Updated on 2024/02/02

写真a

 
Osakada Yuko
 
Organization
Chuo Law School Professor
Other responsible organization
International Business Transaction Law Course of Graduate School of Law, Doctoral Program
Contact information
The inquiry by e-mail is 《here
External link

Degree

  • 博士(人間・環境学) ( 京都大学 )

  • LL.M. ( ユトレヒト大学 )

  • 修士(人間・環境学) ( 京都大学 )

Education

  • 2006.3
     

    Kyoto University   doctor course   completed

  • 2001.12
     

    ユトレヒト大学   法学研究科   master course   completed

  • 1999.3
     

    Kyoto University   master course   completed

  • 1997.3
     

    Kyoto University   others   graduated

Research History

  • 2022.4 - Now

    Chuo University   Law School   Professor

  • 2017.4 - 2022.3

    Chukyo University   Faculty of Law   Professor

  • 2009.4 - 2017.3

    Chukyo University   Faculty of Law   Associate Professor

  • 2015.8 - 2016.8

    The George Washington University   Law School   Visiting Scholar

  • 2007.4 - 2009.3

    日本学術振興会   特別研究員(PD)

  • 2006.4 - 2007.3

    Osaka Prefecture University   School of Economics

▼display all

Professional Memberships

  •   - Now

    JAPAN ASSOCIATION FOR MIGRATION POLICY STUDIES

  •   - Now

    アジア国際法学会

  •   - Now

    THE JAPANESE ASSOCIATION OF WORLD LAW

  •   - Now

    International Law Association Japan Branch

  •   - Now

    The International Human Rights Law Association

  •   - Now

    JAPANESE SOCIETY OF INTERNATIONAL LAW

  • 2019 - 2022.3

    日本平和学会

▼display all

Research Interests

  • 人間の尊厳概念

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / International law  / International law

  • Humanities & Social Sciences / International law  / 国際人権法

Papers

▼display all

Books

  • 考えてみよう先住民族と法

    小坂田, 裕子, 深山, 直子, 丸山, 淳子, 守谷, 賢輔( Role: Joint editor)

    信山社  2022.12  ( ISBN:9784797268119

     More details

    Total pages:xii, 231p   Language:Japanese  

    researchmap

  • Changing Actors in International Law

    Karen N. Scott, Kathleen Claussen, Charles-Emmanuel Côté, Atsuko Kanehara( Role: ContributorChapter 4, Indigenous Peoples as Actors in International Law-Making: Focusing on International Environmental Law)

    Brill  2020.11  ( ISBN:9789004424159

     More details

    Responsible for pages:pp. 101-129  

    DOI: 10.1163/9789004424159_006

    researchmap

  • 現代国際法の潮流II—人権、刑事、遵守・責任、武力紛争

    浅田 正彦, 桐山 孝信, 德川 信治, 西村 智朗, 樋口 一彦( Role: Contributor「先住民族の個人認定をめぐる国家、集団、個人の対立」)

    東信堂  2020.11 

     More details

    Responsible for pages:pp. 128-140  

    researchmap

  • 政治主体としての移民/難民 : 人の移動が織り成す社会とシティズンシップ

    錦田, 愛子( Role: Contributor難民及び庇護希望者の労働の権利-難民条約と社会権規約の比較検討―)

    明石書店  2020.3  ( ISBN:9784750349978

     More details

    Total pages:279p   Language:Japanese  

    researchmap

  • 実証の国際法学の継承 ― 安藤仁介先生追悼

    芹田健太郎, 坂元茂樹, 薬師寺公夫, 浅田正彦, 酒井啓亘, 小坂田裕子, 前田直子, 戸田五郎, 初川満, 桐山孝信, 瀬岡直, 王志安, 竹内真理, 水島朋則, 大森正仁, 坂田雅夫, 山田卓平, 阿部達也, 御巫智洋, 松井芳郎, 李禎之, 河野真理子, 兼原敦子, 玉田大, 森川俊孝, 植木俊哉, 黒神直純, 山形英郎, 櫻井利江, 中谷和弘, 森田章夫, 吉田脩, 繁田泰宏, 岩本誠吾, 楢林建司, 新井京, 小畑郁, 大谷實, 柳井俊二, 兼原信克, 嘉治美佐子, 濱本幸也, 横田洋三, 岩沢雄司, 森川幸一, 村田晃嗣( Role: Contributor「先住民族の権利に関する国連宣言」の機能と課題―土地に対する権利を中心に)

