Updated on 2024/02/15

写真a

 
TAKIZAWA Makoto
 
Organization
Chuo Law School Professor
Contact information
The inquiry by e-mail is 《here
External link

Degree

  • 博士(法学) ( 中央大学 )

  • 修士(法学) ( 中央大学 )

  • 学士(法学) ( 中央大学 )

Education

  • 2004.3
     

    Chuo University   Graduate School, Division of Law   doctor course   completed

  • 1999.3
     

    Chuo University   Graduate School, Division of Law   master course   completed

  • 1997.3
     

    Chuo University   Faculty of Laws   graduated

Research History

  • 2017.4 -  

    中央大学大学院法務研究科   教授

  • 2015.4 - 2017.3

    専修大学大学院法務研究科   教授

  • 2007.4 - 2017.3

    中央大学大学院法務研究科   兼任講師

  • 2002.4 - 2017.3

    中央大学法学部通信教育課程

  • 2009.4 - 2015.3

    専修大学大学院法務研究科   准教授

  • 2007.4 - 2009.3

    中央大学法学部   非常勤講師

  • 2004.9 - 2009.3

    亜細亜大学法学部   非常勤講師

  • 2004.4 - 2009.3

    獨協大学法学部法律学科   専任講師

  • 2006.4 - 2007.3

    大東文化大学法学部   非常勤講師

  • 2005.4 - 2007.3

    駿河台大学法学部

▼display all

Professional Memberships

  • 日本刑法学会

  • 日本被害者学会

  • 警察政策学会

Research Interests

  • >Criminal Procedure

  • 刑事訴訟法

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Criminal law  / 刑事法学

Papers

  • 第4次犯罪被害者等基本計画について

    滝沢誠

    罪と罰   60 ( 4 )   5 - 15   2023.9

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 越境リモ-トアクセスとそれにより得られた証拠の証拠能力 Invited

    滝沢誠

    法学新報   129 ( 6・7 )   91 - 111   2023.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • ドイツにおけるオンライン捜索について Invited

    滝沢誠

    山口厚ほか編『寺崎嘉博先生古稀祝賀論文集[上巻]』(成文堂、2021)   179 - 194   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:成文堂  

    researchmap

  • ドイツのサイバー犯罪対策 Invited

    滝沢誠

    Cybercrime Strategy: present and future   288 - 299   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:成文堂  

    researchmap

  • 「2 GPS捜査の適法性」、「21 9日間の取調の際の自白の証拠能力」、「62 GPS捜査と検証との関係」、「73 公訴時効(3)-訴因変更と時効停止」、「74 公訴時効(4)-一時的な海外渡航と時効停止」、「85 被害者特定事項の秘匿」、「166 録音テープの証拠能力(2)」、「172 DNA鑑定」 Invited

    滝沢誠

    椎橋隆幸=柳川重規編『刑事訴訟法基本判例解説』(信山社、2018)   4-5,42-43,124-125,146-147,148-   2018.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:信山社  

    researchmap

  • 被害者参加制度と公判前整理手続 Invited

    滝沢誠

    井田良ほか編『新時代の刑事法学(上巻)―椎橋隆幸先生古稀記念―』(信山社、2016)   321 - 338   2016.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:信山社  

    researchmap

  • 犯罪被害給付制度の新展開 Invited

    滝沢誠

    高橋則夫ほか編『日髙義博先生古稀祝賀論文集(下巻)』(成文堂、2018)   483 - 498   2018.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:成文堂  

    researchmap

  • Die Erhebung der öffentlichen Klage und das Interesse des Verletzten einer Straftat im japanischen Strafprozess

    Makoto Takizawa

    Senshu Law Journal   ( 12 )   99 - 117   2016.12

     More details

    Language:German   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:専修大学法科大学院  

    CiNii Books

    researchmap

  • Vorstudien zu Rechtsvergleichung und Strafprozessrecht

    Makoto Takizawa

    Senshu Law Journal   ( 12 )   85 - 98   2016.12

     More details

    Language:German   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:専修大学法科大学院  

    CiNii Books

    researchmap

  • 捜査における位置情報の取得―ドイツ法を踏まえて― Invited

    滝沢誠

    刑事法ジャーナル   ( 48 )   41 - 47   2016.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:成文堂  

