2023/09/21 更新

写真a

ジツヅミ トシヤ
実積 寿也
JITSUZUMI Toshiya
所属
総合政策学部 教授
その他担当機関
総合政策研究科総合政策専攻博士課程前期課程
総合政策研究科総合政策専攻博士課程後期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 博士(国際情報通信学) ( 早稲田大学 )

  • MBA ( Leonard N. Stern School of Business, New York University )

学歴

  • 2003年3月
     

    早稲田大学   国際情報通信研究科   社会環境分野専攻   博士   修了

  • 1991年5月
     

    New York University,   Leonard N. Stern School of Business,   Finance   修士   修了

  • 1986年3月
     

    東京大学   法学部   第二類   卒業

経歴

  • 2017年4月 - 現在

    中央大学総合政策学部 教授

  • 2019年4月 - 2021年10月

    中央大学総合政策研究科委員長

  • 2009年4月 - 2017年3月

    九州大学大学院経済学研究院 教授

  • 2004年3月 - 2009年3月

    九州大学大学院経済学研究院 助教授(2007年4月より准教授に呼称変更)

  • 2007年9月 - 2008年9月

    Columbia Institute for Tele-Information at Columbia Business School, Columbia University, Visiting Scholar (安倍フェローシップ)

  • 2003年7月 - 2004年3月

    日本郵政公社経営企画部門 郵政総合研究所 部長

  • 2000年7月 - 2003年7月

    長崎大学経済学部 助教授

  • 1995年6月 - 2000年7月

    郵政省郵政研究所通信経済研究部 主任研究官

  • 1986年4月 - 1995年6月

    郵政省

▼全件表示

所属学協会

  •   - 現在

    日本地域学会

  •   - 現在

    情報通信学会

  •   - 現在

    International Telecommunications Society

  •   - 現在

    公益事業学会

  •   - 現在

    情報法制学会

  •   - 現在

    Regional Science Association International

▼全件表示

研究キーワード

  • 通信/インターネット政策、ネット中立性、ブロードバンドエコシステム、OTT、AI

研究分野

  • 人文・社会 / 経済政策  / 通信経済、通信政策、インターネット政策

論文

  • スプリンターネットを巡る議論

    実積寿也, 前村昌紀, 白畑真, 堀越功, 小宮山功一朗, 水越一郎

    JILISレポート   1 - 20   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • AIガイドライン、トラスト、ガバナンスー最適なルール策定に向けてー 招待

    実積寿也

    Nextcom   50   4 - 12   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 固定ブロードバンドの実効速度に関する分析―2009年~2020年の計測データからの知見 査読

    実積寿也

    公益事業研究   73 ( 2 )   13 - 28   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益事業学会  

    researchmap

  • 未成年者のSNSでのネットリスク低減策に対する社会負担可能性の実証分析―AIを活用した「誘い出し防止アプリ」への寄付意思額― 査読

    田中大智, 高口鉄平, 実積寿也

    情報通信学会誌   39 ( 2 )   45 - 57   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    researchmap

  • 「ネット中立性」が目指す価値―電気通信事業法のフレームワークを踏まえた考察

    実積寿也

    情報法制研究   ( 8 )   29 - 40   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 情報モラル教育に対する支払意思額の推計 査読

    実積寿也, 高口鉄平, 田中大智

    公益事業研究   71 ( 2 )   23 - 32   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ゼロレーティングサービスに対する消費者評価の分析 査読

    実積寿也

    情報通信学会誌   37 ( 3 )   1 - 15   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ネット中立性規制Ver.4へ―ネットワーク中立性3.0の世界

    実積寿也

    情報法制研究   ( 3 )   29 - 43   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報法制学会  

    researchmap

  • 自治体公衆無線LANの防災利用に関する考察 査読

    実積寿也

    公益事業研究   69 ( 2・3合併号 )   39 - 48   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益事業学会  

    researchmap

  • 第四次産業革命下での不動産仲介業

    実積寿也

    土地総合研究   25 ( 3 )   25 - 31   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土地総合研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • ネットワーク中立性とゼロレーティング

    実積寿也

    情報法制研究   ( 1 )   55 - 63   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報法制学会  

    researchmap

  • メディアとしてのブロードバンド産業の分析:構造変化とコンテンツ振興政策への含意 査読

    実積寿也

    情報通信学会誌   33 ( 3 )   7 - 21   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ネットワーク中立性と品質情報開示―経済学的観点からの分析― 査読

    実積寿也

    電子情報通信学会論文誌   J98 ( B(10) )   1030 - 1037   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Model analysis of the two-sided market of the mobile broadband business: in Japan and worldwide 査読

    Takachi, K, Jitsuzumi, T

    H. Mitomo, H. Fuke & E. Bohlin (Eds.), The Smart Revolution towards the Sustainable Digital Society: Beyond the Era of Convergence   35 - 63   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Edward Elgar Publishing.  

    researchmap

  • OTT音声通話サービスをめぐる参入障壁の分析:日本市場の例 査読

    実積寿也

    情報通信学会誌   33 ( 1 )   1 - 13   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    researchmap

  • Economic value of location-based big data: Estimating the size of Japan's B2B market 査読

    Koguchi, T, Jitsuzumi, T

    Communications & Strategies   97 ( 1st Quarter )   59 - 74   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ネットワーク中立性とブロードバンド品質―経済学的観点からの分析― 査読

    実積寿也

    信学技報   114 ( 374 )   51 - 56   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    ネットワーク中立性問題の本質は,トラヒック爆発によってネットワーク容量の希少性が顕在化したことに由来する資源配分問題である.そのため,解決にあたっては市場メカニズムの力を十分に発揮させた上で,いわゆる「市場の失敗」が見いだされた箇所に対して最小限の政策介入を行うというアプローチが求められる.ブロードバンド市場において「市場の失敗」をもたらす原因の一つがベストエフォート品質の存在であり,それによりネットワーク事業者の投資インセンティブが過少になるとともに,小売市場の効率性が阻害される.そのため,実効速度の品質を開示し,関係者間で当該情報を共有するメカニズムと,二面市場の特性を考慮した最適なビジネスモデルの導入が求められる.

    CiNii Books

    researchmap

  • Prerequisites for a network neutrality solution: Lessons from an empirical analysis of the Japanese broadband market

    Jitsuzumi, T.

    経済学研究   81 ( 4 )   213 - 233   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:九州大学経済学会  

    From an economic viewpoint, the author considers it to be appropriate to interpret the network neutrality problem as a combination of a congestion problem caused by limited network capacity and an anticompetitive problem caused by the dominance of major Internet service providers (ISPs). In Japan, where asymmetric regulation on the incumbent Nippon Telegraph and Telephone Corporation seems to have successfully maintained competitiveness in the retail ISP market, the Ministry of Internal Affairs and Communications (MIC) has focused on fighting network congestion by introducing a "coregulation"-like framework. The validity of this approach is heavily dependent on two prerequisites: (a) effective competition in the broadband ISP market and (b) sufficient user literacy on network quality. As for the first condition, given the Herfindahl-Hirschman Index, the MIC has stated that the current ISP market in Japan has no immediate anticompetitive threat. However, if switching costs for broadband users are very large, the Herfindahl-Hirschman Index cannot reflect the real competitive level. In this study, switching costs based on a model-based estimation as well as a questionnairebased estimation are calculated. This study concludes that the Japanese broadband ISP market may not be as competitive as it looks, suggesting that the MIC has reasons to reconsider its current policy on network neutrality. Although the discussion in this paper is based on Japanese empirical data, it can apply to other nations that have a similar structure in the broadband ecosystem as that of Japan and where significant market power regulations on incumbent network operators represent the major tool to attain competitiveness in the ISP market.