    信山社  2019.12  ( ISBN:4797280808

     More details

    Total pages:1060   Language:Japanese  

    ASIN

    researchmap

  • 先住民族と国際法 : 剥奪の歴史から権利の承認へ

    小坂田 裕子( Role: Sole author)

    信山社  2017.6  ( ISBN:9784797268287

     More details

    Total pages:267   Language:Japanese  

    ASIN

    researchmap

  • 国際法入門〔第3版〕: 逆から学ぶ

    山形 英郎, 比屋定 泰治, 楢林 建司, 黒﨑 将広, 桐山 孝信, 松井 章浩, 西片 聡哉, 西村 智朗, 岡田 順子, 木原 正樹, 板倉 美奈子, 中坂 恵美子, 前田 直子, 稲角 光恵, 川島 富士雄, 繁田 泰宏, 中井 伊都子, 小坂田 裕子, 德川 信治, 湯山 智之

    法律文化社  2022.10  ( ISBN:4589042339

     More details

    Total pages:434   Language:Japanese  

    ASIN

    researchmap

  • 国際法入門〔第2版〕: 逆から学ぶ

    山形 英郎, 比屋定 泰治, 楢林 建司, 黒崎 将広, 桐山 孝信, 松井 章浩, 西片 聡哉, 西村 智朗, 岡田 順子, 木原 正樹, 板倉 美奈子, 中坂 恵美子, 前田 直子, 稲角 光恵, 川島 富士雄, 繁田 泰宏, 中井 伊都子, 小坂田 裕子, 德川 信治, 湯山 智之, 山形 英郎

    法律文化社  2018.10  ( ISBN:4589039605

     More details

    Total pages:430  

    ASIN

    researchmap

  • 資料で学ぶ国際関係〔第2版〕

    佐道 明広, 小坂田 裕子, 小山 佳枝, 古川 浩司

    法律文化社  2015.4  ( ISBN:4589036797

     More details

    Total pages:230  

    ASIN

    researchmap

  • 国際法入門 逆から学ぶ

    山形英郎, 比屋定泰治, 楢林建司, 黒崎将広, 桐山孝信, 松井章浩, 西片聡哉, 西村智朗, 岡田順子, 木原正樹, 板倉美奈子, 中坂恵美子, 前田直子, 稲角光恵, 川島富士雄, 繁田泰宏, 中井伊都子, 小坂田裕子, 徳川信治, 湯山智之, 山形 英郎

    法律文化社  2014.4  ( ISBN:4589035863

     More details

    Total pages:418  

    ASIN

    researchmap

  • 国際人権法の国際的実施 (講座国際人権法第4巻)

    芹田 健太郎, 戸波 江二, 棟居 快行, 薬師寺 公夫, 坂元 茂樹( Role: Contributor第6部22「先住民族の権利に関する国連宣言」の意義と課題-土地に対する権利を中心に)

    信山社  2011.4  ( ISBN:4797216840

     More details

    Total pages:528  

    ASIN

    researchmap

  • 資料で学ぶ国際関係

    佐道 明広, 古川 浩司, 小坂田 裕子, 小山 佳枝

    法律文化社  2011  ( ISBN:9784589033444

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

▼display all

MISC

▼display all

Presentations

  • The Meaning of the Distinction between Indigenous Peoples and Local Communities in International Environmental Law: Based on the ICC's Policy Paper International conference

    Kaito SUZUKI, Yuko OSAKADA

    16th Polar Law Symposium  ( The University of Faroe Islands )   2023.10 

     More details

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)   Country:Denmark  

    researchmap

  • Pitfalls of the Green Shift: Challenges of the Arctic Indigenous Peoples International conference

