Updated on 2023/10/21

写真a

 
NISHIOKA Hidetoshi
 
Organization
Faculty of Science and Engineering Professor
Other responsible organization
Civil, Human and Environmental Science and Engineering Course of Graduate School of Science and Engineering, Master's Program
Civil, Human and Environmental Science and Engineering Course of Graduate School of Science and Engineering, Doctoral Program
Contact information
The inquiry by e-mail is 《here
External link

Degree

  • 博士(工学) ( 東京工業大学 )

  • 修士(工学) ( 東北大学 )

Education

  • 2001.3
     

    Tohoku University   master course   completed

  • 1999.3
     

    Tohoku University   graduated

  • 1995.3
     

    東京都立立川高等学校   graduated

Research History

  • 2019.4 -  

    中央大学理工学部教授

  • 2018.4 - 2019.3

    (公財)鉄道総合技術研究所 構造物技術研究部 基礎・土構造研究室長

  • 2004.11 - 2006.8

    (独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構 鉄道建設本部(出向)

Professional Memberships

  • 2022.4 - Now

    日本建築学会

  •   - Now

    日本鉄道施設協会

  •   - Now

    日本地震工学会

  •   - Now

    国際圧入学会

  •   - Now

    地盤工学会

  •   - Now

    土木学会

▼display all

Research Interests

  • 開削トンネル

  • 地下構造物

  • 構造物の維持管理

  • 直接基礎

  • 基礎構造物

  • 河川橋脚の洗堀

  • 掘削土留め

  • 耐震補強

  • 杭基礎

Research Areas

  • Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Civil engineering material, execution and construction management  / 杭の施工

  • Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Structure engineering and earthquake engineering  / Structural engineering/Earthquake engineering/Maintenance management engineering

  • Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Geotechnical engineering  / Geotechnical engineering

Papers

  • Assessing the impact of stiffness ratio of the box and the surrounding ground on seismic surface forces in cut and cover tunnels through shear soil tank model tests Reviewed

    NISHINO Fuga, INO Masaya, SHIMADA Takafumi, NISHIOKA Hidetoshi

    Japanese Journal of JSCE   79 ( 13 )   n/a   2023

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    In the design of cut and cover tunnels, it is essential to consider the interaction between the structure and the ground. In this study, we investigated the impact of the stiffness ratio between a box structure and the surrounding ground on the seismic surface forces (shear, vertical, and their eccentricity) generated during an earthquake. To do so, we conducted shear soil tank experiments under the condition that the box structure was fully supported by the support layer. Our results revealed that the stiffness ratio of the box and the surrounding ground negligibly affect the shear force generated when the box is fully supported by the support layer; however, it significantly affects the eccentricity of the normal force. A larger relative box stiffness results in a larger eccentricity of the lower slab, while a smaller stiffness the earth pressure distribution on the sidewall changes to a shape in the direction that resists shear deformation.

    DOI: 10.2208/jscejj.22-13034

    CiNii Research

    researchmap

  • A study on failure envelope and residual settlement based on horizontal reciprocal loading test on pier model of shallow foundation on sand Reviewed

    KAWADA Soki, NISHIOKA Hidetoshi

    Japanese Journal of JSCE   79 ( 13 )   n/a   2023

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    Load eccentricity and inclination occur in shallow foundations via the combination of horizontal inertial force and vertical dead load during an earthquake. Although a decline in the ultimate bearing capacity under eccentric and inclined loads has been reported, the evaluation method used should be analyzed to determine whether it is applicable to cases involving earthquake loading. Moreover, the relationship between horizontal loading and vertical displacement has not been revealed; therefore, a quantitative evaluation method to determine the relationship must be developed and verified. In this study, we conduct a horizontal reciprocal loading test using a pier model of shallow foundation simulated based on the condition of earthquake loading. We considered a few methods for evaluating the ultimate bearing capacity and parameters which determine the relationship between horizontal loading and residual settlement.

    DOI: 10.2208/jscejj.22-13011

    CiNii Research

    researchmap

  • Model excavation tests simulating the collapse of high bending rigidity cantilever-type earth retaining walls and proposal of a simple calculating method for the reasonable embedding length Reviewed

    NISHIOKA Hidetoshi, MATSUMOTO Naoya, FUKUDA Fumika, ONO Keiichiro

    Japanese Geotechnical Journal   17 ( 3 )   401 - 420   2022.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Japanese Geotechnical Society  

    In conditions with severe displacement limitations such as neighboring work, the high bending rigidity cantilever-type earth retaining walls are expected to be applied due to their superior workability. This study focuses on design issues related to the embedding length of high bending rigidity cantilever-type earth retaining walls, especially the limitation of βL, which is an assumed condition for semi-infinite length when applying Chang's equation. The excavation experiment using an aluminum rod model ground to simulate the collapse and its replicated analysis confirmed that limiting the βL is on the excessively safe side, and a simple overturning analysis alone cannot eliminate the risk of completely ignoring the conventional βL limit. As an alternative, a simplified method is proposed to calculate the final embedding length by multiplying the design embedding length obtained from the overturning analysis by a safety factor depending on the value of βL. By applying the proposed method. A reasonable Embedding Length can be calculated while ensuring the safety of cantilever-type earth retaining walls.

    DOI: 10.3208/jgs.17.401

    CiNii Research

    researchmap

  • Vertical and combined loading tests for sheet pile foundation Reviewed

    H. Nishioka, M. Koda, J. Hirao, S. Higuchi

    International Journal of Physical Modelling in Geotechnics   10 ( 2 )   25 - 34   2010

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:International Journal of Physical Modelling in Geotechnics  

    researchmap

  • 静的模型実験によるシートパイル基礎の水平抵抗メカニズムに関する研究 Reviewed

    西岡 英俊, 神田 政幸, 舘山 勝, 喜多 直之, 平尾 淳一, 樋口 俊一

    土木学会論文集C   64 ( 2 )   383 - 402   2008

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    筆者らは,仮土留め用鋼矢板を本設利用する鋼矢板併用直接基礎(シートパイル基礎)を提案している.シートパイル基礎は,鋼矢板の地盤拘束効果による高い支持力および耐震性が期待できることから,直接基礎に比べて広い範囲の地盤条件へ適用が可能である.本研究では,シートパイル基礎の地震時の水平抵抗特性を把握するため,模型地盤における静的水平交番載荷実験を行った.その結果,直接基礎に比べて降伏震度,降伏剛性が上昇する他,地震時の累積沈下量も低減できることが明らかとなった.また改良効果の発現メカニズムについて考察を行い,シートパイルの軸力による抵抗成分が主体的であることを明らかにした.

    DOI: 10.2208/jscejc.64.383

    CiNii Research

    researchmap

  • Model tests on the effect of construction accuracy on the pull-out resistance of spiral piles Reviewed

    KINASHI Yuta, NISHIOKA Hidetoshi

    Japanese Journal of JSCE   79 ( 15 )   n/a   2023

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    Spiral piles are made by twisting flat steel plates and can be driven by rotary penetration only by human power, so they are expected to be used in construction sites that are so narrow that heavy machinery cannot enter. However, many points are unclear regarding the bearing capacity characteristics of spiral piles, especially regarding vertical pull-out resistance. In addition, the principle of pull-out behavior assumed at actual construction sites has not been fully clarified. Therefore, in this study, a pull-out test of a model pile was conducted using Toyoura dry sand, and the effects of the degree of construction accuracy, such as over-rotation, pushing, and pile shaking during driving, were examined. The effects of the decrease in construction accuracy for pull-out resistance tended to differ depending on the distance between two piles. These are thought to be caused by changes in the ground density around the piles owing to the placement of the piles.

    DOI: 10.2208/jscejj.22-15043

    CiNii Research

    researchmap

  • Reliability assessment for bearing capacity of shallow foundation after scouring under live load by bayesian inference Reviewed

    SASAKI Yuna, NISHIOKA Hidetoshi, KASAHARA Kohei, SANAGAWA Taisuke, OTAKE Yu

    Japanese Journal of JSCE   79 ( 15 )   n/a   2023

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    In recent years, along with heavy rainfall, damage to bridge foundations caused by scouring has increased. Even if residual displacement occurs in the foundation, early emergency restoration is realizable if the residual bearing capacity can be retained. A Bayesian inference method for load–settlement curves of shallow foundation after scouring has been proposed previously. This method allows residual bearing capacities to be predicted using light loads. In this study, we use the abovementioned method to estimate the probability of failure during the live loads and investigate the difference in the probability of failure due to the observation error size and number of loading phases.

    DOI: 10.2208/jscejj.22-15016

    CiNii Research

    researchmap

  • Model experimental tests on integral and grs integral bridges subjected to cyclic horizontal loads Reviewed

    SEGA Tatsuo, MAKINO Satoshi, KUBOTA Yuki, NISHIOKA Hidetoshi, HIRAKAWA Daiki

    Geosynthetics Engineering Journal   37   47 - 54   2022.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Chapter of International Geosynthetics Society  

    This study investigates the phenomenon of increased earth pressure due to thermal expansion and contraction of girders of integral bridges. Model experiments were conducted using aluminum rod–laminate ground to apply cyclic horizontal loading. Normal and GRS (Geosynthetic Reinforced Soil) integral bridges were used for the experiments, and three patterns of cyclic horizontal displacements—only the active side, both the active and passive sides, and only the passive side—were applied to simulate different seasons when the girder was integrated. The experimental results showed that the reinforcement could reduce the increased earth pressure. The earth pressure at the time of displacement of the passive side increased as the ratio of the displacement of the passive side to the displacement of the active side in cyclic loading increased, regardless of whether reinforcement was used.

    DOI: 10.5030/jcigsjournal.37.47

    CiNii Research

    researchmap

  • EXPERIMENTAL STUDY ON THE EFFECT OF NONLINEARITY OF GROUND ON SHEAR STRAIN RATIO IN CUT AND COVER TUNNEL DURING THE EARTHQUAKE Reviewed

    Takafumi SHIMADA, Fuga NISHINO, Hidetoshi NISHIOKA

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE))   78 ( 4 )   I_613 - I_623   2022.10

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    The interaction between the structure and surrounding ground should be appropriately evaluated in the seismic design of cut and cover tunnels. In particular, the shear stiffness ratio (Gg / Gs) between the structure and the surrounding ground is a crucial parameter to evaluate the shear strain ratio (shear strain of the structure γs / shear strain of the ground γg). However, the effect of the nonlinearity of ground on these relationships has not been clarified. In this study, a model experiment using a small shear tank was conducted using an aluminum rod laminated model ground, which can simulate the nonlinearity of the ground. There are three experimental cases with different structural stiffness. The results are compared with elastic FEM analysis. It is confirmed that the effect of nonlinearity of the ground on the shear strain ratio during an earthquake can be evaluated by modeling the ground with equivalent linear stiffness under the condition of a large shear stiffness ratio.

    DOI: 10.2208/jscejseee.78.4_i_613

    CiNii Research

    researchmap

  • Vertical loading tests on local scoured spread foundation on aluminum rods model ground Reviewed

    Yuna Sasaki, Hidetoshi Nishioka

    International Journal of GEOMATE   23 ( 98 )   17 - 23   2022.10

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    In recent years, the damage to bridge foundations caused by heavy rainfall and scouring has increased. In some cases, the entire bridge is carried away, whereas, in others, damage mainly occurs in the foundation, such as settlement and inclination. In the latter cases, it is expected that the damaged bridge is shortly reused after minor repairs are performed only on the superstructure while retaining the residual displacement of the foundation. However, it is difficult to predict whether a foundation with residual displacement possesses the bearing capacity needed to resume emergency use of the damaged bridge. This study focuses on the residual bearing capacity of a shallow foundation after scouring. We performed vertical loading tests on scoured shallow foundations on an aluminum rod ground model to clarify the mechanism. The scouring of the ground was simulated by manually pulling out the aluminum rods. The residual displacement induced by the dead load was measured, and the loading was continued until the residual bearing capacity became clear. We systematically evaluated the effects of scouring volume and shape on the behavior of the foundation. It was found that the residual displacement increased with scouring, but the residual bearing capacity did not necessarily decrease. These findings suggest the possibility of expanding the conditions for the early resumption of damaged foundations and will be helpful for future emergency disaster operations of damaged river bridges.