    DOI: 10.15017/1515787

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2324/1515787

  • パーソナライゼーション・サービスにおける利用者のプライバシー懸念の要因に関する研究 査読

    高崎晴夫, 高口鉄平, 実積寿也

    公益事業研究   66 ( 2 )   25 - 34   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益事業学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • オープンインターネット命令にかかる控訴審判決の影響 査読

    実積寿也

    情報通信学会誌   32 ( 1 )   1 - 12   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Consumer preferences for mobile broadband quality in Japan: Implications for the discussion on network neutrality

    Jitsuzumi Toshiya

    経済学研究   80 ( 1 )   127 - 142   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州大学経済学会  

    The rapid development of information and communication technology has facilitated significantly expanded use of the Internet and made it an indispensable infrastructure element for socioeconomic activities. With the boom in bit-intensive and live-streaming content over broadband Internet, the phenomenon of increasing and persisting Internet congestion and an abuse of market power by dominant Internet service providers (ISPs) is no longer a mere engineering possibility but a grave and imminent reality. As a means of dealing with these problems, "network neutrality" has become the focus of discussion among operators, academics, telecom regulators, and consumer groups in recent years. With the current rapid traffic increase not only in fixed broadband but also in mobile broadband, U.S. stakeholders have started discussing whether both mobile and fixed Internet access should comply with similar network neutrality standards. Considering the global trend in broadband usage, other countries will soon have to follow suit. Unfortunately, the discussions related to network neutrality thus far have mainly considered operators' viewpoints and have failed to give proper attention to consumers' perspectives; therefore, arriving at an optimal conclusion is difficult for them. In order to overcome this shortcoming, this study uses a Web-based questionnaire and empirically shows that users' preferences for the communication quality of fixed broadband may differ significantly from their preferences for its mobile counterpart. Accordingly, this paper recommends that each broadband medium be treated differently, for optimal resource allocation.

    DOI: 10.15017/26866

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2324/26866

  • 携帯電話の構成要素に対する利用者の選好に関する分析 査読

    高口鉄平, 実積寿也

    静岡大学情報学研究   18 ( 18 )   19 - 32   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:静岡大学  

    DOI: 10.14945/00007087

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10297/7087

  • An analysis of demand-based factors for broadband migration 査読

    Satitsamitpong, M, Otsuka, T, Jitsuzumi, T, Mitomo, H

    Applied Economics Journal   19 ( 2 )   1 - 17   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Economics Journal  

    researchmap

  • モバイルインターネット事業におけるプラットフォームの市場構造に関する経済分析 査読

    高地圭輔, 実積寿也

    地域学研究   41 ( 3 )   681 - 694   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    We develop a two-sided market model to analyze the Japanese mobile internet market in which revenues from digital content are rapidly expanding. To pursue new revenue from digital content, mobile telecommunications carriers strategically integrate platform functions (PFs) , such as billing and authentication, into their networks. PFs are necessary for content providers (CPs) to charge users, so it is crucial for them to access PFs in a fair and open manner. Consequently, it seems appropriate to examine the need for government intervention in the transactions between CPs and telecommunications carriers, because telecommunications carrier PFs are bottleneck facilities for CPs. However, the effects of possible intervention should be respectively examined as related to the market environment.<br> We studied the effects of market structure on social welfare with a two-sided market model in which a telecommunications carrier sells mobile telecommunications services to consumers and sets the fees for CPs. Apart from preceding literature focused on advertising model, we introduce a billing model in which the telecommunications carrier purchases content from CPs and sells the content to consumers. A monopolistic telecommunications market is assumed in our model and three different market structures are compared to each other; (1) vertical integration, (2) monopoly in content market and (3) duopoly in content market. <br> First, we found that both the industry profit and the social welfare of (1) were largest. Second, our model also showed that the social welfare of (3) exceeded (2) . However, the industry profit of (2) surpassed (3) . These results indicate that CPs have the incentive to monopolize competitive content market, but content monopoly decreases social welfare. Therefore, if our model adequately works in a market with content industry independent from telecommunications carriers, government intervention should be considered to maximize social welfare.<br> Finally, we extracted additional implications from the model. The welfare of (3) may exceed (1) because an increase in the number of CPs creates product differentiation that can increase consumer utility. Based on this idea, we also examined the effects of some parameters on social welfare as a step toward further analysis.<br><br>JEL Classification: D11, D85, R11

    DOI: 10.2457/srs.41.681

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10000131895?from=CiNii

  • Japan's co-regulatory approach to net neutrality and its flaw: Insufficient literacy on best-effort QoS 査読

    Toshiya Jitsuzumi

    Communications & Strategies   ( 84 )   93 - 110   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 固定インターネット回線品質に対する消費者意識の分析-ネットワーク中立性議論との関連に着目して- 査読

    実積寿也

    情報通信学会誌   29 ( 1 )   19 - 28   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    ネットワーク中立性問題は、(1)トラヒック混雑による外部不経済の発生と、(2)ボトルネック事業者による市場支配力の濫用、という二つの課題として整理すればその理論的解決策は明確であるが、それら解決策は、現実のインターネットエコシステムの中では実現困難である。本稿では、ベストエフォート環境下における実効品質に対する消費者の関心度に着目し、当該関心の欠如は、利用者の意思決定の効率性を阻み、トラヒック混雑の認識を不十分にすることを通じて、ネットワーク中立性問題の解決に困難をもたらすことを指摘した。そのうえで、2009年に実施したアンケート調査を用い、実効速度に対して関心を有する利用者を拡大すれば、トラヒック混雑問題を市場メカニズムによって改善できる余地が増大する可能性があること、さらに、FTTHの利用増大、トラヒック混雑の経験がそういった利用者層を増やす効果があることを明らかにした。

    DOI: 10.11430/jsicr.29.1_19

    CiNii Books

    researchmap

  • Discussion on network neutrality: Japan’s perspective 査読

    実積寿也

    Communications & Convergence Review   3 ( 1 )   71 - 89   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Causes of inefficiency in Japanese railways: Application of DEA for managers and policymakers 査読