    Yuko OSAKADA

    Cross-disciplinary International Seminar “Sustainable Development in the Arctic for Indigenous Peoples”  ( Online )   2023.9  ArCS II Research Programs on International Law, Human Society, and Coastal Environments

     More details

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • アイヌ施策推進法を巡る議論と「先住民族の権利に関する国連宣言」 Invited

    小坂田裕子

    人間文化研究機構グローバル地域研究事業 東ユーラシア研究プロジェクト 2022 年度全体集会  2023.1 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • アイヌ施策推進法を巡る議論と「先住民族の権利に関する国連宣言」 Invited

    小坂田裕子

    国際人権法学会  2022.11 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • An Argument for Relying on Article 27 of the ICCPR in the Ainu Fishery Lawsuit: Lessons from the Sámi Parliament case in the HRC

    Yuko OSAKADA

    the Japan and Finland seminar on “Local wellbeing, human securitiesand indigenous peoples in the Arctic and Asia”  2022.1 

     More details

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 入管収容の合法性審査における個別事情の考慮:欧州人権裁判所判例の発展と課題

    小坂田裕子

    国際法学会  2021.9 

     More details

    Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    researchmap

  • Human Rights Approach, Based on the UN Declaration on the Rights of Indigenous Peoples, to Arctic Climate Change: From Victims to Contributors

    Yuko OSAKADA

    13th Polar Law Symposium  2020.11 

     More details

    Event date: 2020.11    

    Language:English  

    researchmap

  • 「先住民族の権利に関する国連宣言」の森林認証制度に対する影響

    小坂田裕子

    東亞近代的『權利』問題與其發展臺日國際學術研討會  2019.3 

     More details

  • Indigenous Peoples as Actors in International Law-Making: Limitations and Significance Invited International conference

    Yuko OSAKADA

    The Seventh International Four Societies Conference  2018.6 

     More details

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • 先住民族とは誰か International conference

    小坂田裕子

    臺日國際學術研討會  2017 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • The CBD in the Human Rights Regime International conference

    Yuko OSAKADA

    Japan-Korea Workshop on ABS under the Nagoya Protocol  2017 

     More details

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • 公共空間におけるイスラムのヴェール問題-欧州人権裁判所判決・決定の批判的考察-

    小坂田裕子

    国際法学会  2016.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • The Ainu and Environmental Protection International conference

    Yuko OSAKADA

    Indigenous Studies Summer Program @ Columbia University  2016.6 

     More details

    Language:English  

    researchmap

  • The Nagoya Protocol in an Indigenous Peoples' Perspective International conference

    Yuko OSAKADA

    Japan-Korea Workshop on ABS under the Nagoya Protocol  2015 

     More details

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • 国際人権法における先住民族の権利の展開とその意義-十分に情報を得た上での自由な同意を得る義務を中心に-

    小坂田裕子

    世界法学会  2013 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 人権条約における先住民族の土地に対する権利の展開-集団の権利に関する一考察

    小坂田裕子

    国際人権法学会  2011 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 人権条約による先住民族の土地に対する集団的財産権の承認-米州人権裁判所とアフリカ人権委員会の実行比較を中心に

    小坂田裕子

    国際人権法学会  2010 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    researchmap

▼display all

Research Projects

  • Study on Discretionary Control in Immigration Administration-Toward Overcoming the McLean Case Decision-

    Grant number:22H00781  2022.4 - 2026.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Osaka University

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount: \17030000 ( Direct Cost: \13100000 、 Indirect Cost: \3930000 )

    researchmap

  • A Comparative Study of Complementary Protection Systems in Japan and Australia

    Grant number:22K01130  2022.4 - 2025.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Otaru University of Commerce

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount: \3380000 ( Direct Cost: \2600000 、 Indirect Cost: \780000 )

    researchmap

  • 北極域研究加速プロジェクト(ArCSII)

    2020.6 - 2025.3

    文部科学省  環境技術等研究開発推進事業費補助金 

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    researchmap

  • 「持続可能な開発」概念が国際法に及ぼす法的効果ーSDGsを素材として

    Grant number:20H01427  2020.4 - 2024.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)  立命館大学