    DOI: 10.21660/2022.98.1472

    Scopus

    researchmap

  • An Experimental Study on Aseismic Countermeasure of Railway Abutments Using Reinforcing Bars Integrated with Side Walls Reviewed

    山田孝弘, 佐名川太亮, 中島卓哉, 笠原康平, 西岡英俊

    地盤工学ジャーナル(Web)   16 ( 3 )   191 - 208   2021

     More details

    Language:Japanese   Publisher:The Japanese Geotechnical Society  

    There have been many reports of damage caused by earthquake-induced lateral displacement on an abutment-backfill interface. As such displacement may lead to the derailment of high-speed trains, earthquake countermeasures for existing railway abutments have become an urgent issue, and various countermeasures have been enforced for the Tokaido Shinkansen line since its opening. As per the current design standards, the existing method for constructing earthquake-resistant countermeasures does not necessarily assume Level 2 (L2) seismic activity. In addition, there are limits to the construction environment and construction efficiency, such as construction on tracks being possible only at night and traffic restrictions on the roads near abutments. Therefore, we aim to develop and apply a method for the construction of earthquake-resistant countermeasures to increase the earthquake resistance of existing railway abutments against L2 seismic activity and enable construction work beside abutments during the day. In this study, we developed a countermeasure construction method for railway abutments using reinforcing bars integrated with side walls and verified its effectiveness through tilting tests and model shaking tests. Based on the results, it is confirmed that the sliding mode of the reinforced abutments with the side wall joints is dominant. Moreover, it is possible to improve the maximum resistance of the abutments and limit their residual horizontal displacement and subsidence of the back embankments near the abutments.

    DOI: 10.3208/jgs.16.191

    CiNii Research

    J-GLOBAL

    researchmap

  • STATIC PILE LOAD TEST: INTERNATIONAL PRACTICE REVIEW AND DISCUSSION ABOUT THE EUROPEAN AND JAPANESE STANDARDS Reviewed International coauthorship

    Fabien Szymkiewicz, Taisuke Sanagawa, Hidetoshi Nishioka

    International Journal of GEOMATE   18 ( 66 )   76 - 83   2020.2

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    This publication aims to describe the European and Japanese standards in order to discuss about the ongoing project of revision of the Japanese standard for static pile load tests, keeping in mind that the future version of this standard will have to take into accounts Japanese past experience, as well as the future needs to adapt to overseas practices, if necessary, for economical purposes. To do so, the different derived parameters that can be obtained by carrying out a static pile load test on a vertically loaded pile (instrumented or not) are described. Then, the current practice for static pile load tests in Japan is described, and the main current overseas practices (with an extra focus on the European practices) are inventoried, and their differences (if any) with the Japanese practice are highlighted. Finally, these differences are discussed, and their importance assessed for a possible integration in the future Japanese standard, that could this way be seen for an oversea point of view as viable and legitimate alternative to the other and until now more common practices.

    DOI: 10.21660/2020.66.9432

    researchmap

  • 構造物・軌道一体型模型を用いた大型振動台実験による連成挙動の検討 Reviewed

    吉川 秀平, 中村 貴久, 桃谷 尚嗣, 牛田 貴士, 佐名川 太亮, 西岡 英俊

    日本地震工学会論文集   19 ( 5 )   5_334 - 5_344   2019

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本地震工学会  

    <p>盛土と橋りょうのような構造物境界部は,地震時に橋台背面の盛土が沈下しやすく,バラスト軌道に局所的な沈下が生じて道床横抵抗力が低下する恐れがある.特にロングレール区間で夏季のレール温度が高い状態では,レール軸力が高くなるため,地震時において軌道座屈の発生リスクが高くなる.そこで,地震時の橋台背面盛土部の沈下による軌道の座屈安定性を検討するため,大型振動台を用いて構造物・軌道一体型模型で加振実験を実施した.その結果,盛土の地震対策工により,加振後の橋台天端の水平変位量および橋台背面盛土沈下量を低減することでバラストの沈下が抑制され,軌道の座屈対策工を組み合わせることにより,軌道の座屈を防止できることを確認した.</p>

    DOI: 10.5610/jaee.19.5_334

    CiNii Research

    researchmap

  • 橋台の地震時土圧発現機構に関する一考察 Reviewed

    鈴木 健一, 池本 宏文, 佐名川 太亮, 阿部 慶太, 高崎 秀明, 西岡 英俊

    土木学会論文集A1(構造・地震工学)   74 ( 4 )   I_341 - I_350   2018.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    本研究では,橋台における地震時土圧の発現機構を確認するため,実物高さ8mの重力式橋台を想定した縮尺1/8(高さ1m)の模型を用いて,地震波(L1,L2地震動),および正弦波3Hzのステップ加振による振動台実験を行った.加振中は高速度カメラにより橋台,背面地盤の挙動を撮影し,背面地盤に設置した標点の変位を画像解析により求めた.実験結果から,地震時土圧の発現は,背面地盤の応答加速度だけではなく,橋台と背面地盤の間における微小な相対変位が影響していることを確認した.また,地震時土圧,背面地盤の応答加速度,および橋台と背面地盤の相対変位の相関関係は,橋台の高さ位置において異なり,それは橋台と背面地盤の相互の挙動が影響していることが分かった.

    DOI: 10.2208/jscejseee.74.i_341

    CiNii Research

    researchmap

  • 衝撃振動試験を用いた橋脚基礎における減衰定数評価手法の検討 Reviewed

    生井貴宏, 西岡英俊, 佐名川太亮, 上野慎也

    鉄道工学シンポジウム論文集   ( 22 )   21 - 26   2018.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:土木学会  

    researchmap

  • 多視点画像三次元モデルの土木構造物維持管理への適用に向けた提案と試行結果 Reviewed

    新名 恭仁, 野中 秀樹, 小林 裕介, 長峯 望, 西岡 英俊

    土木学会論文集F4(建設マネジメント)   74 ( 2 )   I_19 - I_30   2018

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    土木構造物の効率的な維持管理を行うために,昨今発展しているSfM(Structure from Motion)やMVS(Multi View Stereo)といった多視点画像を用いた三次元モデルの自動生成技術の適用が期待される.しかしながら,三次元モデルの生成には撮影や処理のノウハウが必要であり,適切なモデルを生成するには膨大な時間を要することもある.そこで本取組みでは,SfMをあまり意識することなく撮影された画像を用いて簡易に高精度なモデルを作成する手法を提案し,実験の結果,従来手法より4倍程度の速度で三次元モデルを取得できた.また,時系列三次元モデルを用いた構造物の維持管理における手順や必要な解析機能について示し,その実施例についてまとめた.

    DOI: 10.2208/jscejcm.74.i_19

    CiNii Research

    researchmap

  • Evaluation of heaving resistance for deep shaft using nodular diaphragm wall Reviewed

    Koji Watanabe, Akira Mitsumori, Hidetoshi Nishioka, Masayuki Koda

    International Journal of GEOMATE   14 ( 46 )   40 - 45   2018

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:GEOMATE International Society  

    In recent years, an increasing number of plans in Japan have been proposed for large-scale railway structures to be built deep underground. To construct a large-scale railway structure, it is necessary to construct vertical shafts that serve as the starting and ending point for the shield machine during the construction as well as the air vents once it goes into operation. In such situations, it is expected that there will be an increase in the cases where the vertical shafts will be built to reach deep underground. If typical diaphragm walls were used to construct these deep shafts, the embedment depth of the diaphragm walls would have to be made substantially significant in order to control the heaving. Heaving as stated here is a phenomenon in which pressurized water contained in the permeable layer below the impermeable layer close to the bottom of the excavated ground breaks through the impermeable layer owing to the upward force of the water pressure during the excavation process, which then causes the vertical shaft to lose its stability. Using nodular diaphragm walls that have nodular part on the diaphragm walls of the deep shaft could be relied upon for the purpose of supporting the embedment depth of the diaphragm walls. In this research, the influence the nodular part resistivity was examined in resisting heaving when nodular diaphragm walls are used for the deep shaft. The experiments at gravitational and centrifuge acceleration fields were conducted, and their effectiveness were confirmed.

    DOI: 10.21660/2018.46.7265

    Scopus

    researchmap

  • 液状化地盤におけるシートパイル補強杭基礎の地震時挙動に関する実験および数値解析的検討 Reviewed

    佐名川 太亮, 西岡 英俊, 松浦 光佑, 樋口 俊一, 戸田 和秀, 妙中 真治

    地盤工学ジャーナル   12 ( 2 )   197 - 210   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 地盤工学会  

    地震時に地盤の液状化が発生した場合,地盤は急激に剛性ならびに強度を失うため,基礎構造物にも大きな被害が発生する。施工性・経済性に優れた基礎の耐震補強工法としてシートパイル補強工法が提案されており,普及が進んでいる。液状化地盤における補強効果についても検討は行われているが,矢板内部の液状化抑制に着目されたものが多く,構造的な補強効果については十分に検討されていない。本研究では,模型振動実験を行い,液状化地盤におけるシートパイル補強工法の構造的な補強効果についてメカニズムの解明を行った。また,実務設計で一般的に用いられている2次元の梁ばねモデルを用いた再現解析を実施し高い再現性を得られたことから,既往の設計手法をベースに補強効果が定量的に評価可能であることが示された。

    DOI: 10.3208/jgs.12.197

    CiNii Research

    researchmap

  • 柱列状改良体の連結による橋台耐震補強工法に関する実験的検討 Reviewed

    池本 宏文, 高崎 秀明, 藤原 寅士良, 佐名川 太亮, 西岡 英俊

    土木学会論文集A1(構造・地震工学)   73 ( 4 )   I_679 - I_693   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    橋台の耐震補強を目的として,背面盛土内に柱列状に地盤改良体(以下,改良体と称する)を造成し,橋台と改良体を連結して一体化する工法に関して,補強効果,補強メカニズムを検証するため,桁重量が大きい重力式橋台を想定した重力場での振動台実験を実施した.その結果,橋台,改良体,および改良体に挟まれた背面盛土が一体となって挙動するため,橋台背面近傍での盛土の沈下量は小さくなり,改良体に生じる水平方向,鉛直方向の地盤抵抗力が連結材を介して橋台の抵抗力として働くことで,橋台の安定性が向上することを確認した.また,崩壊時は改良体の背面側にすべり面が発生して,その範囲が沈下し,橋台は滑動モードで崩壊に至ることを確認した.

    DOI: 10.2208/jscejseee.73.I_679

    CiNii Research

    researchmap

  • PC桁を用いた GRS一体橋梁 –九州新幹線(西九州ルート)原種架道橋– Reviewed

    曽我 大介, 陶山 雄介, 阪田 暁, 龍岡 文夫, 西岡 英俊

    ジオシンセティックス論文集   32   153 - 158   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:国際ジオシンセティックス学会 日本支部  

    九州新幹線(西九州ルート)は,武雄温泉~長崎間の延長約66kmの路線で現在建設中である.その中の原種 架道橋は,諫早市内(武雄温泉起点47km263m付近)における短いトンネルが連続した約70mの谷あい部に位置 するPC桁を用いたGRS一体橋梁である.これまでのGRS一体橋梁においては,RC桁やSRC桁を用いた事例はあ るが,PC桁は初めての採用となる.本論文では,これまでのGRS一体橋梁の採用実績を踏まえ,鉄道構造物で 初めての事例となるPC桁を用いたGRS一体橋梁の設計・施工について報告する.

    DOI: 10.5030/jcigsjournal.32.153

    CiNii Research

    researchmap

  • PC桁を用いた GRS一体橋梁 –九州新幹線(西九州ルート)原種架道橋– Reviewed

    曽我 大介, 陶山 雄介, 阪田 暁, 龍岡 文夫, 西岡 英俊

    ジオシンセティックス論文集   32 ( 0 )   2017

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:国際ジオシンセティックス学会 日本支部  

    九州新幹線(西九州ルート)は,武雄温泉~長崎間の延長約66kmの路線で現在建設中である.その中の原種 架道橋は,諫早市内(武雄温泉起点47km263m付近)における短いトンネルが連続した約70mの谷あい部に位置 するPC桁を用いたGRS一体橋梁である.これまでのGRS一体橋梁においては,RC桁やSRC桁を用いた事例はあ るが,PC桁は初めての採用となる.本論文では,これまでのGRS一体橋梁の採用実績を踏まえ,鉄道構造物で 初めての事例となるPC桁を用いたGRS一体橋梁の設計・施工について報告する.

    researchmap

  • 柱列状改良体の連結による橋台の耐震補強工法に関する研究 Reviewed

    池本 宏文, 佐名川 太亮, 高崎 秀明, 藤原 寅士良, 西岡 英俊

    構造工学論文集 A   63 ( 0 )   1023 - 1034   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    In this study, methods of aseismic retrofitting were developed for abutments in which soil-mixed column walls were linked to abutments along the sides of tracks. Tilting tests in the gravity field were conducted to confirm the reinforcement effect and mechanisms of the proposed method. Through tilting tests, we confirmed that the stability of the abutments improved due to the ground resistance of the soil-mixed column walls passing through the linking members, working as resistance to the abutment. The ground resistance of the soil-mixed column walls was reproduced using a non-linear spring based on the reinforcing mechanism, and a static non-linear analysis produced results matching the behavior of the tilting tests.

