OPTICS   99 ( 1-2 )   325 - 332   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    This paper proposes a combined method for two-dimensional temperature and velocity measurements using temperature sensitive particles (TSParticles), a pulsed ultraviolet (UV) laser and a single high-speed camera. TSParticles were synthesized using ion-exchange particles and Eu(TTA) luminescent dye. The size and material of the particles for synthesizing TSParticles are selectable. TSParticles respond to temperature changes in a flow and can also serve as tracers for the velocity field. TSParticles were seeded into a heated water flow in a complex-shaped channel constructed of MEXFLON resin, which has a refractive index exactly equal to that of water. Particle images of flow beyond the structure can be recorded without any distortion. The TSParticles were excited by the UV pulsed laser and the luminescence from the TSParticles were recorded at 40,000 frames per second as sequential images for a lifetime-based temperature analysis. Another advantage of our approach is that high time-resolved PIV can be carried out without a high-frequency laser. The recorded images were also used for the particle image velocimetry (PIV) calculation.

    DOI: 10.1007/s00340-010-3926-9

    Web of Science

    researchmap

  • Visualization of surface temperature by the lifetimebased phosphor thermometry using a high-speed camera 査読

    Satoshi Someya, Mitsunori Uchida, Keiko Ishii, Kaoru Tominaga, Yanrong Li, Koji Okamoto

    Journal of Flow Visualization and Image Processing   17 ( 2 )   127 - 135   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A surface temperature inside an optical engine with or without heating the intake gas was measured using the phosphor thermometry (PT) in view of a combined measurement of the velocity and temperature map. The temperature distribution was measured by the PT using only 3 or 10 images, which were recorded by the non-intensi- fied high-speed CMOS camera, by taking into account the local pixel nonlinearity. The temporal standard deviation of the decay constant was 0.17-0.33% and it changed 0.15% by the position, indicating that the nonuniformity of the pixel nonlinearity was large. With the local calibration, the spatial fluctuation of the measured temperature was 0.10-0.53°C. This technique was applied to temperature measurement in the optical engine, resulting in reasonable temperature maps. © 2010 by Begell House, Inc.

    DOI: 10.1615/JFlowVisImageProc.v17.i2.30

    Scopus

    researchmap

  • 高速度カメラと燐光感温粒子を用いた寿命法による温度速度計測 (流体工学, 流体機械) 査読

    染矢聡, 内田光則, 石井慶子, 富永馨, 李艶栄, 岡本孝司

    日本機械学会論文集 B 編   75 ( 759 )   2207 - 2214   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 僕☆とりプルE

    石井慶子, 上野藍香, 春日康徳, 藤生ミノル( 範囲: 漫画原作)

    丸善雄松堂  2023年3月  ( ISBN:9784841940589

     詳細を見る

    IEEE Japan Council主催で、2021年に続き、IEEEの学生会員を対象にマンガプロットコンテストを2022年も開催しました。今年も素晴らしいプロットの応募が集まり、IEEE Japan Council、DNP、丸善雄松堂、さらにはプロのマンガ作家が審査員となり、学生の応募作から選んだ3作品を、マンガとして刊行することといたしました。

    researchmap

    その他リンク: https://drive.google.com/file/d/1De1_aTEhoQXQ2Tw5d6AH12aea4fIR-Ng/view

  • 情報を正しく選択するための認知バイアス事典 行動経済学・統計学・情報学 編

    米田 紘康, 竹村 祐亮, 石井 慶子( 担当: 共著 範囲: 3章:情報学)

    フォレスト出版  2022年12月  ( ISBN:4866802103

     詳細を見る

    総ページ数:264  

    ASIN

    researchmap

MISC

  • 呼気・カルマン渦の可視化

    石井慶子

    クリーンテクノロジー   34 ( 4 )   39 - 43   2024年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「応力・ひずみの可視化」特集にあたって

    石井慶子, 米山聡

    可視化情報学会誌   43 ( 167 )   2023年6月

     詳細を見る

  • 切実に生きることの功罪

    石井慶子

    日本機械学会誌   125 ( 1244 )   2022年7月

     詳細を見る

  • 磁性ナノ粒子含有マイクロ粒子を用いた磁性流れ場の可視化

    石井慶子

    可視化情報学会誌   42 ( 164 )   2022年6月

     詳細を見る

  • 「複雑流体の可視化」特集にあたって

    石井慶子, 小方聡

    可視化情報学会誌   42 ( 164 )   2022年6月

     詳細を見る

  • 人の呼気の流動特性を把握して感染症予防をしよう!