    CiNii Books

    researchmap

  • 刑事裁判における被害者の役割 Invited

    滝沢誠

    椎橋隆幸編『プライマリー刑事訴訟法〔第5版〕』(不磨書房、2016)   264 - 283   2016.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:不磨書房  

    researchmap

  • 医師の治療の枠組みにおける未成年者の共同発言権の実現

    ソーニャ・ロートエルメル

    只木誠監訳『承諾、拒否権、共同決定』(中央大学出版部、2014)   323 - 339   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本比較法研究所  

    researchmap

  • 「被告人の刑事責任を減免する制度の導入の是非について」

    滝沢 誠

    専修法学論集   ( 117 )   >29-49   2013.3

     More details

  • 「21 9日間の取調の際の自白の証拠能力」、「73 公訴時効(3)-訴因変更と時効停止」、「74 公訴時効(4)-一時的な海外渡航と時効停止」、「83 法廷でメモを取る行為の規制」、「167 録音テープの証拠能力(2)」、「173 DNA型鑑定」 Invited

    滝沢誠

    渥美東洋=椎橋隆幸編『刑事訴訟法基本判例解説』(信山社、2012)   42-43,146-147,148-149,166-167   2012.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:信山社  

    researchmap

  • 刑事裁判における被害者の役割 Invited

    滝沢誠

    椎橋隆幸編『プライマリー刑事訴訟法〔第4版〕』(不磨書房、2012)   260 - 279   2012.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:不磨書房  

    researchmap

  • 新法成立後のドイツの刑事訴訟における合意について Invited

    滝沢誠

    町野朔ほか編『刑法・刑事政策と福祉―岩井宜子先生古稀祝賀論文集』(尚学社、2011)   506 - 516   2011.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:尚学社  

    researchmap

  • 『グローバル時代の法律学・国境を越える法律問題』 Invited

    日本比較法研究所   >101-120   2011.3

     More details

  • 刑事裁判における被害者の役割 Invited

    滝沢誠

    椎橋隆幸編『プライマリー刑事訴訟法〔第3版〕』(不磨書房、2011)   256 - 274   2011.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:不磨書房  

    researchmap

  • 「日本の被害者参加制度について」

    滝沢 誠

    亜洲法学(大韓民国)   4 ( 2 )   >57-77   2010.12

     More details

  • GPSを用いた被疑者の所在場所の検索について Invited

    滝沢誠

    川端博=椎橋隆幸=甲斐克則編『立石二六先生古稀祝賀論文集』(成文堂、2010)   733 - 752   2010.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:成文堂  

    researchmap

  • 犯罪の被害を受けてしまったら? Invited

    滝沢誠

    「トピックから始める法学」編集委員会編『トピックから始める法学』(成文堂、2010)   147 - 156   2010.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:成文堂  

    researchmap

  • 「刑事訴訟における犯罪被害者等の権利利益について(三・完)」

    滝沢 誠

    法学新報   115 ( 7・8 )   >147-174   2009.3

     More details

  • 「刑事訴訟における犯罪被害者等の権利利益について(二)」

    滝沢 誠

    法学新報   115 ( 5・6 )   >119-144   2008.12

     More details

  • 「刑事訴訟における犯罪被害者等の権利利益について(一)」

    滝沢 誠

    法学新報   115 ( 3・4 )   >51-103   2008.10

     More details

  • 刑事裁判における被害者の役割 Invited

    椎橋隆幸編『プライマリー刑事訴訟法〔第2版〕』(不磨書房、2008)   245 - 263   2008.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:不磨書房  

    researchmap

  • 「犯罪被害者等の意見陳述について」

    滝沢 誠

    法学新報   113 ( 3・4 )   >203-234   2007.1

     More details

  • 「ドイツの訴訟参加制度と被害者保護新法」

    滝沢 誠

    被害者学研究   ( 16 )   >15-23   2006.3

     More details

  • 刑事裁判における被害者の役割 Invited

    椎橋隆幸編『プライマリー刑事訴訟法』(不磨書房、2005)   237 - 253   2005.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:不磨書房  