    DOI: 10.11532/structcivil.63a.1023

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

  • 橋長の長いGRS一体橋梁の温度変化に伴う挙動 Reviewed

    高野 裕輔, 山崎 貴之, 小島 謙一, 西岡 英俊, 小林 克哉, 斉藤 雅充

    ジオシンセティックス論文集   31   75 - 80   2016

     More details

    Language:Japanese   Publisher:国際ジオシンセティックス学会 日本支部  

    ジオシンセティック補強土を用いた一体橋梁(GRS一体橋梁)は,桁と橋台(橋台壁)および補強盛土を一体化させる工法であり,補強盛土を含めた不静定構造物である.そのため,橋長が長い橋梁へ適用する場合は,桁の乾燥収縮や温度伸縮等による経時挙動の影響の増大が懸念される.そこで,橋長60mのGRS一体橋梁を対象とした動態挙動の把握を目的として,施工時より変位およびひずみ等の計測を実施している.本稿では,構造物の構築後,約2.5年にわたる計測結果を整理し,経時挙動における構造物の応答特性に関する考察を行った.

    DOI: 10.5030/jcigsjournal.31.75

    DOI: 10.5030/jcigsjournal.37.47_references_DOI_Y1IGLYfyQG0Qo44rm7VdW4EJCHc

    CiNii Research

    researchmap

  • 橋長の長いGRS一体橋梁の温度変化に伴う挙動 Reviewed

    高野 裕輔, 山崎 貴之, 小島 謙一, 西岡 英俊, 小林 克哉, 斉藤 雅充

    ジオシンセティックス論文集   31 ( 0 )   75 - 80   2016

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:国際ジオシンセティックス学会 日本支部  

    ジオシンセティック補強土を用いた一体橋梁(GRS一体橋梁)は,桁と橋台(橋台壁)および補強盛土を一体化させる工法であり,補強盛土を含めた不静定構造物である.そのため,橋長が長い橋梁へ適用する場合は,桁の乾燥収縮や温度伸縮等による経時挙動の影響の増大が懸念される.そこで,橋長60mのGRS一体橋梁を対象とした動態挙動の把握を目的として,施工時より変位およびひずみ等の計測を実施している.本稿では,構造物の構築後,約2.5年にわたる計測結果を整理し,経時挙動における構造物の応答特性に関する考察を行った.

    researchmap

  • ラーメン高架橋柱端部の塑性化が斜杭基礎の制震効果に及ぼす影響 Reviewed

    佐名川 太亮, 西岡 英俊, 室野 剛隆, 高野 裕輔, 米澤 豊司, 青木 一二三

    土木学会論文集A1(構造・地震工学)   72 ( 2 )   302 - 314   2016

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    斜杭基礎による制震効果には,構造物の慣性力に対する水平抵抗の上昇に加え,地盤変位作用時の逆ロッキング動および入力損失による効果があることが確認されている.一方,近年の高架構造物は,大地震に対して上部工の塑性化によるエネルギー吸収を期待した設計が一般的に行われるが,塑性化が生じた場合にも斜杭による制震効果が発揮されるか検討された例はこれまでにない.本研究では,柱の塑性化を模擬したラーメン高架橋の模型振動実験ならびに数値解析を実施し,柱に塑性化が生じた場合の斜杭ラーメン高架橋の制震効果について検証を行った.結果として,柱端部が塑性化した場合でも斜杭基礎による応答低減効果が発揮されることが確認された.また,この応答低減効果は見かけの有効入力動を用いることで評価可能であることを確認した.

    DOI: 10.2208/jscejseee.72.302

    CiNii Research

    researchmap

  • 慣性力と地盤変位が同時に作用する杭の水平抵抗特性に及ぼす杭体の段落し部での損傷の影響 Reviewed

    佐名川 太亮, 西岡 英俊, 神田 政幸, 森野 達也, 米澤 豊司, 青木 一二三

    地盤工学ジャーナル   10 ( 1 )   33 - 44   2015

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 地盤工学会  

    At the soft ground, the earthquakes generate large ground deformations. The large ground deformations displace the pile foundations, and induce the large pile forces at deep location. But it is not clear about the behavior of damaged piles, therefore, piles are generally designed not to be damaged by kinematic and inertial forces. In consequence, piles at soft ground have large diameter and it is difficult to cut off of the longitudinal bars in case of reinforced concrete piles at shallow location. The aim of this paper is to propose the economic seismic design code of pile foundations, and we make a study on the effect of cutting off of longitudinal bars reinforced concrete pile on lateral resistance under kinematic and inertial interactions by model tests and numerical simulations. The results of model loading tests confirmed that the damage at stepped rebar arrangement by ground deformation had no effect on lateral resistance, if the piles are not damaged by inertial forces. And it was possible to simulate the experimentally results by the static nonlinear analysis procedure with seismic displacement method. As a result, it indicated possibility of design considering the damage by ground deformations.

    DOI: 10.3208/jgs.10.33

    CiNii Research

    researchmap

  • 斜杭ラーメン高架橋を対象とした地盤変位作用時の動的挙動に関する実験的検討 Reviewed

    佐名川 太亮, 西岡 英俊, 本山 紘希, 室野 剛隆, 高野 裕輔, 陶山 雄介, 米澤 豊司, 青木 一二三

    土木学会論文集C(地圏工学)   71 ( 3 )   163 - 176   2015

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    斜杭基礎による制震効果には,構造物の慣性力に対する静的な水平抵抗の上昇に加え,地盤変位作用時の逆ロッキング動および入力損失による制震効果が確認されている.静的な水平抵抗上昇による効果は既往の研究により評価されているが,逆ロッキング動および入力損失が構造物全体の応答にもたらす効果を定量的に評価できていないのが現状である.本研究では,直杭および角度5度の斜杭基礎を有するラーメン高架橋模型(約1/10スケール)を用いた振動実験を実施した.その結果,斜杭基礎のラーメン高架橋においては応答低減効果が全周波数にわたって得られることが確認された.また,数値解析を交えた検討により,逆ロッキング動と入力損失が構造物全体に与える制震効果について定量評価した.

    DOI: 10.2208/jscejge.71.163

    CiNii Research

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 斜杭基礎の動的制振効果を考慮した鉄道高架橋の耐震設計手法の提案と試設計 Reviewed

    高野裕輔, 山東徹生, 陶山雄介, 西岡英俊, 松浦光佑, 本山紘希

    鉄道工学シンポジウム論文集   18   213 - 220   2014.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:土木学会  

    researchmap

  • 補強盛土一体橋梁における橋梁部の伸縮挙動と背面盛土の沈下状況に関する一考察 Reviewed

    佐々木 徹也, 西岡 英俊, 小島 謙一, 高野 裕輔, 陶山 雄介, 青木 一二三

    ジオシンセティックス論文集   29 ( 0 )   205 - 208   2014

     More details

    Language:Japanese   Publisher:国際ジオシンセティックス学会 日本支部  

    背面盛土を補強土構造とし,橋桁・橋台と一体化させた補強盛土一体橋梁(GRS一体橋梁)が北海道新幹線で実構造物として初めて適用され,施工時および長期動態計測が実施されている.GRS一体橋梁の特徴により,コンクリートの伸縮作用による強制変位により背面盛土内に敷設された補強材(ジオテキスタイル)に引張変位が多数繰り返し生じる.また,アプローチブロックの背面方向への変位が生じることで補強材に対して引張変位が作用する可能性が懸念される.本論文では,長期動態計測より得られたデータを整理し,補強材の引張変位に影響を与える橋梁部の伸縮挙動と背面盛土(セメント改良アプローチブロック)の沈下状況について,実構造物の挙動を踏まえて考察した.

    DOI: 10.5030/jcigsjournal.29.205

    DOI: 10.3208/jgssp.igs-03_references_DOI_1KecR5QJvw2GP1X9b9A4ElA8z3l

    CiNii Research

    researchmap

  • ジオテキスタイルの気中引張時および 土中引張時でのひずみ計測結果の比較 Reviewed

    加藤 久也, 西岡 英俊, 小島 謙一, 田村 幸彦, 木口 峰夫, 森野 達也, 陶山 雄介, 青木 一二三

    ジオシンセティックス論文集   28 ( 0 )   221 - 228   2013

     More details

    Language:Japanese   Publisher:国際ジオシンセティックス学会 日本支部  

    ジオテキスタイルの表面は繊維の編み込みにより平滑でなく,ひずみゲージを直接貼り付けることが困難で あるため,塩ビフィルムを介してひずみゲージを貼り付ける場合がある.本論文ではこの方法によるひずみの 計測精度について検証した.気中引張試験時および土中引張試験時に得られたひずみゲージの出力特性は,定 量的には気中および土中といった環境条件により大きく異なり気中引張試験時の画像解析から求めた真のひず みよりも小さな出力となることが分かった.ただし,荷重とひずみには概ね線形的な関係が得られており,同 様の環境条件にあるひずみゲージ間での定性的な比較(例えばひずみ分布形状や影響範囲に対する考察)につ いては,問題なく評価が可能であることが確認できた.

    DOI: 10.5030/jcigsjournal.28.221

    DOI: 10.5030/jcigsjournal.31.75_references_DOI_XvlSCrp907eEGy3GpZypuTQKApI

    CiNii Research

    researchmap

  • 実杭の鉛直ばね定数の変位レベル依存性の検討―静的載荷試験と列車通過時計測の比較― Reviewed

    仁平 達也, 西岡 英俊, 川村 力, 西村 昌宏, 枝松 正幸, 神田 政幸

    土木学会論文集C(地圏工学)   67 ( 1 )   78 - 97   2011

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    杭の鉛直ばね定数は重要な設計指標であるが,供用時の杭の変位自体は微小な値であるため実際の変位挙動は十分に明らかになっていない.特に使用性を議論する上では杭の鉛直ばね定数の変位レベル依存性を評価する必要があるが,列車通過時の微小な変位レベルから鉛直載荷試験での大きな変位レベルまでの連続的に検討した例はこれまでほとんどなかった.そこで,本研究では杭基礎を有する鉄道ラーメン高架橋を対象に,同一箇所において建設段階での実杭の鉛直載荷試験と開業後の列車通過時の高架橋柱下端の動的変位計測により,鉛直ばね定数を実測し両者の関係を比較・考察した.その結果,列車通過時の鉛直ばね定数と変位増分の関係は,鉛直載荷試験での鉛直ばね定数の変位レベル依存性を外挿して連続的に評価可能であることを確認した.

    DOI: 10.2208/jscejge.67.78

    CiNii Research

    researchmap

  • 耐荷機構に基づくケーソン基礎頂版のせん断耐力評価法 Reviewed

    服部 尚道, 田所 敏弥, 谷村 幸裕, 西岡 英俊, 渡邊 忠朋, 丸山 修

    土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)   67 ( 1 )   57 - 68   2011

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    ケーソン基礎頂版は,地震時に作用する慣性力を,ケーソン基礎の側壁に伝達する部材である.現行の頂版のせん断耐力式は,橋脚く体に対して作用する曲げモーメントと軸力により,橋脚く体基部に生じる圧縮力を偏心軸力で模擬した,頂版の載荷実験結果に基づいて提案されている.しかし,実験で用いられた模型は,実際の構造物を単純化したもので,境界条件や載荷条件が異なることから,頂版の耐荷機構を十分に解明できていない可能性がある.そこで,橋脚く体と側壁を連結してモデル化した,頂版の載荷実験と有限要素解析を実施した.その結果,頂版内部の破壊面の形状が,従来の想定とは異なることが判明した.これに基づき,頂版の耐荷機構を明らかにするとともに,新たなせん断耐力評価法を提案し,本実験結果を概ね評価できることを確認した.

