2024/01/10 更新

写真a

ナカシマ ミカ
中島 美香
NAKASHIMA Mika
所属
国際情報学部 准教授
その他担当機関
国際情報研究科国際情報専攻修士課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 修士(法学) ( 東海大学 )

経歴

  • 2019年4月 -  

    中央大学国際情報学部准教授

  • 2018年7月 - 2019年3月

    株式会社情報通信総合研究所 法制度研究部 主任研究員

  • 2015年7月 - 2018年6月

    株式会社情報通信総合研究所 法制度研究部 副主任研究員

  • 2015年4月 - 2015年6月

    株式会社情報通信総合研究所 法制度研究部 研究員

  • 2010年2月 - 2015年3月

    株式会社情報通信総合研究所 法制度研究グループ 研究員

所属学協会

  • 2022年4月 - 現在

    情報処理学会

  • 2019年8月 - 現在

    日米法学会

  • 2019年4月 - 現在

    日本経済法学会

  • 2018年5月 - 現在

    情報法制学会

  • 2016年11月 - 現在

    情報ネットワーク法学会

  • 2010年4月 - 現在

    日本私法学会

▼全件表示

研究キーワード

  • 民事法

  • 情報法(競争政策)

  • デジタル・プラットフォーム規制

研究分野

  • 人文・社会 / 民事法学

  • 人文・社会 / 新領域法学

論文

  • 米国グーグル・反トラスト法裁判 ―訴状を中心に 招待

    中島 美香

    情報通信政策研究   7 ( 1 )   IB-39 - IB-59   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Comparison of Legal Systems for Data Portability in the EU, the US and Japan and the Direction of Legislation in Japan 査読

    Mika Nakashima

    Human Choice and Digital by Default: Autonomy vs Digital Determination 15th IFIP International Conference on Human Choice and Computers, HCC15 2022, Tokyo, Japan, September 8–9, 2022, Proceedings, Springer   159 - 169   2022年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 個人情報の削除を求める権利の日米欧における法制度と忘れられる権利 査読

    中島美香

    東海法学   ( 60 )   83 - 101   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • グーグル・アンドロイド事件―スマート・モバイルOSのライセンスと競争法上の問題について― 招待

    中島美香

    特許研究   ( 71 )   34 - 39   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • グーグルのアンドロイドとEU競争法上の問題―欧州委員会の2018年違反決定書の概要について―

    中島美香

    国際情報学研究   ( 創刊 )   79 - 104   2021年3月

     詳細を見る

  • The Legal Frameworks of the Right to Request the Deletion of Personal Data in the EU, the U.S. and Japan and the Right to Be Forgotten: A Study Focusing on Search Businesses 査読

    Mika Nakashima

    Human-Centric Computing in a Data-Driven Society 14th IFIP TC 9 International Conference on Human Choice and Computers, HCC14 2020, Tokyo, Japan, September 9–11, 2020, Proceedings, Springer   29 - 40   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • グーグルのアンドロイドとEU競争法上の問題(下)

    中島 美香

    国際商事法務   47 ( 5 )   578 - 584   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:国際商事法研究所  

    researchmap

  • グーグルのアンドロイドとEU競争法上の問題(上)

    中島 美香

    国際商事法務   47 ( 4 )   419 - 429   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:国際商事法研究所  

    researchmap

  • 検索結果の削除と忘れられる権利 : 最決平29・1・31を契機とした学説の議論状況について 査読

    中島 美香

    東海法学   ( 56 )   117 - 136   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:東海大学法学部  

    researchmap

  • イギリス名誉毀損訴訟における制限的特権法理の新たな展開--最近のJameel and others v. Wall Street Journal Europe Sprl事件貴族院判決(11 October 2006)を契機として 査読

    横田 美香

    東海法学   38 ( 38 )   125 - 156   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東海大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 判例研究 テレビ放送による私人の名誉毀損と訂正放送--NHK「生活ほっとモーニング」事件 最高裁判決(平成16.11.25) 査読

    横田 美香

    東海法学   35 ( 35 )   185 - 215   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東海大学  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 情報ネットワークの法律実務

    多賀谷, 一照, 松本, 恒雄( 担当: 共著 範囲: 中島美香「検索サービスと忘れられる権利」(改訂))

    第一法規  2023年1月  ( ISBN:4474600878

     詳細を見る

    総ページ数:3冊 (加除式)   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Human Choice and Digital by Default: Autonomy vs Digital Determination 15th IFIP International Conference on Human Choice and Computers, HCC15 2022, Tokyo, Japan, September 8–9, 2022

    ( 担当: 共著 範囲: Mika Nakashima, Comparison of Legal Systems for Data Portability in the EU, the US and Japan and the Direction of Legislation in Japan, pp.159-169.)