    石井慶子

    メカトップ関東   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 感温磁性粒子を含有したマイクロカプセルの作成と流れ場における流動様相

    小倉一起, 石井慶子, 麓耕二

    日本機械学会流体工学部門 ニュースレター 流れ 2021年3月号   2021年3月

     詳細を見る

  • 理美容事業における施術時の呼気可視化と感染予防対策

    大西典子, 大野淑子, 及川麻衣子, 石井慶子

    日本美容福祉学会 NEWSLETTER   ( 1 )   2021年2月

     詳細を見る

  • 先端可視化 : Temperature Sensitive Particles

    染矢 聡, 岡本 孝司, 大倉 康裕, 古谷 博秀, 内田 光則, 照沼 勇人, 富永 馨, 越智 大輔, 石井 慶子, 李 艶栄

    可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan   32 ( 125 )   58 - 63   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人 可視化情報学会  

    DOI: 10.3154/jvs.32.125_8

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 2⾊マイクロ粒⼦による温度速度場同時計測の開発

    山口 研成, 石井 慶子

    日本伝熱学会 第61回日本伝熱シンポジウム  2024年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 機能性2 色粒子によるスカラー場速度場同時計測法 招待

    石井慶子

    令和5 年度第3 回 応力・ひずみ測定部門講演会  2024年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 感温磁性マイクロカプセルの自然対流(鉛直磁場下における流動特性評価)

    宮澤瑞希, 石井慶子, 麓耕二

    日本機械学会 関東支部 第30期総会・講演会  2024年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Numerical Investigation of Shape of Blood Heat Exchange Catheter

    Aika Ueno, Keiko Ishii, Koji Fumoto

    2023 IEEE 11th Region 10 Humanitarian Technology Conference (R10-HTC)  2023年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低封入率型自励振動ヒートパイプの熱輸送性能に関する基礎的研究(ヒートパイプの設置姿勢が熱輸送性能に及ぼす影響)

    堤内俊介, 石井慶子, 麓耕二

    日本機械学会 熱工学コンファレンス  2023年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 模擬磁性流体の可視化

    石井慶子, 宮沢瑞樹, 佐藤亮, 小倉一起, 麓耕二

    熱工学コンファレンス(熱工学コレクション)  2023年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 感染症予防のための呼気の可視化

    石井 慶子, 大野 淑子, 及川 麻衣子, 大西 典子

    会いに行ける科学者フェス  ( 秋葉原UDX )   2023年10月  JAAS

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 先進見える化技術で実現する夢の省エネルギー技術

    石井慶子

    会いに行ける科学者フェス  2023年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 強制対流での感温磁性マイクロ カプセル分散液の流動様相

    石井慶子, 佐藤亮, 麓耕二

    第51回可視化情報シンポジウム  2023年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月    

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 光るカルマン渦

    石井慶子

    第51回可視化情報シンポジウム アートコンテスト  2023年8月 

     詳細を見る

  • 摺動を利用した熱輸送現象の評価

    大串 鴻稀, 石井 慶子, 麓 耕二

    2023年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 低充填率域における自励振動型ヒートパイプの熱輸送性能評 価

    塩川 篤史, 石井 慶子, 麓 耕二

    第60回伝熱シンポジウム  2023年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 磁気ハイパーサーミアによる癌の低侵襲治療に関する検討

    久保田 竜平, 石井 慶子, 麓 耕二

    第60回伝熱シンポジウム  2023年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Basic research on Self-regenerated Bridge Type Heat Pipe

    Shunsuke TSUTSUMIUCHI, Keiko ISHII, Koji FUMOTO

    Joint 21st International Heat Pipe Conference and 15th International Heat Pipe Symposium  2023年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月    