    DOI: 10.2208/jscejmcs.67.57

    CiNii Research

    researchmap

  • 斜杭基礎の水平抵抗特性と鉄道構造物への適用性の検討 Reviewed

    清田 三四郎, 米澤 豊司, 青木 一二三, 神田 政幸, 西岡 英俊, 出羽 利行

    地盤工学ジャーナル   5 ( 2 )   293 - 307   2010

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 地盤工学会  

    The rigid frame viaduct is used for railway structures. But it is sometimes problematic on the train-running safety in the seismic conditions because of the differential displacement with adjacent structure by its low horizontal stiffness. The batter pile is one of the measures to gain the horizontal stiffness of the viaduct and expected to secure the train-running safety. But it has not been used recently for the railway and there are many unknown matters such as characteristics of lateral resistance in the case of earthquake. In this study we clarified the characteristics of lateral resistance of batter pile based on the static and dynamic non-liner analyses and experiments. And we studied its applicability for the railway structure. We studied the relatively acute-angled batter pile and found that it can control the horizontal displacement of structures and shorten the equivalent natural period even for the batter piles with the angle of approximately 5 degrees. Furthermore, it can also have not only seismic but also economical advantage in the case that train-running safety becomes the decisive factor of the structure’s specifications.

    DOI: 10.3208/jgs.5.293

    DOI: 10.2208/jscejseee.76.4_i_75_references_DOI_QQULYl78wFFNhZgHDMUaYD8I62J

    CiNii Research

    researchmap

  • シートパイルによる既設杭基礎の耐震補強効果に関する模型実験 Reviewed

    西岡 英俊, 樋口 俊一, 西村 昌宏, 神田 政幸, 山本 忠久, 平尾 淳一

    地盤工学ジャーナル   5 ( 2 )   251 - 262   2010

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 地盤工学会  

    建設年代の古い構造物基礎には耐震性能に劣り,耐震補強工事が必要なものが多く存在する。既設橋脚基礎のフーチングを取り囲むようにフーチング幅程度の根入れのシートパイルを打設し,既設フーチング上面に増しフーチングを打設してシートパイルを既設橋脚と一体化させるだけでも,一定の耐震補強効果が期待できると考えられる。本論文では約1/10スケールの模型を用いた静的載荷実験および振動実験に基づき,その耐震補強効果を明らかにするとともに,その補強効果発現メカニズムについて考察する。提案補強工法は,主に既設の杭に発生する断面力が大きく低減する効果が期待できることが確認でき,特に杭頭だけではなくシートパイルを根入れさせた深度よりも深い地中部の断面力も低減できることを確認した。その抵抗メカニズムは,シートパイルを介した水平地盤抵抗が発現されることにより,杭に作用する地盤反力が低減されることと考えられる。

    DOI: 10.3208/jgs.5.251

    CiNii Research

    researchmap

  • ケーソン基礎のプッシュオーバー解析に用いる地震時慣性力の考え方に関する一考察 Reviewed

    坂井 公俊, 室野 剛隆, 西岡 英俊

    構造工学論文集 A   56   227 - 236   2010

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    In this study, we proposed the new methodology to evaluate the behavior of a pier with a caisson foundation under strong earthquake by means of a push-over analysis. Firstly, we showed that we can hardly estimate the dynamic response of the pier with caisson foundation accurately using the static analysis without considering the inertial force of foundation. Secondly, we proposed the simple push-over analysis, taking into account the influence of the inertial force of foundation. Finally, we clarified through dynamic and the static analysis that the proposed method estimates the dynamic behavior of the caisson structure in a good accuracy.

    DOI: 10.11532/structcivil.56a.227

    CiNii Research

    researchmap

  • 摩擦杭を有するラーメン高架橋の地中梁底面の鉛直地盤反力に関する検討 Reviewed

    仁平達也, 川村力, 枝松正幸, 西岡英俊, 神田政幸

    鉄道工学シンポジウム論文集   13   170 - 176   2009.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:土木学会  

    researchmap

  • シートパイル基礎の実大規模水平載荷試験 Reviewed

    西岡 英俊, 神田 政幸, 平尾 淳一, 東野 光男, 前田 友章, 藤田 欽司, 近藤 政弘

    土木学会論文集C   65 ( 2 )   363 - 382   2009

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    筆者らは,フーチング掘削時の仮土留め用鋼矢板を本設利用する鋼矢板併用直接基礎(シートパイル基礎)を提案している.シートパイル基礎は,鋼矢板の地盤拘束効果による高い支持力および地震時の水平抵抗特性が期待できることから,直接基礎に比べて広い範囲の地盤条件へ適用が可能である.本論文では,シートパイル基礎の実大規模の水平載荷試験として,実大模型に対して極限まで載荷した事例(事例1) と,実構造物に対して橋脚のひび割れ限界まで載荷した事例(事例2)について示す.事例1では,同一寸法の直接基礎との比較により,これを上回る高い水平抵抗特性を確認した.事例2でも,耐震設計で想定する以上の十分な水平抵抗特性を有することを確認した.

    DOI: 10.2208/jscejc.65.363

    DOI: 10.2219/rtriqr.52.51_references_DOI_U2D7C5d7Xhnedw4Om8HIvAMq2De

    CiNii Research

    researchmap

  • 杭の動的鉛直地盤抵抗に与える載荷速度の影響に関する基礎的研究 Reviewed

    阿部 慶太, 神田 政幸, 西岡 英俊, 木口 峰夫, 西村 隆義

    土木学会論文集C   64 ( 4 )   756 - 769   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    これまで杭基礎の鉛直地盤抵抗の設計値は,主に静的な鉛直載荷実験に基づいて評価されてきた.しかしながら,大地震時のように大きな載荷速度を有する動的な鉛直荷重が杭基礎に作用する場合,従来の静的な鉛直載荷実験に基づき評価された場合と異なる沈下・鉛直地盤抵抗特性を示すことが知られている.そこで本研究では,杭模型に対して静的・動的鉛直載荷実験の実施,および骨組み解析モデルに基づく数値解析的アプローチにより,動的鉛直荷重が杭に作用した際の沈下・鉛直地盤抵抗特性の解明を行った.その結果,杭の支持形態により減衰特性が異なること,除荷点を把握することで減衰定数を定量的に評価でき,簡易な骨組み解析モデルにより,模型載荷実験で得られた杭の動的な沈下・鉛直地盤抵抗を概ね評価できることが分かった.

    DOI: 10.2208/jscejc.64.756

    DOI: 10.2208/jscejge.68.117_references_DOI_A0T79byWJpvDmp0qZBEIsHi9nfd

    CiNii Research

    researchmap

  • シートパイル基礎の耐震性能に関する実験的研究 Reviewed

    樋口 俊一, 田中 浩一, 神田 政幸, 西岡 英俊

    土木学会論文集A   64 ( 4 )   665 - 677   2008

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    シートパイル基礎は,直接基礎のフーチング4辺にシートパイルを配置,結合した新しい基礎形式であり,地中に貫入,結合されたシートパイルの地盤拘束効果による支持力向上と,地震時の転倒及び滑動耐力増加が期待できる.本研究では,遠心模型振動実験によりシートパイル基礎の初期剛性が同規模の直接基礎に対して大きく増加すること,地震時の応答変位を低減できることを示した.また,シートパイル基礎の初期剛性はシートパイルの根入れ長や基礎地盤密度に影響を受けること,シートパイルとフーチングを剛結構造にしないと最大強度の増加は期待できないことがわかった.さらに,その耐震抵抗メカニズムを分析し,振動方向に対して前・背面シートパイルの押し込み・引き抜きによるフーチング底面中央周りの回転抵抗の寄与が支配的であることを示した.

    DOI: 10.2208/jsceja.64.665

    DOI: 10.2208/jscejc.65.363_references_DOI_GuJZ7gK9AL571Blc9D4Xc9VJInK

    CiNii Research

    researchmap

  • 静的模型実験による鋼矢板併用直接基礎の鉛直支持力特性に関する研究 Reviewed

    西岡 英俊, 神田 政幸, 舘山 勝, 村田 修, 平尾 淳一, 樋口 俊一

    土木学会論文集C   63 ( 3 )   772 - 782   2007

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    筆者らは,仮土留め用鋼矢板を本設利用する鋼矢板併用直接基礎(シートパイル基礎)を提案している.シートパイル基礎は,鋼矢板による地盤拘束効果等の補強効果が期待できることから,従来は直接基礎では支持力不足となるN値30未満の地盤においても杭が不要となる.本研究では,このシートパイル基礎の鉛直支持力特性を把握するため,模型地盤における静的鉛直載荷実験を行った.その結果,直接基礎に比べて極限支持力が上昇し,ピーク荷重後の荷重低下幅が抑制される改良効果が確認できた.また改良効果の発現メカニズムについて考察を行い,シートパイルによる地盤拘束による支持力の上昇効果だけではなく,地盤とシートパイル側面の拘束が強まり周面摩擦力が上昇する効果が期待できることを明らかとした.

    DOI: 10.2208/jscejc.63.772

    CiNii Research

    researchmap

  • 分布亀裂の摩擦接触を考慮したマルチスケール解析法 Reviewed

    京谷 孝史, 西岡 英俊

    土木学会論文集C   62 ( 1 )   57 - 66   2006

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    マルチスケール解析法の一般的な枠組みに基づいて,岩盤のように分布亀裂を含む物体の力学挙動を扱うために,亀裂面の摩擦接触を考慮した非線形マルチスケール解析法を構築した.亀裂の摩擦接触解析については,Lagrange未定乗数法と鞍点定理に基づいた定式化と有効制約条件法による解析アルゴリズムを示した.規則的な平行亀裂群を有する不連続性岩盤モデルを想定した平板載荷試験とブロックせん断試験の解析を行い,亀裂の摩擦接触挙動を考慮したマルチスケール解析法の岩盤構造物への適用可能性を示した.

    DOI: 10.2208/jscejc.62.57

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

  • Development of combined loading apparatus for centrifuge test Reviewed

    P. Punrattanasin, H. Nishioka, O. Murata, O. Kusakabe

    International Journal of Physical Modeling in Geotechnics   3 ( 4 )   1 - 13   2003.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 均質化法による複合材料の変形強度特性評価について Reviewed

    京谷 孝史, 寺田 賢二郎, 欧陽 立珠, 西岡 英俊

    応用力学論文集   2 ( 2 )   449 - 458   1999

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 土木学会  

    A numerical scheme to evaluate the elastic stiffness and strength of heterogeneous material, which have been proposed by authors based on the theory of homogenization, is applied to fiber reinforced composites, and its validity for evaluating their mechanical properties is examined. Results show that the numerical scheme can give fairly good predictions as for the elastic stiffness, but it can only predicts value of strength near to the experimental data since the numerical scheme does not take the existence of initial defects in the composites into account. However, it can conclude that our proposed method can use for evaluation of mechanical property of composite material at some first stage of design since the method needs only the mechanical properties of each materials of which the composite consists and a graphical data representingthe geometric feature of the composite structure.