    Springer  2022年8月  ( ISBN:9783031156878

     詳細を見る

  • Human-Centric Computing in a Data-Driven Society 14th IFIP TC 9 International Conference on Human Choice and Computers, HCC14 2020, Tokyo, Japan, September 9–11, 2020

    Editors, Kreps, D, Komukai, T, Gopal, T, Ishii, K( 担当: 共著 範囲: The Legal Frameworks of the Right to Request the Deletion of Personal Data in the EU, the U.S. and Japan and the Right to Be Forgotten: A Study Focusing on Search Businesses Pages 29-40)

    Springer International Publishing  2020年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:409   担当ページ:Pages 29-40   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 国際情報学入門

    中央大学国際情報学部( 範囲: プライバシー・個人情報保護と競争政策)

    ミネルヴァ書房  2020年5月  ( ISBN:9784623089789

     詳細を見る

    総ページ数:xii, 292p   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 情報ネットワークの法律実務

    編集代表, 多賀谷一照, 松本恒雄( 担当: 共著 範囲: 「検索サービスと忘れられる権利―Google Spain SL and Google Inc. v. Agencia Española de Protección de Datos (AEPD) and Mario Costeja González事件EU司法裁判所先行判決(2014年5月13日)を題材に―」)

    第一法規株式会社  2016年8月 

     詳細を見る

MISC

  • 検索サービスと競争法 招待

    中島 美香

    中央評論   74 ( 2 )   72 - 82   2022年7月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • デジタル・プラットフォームの法制度研究 招待

    中島 美香

    読売新聞オンライン   2021年6月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • Googleに対するEU競争法上の3つの異議告知事案

    中島 美香

    InfoCom review   ( 69 )   104 - 114   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報通信総合研究所 ; 1994-  

    CiNii Books

    researchmap

  • 「忘れられる権利」は浸透するか 招待

    中島美香

    imidasオンライン   2015年2月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • Googleの検索サジェスト機能をめぐる訴訟の動向と影響について

    中島 美香

    InfoCom review   ( 63 )   58 - 71   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報通信総合研究所 ; 1994-  

    CiNii Books

    researchmap

  • 電子書籍における競争法に関する最近の動向

    中島 美香

    InfoCom review   ( 60 )   58 - 71   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報通信総合研究所 ; 1994-  

    CiNii Books

    researchmap

  • グーグル・ヤフーの事業提携をめぐる競争法に関する最近の動向

    中島 美香

    InfoCom review   ( 54 )   40 - 54   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報通信総合研究所  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 食べログ事件東京地裁判決とデジタル・プラットフォームの規制のあり方 招待

    中島 美香

    2023FIT アルゴリズム運用と法律の関係  2023年9月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 米国におけるグーグルの 反トラスト法訴訟について

    中島 美香

    情報処理学会 電子化知的財産・社会基盤(EIP)  2023年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 欧米グーグル・モバイルOS事件とデジタル・プラットフォーム規制のあり方 招待

    中島美香

    総務省情報通信法学研究会通信法分科会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Comparison of Legal Systems for Data Portability in the EU, the US and Japan and the Direction of Legislation in Japan

    Human Choice and Digital by Default: Autonomy vs Digital Determination 15th IFIP International Conference on Human Choice and Computers, HCC15 2022, Tokyo, Japan, September 8–9, 2022, Proceedings  2022年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「破産者マップ」と同種のウェブサイトに対する個人情報保護委員会の命令について

    藤田 彩水, 太田 光, 加藤 才, 小崎 愛華, 吉田 旬里, 中島 美香

    情報処理学会 電子化知的財産・社会基盤(EIP)  2022年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • グーグル・モバイルOS事件―EU競争法と米国反トラスト法の比較― 招待

    中島美香

    神戸大学大学院法学研究科 イノベーション科研 研究会  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • グーグルのアンドロイドに関する違反決定及び制裁金命令について

    情報ネットワーク法学会第18回研究大会  2018年12月 

     詳細を見る

  • グーグルに対するEU競争法上の違反決定及び制裁金命令とその後の動向について (技術と社会・倫理)

    中島 美香

    情報処理学会 電子化知的財産・社会基盤(EIP)  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • GoogleとYahoo! JAPANの業務提携をめぐる競争法に関する最近の動向

    中島 美香

    情報処理学会 電子化知的財産・社会基盤(EIP)  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    近年、グローバル規模の企業の合併や業務提携の動きが強まっている。日本では、2010 年 7 月 27 日グーグルが検索サイト事業でヤフー・ジャパンと業務提携することを発表したことが、独占禁止法上問題とならないか注目を集めた。本稿では、検索サイトの仕組みや、グーグルとヤフー・ジャパンの提携、海外の検索サイトをめぐる動向について考察する。In this couple of years we have seen more and more mergers or alliances of global corporations. Google announced on July 27 2010 that they were planning to make a tie-up with Yahoo! Japan for the search engine platform, which sparked a immediate concern among rival corporations and in interested circles for possible antimonopoly violations. I will look at some issues posed by the Google-Yahoo! JAPAN tie-up along with related topics such as makeups of search sites and their latest trends.

