2024/05/28 更新

写真a

シライ ヒロシ
白井 宏
SHIRAI Hiroshi
所属
理工学部 教授
その他担当機関
理工学研究科電気電子情報通信工学専攻博士課程前期課程
理工学研究科電気・情報系専攻博士課程後期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
プロフィール
1980 静岡大学・工・電気工卒,1982 同大大学院 工学研究科 修士課程了. 1986米国Polytechnic大(現在は改称してTandon School of Engineering, New York University) 博士課程了.Ph.D. その後同大 ポストドクトラル研究員. 1987年から中央大学に勤務.現在,副学長,国際センター 所長ならびに理工学部 教授を兼務. 電子情報通信学会 基礎・境界ソ 編集特別幹事,和文論文誌編集委員長,ソ副会長, ソサイエティ誌編集委員長等を歴任し,現在 基礎・境界ソサイエティ ソサイエティ誌編集委員会 顧問. 電磁波散乱,高周波漸近解析等の研究に従事. 著書に「応用解析学入門」(単著・コロナ社),「電磁気学」(共著・コロナ社), 「幾何光学的回折理論」(単著・コロナ社),「理工系の技術文書作成ガイド」(単著・コロナ社), 「Advances in Mathematical Methods for Electromagnetics」(共著・The Institute of Engineeering and Technology, IET). 等がある. 現在 電子情報通信学会 フェロー,The Electromagnetics Academy フェロー, IEEE シニア会員,Sigma Xi ,電気学会 各会員.
外部リンク

学位

  • Ph.D. ( ポリテクニック大学 )

  • 工学修士 ( 静岡大学 )

  • 工学士 ( 静岡大学 )

学歴

  • 1986年6月
     

    ポリテクニック大学   工学研究科   電気工学専攻   博士   修了

  • 1982年3月
     

    静岡大学   工学研究科   電気工学専攻   修士   修了

  • 1980年3月
     

    静岡大学   工学部   電気工学科   卒業

経歴

  • 2020年1月 - 2024年5月

    中央大学   副学長

  • 2018年4月 - 2024年5月

    中央大学   国際センター   所長

  • 2013年4月 - 2015年10月

    中央大学   理工学部   学部長補佐

  • 2009年4月 - 2013年3月

    中央大学   入学センター   所長

  • 2009年11月 -  

    中央大学   商議員

  • 2007年4月 - 2009年3月

    中央大学   後楽園ITセンター   所長

  • 2007年4月 - 2009年3月

    中央大学   情報環境整備センター   副所長

  • 1998年4月 -  

    中央大学   理工学部   教授

  • 1988年4月 - 1998年3月

    中央大学   理工学部   助教授

  • 1988年4月 - 1991年3月

    東京電機大学   工学部   非常勤講師

  • 1987年4月 - 1988年3月

    中央大学   理工学部   専任講師

  • 1986年6月 - 1987年3月

    独立行政法人雇用・能力開発機構 職業能力開発総合大学校   工学研究科   ポストドクトラル研究員

  • 1982年9月 - 1986年6月

    独立行政法人雇用・能力開発機構 職業能力開発総合大学校   工学研究科   Research Fellow

▼全件表示

所属学協会

  • 1996年アンテナ伝播国際シンポジウム(ISAP96)

  • 1989年アンテナ伝播国際シンポジウム(ISAP89)

  • 1992年アンテナ伝播国際シンポジウム(ISAP92)

  • 1999年第4回環境電磁工学国際シンポジウム(EMC99/Tokyo)

  • 2000年アンテナ伝播国際シンポジウム(ISAP2000)

  • 2001年電磁界理論の進歩に関する国際シンポジウム(PIERS2001)

  • 2007 IEEE Radio and Wireless Symposium

  • 2008 IEEE Radio and Wireless Symposium

  • Second International Conference on Communication and|rn|Electronics (HUT-ICCE2008)

  • 2009 IEEE Radio and Wireless Symposium

  • 2010 IEEE Radio and Wireless Symposium

  • The International Conferences on Communications|rn|and Electronics (ICCE2010)

  • 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference|rn|(AP-RASC2010)

  • 2011 IEEE Radio and Wireless Symposium

  • 日本音響学会

  • 電子情報通信学会(その1)

  • Sigma Xi,The Scientific Research Society

  • ASA(Acoustical Society of America)

  • 電気学会

  • 日本学術会議

  • 電子情報通信学会

  • 電子情報通信学会(その2)

  • 電子情報通信学会(その3)

  • IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers)

▼全件表示

研究キーワード

  • 電子工学一般,電波伝搬,アンテナ,無線通信方式・機器,レーダ,雑音・EMC,通信測定一般,環境影響評価(含放射性生物学),その他の環境汚染・公害

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学  / 通信・ネットワーク工学

論文

  • High Frequency EM Scattering by a Large Building with Multiple Windows 査読

    C. M. Bui, H. Shirai

    C. M. Bui and Proc. of 24th edition of the International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications (ICEAA 2023)   50   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Extended Physical Optics Approximation for Edge Diffraction by Dielectric Wedges 査読

    D. M. Nguyen, H. Shirai

    Proc. of 24th edition of the International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications (ICEAA 2023)   49   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • High Frequency Scattering by a Thick Conducting Plate With Multiple Holes -E Polarization Case-

    C. M. Bui, H. Shirai

    Proc. of URSI General Assembly and Scientific Symposium 2023 (URSI GASS 2023)   CDROM   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • TM Polarized Plane Wave Scattering by a Conducting Plate with Multiple Holes 査読

    Cuong Manh Bui, Hiroshi Shirai

    2023 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and USNC-URSI Radio Science Meeting (USNC-URSI)   841 - 842   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/usnc-ursi52151.2023.10238017

    researchmap

  • Uniform Asymptotic Solution for Edge Diffraction of H-Polarized Electromagnetic Plane Wave by Dilectric Wedges 査読

    D. M. Nguyen, H. Shirai

    D. M. Nguyen and H. Shirai, ``Uniform Asymptotic Solution for Edge Diffraction of H-Polarized ElectroProc. of URSI International Symposium on Electromagnetic Theory 2023 (URSI EMTS 2023)   CDROM   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • New Formulation of Physical Optics Approximation for Edge Diffraction by Dielectric Wedges 査読

    D. M. Nguyen, H. Shirai, S.-Y. Kim

    Proc. of 2022 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications (ICEAA 2022)   CDROM   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Fundamental Analysis on EM Wave Scattering by Simple Cracks on Conducting Plane

    R. Sato, H.Shirai

    Proc. of 2022 Japan Radio Science Meeting (URSI-JRSM)   CDROM   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Electromagnetic Wave Scattering Analysis by a Window Aperture on a Conducting Wall 査読

    Cuong M. Bui, Khanh N. Nguyen, Hiroshi Shirai

    Progress In Electromagnetics Research C   122   95 - 108   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PIERS  

    High frequency electromagnetic plane wave scattering by a large rectangular glass window on a conducting wall has been analyzed in this study. Scattering far-fields are formulated by means of the Kirchhoff approximation in which the fields are obtained from radiation integrals due to the equivalent current sources on the virtually closed window apertures. In order to consider the effect of the window glass, a dielectric slab layer has been inserted in the window hole, and the reflection and transmission through the slab are treated via waveguide modal theory. The validity of our formulation has been confirmed by the numerical comparison with another method for an empty window case. The effects of the window dimension, the glass layer, and the polarization have been discussed for practical high frequency mobile communications.

    DOI: 10.2528/PIERC22041501

    researchmap

  • TM Polarized Plane Wave Scattering by a Window on a Thick Conducting Wall 査読

    C. M. Bui, H. Shirai

    Proc. of 2022 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation (APS/URSI 2022)   CDROM   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • A Discussion on Physical Optics Approximation for Edge Diffraction by A Conducting Wedge 査読

    D. M. Nguyen, H. Shirai

    IEICE Trans. Electron.   E105-C ( 5 )   176 - 183   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE  

    In this study, edge diffraction of an electromagnetic plane wave by two-dimensional conducting wedges has been analyzed by the physical optics (PO) method for both E and H polarizations. Non uniform and uniform asymptotic solutions of diffracted fields have been derived. A unified edge diffraction coefficient has also been derived with four cotangent functions from the conventional angle dependent coefficients. Numerical calculations have been made to compare the results with those by other methods, such as the exact solution and the uniform geometrical theory of diffraction (UTD). A good agreement has been observed to confirm the validity of our method.

    DOI: 10.1587/transele.2021ECP5031

    researchmap

  • On the Asymptotic Evaluation of the Physical Optics Approximation for Plane Wave Scattering by Circular Conducting Cylinders 査読

    Ngoc Quang Ta, Hiroshi Shirai

    IEICE Trans. Electron.   E105-C ( 4 )   128 - 136   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE  

    In this paper, the scattering far-field from a circular electric conducting cylinder has been analyzed by physical optics (PO) approximation for both H and E polarizations. The evaluation of radiation integrations due to the PO current is conducted numerically and analytically. While non-uniform and uniform asymptotic solutions have been derived by the saddle point method, a separate approximation has been made for forward scattering direction. Comparisons among our approximation, direct numerical integration and exact solution results yield a good agreement for electrically large cylinders.

    DOI: 10.1587/transele.2021REP0001

    researchmap

  • Uniform Asymptotic Solution for Dielectric Wedge Diffraction Based on Equivalent Currents 招待 査読

    D. M. Nguyen, H. Shirai, S.-Y. Kim

    Proc. of XXXIV General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science (URSI GASS 2021)   CDROM   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • Extended Physical Optics Approximation for Electromagnetic Wave Scattering from Penetrable Objects 招待 査読

    Hiroshi Shirai

    Proc. of XXXIV General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science (URSI GASS 2021)   CDROM   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • GO-Based Equivalent Current Formulation for Scattering from Circular Conducting Cylinders and Strips 査読

    N. Q. Ta, H. Shirai

    Proc. of 2021 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications (ICEAA 2021)   CDROM   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICEAA  

    researchmap

  • Electromagnetic Scattering Analysis from a Rectangular Hole in a Thick Conducting Screen 査読

    K. N. Nguyen, H. Shirai, H. Serizawa

    IEICE Trans. on Electronics   E104-C ( 4 )   134 - 143   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE  

    Electromagnetic scattering of an electromagnetic plane wave from a rectangular hole in a thick conducting screen is solved using the Kirchhoff approximation (KA). The scattering fields can be derived as field radiations from equivalent magnetic current sources on the aperture of the hole. Some numerical results are compared with those by the Kobayashi potential (KP) method. The proposed method can be found to be efficient to solve the diffraction problem for high frequency regime.

    DOI: 10.1587/transele.2020REP0001

    researchmap

  • Approximate analysis of EM wave scattering from two cracks on a ground plane 査読

    R. Sato, H. Shirai

    Proc. of 2020 ISAP International Symposium on Antennas and Propagation   CDROM   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • High Frequency Asymptotic Evaluation for Electromagnetic Scattering from a Circular Conducting Cylinder -E Polarization- 査読

    N. Q. Ta, H. Shirai

    Proc. of 2020 ICCE International Conference on Communications and Electronics   CDROM   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • TE Plane Wave Diffraction by Window Aperture on a Thick Conducting Wall 査読

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    Proc. of 2020 IEEE International Conference on Advanced Tecnologies for Communications (ATC 2020)   CDROM   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • A Field Equivalence between Physical Optics and GO-Based Equivalent Current Methods for Scattering from Circular Conducting Cylinders 査読

    Ngoc Quang Ta, Hiroshi Shirai

    IEICE Trans. Electron.   E103 ( 9 )   382 - 387   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE  

    Plane wave scattering from a circular conducting cylinder and a circular conducting strip has been formulated by equivalent surface currents which are postulated from the scattering geometrical optics (GO) field. Thus derived radiation far fields are found to be the same as those formulated by a conventional physical optics (PO) approximation for both E and H polarizations.

    DOI: 10.1587/tranele.2019ECP5048

    researchmap

  • High Frequency Diffraction by Thick Loaded Conducting Slits -H Polarization Case- 査読

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    Proc. of 2020 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation (APS/URSI 2020)   CDROM   CDROM   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Uniform Asymptotic Solution For Conducting Wedge Diffraction Based On Physical Optics Current

    Minh Duc Nguyen, 白井 宏

    電子情報通信学会 2020総合大会 講演論文集   CDROM   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 学生がいきいき学び考える電磁気学[1]-電磁気学教育の現状・問題・将来-」 招待 査読

    廣瀬 明, 白井 宏, 小宮山 彰, 宮田 尚起

    電子情報通信学会 会誌   103 ( 1 )   68 - 73   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 導体平板上の2つのクラックからの電磁波散乱に関する基礎研究

    佐藤 亮一, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会 研究会資料   EMT2019-49   261 - 264   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • High Frequency Asymptotic Evaluation of PO Integral for EM Scattering from PEC Circular Cylinder 査読

    T. Q. Ngoc, H. Shirai

    Proc. of 2019 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications (ICEAA 2019)   CDROM   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICEAA  

    researchmap

  • Fundamental Analysis of Electromagnetic Wave Scattering from Multi-layered Window Glass in Multi-frequency Band 査読

    R. Sato, H. Shirai

    Proc. of 2019 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications (ICEAA 2019)   CDROM   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICEAA  

    researchmap

  • High Frequency Diffraction by Rectangular Hole in a Thick Conducting Screen -H Polarization Case- 査読

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    Proc. of 2019 PhotonIcs & Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2019)   CDROM   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • Relationship between power density and surface temperature elevation for human skin exposure to electromagnetic waves with oblique incidence angle from 6 GHz to 1 THz 査読

    K. Li, K. Sasaki, S. Watanabe, H. Shirai

    Physics in Medicine and Biology   64 ( 6 )   Online - 065016   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    This study presents an investigation of human skin exposure to obliquely incident electromagnetic waves at frequencies from 6 GHz to 1 THz. We aim to clarify the relationship between the power density and the skin surface temperature elevation under various exposure conditions. A Monte Carlo simulation was conducted to assess the transmittance and surface temperature elevation considering the variation of skin tissue thickness. For the case of TM wave injection, transmittance increases with increasing incidence angle from the normal incidence because of the Brewster effect. The normal incidence is confirmed as the worst-case exposure condition when the incident power density is defined in an area normal to the propagation direction.

    DOI: 10.1088/1361-6560/ab057a

    researchmap

  • Kirchhoff Approximation Analysis of Plane Wave Scattering by Conducting Thick Slits 査読

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    IEICE Trans. Electron.   E102-C ( 1 )   12 - 20   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE  

    Kirchhoff approximation (KA) method has been applied to analyze the plane wave scattering by conducting thick slits. The scattering fields can be considered as field radiations from equivalent magnetic current sources assumed by closing the aperture of the slit. The obtained results are compared with those of other methods to validate the accuracy of the proposed formulation in different conditions of slit dimension.

    DOI: 10.1587/transele.E102.C.21

    researchmap

  • High Frequency Electromagnetic Scattering Analysis by Rectangular Cylinders -TM Polarization- 査読

    H. N. Quang, H. Shirai

    IEICE Trans. Electron.   E102-C ( 1 )   21 - 29   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE  

    In this study, transverse magnetic electromagnetic plane wave scatterings by rectangular cylinders have been analyzed by a high frequency asymptotic method. Scattering field can be generated by the equivalent electric and magnetic currents which are obtained approximately from the geometrical optics (GO) fields. Our formulation is found to be exactly the same with the physical optics (PO) for the conducting cylinders, and it can also be applicable for dielectric cylinders. Numerical calculations are made to compare the results with those by other methods, such as the geometrical theory of diffraction (GTD) and HFSS simulation. A good agreement has been observed to confirm the validity of our method.

    DOI: 10.1587/transele.E102.C.21

    researchmap

  • High Frequency Scattering from Dielectric Rectangular Cylinders -TE Polarization-

    H. N. Quang, H. Shirai

    IEICE Technical Report on Electromagnetic Theory (EMT)   EMT2018-50   53 - 58   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • Plane Wave Diffraction by Loaded Slit in a Thick Conducting Screen

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    IEICE Technical Report on Electromagnetic Theory (EMT)   EMT2018-52   65 - 70   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • Electromagnetic Plane Wave Diffraction by Thick Conducting Slits -E Polarization Case- 査読

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    Proc. of 2018 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2018)   CDROM   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • EM Wave Scattering by a Window on a Wall 査読

    H. Shirai, M. Shimizu, R. Sato

    Proc. of 2018 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications   CDROM   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICEAA  

    researchmap

  • Reflection and Transmission Features of Scattered Field from Multi-layered Window Glass in High Frequency Band 査読

    R. Sato, H. Shirai

    Proc. of Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)   CDROM   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • H-polarized Plane Wave Diffraction by Thick Conducting Slits 査読

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    Proc. of Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)   CDROM - 436   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • Diffraction Study with Prof. Kohei Hongo 査読

    H. Shirai

    Proc. of Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)   CDROM   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • High Frequency Scattering from Conducting Rectangular Cylinder via Surface Equivalence Theorem 査読

    H. N. Quang, H. Shirai

    Proc. of Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)   CDROM   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • H-polarized Plane Wave Diffraction by Thick Conducting Slits 査読

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    Proc. of Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)   CDROM   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • A New Interpretation of Physical Optics Approximation from Surface Equivalence Theorem 査読

    H. N. Quang, H. Shirai

    IEICE Trans. Electron.   E101-C ( 8 )   664 - 670   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE  

    In this study, the electromagnetic scatterings from conducting bodies have been investigated via a surface equivalence theorem. When one formulates equivalent electric and magnetic currents from geometrical optics (GO) reflected field in the illuminated surface and GO incident field in the shadowed surface, it has been found that the asymptotically derived radiation fields are found to be the same as those formulated from physical optics (PO) approximation.

    DOI: 10.1587/transele.E101.C.664

    researchmap

  • Plane Wave Scattering from Two Cracks on Conducting Plane 査読

    R. Sato, H. Shirai

    Proc. of Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)   CDROM   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • High Frequency Wedge Diffraction Analysis via Surface Equivalence Theorem 査読

    H. N. Quang, H. Shirai

    Proc. of 2018 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation (APS/URSI 2018)   CDROM   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Proposal of Novel Reflection/Transmision Coefficient for Efficient Propagation Analysis at Outdoor-indoor Interface Environment 査読

    R. Sato, A. Takatori, H. Shirai

    Proc. of 2nd URSI AT-RASC   CDROM   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • A Compact Metamaterial Quad-band Antenna Based on Asymmetric E-CRLH Unit Cell 査読

    H. B. Chu, H. Shirai

    Progress In Electromagnetics Research C   81   171 - 179   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PIER  

    In this paper, a compact metamaterial quad-band antenna is presented. The antenna is designed from a unit cell of asymmetric extended-composite right/left handed transmission line (E- CRLH TL) as the main resonator part and a 50 Ω coplanar waveguide (CPW) as the feeding part. The design concept and resonant frequencies are analyzed and discussed. The results show that the proposed antenna exhibits four frequency bands covering GSM810, WLAN 2.45/5.5 GHz and WiMAX 3.5 GHz bands. The overall size of the fabricated antenna is only 57.2mm×31.2mm×1.6mm and is very small compared with other proposed quad-band antennas. In addition, a good agreement can be seen among the estimated resonant frequencies, HFSS simulated and measured results.

    researchmap

  • Plane Wave Diffraction by a Rectangular Hole in a Thick Conducting Screen

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    電磁界理論研究会資料   EMT2017-66   171 - 176   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 電波伝搬解析効率化のための多層誘電体スラブの反射・透過特性に関する基礎研究

    佐藤 亮一, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会,研究会資料   EMT2017-64   149 - 152   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • High-frequency Asymptotic Solution of Scattering Field by Three-layered Dielectric Slab for Accurate Propagation Analysis 査読

    R. Sato, H. Shirai

    Proc. of 2017 International Symposium on Antennas and Propagation   CDROM   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • Electromagnetic Plane Wave Scattering by a Rectangular Hole in a Thick Conducting Screen 査読

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    Proc. of 2017 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications   CDROM   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • High Frequency Plane Wave Scattering Analysis from Dielectric Cuboids - TM Polarization - 査読

    H. N. Quang, H. Shirai

    Proc. of 2017 URSI General Assembly and Scientific Symposium (GASS)   CDROM   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • Design of Multiband Antennas Using Asymmetric E-CRLH TL unit cells 査読

    H. B. Chu, H. Shirai

    Proc. of 2017 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and USNC-URSI Radio Science Meeting   2531 - 2532   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 建物壁の窓モデルによる電磁波散乱の解析 査読

    清水 将行, 白井 宏, 佐藤 亮一

    電子情報通信学会 和文論文誌C   J100 ( 7 )   295 - 301   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    建物壁に開けられた窓による電磁波の散乱特性を解析するために, 厚みのある導体二次元スリット中に装荷された誘電体層による平面電磁波の回折界を定式化した. この定式化には, スリット開口が波長に比べて十分大きいことを念頭に, 高周波漸近解法である幾何光学的回折理論(GTD)と光線・モード変換を適用した. 中空の場合や, 実際のガラスの誘電率や厚みを想定した数値計算により, 建物壁の窓を介して回折する電磁波の特性について議論している.

    researchmap

  • 自由空間法による誘電率推定についての研究

    ヌェン ヌゴック アン, 白井 宏

    2017年 電子情報通信学会総合大会講演録   CDROM   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • FDTD法のデルタギャップ給電のギャップ長が入力インピーダンスに及ぼす影響

    鄭 子才, 白井 宏

    2017年 電子情報通信学会総合大会講演録   CDROM   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • A Free Space Permittivity Measurement at Microwave Frequencies for Solid Materials 査読

    An Ngoc Nguyen, Hiroshi Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E100C ( 1 )   52 - 59   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A broadband approach to estimate the relative permittivity of dielectric cuboids has been proposed for materials of weak frequency dispersive characteristic. Our method involves a numerical iterative scheme with appropriate initial values carefully selected to solve for the relative permittivity in a wide range of frequencies. Good agreements between our method and references have been observed for nylon and acrylic samples. An applicable range relation between the minimal thickness, the frequency range and the dielectric property of the material has also been discussed.

    DOI: 10.1587/transele.E100.C.52

    Web of Science

    researchmap

  • Theoretical Limit of the Radiation Efficiency for Electrically Small Self-Resonant Spherical Surface Antennas 査読

    Keisuke Fujita, Hiroshi Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E100C ( 1 )   20 - 26   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Theoretical maximum radiation efficiency of electrically small spherical surface antennas has been derived in this study. The current on the antenna surface is described in terms of vector spherical harmonics, and the radiated and the dissipated powers are calculated to obtain the radiation efficiency. It has been found that non-resonant TM10 mode shows the best radiation efficiency, and a proper combination of TM10 and TE10 modes establishes a resonant spherical surface antenna whose radiation efficiency is bounded by those values of non-resonant TM10 and TE10 modes. As a practical example of the spherical surface antennas, the radiation efficiency of the spherical helix antennas has also been computed to check the validity of our formulation.

    DOI: 10.1587/transele.E100.C.20

    Web of Science

    researchmap

  • Efficient Approximate Solution of Scattering Field by Three-layered Dielectric Slab for Accurate Propagation Analysis 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTATIONAL ELECTROMAGNETICS (ICCEM)   117 - 119   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we derive approximate solution of scattering field by three-layered dielectric slab under high frequency condition. To bundle or collect the multiple reflected rays inside the slab into the primary reflected and transmitted rays, high frequency asymptotic approximation technique is used. We call the derived primary rays "collective rays". By using the new reflection/transmission coefficients in the present collective rays instead of the conventional ones, the internal multiple reflections effect can be easily included in ray tracing method without increase of the computational cost, so one can efficiently carry out propagation analysis through indoor/outdoor environments.