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Simultaneous Measurement of Temperature Distribution and Flow Inside a Pulsating Heat Pipe Using Temperature Sensitive Paint with in-situ Calibration

    Keiko Ishii, Yuya Otaka, Koji Fumoto

    Joint 21st International Heat Pipe Conference and 15th International Heat Pipe Symposium  2023年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Simultaneous measurement of two-dimensional temperature distribution and flow inside a single channel simulating pulsating heat pipe

    Rikuto Shimoda, Keiko Ishii, Koji Fumoto

    Joint 21st International Heat Pipe Conference and 15th International Heat Pipe Symposium  2023年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 磁気ハイパーサーミアにおける生体を模擬した寒天 ファントム内部での発熱評価

    久保田 竜平, 石井 慶子, 麓 耕二

    第33回 バイオフロンティア講演会  2022年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Generation of Multifunctional Capsules and visualization of Complex Fluid Flow Fields 招待

    Keiko Ishii

    International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) Kota Kinabalu 2022  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 自己再生ブリッジ振動型ヒートパイプに関する基礎的研究-熱輸送性能に及ぼす熱交換セクション比率の影響-

    堤内 駿介, 石井 慶子, 麓 耕二

    日本機械学会 熱工学コンファレンス2022  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月    

    researchmap

  • 自励振動型ヒートパイプ内部の流動や温度の可視化

    石井 慶子, 大髙 裕矢, 麓 耕二

    日本機械学会 熱工学コンファレンス 熱工学コレクション2022  2022年10月 

     詳細を見る

  • 呼気エアロゾルの可視化

    石井 慶子, 大野 淑子, 及川 麻衣子, 大西 典子

    熱工学コンファレンス 熱工学コレクション2022  2022年10月 

     詳細を見る

  • 或る女性研究者の限界突破サバイバル生活

    石井慶子

    日本機械学会若手の会 第5回オンライン若手技術者交流会  2022年9月 

     詳細を見る

  • 博士課程での受難と対策

    石井慶子

    立命館大学キャリアパス推進室セミナー  2022年9月 

     詳細を見る

  • 自励振動型ヒートパイプ内部の気液流動と壁面温度分布の同時計測

    石井慶子, 大髙裕矢, 麓 耕二

    日本実験力学会 2022 年度年次講演会  2022年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of magnetic nanoparticle concentration on magnetic hyperthermia