    西村 智朗, 徳川 信治, 高村 ゆかり, 松本 裕子, 松井 章浩, 浜田 太郎, 加々美 康彦

      More details

    Grant amount: \17290000 ( Direct Cost: \13300000 、 Indirect Cost: \3990000 )

    researchmap

  • SDGs時代における漁業資源管理の統合的ガバナンス―サケを巡る法政策の国際比較

    Grant number:20H01441  2020.4 - 2024.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)  北海道大学

    児矢野 マリ, 島村 健, 松本 充郎, 森田 健太郎, 阪口 功, 松本 裕子

      More details

    Grant amount: \16900000 ( Direct Cost: \13000000 、 Indirect Cost: \3900000 )

    researchmap

  • 国公立博物館における先住民族の権利実現の可能性と課題-アイヌとマオリの比較研究

    Grant number:20K20746  2020.7 - 2023.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)  中京大学

    松本 裕子, 深山 直子

      More details

    Grant amount: \6240000 ( Direct Cost: \4800000 、 Indirect Cost: \1440000 )

    2021年度は、5回の研究会を実施した。4月24日には、深山(研究分担者)が「ニュージーランド博物館 テ・パパ・トンガレワの歴史と現在」、小坂田(研究代表者)が「差別の歴史展示を博物館の役割」と題する報告をそれぞれ行なった。7月10日には、小坂田が「アイデンティティの多様性と博物館展示」と題する報告を、石原真衣氏(北海道大学アイヌ・先住民研究センター助教)が「サイレントアイヌ 排除の暴力/包摂の暴力」と題する報告を行なった。10月23日には、立石(研究協力者)が「国立アイヌ民族博物館における「議論の場」の構築に向けた実践的試み」と題する報告を行なった。11月13日には、小坂田が「博物館展示における先住民族との協働―国立アイヌ民族博物館と国立アメリカ・インディアン博物館の比較」と題する報告を、北原次郎太氏(北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授)が「国立アイヌ民族博物館での展示制作とアイヌ語表記作成における経験について」と題する報告を行なった。3月26日には、野口泰弥氏(北海道立北方民族博物館学芸員)が「ラポロアイヌネイションと展示をつくる」と題する報告を、持田誠氏(浦幌町立博物館学芸員)が「浦幌町立博物館とアイヌ展示」と題する報告をそれぞれ行なった。
    2021年度には、複数の博物館でのアイヌ展示の調査も行った。7月9日には、小坂田が国立アイヌ民族博物館を訪問、7月11日には、小坂田、深山、山崎(研究協力者)、岡田(研究協力者)で、「旭川市立博物館」と「川村カ子トアイヌ記念館」に訪問した。11月12日には小坂田が国立アイヌ民族博物館にて特別展示「ビーズ アイヌモシリから世界へ」を、11月14日には、小坂田、深山、立石が北海道博物館にて「企画テーマ展 アイヌのくらし―時代・地域・さまざまな姿」の調査を行った。

    researchmap

  • Development of International Human Rights Law in Business and Human Rights: Certainty and Effectiveness as Standards of Conduct

    Grant number:19H01441  2019.4 - 2023.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Osaka University of Economics and Law

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount: \13130000 ( Direct Cost: \10100000 、 Indirect Cost: \3030000 )

    researchmap

  • Immigration Detention - bare minimum and right treatment; what do the domestic and international law request ?

    Grant number:19K01292  2019.4 - 2022.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Otaru University of Commerce

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount: \3380000 ( Direct Cost: \2600000 、 Indirect Cost: \780000 )

    researchmap

  • 「先住民族の権利に関する国連宣言」の実効性-先住民族・国家・国際機関への影響

    Grant number:18H00810  2018.4 - 2022.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)  中京大学

    丸山 淳子, 守谷 賢輔, 深山 直子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount: \9750000 ( Direct Cost: \7500000 、 Indirect Cost: \2250000 )