    Web of Science

    researchmap

  • 後方散乱量からの誘電体柱状物体の形状推定

    木角 飛鳥, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会 研究会資料   EMT2016-57   123 - 128   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • FDTD解析のための効率のよい車両モデル化について

    石藤 太地, 鄭 子才, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会 研究会資料   EMT2016-65   177 - 182   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Hybrid Ray-Mode Analysis of E-Polarized Plane Wave Diffraction by a Thick Slit 査読

    Hiroshi Shirai, Masayuki Shimizu, Ryoichi Sato

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   64 ( 11 )   4828 - 4835   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    A high-frequency asymptotic method has been applied to formulate E-polarized plane wave diffraction by a thick slit. The slit structure is regarded as an open-ended parallel plane waveguide cavity, and the excitation of the waveguide modes and their reradiation are derived from a ray-mode conversion technique. Comparison with another method reveals the validity and effectiveness of our formulation.

    DOI: 10.1109/TAP.2016.2608978

    Web of Science

    researchmap

  • 誘電体が装荷された厚みのある導体スリットによるE平面波回折

    清水 将行, 白井 宏, 佐藤 亮一

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会 研究会資料   EMT2016-47   55 - 60   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 2種類の小型球面ヘリカルアンテナにおける放射効率

    藤田 佳祐, 白井 宏

    2016電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   CDROM   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 屋内伝搬問題に対する簡易レイランチング法の高効率化

    佐藤 亮一, 白井 宏

    2016電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   CDROM   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Novel Closed-Form Solutions for Designing Extended-Composite Right/Left-Handed Transmission Lines 査読

    H. B. Chu, H. Shirai

    Proc. of 2016 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications   349 - 352   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICEAA  

    researchmap

  • Far Field Radiation Pattern Analysis of an Antenna Installed in an Automobile 査読

    Z. Zheng, H. Shirai

    Proc. of 2016 URSI Asia-Pacific Radio Science Conference   1038 - 1041   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • New Estimation Method for the Operational Low Frequency End of Antipodal Vivaldi Antennas 査読

    Hien Ba Chu, Hiroshi Shirai, Chien Dao Ngoc

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E99C ( 8 )   947 - 955   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A simple approach is presented for designing an antipodal Vivaldi antenna in this paper. A new and better estimation of the low frequency end of the operational range is shown. Final dimensions of the antenna parameters are determined by using the High Frequency Structure Simulator (HFSS). The proposed antenna has a simple configuration but exhibits low return loss, good radiation characteristics, and high and flat gain in the operating ultra wideband frequency range (3.1-10.6 GHz). Lastly, the fabrication has been done along with the specification to confirm the properties by measurements.

    DOI: 10.1587/transele.E99.C.947

    Web of Science

    researchmap

  • Diffraction by Thick and Loaded Slit -E-polarization Case-," Proc. of International Symposium on Electromagnetic Theory 査読

    H. Shirai, M. Shimizu, R. Sato

    Proc. of International Symposium on Electromagnetic Theory   665 - 667   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Aalt University  

    researchmap

  • SBR法を用いた屋内の壁厚を考慮した電磁波伝搬推定について

    林 孝洋, 白井 宏

    2016電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2016 ( C-1-28 )   CDROM - 28   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 内部のエネルギーを考慮した薄い小型球殻共振アンテナの放射効率

    藤田 佳祐, 白井 宏

    2016電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2016 ( B-1-114 )   CDROM - 114   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 誘電体円筒からの電磁波散乱推定に関する研究

    相磯 潤也, 白井 宏

    2016電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2016 ( C-1-27 )   CDROM - 27   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Electromagnetic Plane Wave Diffraction by Loaded N-Slits on Thick Conducting Screen 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E99C ( 1 )   72 - 75   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, an electromagnetic plane wave diffraction by finite number of loaded thick slits on infinitely long perfectly electric conductor (PEC) screen is analyzed. Here we formulate the problem by utilizing the Kobayashi Potential (KP) method, which is a kind of eigenfunction expansion method in terns of Weber-Schafheitlin discontinuous integrals. The multiple scattering contributions between the slits are analytically included in the formulation. The solution derived here may provide us with precise numerical result, so it may be considered as a reference solution to other numerical and approximate analyses.

    DOI: 10.1587/transele.E99.C.72

    Web of Science

    researchmap

  • Electromagnetic Scattering Analysis from Rectangular Dielectric Cuboids - TE Polarization 査読

    An Ngoc Nguyen, Hiroshi Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E99C ( 1 )   11 - 17   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A high frequency approximation method is proposed to obtain the scattering from rectangular dielectric cuboids. Our formulation is based on a Kirchhoff type aperture integration of the equivalent current sources over the surface of the scattering bodies. The derived formulae have been used to get the radar cross section of cuboids, and the results are compared with those by other methods, such as physical optics, geometrical theory of diffraction, the HFSS simulation and measurements. Good agreement has been observed to confirm the validity of our method.

    DOI: 10.1587/transele.E99.C.11

    Web of Science

    researchmap

  • Diffraction by Thick and Loaded Slit -E-polarization Case- 査読

    Hiroshi Shirai, Masayuki Shimizu, Ryoichi Sato

    2016 URSI INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC THEORY (EMTS)   659 - 661   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A high frequency asymptotic method has been applied to formulate a E-polarized plane wave diffraction by a thick and loaded slit. Internal slit region is considered as a waveguide and the excitations of the waveguide modes are given by a ray-mode conversion method from the multiply bouncing diffracted fields. Comparison with the results by the other method reveals the validity and the effectiveness of our formulation.

    Web of Science

    researchmap

  • Electromagnetic Scattering by Simplified Crack Models on Conducting Ground Plane 査読

    Ryochi Sato, Hiroshi Shirai

    2016 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   582 - 583   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper analyzes electromagnetic scattering problems for simplified crack models, based on the formulation of the Kobayashi Potential (KP) method. Here, three types of simple crack models, a flanged waveguide, a rectangular trough, and a thick slit, are considered. The derived far zone field representations are utilized to obtain the approximate formulae of the scattered fields for the models.

    Web of Science

    researchmap

  • Ray-mode Conversion Technique Applied to Thick Slit Diffraction 査読

    Hiroshi Shirai, Masayuki Shimizu, Ryoichi Sato

    2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MATHEMATICAL METHODS IN ELECTROMAGNETIC THEORY (MMET)   43 - 45   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Ray-mode conversion technique has been applied to formulate a plane wave diffraction by a wide and thick slit perforated in a perfectly conducting screen. The internal field inside the thick slit is first formulated by multiply bouncing reflected and diffracted rays, and this ray summation is converted into a summation of parallel plane waveguide modes through the Poisson summation formula. The total field is then expressed as a summation of successive radiation fields excited by the waveguide modes at the aperture edges. The derived results are used to calculate the far fields and compared with the reference solution. Good agreement has been observed to confirm the validity of our formulation.

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis and design of E-CRLH TL characteristics with new closed-form solutions 査読

    Hien Ba Chu, Hiroshi Shirai

    Progress In Electromagnetics Research C   68   163 - 178   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Electromagnetics Academy  

    In this study, new closed-form solutions are presented for deriving inductance and capacitance elements of the extended-composite right/left-handed transmission line (E-CRLH TL) unit cell from the cutoff frequencies of right-handed (RH) and left-handed (LH) bands. The characteristics of the E-CRLH TL are investigated for unbalanced, balanced, and mixed cases. The dispersion diagram, Bloch impedance, S-parameters are analyzed by the TL, circuit theories and the Bloch-Floquet theorem. Lastly, the usefulness of our method has been shown in detail by designing the desired characteristics for various cases.

    DOI: 10.2528/PIERC16080103

    Scopus

    researchmap

  • A Compact D-CRLH Metamaterial Antenna for WLAN and WiMAX Multiband 査読

    Hieu Ngoc Quang, Hiroshi Shirai

    2016 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   32 - 33   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper presents a compact multiband antenna formed from only one cell of dual composite right left handed transmission line (D-CRLH TL), which employs metamaterial loading on a conventional monopole to attain a certain degree of miniaturization. The proposed configuration is simple as uniplanar structure, and is operating at 2.45, 3.60 and 5.60 GHz, covering the WLANs and WiMAX bands, and its dimension is only 20 x 16 x 1.6 mm(3). The design concepts, the simulation and the experimental results are reported.

    Web of Science

    researchmap

  • Radiation Efficiency of Multi-arm Open-ended Spherical Helix Antennas 査読

    Keisuke Fujita, Hiroshi Shirai

    2016 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   722 - 723   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Radiation efficiency of multi-arm open-ended spherical helix antennas has been discussed in this paper. The numerical electromagnetics code (NEC) engine has been utilized for the calculation of their radiation efficiency. It has been found that single-arm Kim-type winding antennas can achieve higher radiation efficiency than that of the Best-type antennas, and non-feeding multi-arms can increase their radiation efficiency.

    Web of Science

    researchmap

  • Evanescent Modal Effect to E Polarized Plane Wave Diffraction by a Wide and Thick Slit 査読

    Hiroshi Shirai, Masayuki Shimizu, Ryoichi Sato

    2016 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM   1503 - 1504   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    High frequency asymptotic method has been applied to formulate E-polarized plane wave diffraction by a wide and thick slit. Slit aperture region is considered as a waveguide and excitations of the waveguide modes are given by ray-mode conversion technique. Comparison with the other method reveals the validity and the effectiveness of our formulation.

    Web of Science

    researchmap

  • Ray-mode Conversion Technique Applied To Plane Wave Diffraction By a Thick Slit 査読

    H. Shirai, M. Shimizu

    Proc. of Korea-Japan Joint Conference on EMT/EMC/BE   CDROM   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • 表面反射散乱量からの誘電体四角柱の寸法推定

    木角 飛鳥, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会, 研究会資料   ( EMT-2015-64 )   103 - 108   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • SBR 法を用いた電磁波伝搬の推定

    田畑 貴宏, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会, 研究会資料   ( EMT-2015-70 )   137 - 142   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 小型導体球殻アンテナの放射特性について

    藤田 佳祐, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会, 研究会資料   ( EMT-2015-74 )   161 - 166   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 車内アンテナの遠方放射指向性の解析

    鄭 子才, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会, 研究会資料   ( EMT-2015-55 )   57 - 62   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 厚みのあるスリット構造中の非伝搬モードによる散乱への影響

    清水 将行, 白井 宏, 佐藤 亮一

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会, 研究会資料   EMT-2015-61   89 - 94   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 小型球形アンテナにおける共振時の放射効率について

    藤田 佳祐, 白井 宏

    2015年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   CDROM   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • A Non-Destructive Estimation Method of Permittivity of Dielectric Materials 査読

    A. N. Nguyen, H. Shirai

    Proc. of 2015 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications   CDROM   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 球形均質アンテナにおける電磁蓄積エネルギの平衡条件

    藤田 佳祐, 白井 宏

    電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   CDROM   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 導体平板上に設けられた単純クラックモデルからの散乱

    佐藤 亮一, 白井 宏

    電子情報通信学会 全国大会 講演論文集   CDROM   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 時間領域RCSを用いた複素誘電率推定に関する研究

    相磯 潤也, 白井 宏

    電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   CDROM   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Theoretical Limitation of the Radiation Efficiency for Homogenous Electrically Small Antennas 査読

    Keisuke Fujita, Hiroshi Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E98C ( 1 )   2 - 7   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Maximum radiation efficiency has been derived for homogeneous electrically small antennas. The spherical wave expansion is utilized to express the radiated field and the current distribution on an antenna, and the radiation efficiency is represented by the current, which is expressed in the spherical wave expansion coefficients and the nonradiating current. By using a concept of the nonradiating current, it is shown that the maximum radiation efficiency is achieved if the antenna shape is spherical. The radiation efficiency of a spherical antenna is maximized by varying the expansion coefficients. This radiation efficiency is compared with that of the antenna which achieves the maximum gain and those of linear antennas. The comparison indicates the validity of our proposed upper limit of the radiation efficiency.

    DOI: 10.1587/transele.E98.C.2

    Web of Science

    researchmap

  • A Numerical Method for the Estimation of Relative Permittivity of Dielectric Materials 査読

    A. N. Nguyen, H. Shirai

    PROCEEDINGS OF THE 2015 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTROMAGNETICS IN ADVANCED APPLICATIONS (ICEAA)   125 - 128   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A broadband approach to estimate relative permittivity of dielectric cuboids has been proposed. Our method involves a numerical iterative scheme with appropriate initial values to solve for the permittivity in a wide range of frequency. Good agreement between the method and references has been observed. It is assumed that the material has a weak frequency dispersive characteristic. An applicable range relation between the smallest thickness, the dielectric property of material has also been discussed.

    Web of Science

    researchmap

  • A Compact Tri-Band Metamaterial Antenna for WLAN and WiMAX Applications 査読

    H. N. Quang, H. Shirai

    PROCEEDINGS OF THE 2015 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTROMAGNETICS IN ADVANCED APPLICATIONS (ICEAA)   133 - 136   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A compact tri-band metamaterial antenna is presented. The antenna is based on dual composite right/left handed transmission line (D-CRLH TL) which employs metamaterial loading on a conventional monopole to attain a certain degree of miniaturization. The over size of the antenna is 20 x 16 x 1.6 mm(3). The simulated return loss shows that the proposed antenna is suitable for WLAN 2.4/5.5 and WiMAX bands.

    Web of Science

    researchmap

  • Multiple Edge Interaction Effect to Plane Wave Scattering by a Wide and Thick Slit 査読

    Masayuki Shimizu, Hiroshi Shirai, Ryoichi Sato

    2015 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   CDROM   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    High frequency ray method has been applied to formulate E-polarized plane wave scattering by a wide and thick slit. Slit aperture region is considered as a waveguide which connects the upper and lower half spaces, and excitations of the waveguide modes are given by edge diffraction at the open end. Multiple edge diffraction effect as well as modal bouncing effect are also considered to improve the accuracy of the scattering field.

    Web of Science

    researchmap

  • Theoretical Study on the Radiation Efficiency of Electrically Small and Thin Spherical Shell Antennas 査読

    Keisuke Fujita, Hiroshi Shirai

    2015 1st URSI Atlantic Radio Science Conference (URSI AT-RASC)   CDROM   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of Curvature of Antipodal Structure on Vivaldi Antennas 査読

    Hien Ba Chu, Hiroshi Shirai, Chien Ngoc Dao

    2015 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION & USNC/URSI NATIONAL RADIO SCIENCE MEETING   2331 - 2332   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Effect of curvature of antipodal structure on Vivaldi antennas is presented in this paper. The results indicate that inner curvature has a significant impact on the return loss S11. In addition, a new estimation of lower frequency limit is shown. Based on our design, an antipodal Vivaldi antenna has been fabricated and verified its properties through measurements.

    Web of Science

    researchmap

  • Dimension Estimation of Polygonal Dielectric Targets From Surface Reflection RCS 査読

    Asuka Kisumi, Hiroshi Shirai

    2015 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   CDROM   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A method has been proposed here to estimate the facet's size of polygonal dielectric targets using the specular reflected RCS. This algorithm has been tested to estimate the size of dielectric cuboids from the measurement data. Good accuracy has been found and the validity of our method is confirmed.

    Web of Science

    researchmap

  • モノスタティック RCS を用いた損失をもつ誘電体材料の誘電率の推定について

    ヌエン ヌゴック アン, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会, 研究会資料   85 - 90   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 凹面を含む金属柱状散乱体の形状認識について

    倉邉 朋弥, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会, 研究会資料   95 - 100   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • V 字溝からの平面波散乱解析(II)

    林 純也, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会, 研究会資料   41 - 46   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • SBR法を用いた室内電磁波伝搬の解析

    田畑 貴宏, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会, 研究会資料   57 - 62   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 小型球形アンテナにおける最大放射効率とそれを実現する励振電磁界について

    藤田 佳祐, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会, 研究会資料   67 - 72   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 電気的小型球殻形アンテナにおける放射効率ついて

    藤田 佳祐, 白井 宏

    2014年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   CDROM   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 電磁波伝搬の三次元可視化表現 査読

    白井 宏

    電子情報通信学会 和文論文誌C   J97-C ( 9 )   335 - 341   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    三次元空間中を伝搬する電磁波の様子を可視化する表現法について, その物理現象を理解しやすい方法を工夫した. 最初に,自由空間中に置かれた微小ダイポールアンテナからの放射厳密界から, アンテナ近くの電界ベクトル,磁界ベクトル,ポインティングベクトルの様子を, その大きさに応じた矢印の色や長さで表現したり, 電気力線や磁力線の変化の様子を表示した. また人体近傍に置かれた半波長ダイポールアンテナからの放射電磁界をFDTD法で計算し, その数値結果を基に, 空間中の電界ベクトルや人体組織中の比吸収率(SAR)分布の様子について可視化した.

    researchmap

  • 2層誘電体スラブの反射/透過特性について

    佐藤 亮一, 白井 宏

    2014年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   CDROM   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Radiation directivity of an antenna installed in an automobile 査読

    Z. Zheng, H. Shirai

    Proc. of 2014 Progress In Electromagnetics Research Symposium (PIERS)   CDROM   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Electromagnetic Academy  

    researchmap

  • Dosimetry Using a Localized Exposure System in the Millimeter-Wave Band for in vivo Studies on Ocular Effects 査読

    Kensuke Sasaki, Taiji Sakai, Tomoaki Nagaoka, Kanako Wake, Soichi Watanabe, Masami Kojima, Nailia Hasanova, Hiroshi Sasaki, Kazuyuki Sasaki, Yukihisa Suzuki, Masao Taki, Yoshitsugu Kamimura, Akimasa Hirata, Hiroshi Shirai

    IEEE TRANSACTIONS ON MICROWAVE THEORY AND TECHNIQUES   62 ( 7 )   1554 - 1564   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    We developed a millimeter-wave (MMW) exposure system for in vivo experiments for operating frequencies ranging from 24.5 to 95 GHz. The MMWs are localized to the rabbit ocular tissue with a spot-focus lens antenna. The MMW energy absorption and consequent temperature elevation are evaluated by numerical simulation using measured antenna distribution and precisely modeled rabbit ocular data. Results suggest that corneal damage occurs at an incident power density of 300 mW/cm(2) with our exposure system at frequencies from 26.5 to 95 GHz.

    DOI: 10.1109/TMTT.2014.2323011

    Web of Science

    researchmap

  • 部分的にコーティングされたクラックからの散乱に関する一考察

    佐藤 亮一, 白井 宏

    電気学会 電磁界理論研究会 研究会資料   71 - 74   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 曲率をもつ誘電体表面からの電磁波散乱について

    相磯 潤也, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会, 研究会資料   53 - 58   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • SBR法を用いた都市部における電波伝搬の広域推定について

    白井 宏, 前田 崇秀

    2014年 電子情報通信学会 全国大会 講演論文集   CDROM   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • SBR法による電波伝搬推定時の補完法について

    荒生 一樹, 白井 宏

    2014年 電子情報通信学会 全国大会 講演論文集   CDROM   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 電気的小型アンテナにおける放射効率の上限について

    藤田 佳祐, 白井 宏

    2014年 電子情報通信学会 全国大会 講演論文集   CDROM   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 電磁波ではかる

    白井 宏

    Re   35 ( 181 )   47 - 50   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:建築保全センター  

    CiNii Books

    researchmap

  • Efficient Reflection/transmission Coefficient by Two-layered Dielectric Slab for Accurate Propagation Analysis 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    2014 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY, TOKYO (EMC'14/TOKYO)   813 - 816   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we propose efficient reflection and transmission coefficients from two-layered dielectric slab for realizing accurate ray-launching propagation analysis, by approximately including multiple reflections effect inside the dielectric slab. In order to precisely execute the ray-launching analysis through the two-layered slab, which is a simplified model of insulating glass window utilized on side wall of modern building, an efficient high frequency approximation is introduced to bundle or collect the multiple reflected rays inside the two-layered slab into the primary ray component. We here call it "collective ray". By utilizing the derived new reflection/transmission coefficients, one can easily include the multiple reflections effect inside the slab without increase of computational time.

    Web of Science

    researchmap

  • On the Radiation Efficiency of Homogeneous Antennas 査読

    Keisuke Fujita, Hiroshi Shirai

    2014 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   247 - 248   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Radiation efficiency of homogeneous antennas has been discussed in this paper. The radiated and dissipated powers are expressed in terms of the radiating and nonradiating currents. It has been found that the maximum radiation efficiency can be accomplished by the homogeneous spherical antenna which circumscribes arbitrary antenna shape.

    Web of Science

    researchmap

  • E Polarized Plane Wave Diffraction by a Wide and Thick Slit 査読

    Hajime Hasegawa, Hiroshi Shirai, Ryoichi Sato

    2014 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM (APSURSI)   2208 - 2209   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis and Design of Antipodal Vivaldi Antenna for UWB Applications 査読

    Hien Chu Ba, Hiroshi Shirai, Chien Dao Ngoc

    2014 IEEE FIFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMMUNICATIONS AND ELECTRONICS (ICCE)   391 - 394   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    An antipodal Vivaldi antenna for UWB applications is presented in this paper. The proposed antenna is designed with simple structure but presents very good plot impedance characteristic. In addition, the antenna offers high gain and flat gain in the operating bandwidth from 3.1 GHz to 10.6 GHz. The antenna design simulation has been performed by using the commercially available simulation software HFSS 14. The antenna is fabricated on popular substrate FR4 with a dielectric constant of 4.4 and thickness 1.6 mm. The fabricated antenna has been tested for its return loss and directional pattern, and compared with simulated results.

    Web of Science

    researchmap

  • Ray-Mode Conversion Method for High Frequency Scattering Analysis 査読

    H. Shirai, R. Sato

    2014 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTROMAGNETICS IN ADVANCED APPLICATIONS (ICEAA)   63 - 66   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Ray-mode conversion technique gives us an alternative description for analyzing electromagnetic scattering from open waveguide/resonance structures. For such structures, modal description may be convenient for expressing the field in the internal structures, while ray description would be suitable for the exterior ones. Ray-modal coupling occurs at the aperture, and its mathematical base is given by the Poisson summation formula.
    In this paper, we shall show some recent development of the ray-mode conversion application to improve the accuracy of the field description by considering the multiple edge interaction and the evanescent modes.

    Web of Science

    researchmap

  • A Study on Electromagnetic Plane Wave Scattering by a Crack on Conducting Plane 査読

    R. Sato, H. Shirai

    2014 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTROMAGNETICS IN ADVANCED APPLICATIONS (ICEAA)   229 - 232   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper analyzes an electromagnetic plane wave scattering by a crack model on perfectly conducting plane and presents a simple formula for easily calculating two dimensional radar cross section from a material covered crack. Here, a narrow rectangular trough, which is filled by two-layered dielectric material, is utilized as the simple crack model to obtain the rigorous solution of the scattering field. In the formulation, we utilize the Kobayashi Potential (KP) method, which is an eigen function expansion method in terms of Weber-Schafheitlin type discontinuous integrals. Then the simple formula of the scattering field for the case that the aperture width is electrically very narrow is derived by approximating the rigorous solution. By utilizing the derived simple formula, the scattering characteristics for empty, partially material covered, and material filled crack models can be easily investigated.

    Web of Science

    researchmap

  • Reflection/transmission Coefficient for Two-layered Dielectric Slab with Internal Multiple Reflections 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    2014 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM (APSURSI)   703 - 704   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper presents novel reflection and transmission coefficients for two-layered dielectric slab, which approximately include multiple reflections inside the slab. H polarization or TE case is here considered. In the derivation, an efficient high frequency approximation is introduced to bundle or collect the multiple reflected rays inside the two-layered slab into the primary ray component. We call them "collective rays". By utilizing the present reflection/transmission coefficients, one can easily include the internal multiple reflections effect in ray-launching analysis without increase of computational time, so these are very efficient for propagation analysis through indoor/outdoor interface as propagation through multi-layered insulating glass window on side wall of modern building.