    researchmap

  • 「犯罪被害者の訴訟参加(三・完)」

    滝沢 誠

    獨協法学   ( 67 )   >233-258   2005.11

     More details

  • 「論争・当事者主義の危機?」

    滝沢 誠

    法学新報   112 ( 1・2 )   >223-252   2005.7

     More details

  • 「犯罪被害者の訴訟参加(二)」

    滝沢 誠

    獨協法学   ( 66 )   >1-22   2005.6

     More details

  • 「刑事訴訟法とはこういう学問だ」

    滝沢 誠

    法学セミナー   50 ( 4 )   >44-45   2005.4

     More details

  • 「犯罪被害者の訴訟参加(一)」

    滝沢 誠

    獨協法学   ( 64 )   >161-171   2004.11

     More details

  • 「わが国における犯罪被害者保護の歴史」

    滝沢 誠

    中央大学・大学院研究年報   ( 33 )   >243-255   2004.2

     More details

  • 「私選弁護人による報酬受領行為の可罰性と弁護権の危機」

    滝沢 誠

    法学新報   110 ( 5・6 )   >153-178   2003.10

     More details

  • 「私人訴追制度の導入の可能性」

    滝沢 誠

    比較法雑誌   37 ( 2 )   >175-201   2003.9

     More details

  • 「証人保護の多義的な目的」

    滝沢 誠

    比較法雑誌   37 ( 1 )   >127-155   2003.6

     More details

  • 「犯罪被害者と刑事手続の情報入手」

    滝沢 誠

    中央大学・大学院研究年報   ( 32 )   >217-231   2003.2

     More details

  • 「今日の刑事手続における証人」

    滝沢 誠

    法学新報   109 ( 4 )   >95-121   2002.10

     More details

  • 「付帯私訴による被害者の損害回復」

    滝沢 誠

    法学新報   107 ( 9・10 )   >141-162   2001.3

     More details

  • 「初回の取調べに際する被疑者の権利告知」

    滝沢 誠

    中央大学・大学院研究年報   ( 30 )   >231-241   2001.2

     More details

  • 「加害者が犯罪情報を売って得た報酬による犯罪被害者の損害回復-ドイツ新法をてがかりとして」

    現代刑事法   2 ( 6 )   >70-80   2000.6

     More details

  • 「ビデオ技術を用いた証人保護」

    滝沢 誠

    中央大学・大学院研究年報   ( 25 )   >235-245   2000.2

     More details

▼display all

Books

  • 『ケース刑事訴訟法〔第2版〕』

    加藤康榮, 滝沢誠, 宮木康博, 三明翔( Role: Joint author第II編「公判手続」)

    法学書院  2019.11 

     More details

    Responsible for pages:134頁~198頁   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『プライマリー刑事訴訟法〔第6版〕』

    椎橋隆幸編( Role: Contributor)

    2017.3 

     More details

  • 『プライマリー刑事訴訟法〔第5版〕』

    椎橋隆幸編( Role: Contributor担当:第21章、260~279頁「刑事裁判における被害者の役割」)

    不磨書房  2016.3 

     More details

  • Cybercrime im Rechtsvergleich

    Arndt Sinn (Hr( Role: Joint editor1. Teil: Regelungen zu Cybercrime im materiellen Strafrecht, S. 55-67./Regelungen zu Cybercrime im materiellen Strafrecht in Japan)

    Universit?tsverlag Osnabr?ck  2015.9 

     More details

    Language:English   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『承諾、拒絶権、共同決定 未成年者の患者における承諾の有効性と権利の形成』

    只木誠監訳( Role: Joint editor担当:第9章「医師による治療行為の枠組みにおける未成年者の共同発言権の実現」、第10章「本研究の帰結および展望」)

    日本比較法研究所  2014.3 

     More details

    Responsible for pages:323-339   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『ケース刑事訴訟法』

    加藤康榮, 宮木康博, 三明翔( Role: Joint author第II編「公判手続」)

    法学書院  2013.9 

     More details

    Responsible for pages:124頁~188頁   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『刑事訴訟法基本判例解説』

    渥美東洋, 椎橋隆幸編( Role: Joint editor担当:42~43,146~149,166~167,334~335,346~347頁「21 9日間の取調の際の自白の証拠能力」、「73 公訴時効(3)-訴因変更と時効停止」、「74 公訴時効(4)-一時的な海外渡航と時効停止」、「83 法廷でメモを取る行為の規制」、「167 録音テープの証拠能力(2)」、「173 DNA型鑑定」)