    DOI: 10.2208/journalam.2.449

    DOI: 10.1299/transjsme.16-00581_references_DOI_C2AQ99yJNteOPdPjJuDsVQHMJNj

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

▼display all

Books

  • 入門シリーズ39 基礎の支持力と変形入門

    基礎の支持力と変形入門, 編集委員会( Role: Contributor第4章 基礎の設計と性能照査)

    公益社団法人 地盤工学会  2020.12 

     More details

    Total pages:266   Responsible for pages:187-266   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    本書は、旧「支持力入門」の改訂版である。旧「支持力入門」は、平成2年(1990)年に刊行され、幸いにも多くの方に読んでいただいた。それから28年が経過し、土質力学、基礎工学の分野も大きく発展した。その中で次の3点は重要であろう。 (1)コンピュータの急速な発展と共に地盤材料のモデル化と数値解析手法の発展および計算プログラムの汎用化 (2)基礎形式・施工方法及び載荷試験方法の多様化 (3)国際整合性を背景とした基礎の設計法の変化と設計基準類の改定 このような技術の発展と社会環境の変化の認識のもとで、改訂作業を進めた。 上記(1)を踏まえて2章では慣用的な支持力解析手法とともに数理解析手法の基礎的理解を目指し、上記(2)を踏まえて3章では基礎形式・施工方法及び載荷試験方法に関する最新の知見を取り入れる努力をし、上記(3)を踏まえ4章では設計思想の変遷と性能設計に基づく基礎設計を記述すべく大幅な改訂を行った。

    researchmap

  • IPA Booklet Series Pile Foundation

    Hidetoshi Nishioka, Masayuki Koda( Role: Contributor1Development of Sheet Pile Foundation)

    International Press-in Association  2023.3  ( ISBN:9784909722621

     More details

  • 構造工学技術シリーズ No.73 既設構造物を対 象とした安全性評価研究小委員会報告書(構造 工学委員会既設構造物を対象とした安全性評 価研究小委員会編)

    吉田郁政, 秋山充良, 大, 竹雄, 鈴木修一, 小西拓, 洋,松崎裕, 西岡英俊, 塩竈裕三, 糸井達哉, 西, 尾真由子, 藤田宗久( Role: Joint author第2 章 既設構造物の安全性評価に関する動向調査 2.1.2 鉄道関連 第4 章 事例研究の紹介 4.4.1 洗掘作用を受けた橋梁基礎の性能評価)

    土木学会  2017.11 

     More details

    Responsible for pages:2.1.2(2-11~2-25 頁) 4.4.1(4-46~4-60 頁)   Language:Japanese   Book type:Report

    researchmap

  • Civil Engineering 新たな国づくりに求められる 若い感性(東北大学土木工学出版委員会編)

    岸野佑次(part4 文明を存続させる人達 4.6 インテリジェントセンサによる土木構造物のヘル スモニタリングシステムの開発)

    技報堂出版  2007.3 

     More details

    Responsible for pages:160~163 頁   Language:Japanese   Book type:General book, introductory book for general audience

    researchmap

MISC

▼display all

Presentations

  • 簡易な安息角試験(排出法)による砂の密度と停止安息角の関係

    亀ケ谷 江梨, 西岡英俊, 平川 大貴

    第50回関東支部技術研究発表会  2023.3 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 締固め程度と試験方法の違いがアルミ棒積層体の安息角に及ぼす影響について

    亀ヶ谷絵梨, 西岡英俊

    第19回地盤工学会関東支部発表会GeoKANTO2022  2022.11 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 地震時慣性力を想定した乾燥砂地盤上直接基礎橋脚の水平載荷実験(載荷高さが基礎幅の2 倍の場合)

    川田 草貴, 西岡 英俊

    日本地震工学会第16回年次大会梗概集  2021.11  日本地震工学会

     More details

    Event date: 2021.11    

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 多視点画像三次元モデルを用いた目視調査支援システムの石積み擁壁への適用性の検証

    西岡 英俊, 宮崎 貴弘, 笠原 康平, 増田 雄輔, 神馬 和歌子, 望月 拓実

    第46回土木情報学シンポジウム講演集  2021.9  土木学会

     More details

    Event date: 2021.9    

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 地震時の開削トンネルと周辺地盤の相互作用に関する検討

    島田 貴文, 西野 風雅, 松田 敏輝, 西岡 英俊

    第24回応用力学シンポジウム講演概要集  2021.5  土木学会

     More details

    Event date: 2021.5    

    Language:Japanese  

    researchmap

  • せん断変形を生じる地盤とトンネルの相互作用に及ぼす寸法効果 に関するFEM解析

    松田 敏輝, 西野, 風雅, 島田, 貴文, 西岡 英俊

    第48回土木学会関東支部技術研究発表会  ( オンライン )   2021.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 地震時の開削トンネルと周辺地盤の相互作用に関する アルミ棒積 層試験体による小型せん断土槽実験

    西野 風雅, 西岡, 英俊, 島田, 貴文, 松田 敏輝

    第48回土木学会関東支部技術研究発表会  ( オンライン )   2021.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • スパイラル杭の引抜き抵抗における群杭効果に関する模型実験

    木梨 優太, 大西, 奈穂, 西岡 英俊

    第48回土木学会関東支部技術研究発表会  ( オンライン )   2021.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 一体橋梁を想定した正負繰り返し載荷作用時の背面地盤挙動に関するアルミ棒積層体模型実験

    瀬賀 達夫, 西岡, 英俊, 平川 大貴

    第48回土木学会関東支部技術研究発表会  ( オンライン )   2021.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 河川中の直接基礎の局所洗掘後の残存支持力に関するアルミ棒積層体支持力実験

    佐々木, 優奈, 西岡 英俊

    第48回土木学会関東支部技術研究発表会  ( オンライン )   2021.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 掘削土留め工壁体背面地盤を固化改良した近接施工対策に関する模型実験

    小野 慶一朗, 松本, 尚也, 西岡, 英俊, 田中 活行

    第48回土木学会関東支部技術研究発表会  ( オンライン )   2021.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • シートパイル補強工法における杭とシートパイルの間隔がもたらす補強効果の違い

    茂木, 優希子, 西岡, 英俊

    第48回土木学会関東支部技術研究発表会  ( オンライン )   2021.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 水平交番載荷試験による直接基礎橋脚の地震時残留沈下量に関する研究

    川田 草貴, 西岡 英俊

    第48回土木学会関東支部技術研究発表会  ( オンライン )   2021.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • アルミ棒積層体を用いたケーソン基礎の地震時挙動に関する模型水平載荷実験

    磯部 祐輝, 西岡, 英俊

    第48回土木学会関東支部技術研究発表会  ( オンライン )   2021.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 石積み擁壁を対象とした多視点画像三次元モデルの精度検証

    宮崎 貴弘, 西岡, 英俊, 笠原, 康平, 望月 拓

    第48回土木学会関東支部技術研究発表会  ( オンライン )   2021.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • A study on pile group effect in pull-out resistance of spiral pile with model experiment

    木梨優太, 大西奈穂, 西岡英俊

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2021 

     More details

    Event date: 2021    

    researchmap

  • Model experiment on the increasing behavior of earth pressure acting on the back of the abutment of an integral bridge during horizontal loading with repeated positive and negative loads

    瀬賀達夫, 西岡英俊, 平川大貴

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2021 

     More details

    Event date: 2021    

    researchmap

  • An experimental study on the relationship between the horizontal displacement suppression effect of soil improvement on the back of excavation earth retaining wall and the flexural ragidity of wall

    小野慶一朗, 西岡英俊, 鷲見春奈, 千葉佳敬

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2021 

     More details

    Event date: 2021    

    researchmap

  • Ground displacement loading test of cut and cover tunnel using aluminum rod mass

    西野風雅, 西岡英俊, 島田貴文

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2021 

     More details

    Event date: 2021    

    researchmap

  • A study of bearing capacity of scoured foundation~a consideration of resistance mechanism by an experiment with aluminum rods~

    佐々木優奈, 西岡英俊

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2021 

     More details

    Event date: 2021    

    researchmap

  • A Study of New Representative Index Values on Vertical Bearing Capacity Characteristics of Piles in Compression Load Tests

    渡邉康司, 中里彰人, 亀井秀一, 西岡英俊, 菊池喜昭

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2021 

     More details

    Event date: 2021    

    researchmap

  • A study on seismic behavior of caisson foundation

    磯部祐輝, 西岡英俊

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2021 

     More details

    Event date: 2021    

    researchmap

  • Analysis of Design Case of Box Culvert under Railway Track Considering Stiffness Ratio between Box and Soil

    島田貴文, 西岡英俊, 西野風雅, 松田敏輝, 牛田貴士, 仲山貴司, 井澤淳

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2021 

     More details

    Event date: 2021    

    researchmap

  • Spacing between test pile and kentledge in Axial Static Load Test for Single Piles

    西岡英俊, 菊池喜昭, 渡邉康司, 亀井秀一, 中里彰人

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2021 

     More details

    Event date: 2021    

    researchmap

  • 地震時の鉛直変位に着目した直接基礎の水平交番載荷実験

    川田草貴, 西岡英俊

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2021 

     More details

    Event date: 2021    

    researchmap

  • アルミ棒積層試験体を用いた自立式土留めの剛性と根入れ長に関する実験的研究

    松本 尚也, 西岡 英俊

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 掘削土留め工の背面側地盤を固化改良した近接施工対策に関する模型実験

    小野慶一朗, 松本尚也, 西岡英俊, 田中活行, 千葉佳敬

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 地震時の開削トンネルと周辺地盤の相互作用に関するアルミ棒積層試験体の小型せん断土槽実験

    西野風雅, 央大, 島田貴文, 西岡英俊

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 地中構造物と周辺地盤の剛性比の違いが地震時地盤変位作用時挙動に及ぼす影響に関するFEM解析

    松田敏輝, 央大, 島田貴文, 西岡英俊

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 水平交番載荷試験による直接基礎の地震時残留沈下量に関する研究

    川田草貴, 西岡英俊

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • ケーソン模型の地震時底面塑性化・沈下挙動に関する基礎的研究

    磯部祐輝, 西岡英俊

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • シートパイル補強工法における杭とシートパイルの間隔がもたらす補強効果の違い

    茂木優希子, 西岡英俊

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • スパイラル杭の水平抵抗における群杭効果に関する模型実験

    大西奈穂, 西岡英俊

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 洗掘を受けた河川橋脚基礎の残存支持力に関するアルミ棒積層体支持力実験

    佐々木優奈, 西岡英俊

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • スパイラル杭の引抜き支持力に対する群杭効果に関する模型実験

    木梨優太, 央大, 大西奈穂, 西岡英俊

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 一体橋梁を想定した正負繰り返し載荷作用時の背面地盤挙動に関するアルミ棒積層体模型実験

    瀬賀達夫, 央大, 西岡英俊, 平川大貴

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 石積擁壁を対象とした多視点画像モデル生成の精度検証

    宮崎貴弘, 西岡英俊, 笠原康平, 望月拓実

    第17回地盤工学会関東支部発表会GeoKanto2020  ( オンライン )   2020.11  地盤工学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • Reliability Assessment for Residual Bearing Capacity of a Railway Bridge Foundation after Scouring

    H. Nishioka, T. Sanagawa, Y. Otake

    Proceedings of the Seventh Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and Its Applications (APSSRA2020)  2020.10 

     More details

    Event date: 2020.10    

    Language:English  

    In Torrential Rain in Northern Kyushu region in Japan in July 2012, the foundation of a railway bridge across a small river settled approximately 0.3 m because of scouring. In this study, detailed investigations or tests, and simple repairs (jacking up of girders and track maintenance) were performed, and the slow-speed train service resumed approximately a month following the incident. Changes during this period in the reliability of the bridge bearing capacity were assessed by Bayesian updating with a particle filter.
    The calculation results quantitatively indicated that the reliability index  decreased because of the damage and that the parameter value increased with more information, which revealed the validity of the engineering decisions during the damage restoration periods. It is expected that weather hazards will intensify in the future. Hence, the present findings can be used in the rapid recovery of structures that are subject to similar damage.

    researchmap

  • 損傷抑制型杭頭結合方式を用いた杭基礎構造の地震時挙動に関する 数値実験

    西岡 英俊, 沼尾 健太郎, 岩田 秀治, 佐名川 太亮, 高橋 佑斗, 村田 和哉

    令和2年度土木学会全国大会第75回年次学術講演会  ( オンライン )   2020.9  土木学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    損傷抑制型杭頭結合方式は,復旧性を確保しながら杭頭結合部を積極的に塑性化させてエネルギー吸収を行う構
    造形式である.これまで大型模型振動実験およびその再現解析に基づく検討が行われているが,これらでは模型
    製作の都合上,固有振動数の違いによる共振特性の違い等が除外できていなかった.そこで本研究では,これら
    の条件を仮想的に一致させた数値実験により杭頭部の塑性ヒンジ化の有無が地震時挙動に及ぼす影響について検
    討した.その結果,杭地中部が塑性化しない限り杭頭部の塑性化が上部構造物の応答に悪影響を及ぼす可能性は
    低く,地盤の固有周期によらず杭頭部の最大曲げモーメントの低減効果が期待できることが確認できた.

