Updated on 2024/02/15

写真a

 
MATSUSHITA Koji
 
Organization
Chuo Graduate School of Strategic Management Professor
Other responsible organization
Chuo Graduate School of Strategic Management, Business Scinece Course
Contact information
The inquiry by e-mail is 《here
External link

Degree

  • 博士(経営学) ( 慶應義塾大学 )

  • 経営学修士 ( 横浜国立大学 )

Education

  • 2000.3
     

    Keio University   doctor course   finished without a degree after completion of required course credits

  • 1997.3
     

    Yokohama National University   master course   completed

  • 1995.3
     

    Meiji University   Faculty of Management   graduated

  • 1990.3
     

    東京都立日比谷高等学校   graduated

Research History

  • 2013.9 - 2014.8

    Johns Hopkins University, Carey Business School, 客員教授

  • 2012.4 -  

    中央大学大学院戦略経営研究科教授

  • 2008.4 - 2012.3

    中央大学大学院戦略経営研究科准教授

  • 2010.4 - 2011.3

    学習院大学経済学部非常勤講師

  • 2009.4 - 2011.3

    明治学院大学経済学部非常勤講師

  • 2009.9 - 2010.3

    慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師

  • 2009.4 - 2010.3

    青山大学大学院経営学部非常勤講師

  • 2008.9 - 2009.3

    慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師

  • 2008.4 - 2009.3

    南山大学大学院ビジネス研究科ビジネス専攻非常勤講師

  • 2006.4 - 2008.3

    南山大学大学院ビジネス研究科ビジネス専攻助教授(平成19年4月~准教授)

  • 2007.4 - 2007.9

    青山大学大学院国際マネジメント研究科非常勤講師

  • 2003.4 - 2006.3

    立正大学経営学部助教授

  • 2004.4 - 2005.3

    中央大学商学部非常勤講師

  • 2000.4 - 2003.3

    立正大学経営学部専任講師

▼display all

Professional Memberships

  • 日本消費者行動研究学会

  • 日本商業学会

  • 日本マーケティング・サイエンス学会

  • Association for Consumer Research

  • Society for Consumer Psychology

  • 日本マーケティング学会

▼display all

Research Interests

  • Commercial Science

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Commerce  / 商学

Papers

  • 強いブランドを構築するための基本指針

    Nextcom   25 ( 春 )   36 - 45   2016

     More details

    Language:Japanese   Publisher:株式会社KDDI総研  

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of Perceived Other’s|rn|Satisfaction on Customer Satisfaction and Repeat Intention in Group Service|rn|Consumption: Moderating Role of the Interdependent Self.

    Koji Matsushita, Haruko Tsuchihashi

    慶應経営論集   32 ( 1 )   149 - 160   2015.3

     More details

    Language:English   Publisher:慶應義塾経営管理学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 何がブランドコミットメントを生み出すのか?ブランドと自己の結び付き、ノスタルジックな結び付き、ブランドラブの効果の包括的テスト Reviewed

    斉藤嘉一, 星野 浩美, 宇田 聡, 山中 寛子, 魏 時雨, 林 元杰, 松下光司

    消費者行動研究   18 ( 1・2 )   57 - 83   2012.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:消費者行動研究学会  

    researchmap

  • ブランド知識の特性がブランド・エクイティに与える影響

    横浜経営研究   30 ( 1 )   178 - 190   2009.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:横浜経営学会  

    researchmap

  • セールス・プロモーションによるブランド・エクイティ構築― 一致度と精緻化を先行要因とした説明モデル Reviewed

    日本消費者行動研究   15 ( 1・2 )   1 - 18   2009.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本消費者行動研究学会  

    researchmap

  • 小売店舗のチラシ広告による店舗価格イメージの形成―イメージ形成ルールに関する考察 Reviewed

    消費者行動研究   12 ( 1・2 )   1 - 22   2006.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本消費者行動研究学会  

    researchmap

  • なぜブランドのシンボリック・ベネフィットは競争優位の源泉となるのか?―ブランド知識構造論によるアプローチ―

    マーケティング・ジャーナル   23 ( 4 )   14 - 24   2004.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本マーケティング協会  

    researchmap

  • ブランド・パーソナリティ評価が属性情報処理に与える影響 ―消費者知識概念に基づくハロー効果の分析―

    マーケティング・ジャーナル   22 ( 1 )   19 - 29   2002.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本マーケティング協会  

    researchmap

  • 消費者情報処理モデルによる「意味」の概念分析 ―消費者知識概念の分析を中心に―

    消費者行動研究   6 ( 2 )   29 - 44   1999.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本消費者行動研究学会  

    researchmap

▼display all

Books

  • ケースに学ぶマーケティング

    青木幸弘編( Role: Joint author担当:第2章 競争戦略:ライフネット生命のニッチャー戦略)

    有斐閣  2015.8 

     More details

    Responsible for pages:21-40   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • ブランド戦略全書

    田中洋編著( Role: Joint author担当:第6章 セールス・プロモーションによるブランド構築のメカニズム)

    有斐閣  2014.11 

     More details

    Responsible for pages:119-135   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 消費者行動論-マーケティングとブランド構築への応用

    青木幸弘, 新倉貴士, 佐々木壮太郎, 松下光司( Role: Joint author担当:第V部「消費者行動分析の応用」第13章~第15章)

    有斐閣  2012.5 

     More details

    Responsible for pages:297-366   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • ベーシック・マーケティング―理論から実践まで

    日本マーケティング協会監修, 尾上伊知郎, 恩蔵直人, 芳賀康浩編( Role: Joint author担当:第6章 価格戦略)