    Toshiya Jitsuzumi, Akihiro Nakamura

    Socio-Economic Planning Sciences   44 ( 3 )   161 - 173   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    Although railway services have been suffering financially due to modal shifts and aging populations, they have been, and will continue to be, an essential component of nations' basic social infrastructures. Since railway firms generate positive externalities, and are required to operate in pre-determined licensed areas, governmental intervention/support may, in some cases, be justified. Indeed, many types of subsidies are created and offered for railway operations in Japan
    while some are meant to cover large investments, others are used as compensation for regional disparities. However, thus far, no attempt has been made to analyze the reasons for the underperformance of Japanese railway services. In other words, it is unclear whether this underperformance can be attributed to exogenous and uncontrollable causes, or endogenous phenomena and, hence, capable of being handled by managers. The optimal degree of intervention is thus not sufficiently known. In the current paper, we propose a method based on data envelopment analysis (DEA) to analyze the causes of inefficiency in Japanese railway operations, and, further, to calculate optimal subsidy levels. The latter are designed to compensate for railways' lack of complete discretion in changing location of their operations and/or increasing/decreasing these operations since they are a regulated service. Our proposed method was applied to 53 Japanese railway operators. In so doing, we identified several key characteristics related to their inefficiencies, and developed optimal subsidies designed to improve performance. © 2009 Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.seps.2009.12.002

    Scopus

    researchmap

  • Efficiency and sustainability of network neutrality proposals 査読

    Toshiya Jitsuzumi

    A. Gentzoglanis & A. Henten (Eds.), Regulation and the Evolution of the Global Telecommunications Industry   253 - 272   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Edward Elgar Publishing.  

    researchmap

  • ネットワーク中立性問題と事業者の役割

    実積 寿也

    Nextcom   1 ( 1 )   40 - 49   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:KDDI総研  

    CiNii Books

    researchmap

  • An analysis of the telecommunications services demand in Japan using the almost ideal demand system 査読

    Nakamura, A, Jitsuzumi, T

    The Empirical Economics Letters   7 ( 10 )   985 - 992   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    researchmap

  • Conditions contributing to the success of the Japanese telecom policy over the past five decades 査読

    Toshiya Jitsuzumi

    Studies in Regional Science   38 ( 4 )   991 - 1005   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Section of the Regional Science Association International  

    The Japanese telecom market is presently one of the most advanced and dynamic in the world. This is the result of carefully planned development in Japanese telecom policies that have taken advantage of the external conditions of the times in Japan over the past 50 years or more. This article aims to clarify the contributing conditions based on the decades of experience in Japanese telecom policies and to determine the cross-country applicability of these policies. Based on the overall economic and market conditions during this period and considering the development of the Japanese telecom market to date, a set of contributing conditions are proposed. Statistical verifications for the general applicability of such conditions revealed that some hold true in the sampled Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) nations. The most important finding is that the market dominance of the incumbent operator has a significant impact on basic telecom development. Another part of the findings showed conformity with the digital divide between rich and poor nations.

    DOI: 10.2457/srs.38.991

    Scopus

    researchmap

  • 自由化後の郵便事業の最適産業構造について-日本・英国・スウェーデン市場からの帰納

    実積寿也

    経済学研究   74 ( 2 )   101 - 120   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州大学経済学会  

    researchmap

  • 加入需要行動を考慮した世帯の通話支出関数の推計

    中村彰宏, 実積寿也, 河村真

    情報通信政策研究プログラム   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:http://www.officepolaris.co.jp/icp/2006paper/2006004.pdf  

    researchmap

  • 固定電話と携帯電話の料金低下の厚生インパクトの測定

    中村彰宏, 実積寿也

    情報通信政策研究プログラム   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ユニバーサル「通信」サービスの確保:郵便制度への含意

    実積 寿也

    経済学研究   73 ( 4 )   23 - 41   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州大学経済学会  

    DOI: 10.15017/10609

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2324/10609

  • 開発途上国におけるブロードバンド普及政策のあり方:タイの場合 査読

    田尻信行, 岡崎毅, 実積寿也

    情報通信学会誌   24 ( 1 )   49 - 61   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 鉄道事業者に対する効率的補助金の検討-包絡分析法アプローチ- 査読

    実積寿也, 中村彰宏

    公益事業研究   57 ( 4 )   21 - 29   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益事業学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 利用者の異質性を考慮した携帯電話の番号ポータビリティ利用者便益の考察 査読

    大塚時雄, 三本松憲生, 森裕治, 実積寿也, 三友仁志

    公益事業研究   57 ( 4 )   39 - 48   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益事業学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 通話需要分析と政策的インプリケーション:AI需要体系によるアプローチ 査読

    中村彰宏, 実積寿也

    情報通信学会誌   23 ( 3 )   77 - 86   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 携帯電話の番号ポータビリティ利用の評価に関する選択確率モデルの適用 査読

    大塚時雄, 実積寿也, 三友仁志

    情報通信学会誌   22 ( 3 )   65 - 77   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    researchmap

  • 信書便産業自由化の現状と課題

    実積寿也

    経済学研究   71 ( 2・3 )   189 - 207   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州大学経済学会  

    researchmap

  • 情報通信技術が買物交通需要パターンに与える影響の分析-学生の購買行動を中心として- 査読

    大塚時雄, 染谷広幸, 実積寿也, 三友仁志

    地域学研究   34 ( 1 )   265 - 284   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    The purpose of this research is to ascertain how the advancement of Information and Telecommunication Technology (ICT) changes people's behavior as well as the demand structure of transportation. In this paper, we focused on the purchasing behavior and shopping-related trips as the derived demand.<br>Firstly, we produced a conceptional framework to model consumers' purchasing behavior, and specifically direct our attention to the transaction costs in shopping, that is, the costs for information gathering and for acquiring goods because they are certainly influenced by newly developed forms of information technology and their applications, such as the Internet, e-mail, and e-commerce.<br>Secondly, for the empirical study, we conducted a questionnaire survey in two locations in Japan: the major metropolis of Tokyo and the smaller regional city of Nagasaki. The survey inquired into selection factors between retail shops and Internet or catalog-order shops. The result of our empirical survey showed that (1) the willingness to pay (WTP) for information gathering costs has a positive effect on individuals' ICT related characteristics, and (2) the WTP for information gathering has a positive effect to non-shop purchasing, while the WTP for acquiring goods affects nonhas a negative effect on non-shop purchasing.

    DOI: 10.2457/srs.34.265

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00352447492?from=CiNii

  • ネットワーク産業規制の平行進化-信書便市場の競争促進策- 査読

    実積 寿也

    情報通信学会誌   22 ( 2 )   73 - 80   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本企業の生産性向上に対する情報化・組織構造改革・人的資本形成の相乗効果 査読

    唐澤徹, 実積寿也, 三友仁志

    公益事業研究   56 ( 1 )   25 - 33   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益事業学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 鉄道事業の公共性を考慮した線路使用料の決定方法に関する検討-DEAによる線路敷設・管理のヤードスティック指標の計測- 査読

    中村彰宏, 実積寿也

    交通学研究2003年研究年報   ( 47 )   59 - 68   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Royal Mail Group plcに対する新料金規制の評価

    実積寿也

    郵政総研レビュー-イントラネット特別編集号   5 - 13   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本郵政公社  

    researchmap

  • Measuring DEA efficiency in cable television network facilities: What are appropriate criteria for determining the amounts of governmental subsidies? 査読