    R. Kubota, K. Ishii, K. Fumot

    9th WORLD CONGRESS OF BIOMECHANICS  2022年7月 

     詳細を見る

  • 自己再生ブリッジ振動型ヒートパイプに関する研究

    麓 耕二, 石井 慶子, 宮川 滉平

    第 59 回日本伝熱シンポジウム  2022年5月 

     詳細を見る

  • 性粒子含有マイクロカプセルの強制流動場におけるクラス ター形成様相の解明

    石井 慶子, 小倉 一起, 麓 耕二

    第 59 回日本伝熱シンポジウム  2022年5月 

     詳細を見る

  • 磁性ナノ粒子を用いた癌の温熱療法の局所加温に関する検討

    久保田 竜平, 石井 慶子, 麓 耕二

    第 59 回日本伝熱シンポジウム  2022年5月 

     詳細を見る

  • 血液熱交換用カテーテル形状に関する検討

    上野 藍香, 石井 慶子, 麓 耕二

    第 59 回日本伝熱シンポジウム  2022年5月 

     詳細を見る

  • 自励振動型ヒートパイプの流動を模擬した単流路の内部流 動および 2 次元温度分布の同時計測

    下田 陸斗, 麓 耕二, 石井 慶子

    第 59 回日本伝熱シンポジウム  2022年5月 

     詳細を見る

  • グラフェンシート懸濁液の熱物性に及ぼす調整過程 の影響

    荻山 貴弘, 石井 慶子, 小方 聡, 仁科 勇太, 麓 耕二

    日本機械学会 関東支部 第28期総会・講演会  2022年3月 

     詳細を見る

  • Self-rewetting 溶液中に生じる気泡微細化現象のメカ ニズム解明

    日巻 雅喜, 石井 慶子, 麓 耕二

    日本機械学会 関東支部 第28期総会・講演会  2022年3月 

     詳細を見る

  • 磁性ナノ粒子を用いた癌の温熱治療法における生体局所加温 特性に関する検討

    三股啓一郎, 石井慶子, 麓耕二

    第32回 バイオフロンティア講演会  2022年1月 

     詳細を見る

  • ガリウムマイクロカプセルスラリーの調製と対流実験による熱輸送評価

    大貫凌河, 石井慶子, 麓耕二

    第 10 回潜熱工学シンポジウム  2021年11月 

     詳細を見る

  • 磁性粒子と相変化物質を封入したマイクロカプセルの合成とその観察

    川山昂祐, 石井慶子, 麓耕二

    第 10 回潜熱工学シンポジウム  2021年11月 

     詳細を見る

  • 温度差を有する場の感温磁性マイクロカプセル分散液パッシブ流動の可視化

    佐藤 亮, 石井 慶子, 麓 耕二

    本機械学会 第99期 流体工学部門 講演会  2021年11月 

     詳細を見る

  • 複雑熱流体現象への可視化計測実験によるアプローチ 招待

    石井慶子

    日本伝熱学会中国四国支部&中四国熱科学・工学研究会 秋の特別講演会  2021年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • The Simultaneous Visualization of Flow and Temperature inside a Pulsating Heat Pipe Using Temperature-sensitive Paint , The 18th International Conference on Flow Dynamics

    Y. Otaka, K. Ishii, K. Fumoto

    The 18th International Conference on Flow Dynamics (ICFD2021)  2021年10月 

     詳細を見る

  • 摺動を利用した往復振動流の熱輸送評価

    岡田 健吾, 石井 慶子, 麓 耕二

    日本機械学会 熱工学コンファレンス2021  2021年10月 

     詳細を見る

  • 平板型マイクロ自励振動型ヒートパイプの熱輸送性能に及ぼす冷却条件の影響

    山口 史人, 石井 慶子, 麓 耕二

    日本機械学会 熱工学コンファレンス2021  2021年10月 

     詳細を見る

  • 熱交換セクション比率の変化による扁平自励振動型ヒートパイプの熱輸送特性-凝縮部及び蒸発部面積の場合-

    宮川 滉平, 石井 慶子, 内田 龍貴, 尾畑 聡史, 麓 耕二

    日本機械学会 熱工学コンファレンス2021  2021年10月 

     詳細を見る

  • Visualization of clusters in fluorescent magnetic microcapsule dispersions under forced convection

    Kazuki OGURA, Keiko ISHII, Koji FUMOTO

    Asian Conference on Thermal Sciences (ACTS)  2021年10月 

     詳細を見る

  • Simultaneous Measurement of Two-Dimensional Temperature Distribution and Flow Inside a Single Channel Simulating Pulsating Heat Pipe

    Rikuto SHIMODA, Yuya OTAKA, Koji FUMOTO, Keiko ISHII

    Asian Conference on Thermal Sciences (ACTS)  2021年10月 

     詳細を見る

  • 蛍光磁性マイクロカプセルが形成するクラスター構造の可視化と強制流動場における流動特性

    小倉 一起, 石井 慶子, 麓 耕二

    第49回可視化情報シンポジウム  2021年9月 

     詳細を見る

  • 感温塗料を用いた自励振動型ヒートパイプ内部における熱流動の可視化

    大高 裕矢, 石井 慶子, 麓 耕二

    第49回可視化情報シンポジウム  2021年9月 

     詳細を見る

  • 低伝熱速度を実現する複合材料の開発

    一野 瑠偉, 石井 慶子, 麓 耕二

    日本機械学会 関東支部 第28期総会・講演会  2021年3月 

     詳細を見る

  • 感温磁性粒子を含有したマイクロカプセルの生成と流 動特性の把握

    小倉一起, 石井慶子, 麓耕二

    日本機械学会第98期流体工学部門講演会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 0 EXPERIMENTAL VISUALIZATION OF MAGNETIC FLUID USING LUMINASCENT MICROENCAPSULATION