    Web of Science

    researchmap

  • 厚みのある導体スリットによるE偏波の平面波回折

    長谷川 肇, 白井 宏, 佐藤 亮一

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   31 - 35   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    E polarized electromagnetic plane wave diffraction by a wide and thick slit has been analyzed. High frequency ray-mode coupling analysis has been utilized, and the total diffracted field is considered as a summation of successive modal radiation contribution from the slit aperture due to the original modal excitation by the incident plane wave. The derived results are then compared with those obtained by Kobayashi Potential method, and the corresponding H-mode incidence case.

    researchmap

  • 窓枠モデルによる平面電磁波の回折

    佐藤 亮一, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   23 - 28   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 多重エッジ回折波をSBR法に組み込むためのアルゴリズムの検討

    前田 崇秀, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   55 - 60   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    For stable high speed wireless communication in urban area, it is necessary to install wireless access base station antennas in proper locations. Specially, for non-LOS (line of sight) propagation in a complex urban environment, edge diffracted ray contribution sometimes plays an important role. Shooting and Bouncing Rays (SBR) method is one of the powerful tool for analyzing high frequency electromagnetic wave propagation estimation including edge|rn|diffracted rays. In this report, new algorithm to include multiple edge diffracted rays has been proposed.

    researchmap

  • V字溝からの平面波散乱解析

    林 純也, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   19 - 24   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    An H polarized electromagnetic plane wave scattering by a V-shape groove on the perfectly conducting ground|rn|has been analyzed. Based on assumption that the groove aperture is sufficiently large compared with wavelength,|rn|Geometrical Theory of Diffraction (GTD) has been utilized for obtaining the edge diffracted waves.

    researchmap

  • A. N. Nguyen and H. Shirai, ``Electromagnetic wave scattering from dielectric bodies with equivalent current method, Proc. of 2013 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications (ICEAA) 査読

    A. N. Nguyen, H. Shirai, Electromagnetic wave scattering, from dielectric, bodies with equivalent current method, Proc. of, International Conference on Electromagnetics in, Advanced Applications (ICEAA

    A. N. Nguyen and H. Shirai, ``Electromagnetic wave scattering from dielectric bodies with equivalent current method, Proc. of 2013 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications (ICEAA)   CDROM   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICEAA  

    A general three dimensional formulation of high frequency solution for the scattering field of a dielectric body, which is illuminated by a transverse electric polarized plane wave, is presented. Based on the postulated equivalent currents, scattering far field components are derived. Effects of complex permittivity of material and the multiple bouncing effect caused by the finiteness of scattering body are included in a collective reflection coefficient. Under monostatic conditions, obtained formulae precisely agree with the ones derived from conventional physical optics in the case of a PEC surface. Differences between the two methods are observed in bistatic RCS estimation. Effects of finiteness of scattering body and of polarization on RCS are investigated.

    researchmap

  • 電磁波伝搬の三次元可視化表現

    白井 宏

    2013年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   CDROM   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • モノスタテックRCSを用いた柱状導体散乱体の再構成アルゴリズムについて

    白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   ( EMT-13-105 )   179 - 183   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    A target re-construction algorithm has been proposed for cylindrical metal scatterers from the angular Radar Cross Section (RCS) variation. This algorithm is based on the fact that the monostatic RCS return from a plate has its peak value at the specular reflection angle, and the RCS lobe width in the angular variation is related with its plate width. By assuming the target is a polygonal convex cylinder, sizes of their facets are estimated by the local maxima|rn|in the angular RCS variation. Then one may be able to reconstruct the target's shape by connecting all facets in the specular reflection order. For this paper, an algorithm for estimating the curvatures and widths of the smooth curved facets has been augmented with the previously proposed algorthm for flat facets. Our reconstruction algorithm has been tested for several cylindrical targets from numerically calculated and measured RCS values. Pretty|rn|good estimation of the target shape has been observed to show the validity of our method.

    researchmap

  • Electromagnetic wave scattering from lossy polygonal cylinders 査読

    A. N. Nguyen, H. Shirai

    Proc. of 2013 International Symposium on Electromagnetic Theory   CDROM   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    In order to study the electromagnetic scattering properties of lossy dielectric polygonal body, Kirchhoff's approximation was used to derive scattering far-field components. Numerical calculations were carried out for some lossy dielectric and metallic rectangular cubes at different frequencies, and then they were compared to measured radar cross section data in order to verify the validity of our approximation. Good agreements were observed in specular reflection directions, especially in the case of electrically large metal cube.

    researchmap

  • 誘電体境界からの高周波散乱界

    ヌエン ヌゴック アン, 白井 宏

    2013年 電子情報通信学会 全国大会 講演論文集   CDROM   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 電気的小型アンテナにおける損失電力について

    藤田 佳祐, 白井 宏

    2013年 電子情報通信学会 全国大会 講演論文集   CDROM   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    電気的小型アンテナ(ESA) に対するQ, 利得等の各種諸特性の限界値について議論が進んでいる.こうした議論においては,アンテナからの放射界を球面調和関数の和によって表現し,各モードの展開係数を用いて評価する.本報告では,ESA に対する損失電力について,そのアンテナの各励振モードによる依存性について考察した.

    researchmap

  • High frequency scattering analysis of dielectric surfaces: TM incidence case 査読

    An Nguyen Ngoc, Hiroshi Shirai

    Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings, APMC   294 - 296   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:APMC  

    Electromagnetic TM polarized plane wave scattering by dielectric surfaces is analyzed by high frequency asymptotic method. The scattering field is estimated from the equivalent currents induced by reflected plane wave on the dielectric surface. Effects of material nature, polarization and finiteness of the dielectric bodies are included in a multiple reflection coefficient. A comparison between theoretical estimations and measurement in the case of a rubber cube suggests a strong connection between the thickness of the body and its RCS values. © 2013 IEEE.

    DOI: 10.1109/APMC.2013.6695124

    Scopus

    researchmap

  • High efficiency small antenna for WLAN application 査読

    Hien Ba Chu, Hiroshi Shirai, Chien Ngoc Dao

    Proceedings of the 2013 IEEE-APS Topical Conference on Antennas and Propagation in Wireless Communications, IEEE APWC 2013   757 - 760   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    In this paper, a small metamaterial antenna with high efficiency is presented. The antenna is proposed for 2.4 GHz Wireless Local Area Network (WLAN) application. The metamaterial resonant antenna is designed with a mushroom structure which based on the zeroth order resonant characteristic of a composite right/left-handed transmission line (CRLH TL). The antenna is designed on the low-cost FR4 substrate with dielectric constant εr = 4.4 and tan δ= 0.02. The antenna is simulated and optimized by HFSS 14. The simulation results show that antenna has small size and a good bandwidth with range from 2.40-2.48 GHz for return loss S11 less than -10 dB. The proposed antenna offers high efficiency 72-75% in operation bandwidth. The overall dimension of the antenna is 20.0×22.0×1.6 mm3 including the antenna substrate. © 2013 IEEE.

    DOI: 10.1109/APWC.2013.6624903

    Scopus

    researchmap

  • A Compact CPW-fed C-shaped Patch Antenna For Wireless Communication 査読

    Hien Chu Ba, Hiroshi Shirai

    2013 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCED TECHNOLOGIES FOR COMMUNICATIONS (ATC)   443 - 446   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, a compact antenna for broadband operation is depicted. A C-shaped patch that based on Chuo University's logo is used to design a monopole radiator. Transmission line theory and the resonator model are adopted to analyze the operating frequencies of the proposed antenna. The bandwidth was enhanced by using the curve of C-shaped patch and CPW feeding method. The proposed antenna was designed and simulated successfully by using HFSS 14. The simulation results show that the antenna has compact size 18.6x17.2 mm(2), a good impedance band with range from 3.9 to 7.6 GHz for return loss S-11 less than -10 dB. The simulated bandwidth reaches 3.7 GHz which is about 72.5% with respect to the center frequency of 5.1 GHz. The antenna can be integrated into wireless communication products such as HIPERLAN/2, IEEE 802.11 a/h/j/n, and WiMAX (4.9-5.85GHz).

    Web of Science

    researchmap

  • A Study of the Antenna Radiation Efficiency for Electrically Small Antennas 査読

    Keisuke Fujita, Hiroshi Shirai

    2013 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM (APSURSI)   1522 - 1523   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Antenna radiation efficiency for electrically small antennas has been discussed in this paper. The radiated field is expressed in terms of spherical harmonic TE and TM modes and radiated and dissipated powers are described by this modal excitation coefficients. By carefully evaluating the above coefficients, upper bound of the radiation efficiency has been estimated.

    Web of Science

    researchmap

  • Electromagnetic wave scattering from dielectric bodies with equivalent current method 査読

    A. N. Nguyen, H. Shirai

    Proceedings of the 2013 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications, ICEAA 2013   744 - 747   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    A general three dimensional formulation of high frequency solution for the scattering field of a dielectric body, which is illuminated by a transverse electric polarized plane wave, is presented. Based on the postulated equivalent currents, scattering far field components are derived. Effects of complex permittivity of material and the multiple bouncing effect caused by the finiteness of scattering body are included in a collective reflection coefficient. Under monostatic conditions, obtained formulae precisely agree with the ones derived from conventional physical optics in the case of a PEC surface. Differences between the two methods are observed in bistatic RCS estimation. Effects of finiteness of scattering body and of polarization on RCS are investigated. © 2013 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICEAA.2013.6632344

    Scopus

    researchmap

  • Electromagnetic Plane Wave Diffraction By A Three-Layer Material Loaded Slit 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    2013 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM (APSURSI)   1970 - +   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper examines electromagnetic plane wave diffraction by a three-layer dielectric material loaded slit on infinitely long perfect electric conductor (PEC) screen. Here, the Kobayashi Potential (KP) method, which is an analytical eigen function expansion method in terms of the discontinuous characteristics of Weber-Schafheitlin type integrals, is utilized for the analysis. The derived solution obtained by the KP method provides us with precise numerical results, so it may be regarded as a reference solution to other high frequency approximations and numerical techniques. We examine the detailed scattering and diffraction features of the partially loaded slit for H-polarized plane wave incidence, by comparing the results for this analysis with those for empty and material filled cases.

    Web of Science

    researchmap

  • フランジ付導波管開口における導波管モードの高周波近似解析

    阿部祐志, 白井宏, 佐藤亮一

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   EMT-12-150   173 - 178   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    High frequency asymptotic analysis has been done for obtaining modal excitation coefficients for the flanged parallel plane waveguides. Previously derived formula has been extended to included multiple edge diffracted contribution between two aperture edges. And also, there is a problem that the excitation coefficients with the transitional modes have discontinuous spike at cut-off frequencies. To improve this behavior, diffraction coefficient has been extended to uniform asymptotic theory of diffraction for complex number. Numerical calculations show that the excitation coefficients with multiple diffraction contribution give us better results for the transitional modes.

    researchmap

  • 回折波をSBR法に組み込むためのアルゴリズムの提案

    前田崇秀, 白井宏

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   EMT-12-137   95 - 100   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    For stable high speed wireless communication in urban area, it is necessary to install wireless access base station antennas in proper locations. For such purpose, one needs a reliable tool for estimating electromagnetic propagation.|rn|Ray tracing method is one of the powerful methods for high frequency propagation analysis. For non-LOS (line of sight) propagation in a complex urban environment, diffracted ray contribution sometimes play an important role.|rn|In this report, new algorithm for SBR (Shooting and Bouncing Rays) method to include diffracted rays has been proposed.

    researchmap

  • SBR法を用いた3次元空間の伝搬推定

    細田 大輝, 白井 宏, 佐藤 亮一

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   EMT-12-138   101 - 106   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 光線近似を用いた電波伝搬の広域推定について

    白井宏

    2012年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   CDROM   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    都市部における集中した携帯電話利用の増加とともに,基地局の効率のよい配置が望まれている.こうした基地局の配置は,広い範囲での電波伝搬強度分布を基に考える必要があり,短時間で効率の良い電波伝搬予測を実測で,または計算シミュレーションによって行うことが求められる[1].|rn|東京を中心とした関東地方の電波伝搬強度について,基地局アンテナ高,使用周波数,伝搬環境,土地利用の状態を考慮して詳細に測定し,その結果をまとめて受信電界強度の中央値を示す曲線を示したOkumura の報告[2] や,その報告から一般化した伝搬環境に対する伝搬損を導出したHata の公式[3] は,世界的にも有名である.|rn|本稿では,広範囲な空間における電波伝搬・散乱量の推定に対して,有力な方法となる光線手法の特徴とその手法を適用する際に注意すべき点について述べる.

    researchmap

  • 無限長導体スクリーン上の2つのスリットによる平面電磁波回折の光線-モード結合解析

    佐藤亮一, 白井宏

    2012年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   CS-1-6   CDROM   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • GTD analysis for diffraction by a thin slit on infinitely long PEC screen 査読

    R. Sato, H. Shirai, Y. Abe

    Proc. of 2012 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation   CDROM   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we propose a simple and useful extension of the previous GTD|rn|solution for diffracted field by a thin and relatively narrow slit on infinitely|rn|long conducting screen, to treat the internal evanescent modes excited by the|rn|higher order terms due to multiple interactions between the illuminated edges|rn|of the slit. Here, complex propagation angle is introduced for appropriately|rn|evaluating the evanescent modes. To confirm the validity of the proposed extension,|rn|we will make a comparison between the derived solution and that|rn|obtained by the rigorous Kobayashi Potential method. In consequence, the|rn|detailed numerical tests using the present solution will make clear how the|rn|multiple interactions between the illuminated edges and the corresponding|rn|internal modal excitation/coupling contribute to the total radiation characteristics,|rn|for variation of the incident angle and the thickness of the slit.

    researchmap

  • A Delta-Sigma Modulator Using a Non-uniform Quantizer Adjusted for the Probability Density of Input Signals 査読

    Toru Kitayabu, Mao Hagiwara, Hiroyasu Ishikawa, Hiroshi Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E95B ( 7 )   2257 - 2265   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A novel delta-sigma modulator that employs a non-uniform quantizer whose spacing is adjusted by reference to the statistical properties of the input signal is proposed. The proposed delta-sigma modulator has less quantization noise compared to the one that uses a uniform quantizer with the same number of output values. With respect to the quantizer on its own, Lloyd proposed a non-uniform quantizer that is best for minimizing the average quantization noise power. The applicable condition of the method is that the statistical properties of the input signal, the probability density, are given. However, the procedure cannot be directly applied to the quantizer in the delta-sigma modulator because it jeopardizes the modulator's stability. In this paper, a procedure is proposed that determine the spacing of the quantizer with avoiding instability. Simulation results show that the proposed method reduces quantization noise by up to 3.8 dB and 2.8 dB with the input signal having a PAPR of 16 dB and 12 dB, respectively, compared to the one employing a uniform quantizer. Two alternative types of probability density function (PDF) are used in the proposed method for the calculation of the output values. One is the PDF of the input signal to the delta-sigma modulator and the other is an approximated PDF of the input signal to the quantizer inside the delta-sigma modulator. Both approaches are evaluated to find that the latter gives lower quantization noise.

    DOI: 10.1587/transcom.E95.B.2257

    Web of Science

    researchmap

  • GTD Analysis for Diffraction by a Thin Slit on Infinitely Long PEC Screen 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai, Yuji Abe

    Proc. of 2012 IEEE Antennas and Propagation Society International Symposium   CDROM   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we propose a simple and useful extension of the previous GTD solution for diffracted field by a thin and relatively narrow slit on infinitely long conducting screen, to treat the internal evanescent modes excited by the higher order terms due to multiple interactions between the illuminated edges of the slit. Here, complex propagation angle is introduced for appropriately evaluating the evanescent modes. To confirm the validity of the proposed extension, we will make a comparison between the derived solution and that obtained by the rigorous Kobayashi Potential method. In consequence, the detailed numerical tests using the present solution will make clear how the multiple interactions between the illuminated edges and the corresponding internal modal excitation/coupling contribute to the total radiation characteristics,|rn|for variation of the incident angle and the thickness of the slit.

    researchmap

  • フランジ付導波管開口における導波管モードの励振解析

    阿部 祐志, 白井 宏, 佐藤 亮一

    2012年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   CDROM   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • High Frequency Ray-Mode Coupling Analysis of Plane Wave Diffraction by a Wide and Thick Slit on a Conducting Screen 査読

    Hiroshi Shirai, Ryoichi Sato

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E95C ( 1 )   10 - 15   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Diffraction field by a wide and thick slit on a conducting screen has been analyzed. High frequency ray-mode coupling analysis has been utilized, and the total diffracted or radiated field in each region is considered as a summation of successive modal radiation contribution due to the original modal excitation by the incident plane wave. Our derived results are compared with those obtained by other solutions, and good agreement has been observed, and the validity of our formulation is confirmed.

    DOI: 10.1587/transele.E95.C.10

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of input-signal statistical property in delta-sigma modulator with non-uniform quantization 査読

    Toru Kitayabu, Hiroyasu Ishikawa, Mao Hagiwara, Hiroshi Shirai

    RWW 2012 - Proceedings: IEEE Radio and Wireless Symposium, RWS 2012   183 - 186   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we provide the simulation results for the noise reduction in the delta-sigma modulator with a non-uniform quantizer under various types of input signals. The delta-sigma modulator employs a non-uniform quantizer and adjusts the spacing of the quantizer referring to statistical properties of the input signal to the modulator. It reduces its quantization noise compared to the delta-sigma modulator with the uniform quantizer at the same number of output values. The simulation results showed that the amount of noise reduction varied from 0.15 dB to 4.9 dB depending on the input signal, while the effect is not limited by the architecture of delta-sigma modulators. Moreover, it is shown that the PAPR of the input signal cannot work as an indicator of the amount of the noise reduction. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/RWS.2012.6175337

    Scopus

    researchmap

  • Novel usage of binary tree in SBR algorithm for efficient indoor propagation analysis 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Sato, Hiroshi Shirai

    IEICE ELECTRONICS EXPRESS   9 ( 7 )   673 - 678   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This letter proposes new usage of the binary tree constructed by fundamental GO ray components in shooting and bouncing rays (SBR) for indoor propagation analysis. The node number of the binary tree is here considered as an important parameter. A couple of small size arrays that can store the passing ray information of both the node number and the position of the pixel considered, and the corresponding ray classification algorithm are newly introduced, not to double-count the same ray with slightly different bouncing angle. Consequently, we realize the big reduction of the computer memory resources consumed for the ray classification especially for wide area analysis, keeping the high accuracy of the SBR method.

    DOI: 10.1587/elex.9.673

    Web of Science

    researchmap

  • High Frequency Asymptotic Analysis of Modal Excitation at Flanged Parallel Plane Waveguides 査読

    Yuji Abe, Hiroshi Shirai, Ryoichi Sato

    2012 FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMMUNICATIONS AND ELECTRONICS (ICCE)   377 - 380   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    Ray analysis has been executed for obtaining modal excitation coefficients at the flanged parallel plane waveguides. Previously derived formula has been extended to include multiple edge diffraction contributions between the aperture edges. By comparing the results by other methods, it has been shown that the contribution due to the doubly edge diffracted rays can improve the excitation coefficients for the transitional waveguide mode.

    Web of Science

    researchmap

  • Reconstruction of Cylindrical Metal Targets Using Their Monostatic RCS 査読

    Hiroshi Shirai, Yoshinori Hiramatsu

    2012 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTROMAGNETICS IN ADVANCED APPLICATIONS (ICEAA)   113 - 116   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A simple target reconstruction algorithm has been proposed for cylindrical metal scatterers from the angular Radar Cross Section (RCS) variation. This algorithm is based upon the fact that the monostatic RCS return from a plate has its peak value at the specular reflection angle, and the RCS lobe width in the angular variation is related with its plate width. By assuming the target is a polygonal convex cylinder, sizes of their facets are estimated by the local maxima in the angular RCS variation. Then one may be able to reconstruct the target's shape by connecting all facets in the specular reflection order. Our algorithm for the flat facet case can also extend to handle smooth curved facets. We have applied our reconstruction algorithm for several cylindrical targets from numerically calculated and measured RCS values. Good agreement has been observed to show the validity of our method.

    Web of Science

    researchmap

  • 建物内への1.5GHz帯透過波伝搬推定

    藤田 将太, 廣田 祐生, 難波 忍, 岸 洋司, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   EMT-11-119   79 - 84   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • SBR法を用いた3次元室内空間の簡易伝搬解析

    細野 美保, 佐藤 亮一, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   EMT-11-120   85 - 89   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 部分的に媒質を装荷したスリットによる平面電磁波の回折

    佐藤 亮一, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   EMT-11-52 ( 46 )   41 - 44   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • FDTD Cell Size Study for SAR Evaluation for Human Head Exposure to Near EM Field 査読

    H. Shirai, J. Ohisa

    Proc. of 2011 Progress In Electromagnetics Research Symposium in Cambridge (PIERS 2011 in Marrakesh)   CDROM   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • Modification of Ray-Launching Method for Accurate 2D Indoor Propagation Analysis 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E94C ( 1 )   55 - 58   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents an efficient ray-launching method for 2D indoor propagation problem, by including crucial multiple reflection effect inside wall. We hen: focus on the derivation of the reflected and transmitted ray solutions at/through wall when a magnetic source is located in the indoor environment. An efficient approximation, which is called collective ray approximation, is carried out to bundle or collect the internal multiple reflected rays into the primary one. It is resultantly confirmed from the detailed numerical experiments that the derived collective ray solutions can be confidently effective when the internal reflections strongly contribute to the propagation characteristic in the propagation environment, regardless of angle of the incidence.

    DOI: 10.1587/transele.E94.C.55

    Web of Science

    researchmap

  • ミリ波帯電波曝露時の家兎眼温度上昇に関する検討

    松田知紘, 酒井泰司, 和氣加奈子, 渡辺聡一, 白井 宏, 平田晃正, 佐々木謙介, 鈴木敬久

    電子情報通信学会 技術研究報告   EMCJ2010-118 ( 402 )   109 - 114   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    生体に対する電磁波の影響について様々な研究が進められている.中でも眼球は電磁波の影響を受けやすい組織と考えられており,眼球に関する検討として家兎眼に対するミリ波帯電波曝露実験が行われている.そのような実験に対して,曝露評価を行うため,ミリ波帯電波曝露時の家兎眼温度上昇に関する基礎的な解析を行った.

    CiNii Books

    researchmap

  • Propagation through a window frame structure at outdoor/indoor interface environment 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    IEEE Antennas and Propagation Society, AP-S International Symposium (Digest)   2379 - 2382   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper examines specific propagation characteristics for a simple outdoor/indoor interface environment, by analyzing diffraction problem for wide aperture slit in an infinitely long PEC screen. High frequency asymptotic ray technique is applied to analyze the diffraction problem. According to the ray-mode coupling analysis, the total diffracted or radiated field in each region is considered as a summation of successive modal radiation contribution due to the original modal excitation by the incident plane wave. The successive process for generating internal higher modal reflection and external modal radiation fields continues until all the energy inside the slit region is completely consumed. The validity of the derived solution is confirmed by comparing with the other analytical reference one for both width and thickness variations. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/APS.2011.5996999

    Scopus

    researchmap

  • Propagation Through A Window Frame Structure At Outdoor/indoor Interface Environment 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    2011 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (APSURSI)   2379 - 2382   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper examines specific propagation characteristics for a simple outdoor/indoor interface environment, by analyzing diffraction problem for wide aperture slit in an infinitely long PEC screen. High frequency asymptotic ray technique is applied to analyze the diffraction problem. According to the ray-mode coupling analysis, the total diffracted or radiated field in each region is considered as a summation of successive modal radiation contribution due to the original modal excitation by the incident plane wave. The successive process for generating internal higher modal reflection and external modal radiation fields continues until all the energy inside the slit region is completely consumed. The validity of the derived solution is confirmed by comparing with the other analytical reference one for both width and thickness variations.

    Web of Science

    researchmap

  • Delta-Sigma Modulator with Non-Uniform Quantization 査読

    Mao Hagiwara, Toru Kitayabu, Hiroyasu Ishikawa, Hiroshi Shirai

    2011 IEEE RADIO AND WIRELESS SYMPOSIUM (RWS)   351 - 354   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, a novel delta-sigma modulator which has a non-uniform quantizer is proposed. The step sizes of a non-uniform quantizer are, in general, uniquely determined by the probability density function (PDF) of an input signal amplitude, while delta-sigma modulators usually become unstable when the non-uniform quantizer is directly applied to them. It is found that the proposed delta-sigma modulator reduces a quantization noise and works in a stable condition. To guarantee the stability of the delta-sigma modulator, the maximum output value of the quantizer is fixed at a certain value. The rest of the output and threshold values of the non-uniform quantizer are determined by the PDF of the input signal amplitude. The simulation results show that the quantization noise power is reduced by up to 2.90 dB when the non-uniform quantizer is applied.