    Toshiya Jitsuzumi, Akihiro Nakamura

    Socio-Economic Planning Sciences   37 ( 1 )   29 - 43   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    Recent technological developments have transformed the cable television industry (CATV) from a simple re-transmitter of terrestrial broadcasting to a provider of a broader-band information infrastructure. With cable operators facing an undesirable market situation while operating a fiber optics network vital to the creation of an information-based society within Japan, the Japanese Government has introduced several supportive measures for the industry. Such governmental intervention should desirably be justified not only from a political viewpoint but also from an economic one
    otherwise such measures may distort economic efficiency. In this article, using Data Envelopment Analysis (DEA), the authors identify the deficiencies of an accounting-based intervention scheme and propose an alternative framework with no disincentive side effects. © 2002 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0038-0121(02)00005-8

    Scopus

    researchmap

  • 情報化投資効果の発現要件と経済波及メカニズムの解明

    実積寿也

    2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)   出版者・発行元:早稲田大学  

    researchmap

  • わが国企業および産業におけるIT投資の効果発現メカニズム-日本型シナリオの特徴の探索- 査読

    実積寿也, 三友仁志, 鬼木甫

    地域学研究   32 ( 1 )   231 - 244   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    Investment in information technology (IT) is expected to enhance the productivity and/or profitability of the individual firm, and to deliver productivity-related benefits that flow through the firm, both at sectoral and macroeconomic levels. This flow-through-which we term the "micro-macro linkage"-depends on various factors, and if one (or more) should fail, IT investment may fail to yield tangible macroeconomic benefits.<br>Such failure is widely thought to have occurred in the U. S. during the 1980s, creating the so-called "IT productivity paradox" referenced in Solow's well-known line, "You can see the Computer Age everywhere but in the productivity statistics." In the years since, numerous economists have sought to identify possible causes for this productivity shortfall. For the U. S., the paradox seems happily to have disappeared during the early 1990s. In Japan, however, massive IT investment has yet to deliver macroeconomic growth, suggesting that the productivity paradox remains at work.<br>In this article, the authors draw on the U. S. experience to identify several key factors that may affect the micro-macro linkage, then examine whether these factors may be applicable to Japan today. Our key findings, as derived from Japanese corporate data, are as follows:<br>1. IT investment contributes to firm productivity in Japan;<br>2. Certain forms of management initiative (e. g., creating "flatter" (or less hierarchical) organizations) have not delivered expected benefits in Japan; and<br>3. IT investment does not make any significant positive contribution to profitability in Japanese firms.<br>The authors suggest that Japanese IT paradox may be at least partly attributable to failures in the management initiatives that typically accompany IT introduction.

    DOI: 10.2457/srs.32.231

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00361918846?from=CiNii

  • 効率化インセンティブと整合的な政策補助スキームの検討-DEAを用いたケーブルテレビネットワークの効率性計測- 査読

    実積寿也, 中村彰宏

    公益事業研究   53 ( 3 )   11 - 18   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益事業学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 情報通信技術によるSustainable Societyの実現可能性とわが国における情報化投資の現状 査読

    三友仁志, 実積寿也, 鬼木甫

    平成12年度情報通信学会年報   2000   1 - 12   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ICTs and sustainability: The managerial and environmental impact in Japan 査読

    Toshiya Jitsuzumi, Hitoshi Mitomo, Hajime Oniki

    Foresight   3 ( 2 )   103 - 112   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Emerald Group Publishing Ltd.  

    There are manifold causal linkages between information and communications technologies (ICTs) and social sustainability. In this article, these linkages are classified into three areas: direct improvement of corporate productivity, changed behaviour of people/organizations, and improved decision-making capabilities within society. A framework is proposed to analyse the first two of these three linkages, together with the results of a questionnaire survey. These point to a continuous growth trend in Japanese ICT investment with sectoral variations, and statistically significant evidence of ICTs' contributions to corporate operations and environmental issues.

    DOI: 10.1108/14636680110803030

    Scopus

    researchmap

  • 通話料金指数の作成

    実積寿也, 安藤正信

    郵政研究所月報   13 ( 5 )   52 - 58   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:郵政研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • 移動体通信の普及動向

    実積寿也, 安藤正信

    郵政研究所月報   13 ( 4 )   4 - 20   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:郵政研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • Impact of telecommuting on mass transit congestion: the Tokyo case 査読

    H Mitomo, T Jitsuzumi

    TELECOMMUNICATIONS POLICY   23 ( 10-11 )   741 - 751   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Telecommuting, a dispersed style of commuting enabled by developments in info-communication technology, is becoming increasingly popular among Japanese white-collar employees. According to our estimates, 9-14 million employees will telecommute by 2010, which will result in a 6.9-10.9% reduction in congestion in Tokyo, Japan. Associated cost savings are equivalent to 7.9-26.4% of annual spending on public transportation. Due to the considerable size of these positive external effects, some degree of policy support will be necessary to achieve a socially optimal level of penetration by telecommuting. (C) 1999 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    Web of Science

    researchmap

  • 有線テレビ放送事業者の経営状況に関する分析

    実積寿也, 中村彰宏

    郵政研究所研究発表会 Discussion Paper   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • ドイツのケーブルテレビ・ビジネス

    実積寿也

    郵政研究所月報   12 ( 4 )   67 - 73   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:郵政研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • 移動体通信事業の現状に関する分析

    実積 寿也

    郵政研究所月報   11 ( 11 )   4 - 23   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:郵政研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • アンケート調査に基づく世帯通話支出分析 査読

    実積寿也, 太田耕史郎, 大石明夫

    情報通信学会誌   16 ( 2 )   105 - 119   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    researchmap

  • 通話料金指数の作成

    実積寿也, 大石明夫, 高谷徹

    郵政研究所月報   10 ( 3 )   23 - 39   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:郵政研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数の有効活用に関する勉強会の検討結果

    廣川みどり, 実積寿也

    郵政省電波資源の有効活用に関する懇談会編『周波数オークション』   104 - 129   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日刊工業新聞社  

    researchmap

  • ドイツ電気通信法のユニバーサルサービス

    実積 寿也

    郵政研究所月報   10 ( 3 )   4 - 20   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:郵政研究所月報  

    CiNii Books

    researchmap

  • テレコミューティングの私的効果と社会的効果 査読

    三友仁志, 実積寿也

    平成8年度情報通信学会年報   1 - 13   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報通信学会  

    researchmap

  • テレコミューティングが都市交通の混雑緩和に及ぼす効果 査読

    三友仁志, 実積寿也

    高速道路と自動車   40 ( 2 )   26 - 31   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:高速道路調査会  

    CiNii Books

    researchmap

  • テレコミューティングの波及効果-労働者の住居移転と通勤混雑の緩和を中心に-

    実積寿也

    郵政研究所月報   9 ( 5 )   4 - 18   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:郵政研究所  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Policies and Challenges of the Broadband Ecosystem in Japan

    Jitsuzumi, T, Mitomo, H (Eds.)( 担当: 共編者(共編著者) 範囲: Issues in Regulating Online Platforms)

    Springer  2022年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:241   担当ページ:23-44   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 図解即戦⼒ 通信業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書

    実積寿也, 藤木俊明( 担当: 共著 範囲: 1~4章、8~10章)