    The 31st International Symposium on Transport Phenomena 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月    

    記述言語:英語  

    researchmap

  • SIMULTANEOUS MEASUREMENT OF FLOW AND TEMPERATURE DISTRIBUTION INSIDE A PULSATING HEAT PIPE

    Yuya Otaka, Keiko Ishii, Koji Fumoto

    The 31st International Symposium on Transport Phenomena 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月    

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 強制対流場におけるマイクロチャンネル内部磁性流体流れ場の可視化

    石井 慶子, 麓 耕二

    第48回 可視化情報シンポジウム  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 感温塗料を用いた自励振動型ヒートパイプ内部の温度分布・圧力計測

    石井 慶子, 小俣力也, 大高裕矢, 麓 耕二

    第57回日本伝熱シンポジウム  2020年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 感温磁性流体を含有した蛍光マイクロカプセル溶液の作製と2次元流れ場の可視化

    石井 慶子, 相沢 亮汰, 小倉 一起, 麓 耕二

    第57回日本伝熱シンポジウム  2020年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 感温塗料を用いた自励振動型ヒートパイプの内部流動および温度分布の同時計測

    大高裕矢, 石井 慶子, 麓 耕二

    第57回日本伝熱シンポジウム  2020年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Preparation and Flow Visualization of Fluorescent Micro-Capsule Aqueous Solution Containing Temperature-Sensitive Magnetic Fluid 国際会議

    Ryota Aizawa, Keiko Ishii, Koji Fumoto

    2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Investigation of Temperature Field and Pressure inside a Pulsating Heat Pipe using Temperature-Sensitive Paint 国際会議

    Ishii Keiko, Rikiya Omata, Koji Fumoto

    The 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 感温磁性マイクロカプセル溶液の流れ場可視化

    相沢 亮汰, 石井 慶子, 麓 耕二

    2019年度 磁性流体連合講演会  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • VISUALIZATION OF FLOW FIELD USING TEMPERATURE-SENSITIVE MAGNETIC MICROCAPSULE 国際会議

    K. Ishii, R. Aizawa, K. Fumoto

    Pacific Symposium of Flow Visualization and Image Processing 12 (PSFVIP-12)  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 感温磁性流体の流れ場計測

    石井慶子, 相沢亮汰, 麓耕二

    第97回日本機械学会流体工学部門講演会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 感温塗料を用いた自励振動型ヒートパイプ内部における温度分布および圧力の同時計測

    小俣 力也, 石井 慶子, 麓 耕二

    日本機械学会熱工学コンファレンス2019  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 感温磁性マイクロカプセルの合成と流れ場可 視化

    相沢 亮汰, 石井 慶子, 麓 耕二

    日本伝熱シンポジウム  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • T字マイクロチャネルにおける温度差誘起旋回 流の数値計算

    石井 慶子, 麓 耕二

    日本伝熱シンポジウム  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 感温磁性流体マイクロカプセルの合成と流れ場可視化

    相沢 亮汰, 石井 慶子, 麓 耕二

    日本機械学会熱工学コンファレンス2018  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自励振動型ヒートパイプ内部の温度分布および圧力計測

    小俣 力也, 石井 慶子, 麓 耕二

    日本機械学会 熱工学コンファレンス2018  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自励振動式ヒートパイプ内部温度場 と圧力計測

    石井 慶子, 小俣 力也, 麓 耕二

    第46回可視化情報シンポジウム  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 閉ループ流路における感温磁性流体の熱輸送特性に 関する研究

    相沢 亮汰, 石井 慶子, 麓 耕二

    第55回 日本伝熱シンポジウム  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自励振動式ヒートパイプ内部温度場の可視化計測

    石井 慶子, 麓 耕二

    第 52 回空気調和・冷凍連合講演会  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自励振動式ヒートパイプ内部温度場の可視化計測

    石井 慶子, 麓 耕二

    日本実験力学会分科会合同ワークショップ 2017  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 微小流れ場における温度差対向流の旋回現象,

    石井 慶子, 染矢 聡, 宗像 鉄雄

    可視化情報全国講演会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 温度速度計測法を用いたサブミリスケールの温度差対向流の混合特性に関する研究