    Web of Science

    researchmap

  • Propagation Through A Window Frame Structure At Outdoor/indoor Interface Environment 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    2011 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (APSURSI)   2379 - 2382   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper examines specific propagation characteristics for a simple outdoor/indoor interface environment, by analyzing diffraction problem for wide aperture slit in an infinitely long PEC screen. High frequency asymptotic ray technique is applied to analyze the diffraction problem. According to the ray-mode coupling analysis, the total diffracted or radiated field in each region is considered as a summation of successive modal radiation contribution due to the original modal excitation by the incident plane wave. The successive process for generating internal higher modal reflection and external modal radiation fields continues until all the energy inside the slit region is completely consumed. The validity of the derived solution is confirmed by comparing with the other analytical reference one for both width and thickness variations.

    Web of Science

    researchmap

  • 人体電磁波曝露解析に伴う人体モデルの量子化についての検討

    石井純司, 白井宏

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-10-111   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Changes in field uniformity characteristics of a reverberation chamber with transmitting antenna direction

    李 裕鎮, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会   EMT-10-132   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Electromagnetic Plane Wave Diffraction by a Wide Slit on Conducting Plane with Finite Thickness 査読

    R. Sato, H. Shirai

    Proc. of 2010 Asia Pacific Radio Science Conference (APRASC 2010)   CDROM   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • Complex Permittivity Estimation by Free Space Method Using Specular Reflected RCS 査読

    M. Ishikawa, H. Shirai

    Proc. of 2010 Progress In Electromagnetics Research Symposium in Cambridge (PIERS 2010 in Cambridge)   CDROM   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • Parameter Variation Effects on Temperature Elevation in a Steady-state, One-dimensional, Thermal Model for Millimeter Wave Exposure of One- and Three-layer Human Tissue 査読

    A. Kanezaki, A. Hirata, S. Watanabe, H. Shirai

    Physics in Medicine and Biology   55   4647 - 4659   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Science  

    The present study describes theoretical parametric analysis of the steady-state temperature elevation in one-dimensional three-layer (skin, fat and muscle) and one-layer (skin only) models due to millimeter-wave exposure. The motivation of this fundamental investigation is that some variability of warmth sensation in the human skin has been reported. An analytical solution for a bioheat equation was derived by using the Laplace transform for the one-dimensional human models. Approximate expressions were obtained to investigate the dependence of temperature elevation on different thermal and tissue thickness parameters.

    researchmap

  • 非一様量子化器を用いたΔΣ変調器の量子化雑音低減に関する検討

    萩原真央, 北藪透, 石川博康, 白井宏

    2010年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   B-5-76   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • ミリ波帯電波暴露実験時の温度上昇解析における1次元モデルの有効性

    松田知紘, 酒井泰三, 渡辺聡一, 和氣加奈子, 白井宏

    2010年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   B-1-186   186 - 186   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Complex Permittivity Estimation From Free Space RCS Measurement 査読

    Hiroshi Shirai, Masayuki Ishikawa

    2010 THIRD INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMMUNICATIONS AND ELECTRONICS (ICCE)   290 - 293   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Non-destructive and non-contacting estimation of the complex permittivity of the solid materials has been proposed using the monostatic RCS measurement from the specular reflection surface. In order to isolate the surface reflection contribution from the total scattering response, time gating method is utilized. The frequency domain RCS is measured first at a certain frequency band, and the corresponding time domain result is calculated via inverse Fourier Transformation. After identifying the surface reflection contribution and selecting it with a certain time width, Fourier transformation is used to obtain the desired surface response in the frequency domain. These RCS results are then utilized to estimate the surface reflection coefficients and their permittivities. The proposed method has been tested to evaluate the permittivities of cubic granite and synthetic phantom material, and the results are compared with those obtained by a coaxial probe method. Good agreement has been found between them and the validity of our method has been confirmed.

    Web of Science

    researchmap

  • Propagation Analysis for a Simplified Indoor/outdoor Interface Model 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    2010 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM   CDROM   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • 非一様量子化器を用いたΔΣ変調器の量子化雑音低減に関する一検討

    萩原真央, 北藪透, 石川博康, 白井宏

    電子情報通信学会 技術研究会資料   RCS-109-341   179 - 184   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 後方散乱断面積を用いた誘電率の推定について

    石川正行, 白井宏

    電気学会電磁界理論研究会 研究会資料   ( EMT-09-131 )   45 - 50   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • Non-contacting Estimation of Complex Permittivity Using RCS Measurement 査読

    Masayuki Ishikawa, Hiroshi Shirai

    Proc. of 2009 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2009)   CDROM   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • Effects of dielectric permittivities on skin heating due to millimeter wave exposure 査読

    Akio Kanezaki, Akimasa Hirata, Soichi Watanabe, Hiroshi Shirai

    BIOMEDICAL ENGINEERING ONLINE   8   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Because the possibility of millimeter wave (MMW) exposure has increased, public concern about the health issues due to electromagnetic radiation has also increased. While many studies have been conducted for MMW exposure, the effect of dielectric permittivities on skin heating in multilayer/heterogeneous human-body models have not been adequately investigated. This is partly due to the fact that a detailed investigation of skin heating in a multilayer model by computational methods is difficult since many parameters are involved. In the present study, therefore, theoretical analyses were conducted to investigate the relationship between dielectric permittivities and MMW-induced skin heating in a one-dimensional three-layer model (skin, fat, and muscle).
    Methods: Approximate expressions were derived for the temperature elevation and temperature difference in the skin due to MMW exposure from analytical solutions for the temperature distribution. First, the power absorption distribution was approximated from the analytical solution for a one-layer model (skin only). Then, the analytical expression of the temperature in the three-layer model was simplified on the basis of the proposal in our previous study. By examining the approximate expressions, the dominant term influencing skin heating was clarified to identify the effects of the dielectric permittivities. Finally, the effects of dielectric permittivities were clarified by applying partial differentiation to the derived dominant term.
    Results: Skin heating can be characterized by the parameters associated with the dielectric permittivities, independently of morphological and thermal parameters. With the derived expressions, it was first clarified that skin heating correlates with the total power absorbed in the skin rather than the specific absorption rate (SAR) at the skin surface or the incident power density. Using Debye-type expression we next investigated the effect of frequency dispersion on the complex relative permittivity of tissue. The parametric study on the total power absorbed in the skin showed that skin heating increases as the static permittivity and static conductivity decrease. In addition, the maximum temperature elevation on the body surface was approximately 1.6 times that of the minimum case. This difference is smaller than the difference caused by the thermal and morphological parameters reported in our previous study.
    Conclusion: This paper analytically clarified the effects of dielectric permittivities on the thermally steady state temperature elevation and the temperature difference in the skin of a one-dimensional three-layer model due to MMW exposure.

    DOI: 10.1186/1475-925X-8-20

    Web of Science

    researchmap

  • 米国でのPh D 学位取得を通して学んだ国際コミュニケーション|rn|-Ph D 学位取得経験と海外交流の勧め-

    白井 宏

    電子情報通信学会   92 ( 5 )   386 - 389   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    米国大学の大学院への留学を通した、学生生活、Ph.D.取得やポストドクターとしての研究生活等を通して体験した、海外の大学における研究教育活動・環境と日本のそれとの違いについて紹介する。また帰国後、現在までに到る国際共同研究や研究交流を通して日ごろ感じていることについて述べる。

    CiNii Books

    researchmap

  • Propagation Characteristics for a Simplified Indoor/Outdoor Interface Model 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    Proc. of 2009 Korea-Japan Joint Conference on AP/EMC/EMT   263 - 266   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Incheon University  

    researchmap

  • RCS値からの複素誘電率推定法に関する考察-時間領域による結果-

    石川正行, 小島成裕, 白井宏

    2009年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   C-1-4   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Efficient Ray-launching Analysis for Indoor Propagation Including Multiple Reflection Effect Inside Walls 査読

    R. Sato, H. Shirai

    ICEAA: 2009 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTROMAGNETICS IN ADVANCED APPLICATIONS, VOLS 1 AND 2   756 - +   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes an efficient modification of 2D ray-launching method, by including multiple reflection effect inside wall for indoor environment. An efficient approximation is carried out to bundle or collect the internal multiple reflected rays into the primary one. This approximation is called collective ray approach. We here focus on the derivation of the approximate solution for H (or Vertical) polarized incident case. Resultantly, it is confirmed from the detailed considerations that the present collective ray solutions can be confidently utilized in particular when the internal reflections strongly contribute to the propagation characteristic of the considered indoor environment.

    Web of Science

    researchmap

  • Efficient ray-launching method for 2D indoor propagation analysis 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    IEICE Transactions on Electronics   E92-C ( 1 )   40 - 45   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    This paper presents an easy and efficient modification of simplified 2D ray-launching method, by approximately including multiple reflection effect inside walls for indoor environment. In order to precisely carry out the ray-launching procedure inside lossy wall, a simple modification using a true real refraction angle is first introduced, instead of complex one. Furthermore, an efficient approximation is carried out to collect the internal multiple reflected rays into the primary one. We here call it collective ray approach. Consequently, it is confirmed from the detailed considerations that the present ray representations obtained by introducing the real refraction angle are well suitable for indoor propagation analysis, and in particular the collective ray solution can be utilized confidently even when the internal reflections strongly contribute to the propagation feature of the considered indoor environment. © 2009 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transele.E92.C.40

    Scopus

    researchmap

  • On Multiple Scattering Between Slits in an Infinite PEC Screen 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    2009 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM AND USNC/URSI NATIONAL RADIO SCIENCE MEETING, VOLS 1-6   2348 - +   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • 外部から建物内へ透過する電波の近似推定法の検討

    中西崇之, 白井宏, 米澤健也, 井上隆

    電気学会電磁界理論研究会 資料   EMT-08-117   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 人体近傍に置かれたアンテナからの放射解析とその可視化表現

    前川耕一郎, 白井宏

    電気学会電磁界理論研究会資料   EMT-08-115   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • ミリ波帯電波照射による体表温度上昇に関与した電気的特性の検討

    金崎昭夫, 渡辺聡一, 平田晃正, 白井宏

    電気学会電磁界理論研究会資料   EMT-08-97   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 1-100 GHz帯平面波照射による一次元人体モデル内SARの周波数特性

    金崎昭夫, 長岡智明, 渡辺聡一, 白井宏

    2008年 電子情報通信学会ソサイエティ大会 講演論文集   B-4-27   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Theoretical Analysis of Temperature Elevation in a Human Body Exposed to Millimeter Wave 査読

    A. Kanezaki, T. Sakai, S. Watanabe, A. HIRATA, H. SHIRAI

    Proc. of Progess in Elecromagnetics Research Symposium 2008 in Cambridge   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • 散乱断面積からの複素誘電率推定法に関する考察

    小島成裕, 石川正行, 白井宏

    電気学会電磁界理論研究会 資料   EMT-08-89   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 理論解析に基づくミリ波帯電波照射による体表温度上昇の層構造依存性に関する検討

    金崎昭夫, 渡辺聡一, 平田晃正, 白井宏

    電子情報通信学会 電磁環境研究会 資料   EMCJ-2008-20 ( 97 )   77 - 82   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 電磁界の可視化表現

    前川耕一郎, 白井宏

    2008年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   CS-1-12   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • ミリ波帯電波照射による円筒モデル内のSAR解析

    金崎昭夫, 酒井泰二, 渡辺聡一, 白井宏

    2008年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   B-4-53   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 後方散乱断面積を用いた柱状散乱体の形状認識とその可視化

    中溝 祥景, 白井 宏

    2008年 電子情報通信学会総合大会 講演論文集   CS-1-11   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Simplified Ray-launching Analysis for Indoor Propagation Including Multiple Reflection Effect Inside Walls 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    2008 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM, VOLS 1-9   492 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • THEORETICAL ANALYSIS FOR TEMPERATURE ELEVATION OF HUMAN BODY DUE TO MILLIMETER WAVE EXPOSURE 査読

    A. Kanezaki, S. Watanabe, A. Hirata, H. Shirai

    2008 CAIRO INTERNATIONAL BIOMEDICAL ENGINEERING CONFERENCE   362 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper investigated the analytical solution of the temperature elevation in one-dimensional human model due to millimeter wave exposure for parametric analysis. The analytical solution of the bioheat equation for the one-dimensional three-layer model has been derived using the Laplace Transform. Temperature distribution obtained from the analytical solution is compared with those derived from a numerical difference method. Good agreement has been found between them, suggesting the validity of our analytical solution. The derived expression is useful to clarify the effects of biological parameters on the temperature elevation.

    Web of Science

    researchmap

  • NLOS path loss evaluation for street-cell environment 査読

    Amornchai Amornthipparat, Hiroshi Shirai, Kenya Yonezawa, Takashi Inoue

    2008 IEEE RADIO AND WIRELESS SYMPOSIUM, VOLS 1 AND 2   603 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Non Line of Sight (NLOS) path loss has been investigated by using the Shooting and Bouncing Rays (SBR) method. Two building layouts; continuously connected and non-connected building layouts, are used to check the street propagation characteristics and leakage effect due to the building gaps. Based on the statistical data numerically generated buildings are placed along the streets and path loss are evaluated along them. It is found that the predictions by ITU-R model give us somewhat less path loss for our street-cell models.

    Web of Science

    researchmap

  • Street-Cell NLOS Path Loss Estimation using SBR Method 査読

    A. Amornthipparat, H. Shirai, K. Yonezawa, T. Inoue, M. Hatori

    Proc. of 2007 Asia-Pacific Microwave Conference   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • 損失壁透過におけるレイランチング法の精度改善について

    佐藤亮一, 白井 宏

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-07-86   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 周波数及び時間領域におけるRCS値を用いた柱状散乱体の形状認識

    中溝祥景, 白井宏, 平松義範

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-07-96 ( 81 )   91 - 96   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ミリ波帯電波照射による体温上昇の理論解析による検討

    金崎昭夫, 酒井泰二, 渡辺聡一, 平田晃正, 白井宏

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-07-130 ( 115 )   91 - 96   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 2信号同時受信におけるサンプリング周波数選択方法

    木村和紀, 北藪透, 前山利幸, 白井宏

    2007年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   B-17-16   494 - 494   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 畳込み符号化QAM変調を用いる直交周波数分割多元接続方式におけるインタリーブ最適化に関する一検討

    井上徹, 木村亮太, 船田龍平, 原田博司, 白井宏

    2007年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   B-5-18   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 3次元SBR法を用いた市街地電波伝搬解析

    蓮沼卓也, 林俊光, 山本温, 白井宏, 小川 晃一, 音居謙吾

    2007年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   B-1-15   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • ミリ波帯電波照射時の温度上昇に体温調節機能が与える影響

    金崎昭夫, 酒井泰二, 渡辺聡一, 平田晃正, 白井宏

    2007年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   B-4-24   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Empirical investigation of the LOS propagation characteristics on an undulating road for millimeter wave inter-vehicle communication 査読

    Atsushi Yamamoto, Koichi Ogawa, Hiroshi Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E90C ( 9 )   1807 - 1815   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    We investigated the radio propagation characteristics for line-of-sight (LOS) inter-vehicle communication (IVC) at 60 GHz on an actual road with an undulating surface. Radio propagation tests between two moving vehicles were carried out on a test course. From this, it was found that the measured received power on the actual road and the results calculated for a flat road approximately follow logarithmic normal distributions. To investigate this phenomenon in detail, a propagation test between two stationary vehicles on a road was performed. Furthermore, calculations using geometrical optics taking road undulation into consideration demonstrated that undulation in the road can cause variations in the received power that follow a logarithmic normal distribution. Finally, the received power for moving vehicles on an undulating road was calculated using the model.

    DOI: 10.1093/ietele/e90-c.9.1807

    Web of Science

    researchmap

  • Electromagnetic Wave Progpagation Estimation by 3-D SBR Method 査読

    H. Shirai, R. Sato, K. Otoi

    Proc. of 2007 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICEAA  

    researchmap

  • Reconstruction Scheme for Polygonal Cylindrical Targets with Curved Surfaces 査読

    H. Shirai, Y. Hiramatsu

    Proc. of 2007 Progress in Electromagnetics Research Symposium   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:The Electromagnetic Academy  

    researchmap

  • Effects of Parameters of a Dosimetric Human Model on Temperature Elevation Due to Millimeter-Wave Exposure 査読

    A. Kanezaki, T. Sakai, S. Watanabe, H. Shirai

    Proc. of 2007 Progress in Electromagnetics Research Symposium   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:The Electromagnetic Academy  

    researchmap

  • Effects of ear shape and head size on simulated head exposure to a cellular phone 査読

    Shoji Mochizuki, Haruhiko Wakayanagi, Tetsuya Hamadia, Soichi Watanabe, Masao Taki, Yukio Yamanaka, Hiroshi Shirai

    IEEE TRANSACTIONS ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY   49 ( 3 )   512 - 518   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    The dependence of the specific absorption rate (SAR) on ear shape and head size have been investigated using human-head and cellular-phone models. Cubical and realistic head models were used. Various ear shapes were used with the cubical head model whereas a low-loss thin ear or a lossy realistic ear was used with the realistic head models. The SAR distribution depends significantly on the shape of the ear, regardless of the head model. The effects of the head size have been investigated using a 90th-percentile head model and a Japanese-average head model. The head size has considerably less effect than the ear shape. The measurement results have been validated by numerical calculation, and support the use of the specific anthropomorphic mannequin (SAM) standard head model.

    DOI: 10.1109/TEMC.2007.902189

    Web of Science

    researchmap

  • A Propagation Model Considering the Effect of Windows for 60GHz Automotive Radio Communications 査読

    A. Yamamoto, K. Ogawa, T. Horimatsu, K. Sato, M. Fujise, H. Shirai

    Proc. of 3rd International Conference on Electromagnetic Near-Field Characterization and Imaging   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 皮膚組織の含水率がミリ波帯電波照射時の温度上昇に与える影響

    金崎昭夫, 酒井泰二, 渡辺聡一, 白井宏

    電子情報通信学会 電磁環境工学研究会 資料   EMCJ-2007-3   13 - 18   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 同一周波数繰り返しDPC-OF/TDMAシステムにおける高速フェージング環境下で の逐次型チャネル推定を用いた下りリンク制御情報スロットの最尤推定受信法に関する検討

    神山 真彦, 船田 龍平, 木村 亮太, 原田 博司, 白井 宏

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会 資料   RCS-2006-183 ( 478 )   49 - 54   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 並列伝送化されたPR-DSMAプロトコルの移動通信環境における基礎伝送特性

    吉房 裕司, 原田 博司, 白井 宏

    電子情報通信学会技術研究報告   RCS2006-201   37 - 42   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Accurate ray-launching analysis for indoor propagation through a high lossy wall 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    2007 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM, VOLS 1-12   2764 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • Cyclic shifted-and-extended codes based on a Quasi-Orthogonal sequence for a CDM transmission scheme 査読

    Kazuyuki Shimezawa, Hiroshi Harada, Hiroshi Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E89B ( 11 )   2998 - 3007   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    We have developed a code-division-multiplexing (CDM) transmission scheme for future road-vehicle communication systems, which uses cyclic shifted-and-extended (CSE) codes generated from a basic code with superior auto-correlation characteristics. This paper proposes to use a Quasi-Orthogonal (QO) sequence as the basic code. Its auto-correlation values are zero except at zero and middle shifts. When the CDM transmission is performed by the CSE codes based on the QO sequence, a desired correlation value is, at a receiver, interfered by the auto-correlation value at middle shift. Therefore, an elimination technique for the interfered correlation value is proposed and realizes zero cross-correlation characteristics within the cyclical shift interval. The new CDM transmission scheme based on the proposed scheme is evaluated by computer simulations in terms of the bit-error-rate performance.

    DOI: 10.1093/ietcom/e89-b.11.2998

    Web of Science

    researchmap

  • Prediction of Road Undulation Based on Two-Ray Model

    Amornchai Amornthipparat, Hiroshi Shirai, Atsushi Yamamoto, Koichi Ogawa

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-06-98   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • レイランチング法を用いた簡易室内伝搬解析~損失媒質透過の場合の精度向上について~

    佐藤亮一, 佐藤 寛, 白井 宏

    電気学会 電磁界理論研究会   EMT-06-100 ( 86 )   79 - 84   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Road Undulation Estimation Based on Two-Ray LOS Propagation Model 査読

    Amonrnchai Amornthipparat, Hiroshi Shirai, Atsushi Yamamoto, Koichi Ogawa

    Proc. of First International Conference on Communications and Electronics   273 - 276   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Hanoi University of Technology  

    researchmap

  • Reconstruction of Polygonal Cylindrical Targets from Their Monostatic RCS 査読

    H. Shirai

    Proc. of IV-th International Workshop on Electromagnetic Wave Scattering (EWS2006)   3   9 - 13   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Gebze Institute、Turkey  

    researchmap

  • EM Wave Indoor Propagation Analysis by 3-D Adaptive SBR Method 査読

    K. Otoi, H. Wakabayashi, T. Ohno, A. Yamamoto, H. Shirai, K. Ogawa

    Proc. of 2006 Korea-Japan AP/EMCJ/EMT Joint Conference (KJJC-AP/EMCJ/EMT'06)   273 - 276   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • 3次元SBR法を用いた室内における電磁波伝搬解析

    音居 謙吾, 若林 弘隆, 大野 健, 山本 温, 白井 宏, 小川 晃一

    2006年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   B-1-46   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 1セル繰り返しDPC-OF/TDMAシステムにおける下りリンク制御情報スロットの最尤推定受信法

    神山真彦, 木村亮太, 船田龍平, 原田博司, 白井宏

    2006年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   B-5-10   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • アンダーサンプリングにおけるサンプリング周波数選択方法

    木村和紀, 國澤良雄, 白井宏

    2006年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   B-17-4   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Application of a MoM/FDTD-Hybred Method to Herical Dipole Antenna 査読

    P. Pongpaibool, S. Watanabe, S. Mochizuki, H. Shirai, T. Uno

    Proc. of EMC Europe 2006   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Technical University of Catalonia  

    researchmap

  • Target Estimation Algorithm for Large Polygonal PEC Bodies Using Their RCS Data 査読

    H. Shirai

    Proc. of 2006 China-Japan Advanced Workshop on Antennas and Microwave Technology   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Xidian University  

    researchmap

  • Numerical Simulation of Helical Dipole Antenna Using the MoM/FDTD-Hybrid Method 査読

    P. Pongpaibool, S. Watanabe, S. Mochizuki, H. Shirai, T. Uno

    Proc. of 2006 Progress in Electromagnetics Research Symposium   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:The Electromagnetic Academy  

    researchmap

  • A Ray-launching Estimation For Simple Indoor Wave Propagation Through High Lossy Walls 査読

    R. Sato, H. Sato, H. Shirai

    Proc. of 2006 Progress in Electromagnetics Research Symposium   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:The Electromagnetic Academy  

    researchmap

  • Accuracy Improvement of Ray-launching Approach for Indoor Wave Propagation Through High Lossy Walls 査読

    R. Sato, H. Sato, H. Shirai

    Proc. of 2006 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Spatial-Dependence of Warmth Sensation Caused by Millimeter-Wave Exposure 査読

    S. Watanabe, T. Konno, M. Hanazawa, K. Wake, Y. Suzuki, M. Kouzai, A. Nishikata, H. Shirai, M. Taki

    Proc. of 2006 Bioelectromagnetics Meeting   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Bioelectromagnetic Society  

    researchmap

  • A study on FDTD cell size for evaluating human head exposure to near EM field 査読

    H. Shirai, J. Ohisa, S. Mochizuki

    Proc. of 2006 ACES Conferences on Applied Computational Electromagnetics   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Applied Computational Elctromagnetic Society  

    researchmap

  • Reconstruction of polygonal cylindrical targets with curved surfaces from their monostatic RCS 査読

    H Shirai, Y Hiramatsu, M Suzuki

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E88C ( 12 )   2289 - 2294   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Target reconstruction algorithm from its monostatic radar cross section (RCS) has been proposed for polygonal cylinders with curved surfaces. This algorithm is based on our previous finding that the main contribution to the back scattering is due to edge diffracted fields excited at a facet of nearly specular reflection direction. Dimension of this constitutive facet of the target is estimated from the local maxima and its lobe width in the angular RCS variation. Half and quarter circular cylinders are used as canonical scattering objects, and their measured and numerically simulated monostatic RCS values have been studied extensively to find scattering pattern characteristic difference between flat and circularly curved surfaces. Thus estimated constitutive facets are connected in order, and this procedure will be continued until the distance between the first and the final edges would be minimized. Our algorithm has been tested for other targets, and it is found that it works well for predicting metal convex targets with flat and curved facets.