    第1回研究会(2018年6月9日、津田塾大学)では各自のこれまでの研究の紹介を行った。第2回研究会(2018年12月14日、スカイプ)では、小坂田がアラスカ・バンクーバーでの調査報告を行った。第3回研究会(2019年2月27日、首都大学東京)では、石垣直氏(沖縄国際大学教授)と上村英明氏(恵泉女学園大学教授)をゲスト報告者として招いて、台湾原住民及びアイヌと法との関係について知識提供を得た。
    小坂田は、2018年8月にアラスカ及びバンクーバー島の先住民族に国連宣言の利用に関する聞き取り調査を行った。その結果、国連等に行ける能力及び資金のある層は国連宣言をよく理解し、活動に利用しているが、そうでない者は、利用したくても利用の仕方が分からない状態にあることが分かった。
    守谷は、国連宣言の影響を受けたと一般に評価されているカナダの国内判決やそれに関する論文などを収集した。これらの読み込みについては、次年時以降に行う予定である。
    深山は、オセアニア及び沖縄の島嶼社会で環境問題が喫緊の課題になっていることを鑑みて、現地の社会構造や生活実践におけるレジリエンスについて、文献研究とフィールドワークから分析を進めた。加えて、研究手法としての参与観察の有効性について、学部生への実践的な教授を通じて再検討した。
    丸山は、本課題と関係の深い『先住民からみる現代世界』の出版記念ワークショップを開催し、これまでの到達点と、今後追求すべき課題について、公開で議論を行うことができた。また、ボツワナの先住民運動をめぐっては、土地権を争った裁判の前後の経過を追う資料を整理し、論点を明確にすることができた。

    researchmap

  • 先住民族と国際法

    2017.4 - 2018.3

    日本学術振興会  研究成果公開促進費(学術図書)  中京大学

    松本裕子(小坂田裕子)

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • Interlinkage between the Nagoya Protocol and Other International Agreements including International Human Rights and Economic Law - A Comparative Study on the Kyoto Protocol

    Grant number:26285013  2014.4 - 2018.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Ritsumeikan University

    NISHIMURA TOMOAKI

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount: \16120000 ( Direct Cost: \12400000 、 Indirect Cost: \3720000 )

    The Nagoya Protocol, which is one of multilateral environmental agreements, has close inter-linkage with other international instruments, including law of the seas, human rights law and international economic law, since the purpose of the protocol is the benefit sharing of genetic resources. The current global environmental issues tend to have a great influence upon the other legal regime because of its diversity and complexity. The same trends can be seen in the climate change regime such as the Kyoto Protocol and the Paris Agreement and it is said that they could provide an significant impact of a fragmentation and integration of international law.

    researchmap

  • The review of the status of indigenous peoples in international law from multiple perspectives

    Grant number:23530129  2011 - 2013

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Chukyo University

    KOBAYASHI Tomohiko, SAKATA Masao, TOI Akiko, OCHIAI Kenichi, KIRIYAMA Takanobu, UEMURA Hideaki

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount: \4160000 ( Direct Cost: \3200000 、 Indirect Cost: \960000 )

    Our research has revealed that in the context of international environmental law, international development law and international economical law, there are some cases where indigenous peoples are allowed to participate in the process of making a law which might affect them and that, on one level or another, there exists a growing awareness of the importance of respecting their rights in implementing laws. We couldn't find, however, sufficient accumulation of state practices to prove the structural conversion of state-centered international law.
    Our research also has shown that some local and national administrative bodies referred to UN declaration and occasionally used it to justify their policies concerning the Ainu. At municipal level, however, this tendency can be seen only in a few local areas where relatively many Ainu people live. Besides, there is no case where the UN declaration fundamentally changed the existing national and local policies toward the Ainu.

    researchmap

  • Indigenous Peoples' Land Rights under International Law

    Grant number:21830136  2009 - 2010

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Research Activity start-up  Grant-in-Aid for Research Activity start-up  Chukyo University

    MATSUMOTO Yuko

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount: \2639000 ( Direct Cost: \2030000 、 Indirect Cost: \609000 )