    researchmap

  • 水平交番載荷を受けた杭基礎構造の損傷と残留変位量の試算

    村田 和哉, 佐名川 太亮, 岩田 秀治, 高橋 佑斗, 土屋 正宏, 西岡 英俊

    令和2年度土木学会全国大会第75回年次学術講演会  ( オンライン )   2020.9  土木学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    鉄道構造物の耐震設計では,一般的に梁ばね解析モデルを用いたプッシュオーバー解析と非線形応答スペクトル
    法により実施されるが,実際の地震動は水平交番の繰返し作用であり,この作用の特性の差が基礎構造物の挙動
    に及ぼす影響について検討事例した事例は少ない.
    そこで本稿では,杭基礎に支持された鉄道橋脚を対象とし,静的な正負交番載荷を模擬した解析を実施すること
    で,地震動の正負交番繰返し作用時における実橋脚基礎の挙動および残留変位について検討を行う.

    researchmap

  • 損傷抑制型結合方式を用いた杭基礎構造の適用拡大について

    高橋 佑斗, 岩田 秀治, 土屋 正宏, 佐名川 太亮, 村田 和哉, 西岡 英俊

    令和2年度土木学会全国大会第75回年次学術講演会  ( オンライン )   2020.9  土木学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    損傷抑制型結合方式とは,復旧性を確保しながら杭頭結合部を積極的に塑性化させてエネルギー吸収を⾏う構造
    形式である.この構造を用いた数値解析や実験から実構造物への適用に向けた検討が進められており,一般的な
    構造解析モデルで地震時挙動を再現できることが確認されている.そこで本研究では,損傷抑制型結合方式の適
    用拡大に向けて,杭径などのパラメーターを変更した試設計を行った.その結果,損傷抑制型結合方式を用いる
    ことで一般的な設計と比較すると設計の難易度が上がるものの,杭体の鉄筋量を大幅に低減できるなど低コスト
    化を図ることが可能であることを確認した.

    researchmap

  • スパイラル杭の水平ばね定数の群杭効果に関する模型実験

    大西 奈穂, 西岡 英俊

    令和2年度土木学会全国大会第75回年次学術講演会  ( オンライン )   2020.9  土木学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    スパイラル杭は、人力での施工が可能な杭で、狭隘な現場での適用が期待される。しかし、このような現場では
    基礎自体を設置できる範囲が限られていることから杭を密に施工する必要があり、群杭効果を考慮する必要があ
    る。そこで本研究では、スパイラル杭と円柱状の杭で水平載荷試験を実施し、結果を比較することでスパイラル
    杭の群杭効果について検討した。
    実験の結果、杭径の1%変位時の水平ばね定数で評価した結果に着目すると、円柱状の杭の方がスパイラル杭より
    も群杭効果の値が大きい傾向があった。よって、スパイラル杭は載荷初期では通常の円柱状の杭よりも群杭効果
    の影響が大きい可能性があることを設計の際に十分に考慮する必要がある。

    researchmap

  • 剛性が高く根入れ長が短い自立式土留めの変形挙動に関する一考 察

    松本 尚也, 大津 将嘉, 西岡 英俊

    令和2年度土木学会全国大会第75回年次学術講演会  ( オンライン )   2020.9  土木学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    自立式土留めの設計において,土留め壁の剛性と根入れ長とのバランスを合理的に設計することが求められ
    る.著者らは地盤の破壊を簡易的に模擬できるアルミ棒積層体を用いて自立式土留め壁の剛性と根入れ長(壁
    長)を主たるパラメータとした模型実験を行っており,本報文では掘削深さと水平変位の関係に着目し,特に相
    対的に剛性が高く根入れが短い場合に実験結果が理論値とどのような関係にあるかを考察した.結果,剛性が高
    い土留め壁はβL=1.2〜1.7程度を確保することで理論値で推定可能だと考えられ,また,実務で用いられる一般的
    な目安(例えばβL≧2.5)はこれに対して安全側であることが確認できた.

    researchmap

  • Concept of loading method in Standards of Axial Static Load Test for Single piles

    西岡 英俊, 亀井 秀一, 藤原 直生, 菊池 喜昭

    第55回地盤工学研究発表会  ( オンライン )   2020.7  地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    「地盤工学会基準 杭の鉛直載荷試験方法・同解説 -第一回改訂版-」は,2002 年の改訂・刊行から18 年が経過
    し,2018 年度より「杭の鉛直載荷試験基準改訂 WG」で改訂作業を進めている。本稿では,改訂 WG幹事会にお
    いて検討した改訂案のうち,静的な載荷を対象とする「押込み試験方法」の載荷方法(載荷サイクル数と,段階
    載荷か連続載荷か)を選定する考え方として,試験目的として押込み試験で得られる情報のうち何が含まれるか
    を決定すれば,具体的な載荷方法が自動的に選定される考え方を示した。

    researchmap

  • スパイラル杭の水平抵抗における群杭効果に関する基礎的研究

    大西 奈穂, 西岡 英俊

    第55回地盤工学研究発表会  ( オンライン )   2020.7  地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    スパイラル杭は人力による施工が可能な杭で、狭隘で重機使用が困難な現場での適用が期待される。しかし、こ
    のような現場では基礎自体を設置できる範囲が限られており、杭を密に施工することとなるため、群杭効果を考
    慮する必要がある。そこで本研究では、スパイラル杭の1列群杭模型での水平載荷試験を実施し、同様の実験を
    行った円柱状のアクリル杭と結果を比較することでスパイラル杭の群杭効果について検討した。
    実験の結果、スパイラル杭のほうが円柱状のアクリル杭よりも平均的に群杭効果の値が大きい傾向が
    あった。よってスパイラル杭を用いる際、従来の円柱状の杭よりも杭間隔を密にしても効率よく水平抵抗を期待
    できる可能性がある。

    researchmap

  • 自立式土留めの剛性と根入れ長の関係に関する実験的研究

    松本 尚也, 大津 将嘉, 西岡 英俊

    第55回地盤工学研究発表会  ( オンライン )   2020.7  地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    自立式土留め工法の設計では土留め壁の剛性と根入れ長とのバランスを合理的に決定することが求められる
    が、剛性と根入れ長の両方をパラメータとして崩壊に至るまでの挙動を実験的(あるいは現場で実験的)に体系
    化した検討事例は少ない。そこで本研究では、地盤の破壊を簡易的に模擬できるアルミ棒積層体を用いて自立式
    土留め壁の剛性と根入れ長(壁長)を主たるパラメータとした模型実験を行い、これらが自立式土留め壁の崩壊
    に対する安全性について検討した。結果、土留め壁の崩壊は、土留め壁の剛性により破壊モードに違いはあるも
    のの、崩壊に至る掘削深さは剛性に依存しないことがわかった。

    researchmap

  • 掘削土留壁背面への地盤改良による変位抑制効果に関する研究

    田中 活行, 加藤 久也, 千葉 佳敬, 大津 將嘉, 松本 尚也, 西岡 英俊

    第55回地盤工学研究発表会  ( オンライン )   2020.7  地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    近接工事の掘削土留工事は,土留め壁の変形に伴い背面地盤に変形が生じるため,近接施工対策が必要とな
    る.制限値が厳しい場合や離隔が確保できない場合は,新設側に加え既設側の対策も必要となる.既設側の対策
    は①地盤強化・改良,②遮断防護工,③既設構造物の補強があり,①中の土留め壁背面の地盤改良は,特殊な施
    工条件で用いられるものの施工実績も少なく,その効果を定量的に評価する実務的な設計手法が確立されていな
    い.
    本研究では,土留め壁背面を地盤改良する近接施工対策のうち,その地盤改良幅に着目し,砂地盤を模擬した
    アルミ棒積層体を用いた二次元掘削模型実験により,地盤改良による土留め壁の変位抑制効果について検討し
    た.

    researchmap

  • 損傷抑制型杭頭結合方式を用いた杭基礎構造の地震時挙動に関する数値実験

    沼尾健太郎, 西岡英俊, 佐名川太亮, 村田和哉, 岩田秀治, 高橋佑斗

    土木学会関東支部技術研究発表会  ( 船橋 )   2020.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 水平正負交番繰り返し載荷実験による直接基礎の地震時挙動に関する基礎的研究

    杉井 優路, 西岡 英俊

    土木学会関東支部技術研究発表会  ( 船橋 )   2020.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • レベル2 地震動による直接基礎の支持地盤塑性化後の残留沈下に関する数値解析

    石田 彩, 西岡 英俊, 佐名川太亮, 尾崎匠

    土木学会関東支部技術研究発表会  ( 船橋 )   2020.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • シートパイル補強工法における杭・鋼矢板間の間隔の違いが補強効果に及ぼす影響

    本間 ゆめ子, 西岡 英俊

    土木学会関東支部技術研究発表会  ( 船橋 )   2020.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 直接基礎の底面形状の違いによる地震時抵抗特性に関する実験的研究

    上野 瞭子, 西岡 英俊

    土木学会関東支部技術研究発表会  ( 船橋 )   2020.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • スパイラル杭の水平抵抗における群杭効果に関する基礎的研究

    大西 奈穂, 西岡 英俊

    土木学会関東支部技術研究発表会  ( 船橋 )   2020.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 掘削土留め工壁体背面地盤を固化改良した近接施工対策に関する模型実験

    大津将嘉, 松本尚也, 西岡英俊, 加藤久也, 田中活行, 千葉佳敬

    土木学会関東支部技術研究発表会  ( 船橋 )   2020.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 局所洗掘を受けた河川橋脚基礎の残存支持力に関するアルミ棒積層体支持力試験

    髙橋 良矢, 西岡 英俊

    土木学会関東支部技術研究発表会  ( 船橋 )   2020.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 自立式土留め壁の剛性・根入れ長の影響に関する研究

    松本 尚也, 大津 将嘉, 西岡 英俊

    土木学会関東支部技術研究発表会  ( 船橋 )   2020.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 構造物の目視調査支援ツール(徒歩巡回時撮影データからのSfMモデル構築ツール)の開発―撮影条件がモデル精度に及ぼす影響の検討―

    大熊 恵, 西岡 英俊, 増田 雄輔, 向嶋 宏記, 神馬 和歌子, 望月 拓実

    土木学会関東支部技術研究発表会  ( 船橋 )   2020.3  土木学会関東支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • STATIC PILE LOAD TEST: INTERNATIONAL PRACTICE REVIEW AND DISCUSSION ABOUT THE EUROPEAN AND JAPANESE STANDARDS International conference

    Fabien Szymkiewicz, Taisuke Sanagawa, Hidetoshi Nishioka

    9th Int. Conf. on Geotechnique, Construction Materials and Environment  ( Tokyo )   2019.11 

     More details

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    This publication aims to describe the European and Japanese standards in order to discuss about the ongoing project of revision of the Japanese standard for static pile load tests, keeping in mind that the future version of this standard will have to take into accounts Japanese past experience, as well as the future needs to adapt to overseas practices, if necessary, for economical purposes. To do so, the different derived parameters that can be obtained by carrying out a static pile load test on a vertically loaded pile (instrumented or not) are described.
    Then, the current practice for static pile load tests in Japan is described, and the main current overseas practices (with an extra focus on the European practices) are inventoried, and their differences (if any) with the Japanese practice are highlighted. Finally, these differences are discussed, and their importance assessed for a possible integration in the future Japanese standard, that could this way be seen for an oversea point of view as viable and legitimate alternative to the other and until now more common practices.

    researchmap

  • 杭の鉛直載荷試験基準における限界抵抗力の考え方

    西岡 英俊, 菊池喜昭, 杭の鉛直載荷試験基準改訂WG

    地盤工学研究発表会  ( さいたま )   2019.7  地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 第2部 信頼性設計法に基づく設計基準の展望と性能照査ガイドラインの課題 鉄道構造物等設計標準 Invited

    西岡英俊

    「信頼性設計法に基づく土木構造物の性能照査ガイドライン」に関する講習会  ( 東京(土木学会講堂) )   2018.11  土木学会構造工学委員会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • 洗掘被害を受けた直接基礎の残存支持力のベイズ推定法の提案

    西岡 英俊, 佐名川 太亮, 黒木 悠輔, 大竹 雄

    土木学会年次学術講演会  2018.8  土木学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 耐震補強した橋台・背面盛土・軌道一体模型の大型 振動台実験(その 2:実験結果)

    西岡英俊, 牛田貴士, 佐名川太亮, 中村貴久, 桃谷尚嗣

    地盤工学研究発表会  2018.6  地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 事例研究の紹介 地盤構造物 Invited

    西岡英俊, 大竹雄

    既設構造物を対象とした安全性評価研究小委員会講習会  2017.11  土木学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 1 柱1 杭式RC ラーメン高架橋大型模型の正負交番裁荷試験による振動数の低下傾向について