    DOI: 10.1093/ietele/e88-c.12.2289

    Web of Science

    researchmap

  • A new sampling frequency selection scheme in undersampling systems 査読

    Y Kunisawa, N Sahara, H Shirai, H Iwai

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E88B ( 11 )   4170 - 4175   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In software defined radio systems, placing the analog-to-digital converter (ADC) near the antenna part in the block diagram of the receiver is desired to improve the flexibility of the system. The radio frequency (RF) sampling method in which the received signal is sampled at the RF stage, realizes such structure. The undersampling is a potential method to sample the RF signal using the existing consumer ADCs because high speed ADCs are required in the traditional methods, such as Nyquist sampling or the oversampling of the RF signal. This paper presents a technique to determine the minimum sampling frequency to undersample the separated multiple wireless systems simultaneously. In addition, this paper proposes a frequency selecting scheme that enables selection of a lower sampling frequency by receiving at least the desired transmission channels in the wireless system signals. This paper also provides a result of performance analysis of the proposed scheme.

    DOI: 10.1093/ietcom/e88-b.11.4170

    Web of Science

    researchmap

  • 高周波近似による柱状散乱体の曲面推定-曲率が変化する場合-

    平松 義範, 白井 宏

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-05-67   37 - 42   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • A Study of Warmth Sensation Produced by Millimeter Wave Exposure 査読

    T. Konno, M. Hanazawa, S. Watanabe, M. Taki, H. Shirai

    Proc. of 28th General Assembly of International Union of Radio Science   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • Reconstruction of cylindrical metal targets using their Frequency and time domain RCS values 査読

    H. Shirai, Y. Hiramatsu

    Proc. of 28th General Assembly of International Union of Radio Science   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • Electromagnetic wave propagation estimation for wireless communication system 査読

    H. Shirai

    Proc. of 2005 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICEAA  

    researchmap

  • ミリ波帯電波における温熱知覚閾値の測定

    今野 豪, 花澤 理宏, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一, 多氣 昌生, 白井 宏

    2005年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   374 - 374   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 室内伝搬特性に対する壁内部の多重反射の効果について

    佐藤 亮一, 佐藤 寛, 白井 宏

    2005年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   "S - 9"-"S-10"   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Impact of the Gain/Phase Imbalance Between I and Q Channels for the DPC-OF/TDMA System 査読

    Kazuyuki Shimezawa, Hiroshi Harada, Hiroshi Shirai

    WPMC2005   TA28-7   VII-940 - VII-944   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Application of a MoM/FDTD-hybrid method to scattering problems including complex-shape antennas 査読

    S. Watanabe, S. Mochizuki, H. Shirai

    Proc. of EMC Europe Workshop 2005   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ミリ波帯電波における温熱知覚閾値の測定

    今野 豪, 花澤 理宏, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一, 多氣 昌生, 白井 宏

    URSI-K ワークショップ 資料   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • Cylindrical target reconstruction using RCS values 査読

    H. Shirai

    Proc. of 2005 Progress in Electromagnetics Research Symposium   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Electromagnetic Academy  

    researchmap

  • A SBR estimation for indoor wave propagation through dielectric walls 査読

    R.Sato, H. Sato, H. Shirai

    Proc. of 2005 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and USNC/URSI National Radio Science Meeting   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Antenna Measurement for Millimeter-Wave Exposure Setup 査読

    M. Hanazawa, T. Konno, R. Kumahara, K. Wake, S. Watanabe, M. Taki, H. Shirai

    Proc. of 2005 Bioelectromagnetics Meeting   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Bioelectromagnetic Society  

    researchmap

  • Frequency Characteristics of Power Absorption and of Temperature Elevation for Human Exposure to Millimeter Wave 査読

    T. Konno, M. Hanazawa, K. Wake, S. Watanabe, M. Taki, H. Shirai

    Proc. of 2005 Bioelectromagnetics Meeting   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Bioelectromagnetic Society  

    researchmap

  • 散乱体表面の多角柱近似に基づく曲面推定

    平松 義範, 白井 宏, 鈴木 雅史, 日高 史智

    電気学会 電磁界理論研究会   EMT-05-23 ( 14 )   59 - 64   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 3次元立体視装置を用いた都市空間中の対話的電磁波伝搬の可視化について

    牧野光則, 曹 暁逸, 白井宏, 篠田 庄司

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-05-24 ( 14 )   65 - 70   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 30GHz帯家兎眼曝露装置のリターンロス特性

    中田優, 今野豪, 熊原亮, 望月章志, 花澤理宏, 和氣加奈子, 渡辺聡一, 白井宏

    2005年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 光線追跡法を用いた室内電磁波伝搬に関する一考察

    佐藤 寛, 佐藤亮一, 白井宏

    2005年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 下りリンクDPC-OF/TDMAにおけるセル選択法に関する一検討

    小清水克, 神山真彦, 船田龍平, 原田博司, 白井宏

    2005年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 柱状散乱体の曲面部の推定について

    平松義範, 鈴木雅史, 日高史智, 白井宏

    2005年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • レンズアンテナを用いたミリ波曝露装置の開発

    今野豪, 熊原亮, 花澤理宏, 和氣加奈子, 渡辺聡一, 徳永類, 鈴木敬久, 多氣昌生, 白井宏

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会 資料   EMCJ-2005-23 ( 562 )   77 - 82   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    ミリ波曝露時の生体影響を詳しく調査するために, 我々は曝露実験を想定して60 GHzを対象とした曝露装置の開発を行ってきた.これまでの曝露装置では円形ホーンアンテナを用いていたが, ビームが広がり曝露対象のみへの照射が困難, 高強度な電力密度が得られない, といった問題点があった.そこで今回, それぞれ特性の異なるレンズアンテナを2台開発し, 電力密度と照射面積に関する特性を評価した.その結果, 1W入力時では各レンズアンテナの焦点付近において約1000 mW/cm^2と約2800 mW/cm^2の電力密度を生じ, 照射面積は約10 mmと約5.5 mmの直径を持つ円となることが示された.このことから3W程度の発振器により眼球熱障害影響や温熱知覚実験が可能となることを確認した.

    CiNii Books

    researchmap

  • アンダーサンプリングにおけるサンプリング周波数選択方法の検討

    佐原直宏, 國澤良雄, 岩井誠人, 白井宏

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会   RCS-2004-251 ( 597 )   91 - 96   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    ソフトウェア無線機では, 柔軟性を高めるためできるだけアンテナに近い位置にA/D変換器を置く構成が望ましい.それを実現する構成の一つとして, 受信した信号を高周波のままサンプリングするRF(Radio Frequency)サンプリングが考えられる.RFサンプリングにおいて, ナイキストサンプリングやオーバーサンプリングを用いるとA/D変換器に高速性が要求される.そのため, サンプリング方式としてナイキスト周波数以下の周波数でサンプリングを行なうアンダーサンプリングを用いることで実現性が増すと考えられる.本稿では, 一つのサンプリング周波数を用いたアンダーサンプリングにより, 複数の異なる周波数帯域にあるシステムの信号を同時にサンプリングするためのサンプリング周波数選択方法を提示する.さらに, 所望システム内の一つの伝送チャネルを受信する場合の, より低いサンプリング周波数選択方法の提案とその評価を行なう.

    CiNii Books

    researchmap

  • 光線追跡法を用いた簡易室内モデルの電磁波伝搬解析

    佐藤亮一, 佐藤寛, 白井宏

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-05-08   41 - 46   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 頭部局所曝露におけるFDTDセルサイズの依存性に関する一検討

    大久潤, 白井宏, 望月章志

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-05-10 ( 1 )   53 - 58   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A SBR algorithm for simple indoor propagation estimation 査読

    R Sato, H Sato, H Shirai

    2005 IEEE/ACES International Conference on Wireless Communications and Applied Computational Electromagnetics   810 - 813   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • ゼロ相互相関特性を有する巡回シフト巡回拡張型符号を用いた符号分割多重伝送

    示沢 寿之, 原田 博司, 白井 宏

    電子情報通信学会技術研究報告   RCS2004-211   1 - 6   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Study on an Undersampling System for Multi-band Receivers 査読

    Y. Kunisawa, N. Sahara, H. Shirai, H. Iwai

    Proc. of Global Mobile Congress   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CIE  

    researchmap

  • Performance Evaluation of a CDM Transmission Scheme Based on Sequences with Zero Cross-Correlation Characteristics 査読

    Kazuyuki Shimezawa, Hiroshi Harada, Hiroshi Shirai

    WPMC2004   WM6-6   V3-157 - V3-161   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A new iterative MoM/FDTD formulation for simulating human exposure to electromagnetic waves 査読

    S Mochizuki, S Watanabe, M Taki, Y Yamanaka, H Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E87C ( 9 )   1540 - 1547   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A new hybrid formulation has been derived for analyzing biological electromagnetic compatibility (Bio-EMC) problems by combining the frequency-domain Method of Moments (MoM) and the Finite-Difference Time-Domain (FDTD) method. This hybrid form is different from, and more direct than, the method previously proposed by Mangoud et al. Some numerical examples are given for the human head exposure field due to a half wavelength dipole and a one-wavelength loop antenna. Our iterative method is found to have fast convergence. In addition, our method works well for cases when the radiation antenna wires are not aligned with the FDTD lattice.

    Web of Science

    researchmap

  • A New Co-channel Estimation Method for the Downlink frame of DPC-OF/TDMA 査読

    M. Koshimizu, R. Funada, H. Harada, H. Shirai

    Proc. of 60th IEEE Vehicular Technology Conference (VTC2004-fall)   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 曲面を含む柱状散乱体の形状推定について

    鈴木雅史, 白井宏, 平松義範

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-04-89 ( 71 )   99 - 104   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A simple crack depth estimation method from backscattering response 査読

    H Shirai, H Sekiguchi

    IEEE TRANSACTIONS ON INSTRUMENTATION AND MEASUREMENT   53 ( 4 )   1249 - 1254   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    A depth estimation method for a crack on metal surfaces has been studied and a simple estimation formula and measurement method have been proposed. This formula is based on our previous theoretical analysis that the backscattering from a crack causes periodical nulls (dips) as the frequency changes, and the first dip occurs when the depth of the crack becomes nearly one-half the incident wavelength. Dependencies of the crack's aperture and the incident angle have also been studied and considered as our depth estimation parameters. Test measurement has been made to check the validity of our estimation procedure.

    DOI: 10.1109/TIM.2004830789

    Web of Science

    researchmap

  • A new CDM transmission scheme with cyclic shifted-and extended codes and a cancellation technique for accumulated cross-correlation values 査読

    K Shimezawa, H Harada, H Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E87B ( 8 )   2212 - 2221   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    We have developed a code-division-multiplexing (CDM) transmission scheme for future cellular communication systems, which uses cyclic shifted-and-extended (CSE) codes generated from an M-sequence to enable seamless communication in highly mobile environments. Because the correlation characteristics of CSE codes are determined by the M-sequence, the cross-correlation values are accumulated as a result of combining transmitted signals with opposite polarities in parallel channels. The accumulated cross-correlation values significantly degrade transmission performance, especially with multi-level modulation schemes such as quadrature amplitude modulation (QAM). We thus propose a cancellation technique to eliminate the accumulated cross-correlation values. We have evaluated the transmission performance of the CDM transmission scheme with the proposed technique by computer simulation. The new scheme enables high-quality data transmission in fast-fading channels.

    Web of Science

    researchmap

  • Cylindrical target reconstruction using their frequency and time domain RCS values 査読

    H. Shirai, S. Suzuki, K. Ono

    Proc. of 2004 International Symposium on Antennas and Propagation   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • Development of a Millimeter-Wave Exposure Setup for Rabbit Eyes 査読

    M. Hanazawa, R. Kumahara, S. Mochizuki, K. Wake, S. Watanabe, M. Taki, Y. Kamimura, Y. Yamanaka, H. Shirai

    Proc. of 2004 Asia-Pacific Radio Science Conference   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CIE  

    researchmap

  • 疫学調査のための曝露評価指標に関する検討

    望月章志, 和氣加奈子, 渡辺聡一, 山中幸雄, 白井宏, 多氣昌生

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会 資料   EMCJ-2004-37   1 - 4   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Numerical Techniques of Realistic Modelings and of Large-Scale Simulation for Dosimetry of Human-Body Exposure to Radiofrequency Waves 査読

    S. Watanabe, Y. Yamanaka, S. Mochizuki, H. Shirai, Y. Tanaka, M. Takahashi, T. Uno, J. Wang, O. Fujiwara, M. Taki

    Proc. of 2004 IEEE MTT-S International Microwave Symposium   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 下りリンクDPC-OF/TDMAにおける適応変調のための干渉推定方式に関する一検討

    小清水克, 船田龍平, 原田博司, 白井宏

    電気情報通信学会 無線通信システム研究会 資料   RCS-06-18 ( 123 )   55 - 60   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    本稿では,DPC-OF/TDMA(Dynamic Parameter Controlled-OF/TDMA)における課題の一つである他セルからの信号干渉の回避方式として,干渉状況に応じた適応変調を行うため,希望波信号電力対他セル干渉波信号電力比(Desired signal to Undesired signal power ratio:DUR)を推定する干渉推定方式を提案する.新世代移動通信システムDPC-OF/TDMAは,周波数利用効率向上の観点から,全基地局において同一周波数を用いて通信を行うため,下りリンクにおいて,セル境界付近で他セルからの複数の信号が干渉信号として自セルの信号に影響し,伝送品質の劣化が起こる.そのような影響を軽減させるため,DURを推定し,その値に応じて適応変調を行う干渉回避方式が考えられる.本稿では,干渉推定に用いるサブキャリア数を増やすことにより推定精度を高めた干渉推定方式を提案し,マルチセル環境における推定性能を,計算機シミュレーションにより評価する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 60GHz帯家兎眼ばく露装置の近傍界特性

    熊原亮, 望月章志, 花澤理宏, 和氣加奈子, 渡辺聡一, 多氣昌生, 上村佳嗣, 白井宏

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会 資料   EMCJ-2004-23 ( 150 )   53 - 60   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    本報告では,ミリ波(60GHz)の眼での影響を調査するためのばく露装置開発にともない,ばく露装置の近傍界特性の測定を行った.眼に限定した影響を調査するため,測定結果をもとに家兎眼に均一かつ局所的なばく露を可能とするアンテナおよび照射距離を検討した.その結果,円形ホーンアンテナ(QUINSTAR社製:QWH-VCRROO)が比較的均一かつ局所的なばく露を可能とし,アンテナから2〜3cm程度の距離に家兎眼を配置することにより,家兎眼に対して均一かつ局所で高強度のばく露が実現されることがわかった.

    CiNii Books

    researchmap

  • ミリ波帯電波の温感特性に関する基礎検討

    今野豪, 望月章志, 花澤理宏, 和氣加奈子, 渡辺聡一, 多氣昌生, 白井宏

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会 資料   EMCJ-2004-24   61 - 66   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Validation of exposure evaluation based on numerical simulations for cellular-phone epidemiological study 査読

    S. Mochizuki, S. Watanabe, M. Taki, Y. Yamanaka, H. Shirai

    Proc. of International Non-Ionizing Radiation Workshop & Symposium   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICNIRP  

    researchmap

  • A new hybrid MoM/FDTD method for antennas located off the Yee's lattice 査読

    S. Mochizuki, S. Watanabe, M. Taki, Y. Yamanaka, H. Shirai

    Proc. of 2004 URSI International Symposium on Electromagnetic Theory   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • Size of Head Phantoms for Standard Measurements of SAR Due to Wireless Communication Devices 査読

    Shoji Mochizuki, Soichi Watanabe, Masao Taki, Yukio Yamanaka, Hiroshi Shirai

    Electronics and Communications in Japan, Part I: Communications (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   87 ( 4 )   82 - 91   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In recent years, a project on the standardization of measurement methods for the head specific absorption rate (SAR) while using cellular phones has been in progress in Japan, Europe, and the United States. In order to achieve international coordination, it is desirable that head phantoms of the same shape be used in all countries
    these are based on statistical data on European and American human sizes. However, the validity of application to the Japanese standard head phantoms which are generally of a larger size than the Japanese human size has not been established. Consequently, SAR measurements are made in this study with head phantoms based on the 90th-percentile values of the head shape statistics of Europeans and Americans (E/A) and head phantoms based on the average Japanese adult male head shape (JP) in order to investigate the dependence of the head SAR on the phantom size. A numerical simulation is also performed, and the effect of the head phantom size on the current distribution on a cellular phone is also investigated. Based on these studies, it is found that the effect of the head phantom characteristics on the head SAR is small compared to the effect of the position of the cellular phone in the measurements, and that the effect on the current distribution on the cellular phone is also small. It is shown that for all three types of cellular phone models, that is, thick, thin, and folding types, that the E/A phantoms have roughly the same or larger maximum local SAR values than the JP phantoms. © 2003 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/ecja.10083

    Scopus

    researchmap

  • 波源近傍電磁界による人体曝露量推定への数値混成解析手法適用に関する一検討

    望月章志, 渡辺聡一, 多氣昌生, 山中幸雄, 白井宏

    電気学会 電磁環境研究会資料   EMC-04-38   35 - 40   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • Frequency and Time Windowing Process for Isolating the RCS Target Spectra 査読

    H. Sekiguchi, H. Shirai

    Proc. of 8th Sino - Japan Joint Meeting on Optical Fiber Science and Electromagnetic Theory   313 - 318   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • マルチバンド受信機におけるアンダーサンプリングの一検討

    國澤良雄, 佐原直宏, 岩井誠人, 白井 宏

    電子情報通信学会 移動通信ワークショップ 資料   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 後方散乱断面積を用いた凸型柱状散乱体の再構成について 査読

    小野 憲治, 白井 宏, 有竹 壮太

    電子情報通信学会論文誌C   J87-C ( 3 )   296 - 302   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    凸型柱状の導体散乱体からの後方散乱断面積の角度変化から,もとの形状を再構成する方法について提案している.本手法は,柱状散乱体に平面電磁波が入射した場合の後方散乱断面積を高周波漸近解法である幾何光学的回折理論(GTD)を用いて解析した理論解析の考察に基づいている.観測(入射)角の角度変化に伴って生じる後方散乱断面積の極大値の様子から散乱体を構成する各平板の寸法を推定し,それらを接続することによって散乱体の形状を再構成している.こうして再構成した形状は,その形状に対するRCSを理論解析シミュレーションして,推定に用いたもとのRCSデータとの比較により,本アルゴリズムを用いて推定した形状の妥当性について調べた.導体散乱体モデルを作成し,その後方散乱断面積の測定値に対して適用した結果,本方法は凸型柱状散乱体に対し,各平板の寸法を精度良く推定できること,全体形状を良好に再現することが可能であることが明らかになった.

    CiNii Books

    researchmap

  • ミリ波帯電波伝搬特性に対する自動車の影響について

    若林弘隆, 森智和, 山本温, 白井 宏, 小川晃一, 佐藤勝善, 藤瀬雅行, 堀松哲夫

    2004年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • アンダーサンプリング型受信機におけるアンプリングジッタに関する考察

    佐原直宏, 國澤良雄, 岩井誠人, 白井 宏

    2004年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 下りリンクDPC-OF/TDMAにおける干渉推定方式に関する一検討

    小清水克, 船田龍平, 原田博司, 白井 宏

    2004年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 誘電体平板間の電波伝搬特性に関する一考察

    佐藤亮一, 白井 宏

    2004年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 60GHz家兎眼ばく露装置のリターンロス特性

    熊原亮, 望月章志, 花澤理宏, 和氣加奈子, 渡辺聡一, 山中幸雄, 多氣昌生, 上村佳嗣, 白井 宏

    2004年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   368   368 - 368   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 線状ループアンテナへのMoM-FDTD混成法適用に関する検討

    望月章志, 渡辺聡一, 多氣昌生, 山中幸雄, 白井 宏

    2004年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   387 - 387   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Cyclic shifted-and-extended codes based on almost perfect autocorrelation sequences for CDM transmission scheme 査読

    Kazuyuki Shimezawa, Hiroshi Harada, Hiroshi Shirai

    2004 IEEE 60th Vehicular Technology Conference, VTC2004-Fall, VOLS 1-7   5087 - 5091   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    For future cellular communication systems, we have developed a code-division-multiplexing (CDM) transmission scheme based on cyclic shifted-and-extended (CSE) codes generated from a basic code with superior auto-correlation characteristics in order to realize seamless communication in high-speed mobile environment. In this paper, an almost perfect auto-correlation sequence is used as the basic code, and its autocorrelation values are zero except at zero and middle shifts. Moreover. we propose an elimination technique for interference caused by the correlation value at the middle shift. The proposed technique can realize perfect correlation characteristics within the cyclical shifted chips by adding a simple calculation at a receiver. The proposed scheme is evaluated by computer simulations in terms of the bit-error-rate performance for various code lengths of the basic code.

    DOI: 10.1109/VETECF.2004.1405068

    Web of Science

    researchmap

  • Radio wave propagation analysis for a simple indoor model 査読

    R Sato, H Shirai

    IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY SYMPOSIUM, VOLS 1-4 2004, DIGEST   1648 - 1651   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • A new iterative MoM/FDTD analysis for EM scattering by a loop antenna 査読

    S Mochizuki, S Watanabe, M Taki, Y Yamanaka, H Shirai

    IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY SYMPOSIUM, VOLS 1-4 2004, DIGEST   1495 - 1498   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • An adaptive beam division for a visual simulation of high frequency electromagnetic wave propagation 査読

    XY Cao, M Makino, H Shirai, S Shinoda

    2004 JOINT CONFERENCE OF THE 10TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS AND THE 5TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MULTI-DIMENSIONAL MOBILE COMMUNICATIONS, VOLS 1 AND 2, PROCEEDINGS   710 - 714   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we propose an adaptive beam division method for a visual simulation of high frequency electromagnetic wave propagation. In order to guarantee the correctness of visualization and calculate electromagnetic wave power within beam (transformation from beam data to, volume data) with low computational cost, an adaptive beam division technique is introduced into the beam data structure. By implementation of the proposed method, one can transform beam, data to volume data more correctly with lower computational cost and visualize the high frequency electromagnetic wave propagation by a so-called ray-casting algorithm, which is one of the most useful methods in computer graphics.

    Web of Science

    researchmap

  • Electromagnetic scattering analysis for crack depth estimation 査読

    H Sekiguchi, H Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E86C ( 11 )   2224 - 2229   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A simple non-destructive depth estimation method for a crack on a metal surface has been proposed. This method is based on our finding that the electromagnetic back scattering from a narrow trough (crack model) on the ground plane causes periodical nulls (dips) as the frequency changes, and the first dip occurs when the depth of the crack becomes nearly one half of the incident wavelength. Dependencies of the crack's aperture and the incident angle have also been studied from rigorous and numerical analyses, and considered as our depth estimation parameters. A simple estimation formula for a crack depth has been derived from these studies. Test measurement has been made to check the accuracy of our estimation formula. Time domain gating process is utilized for isolating the crack scattering spectra buried in the measured frequency RCS data. Tested crack types are a. narrow rectangular, a tapered, and a stair approximated crack shapes. It is found that the depth of these cracks can be measured within 3 percent error by our estimation method.