    First, this research has revealed two approaches to recognize indigenous peoples' land rights under international human rights. One is to emphasize the special relationship between indigenous peoples and their lands, the other is to approve their rights to restitution or compensation for their traditional lands which have been unreasonably deprived of. Secondly, this research indicated there is a danger that the subject of indigenous peoples' land rights in Africa will expand unlimitedly. This is because the concept of indigenous peoples, which was traditionally understood in relation to the colonialism, has been broadened to be applied to ethnic minorities in Africa, and besides, by taking the former approach, the status of pre-invasion is not necessarily required as the condition of indigenous peoples' land rights.

    researchmap

  • 先住民族の土地の権利と国家主権の相克-国際人権法における多文化主義の可能性と限界

    Grant number:07J00545  2007 - 2009

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費  神戸大学

    小坂田 裕子

      More details

    Grant amount: \1400000 ( Direct Cost: \1400000 )

    2008年度は、まず、昨年度に引き続き先住民族の土地に対する権利について研究をおこない、論文を神戸法学年報第24巻(2009年3月発刊予定)に提出した。本研究の検討から、米州における先住民族の土地に対する権利に関して、次のような発展が認められた。第1に、米州宣言議長草案でIACHR草案では承認されなかった先住民族の自決権が規定され、作業部会第11会合まで当該条項は維持されたまま審議が進められていること。第2に、Awas Tingni事件判決以降、米州人権裁判所は先住民族の土地に対する集団的財産権を承認し、土地の境界画定及び権原付与を命令する実行が確立しており、先住民族の土地での資源開発許可についても他の国際及び地城的人権条約実施監視機関より厳しい基準を設定している。このような発展が米州で可能となった背景として、90年代の経済成長にもかかわらず貧富の差が拡大した結果、反ネオ・リベラリズムを掲げる先住民族組織が、2000年代のラテンアメリカの多くの国家及び地方政治においてますます発言力を強めていることがある。しかしこのような規範面での発展にも関わらず、実際には先住民族の土地に対する権原付与はラテンアメリカの多くの国でおこなわれておらず、米州人権裁判所による権原付与命令も完全履行された例は存在していないことを指摘した。
    次に、国連宣言における先住民族の土地に対する権利を中心として研究をおこない、講座国際人権法第4巻(2009年8月頃発刊予定)に提出した。ILO第169号条約と比較した場合の国連宣言の特微としては、自決権の挿入及び先住民族の定義の欠如に加えて、第1に、過去に占有していたが先住民族の説明を受けた上での事前の自由な同意なくして剥奪された伝統的土地等について、「返還」を含む救済を受ける権利が認められたこと、第2に、土地と天然資源の権利が分けて規定されておらず、土地に対する権利については、現に排他的に占有しているか否かで権利内容が区別されることなく、所有・使用・開発・管理の権利という包括的な権利が認められていること。また伝統的土地に存在する天然資源について、国家に所有権が帰属している場合に別段の考慮がなされることなく、土地と同じく包括的な権利が認められている。第3に、国連宣言第29条自体は開発計画の承認に先立つ関連先住民族との協議を義務づけているだけではあるが、第28条が先住民族の伝統的土地及び資源に関して、説明を受けた上での事前の自由な同意なく損害を被った場合に補償を受ける権利を規定しているため、両条項を合わせて読むと事前の同意までが要求される結果となっていること、を指摘した。

    researchmap

▼display all

Allotted class

  • 2023   専門演習A1/専門演習B1   Department

  • 2023   専門演習A2/専門演習B2   Department

  • 2023   法学特講1 International Law from Japanese Perspectives(日本の観点から見た国際法)/国際政治特講1 International Law from Japanese Perspectives(日本の観点から見た国際法)/国際法特講1 International Law from Japanese Perspectives(日本の観点から見た国際法)   Department