    石井慶子, 染矢聡, 宗像鉄雄

    日本機械学会 第93期 流体工学部門 講演会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サブミリスケールの温度差対向流の混合特性

    石井慶子, 染矢聡, 宗像鉄雄

    第43回可視化情報シンポジウム  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 温度速度同時計測法を用いたT字サブミリチャネルにおける温度差対向流の混合に関する研究

    石井慶子, 染矢聡, 宗像鉄雄

    第52回日本伝熱シンポジウム  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 機能性中空マイクロカプセルを用いたサブミリスケール流れの温度分布計測

    石井慶子, 染矢聡, 宗像鉄雄

    第92期 日本機械学会流体工学部門 講演会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Combined measurements of temperature and velocity in a microscopic flow 国際会議

    Ishii K, Someya S, Munakata T

    The 25th International Symposium on Transport Phenomena  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of mechanoluminescence measurement using time sequence ML glow curve of SrAl2O4:Eu2+ 国際会議

    K. Ishii, S. Someya, M. Saeki, T. Munakata

    The 12th International Symposium on Fluid Control, Measurement and Visualization (FLUCOME2013)  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 応力発光体の時系列答特性に着目した荷重計測法

    石井慶子, 染矢聡, 佐伯昌之, 宗像鉄雄

    第9回学際領域における分子イメージングフォーラム  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 時系列応答特性に着目した応力発光体計測法の開発

    石井慶子, 染矢聡, 佐伯昌之, 宗像鉄雄

    第41回可視化情報シンポジウム  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lifetime Based Temperature and Velocity Measurement using High-Speed Camera and Temperature Sensitive Particles. 国際会議

    S Someya, M Uchida, K Tominaga, K Ishii, Y Li, K Okamoto

    62nd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Visualization of Surface Temperature by the Lifetime Based Phosphor Thermometry using a High-Speed Camera”., The 7th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing(PSFVIP-7) 国際会議

    K. Ishii, S. Someya, M. Uchida, K. Tominaga, Y. Li, K. Okamoto

    The 7th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing(PSFVIP-7)  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 蛍光体を利用したシリンダ内壁温度分布計測(燃焼科学と技術の新展開VI)

    内田 光則, 富永 馨, 石井 慶子, 染矢 聡, 岡本 孝司

    熱工学コンファレンス講演論文集  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 燐光寿命を利用した流れの温度速度計測(燃焼科学と技術の新展開VI)

    染矢 聡, 内田 光則, 富永 馨, 岡本 孝司, 石井 慶子

    熱工学コンファレンス講演論文集  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • Best Paper Award

    2023年11月   10th IEEE R10 Humanitarian Technology Conference  

    Aika Ueno, Koji Fumoto, Keiko Ishii

  • アートコンテスト 入賞

    2023年8月   第51回可視化情報シンポジウム  

  • Best poster presentation awards

    2023年2月   Joint 21st International Heat Pipe Conference and 15th International Heat Pipe Symposium, RMIT University, Melbourne, Australia, 5-9th  

    Shunsuke tsutsumiuchi, Keiko Ishii, Koji Fumoto

  • コニカミノルタ画像科学奨励賞

    2023年1月   公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団   機能性不透明流体の熱流動場可視化計測による微小領域での不安定流れの特性評価

    石井慶子

  • IEEEマンガプロットコンテスト2022 WIE賞

    2022年10月   IEEE  

    上野藍香, 石井慶子

  • 奨励賞

    2022年3月   日本機械学会  

  • Featured Article に選出

    2021年2月   Physics of Fluids  

    Keiko Ishii, Yoshiko Ohno, Maiko Oikawa, Noriko Onishi

  • 奨励賞

    2021年   可視化情報学会  

  • 奨励賞

    2020年9月   日本実験力学会  

    石井慶子

  • 第56回伝熱シンポジウム阿波踊りコンテストHOTダンサー賞

    2019年5月   日本伝熱学会  

    石井 慶子

  • 論文賞

    2012年4月   日本機械学会   高速度カメラと燐光感温粒子を用いた寿命法による温度速度計測

    染矢 聡, 内田 光則, 石井 慶子, 富永 馨, 李 艶栄, 岡本 孝司

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 複雑流動の定量可視化計測による廃熱利用スマート流体システムの開発