    Web of Science

    researchmap

  • 電子情報通信学会普及啓発活動事業,小中高生に対する科学教室

    牧野 光則, 井戸せい子, 白井 宏

    電子情報通信学会会誌   86 ( 11 )   878 - 883   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    本会の普及啓発活動事業の一つとして行われている,「小・中・高生に対する科学教室」は,約7年前から開始され,その後,「子供の科学教室基金」を設立・運用して,順調に展開している.平成12,13年度に文部科学省(開始時点では文部省)の委託事業として行われた「科学系博物館活用電子情報通信学会&中央大学ネットワーク推進協議会」の活動報告と併せて,その概要について報告する.

    CiNii Books

    researchmap

  • Numerical Analysis of Electromagnetic Interference of A Cardiac Pacemaker in Realistic Voxel Models of Japanese Adult Male and Female 査読

    R. Kumahara, S. Mochizuki, S. Watanabe, M. Hanazawa, Y. Yamanaka, H. Shirai

    Proc. of 6th International Congress of the European Bioelectromagnetics Association   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 3次元空間における電磁波伝搬の可視化について

    関口秀紀, 大久潤, 白井宏

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMt-03-53   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • Performance Evaluation of a New CDM Transmission Scheme with CSE Codes and Cross-Correlation Cancellation Technique in Fast Multipath Fading Channel 査読

    K. Shimezawa, H. Harada, H. Shirai

    Proc. of 6th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC '03)   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • Crack depth estimation by back scattering response 査読

    H. Sekiguchi, H. Shirai

    Proc. of 2003 IEEE Topical Conference on Wireless Communication Technology   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • A CDM Transmission Scheme with Cancellation Technique for Accumulated Cross-Correlation Values 査読

    K. Shimezawa, H. Harada, H. Shirai

    Proc. of 2003 Vehicular Technology Conference (VTC2003-fall)   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • ミリ波帯電波の人体入射時における電力吸収特性

    今野豪, 望月章志, 熊原亮, 花澤理宏, 和氣加奈子, 渡辺聡一, 山中幸雄, 白井 宏

    2003年 電子情報通信学会ソサイエティ大会 講演論文集   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 任意の方向に配置された線状アンテナへのMoM-FDTD混成法適用に関する検討

    望月章志, 渡辺聡一, 多氣昌生, 山中幸雄, 白井 宏

    2003年 電子情報通信学会ソサイエティ大会 講演論文集   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 高速適応変調方式を用いたOFDM/TDD移動無線通信システムに関する一検討

    小清水 克, 示沢寿之, 白井 宏, 原田博司

    電子情報通信学会 ソサエティ大会   B-5-69   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:中国語  

    researchmap

  • CDMを用いたワイヤレスアクセスシステムにおける相互相関低減方法に関する一検討

    示沢寿之, 原田博司, 白井 宏

    電子情報通信学会 ソサエティ大会   B-5-36   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高周波漸近級数の高次項について 査読

    白井 宏

    電子情報通信学会 和文論文誌B   J86-B ( 9 )   1776 - 1776   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 後方散乱を用いたテーパー型クラックの深さ推定

    関口秀紀, 白井 宏

    2003年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • ミリ波帯用ばく露装置開発のための基礎検討

    熊原亮, 望月章志, 渡辺聡一, 和氣加奈子, 花澤理宏, 山中幸雄, 白井 宏

    2003年電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • An Interactive Visualization of High Frequency Electromagnetic Wave Propagation on the CAVE 査読

    X. Cao, M. Makino, H. Shirai, S. Shinoda

    Proc. of The 3rd CAVE-Programming Workshop   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 断面形状が異なるクラックの深さ推定とその誤差についての検討

    関口秀紀, 白井宏

    電気学会 電磁界理論研究会   EMT-03-27   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • A simple estimation formula for a crack depth using the RCS dip 査読

    H. Sekiguchi, H. Shirai

    Proc. of 2003 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Simplified Analysis of Indoor Radio Wave Propagation At 2.4GHz Band 査読

    R. Sato, K. Hayashi, Hiroshi Shirai

    Proc. of 2003 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 日本人数値人体モデルを用いた携帯電話の心臓ペースメーカ影響評価に関する検討

    熊原 亮, 望月 章志, 渡辺 聡一, 山中 幸雄, 白井 宏

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会 資料   103 ( 101 )   7 - 12   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    本研究では,携帯電話等の通信機器から発射される電波が,植込み型ペースメーカに与える影響について理論的に検討した.MRI画像から得られたデータを基に製作した日本人成人男女の数値人体モデル内に,植込み型ペースメーカ,リード線及び電極をモデル化し,FDTD(Finite Diffrence Time Domain)法を用いて数値解析を行った.その結果,本研究で検討した日本人モデルでは,これまで検討されてきた欧米人モデルよりもペースメーカ回路に誘起する電圧が小さいことを明らかにした.また,日本人男性モデルに比べ,日本人女性モデルの方が誘起電圧が小さくなることを明らかにした.さらに,均質直方体モデルを用いた従来の実験的評価方法が最も安全側の評価を与えることも明らかにした.

    CiNii Books

    researchmap

  • A simple crack depth estimation method by using monostatic RCS 査読

    Hiroshi Shirai, H. Sekiguchi

    Proc. of 2003 IEEE Instrumentation & Measurement Technology Conference   1143 - 1146   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 漸近解法を用いた高周波散乱解析のシミュレーション

    白井宏

    電子情報通信学会 マイクロ波シミュレータ研究会 資料   28 - 34   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 時間領域ゲーティング処理法に基づくクラックの深さ推定誤差

    関口秀紀, 白井宏

    2003年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   5   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • MoM-FDTD混成法を用いたダイポールアンテナ近傍の頭部SAR解析

    望月章志, 渡辺聡一, 多氣昌夫, 山中幸雄, 白井宏

    2003年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   B-4   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 2.4GHz帯の室内電磁波伝搬モデリングに関する一考察

    佐藤亮一, 林圭, 白井宏

    2003年 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   C-1-13   13   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • ウェーブレット解析を用いた電磁波散乱応答の処理

    森智和, 白井宏

    2003年 電子情報通信学会 総合大会   C-1-21   21   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • A proposal of overfill CDM transmission scheme for future road-vehicle communication systems 査読

    K Shimezawa, H Harada, H Shirai, M Fujise

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E86B ( 1 )   68 - 78   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In order to realize a future seamless high-speed road-vehicle communication system, we have proposed using code division multiplexing (CDM) radio transmission scheme by using cyclic shifted-and-extended (CSE) codes as spread codes. As the CSE codes are generated by cyclically shifting and extending a conventionally used code, the number of codes generated from a code is limited to the length of the shift interval and the tolerable period of delayed waves also depends on the length. In this paper, based on CSE codes, we propose a method to minimize the length of the shift interval and a cancellation technique with a simple calculation in order to eliminate the interference from delayed waves caused by the reduction of the length of shift interval. The concept and the BER performances in AWGN, two-paths, and multi-path fading environments are described in this paper. As a result, the maximum transmission rate of CSE-based-CDM transmission per one-code using the newly proposed transmission scheme is 3 times as large as that using conventional CSE codes and DQPSK-CDM transmission scheme.

    Web of Science

    researchmap

  • Crack depth estimation algorithm from RCS returns 査読

    Hidenori Sekiguchi, Hiroshi Shirai

    Proc. of 2003 Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2003)   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • Reconstruction algorithm for convex polygonal objects using RCS values 査読

    Kenji Ono, Hiroshi Shirai, Mitsunori Makino, Junhi Chao

    Proc. of 2003 Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2003)   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • MoM-FDTDハイブリッド法の生体電磁環境問題への適用

    望月章志, 渡辺聡一, 多氣昌夫, 山中幸雄, 白井宏

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会 資料   EMCJ-2002-101 ( 1 )   31 - 37   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Simplified analysis for indoor propagation of a WLAN channel 査読

    R Sato, H Shirai

    2003 IEEE TOPICAL CONFERENCE ON WIRELESS COMMUNICATION TECHNOLOGY   248 - 249   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • Novel iteration procedures of a hybrid method combining MoM and scattered-field FDTD method for electromagnetic dosimetry 査読

    S Mochizuki, S Watanabe, M Taki, Y Yamanaka, H Shirai

    2003 IEEE TOPICAL CONFERENCE ON WIRELESS COMMUNICATION TECHNOLOGY   200 - 201   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • 都市空間における電磁波伝搬測定

    大久保洋伸, 中西泰介, 白井宏

    電気学会電磁界理論研究会資料   EMT-02-75   83 - 88   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 後方散乱断面積を用いたクラックの深さ推定

    関口秀紀, 白井宏, 佐藤亮一

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-02-67   35 - 40   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • RCS値を用いた柱状散乱体の形状認識とその評価についてI-周波数領域における検討-

    小野憲治, 相澤朋之, 白井宏

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-02-92   1 - 6   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • RCS値を用いた柱状散乱体の形状認識とその評価についてII-時間領域における検討-

    鈴木慎二郎, 小野憲治, 白井宏

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-02-93   7 - 12   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 自動車モデルによる高周波散乱解析

    白井宏

    電子情報通信学会 2002年ソサイエティ大会 講演論文集   299 - 300   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Detail dosimetric asessment of a human head exposed to near-field of various sources using advanced numerical hybrid techniques 査読

    Shoji Mochizuki, Soichi Watanabe, Kanako Wake, Masao Taki, Yukio Yamanaka, Hiroshi Shirai

    Proc. of URSI XXVII-th General Assembly   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • Radio wave propagation inside two adjacent partially dielectric loaded trough 査読

    Roichi Sato, Hiroshi Shirai

    Proc. of URSI XXVII-th General Assembly   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • 近傍波源の近傍界特性と人体内電磁界分布との関係

    望月章志, 渡辺聡一, 和氣加奈子, 多氣昌夫, 山中幸雄, 白井宏

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会 資料   EMCJ-2002-70 ( 210 )   1 - 5   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    近傍界の特性が異なる波源による頭部内ばく露特性への影響を評価するために,理想的な電磁波放射波源が近傍に存在する場合の不均一組織の数値頭部モデル内電磁界レベルを有限差分時間領域シミュレーションにより計算した.頭部近傍に位置する電磁波放射波源の近傍界特性の違いが頭部内の電磁界分布に大きく影響することが示された.さらに,半波長ダイポールと微小電気ダイポールの場合,頭部内の電磁界,電流密度やSARは,入射電界よりもむしろ入射磁界に依存していることが示唆された.

    CiNii Books

    researchmap

  • An adaptive beam tracing for visual simulation of ray propagation in wirreless communication systems 査読

    Mitsunori Makino, Xiaoyi Cao, Hiroshi Shirai, Shoji Shinoda, Kenji Kawakita

    Proc. of The International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • 後方散乱断面積を用いたクラックの深さ推定

    関口秀紀, 白井 宏, 佐藤亮一

    電気学会 電磁界理論研究会 資料   EMT-02-54   7 - 12   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • Experimental crack depth estimation by EM Waves 査読

    Hidenori Sekiguchi, Hiroshi Shirai, Ryoichi Sato

    Proc. of 2002 IEEE AP-S Intenational Symposium and USNC/URSI National Radio Science URSI Meeting   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Overfill CDMを用いたDSRCシステムの高速伝送化に関する一検討

    示沢 寿之, 原田 博司, 白井 宏, 藤瀬 雅行

    電子情報通信学会技術研究報告   ITS2002-3   13 - 18   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 携帯電話の頭部 SAR 測定法で用いる頭部ファントムのサイズに関する検討 査読

    望月章志, 渡辺聡一, 白井宏, 多氣昌生, 山中幸雄

    電子情報通信学会 和文論文誌 B   J85-B ( 5 )   640 - 648   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    最近,我が国をはじめ欧米諸国では携帯電話使用時の頭部SAR測定法の標準化作 業が進められており,国際的な整合性を図るために,各国で欧米人体型寸法統計データ に基づいた同一形状の頭部ファントムを使用することが求められている. しかし,日本人と比べて全体的な形状が大きい標準頭部ファントムを日本 人に適用することの妥当性は十分に示されていない. そこで,本研究では,欧米人の頭部形状統計データの90パーセンタイル値に基づく頭部ファントム(E/A)と平均的な日本人成人男性頭部形状に基づく頭部ファントム(JP)を用いたSAR測定を行ない,頭部SARのファントムサイズへの依存性について検討を行なった.

    CiNii Books

    researchmap

  • 電磁波を用いた導体表面上のクラックの深さ推定に関する一考察 査読

    関口秀紀, 白井宏, 佐藤亮一

    電気学会論文誌   122A ( 12 )   1011 - 1016   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電気学会  

    An algorithm to estimate non-destructively the depth of a crack has been proposed in this paper using electromagnetic waves. From our theoretical study of the scattering by a trough on a conducting surface, it is found that periodical sharp dips in the scattering return occur as one sweeps the operation frequency, and the first dip frequency corresponds to the crack depth. Based on this observation, corelation curves between the first dip frequency and the crack depth have been made.

    researchmap

  • ビル屋上に設けられたアンテナからの放射電磁界の可視化

    中西泰介, 渡邉智, 大久保洋伸, 白井宏

    2002年電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   21   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 窪みを持つ物体からの電磁波散乱

    相澤朋之, 白井宏

    2002年電子情報通信学会 総合大会 講演論文集   22   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 適応SBR法による高周波散乱解析と可視化

    白井宏

    電子情報通信学会 2002年総合大会 講演論文集   402 - 403   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Dynamic channel filtering processing method for multi-mode & multi-service software radio communciations system 査読

    R. Sawai, H. Harada, H. Shirai, M. Fujise

    Proc. of European Wireless 2002   546 - 550   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 電波伝搬ビジュアル・シミュレーションのための適応ビーム・トレーシングの改良

    曹暁逸, 牧野光則, 白井宏, 篠田庄司

    電子情報通信学会 回路とシステム研究会 資料   CAS-2001-98 ( 633 )   1 - 7   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    本論文では, 都市部における移動体通信基地局の配置支援を目的として, ビーム・トレーシング法を利用した電波伝搬のビジュアル・シミュレーション法を提案する.提案手法では, 従来法の問題点であったビーム分割法を改良して, 生成ビーム数を低減できる.そして, 得られたビーム集合をボリュームデータに変換することで, CGの主要技法であるレイ・キャスティング法により任意視点から見た画像を作成できる.さらに, ビーム生成, ボリュームデータ生成, 可視化の3者は独立しているため, 使用できるコンピュータ環境に応じてボリュームデータ並びに画像が作成できる.本論文で示した例では, 約30%のビーム数低減を確認した.

    CiNii Books

    researchmap

  • A high-speed DSRC system assisted by an overfill CDM for future seamless road-vehicle communication systems 査読

    K Shimezawa, H Harada, H Shirai, M Fujise

    IEEE 56TH VEHICULAR TECHNOLOGY CONFERENCE, VTC FALL 2002, VOLS 1-4, PROCEEDINGS   1307 - 1311   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In order to realize a future seamless high-speed road-vehicle communication system, we have proposed using code division multiplexing (CDM) radio transmission scheme by using cyclic shifted-and-extended (CSE) codes as spread codes. As the CSE codes are generated by cyclically shifting and extending a conventionally used code, the number of codes generated from a code is limited to the length of the shift interval and the tolerable period of delayed waves also depends on the length. In this paper, based on CSE codes, we propose a method to minimize the length of the shift interval:and a cancellation technique with a simple calculation in order to eliminate the interference from delayed waves caused by the reduction of the length of shift interval. The concept of the proposed scheme and the BER performances in AWGN, two-paths, and multipath fading environment are described in this paper. As a result, the maximum transmission rate of CSE-based-CDM transmission per one-code using the newly proposed transmission scheme is 3 times as large as that using conventional CSE codes and DQPSK-CDM transmission scheme.

    Web of Science

    researchmap

  • レーダ散乱量を用いた散乱体の形状推定についての研究

    白井宏, 趙晋輝, 牧野光則

    中央大学理工学研究所 共同研究発表資料   12 - 15   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • マルチモード・マルチサービスソフトウエア無線通信システムのためのサンプリング処理法に関する研究

    澤井亮, 原田博司, 白井宏, 篠田庄司

    中央大学 理工学研究所 発表会資料   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • マルチモード・マルチサービスソフトウェア無線通信システムのための動的なチャネル選択フィルタリング処理法に関する一検討

    澤井亮, 原田博司, 白井宏, 藤瀬雅行

    電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会資料   51 - 58   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • PSK-CDM及びQAM-CDMを用いた連続型DSRCシステム

    示沢 寿之, 原田 博司, 白井 宏, 藤瀬 雅行

    情報処理学会研究報告, ITS, [高度交通システム]   2001(109)   37 - 43   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頭部ファントムサイズが頭部内SARの計算に及ぼす影響について

    白井宏

    電子情報通信学会人体電磁ファントム研究会資料   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 複雑な形状の物体による散乱

    白井宏

    電気学会電磁界理論研究会資料   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • RCS値を用いた凸型形状散乱体の形状認識について

    小野憲治, 白井宏, 有竹壮太, 牧野光則, 趙晋輝

    電気学会電磁界理論研究会資料   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 電磁波を用いた導体平板上のクラック検出に関する一考察

    関口秀紀, 白井宏, 佐藤亮一

    電気学会電磁界理論研究会資料   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • An advanced DSRC system based on a code-division-multiplexing based radio transmission scheme 査読

    K.Shimezawa, H.Harada, H.Shirai, M.Fujise

    Proc. of The 2nd International Workshop on ITS Telecommunications   77 - 82   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 符号分割多重伝送方式を用いたDSRCシステムの基礎伝送特性

    示沢寿之, 原田博司, 白井 宏, 藤瀬雅行

    電子情報通信学会 ソサエティ大会   B-5-132   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Adaptive SBR Algorithm for Site Specific EM Wave Propagation Estimation 査読

    S. Watanabe, H. Shirai, M. Makino, S. Shinoda

    Proc. of 2001 Korea-Japan AP/EMC/EMT Joint Conference   94 - 97   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:KAIST  

    researchmap

  • Effect of Hand Holding a Cellular Phone on the SAR Distribution in the Head 査読

    S. Mochizuki, S. Watanabe, M. Taki, Y. Yamanaka, H. Shirai

    Proc. of 2001 Asia-Pasific Radio Science Conference   415   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • Electromagnetic wave scattering Analysis for Detecting Cracks 査読

    H.Shirai, R.Sato, H.Sekiguchi

    Proc. of 2001 URSI International Symposium on Electromagnetic Theory   129 - 131   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • Specific Absorption Rates in Head Phantoms of Different Shape and Size for Cellular Telephone Use 査読

    S.Watanabe, S.Mochizuki, H.Shirai, M.Taki, Y.Yamanaka

    Proc. of 2001 Asia-Pasific Radio Science Conference   272   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • High frequency EM scattering by automobile models 査読

    H.Shirai, K.Okawa, T.Hayashi

    Proc. of 2001 Progress in Electromagnetics Research Symposium   124   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • An adaptive symbol timing synchronization method for multi-mode & multi-service software radio communications system

    R Sawai, H Harada, H Shirai, M Fujise

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E84B ( 7 )   1885 - 1896   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A symbol timing synchronization method is proposed for the realization of a multi-mode and multi-service software radio receiver. The method enables an accurate search for the optimum symbol timing without ally redundant hardware such as sampling rate conversion devices. when the system clock is non-integer times for the target systems' symbol rates. Accordingly, a multimode and multi-service receiver can set an arbitrary system clock for the target system's symbol rates, and the number of A/D converters call bo reduced to the minimum. Also, it may lead to a reduction of the implementation time for digital signal processing hardware, and reduce the burden on the memory in a multi-mode and multi-service software radio receiver, since no sampling rate conversion is needed. Thf effectiveness of the proposed method for use with a multi-mode and multi-service software radio receiver for future ITS services. which are CPS (Global Positioning System). ETC (Electric Toll Collection system), and Japanese PHS (Personal Handy-phone System) is assumed, and the supposed system is evaluated by computer simulation. The jitter performance under an AWGN (Additive White Gaussian Noise) environment is first simulated, and the necessary number of over-samples and observation symbols are defined bq the value of jitter which gives a theoretical value of the BER, respectively. Moreover, the bit error rate performance under a fading environment condition where the attenuation of a signal level fluctuates more rapidly than in a noise environment is calculated, and it is shown that the proposed method enables an accurate search for the optimum synchronization timing caused by a cycle slip even if the signal level is quite low, and allows one handset to adopt a system clock for several systems.

    Web of Science

    researchmap

  • An Approximate Scattering Analysis for Detecting Cracks 査読

    R.Sato, H.Shirai

    Proc. of 2001 Progress in Electromagnetics Research Symposium   261   261   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PIERS  

    researchmap

  • Ray mode coupling analysis at the aperture of open cavities, 査読

    H.Shirai

    Proc. of 2001 International Workshop on Advanced Electromagnetics   22   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • Electromagnetic Wave Scattering by Two Rectangular Troughs on a Ground Plane -H Polarization Case- 査読

    R,Sato, H.Shirai

    Proc. of 2001 IEEE AP-S Intenational Symposium   4   742 - 745   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • マルチモード・マルチサービスソフトウエア無線通信システムのための適応マルチサンプリング処理法

    澤井亮, 原田博司, 白井宏, 藤瀬雅行

    和文論文誌 B   J84-B ( 7 )   1187 - 1197   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    一つの機器で複数の無線通信システムの同時処理を可能にするマルチモード・マルチサービスソフトウェア無線通信(MMSR:Multi-mode & Multi-service software Radio communications)システムが提案されている。本論文では, このようなシステムを一つのシステムクロックを用いて省スペースに実現する方法として, 稼動するシステムのシンボル(チップ)レートに応じてシステムクロックを決定し, その一つのシステムクロックをすべてのシステムに効率良く配分する適応マルチサンプリング処理法を提案する。提案方式の評価には, 将来的なITSサービスに向けたMMSR無線機を設計し, 白色ガウス雑音及び1波のレイリーフェージング環境下におけるビット誤り率について計算機シミュレーションを用いて評価する。

    CiNii Books

    researchmap

  • Shooting and Bouncing Ray Algorithm for Site Specfic Electromagnetic Wave Propagation Prediction, 査読

    H.Shirai, S.Watanabe, M.Makino, S.Shinoda

    Proc. of 4th international Symposium on Multi-Dimensional Mobile Communications (MDMC'01)   133 - 138   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • A visual simulation of ray propagation in the use of adaptive beam tracing for wireless communications systems 査読

    M.Makino, A.Ohsaki, H.Shirai, S.Shinoda

    Proc. of 4th international Symposium on Multi-Dimensional Mobile Communications (MDMC'01)   125 - 132   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • SAR distributions in head phantoms based on the haeds of European-American and Asian (Japanese) people 査読

    S.Watanabe, S.Mochizuki, H.Shirai, M.Taki, Y.Yamanaka

    Proc. of 2001 Annual Meeting of Bioelectromagentics   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Bioelectromagentics Society  

    researchmap

  • 地理情報を用いた都市部における電波伝搬シミュレーション

    白井宏, 渡辺智, 牧野光則, 篠田庄司

    第7回 統合型地理情報システムシンポジウム講演録(中央大学理工学研究所)   31 - 34   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • 頭部ファントム形状に対する最大局所SARの依存性に関する検討

    望月章志, 渡辺聡一, 多氣昌生, 山中幸雄, 白井宏

    2001年電子情報通信学会総合大会講演論文集   388 - 388   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 適応ビームトレーシングによる高周波電波伝搬のビジュアル・シミュレーション

    大崎晃, 牧野光則, 白井宏, 篠田庄司

    電子通信情報学会回路とシステム研究会資料   100(574) ( 574 )   23 - 30   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    移動体通信に用いられる高周波電波は直進性が強い.この性質を利用し, 電波を幾何光線(レイ)に近似するレイ・トレーシング法は電波伝搬領域を把握するために有効である.しかし, 有限数のレイのみの計算結果では, レイの存在しない領域に対して本来なら電波が伝搬しているか否かを判別することは困難である.本稿では, 基地局から射出したレイに隣接関係を持たせ, ビームを定義して伝搬領域の計算を行う.このとき, 電波の非伝搬領域をビームが含まないようにするため, 状況に応じて再帰的かつ適応的にレイを新たに生成し, かつ, ビームを分割することで, 任意の領域に対する電波の伝搬・非伝搬を効率的に区別でき, 伝搬領域の欠損を防ぐことができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • Applicability of impedance boundary condition for approximating a loaded trough on a ground plane

    R Sato, H Shirai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E84C ( 1 )   123 - 125   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    An electromagnetic wave scattering by a material loaded rectangular trough on a ground plane is approximately analyzed by using standard impedance boundary condition (SIBC). The validity of the derived approximate solution is examined by comparing with the rigorous: orle not only for the oblique incidence but also for the variation of both the filled material's parameters and the trough dimension. An applicability condition has been derived here for this trough structure.