    技術評論社  2022年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:216   担当ページ:12-106,154-209   記述言語:日本語   著書種別:一般書・啓蒙書

    researchmap

  • 公益事業の変容:持続可能性を超えて

    公益事業学会編 (担当ページ執筆者:春日教測, 高口鉄平, 宍倉学, 実積寿也, 中村彰宏, 三友仁志, 湧口清隆)( 担当: 分担執筆 範囲: 通信事業・放送事業)

    関西学院大学出版会  2020年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:268   担当ページ:203-242   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Telecommunications Policies of Japan

    Mitomo, H (Ed.)( 担当: 分担執筆 範囲: Net Neutrality)

    Springer  2020年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:286   担当ページ:201-220   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 通信産業の経済学R1

    実積寿也( 担当: 単著)

    九州大学出版会  2019年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:337   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 大災害と情報・メディア―レジリエンスの向上と地域社会の再興に向けて

    三友仁志編著( 担当: 分担執筆 範囲: 自治体公衆無線LANの有効活用戦略)

    勁草書房  2019年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:260   担当ページ:27-49   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 日本社会の持続可能性と総合政策

    横山彰編著( 担当: 分担執筆 範囲: 持続可能なブロードバンド・エコシステムについて―新たな規制枠組み―)

    中央大学出版部  2019年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:227   担当ページ:49-65   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • OTT産業をめぐる政策分析―ネット中立性,個人情報,メディア

    実積寿也, 春日教測, 宍倉学, 中村彰宏, 高口鉄平( 担当: 共著)

    勁草書房  2018年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:232   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 通信産業の経済学2.0

    実積 寿也( 担当: 単著)

    九州大学出版会  2013年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:341   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • ネットワーク中立性の経済学-通信品質をめぐる分析-

    実積 寿也( 担当: 単著)

    勁草書房  2013年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:234   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 通信産業の経済学

    実積 寿也( 担当: 単著)

    九州大学出版会  2010年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:276   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • IT投資効果メカニズムの経済分析-IT活用戦略とIT化支援政策

    実積 寿也( 担当: 単著)

    九州大学出版会  2005年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:234   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • ITを巡る日本の現状と、AI人材育成の課題ー「人工知能と法律」研究タスクフォース 2021年座談会ー

    鳥海不二夫, 宍戸常寿, 実積寿也, 加藤尚徳, 田中邦裕

    情報法制研究   ( 12 )   109 - 119   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Economic Impact of Asymmetric Paid Peering: Implications of the Netflix vs. SK Broadband Dispute

    Toshiya Jitsuzumi

    SSRN Electronic Journal   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.2139/ssrn.4178217

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 「情報的健康」実現に対する金銭的評価―サービスに対するWTPの推計―

    高口鉄平, 実積寿也

    2022年度秋季(第47回)情報通信学会大会  ( オンライン開催 )   2022年11月  情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • ローカルネットワーク費用は誰が負担すべきか:韓国 vs. NETFLIXから学べること 招待

    実積寿也

    沖縄ICTフォーラム2022in南大東島  ( 南大東村 多目的交流センター(沖縄県島尻郡南大東村) )   2022年11月  JAIPA

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)   国名:日本  

    researchmap

  • Economic Impact of Asymmetric Paid Peering: Implications of the Netflix vs. SK Broadband Dispute 国際会議

    Jitsuzumi, T.

    TPRC 2022  ( American University Washington College of Law (Washington DC, USA) )   2022年9月  TPRC

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:アメリカ合衆国  

    researchmap

  • スプリンターネット

    水越一郎, 前村昌紀, 白畑真, 実積寿也

    JANOG50 Meeting  ( 函館アリーナ(北海道函館市) )   2022年7月  Japan Network Operators' Group (JANOG)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)   国名:日本  

    researchmap

  • SVOD市場におけるPaid Peering導入の影響

    実積寿也

    2022年度春季(第46回)情報通信学会大会  ( オンライン開催 )   2022年6月  情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • Splinternet スプリンターネット – インターネットと国際政治の関係 招待

    前村昌紀, 小宮山功一朗, 実積寿也

    GLOCOM六本木会議オンライン  ( オンライン開催 )   2022年6月  GLOCOM

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等   国名:日本  

    researchmap

  • Netflix vs ISP 韓国での訴訟とそのインパクト

    水越一郎, 趙 章恩, 実積寿也

    第53回JAIPAの集いin松山  ( リジェール松山(愛媛県松山市) )   2022年4月  JAIPA

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月    

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)   国名:日本  

    researchmap

  • COVID-19 and Japanese Media Market 招待 国際会議

    Jitsuzumi, T

    2nd IMMAA Topical Forum – Media Management in (Post?) Pandemic Times  ( Online )   2021年11月  International Media Management Academic Association (IMMAA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月    

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 固定ブロードバンドの実効速度に関する分析

    実積寿也

    第71回2021 年度公益事業学会全国大会  ( 相模女子大学を開催校としてオンライン開催 )   2021年6月  公益事業学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • Japan’s new framework for net neutrality: The journey so far and future challenges 国際会議

    Jitsuzumi, T

    TPRC48  ( Online )   2021年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:アメリカ合衆国  

    researchmap

  • 未成年者のネットリスク低減策に対する社会負担可能性の分析―SNS上の被害軽減システムを対象とした実証分析―

    田中大智, 実積寿也, 高口鉄平

    2020年度春季(第42回)情報通信学会大会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ネット中立性規制の所得分配効果について―マルチエージェント・シミュレーションによる推定―

    実積寿也, 鳥海不二夫, 高口鉄平

    2020年度春季(第42回)情報通信学会大会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Panel Session – A global perspective on international data transfer and non-personal data

    Panelists (Marcus, S., Li, M., Jitsuzumi, T., Dakal, J.)

    2020 ITS Online Conference  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月    

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • A new framework for Japan's network neutrality: The government's proposal and remaining issues 国際会議

    Jitsuzumi, T

    ITS Bangkok 2019  ( JW Marriott Hotel Bangkok (Bangkok, Thailand) )   2019年10月  International Telecommunications Society (ITS)

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Forum Session "AI for ALL? Building on a global ecosystem to boost societal and economic potentials"にてパネリスト 招待 国際会議

    ITU Telecom World 2019  ( Hungexpo (Budapest, Hungary) )   2019年9月  International Telecommunication Union (ITU)

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 情報モラル施策に対する支払い意志額の推計

    実積寿也, 高口鉄平, 田中大智

    公益事業学会2019年度全国大会  ( 名古屋市立大学桜山キャンパス(愛知県名古屋市) )   2019年6月  公益事業学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ネット中立性の現状

    情報法制学会第2回研究大会  ( 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(東京都文京区) )   2018年12月  情報法制学会(ALIS)

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Zero-rating and net neutrality in the mobile market: The case of Japan 国際会議

    46th Research Conference on Communications, Information and Internet Policy (TPRC46)  ( American Univeristy Washington College of Law (Washington, DC, USA) )   2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Analysis of people's willingness to use personalization services in times of disaster 国際会議

    Koguchi, T, Jitsuzumi, T

    29th ITS European Conference  ( University of Trento (Trento, Italy) )   2018年8月  International Telecommunications Society (ITS)