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • アバターを安全かつ信頼して利用できる社会の実現

    研究課題/領域番号:JPMJMS2215  2023年4月 - 2026年3月

    科学技術振興機構  戦略的な研究開発の推進 ムーンショット型研究開発事業  G3:E3LSI課題・政策展開の研究 G3-7:CA研究開発課題の連携  慶應義塾大学

    新保 史生

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    サイバネティック・アバターを安全かつ信頼して利用できるCA基盤を構築するためにCA操作者の認証技術、CA認証技術、遠隔操作者が法律に基づいてCAを公的に使用できることを証明・認証するCA公証に関する研究を行います。アバター生活実現のために克服すべき社会的課題解決のため、E3LSI(倫理的、経済的、環境的、法的、社会的課題)を研究し、国内外に提言や議論の場を創っていきます。2050年までに、新次元領域法学(AI・ロボット・アバター法)の展開を目指します。

    researchmap

    J-GLOBAL

  • モバイルOS 及び検索アプリの抱き合わせと競争法上の問題に関する日米欧の比較研究

    2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費(基金)基盤研究C  基盤研究 ( C)(一般) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 検索結果の削除と「忘れられる権利」の地平―新たな権利領域への発展可能性の検証―

    2020年4月 - 2023年3月

    中央大学  特定課題研究 

      詳細を見る

現在の担当授業科目

  • 2023年度   卒業論文   学部

  • 2023年度   国際情報史   学部

  • 2023年度   国際情報演習Ⅰ   学部

  • 2023年度   国際情報演習Ⅱ   学部

  • 2023年度   国際情報演習Ⅲ   学部

  • 2023年度   国際情報演習Ⅳ   学部

  • 2023年度   国際情報演習Ⅴ   学部

  • 2023年度   基礎演習   学部

  • 2023年度   民事法(情報不法行為法)   学部

  • 2023年度   民事法(総則と情報契約法)   学部

  • 2023年度   消費者保護法   学部

  • 2023年度   競争法(情報競争法)   学部

  • 2023年度   国際情報学実践研究(3)   大学院

  • 2023年度   情報民事法特論   大学院

  • 2023年度   研究の計画と遂行   大学院

▼全件表示

委員歴

  • 2023年11月 - 現在

    総務省   デジタルビジネス拡大に向けた電波政策懇談会 構成員  

  • 2022年4月 - 現在

    情報処理学会 電子化知的財産社会基盤研究会(EIP)   運営委員  

  • 2021年4月 - 現在

    総務省 情報通信政策研究所   情報通信法学研究会 構成員  

  • 2019年 - 現在

    情報ネットワーク法学会   情報ネットワーク・ローレビュー編集委員  

  • 2016年11月 - 現在

    情報ネットワーク法学会   実行委員  

  • 2022年4月 - 2023年3月

    総務省   デジタル変革時代の電波政策懇談会 移動通信システム等制度WG 構成員  

  • 2022年2月 - 2023年3月

    総務省   携帯電話用周波数の再割てに係る円滑な移行に関するタスクフォース 構成員  

  • 2021年2月 - 2021年6月

    総務省   デジタル変革時代の電波政策懇談会 移動通信システム等制度WG 構成員  

  • 2016年11月 - 2020年11月

    情報ネットワーク法学会   理事  

▼全件表示

メディア報道

  • ”JFTC's monopolization probe into Google's search focuses on market features, regulatory approach” インターネットメディア

    MLex 取材コメント  2023年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 「ネットTVのOS調査へ グーグル、アマゾン念頭 公取委」 新聞・雑誌

    毎日新聞東京朝刊  取材コメント  2023年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 「デジタル市場、GAFA寡占に懸念 公取委、テレビ向けOS調査の背景」 新聞・雑誌

    毎日新聞オンライン  取材コメント  2023年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 「統合のヤフーとLINE「和製GAFA」となるか “国の足かせ”でマイナスになりかねないジレンマも」 新聞・雑誌

    AERA  取材コメント  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 「グーグルが直面した、『忘れられる権利』犯罪者の逮捕歴をネットから削除すべきか?」 新聞・雑誌

    東洋経済オンライン  オンラインレポート  2017年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    researchmap

  • 「『忘れられる権利』悩む検索サイト、対応コスト負担めぐる課題も」 新聞・雑誌

    ロイター〔焦点〕  取材コメント  2015年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 「グーグルを悩ます『忘れられる権利』」 新聞・雑誌

    週刊東洋経済  取材コメント  2015年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 「[探]サル“自分撮り”写真 著作権は誰のもの?」 新聞・雑誌

    読売新聞大阪本社朝刊  取材コメント  2014年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 「不都合な情報”削除”求めグーグル提訴も・・・」 テレビ・ラジオ番組

    日本テレビNEWS ZERO  取材コメント、テレビ出演  2014年9月

     詳細を見る

  • 「忘れられる権利:京都地裁判決 EU判決と比べてみた 依然高いハードル」 新聞・雑誌

    毎日新聞オンライン  取材コメント  2014年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 「忘れられる権利 問われる知る権利とのバランス」 新聞・雑誌

    毎日新聞オンライン  取材コメント  2014年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 「忘れられる権利 判決の意義や背景を聞く」 新聞・雑誌

    毎日新聞オンライン  取材コメント  2014年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

▼全件表示