    Web of Science

    researchmap

  • A feasibility of an adaptive sampling processing method for software defined radio 査読

    R Sawai, H Harada, H Shirai, M Fujise

    IEEE VTC 53RD VEHICULAR TECHNOLOGY CONFERENCE, SPRING 2001, VOLS 1-4, PROCEEDINGS   1892 - 1896   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A new adaptive sampling processing method is presented in order to integrate several radio communication systems by a system clock effectively. The proposed method can distribute a system clock adaptively for each integrated system by one sampler according to the target systems' symbol/chip rate. As an evaluation of the proposed method, a Multi-mode & Multiservice Software Radio (MMSR) communications system for future intelligent transport systems is designed, and the BER performances under additive white Gaussian noise (AWGN), one path and two-paths Rayleigh fading environments are evaluated by computer simulation.

    Web of Science

    researchmap

  • High frequency analysis of EM scattering by automobile models

    H.Shirai, T.Hayashi, K.Okawa

    Proc. of 2000 Optical Fiber Science and Electromagnetic Theory   255 - 258   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEJ  

    researchmap

  • Adaptive sampling processing method for multi-mode & multi-service software radio communications system

    R.Sawai, H.Harada, H.Shirai, M.Fujise

    Proc. of the 1st Workshop on ITS Telecommunications-ITST2000   245 - 250   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • マルチモード・マルチサービスソフトウェア無線通信システムのための適応マルチサンプリング処理法に関する一検討

    澤井亮, 原田博司, 白井宏, 藤瀬雅行

    電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会研究会資料   75 - 82   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 都市空間における電磁波伝搬解析と可視化について(2)

    渡邉智, 白井宏, 牧野光則

    電気学会電磁界理論研究会資料   EMT-00-73   45 - 50   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 導体平板上の二つの方形溝による平面電磁波の散乱-H偏波の場合-

    佐藤亮一, 白井宏

    電気学会電磁界理論研究会研究会資料   EMT-00-98   1 - 6   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • マルチモード・マルチサービスソフトウェア無線のための適応マルチサンプリング処理に関する一検討

    澤井亮, 原田博司, 白井宏, 藤瀬雅行

    電子情報通信学会 ソサエティ大会   B-5-17   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • IBC's applicability for approximating a loaded rectangular trough

    R.Sato, H.Shirai

    Proc. of 2000 International Symposium on Antennas and Propagation   Ⅰ   81 - 84   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • RCS analysis of plane wave scattering by finite parallel plate waveguide cavities

    H.Shirai, K.Watanabe

    Proc. of 2000 International Symposium on Antennas,Propagation,and EM Theory   451 - 454   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Electromagnetic Academy  

    researchmap

  • EM plane wave scattering by cracks

    H.Shirai, R.Sato

    Proc. of 2000 Progress in Electoromagnetics Research Symposium   1150   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Electromagnetic Academy  

    researchmap

  • 3次元空間における電波伝搬ビジュアル・シミュレーション

    大崎晃, 牧野光則, 白井宏, 篠田庄司

    日本シミュレーション学会第19回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス講演論文集   2000   173 - 176   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本シミュレーション学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • マルチモード・マルチサービスソフトウェア無線通信システムのための適応シンボルタイミング同期法に関する一検討

    澤井亮, 原田博司, 白井宏, 藤瀬雅行

    電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会資料   SR-00-04   25 - 32   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • CG技法を援用した移動体通信基地局配置支援

    牧野光則, 大崎晃, 白井宏, 篠田庄司

    第5回統合型地理情報システムシンポジウム論文集   25 - 31   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • マルチサービス・マルチモードソフトウェア無線機のための適応シンボルタイミング同期法

    澤井 亮, 原田博司, 白井 宏, 藤瀬雅行

    電子情報通信学会 総合大会   B- 5-101   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 自動車モデルによるレーダ散乱断面積

    大川和人, 白井宏, 林俊光

    2000年電子情報通信学会総合大会講演論文集   21   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 地理情報に基づいた電磁波伝搬の可視化

    矢野貴啓, 橋口弘一, 白井宏, 牧野光則, 篠田庄司

    2000年電子情報通信学会総合大会講演論文集   21 - 21   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Adaptive symbol timing synchronization method based on maximum likelihood estimation for the realization of multi-mode & multi-service software radio

    R Sawai, H Harada, H Shirai, M Fujise

    2000 IEEE 51ST VEHICULAR TECHNOLOGY CONFERENCE, PROCEEDINGS, VOLS 1-3   2   1276 - 1280   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper newly proposes an adaptive symbol timing synchronization method based on maximum likelihood estimation for the realization of multi-mode & multi-service software radio, which is possible to search accurately for the optimum symbol timing from digitally over-sampled signal without the rate conversion circuit when the system clock rate is non-integer times of the symbol rate for the received system. Thus we can realize multi-mode & multi-service software radio by minimum number of signal processing components like AID converter. Finally, we suppose the triple-mode receiver for ITS, which are Japanese Personal Handy-phone System (PHS), Electric Toll Collection (ETC) and Global Positioning System (GPS), and evaluate the jitter performance and bit error rate performance by computer simulation.

    Web of Science

    researchmap

  • Electromagnetic wave scattering by two rectangular troughs on a ground plane

    R Sato, H Shirai

    IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM, VOLS 1-4   Ⅰ   418 - 421   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • Plane wave scattering by staggered parallel plate waveguide cavities

    H Shirai, K Watanabe

    2000 5TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS, PROPAGATION AND EM THEORY PROCEEDINGS   451 - 454   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • 自動車モデルに対する電磁波の散乱

    白井宏, 林俊光

    電磁界理論研究会研究会資料   EMT-99-78   47 - 52   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 有限長平行平板導波管キャビティによる平面電磁波の多重散乱解析

    白井宏, 渡邊健一朗, 長谷川尚也, 関口秀紀

    電子情報通信学会 和文論文誌   J82-C-1 ( 11 )   625 - 632   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • A beam tracing method of ray propagation for wireless communication systems,

    M.Makino, A.Ohsaki, H.Shirai, S.Shinoda

    Proc. of 1999 Internaational Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'99)   2   891 - 894   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • 都市空間における電磁波伝搬解析と可視化について

    橋口弘一, 矢野貴啓, 白井宏, 牧野光則

    電気学会電磁界理論研究会資料   EMT-99-74   19 - 24   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 導体平板上の二つの方形溝による平面電磁波の散乱

    佐藤亮一, 白井宏

    電気学会電磁界理論研究会資料   EMT-99-123 ( 122 )   7 - 11   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 地理情報に基づいた電波伝搬の予測について

    白井宏, 牧野光則, 篠田庄司, 橋口弘一, 矢野貴啓

    第4回統合型地理情報システムシンポジウム講演録(中央大学理工学研究所)   43 - 48   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • 携帯電話使用時の頭部内SARに対する耳翼影響

    若林晴彦, 渡辺聡一, 多氣昌生, 山中幸雄, 白井宏

    電磁界理論研究会研究会資料   EMT-99-76 ( 71 )   31 - 40   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • General purpose symbol rate and symbol timing estimation method by using multi-resolution analysis besed on wavelet transform for multimode software radio

    R.Sawai, H.Harada, H.Shirai, M.Fujise

    Proc. of IEEE Vehicular Technology Conference (VTC) 1999   2128 - 2132   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/vetecf.1999.797314

    researchmap

  • EM wave scattering by cracks

    R.Sato, H.Shirai

    Proc. of XXXVI-th General Assembly of Internationl Union of Radio Science,   p.B3.15   B3.15   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • The peak specific absorption rate in a human head that has an ear lobe exposed to microwave from a cellular telephone

    S.Watanabe, H.Wakayanagi, T.Hamada, M.Taki, Y.Yamada, H.Shirai

    Proc. of XXXVI-th General Assembly of Internationl Union of Radio Science,   p.KA.6   KA.6   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:URSI  

    researchmap

  • A visual simulation for high frequency electromagnetic wave propagation

    A.Ohsaki, M.Makino, H.Shirai, S.Shinoda

    Proc. of The 1999 International Technical Conference on Circuits/Systems,Computer and Communications,   1   229 - 232   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • The location of the peak SAR in a human head with an earlobe exposed to microwave from a cellular telephone

    S.Watanabe, H.Wakayanagi, T.Hamada, M.Taki, Y.Yamanaka, H.Shirai

    Proc. of 21st Annual Meeting of Bioelectromagentics   248 - 249   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Electromagnetic Society  

    researchmap

  • An experimental study on the dependence of local SARS on a human ear during exposure to MW from a cellular telephone

    S.Watanabe, H.Wakayanagi, T.Hamada, M.Taki, Y.Yamanaka, H.Shirai

    Proc. of 1999 International Syposium on Electromagentic Compatibility   341 - 344   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Electromagnetic Academy  

    researchmap

  • 都市空間のボリュームデータ化に関する検討

    牧野光則, 白井宏, 篠田庄司, 大崎晃, 佐野太保

    第3回統合型地理情報システムシンポジウム講演録(中央大学理工学研究所)   19 - 22   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • 携帯電話によるMW曝露時における人体局所SARのピーク値に対する耳翼の影響に関する実験的検討

    若柳晴彦, 浜田哲也, 渡辺聡一, 多氣昌生, 白井宏, 山中幸雄

    1999年電子情報通信学会総合大会講演論文集   293   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • High frequency propagation prediction and estimation for wireless communication systems

    H Shirai

    1999 IEEE MTT-S SYMPOSIUM ON TECHNOLOGIES FOR WIRELESS APPLICATIONS DIGEST   117 - 120   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Proper site choice of base stations is important for establishing a stable and secure wireless communication channel. Accordingly, propagation prediction method, which can be easily implemented for high frequency wireless communication channel in urban environment should be developed. In this paper! basic idea of ray tracing technique to account for reflection and diffraction from ground and surrounding building structure will be discussed for propagation prediction in ur ban environment.

    Web of Science

    researchmap

  • A visual simulation of ray propagation for wireless communication systems

    M. Makino, A. Ohsaki, S. Shinoda, H. Shirai

    IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON   1   534 - 537   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In order to analyze the urban propagation environment of electromagnetic waves, we propose a beam tracing method with a subdivision technique, in which the beam is generated by three rays. According to reflection of the rays on the buildings or ground, additional rays are generated adaptively and the beam is subdivided automatically. After generation of the set of beams, we transform the electromagnetic wave propagation data into volume data. Then one can visualize the data of propagation at any viewpoint by the so-called ray casting algorithm, which is one of the most useful methods in computer graphics.

    DOI: 10.1109/TENCON.1999.818469

    Scopus

    researchmap

  • A visual simulation of ray propagation for wireless communication systems

    M. Makino, A. Ohsaki, S. Shinoda, H. Shirai

    IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON   1   534 - 537   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In order to analyze the urban propagation environment of electromagnetic waves, we propose a beam tracing method with a subdivision technique, in which the beam is generated by three rays. According to reflection of the rays on the buildings or ground, additional rays are generated adaptively and the beam is subdivided automatically. After generation of the set of beams, we transform the electromagnetic wave propagation data into volume data. Then one can visualize the data of propagation at any viewpoint by the so-called ray casting algorithm, which is one of the most useful methods in computer graphics.

    DOI: 10.1109/TENCON.1999.818469

    Scopus

    researchmap

  • EM scattering analysis by a loaded trough on a ground plane using SIBC - E polarization case

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    IEEE Antennas and Propagation Society International Symposium: Wireless Technologies and Information Networks, APS 1999 - Held in conjunction with USNC/URSI National Radio Science Meeting   4   2858 - 2861   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In this paper, based on the formulation of the Kobayashi and Nomura method, EM plane wave scattering by a material loaded trough on a ground plane is approximately analyzed by applying the simplest standard impedance boundary condition (SIBC). We adapted the SIBC to the eigen-function expansion. We have already presented the H polarization case in Sato and Shirai (1998). So the formulation is extended and derived here for the E polarization case. In order to check the validity of this approximation, numerical calculations have been done for various parameters. Differences between the E and H polarizations have been also discussed.

    DOI: 10.1109/APS.1999.789402

    Scopus

    researchmap

  • SIBCを用いた媒質装荷方形溝による散乱電磁界の近似解析

    佐藤亮一, 白井宏

    電磁界理論研究会資料   EMT-98-101   105 - 110   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 高層ビルの谷間における電磁波伝搬

    白井宏, 篠田庄司, 牧野光則, 田口東, 橋口弘一, 澤井亮

    第2回”統合型地理情報システムシンポジウム講演録(中央大学理工学研究所)   69 - 72   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • High frequency analysis of plane wave scattering by finite parallel plane waveguide cavities 査読

    H.Shirai, K.Watanabe, N.Hasegawa, H.Sekiguchi

    Proc. of 1998 Korea-Japan Joint Conference on Antennas Propagation, Electromagnetic Compatibilities, and Electromagnetic theory   137 - 140   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • Electromagnetic wave propagation down the urban canyons of high rise buildings 査読

    H.Shirai, K.Hashiguchi, R.Sawai, M.Makino, A.Taguchi, S.Shinoda

    Proc. of The 3rd International Symposium on Multi-Dimensional Mobile Communications.   348 - 351   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • 高周波曝露時における人体頭部局所SARに対する耳翼の影響に関する実験的検討

    若柳晴彦, 浜田哲也, 渡辺聡一, 多氣昌生, 白井宏, 山中幸雄

    電子情報通信学会 EMC研究会資料   EMCJ98-41 ( 285 )   7 - 14   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    携帯電話等を使用した場合のマイクロ波の近傍界曝露において, 耳翼の形状及び耳翼の有無が人体頭部に生じるSAR分布にどのような影響をおよぼすのかを実験的に評価した.本研究では, 5つの異なる形状の耳翼を有した頭部モデルを作製し, 脳等価液体ファントムで満たし, 頭部モデル内に生じる電界をプローブで測定することにより, それぞれの耳翼形状の違いによる頭部SAR分布の比較を行った.その結果, 耳翼の有無により頭部SARが大きく異なること.更に, 耳翼形状の違いにより, 頭部SAR分布が大きく異変化することが示された.また, 測定結果は数値計算結果と良好に一致することが確認された.

    CiNii Books

    researchmap

  • 小動物用MW局所暴露装置の実験および理論的評価の比較

    渡辺聡一, 若柳晴彦, 白井宏, 岡野好伸, 伊東公一, 多氣昌生

    1998年電子情報通信学会総合大会講演論文集,エレクトロニクス分冊   1   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • SIBCを用いた媒質装荷方形溝の散乱解析─E偏波入射の場合─

    佐藤亮一, 白井宏

    1998年電子情報通信学会総合大会講演論文集,エレクトロニクス分冊,掲載予定   1   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Transient impulsive response from an interface between two media-Spectral theory of transients analysis-

    H. Shirai, H. Sato, E. Heyman

    中央大学理工学研究所論文集   3   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • EM scattering analysis by a loaded trough on a ground using the SIBC

    R Sato, H Shirai

    IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM - ANTENNAS: GATEWAYS TO THE GLOBAL NETWORK, VOLS 1-4   2152 - 2155   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • 有限長平行平板導波管による平面電磁波の散乱解析について

    渡辺健一朗, 白井宏, 長谷川尚也, 関口秀紀

    電磁界理論研究会資料   EMT-97-34 ( 26 )   51 - 56   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 多角柱による平面電磁波の散乱解析

    林俊光, 白井宏, 関口秀紀

    1997年電磁界理論研究会資料   EMT-97-36   61 - 66   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • High frequency analysis for evanescent modal excitation of flanged parallel plane waveguides

    H. Shirai

    Proc. of Sino-Japanese Joint Meeting on Optical Fibre Science and Electromagnetic Theory   167 - 172   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 導体平板上に設けられた方形溝による平面電磁波の散乱─E偏波入射の場合─

    佐藤亮一, 白井宏

    新潟大学教育学部紀要,自然科学編   39 ( 1 )   1 - 9   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 媒質を装荷された方形溝による電磁波の散乱─インピーダンス境界条件を適用した近似解法─

    佐藤亮一, 白井宏

    1997年電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 エレクトロニクス分冊   1   17   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 非接触型液質計の検出特性

    外塚,都田, 白井, 江原,原田

    1997化学系7学協会連合東北地方大会講演予稿集   92   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:化学会  

    researchmap

  • 非接触型液質計による溶液の評価

    外塚,都田, 白井, 江原,原田

    シリコン材料・デバイス研究会信学技報   SDM-97-87   39 - 46   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Electromagnetic wave scattering by cracks -E polarization case- 査読

    R. Sato, H. Shirai

    Proc. of 1997 North American Radio Science URSI Meeting   303   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CNC and USNC for URSI  

    researchmap

  • Transient impulsive response from an interface between two media 査読

    H. Shirai

    Day on Diffraction '97 Abstracts   40   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Saint Petersburg University  

    researchmap

  • 電波暗室内におけるレーダ散乱断面積の測定に関する一検討 査読

    白井宏, 石川高暁, 渡邊雄二

    電気学会論文誌   117-A ( 5 )   531 - 536   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 導体平板上のギャップによる平面電磁波の散乱 査読

    佐藤亮一, 白井宏

    電子情報通信学会論文誌   J80-C-1 ( 5 )   179 - 185   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Plane wave scattering by cracks 査読

    R.Sato, H.Shirai

    Proc. of 1997 Progress in Electromagnetics Research Symposium   2   660   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:City University of Hong Kong  

    researchmap

  • GTD analysis for evanescent modal excitation 査読

    H Shirai, Y Matsuda, R Sato

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E80C ( 1 )   190 - 192   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A simple extension to treat evanescent modal excitation at the aperture of a parallel plane waveguide is shown here by GTD diffracted rays with complex propagation angles. Numerical comparison with other solution confirmed that our simple solution can be used for modal excitation estimation below the cut-off frequency.

    Web of Science

    researchmap

  • Electromagnetic plane wave scattering by a gap on a ground plane 査読

    Ryoichi Sato, Hiroshi Shirai

    Electronics and Communications in Japan, Part II: Electronics (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   80 ( 11 )   22 - 29   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley and Sons Inc.  

    In this paper, electromagnetic plane wave scattering by a gap on a ground plane is analyzed. First, a rectangular trough is used as a gap model to obtain the rigorous representation of the scattering field based on a method by Kobayashi and Nomura. Then the simple formulae for the case when the aperture width is electrically narrow are derived for both H and E polarization. Numerical calculation is performed to check the validity of the derived formulae for various gap widths and depths. It is shown that our numerical results are in good agreement with those obtained from rigorous representations when the width is less than 0.2 wavelength, regardless of the depth. Comparison with other approximate solutions for the narrow case is also discussed. © 1998 Scripta Technica.

    DOI: 10.1002/(SICI)1520-6432(199711)80:11<22::AID-ECJB3>3.0.CO;2-T

    Scopus

    researchmap

  • Acoustic analysis of plane wave transmission through a duct of a thick wall 査読

    R.Sato, H.Shirai

    Proc. of 3rd Joint Meeting of Acoustical Soc. of America and Acoustical Soc. of Japan   100 ( 4 )   2597   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ASA  

    researchmap

  • 導波・共振構造を有する物体による電磁波の散乱に関する研究(2)

    小林一哉, 白井宏

    中央大学理工学研究所年報,中央大学理工学研究所   ( 3 )   29 - 32   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • 導体平板間の間隙による電磁波回折について

    佐藤亮一, 白井宏

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-96-69 ( 55 )   129 - 138   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 誘電体導波路解析に伴う分岐積分評価について(2)

    西野寿律, 白井宏

    電気学会電磁界理論研究会資料   EMT96-97 ( 89 )   75 - 84   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • クラックによる平面電磁波の散乱

    佐藤亮一, 白井宏

    1996年ソサイエティ大会講演論文集,エレクトロニクス分冊-1,電子情報通信学会   21   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Plane wave diffraction by a thick slit --TM case-- 査読

    R.Sato, H.Shirai

    Proc. of 1996 International Symposium on Antennas and Propagation   1   21 - 24   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE  

    researchmap

  • Plane wave diffraction by a thick slit --TE case-- 査読

    R.Sato, H.Shirai

    Proc. of 1996 Korea-Japan Joint Conference on Electromagnetic Theory and Compatibility   107 - 110   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Korea Advanced Institute of Science and Technology  

    researchmap

  • 導体平板上のクラックによる電磁波の散乱について

    佐藤亮一, 白井宏

    電気学会電磁界理論研究会資料   EMT-96-17   1 - 10   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • Scattering by a narrow rectangular gap 査読

    R Sato, H Shirai

    IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM - 1996 DIGEST, VOLS 1-3   2   776 - 779   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • 導体平板上の方形溝による平面波の散乱―低周波近似の適用―

    佐藤亮一, 白井宏

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-95-91   11 - 20   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 誘電体導波路解析に伴う分岐積分評価について

    西野寿律, 白井宏

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-95-103   29 - 38   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • RCS測定データの時間領域解析について

    渡辺, 白井,石川

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-95-88   53 - 62   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 導波・共振構造を有する物体による電磁波の散乱に関する研究 査読

    白井宏, 小林一哉

    中央大学理工学研究所年報,中央大学理工学研究所   ( 2 )   25 - 27   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • 二媒質直線境界面におけるインパルス状線波源の散乱過渡応答 -Spectral theory of transients 法による解析 査読

    佐藤弘康, 白井宏, E.ヘイマン

    電子情報通信学会論文誌   J78-C-I ( 10 )   439 - 447   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    等方性インパルス状線電流源によって励振された電磁波が,誘電率の異なる媒質の直線境界平面に入射して作る散乱電磁界について,STT(Spectral Theory of Transients)法によって定式化し,厳密解を求めている.こうして求められた解は,他の方法によるものと一致することが確認され,過渡散乱波を構成する空間スペクトルの特異点の重要性について述べている.更に数値計算によってインパルス波の伝搬のようすを視覚的にとらえやすい形に表現し,直接波,反射波,透過波および頭波のそれぞれの波面が伝搬するようすについて明かにした.