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 研究開発と生産性の相関に関する実証研究:日本企業のミクロデータを用いた分析

    井上知義, 小林辰男, 加藤肇, 落合勝昭, 高口鉄平, 岩田一政

    情報通信学会 2018年度春季(第38回)学会大会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • インターネット接続の限定的喪失が経済活動へ及ぼす影響の分析―分析手法の検討および2017年8月25日の通信障害の実証分析―

    田中大智, 高口鉄平, クロサカタツヤ

    情報通信学会 2018年度春季(38回)学会大会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「The Fourで問う、デジタル複合寡占を生き抜く方法」にてパネリスト

    情報法制学会 通信政策セミナー  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ネットワークの中立性について

    第49回ISP&クラウド事業者の集いin下関  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • New courses for new horses: Alternative approach for an OTT-based broadband ecosystem

    PTC'18  2018年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Relationship between the amount of compensation for the leak of personal data and personal attributes

    Koguchi, T, Kasuga, N, Nakamura, A, Shishikura, M

    28th European Conference of the International Telecommunications Society  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 自治体公衆無線LANの防災利用に関する考察

    公益事業学会2017年度全国大会  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Strengthening e-commerce in the Asia-Pacific region: Opportunities and challenges

    Marcus, J.S, Petropoulos, G

    ITS Kyoto 2017  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Demand analysis for real-time and time-shifted viewing in the Japanese TV market

    Nakamura, A, Shishikura, M, Kasuga, N, Koguchi, T

    ITS Kyoto 2017  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Estimating the impact of PSTN migration: the case of eastern Japan

    Kurosaka, T, Osamura, K. Asaji, R, Koguchi, T, Shoji, M

    ITS Kyoto 2017  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ゼロレーティングを巡る議論:消費者のICTリテラシーと競争・イノベーション政策

    平成28年度生活経済学会九州部会例会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Video streaming of Japanese TV broadcasters: Status-quo and challenges

    State of Telecom 2016  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Ten years of Japan's net neutrality policy: A review of the past and recommendations for the future

    44th Research Conference on Communications, Information, and Internet Policy (TPRC44)  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Analysis of the relation between a person's emotion and willingness to accept for leaks of personal data

    Koguchi, T

    27th European Regional ITS Conference  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Broadband development and network neutrality: Experiences and challenges in Japan

    International Workshop on ICT Development in East Asia  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Net neutrality and a competitive OTT market

    16th APT Policy and Regulatory Forum  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Lessons from Japan's municipal Wi-Fi projects: Business models and emergency controls

    21st ITS Biennial Conference  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 企業における有効なICT利活用の目的・方法に関する研究―通信利用動向調査を用いた実証分析―

    高口鉄平, 高地圭輔, 宮崎孝史, 柳谷昭夫

    第34回情報通信学会大会  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Broadband tax: the situation in Japan

    Workshop on International Legal and Political Feasibility of a Data Levy  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 経済学的に最適なセキュリティ水準

    情報法制研究所主催「情報法春季特別連続シンポジウム2016」  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ICT投資がもたらす企業パフォーマンス向上:投資目的の観点から

    日本経済研究センター主催「情報通信技術が変える経済社会研究会」セミナー  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 通信産業の構造変化とプラットフォーム機能をめぐる政策課題

    電子情報通信学会2016年総合大会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ネットワーク中立性:基本フレームワークと最新動向

    日本インターネットプロバイダー協会主催「第44回ISP&クラウド事業者の集いin神戸」  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ネットワーク中立性と通信の秘密

    情報ネットワーク法学会第15回研究大会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 今後の九州経済とIoT/industrie4.0との関わり

    九州経済産業局他共催「平成27年度第4次産業革命・IoTの動向と九州の産業研究セミナー第2回セミナー「情報革命がもたらす製造業の変革とその波及~IoT時代における九州の産業の課題~」  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • スマート社会とデジタルマーケティングの未来

    トランスコスモス株式会社主催「BPOフォーラム Digital Marketing Day 2015 ―変革期をむかえたマーケティングの新潮流とは―」  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Demand analysis for time-shifted viewing in the Japanese TV market

    Kasuga, N, Nakamura, A, Shishikura, M, Koguchi, T

    2015 Regional Conference of the International Telecommunications Society  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Analysis of the economic value of leaks of personal data

    Koguchi, T, Kasuga, N, Nakamura, A, Shishikura, M

    2015 Regional Conference of the International Telecommunications Society  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Means and ends toward the broadband society: Net neutrality and over-the-top players

    2015 Regional Conference of the International Telecommunications Society  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Recent development of net neutrality conditions in Japan: Impact of fiber wholesale and long-term evolution (LTE)

    26th European Regional Conference of the International Telecommunications Society  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • コネクテッドホームの価値に関する実証分析:HEMS活用サービスのケース

    高口鉄平, 高崎晴夫, 小野智弘, 多屋真人

    第32回情報通信学会大会  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ホームエネルギーマネジメントシステムのデータ価値に関する実証分析

    高口鉄平, 高崎晴夫, 小野智弘, 多屋真人

    公益事業学会第65回大会  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ネットワーク中立性とは何か?

    日本情報経営学会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 公衆無線LAN整備をめぐる論点

    国際大学GLOCOM主催セミナー  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ネットワーク中立性とブロードバンド品質~経済学的観点からの分析~

    インターネットアーキテクチャ研究会第6回研究会  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • OTT音声通話サービスをめぐる参入障壁の分析

    情報通信学会2014年度秋季個人研究発表  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ウエアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革

    福岡市および一般社団法人ブロードバンド推進協議会による共催 「OMC2014 in Fukuoka」  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Promoting competition in the voice communications market: Findings from an empirical analysis in the Japanese setting

    42th Research Conference on Communication, Information and Internet Policy (TPRC 2014)  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ネットワーク中立性~Netflix vs Comcast論争は日本で起こるのか?

    日本インターネットガバナンス会議主催セミナー  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ブロードバンド品質計測に関する考察

    第31回情報通信学会大会  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • パーソナル情報をベースとしたパーソナライゼーションサービスにおける消費者選好に関する研究

    高崎晴夫, 高口鉄平

    第31回情報通信学会大会  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The economic value of location data: Conditions for big data secondary markets

    Koguchi, T

    25th European Regional Conference of the International Telecommunications Society  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 情報通信サービス利用とプライバシー懸念に関する経済分析

    高崎晴夫, 高口鉄平

    公益事業学会第64回大会  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マルチステークホルダープロセスの下での日本のインターネット政策

    慶應義塾大学国際インターネット政策研究会(KIPIS)他主催「マルチステークホルダー・インターネットガバナンス研究会」  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • オープンデータ政策の経済効果について

    Innovation Nippon主催Innovation Nipponシンポジウム 2014年度第1回 『オープンデータの経済効果を考える:何を期待し、どう推進するか?』  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ネットワークの中立性とは

    日本インターネットプロバイダー協会主催「第40回ISPの集い」  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 仮想通貨エコシステム試論

    九州IT法研究会他共催「マルレク特別編:『BITCOINと分散暗号通貨を考える』」  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Fukuoka City Wi-Fi:整備の論点

    川崎市市議会議員超党派勉強会 講師  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ユニバーサルサービス制度について―利用者目線からの再構築―

    国際大学GLOCOM主催ワークショップ  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ネットワーク中立性の経済学

    米国社会科学研究評議会(SSRC)主催「安倍フェローシップコロキアム」  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 政策討論:データ活用、規制手法、教育、オープン化

    Innovation Nippon 主催「Innovation Nippon 展望イベント『日本の未来とイノベーション・ポテンシャルを考える』」  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The value of personal information in the e-commerce market

    Koguchi, T

    24th European Regional Conference of the International Telecommunications Society  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Network neutrality in Japan

    Asia Pacific Regional Internet Governance Forum  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • モバイル端末上のコンテンツアグリゲーションモデルに係る経済分析

    高地圭輔

    公益事業学会第63回全国大会  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Do not put new wine into old bottles: Does the telecom framework need to change with OTT?