    研究課題/領域番号:24K17208  2024年4月 - 2027年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究  中央大学

    石井 慶子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    researchmap

  • 多機能性カプセル冷媒による自励駆動冷却装置の開発

    2024年4月 - 2025年3月

    公益財団法人スズキ財団  2023年度科学技術研究助成  中央大学

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 機能性不透明流体の熱流動場可視化計測による微小領域での不安定流れの特性評価

    2023年4月 - 2024年5月

    コニカミノルタ科学技術振興財団  コニカミノルタ画像科学奨励賞奨励金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 感温磁性マイクロカプセルによるアクティブ伝熱促進機構の解明

    2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科研費 基盤C  青山学院大学

    麓耕二, 石井慶子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • あらゆる作動流体に適応可能な微小領域における温度速度場定量可視化手法の開発

    2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科研費 若手研究  流体工学  青山学院大学

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 熱磁気対流の二次元速度場可視化計測による流動メカニズムの解明

    2021年4月 - 2022年3月

    公益財団法人 総合工学振興財団  研究奨励金 

      詳細を見る

  • 自励振動ヒートパイプ内部の気液・温度速度・瞬時同時計測による動作原理の解明

    2021年4月 - 2022年3月

    公益財団法人 荏原 畠山記念文化財団  研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 自励振動ヒートパイプ内部液・温度場の同時可視化計測と作動原理の解明

    2021年4月 - 2022年3月

    公益財団法人JKA  補助事業  青山学院大学

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 微小領域の3次元温度速度同時計測法

    2021年4月 - 2022年3月

    私学事業団  若手・女性研究者奨励金  青山学院大学

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 革新的熱エネルギー輸送システムの構築を目的とした機能性熱流体の伝熱・流動メカニズムの解明

    2019年4月 - 2022年3月

    青山学院大学 理工学部附置先端技術 研究開発センター  CATプロジェクト 

    麓耕二, 熊野寛之, 石井慶子, 森本崇志

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 感温磁性流体冷却装置内部熱流動場の解明

    2020年4月 - 2021年3月

    不二科学技術振興財団  研究助成  青山学院大学

    石井慶子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 感温磁性流体を用いたパッシブ駆動する新規冷媒の開発と,温度速度同時計測による非定常熱流動場の解明

    2020年4月 - 2021年3月

    公益財団法人 岩谷直治記念財団  岩谷科学技術研究助成  青山学院大学

    石井慶子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 自励振動式ヒートパイプの温度場・流動同時計測による作動原理の解明

    2018年4月 - 2019年3月

    青山学院大学  基盤研究強化支援推進プログラム 

    石井 慶子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 微小流れ場における3次元温度速度同時計測手法の開発

    2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  特別研究員奨励費 

    石井慶子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

その他

  • 高橋昌一郎Youtubeチャンネル ロジカルコミュニケーション入門 ディレクター

    2023年5月 - 現在

     詳細を見る

    https://www.youtube.com/@shoichiro_takahashi

    researchmap

  • Podcast よむよむ博士ラジオ パーソナリティ

    2023年3月 - 現在

     詳細を見る

    https://open.spotify.com/show/2ullZkp8Tr7WEK0tyRgm4K

    researchmap

担当経験のある科目(授業)

  • 流体工学特論Ⅱ

    2024年4月 - 現在   機関名:中央大学大学院

  • 流体工学特論Ⅰ

    2024年4月 - 現在   機関名:中央大学大学院

  • 卒業研究Ⅰ,Ⅱ

    2023年4月 - 現在   機関名:中央大学

  • 流体力学Ⅱ

    2023年4月 - 現在   機関名:中央大学

  • 流体力学演習

    2023年4月 - 現在   機関名:中央大学

  • 精密機械工学概論

    2023年4月 - 現在   機関名:中央大学

  • 応用数学(ベクトル解析)