    信山社  2012.11 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『判例講義刑事訴訟法』

    平良木登規男, 椎橋隆幸, 加藤克佳編( Role: Joint editor担当:5~9、12~13、17~27、68~69、85~86、88~92頁「4 自動車と職務質問、6 職務質問、9 自動車検問、13 おとり捜査、14 写真撮影(京都府学連事件)、15 自動速度違反取締装置による写真撮影、17 すでに行われた犯罪の犯人特定のための写真撮影(上智大学内ゲバ事件)、18 ごみ集積場に出された物の領置、犯人特定のための公道上等での撮影、45 逮捕に伴う捜索・差押え(1)―時間的限界(西成ヘロイン所持事件)、46 逮捕に伴う捜索・差押え(2)―逮捕の現場(ベトナム帰休兵大麻所持事)

    悠々社  2012.4 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『プライマリー刑事訴訟法〔第4版〕』

    椎橋隆幸編( Role: Joint editor担当:第21章、260~279頁「刑事裁判における被害者の役割」)

    不磨書房  2012.3 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『刑事訴訟法』

    関正晴編( Role: Joint editor担当:第2章、50~98頁「捜査」)

    弘文堂  2012.3 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『刑法・刑事政策と福祉―岩井宜子先生古稀祝賀論文集』

    町野朔ほか, 編( Role: Joint editor担当:「新法成立後のドイツの刑事訴訟における合意について」)

    尚学社  2011.12 

     More details

    Responsible for pages:507-516   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『犯罪被害者支援の過去・現在・未来』

    認定特定非営利法人全国犯罪以外者支援ネットワークほか編( Role: Joint editor担当:「ドイツ及びヨーロッパにおける犯罪被害者の諸権利 近年の発展」◆学術、法曹、マスメディアなど関係者)

    認定特定非営利活動法人全国被害者支援ネットワーク、日本被害者学会、公益財団法人犯罪被害救援基金、警察庁犯罪被害者支援室  2011.9 

     More details

    Responsible for pages:168-170   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『グローバル時代の法律学・国境を超える法律問題』

    日本比較法研究所編( Role: Joint editor担当:「3 比較法の方法とその課題」 報告翻訳)

    日本比較法研究所  2011.3 

     More details

    Responsible for pages:101-120   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『プライマリー刑事訴訟法〔第3版〕』

    椎橋隆幸編( Role: Joint editor担当:第21章、256~274頁「刑事裁判における被害者の役割」)

    不磨書房  2011.1 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『トピックから始める法学』

    トピックから始める法学, 編集委員会編( Role: Joint editor担当:「Part 3 社会との接点 2 トラブルと法 5 犯罪の被害を受けてしまったら?」)

    成文堂  2010.6 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『よくわかる刑事訴訟法』

    椎橋隆幸編( Role: Joint editor担当:12~13,18~29,52~67、170~173頁|rn|「II訴訟主体 1 裁判官の役割、3 検察官の役割、4 被疑者・被告人の地位、 5 弁護人の役割、6 国選弁護制度とその拡充/公的弁護制度、7 捜査に関わる機関、8 犯罪被害者の法的地位、III捜査 12 現行犯逮捕・準現行犯逮捕、13 緊急逮捕、14 勾留の要件・場所、15 逮捕・勾留中の被疑者の取調べ、16 別件逮捕・勾留、17 余罪取調べ、18 被疑者の接見交通権、19 被告人取調べと被告人の接見交通権、IV証拠 12 伝聞法則の意)

    ミネルヴァ書房  2009.4 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『プライマリー刑事訴訟法〔第2版〕』

    椎橋隆幸編( Role: Joint editor担当:第21章、245~263頁「刑事裁判における被害者の役割」)

    不磨書房  2008.2 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 『プライマリー刑事訴訟法』

    椎橋隆幸編( Role: Joint editor担当:第21章、237~253頁「刑事裁判における被害者の役割」)