    A by-invitation Experts' Workshop "Theory of Broadband: Regulation, Networks and Applications"  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ISP市場の競争状況についての実証分析

    平成24年度生活経済学会九州部会  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • スマートフォンにおけるコンテンツアグリゲーションのビジネスモデルについての経済分析

    高地圭輔

    日本地域学会第49回年次大会  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • An analysis of prerequisites for Japan’s approach to network neutrality

    40th Research Conference on Communication, Information and Internet Policy (TPRC 2012)  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ブロードバンドISP市場の競争性に関する分析―日本型ネット中立性対策の前提条件の再検討―

    第29回情報通信学会大会  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • パネルセッション「サイバー空間(インターネット)政策課題」にてパネリスト

    Pacific Telecommunications Council 主催「PTC Mid-Year Forum 2012」  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Network neutrality and competition in the ISP market: Japan’s case

    Pacific Telecommunications Council 主催「PTC Mid-Year Forum 2012」  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Network neutrality in Japan

    DigiWorld Summit 2011  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 携帯電話市場における利用者及び企業動向に関する考察

    高口鉄平

    日本地域学会第48回年次大会  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Study of user acceptance of secondary use of personal information for online services

    Takasaki, H

    International Telecommunications Society Asia-Pacific Regional Conference (ITS 2011)  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • User preference for fixed vs. mobile Internet regarding quality of service: Its implications on mobile network neutrality

    International Telecommunications Society Asia-Pacific Regional Conference(ITS 2011)  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • モバイル環境のQoSについての実証分析―ネット中立性問題へのインプリケーション―

    公益事業学会第61回全国大会  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ネット中立性問題におけるインセンティブ問題

    公益事業学会九州部会  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Incentive problems around net neutrality: Literacy on best effort QoS

    38th Research Conference on Communication, Information and Internet Policy (TPRC 2010)  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Economic effects of integration in broadband content market

    18th Biennial Conference of the International Telecommunications Society  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The network neutrality incentive problem and impact of QoS literacy

    18th Biennial Conference of the International Telecommunications Society  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ブロードバンド時代の消費者リテラシー ―ベストエフォート契約とネット中立性問題―

    生活経済学会九州部会  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ネットワーク中立性問題に対する実証分析―消費者のブロードバンドリテラシーの観点から―

    日本地域学会第46回年次大会  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • モバイルインターネット事業におけるプラットフォーム機能に関する経済分析

    高地圭輔

    日本地域学会第46回年次大会  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Demand-based factors for broadband migration: The cases of Japan and Thailand

    Satitsamitpong, M, Otsuka, T, Mitomo, H

    Caribbean Regional ITS Conference 2009  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ネットワーク中立性論争に関する考察

    公益事業学会第59回全国大会  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Investment in broadband infrastructure: Impacts on economic development and network neutrality

    National Telecommunications Commission (NTC) International Conference 2009  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 信書便制度に関する一考察:電気通信制度との比較

    平成20年度生活経済学会九州部会  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 日本及びタイにおけるインターネットアクセス選択要因に関する分析

    大塚時雄, マニット-サティトゥサミトポン, 三友仁志

    日本地域学会第45回年次大会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Issues in network neutrality and Japan's approach

    36th Research Conference on Communication, Information and Internet Policy (TPRC 2008)  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Efficiency and sustainability of network neutrality proposals

    17th Biennial Conference of the International Telecommunications Society  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Factors for success of Japanese telecom policy over the past decades

    日本地域学会第44回年次大会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Impact of fixed-mobile convergence in Japan: Estimation of market size using empirical welfare analysis

    Nakamura, A

    18th European Regional ITS Conference  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 連関性を考慮した電話料金変化の厚生インパクトの実証的測定

    中村彰宏

    第24回情報通信学会大会  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Causes of inefficiency in Japanese railways: Application of DEA for management and policymaking

    Nakamura, A

    DEA Symposium 2007  2007年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • DEAを用いたわが国鉄道事業の非効率性要因の分析と最適補助金の検討

    日本OR学会「評価のOR」研究部会  2007年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 加入需要行動を考慮した世帯の通話支出関数の推計

    生活経済学会九州部会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Efficiency of local Japanese railway firms: A proposal for incentive-compatible subsidies

    Nakamura, A

    International Conference, 9th PRSCO Summer Institute  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ブロードバンドの普及に向けた政府の取組みに関する考察―タイを事例として―

    田尻信行, 岡崎毅

    第23回情報通信学会大会  2006年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Impact of declining telephone calling rates on Tokyo metropolitan households

    Nakamura, A, Kawamura, M

    16th Biennial Conference of the International Telecommunications Society  2006年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Factors that need to be taken into consideration to promote broadband diffusion and policies in developing countries: The case of Thailand

    Tajiri, N, Okazaki, T

    RSAI International Symposium and 37th Annual Conference of the Indian Regional Science Association  2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Two decades of Japanese telecommunications policy: Factors for success

    RSAI International Symposium and 37th Annual Conference of the Indian Regional Science Association  2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 通信産業政策の展開―2ndステージから3rdステージへ―

    産業学会西部支部2005年度部会  2005年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Operational efficiency in the Japanese railway sector: Incentive-compatible subsidies and the impact of government intervention

    Nakamura, A

    19th Pacific Regional Science Conference  2005年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 途上国におけるブロードバンドの普及について~タイを事例に~

    田尻信行, 岡崎毅

    第22回情報通信学会大会  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ボトルネック分離と競争政策について―信書サービスへのインパクトに関する考察―

    第22回情報通信学会大会  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鉄道インフラ提供の効率性指標構築に関する検討―包絡分析法アプローチ―

    中村彰宏

    公益事業学会第55回大会  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Almost Ideal Demand Systemによる通話需要分析

    中村彰宏

    第22回情報通信学会大会  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 信書便事業自由化と郵政事業民営化に関する一考察

    平成16年度生活経済学会九州部会  2004年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 携帯電話ナンバー・ポータビリティー導入が消費者のキャリア選択行動に与える影響の実証的研究

    大塚時雄, 三本松憲生, 森祐治, 三友仁志

    第21回情報通信学会大会  2004年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ネットワーク産業規制の平行進化~信書便市場の競争促進策~