    2023年4月 - 現在   機関名:中央大学

  • 流体力学Ⅰ

    2023年4月 - 現在   機関名:中央大学

  • 精密機械工学プロジェクト

    2023年 - 現在   機関名:中央大学

  • ジェロントロジーと諸科学

    2022年4月 - 現在   機関名:青山学院大学

  • 機械創造工学輪講Ⅱ

    2022年4月 - 2023年3月   機関名:青山学院大学

  • 機械創造工学実験/流体力学

    2022年4月 - 2023年3月   機関名:青山学院大学

  • 機械創造工学実験/ 熱工学

    2017年4月 - 2023年3月   機関名:青山学院大学

  • 熱力学

    2017年4月 - 2022年8月   機関名:青山学院大学

  • 機械創造工学輪講Ⅰ

    2021年4月 - 2022年3月   機関名:青山学院大学

  • 計算機実習

    2017年4月 - 2022年3月   機関名:青山学院大学

  • ものづくり実習

    2017年4月 - 2022年3月   機関名:青山学院大学

  • 機械創造工学実験/ 機械制御

    2019年9月 - 2020年3月   機関名:青山学院大学

  • 工業力学

    2017年4月 - 2018年3月   機関名:青山学院大学

▼全件表示

委員歴

  • 2024年10月 - 現在

    日本実験力学会   評議員  

  • 2024年7月 - 現在

    日本機械学会   関東支部 東京ブロック 評議員  

  • 2024年6月 - 現在

    日本伝熱学会   広報委員(正)  

  • 2024年4月 - 現在

    IEEE Humanitarian Technology Conference(HTC) 2025   Publication Vice Chair  

  • 2023年4月 - 現在

    Japan skeptics   運営委員  

  • 2023年4月 - 現在

    IEEE SIGHT(Special Interest Group on Humanitarian Technologies) Tokyo   committee  

  • 2022年4月 - 現在

    日本機械学会   熱工学部門 出版委員会 委員  

  • 2020年6月 - 現在

    Sensors   Reviewer Board  

  • 2023年4月 - 2024年5月

    日本伝熱学会   広報委員(副)  

  • 2023年4月 - 2024年4月

    可視化情報学会   学会誌編集委員会 幹事  

  • 2021年9月 - 2023年3月

    可視化情報学会   学会誌編集委員  

  • 2022年 - 2023年

    日本伝熱学会   第61期,第62期 協議員  

  • 2020年2月 - 2021年3月

    文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター(NISTEP)   専門調査員  

  • 2019年12月 - 2020年11月

    日本熱物性学会   熱物性シンポジウム実行委員  

▼全件表示

社会貢献活動

  • 理美容事業におけるコロナ感染予防セミナー~施術時の呼気可視化と対策~

    役割:調査担当

    日本美容福祉学会  日本美容福祉学会主催オンラインセミナー  2020年11月 -  

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • [模擬授業]持続可能なエネルギー社会のための熱流体技術

    役割:講師

    青山学院大学  Rikei Girls Fair 模擬授業  2019年6月    

     詳細を見る

    種別:施設一般公開

    researchmap

メディア報道

  • 「流体と省エネルギー技術」 インターネットメディア

    Podcast  サイエンマニア  2023年5月

     詳細を見る

  • 【京の特集】ネットで話題!博士〇〇化計画 テレビ・ラジオ番組

    NHK京都  京の特集  2022年7月

     詳細を見る

  • International Women's Day 2022: Breaking the Bias インターネットメディア

    News Medical Life Science  2022年3月

     詳細を見る

  • Speaking whilst infected with COVID-19 may cause it to spread インターネットメディア

    News Medical Life Science  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 青山学院大学 石井慶子助教(ジェロントロジー研究所、理工学部 機械創造工学科)らが、新型コロナウイルスの感染予防に有用な、発話対面時の呼気エアロゾル流動の物理を解明

    大学プレスセンター  https://www.u-presscenter.jp/article/post-45357.html  2021年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • Simply Speaking While Infected Can Potentially Spread COVID-19 インターネットメディア

    AIP publishing  Physics of Fluids  2021年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

▼全件表示