    不磨書房  2005.11 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

▼display all

MISC

▼display all

Presentations

  • 人質司法?-比較法的観点から見たわが国の刑事手続 Invited

    Makoto Takizawa

    トリラテラル比較刑事法コロキウム;台湾;ドイツ;日本における刑法総論の領域における最近の諸問題  2023.11 

     More details

    Event date: 2023.11    

    Language:German   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • 犯罪被害者情報の保護

    滝沢誠

    2023.6 

     More details

    Event date: 2023.6    

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • ドイツにおける児童を害するサイバー犯罪に対する捜査 Invited

    2023.3 

     More details

    Event date: 2023.3    

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 刑事訴訟法のレジュメについて(参考) Invited

    滝沢誠

    2022年度第2回学修成果分析会兼第4回FD研究集会(中央大学法科大学院)  2022.10 

     More details

    Event date: 2022.10    

    Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • ドイツの法状況 Invited

    滝沢誠

    日本刑法学会第97回大会 ワークショップ7 位置情報の取得・利用をめぐる法的規律  ( 一橋大学 )   2019.5  日本刑法学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • Universale Tendenz zur Auswirkung des Verletzten einer Straftat auf das Strafverfahren und die Formen der seiner aktiven Teilnahme am Prozesskulturbedingten Hauptverfahren Invited International conference

    Makoto Takizawa

    Das erste taiwanesisch-japanisch-deutsche Strafrechtsforum  ( Kaohsiung, Taiwan )   2018.11 

     More details

    Language:German   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • Zeugenschutz im Strafprozess aus der internationalen und rechtsvergleichenden Sicht Invited

    Makoto Takizawa

    ( Berlin, Germany )   2018.6  Juristische Fakultät der Humboldt Universität zu Berlin

     More details

    Language:German   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • Die Erhebung der öffentlichen Klage und das Interesse des Verletzten einer Straftat im japanischen Strafprozess Invited

    Makoto Takizawa

    ( Trier, Germany )   2016.6  Fachbereich Rechtswissenschaft der Universität Trier

     More details

    Language:German   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • Rechtsvergleichung und Strafprozessrecht Invited

    Makoto Takizawa

    ( Osnabrück, Germany )   2016.1  Fachbereich Rechtswissenschaften der Universität Osnabrück

     More details

    Language:German   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 犯給制度と社会保障制度との関係について―ドイツを例に― Invited

    滝沢誠

    日本被害者学会第25回学術大会  ( 京都産業大学むすびわざ館 )   2014.6  日本被害者学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • 被害者参加制度について

    滝沢誠

    日本刑法学会第92回大会  ( 同志社大学 )   2014.5  日本刑法学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • Regelungen zu Cybercrime im materiellen Strafrecht in Japan Invited International conference

    Makoto Takizawa

    Das erste Deutsch-japanisch-koreanisches Strafrechtssymposium zu Cybercrime, Freiheit – Internet – Strafrecht  ( Osnabrück, Germany )   2013.9  Das Zentrum für Europäische und Internationale Strafrechtsstudien (ZEIS)

     More details

    Language:German   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 通信傍受法の意義及び課題 Invited

    滝沢誠

    平成24年度「市民生活の自由と安全」研究会(第5回)  ( 慶應義塾大学三田キャンパス )   2012.9  「市民生活の自由と安全」研究会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • Die Todesstrafe in Japan Invited International conference

    Makoto Takizawa

    ( Osnabrück, Germany )   2012.1  Fachbereich Rechtswissenschaften der Universität Osnabrück

     More details

    Language:German   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 日本の警察について Invited

    滝沢誠

    ( テグカトリック大学校警察政策学部(大韓民国) )   2011.3 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 日本の被害者参加制度について Invited International conference

    滝沢誠

    Protection for Criminal Victims and Criminal Mediation  ( 水原(大韓民国) )   2010.10  Legal Research Institute of Ajou University

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • 性犯罪の審理と裁判員制度 Invited

    滝沢誠

    日本被害者学会第21回学術大会  ( 武蔵野大学60周年記念館・雪頂講堂 )   2010.6  日本被害者学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • ドイツの訴訟参加制度と被害者保護新法

    滝沢誠

    日本被害者学会第16回学術大会  ( 関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス )   2005.6  日本被害者学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 日本における法学教育~法科大学院との関連で~ Invited