    第21回情報通信学会大会  2004年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ITの有効活用戦略

    グローバル情報戦略研究会主催セミナー  2004年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 情報化投資による日本企業の生産性向上に対する組織構造改革と人的資本形成の相乗効果に関する実証分析―企業アンケートデータを基礎として―

    唐澤徹, 三友仁志

    公益事業学会第2回関東部会  2003年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 情報通信技術が買物交通需要パターンに与える影響の分析―学生の購買行動を中心として―

    大塚時雄, 染谷広幸, 三友仁志

    日本地域学会第40回年次大会  2003年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鉄道事業の公共性を考慮した線路使用料の決定方法に関する検討―DEAによる線路敷設・管理のヤードスティック指標の計測―

    中村彰宏

    日本交通学会第62回研究報告会  2003年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • IT investment in Japan: A look at the factors leading to underperformance

    Mitomo, H, Oniki, H

    14th Biennial Conference of the International Telecommunications Society  2002年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • わが国企業および産業におけるIT投資の効果発現メカニズムついて―micro-macro linkagesに関する日米比較―

    三友仁志, 鬼木甫

    日本地域学会第38回年次大会  2001年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ITと企業

    長崎大学経済学部主催公開講座  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • IT化の効果発現に関する考察:Micro-Macro Linkagesとその制約要因

    三友仁志, 鬼木甫

    第18回情報通信学会大会  2001年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヤードスティック競争による政策補助スキームの検討―ケーブルテレビネットワークインフラ構築の効率性計測―

    中村彰宏

    公益事業学会2001年度大会  2001年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • テレワークと都市構造

    都市公団茨城地域支社主催セミナー  2001年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 情報通信技術によるSustainable Societyの実現可能性とわが国情報化投資の現状

    三友仁志, 鬼木甫

    第17回情報通信学会大会  2000年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 電話サービスの支出弾力性と価格弾力性の計測

    河村真, 安藤正信

    日本経済学会2000年度春季大会  2000年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Contributions of ICT to sustainable information society: Managerial, macroeconomic, and environmental impacts in Japan

    Mitomo, H, Oniki, H

    Conference on a Sustainable Information Society for the 21st Century  2000年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • アンケート調査に基づく世帯通話支出の分析

    大田耕史郎, 大石明夫

    日本地域学会第34回年次大会  1997年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Impacts of telecommuting in Japan: Implications for mass transit congestion

    Mitomo, H

    The 5th World Congress of the RSAI  1996年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 情報通信功績賞

    2020年6月   情報通信月間推進協議会  

    実積寿也

  • 第17回情報通信学会論文賞優秀賞

    2016年6月   情報通信学会   OTT音声通話サービスをめぐる参入障壁の分析:日本市場の例

    実積寿也

  • 公益事業学会2013年度学会賞

    2014年6月   公益事業学会   ネットワーク中立性の経済学

    実積寿也

  • 日本地域学会第二十回著作賞

    2011年10月   日本地域学会   通信産業の経済学

    実積寿也

  • 日本地域学会第十五回著作賞

    2006年10月   日本地域学会   IT投資効果メカニズムの経済分析

    実積寿也

  • 情報通信学会第二回論文賞佳作

    2000年6月   情報通信学会   アンケート調査に基づく世帯通話支出分析

    実積寿也, 太田耕史郎, 大石明夫

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • Global Media & Internet Concentration Project 国際共著

    2021年4月 - 2027年3月

    Social Sciences and Humanities Research Council of Canada (SSHRC)  Partnership Grants: October 2020 Competition  Carleton University

    Jitsuzumi Toshiya

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • A handbook on ICT literacy education of high-schools in Japan: for bridging between elementary to advanced learning of APT member countries

    2022年4月 - 2023年3月

    Asia-Pacific Telecommunity (APT)  Grant for Publication of Research for Information Sharing on ICT Policy and Development for 2021 

    Jitsuzumi T, Tanaka E, Tohyama S, Aizawa S, Yurugi T, Uchiyama Y

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 未成年者のネットリスクを軽減する社会システムの構築

    2017年10月 - 2021年3月

    科学技術振興機構  受託研究費 

    鳥海不二夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • スマート社会を支えるブロードバンドエコシステムに関する研究

    2016年4月 - 2020年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(C) 

    実積寿也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ブロードバンド環境下のOTT主導型エコシステムに関する研究

    2013年4月 - 2016年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(C)  基盤(C) 

    実積寿也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ブロードバンド環境下の最適エコシステムに関する研究

    2010年4月 - 2013年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(C)  基盤(C) 

    実積寿也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 地域環境問題への貢献を視野に入れた情報化効果発現メカニズムの構築に関する研究

    2008年4月 - 2012年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(B)  基盤(B) 

    三友仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ブロードバンド利用促進要因に関する国際比較研究

    2007年7月 - 2010年6月

    国際コミュニケーション研究奨励金 

    実積寿也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 包絡分析法(DEA)の理論と応用に関する総合的研究

    2006年4月 - 2009年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(A)  基盤(A) 

    森田浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 消費行動における情報化効果の発現メカニズムと予測可能性に関する研究

    2005年4月 - 2009年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(B)  基盤(B) 

    三友仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ネットワーク産業(信書便産業、電気通信産業等)規制の平行進化に関する調査及び研究

    2005年4月 - 2009年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(C) 

    実積寿也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    単独|rn|2005年4月1日~2009年3月31日

    researchmap

  • ブロードバンド整備支援と競争促進を巡る通信政策の比較分析

    2007年9月 - 2008年9月

    安倍フェローシップ・プログラム 

    実積寿也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • わが国のITサービス市場および関連政策の実証分析

    2006年4月 - 2007年3月

    情報通信政策研究プログラム 

    実積寿也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 情報化投資効果の発現メカニズムの理論的解明と予測可能性に関する研究

    2002年4月 - 2006年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(B)  基盤(B) 

    三友仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

現在の担当授業科目

  • 2023年度   基礎演習Ⅰ   学部

  • 2023年度   経済と社会Ⅰ   学部

  • 2023年度   経済分析Ⅱ   学部

  • 2023年度   演習(総合政策セミナー)Ⅰ(1)   大学院

  • 2023年度   演習(総合政策セミナー)Ⅰ(3)   大学院

  • 2023年度   特殊研究Ⅰ(情報通信政策研究)   大学院

  • 2023年度   特殊研究Ⅱ(情報通信政策研究)   大学院

  • 2023年度   経済学   大学院

▼全件表示

社会貢献活動

  • 「ネットの自由守れ メタやGoogle、国家の遮断に回避策」記事内でのコメント

    役割:取材協力

    日本経済新聞社  日本経済新聞  2023年2月 -  

     詳細を見る

    種別:新聞・雑誌

    researchmap

  • 会合参加者による「責任あるAI」を実現する方策に関する意見交換

    役割:パネリスト

    総務省、シンガポール共和国情報通信メディア開発庁との共催  日本・シンガポールのAIガバナンスに関するラウンドテーブル  慶應義塾大学三田キャンパス(東京都港区)  2022年10月 -  

     詳細を見る

    対象: 企業, 行政機関

    種別:その他

    researchmap