  • 2023   国際関係法1(B)   Graduate school

  • 2023   国際関係法2(B)   Graduate school

  • 2023   特殊研究1(国際関係法)   Graduate school

  • 2023   特殊研究2(国際関係法)   Graduate school

  • 2023   特殊研究3(国際関係法)   Graduate school

  • 2023   特殊研究4(国際関係法)   Graduate school

  • 2023   特殊講義(International Law From Japanese Perspectives)   Graduate school

  • 2023   研究報告論1   Graduate school

  • 2023   研究報告論2   Graduate school

  • 2023   研究指導論   Graduate school

  • 2023   テーマ演習Ⅱ   Professional graduate school

  • 2023   ヨーロッパ法   Professional graduate school

  • 2023   国際人権法   Professional graduate school

  • 2023   国際法Ⅰ(基礎)   Professional graduate school

  • 2023   国際法Ⅱ(応用)   Professional graduate school

▼display all

Committee Memberships

  • 2023.6 - Now

    世界法学会   企画委員  

  • 2021.11 - Now

    国際人権法学会   HP委員会副主任  

  • 2021.11 - Now

    国際人権法学会   理事  

  • 2018.11 - 2021.11

    国際人権法学会   編集委員  

  • 2021    

    Planning Committee of the 14th Polar Law Symposium  

  • 2016.5 - 2020.12

    International Law Association   ILA Committee on the Implementation of the Rights of Indigenous Peoples  

  • 2020    

    Planning Committee of the 13th Polar Law Symposium  

  • 2017.10 - 2019.9

    アジア国際法学会日本協会   国際交流委員会委員  

▼display all

Social Activities

  • 「先住民族としてのアイヌの権利」

    Role(s): Media coverage

    毎日新聞「政治プレミア」  2023.7 -  

     More details

    Type:Newspaper, magazine

    researchmap

  • 国際人権法における先住民族の土地及び資源に対する権利

    Role(s): Lecturer

    さっぽろ自由学校「遊」  先住民族の森川海に関する権利―海外の事例から  2023.1 -  

     More details

    Type:Seminar, workshop

    researchmap

  • 国連宣言採択から15年―意義と課題

    Role(s): Lecturer

    北海道大学法学研究科附属高等法政教育研究センター、北海道大学アイヌ・先住民研究センター  「先住民族の権利に関する国連宣言」15周年記念公開講演会  2023.1 -  

     More details

    Type:Lecture

    researchmap

  • 国際人権法における先住民族の土地及び資源に対する権利―2つのアプローチの限界と可能性

    Role(s): Lecturer

    北海道大学 国際連携研究教育局 先住民・文化的多様性研究グローバルステーション(GSI)  先住権に関する連続オンライン講演会 #01  2022.10 -  

     More details

    Type:Lecture

    researchmap

  • 難民及び庇護希望者の労働の権利

    Role(s): Lecturer

    近畿弁護士会連合会  夏期研修  2022.9 -  

     More details

    Type:Lecture

    researchmap

  • 入管法改正案の問題点とは?国連専門家ら指摘、上川法相は不快感

    Role(s): Media coverage

    毎日新聞  2021.4 -  

     More details

    Type:Newspaper, magazine

    researchmap

  • 難民及び庇護希望者の労働の権利

    Role(s): Lecturer

    南山大学社会倫理研究所  南山大学社会倫理研究所設立40周年記念シリーズ懇話会第二弾「難民と人権」  2020.6 -  

     More details

    Type:Lecture

    researchmap

  • アイヌ施策推進法を巡る議論

    Role(s): Contribution

    中部経済新聞  2019.10 -  

     More details

    Type:Newspaper, magazine

    researchmap

  • 難民申請者の就労権

    Role(s): Lecturer

    東京弁護士会  第2回外国法連続講座  2018.2 -  

     More details

    Type:Lecture

    researchmap

  • 先住民族と国際法

    Role(s): Lecturer

    内閣官房アイヌ総合政策室  2018.2 -  

     More details

    Type:Lecture

    researchmap

  • 【小坂田裕子さん】先住民族を巡る国際法に詳しい大学教授

    Role(s): Media coverage

    北海道新聞  2017.10 -  

     More details

    Type:Newspaper, magazine

    researchmap

  • ラテンアメリカにおける先住民族の権利保護-米州人権条約と国連宣言に関する事例紹介

    Role(s): Lecturer

    さっぽろ自由学校「遊」  2017.10 -  

     More details

    Type:Lecture

    researchmap

  • 難民及び庇護希望者の労働の権利

    Role(s): Lecturer

    全国難民弁護団連絡会  年次総会  2016.10 -  

     More details

    Type:Lecture

    researchmap

▼display all