    滝沢誠

    ( 光雲大学法学部(ソウル、大韓民国) )   2004.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • Die Beteiligung des Verletzten am deutschen und japanischen Strafverfahren? Invited

    Makoto Takizawa

    ( Gießen, Germany )   2004.9  Fachbereich Rechtswissenschaft der Justus-Liebig-Universität Gießen

     More details

    Language:German   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

▼display all

Research Projects

  • 2018年度 中央大学特定課題研究費 証人保護プログラムの構築に向けて

    2018.4 - 2019.3

    中央大学特定課題研究費 

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount: \2000000

    researchmap

  • 平成27年度 専修大学研究助成(個別研究) 刑事訴訟における比較法の可能性

    2015.4 - 2016.3

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount: \500000

    researchmap

  • 平成25年度 専修大学研究助成(個別研究) 犯罪被害者と時代に即した新たな刑事司法の構築

    2013.4 - 2014.3

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount: \500000

    researchmap

  • 平成22年度 専修大学研究助成(個別研究) 司法取引制度の導入の是非について

    2010.4 - 2011.3

    ) 

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount: \400000

    researchmap

Allotted class

  • 2023   専門総合講座B1 サイバー犯罪対策   Department

  • 2023   テーマ演習Ⅰ   Professional graduate school

  • 2023   テーマ演習Ⅱ   Professional graduate school

  • 2023   刑事法総合Ⅱ   Professional graduate school

  • 2023   刑事法総合Ⅲ   Professional graduate school

  • 2023   刑事訴訟法   Professional graduate school

  • 2023   犯罪被害・犯罪心理と法   Professional graduate school

  • 2023   研究特論   Professional graduate school

  • 2023   1群特講A@刑事法系事案研究   Professional graduate school

  • 2023   1群特講B@判例刑事訴訟法【1群特講Ⅰ@判例刑事訴訟法】   Professional graduate school

▼display all

Committee Memberships

  • 2021.7 - Now

    警察政策学会   理事  

  • 2013.6 - Now

    日本被害者学会   理事  

  • 2016 - 2022.6

    日本被害者学会   編集委員長  

  • 2006 - 2016.6

    日本被害者学会   編集委員  

Social Activities

  • 犯罪被害給付制度の抜本的強化に関する有識者検討会座長

    2023 - Now

     More details

    Type:Other

    researchmap

  • 犯罪被害者等施策推進会議専門委員

    2021.5 - Now

     More details

  • 公益財団法人日弁連法務研究財団法科大学院認証評価事業評価員

    2020.1 - Now

     More details

    Type:Other

    researchmap

  • 内閣府 第6回「犯罪被害給付制度の拡充及び新たな補償制度の創設に関する検討会」における報告

    Role(s): Informant

    2012.5    

     More details

  • 内閣府 諸外国における犯罪被害者等に対する経済的支援に関わる制度等に関する調査(ドイツ)に参加

    2012.2    

     More details

  • 内閣府 第3回「犯罪被害給付制度の拡充及び新たな補償制度の創設に関する検討会」における報告

    Role(s): Informant

    2011.1    

     More details

  • 「公共工事に係る暴力団等排除連絡会」講師

    Role(s): Lecturer

    公共工事に係る暴力団等排除連絡会  2007.3    

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Lecture

    researchmap

  • 諸外国における犯罪被害者等に対する経済的支援に関わる制度等に関する調査(ドイツ)に参加

    内閣府 

     More details

    諸外国における犯罪被害者等に対する経済的支援に関わる制度等に関する調査(ドイツ)に参加

    researchmap

  • 内閣府 第6回「犯罪被害給付制度の拡充及び新たな補償制度の創設に関する検討会」

    内閣府 第6回「犯罪被害給付制度の拡充及び新たな補償制度の創設に関する検討会」 

     More details

    諸外国における犯罪被害者等に対する経済的支援に関わる制度等に関する調査結果(ドイツ)の報告

    researchmap

  • 内閣府 第3回「犯罪被害給付制度の拡充及び新たな補償制度の創設に関する検討会」

    内閣府 第3回「犯罪被害給付制度の拡充及び新たな補償制度の創設に関する検討会」 

     More details

    ドイツにおける犯罪被害者等に対する経済的支援制度の概要を説明した。

    researchmap

▼display all