    西岡 英俊, 石原 匠, 阿部 慶太, 仁平 達也, 名取 努

    土木学会年次学術講演会  2017.9  土木学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 鉄道における杭の設計鉛直支持力評価法の建設実績に基づく検証

    西岡英俊, 鈴木健一, 佐名川太亮, 滝沢 聡, 神田政幸, 藤原寅士良

    地盤工学研究発表会  2017.6  地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 1柱1杭式RCラーメン高架橋大型模型の正負交番載荷試験による振動数の低下傾向について

    石原匠, 西岡英俊, 阿部慶太, 仁平達也, 名取努

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2017 

     More details

    Event date: 2017    

    researchmap

  • 1柱1杭式RCラーメン高架橋杭頭部および柱端部の損傷レベルが振動特性に及ぼす影響について

    阿部慶太, 石原匠, 西岡英俊, 仁平達也, 名取努

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2017 

     More details

    Event date: 2017    

    researchmap

  • 鉄道橋基礎として95年間供用された木杭の発掘調査事例とその健全度評価に関する一考察

    西岡英俊, 坂本寛章, 近藤政弘

    木材利用研究論文報告集  2015.8  土木学会

     More details

    Event date: 2015.8    

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 鉄道構造物に用いる小口径回転杭の設計鉛直支持力のモデル化

    西岡 英俊, 山田 聖治, 澤石 正道, 市川 和臣, 小橋 弘樹, 神田 政幸, 清水 克将, 和田 昌敏, 辻本 和仁, 高木 実

    地盤工学シンポジウム論文集 地盤工学会 編  2014  地盤工学会

     More details

    Event date: 2014    

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 既設杭基礎のシートパイル補強工法の液状化時補強効果に関する解析的検討~液状化指数の感度検証~

    松浦光佑, 西岡英俊, 上田恭平, 喜多直之, 光森章, 田中隆太

    地盤工学会関東支部発表会(CD-ROM)  2014 

     More details

    Event date: 2014    

    researchmap

  • 既設杭基礎のシートパイル補強工法の液状化時補強効果に関する解析的検討~シートパイルの根入れ長さの影響~

    松浦光佑, 西岡英俊, 上田恭平, 喜多直之, 光森章, 田中隆太

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)  2014 

     More details

    Event date: 2014    

    researchmap

  • 既設杭基礎のシートパイル補強工法の液状化時補強効果に関する解析的検討~液状化指数の感度検証~

    松浦光佑, 西岡英俊, 上田恭平, 喜多直之, 光森章, 田中隆太

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2014 

     More details

    Event date: 2014    

    researchmap

  • 斜杭基礎高架橋における列車走行安全性の向上に関する検討

    本山紘希, 酒井大央, 室野剛隆, 西岡英俊, 高野裕輔, 陶山雄介, 青木一二三

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2014 

     More details

    Event date: 2014    

    researchmap

  • 20278 線路上空建築物への1柱-複数杭基礎構造適用を想定した水平載荷試験 : その2 柱脚部モーメントの検討および再現解析(杭の水平(2),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    福島 裕二, 山田 聖治, 西岡 英俊, 田中 祐二

    構造I  2012.9  日本建築学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 20277 線路上空建築物への1柱-複数杭基礎構造適用を想定した水平載荷試験 : その1 試験概要および試験結果(杭の水平(2),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    山田 聖治, 福島 裕二, 西岡 英俊, 田中 祐二

    構造I  2012.9  日本建築学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • Method for calculating design bearing capacity of piles under various construction methods by statistical analysis of loading test database

    H. Nishioka, M. Koda, M. Shinoda, M. Tateyama

    Proceedings of the International Conference on Performance-Based Design in Earthquake Geotechnical Engineering (IS-TOKYO2009)  2009.6  Japanese Geotechnical Society

     More details

    Event date: 2009.6    

    Language:English  

    researchmap

  • Development of sheet-pile foundation combining footing with sheetpiles

    H. Nishioka, M. Koda, J. Hirao, S. Higuchi

    Proceedings of the International Workshop on Recent Advances of Deep Foundations (IWDPF07)  2007.2  Japanese Geotechnical Society

     More details

    Event date: 2007.2    

    Language:English  

    researchmap

  • A Series of Static Loading Tests of Modeled Sheet-Pile Foundation Combining Footing with Sheet-Piles on Sand

    Hidetoshi NISHIOKA, Masayuki KODA, Osamu MURATA

    Proceedings of the 15th Southeast Asian Geotechnical Conference  2004.11  Southeast Asian Geotechnical Society

     More details

    Event date: 2004.11    

    Language:English  

    researchmap

  • 遠心模型実験によるシートパイル基礎の耐震性能に関する研究(その2)

    松田 隆, 田中 浩一, 樋口 俊一, 神田 政幸, 西岡 英俊, 崎本 純治, 東野 光男

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2004  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    シートパイル基礎は,直接基礎のフーチング4辺にシートパイルを配置,結合した新しい基礎形式であり,地中に貫入,結合されたシートパイルの地盤拘束効果によるフーチング直下地盤の支持力向上と,地震時の基礎の転倒および滑動耐力増加が期待できる。本基礎は対象地盤が直接基礎の支持地盤としての条件を満たさない場合においても適用性があるとともに,施工性,経済性,環境調和性にも優れた基礎形式である。<br>本研究では,遠心模型振動実験によりシートパイル基礎の耐震性能について検討した。本報では以下に示す項目について検討した。<br>・ シートパイルの根入れ長の影響<br>・ シートパイルの耐力メカニズム

    researchmap

  • 遠心模型実験によるシートパイル基礎の耐震性能に関する研究(その1)

    樋口 俊一, 田中 浩一, 伊藤 政人, 平尾 淳一, 神田 政幸, 西岡 英俊

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2004  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    シートパイル基礎は,直接基礎のフーチング4辺にシートパイルを配置,結合した新しい基礎形式であり,地中に貫入,結合されたシートパイルの地盤拘束効果によるフーチング直下地盤の支持力向上と,地震時の基礎の転倒および滑動耐力増加が期待できる。本基礎は対象地盤が直接基礎の支持地盤としての条件を満たさない場合においても適用性があるとともに,施工性,経済性,環境調和性にも優れた基礎形式である。<br>本研究では,遠心模型振動実験によりシートパイル基礎の耐震性能について検討した。以下に検討項目を示す。<br>・シートパイル基礎と直接基礎の耐震性能と地震時挙動の比較<br>・シートパイルとフーチングの接合構造の影響

    researchmap

  • シートパイル基礎の設計に用いる解析モデルの提案

    神田 政幸, 西岡 英俊, 村田 修, 平尾 淳一, 東野 光男

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2004  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    筆者らは直接基礎とその施工時の仮土留めに用いるシートパイルを組み合わせたシートパイル基礎を提案している。本研究では,その設計法を確立するため,模型実験を実施してその水平抵抗特性を把握し,その特性を適切に評価可能な設計モデルを提案することを目的としている。本論文は,シートパイル基礎の設計に用いる設計モデルを提案し,その提案モデルによる解析結果と「緩い砂地盤上のシートパイル基礎模型の水平載荷実験」で得られた模型実験の結果とを比較して,設計モデルの妥当性について検討した。その結果,提案モデルは簡易な骨組み解析モデルであっても高精度に荷重変位関係を評価できることが明らかとなった。

    researchmap

  • 緩い砂地盤上のシートパイル基礎模型の水平載荷実験

    西岡 英俊, 神田 政幸, 村田 修, 田中 浩一, 樋口 俊一

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2004  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese  

    筆者らは直接基礎とその施工時の仮土留めに用いるシートパイルを組み合わせたシートパイル基礎を提案している。本研究では,その設計法を確立するため,模型実験を実施してその水平抵抗特性を把握し,その特性を適切に評価可能な設計モデルを提案することを目的としている。本論文は,平面ひずみ条件にて実施した模型実験の詳細について報告する。実験の結果,シートパイル基礎の直接基礎を上回る耐震性能,広い適用性を確認することができた。この結果を「シートパイル基礎の設計に用いる解析モデルの提案」にて,提案モデルの妥当性検証に用いる。

    researchmap

  • 新しい磁気センサーによる磁気探査法の検討

    羽矢 洋, 西岡 英俊

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2004  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    現行の磁気探査法では両コイル型磁気傾度計が用いられているが、鉄筋量の少ない場所打ち杭等では探査精度に問題があった。そこで筆者等は探査精度の向上と試験法の簡易化を図ることを目的に、新しいセンサー(ホール素子)を利用し、検証実験を実施した。本論文は、その結果を報告するものである。

    researchmap

  • シートパイル基礎の支持力特性に関する模型実験

    西岡 英俊, 神田 政幸, 村田 修, 崎本 純治, 伊藤 政人

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2003  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese  

    筆者らは,直接基礎に鋼矢板を併用することで,支持力や変形性能を向上させたシートパイル基礎を提案している.その特徴としては,基礎寸法を縮小することによる低コスト化の他,狭隘区間での施工性向上,掘削発生土量の削減等が上げられる.本研究では,シートパイル基礎の基本的な支持力特性を把握するため,基礎平面寸法10cm&times;10cmの正方形模型と,平面ひずみ条件下での基礎幅10cmの長方形模型について,鉛直載荷試験を実施した.その結果,鋼矢板により支持力特性の向上が確認でき,また平面ひずみ条件での地盤挙動を画像解析システムを用いて観察し,その支持力向上メカニズムについて考察を行った.

    researchmap

  • 回転圧入鋼管杭の鉛直交番載荷試験(その2)

    平島 裕, 棚村 史郎, 西岡 英俊, 青木 一二三

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2003  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    回転圧入鋼管杭は、杭先端に螺旋状の羽根を設けた開端鋼管杭に、回転力を与えながら地盤に貫入・設置するもので、杭先端における羽根の拡底効果や回転圧入による地盤の締固め効果によって、押込みと引抜きの両方向の大きな支持力が得られることが期待されている。今回回転圧入鋼管杭を対象として、杭に作用する軸方向交番荷重に対する鉛直支持力特性、および引抜き抵抗力特性に関する資料を得ることを目的として、鉛直交番載荷試験を実施した。本報文ではその試験結果から動的な特性を検討した内容を簡単に紹介する。

    researchmap

  • 回転圧入鋼管杭の鉛直交番載荷試験(その1)

    小松 章, 棚村 史郎, 西岡 英俊, 青木 一二三

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2003  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    回転圧入鋼管杭は、杭先端に螺旋状の羽根を設けた開端鋼管杭に、回転力を与えながら地盤に貫入・設置するもので、杭先端における羽根の拡底効果や回転圧入による地盤の締固め効果によって、押込みと引抜きの両方向の大きな支持力が得られることが期待されている。今回回転圧入鋼管杭を対象として、杭に作用する軸方向交番荷重に対する鉛直支持力特性、および引抜き抵抗力特性に関する資料を得ることを目的として、鉛直交番載荷試験を実施した。本報文ではその試験方法と、結果の概要を紹介する。

    researchmap

  • 補強材混入流動化処理土の繰り返し載荷時の沈下特性

    神田 政幸, 常世田 修, 熊谷 喜平, 片山 尚樹, 西岡 英俊, 村田 修

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2003  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    筆者らは鉄道シールドトンネルインバートに用いる流動化処理土として,PPバンド細片を混入した補強材混入流動化処理土の配合を定めた.鉄道シールドトンネルインバートに用いる流動化処理土には列車荷重による繰り返し荷重が作用する.そこで,通常の流動化処理土および補強材混入流動化処理土模型地盤を作製し,列車荷重相当の繰り返し載荷実験を行い,模型地盤の沈下特性を調べ,補強材混入流動化処理土の性能の確認を行った.

    researchmap

  • 流動化処理土プラントで製造されたポリプロピレン繊維混入流動化処理土の平板載荷試験

    西岡 英俊, 神田 政幸, 矢口 直幸, 村田 修, 梅澤 俊雄

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2002  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 振動遮断壁の打設深さが防振効果に与える影響

    伊藤 和也, 日下部 治, 李 康日, 神田 政幸, 西岡 英俊, 村田 修

    地盤工学研究発表会 発表講演集  2002  公益社団法人 地盤工学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 亀裂の開閉および摩擦を考慮した岩盤のマルチスケール解析