    同文館  2010.9 

     More details

    Responsible for pages:123-145   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 日本型マーケティングの新展開

    池尾恭一, 青木幸弘編著( Role: Joint author担当:「生命保険業界におけるオープン型マーケティング」、「ブランド・エクイティ構築におけるセールス・プロモーションの役割」)

    有斐閣  2010.9 

     More details

    Responsible for pages:45-72,249-266   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 消費者行動研究の新展開

    阿部周造, 新倉貴士編著, 上田隆穂, 白井美由里, 青木幸弘, 松下光司他( Role: Sole author担当:「第7章 セールス・プロモーションによるブランド構築」)

    千倉書房  2004.11 

     More details

    Total pages:214   Responsible for pages:119-136   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • マーケティング・リボリューション

    和田充夫, 新倉貴士編, 懸田豊, 恩蔵直人, 三浦俊彦, 松下光司他( Role: Sole author担当:「第5章 ブランドのシンボリック・ベネフィットと消費者行動:ブランド知識構造論によるアプローチ」)

    有斐閣  2004.7 

     More details

    Total pages:225   Responsible for pages:85-97   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

▼display all

MISC

  • サンヨー食品株式会社:デュラムおばさんのフェットチーネ

    中央大学ビジネスレビュー   ( 2 )   2011.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:中央大学ビジネススクール  

    researchmap

  • マーケティング用語辞典(日経文庫)

    和田充夫, 日本マーケティング協会編, 尾上伊知郎, 小野譲司, 恩蔵直人, 柴田典子, 芳賀康浩, 三浦俊彦, 渡辺達朗, 和田充夫, 松下光司他共著

    2005.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:日本経済新聞社  

    researchmap

  • ヴィッキ・レイン著「広告の反復と広告の内容が不適合なブランド拡張の消費者知覚に与える影響」

    マーケティング・ジャーナル   20 ( 4 )   52 - 64   2001.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:日本マーケティング協会  

    researchmap

  • 「消費者知識」研究の展開

    マーケティング・ジャーナル   18 ( 2 )   83 - 89   1998.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:日本マーケティング協会  

    researchmap

Presentations

  • Customer Satisfaction Regulation in Group Service Consumption: Cross-Cultural Moderators.

    Koji Matsushita, Haruko Tsuchihashi, Kaichi Saito

    Association for Consumer Research, Asia-Pacific Conference  2015.6 

     More details

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    researchmap

  • Integrating Self and Other Experience in Customer Satisfaction Judgments: Cross-Cultural Moderators

    Koji Matsushita, Dipankar Chakravarti, Haruko Tsuchihashi, Kaichi Saito

    日本消費者行動研究学会  2014.11 

     More details

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • Effects of Perceived Other’s Satisfaction and the Role of the Interdependent Self in Group Service Consumption.

    Koji Matsushita, Akito Nakamura, Haruko Tsuchihashi, Kaichi Saito

    Association for Consumer Research, North American Conference  2013.10 

     More details

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    researchmap

  • サービスの失敗に関する情報処理プロセス

    松下光司, 土橋治子, 齋藤嘉一

    日本商業学会関東部会研究報告  2012.10 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • グループによるサービス消費:なぜ顧客は他者の満足から影響を受けるのか?

    松下光司, 中村陽人, 土橋治子, 齊藤嘉一

    日本消費者行動研究学会  2012.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • なぜブランドのシンボリック・ベネフィットは競争優位の源泉となるのか?:ブランド知識概念による考察

    日本商業学会全国大会研究報告  2006.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 消費者行動研究における概念分析:消費者知識による「意味」の分析を中心に

    日本消費者行動研究学会  1998.11 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 消費者情報処理モデルによる「意味」の概念化 ― 消費者知識概念の分析 ―

    日本商業学会関東部会  1998.7 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

▼display all

Awards

  • 中央大学学術研究奨励賞

    2010.3   セールス・プロモーションによるブランド・エクイティ構築― 一致度と精緻化を先行要因とした説明モデル

  • 日本消費者行動研究学会 研究奨励賞(青木幸弘賞)

    2009.10   日本消費者行動研究学会   セールス・プロモーションによるブランド・エクイティ構築― 一致度と精緻化を先行要因とした説明モデル

  • 横浜国立大学経営学会 学会賞 優秀論文賞

    1997.3   横浜国立大学経営学会   修士論文「店舗価格イメージの形成プロセス―その要因として価格広告に注目して―」

Research Projects

  • サービスの失敗に対する顧客の苦情発生プロセス:文化的自己観を要因とした実証研究(研究代表者)

    2013.4 - 2017.3

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(C) 

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • グループ消費における顧客満足の形成モデル:文化的自己観を要因とした日米比較実験

    2014.4 - 2016.3

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-挑戦的萌芽研究 

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • ブランドのシンボリック・イメージが消費者の購買意思決定プロセスに与える影響

    2004.4 - 2006.3

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-若手研究(B) 

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

Allotted class

  • 2023   マーケティング特別研究(消費者行動論)   Graduate school

  • 2023   研究指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ   Graduate school

  • 2023   研究方法論基礎   Graduate school

  • 2023   プロジェクト研究Ⅰ   Professional graduate school

  • 2023   プロジェクト研究Ⅱ   Professional graduate school

  • 2023   マーケティング戦略論   Professional graduate school

  • 2023   消費者行動論   Professional graduate school

  • 2023   研究方法論基礎   Professional graduate school

  • 2023   課題研究   Professional graduate school

  • 2023   論文   Professional graduate school

▼display all