    西岡 英俊, 京谷 孝史

    計算工学講演会論文集  2001.5 

     More details

    Event date: 2001.5    

    Language:Japanese  

    researchmap

▼display all

Awards

  • 令和3年度地盤工学会論文賞(和文部門)

    2022.6   The Japanese Geotechnical Society   地山補強材を用いた側壁との一体化による鉄道橋台の耐震工法に関する実験的検討(地盤工学ジャーナル, 16 巻, 3 号, p. 191-208, 2021/09/01)

    Takahiro YAMADA, Taisuke SANAGAWA, Takuya NAKASHIMA, Kohei KASAHARA, Hidetoshi NISHIOKA

  • GEOMATE 2021 Best Paper Award

    2021.11   THE GEOMATE INTERNATIONAL SOCIETY   VERTICAL LOADING TESTS ON LOCAL SCOURED SPREAD FOUNDATION ON ALUMINUMRODS MODEL GROUND

    Yuna SASAKI, Hidetoshi NISHIOKA

  • 平成30年度土木学会技術開発賞

    2019.6   土木学会   補強土技術と橋梁技術を融合させたGRS一体橋梁の開発

    舘山勝, 鉄道総合技術研究所, 神田政幸, 玉井真一, 鉄道建設, 運輸施設整備支援機構, 西岡英俊, 龍岡文夫

  • 平成29年度地盤工学会技術開発賞

    2018.6   地盤工学会   シートパイル補強工法 -シートパイルによる既設構造物基礎の耐震補強技術-

    神田 政幸, 鉄道総合技術研, 西岡 英俊, 鉄道総合技術, 佐名川 太亮, 鉄道総合, 喜多 直之, 光森 章, 妙中 真治, 乙志 和孝

  • 平成20年度土木学会論文賞

    2009.6   土木学会   静的模型実験によるシートパイル基礎の水平抵抗メカニズムに関する研究 [土木学会論文集C,Vol..64,No.2,pp.383-pp.402 ,2008.6]

    西岡 英俊, 鉄道総合技術, 神田 政幸, 鉄道総合技, 舘山 勝, 鉄道総合, 喜多 直之, 平尾 淳一, 樋口 俊一

  • 平成18年度土木学会技術開発賞

    2007.6   土木学会   鋼矢板併用型直接基礎(シートパイル基礎)の開発と実用化

    神田 政幸, 平尾 淳一, 西岡 英俊, 樋口 俊一, 藤田 欽司

  • 「土と基礎」年間優秀賞

    2004.5   地盤工学会   インテリジェントマテリアルを利用した基礎構造物の損傷検知手法の提案 (地盤工学会誌 土と基礎 51 巻,11 号,17~19 頁)

    西岡英俊, 渡辺健治, 齋藤正人, 村田修, 川上英二

  • 平成29年度地盤工学会技術開発賞

    2018.6   地盤工学会   シートパイル補強工法 -シートパイルによる既設構造物基礎の耐震補強技術-

    神田 政幸, 鉄道総合技術, 西岡 英俊, 鉄道総合技, 佐名川 太亮, 鉄道総合, 喜多 直之, 光森 章, 妙中 真治, 乙志 和孝

  • 第70 回年次学術講演会 優秀講演者

    2015   土木学会   組合せ荷重を受けるシートパイル基礎の接合部に関する模型実験 (その1:実験概要と標準ケースの結果)

    西岡 英俊

  • 第67回年次学術講演会 優秀講演者

    2012   土木学会   橋台の非線形応答スペクトル法による耐震設計法の提案

    西岡 英俊

  • 第47 回地盤工学研究発表会 優秀論文発表者賞

    2012   地盤工学会   斜杭基礎の逆ロッキング動に関する模型振動実験

    西岡 英俊

  • 第45回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞

    2010   地盤工学会   鉄道高架橋における列車通過時の杭の動的沈下量および鉛直ばね定数の測定事例

    西岡 英俊

  • 平成21年度論文賞

    2010   日本鉄道施設協会   摩擦杭を有するラーメン高架橋の地中梁が受け持つ鉛直荷重に関する検討

    仁平達也, 小松徹, 西岡英俊

  • 第62回年次学術講演会優秀講演者

    2007   土木学会   鉄道構造物に用いる杭の基準支持力の推定式の検証と提案 (その1:実験概要と標準ケースの結果)

    西岡 英俊

  • 第42回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞

    2007   地盤工学会   シートパイルで補強された杭基礎の模型水平載荷実験

    西岡 英俊

  • 第40回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞

    2005   地盤工学会   軟岩に支持された回転圧入鋼管杭の引き抜き抵抗力に関する一考察

    西岡 英俊

▼display all

Research Projects

  • Investigation of Ground-Structure Interaction for Improving the Accuracy of Seismic Assessment of Urban Underground Structures

    Grant number:23K04030  2023.4 - 2026.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Chuo University

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount: \4680000 ( Direct Cost: \3600000 、 Indirect Cost: \1080000 )

    researchmap

  • 鋼管矢板・鋼管杭を用いた既設杭基礎の耐震補強工法に用いる既設杭・増し杭間の群杭効果の定量評価法に関する基礎的研究

    2022.4 - 2023.3

    一般社団法人日本鉄鋼連盟  2022年度 鋼構造研究・教育助成事業  鋼構造研究支援助成<土木分野> 

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    researchmap

  • 洗堀により沈下・傾斜を生じた河川橋梁基礎の残存支持力発現メカニズムの解明

    2020.4 - 2023.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)(一般) 

    西岡英俊

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount: \4420000 ( Direct Cost: \3400000 、 Indirect Cost: \1020000 )

    昨今の豪雨・台風災害の激甚化に伴い,河川を渡る鉄道橋や道路橋の基礎(地上部分の重さを地盤に伝える部位)が洗堀(洪水によって河底の土砂が流出する現象)によって被害を受ける事例が増加している。洪水発生後に速やかに橋の利用を再開するためには,洗堀被害を受けた橋の基礎の残された抵抗力(残存支持力)がどのようなメカニズムで発現するかを解明することが求められる。本研究では,基礎周辺の地盤の状況をアルミ棒で模擬した模型実験を体系的に行うことで,このメカニズムを明らかとする。この成果は,橋の利用再開可否を早期に判断する技術基準策定に活用できるなど,交通物流網のレジリエンス向上に大きく貢献するものである。

    researchmap

Allotted class

  • 2023   力学実験   Department

  • 2023   卒業研究Ⅰ   Department

  • 2023   卒業研究Ⅱ   Department

  • 2023   固体・流体の科学   Department

  • 2023   固体力学   Department

  • 2023   地形・地質工学   Department

  • 2023   地盤工学演習   Department

  • 2023   地盤工学1   Department

  • 2023   地盤工学2   Department

  • 2023   地盤構造物の設計・施工・維持管理   Department

  • 2023   振動と耐震   Department

  • 2023   機能とデザイン演習   Department

  • 2023   現場実習   Department

  • 2023   地盤構造物の設計・施工・維持管理   Graduate school

  • 2023   基礎の破壊と安定性   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学特殊論文研修Ⅰ   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学特殊論文研修Ⅱ   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学特殊論文研修Ⅲ   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学特殊論文研修Ⅳ   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学特殊論文研修Ⅴ   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学特殊論文研修Ⅵ   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学特論A   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学論文研修第一   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学論文研修第三   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学論文研修第二   Graduate school

  • 2023   都市人間環境学論文研修第四   Graduate school

▼display all

Committee Memberships

  • 2021.6 - Now

    土木学会   学会誌編集委員会 委員  

  • 2021.5 - Now

    地盤工学会   調査研究部 サブ幹事  

  • 2021.4 - Now

    地盤工学会   関東支部発表会実行委員会総務部会副部会長  

  • 2020.7 - Now

    土木学会構造工学委員会   鉄道工学連絡小委員会 委員 (2021年度より論文等編集分科会主査)  

  • 2020.7 - Now

    地盤工学会   Soils and Foundations編集委員会 Editor  

  • 2020 - Now

    土木学会   木材工学委員会 地中使用木材の耐久性と耐震性研究小委員会 委員  

  • 2018 - Now

    地盤工学会   地盤設計・施工委員会 WG6 杭の鉛直載荷試験基準改訂WG 幹事長  

  • 2020.11 - 2022.5

    公益社団法人日本道路協会   下部構造小委員会委員, 下部構造深礎基礎便覧WG委員  

  • 2019.9 - 2021.7

    公益財団法人鉄道総合技術研究所   鉄道コンクリート構造物設計標準に関する委員会 委員(兼幹事)  

  • 2020 - 2021

    第27回鉄道技術・政策連合シンポジウム (J-RAIL2020) 実行委員会   副委員長  

  • 2019 - 2021

    国際圧入学会 ICPE 2021 組織委員会   学術委員  

  • 2017 - 2020.12

    地盤工学会   支持力入門改訂(仮称)編集委員会 委員  

  • 2020.7 -  

    国際圧入学会   TC4 圧入された鋼矢板および回転切削圧入杭の鉛直支持力特性と施工管理方法に関する技術委員会 委員  

  • 2019.4 - 2019.7

    日本建設機械施工協会   マイクロジョイントパイル工法(MJP工法)に関する建設機械施工技術・技術審査証明委員会 委員  

  • 2018.8 - 2019.3

    土木学会   原子力土木委員会 地盤安定性評価小委員会 委員  

  • 2014 - 2019.3

    公益社団法人日本道路協会   橋梁委員会下部構造小委員会,委員  

  • 2014 - 2019.3

    一般社団法人鋼管杭・鋼矢板技術協会   施工専門委員会,委員  

  • 2018 - 2019

    一般社団法人日本基礎建設協会   「場所打ちコンクリート杭の施工と管理」改訂委員会,委員  

  • 2018 - 2019

    一般社団法人日本鉄道施設協会   協会誌編集委員会土木分科会,委員  

  • 2017 - 2019

    国際圧入学会   TC3 PFS 工法の適用条件の拡大と地震時挙動評価に関する技術委員会 委員  

  • 2015 - 2016

    一般社団法人日本基礎建設協会   「場所打ちコンクリート杭施工指針・同解説」改訂委員会,委員  

  • 2014 - 2016

    土木学会   構造工学委員会既設構造物を対象とした安全性評価研究小委員会  

  • 2014 - 2016

    土木学会   木材工学委員会地中使用木材の長期耐久性の事例研究小委員会 委員  

  • 2014 - 2016

    公益財団法人鉄道総合技術研究所   鉄道構造物等設計標準(開削トンネル)に関する委員会幹事会,幹事(事務局)  

  • 2013 - 2016

    公益社団法人日本道路協会   橋梁委員会下部構造小委員会杭基礎便覧WG,委員  

  • 2010 - 2016

    公益社団法人日本道路協会   橋梁委員会下部構造小委員会下部構造部分安全係数設計法WG,幹事  

  • 2012 - 2015

    地盤工学会   男女共同参画・ダイバーシティに関する委員会  

  • 2012 - 2015

    地盤工学会関東支部   支部発表会グループ 委員  

  • 2012 - 2014

    土木学会   木材工学委員会地中海洋利用小委員会  

  • 2009 - 2012

    一般財団法人日本規格協会   JIS ハンドブック「土木I・II」編集委員会,編集委員  

  • 2007 - 2012

    地盤工学会   基準部会 部員  

  • 2007 - 2012

    地盤工学会   広報委員会 委員  

  • 2008 - 2010

    財団法人鉄道総合技術研究所   土構造物設計標準(土留め構造物)に関する委員会,事務局  

  • 2008 - 2009

    財団法人鉄道総合技術研究所   線路上空利用建築物の中高層化に関する構造検討委員会,幹事  

  • 2006 - 2009

    財団法人鉄道総合技術研究所   耐震設計標準に関する委員会,幹事  

  • 2005 - 2008

    財団法人鉄道総合技術研究所   基礎構造物・抗土圧構造物設計標準に関する委員会幹事会,事務局  

  • 2003 - 2004

    財団法人鉄道総合技術研究所   鉄道土木構造物の維持管理に関する研究委員会基礎・土構造分科会,委員  

▼display all

Social Activities

  • 土木学会誌編集委員会

    Role(s): Editer, Planner

    土木学会  土木学会誌  2021.6 - Now

     More details

    Type:Promotional material

    researchmap

  • 土木学会令和3年度全国大会実行委員会学会誌編集部会

    土木学会  2020.8 -  

     More details