    CiNii Books

    researchmap

  • STT analysis of transient response from a dielectric interface 査読

    H.Shirai, H.Sato

    Proc. of 4-th Sino-Japan Joint Meeting on Optical Fiber Science & Electromagnetic Theory (OFSET 95)   A   116 - 121   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Tianjin University  

    researchmap

  • 有限長平行平板導波管による平面波の散乱解析

    長谷川, 渡辺,白井

    1995年エレクトロニクス大会講演論文集(エレクトロニクス分冊-1),電子情報通信学会   4   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 線波源による二媒質誘電体境界面からのインパルス過渡応答―透過波―

    佐藤(弘, 白井,澤谷

    1995年ソサイエティ大会講演論文集(エレクトロニクス分冊-1),電子情報通信学会   1995 ( 1 )   11 - 11   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    筆者らは文献において,等方性インパルス状線電流源によって励振された電磁波が誘電率の異なる媒質の境界平面に入射して作る散乱電磁界を,STT(Spectral Theory of Transients)法により定式化し,厳密解を求めた.さらに透過領域では境界において屈折して到達する透過波の他に,境界面を通して直接波の波頭より励振される消滅波のようすを示した.本報告では透過領域の観測点に到達する波が,STT法によりどう解釈できるか検討する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 狭い方形溝による平面波の散乱―E偏波の場合―

    佐藤亮一, 白井宏

    1995年ソサイエティ大会講演論文集(エレクトロニクス分冊-1),電子情報通信学会   25   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Plane wave scattering by a narrow trough on a ground plane 査読

    R.Sato, H.Shirai

    Proc. of 1995 Progress in Electromagnetics Research Symposium   558   1995年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:University of Washington  

    researchmap

  • 誘電体直線境界面からの散乱過渡応答 査読

    白井宏

    電子情報通信学会論文誌   J78-C-I ( 3 )   125 - 133   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 狭い方形溝による平面波の散乱

    佐藤亮一, 白井宏

    1995年総合大会講演論文集(エレクトロニクス分冊-1),電子情報通信学会   40   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 規範形状に対するRCS解析理論とその検証実験

    渡辺, 石川, 長谷川, 白井 宏

    1995年総合大会講演論文集(エレクトロニクス分冊-1),電子情報通信学会   1 ( 6 )   420 - 421   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    最近注目を浴びている高周波電磁波の散乱解析理論を二,三の規範形状の物体による散乱解析に適用し,モノスタティック・レーダ散乱断面積(Radar Cross Section:RCS)を計算した.その理論的な値は,実際にそれらの形状を用いた測定実験結果と比較し,両者の良好な一致を確認した.

    CiNii Books

    researchmap

  • ELECTROMAGNETIC PLANE-WAVE SCATTERING BY A LOADED TROUGH ON A GROUND PLANE 査読

    R SATO, H SHIRAI

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E77C ( 12 )   1983 - 1989   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Electromagnetic plane wave scattering by a loaded trough on a ground plane has been analyzed by Kobayashi and Nomura's method. The field in each region is expressed first in terms of appropriate eigen functions, whose ex citation coefficients are determined by the continuity condition across the aperture of the trough. Simple far field expression which is suitable for numerical calculation for small aperture cases has been derived. Scattering far field patterns and radar cross section are calculated and compared with those obtained by other methods. Good agreements have been observed for all incident angles.

    Web of Science

    researchmap

  • Ray-mode coupling analysis of EM wave scattering by a partially filled trough 査読

    H.Shirai

    Journal of EM Waves and Applications   8 ( 11 )   1443 - 1464   1994年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:VSP  

    CiNii Books

    researchmap

  • 部分的に媒質を装荷した方形溝による平面電磁波の散乱―E偏波の場合―

    佐藤亮一, 白井宏

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-94-35   1 - 10   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • STT法による二媒質直線境界面におけるインパルス過渡応答解析

    佐藤 弘康, 白井 宏, E. Heyman

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-94-87   55 - 64   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • RCS測定実験に関する一考察

    石川, 渡辺, 加茂, 白井

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-94-94   121 - 130   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • Electromagnetic plane wave scattering by a loaded trough on the ground 査読

    R.Sato, H.Shirai

    Proc. International Conference on Mathematical Method in Electromagnetic Theoty   358 - 361   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Trade House  

    researchmap

  • 二媒質誘電体境界面におけるインパルス状線波源による散乱解析

    佐藤弘康, 白井宏

    1994年秋季全国大会講演論文集(エレクトロニクス分冊-1),電子情報通信学会   12   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 導体平板上に設けられた方形溝による平面電磁波の散乱―E偏波の場合―

    佐藤亮一, 白井宏

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-94-32   57 - 66   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 部分的に媒質を装荷した導体平板上の方形溝による平面電磁波の散乱

    佐藤亮一, 白井宏

    1994年春季全国大会講演論文集,電子情報通信学会   2   531   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 講義に対するアンケート

    白井宏

    草のみどり   74   64   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学父母連絡会  

    researchmap

  • 中央大学における高周波電磁界測定解析装置の概要

    石川高暁, 白井宏

    1994年春季全国大会講演論文集,電子情報通信学会   2   134   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 二次元自由空間中のインパルス状線波源に対するグリーン関数

    佐藤弘康, 白井宏

    1994年春季全国大会講演論文集,電子情報通信学会   2   506   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • RAY MODE-COUPLING ANALYSIS OF PLANE-WAVE SCATTERING BY A TROUGH (VOL E76B, PG 1563, 1993)

    H SHIRAI, K HIRAYAMA

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E77B ( 2 )   280 - 280   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Web of Science

    researchmap

  • RAY MODE-COUPLING ANALYSIS OF EM WAVE SCATTERING BY A PARTIALLY FILLED THROUGH 査読

    H SHIRAI

    IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM 1994, VOLS I-III   1062 - 1065   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • RAY MODE-COUPLING ANALYSIS OF PLANE-WAVE SCATTERING BY A TROUGH 査読

    H SHIRAI, K HIRAYAMA

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E76B ( 12 )   1558 - 1563   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Electromagnetic plane wave scattering by a wide trough on the ground has been analyzed by high frequency asymptotic techniques based on Geometrical Theory of Diffraction. Field in the trough region has been formulated in terms of parallel plane waveguide modes, whose excitation (coupling) coefficients are obtained by ray-mode conversion techniques. Numerical calculation has been done extensively and thus obtained results are then compared with those by other methods. Good agreements have been observed except for oblique incidence case. It is found that first and secondary modal re-radiation fields from the indented trough region play an important role for scattering far field, and primary edge diffracted field contributes mainly to reflection boundary direction.

    Web of Science

    researchmap

  • 誘電体スラブ導波路に対するGreen関数について

    布施智靖, 白井宏

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-93-94   141 - 150   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • エバネッセント波に対する幾何光学的回折理論の拡張

    松田至康, 白井宏

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-93-70   131 - 140   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 導体平板上の損失誘電体を装荷した方形溝による平面電磁波の散乱

    佐藤亮一, 白井宏

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-93-63   93 - 102   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • Multiple interaction effects for RCS Calculation by a trough on the ground 査読

    H.Shirai

    Proc. of 1993 International Symposium on Antennas and Electromagnetic Theory (ISAE'93)   84 - 87   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Academic Publishers  

    researchmap

  • Ray-mode conversion analysis at the aperture of the open-cavities 査読

    H.Shirai

    Proc. of 1993 Day on Diffraction   37   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:St. Petersburg University  

    researchmap

  • 導体平板上の方形溝による平面電磁波の散乱 査読

    佐藤亮一, 白井宏, 平山和宏

    電子情報通信学会論文誌   J-76-C-I ( 4 )   107 - 109   1993年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    導体平板上に設けられた方形導体溝による平面電磁波の散乱界の表示を解析的に導出している.方形溝の開口幅が狭い場合について後方散乱断面積ならびに遠方放射界について数値計算し,他の解析法の結果と比較している.

    CiNii Books

    researchmap

  • 導体平板上の矩形溝による平面電磁波の散乱

    佐藤亮一, 白井宏

    1993年春季全国大会講演論文集,電子情報通信学会   2   465   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • GTDによるストリップ回折界の精度評価 査読

    白井宏, 宮賢一

    電気学会論文誌   113-A ( 3 )   147 - 156   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • ELECTROMAGNETIC-WAVE SCATTERING BY A TROUGH ON THE GROUND 査読

    H SHIRAI, R SATOH

    IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY, INTERNATIONAL SYMPOSIUM 1993, VOLS 1-3   86 - 89   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • 二媒質直線境界よりの散乱過渡応答

    山根健一, 白井宏

    電磁界理論研究会,電気学会   EMT-92-102   51 - 60   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 光線とモードの等価変換について 招待

    白井宏

    1992年秋季全国大会講演論文集,電子情報通信学会   2   515 - 516   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Ray mode coupling analysis of plane wave scattering by a trough 査読

    H.Shirai, K.Hirayama

    Proc. of 1992 International Symposium on Antennas and Propagation   2   613 - 616   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information & Communication Engineers  

    researchmap

  • Electromagnetic plane wave scattering by a trough on the ground 査読

    H.Shirai, K.Hirayama

    Proc. of 1992 URSI Radio Science Meeting   35   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:USNC for URSI  

    researchmap

  • ANALYSIS OF TIME TRANSIENT EM FIELD RESPONSE FROM A DIELECTRIC SPHERICAL CAVITY 査読

    H SHIRAI, E NAKANO, M YANO

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E75C ( 5 )   627 - 634   1992年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Transient responses by a dielectric sphere have been analyzed here for a dipole source located at the center. The formulation has been constructed first in the frequency domain, then transformed into the time domain to obtain for an impulsive response by two analytical methods, namely the Singularity Expansion Method and the Wavefront Expansion Method. While the former method collects the contributions around the singularities in the complex frequency domain, the latter gives us a result which is a summation of each successive wavefront arrivals. A Gaussian pulse has been introduced to simulate an impulse response result. The Gaussian pulse response is analytically formulated by convolving Gaussian pulse with the corresponding impulse response. Numerical inversion results are also calculated by Fast Fourier Transform Algorithm. Numerical examples are shown here to compare the results obtained by these three methods and good agreement are obtained between them. Comments are often made in connection with the corresponding two dimensional cylindrical case.

    Web of Science

    researchmap

  • 導体平板上の矩形溝によるレーダ散乱断面積

    平山和宏, 白井宏

    電子情報通信学会1992年春季全国大会講演論文集   2   447   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • GTDによるストリップ回折界の精度評価

    白井宏, 宮賢一

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-91-146   69 - 78   1991年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • Analysis of time domain scattering from a dielectric spherical cavity

    H.Shirai, Nakano, M.Yano

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-91-129   31 - 39   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • Transient responses by dielectric cylinders and spheres excited by sources at their centers 査読

    H.Shirai

    Proc. International Conference on Mathematical Method in Electromagnetic Theoty   365 - 368   1991年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Test Radio  

    researchmap

  • Time transient analysis of wave scattering by simple shapes(招待論文) 招待 査読

    H.Shirai

    Proc. International Seminar Workshop on Analytical and Numerical Methods in Electromagnetic Wave Theory   209 - 218   1991年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Cukurova University  

    researchmap

  • Transient responses by dielectric cylinders and spheres excited by sources at their centers 査読

    H.Shirai

    Proc. of 1991 North American Radio Science Meeting   126   1991年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:USNC and CNC for URSI  

    researchmap

  • 微小放電から放射される電磁波

    堀口,伊藤, 白井,遠藤

    平成3年電気学会全国大会,電気学会   2   127   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 二媒質直線境界よりの散乱過渡応答

    白井宏

    電子情報通信学会1991年春季全国大会   2   483   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 衛星通信の時代

    白井宏

    草のみどり   41   31 - 32   1991年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学父母連絡会  

    researchmap

  • TRANSIENT-RESPONSE BY A DIELECTRIC CYLINDER DUE TO A LINE SOURCE AT THE CENTER 査読

    H SHIRAI, A HAMAKOSHI

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS ELECTRONICS INFORMATION AND SYSTEMS   74 ( 1 )   157 - 166   1991年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRON INFO COMMUN ENG  

    Time transient scattering field due to a line source located at the center of the dielectric cylinder has been calculated. In the analysis, the corresponding time harmonic result has been formulated first rigorously, then the high frequency asymptotic expansion result has been derived. Thus obtained result is found to coincide with the one constructed directly by ray approximation. Fourier inversion for an impulsive response has been done by two methods, namely the Singularity Expansion Method and wavefront expansion method. While the former method collects the contributions around the singularities in the complex frequency domain, the latter gives us a result which is a summation of each successive wavefront arrivals. A finite Hilbert transform technique has been introduced to recover the causal responses of odd-time caustic passing wavefronts. Also derived are results of numerical inversion by Fast Fourier Transform Technique for the frequency band limited incident pulses. A Gaussian pulse has been introduced to simulate an impulse response result, and a raised cosine pulse which de-emphasizes the low frequency defects of asymptotically constructed frequency spectrum confirms the usefulness of ray solution.

    Web of Science

    researchmap

  • 導体平板上のU字溝による平面電磁波の散乱

    平山和宏, 白井宏

    1990年秋季全国大会講演論文集   2   17   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Ray Tracing法による誘電体スラブ線路の曲がり部の解析

    高島大一郎, 白井宏

    1990年秋季全国大会講演論文集   2   353   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Transient response by a dielectric cylinder due to a line source at the center. 査読

    H.Shirai, A.Hamakoshi

    Proc. of 1990 Japan-China Joint Meeting on Optical Fiber Science & Electromagnetic Theory   EMT-90-128   1 - 8   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEJ  

    researchmap

  • 1990年IEEE AP-S/URSI国際会議出席報告

    鹿子嶋憲一, 小林一哉, 白井宏

    電子情報通信学会技術研究報告   A.P90-44   31 - 38   1990年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Electromagnetic plane wave diffraction by a wide and thick slit 査読

    H.Shirai

    Proc. of 1990 USNC/URSI Radio Science Meeting   360   1990年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:United States National Committee (USNC) for International Union of Radio Science (URSI)  

    researchmap

  • 誘電体円筒の中心に置かれたパルス波源による過渡応答

    浜越玲臣, 白井宏

    1990年春季全国大会講演論文集   2   445   1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 有限長中空パイプによるスカラー平面波の散乱

    福田洋之, 白井宏

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-90-19   11 - 20   1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • 中空パイプの開口端におけるスカラー平面波の散乱

    福田洋之, 白井宏

    1990年春季全国大会講演論文集,電子情報通信学会   2   436   1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 剛体円筒の開口端における導波モードの反射 査読

    白井宏

    日本音響学会誌   46 ( 2 )   95 - 103   1990年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本音響学会  

    円筒パイプ中の導波管モードが開口端に入射し、他のモードと結合して反射を生じる現象を幾何光学的回折理論(GTD)を中心とした高周波漸近解法を用いて解析し反射係数を計算している。導波管モードの周方向の変化指数nがn=0,1の場合にしか適用できなかった従来の解析法を拡張して、あらゆる伝搬モードについての反射、結合係数を導出可能にした。また、解析においては円筒の径が大きいと仮定して導出したが、多重回折の寄与を考慮すれば半径が0.3波長以上なら本解析法が十分適用できることを数値計算し、他の解法の結果と比較することによって確認した。

    CiNii Books

    researchmap

  • 有限長で終端された平行平板導波管による平面波の散乱

    菅原淳司, 白井宏

    電磁界理論研究会資料,電気学会   EMT-89-85   129 - 138   1989年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • Electromagnetic plane wave scattering by a wide open-ended parallel plate waveguide with a finite termination 査読

    H.Shirai

    Proc. of 1989 URSI International Symposium on Electromagnetic Theory   249 - 251   1989年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Commission B, International Union of Radio Science (URSI)  

    researchmap

  • 散乱過渡応答と複素共振周波数 招待

    白井宏

    アンテナ・伝搬研究会資料,電子情報通信学会   AP-88-90   49 - 54   1988年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 円筒導波管の開口における導波管モードの反射 査読

    白井宏

    電気学会 電磁界理論研究会 研究会資料   EMT-88-90   17 - 26   1988年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Ray-mode analysis of plane wave coupling into a large open circular waveguide 査読

    H.Shirai

    Proc. of 1988 IEEE Antennas & Propagation Society (AP-S) International Symposium   I   428   1988年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical & Electronics Engineers (IEEE)  

    researchmap

  • 海外旅行へのアドバイス―米国を例にして―

    白井宏

    中央評論   39 ( 4 )   87 - 93   1987年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学出版部  

    researchmap

  • 開口部に入射した幾何光学ビーム波の平行平板導波管内における拡散

    白井宏

    昭62情報部門全大会,電子情報通信学会 講演論文集   1   220   1987年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • RAYS AND MODES FOR PLANE-WAVE COUPLING INTO A LARGE OPEN-ENDED CIRCULAR WAVE-GUIDE 査読

    H SHIRAI, LB FELSEN

    WAVE MOTION   9 ( 6 )   461 - 482   1987年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

    researchmap

  • 導波管開口における平面波の散乱

    白井宏

    電気学会 電磁界理論研究会 研究会資料   EMT-87-87   117 - 126   1987年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電気学会  

    researchmap

  • RAYS, MODES AND BEAMS FOR PLANE-WAVE COUPLING INTO A WIDE OPEN-ENDED PARALLEL-PLANE WAVE-GUIDE 査読

    H SHIRAI, LB FELSEN

    WAVE MOTION   9 ( 4 )   301 - 317   1987年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

    researchmap

  • Hybrid ray-mode analysis of coupling into large open waveguides 査読

    H.Shirai, L.B.Felsen

    Proc. of 1987 USNC/URSI Radio Science Meeting   222   1987年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:United States National Committee (USNC) for International Union of Radio Science (URSI)  

    researchmap

  • 平行平板導波管の開口における平面波散乱―幾何光学的回折理論による解析―

    白井宏, L.B.Felsen

    電子情報通信学会 昭62総合全国大会 講演録   3   135   1987年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • HYBRID RAY-MODE ANALYSIS OF HIGH-FREQUENCY WAVE COUPLING INTO LARGE WAVE-GUIDES AND CAVITIES 査読

    LB FELSEN, H SHIRAI

    OPTICS LETTERS   12 ( 1 )   7 - 9   1987年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OPTICAL SOC AMER  

    Web of Science

    researchmap

  • Ray acoustic analysis of plane wave coupling into large open waveguides: Plane parallel geometry 査読

    L.B.Felsen, H.Shirai

    Proc. of 112th Acoustical Society of America (ASA) Meeting   80 ( S1 )   S105   1986年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Acoustical Society of America (ASA)  

    researchmap

  • Ray acoustic analysis of plane wave coupling into large open waveguides: Circular geometry 査読

    H.Shirai, L.B.Felsen

    Proc. of 112th ASA Meeting   80 ( S1 )   S105   1986年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Acoustical Society of America (ASA)  

    researchmap

  • SPECTRAL METHOD FOR MULTIPLE EDGE-DIFFRACTION BY A FLAT STRIP 査読

    H SHIRAI, LB FELSEN

    WAVE MOTION   8 ( 6 )   499 - 524   1986年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

    researchmap

  • DEEMPHASIZING LOW-FREQUENCY DEFECTS IN GTD ANALYSIS OF PULSED SIGNAL SCATTERING BY A PERFECTLY CONDUCTING FLAT STRIP 査読

    H SHIRAI

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   34 ( 10 )   1261 - 1266   1986年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Web of Science

    researchmap

  • WAVE-FRONT AND RESONANCE ANALYSIS OF SCATTERING BY A PERFECTLY CONDUCTING FLAT STRIP 査読

    H SHIRAI, LB FELSEN

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   34 ( 10 )   1196 - 1207   1986年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Web of Science

    researchmap

  • HIGH-FREQUENCY MULTIPLE DIFFRACTION BY A FLAT STRIP - HIGHER-ORDER ASYMPTOTICS 査読

    H SHIRAI, LB FELSEN

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   34 ( 9 )   1106 - 1112   1986年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 導体ストリップ平板によるパルス波散乱―GTDによる解析―

    白井宏, L.B.Felsen

    電子通信学会 昭61光・電波全国大会 講演録   1   126 - 126   1986年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子通信学会  

    researchmap

  • MODIFIED GTD FOR GENERATING COMPLEX RESONANCES FOR FLAT STRIPS AND DISKS 査読

    H SHIRAI, LB FELSEN

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   34 ( 6 )   779 - 790   1986年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Web of Science

    researchmap

  • Spectral method for multiple edge diffraction by a flat strip. 査読

    H.Shirai, L.B.Felsen

    Proc. of 1986 USNC/URSI Radio Science Meeting   70   1986年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:USNC for URSI  

    researchmap

  • Modified GTD for generating complex resonances for flat strips and disks 査読

    H.Shirai, L.B.Felsen

    Proc. of 1985 North American Radio Science Meeting   224   1985年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:USNC and Canadian National Committee (CNC) for URSI  

    researchmap

  • Wavefronts and resonances in transient scattering by a flat strip 査読

    H.Shirai, E.Heyman, L.B.Felsen

    Proc. of 1984 USNC/URSI Radio Science Meeting   34   1984年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:United States National Committee (USNC) for International Union of Radio Science (URSI)  

    researchmap

  • Diffraction of cylindrical wave by smooth and polygonal cylinders. 査読

    H.Shirai, K.Hongo, H.Kobayashi

    Trans. of IECE of Japan   E66 ( 3 )   116 - 123   1983年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IECE  

    researchmap

  • 導体ウエッジの回りの電磁界の等振幅線

    白井宏, 本郷廣平

    電子通信学会 昭56総合全国大会 講演録   3   11   1981年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子通信学会  

    researchmap

  • NUMERICAL STUDY OF THE NEAR-FIELD RADIATED BY AN INFINITELY LONG SLOT ON CIRCULAR CONDUCTING CYLINDER 査読

    H SHIRAI, K HONGO

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   51 ( 9 )   5047 - 5050   1980年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Advances in Mathematical Methods for Electromagnetics

    Hiroshi Shirai( 担当: 分担執筆 範囲: "High Frequency Hybrid Ray-Mode Techniques”, Chapter 7)

    The Institute of Engineeering and Technology (IET)  2020年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:p. 748   担当ページ:pp. 166-188   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 理工系の技術文書作成ガイド

    白井 宏( 担当: 単著)

    コロナ社  2019年1月  ( ISBN:9784339078206

     詳細を見る

    総ページ数:125p.   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    誰が読んでも間違いなく同じ結論に達するためには,どのように技術文書をまとめればよいか。理工系の学生が悩む技術文書や技術論文,実験レポートの論理的な書きかたに,発表のしかたを含めて丁寧にまとめた。

    researchmap

  • 電子情報通信学会100年史, 第2部 電子情報通信100年の発展, 電磁界解析 (5.2節)

    電子情報通信学会( 担当: 単著 範囲: 「電磁界解析 (5.2節)」, 電子情報通信学会100年史, 第2部 電子情報通信100年の発展)

    電子情報通信学会  2017年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:447   担当ページ:311-312   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 電磁界逆散乱解析

    電磁界逆散乱解析調査専門委員会編( 担当: 分担執筆 範囲: 第7章「RCSの角度変化を用いた手法」)

    電気学会  2015年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:67 p.   担当ページ:pp. 38-44   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 幾何光学的回折理論

    白井 宏( 担当: 単著)

    コロナ社  2015年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:208 p.   担当ページ:208   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    電磁波解析手法の一つである幾何光学的回折理論の考え方,使い方について応用例を含めて解説している。本理論は無線通信などの高周波漸近解析手法の一つで,電磁波に関する物理的な諸法則・原理と巧みな数学的取扱いにより導かれる。

    researchmap

  • 電磁気学

    宇野 亨, 白井 宏( 担当: 共著)

    コロナ社  2010年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:415 p.   担当ページ:415   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    電磁気学の本質をきちんとつかみたい人のための本。偉大な先人達が導いた式の導出やその意味を懇切丁寧に解説した。電磁気学にはベクトル解析の知識が不可欠であり,本書で使う記号に慣れてもらう意味で,数学的準備の章も用意した。

    researchmap

  • アンテナ工学ハンドブック(第2版)

    電子情報通信学会編( 担当: 分担執筆 範囲: 12.2.4 GTD, 12.2.10 その他の高周波近似法)

    オーム社  2008年7月  ( ISBN:9784274205446

     詳細を見る

    総ページ数:1074 p.   担当ページ:pp. 785-788, pp.797-798   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Day Diffranction '97

    Hiroshi Shirai, Hiroyasu Sato, V.S.Buldyrev, V.M.Babich, I.V.Andronov, V.E.Grikurov, A.P.Kiselev( 担当: 分担執筆 範囲: Chap.12, Transient impulsive response from an interface between two media)

    Faculty of Physics, St.Ptersburg University,Russia  1997年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp. 91-100   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Day Diffranction '97(Eds.V.S.Buldyrev, V.M.Babich, I.V.Andronov, V.E.Grikurov, and A.P.Kiselev)

    H.Shirai, H.Sato( 担当: 共著 範囲: Chap.12,Transient impulsive response from an interface between two media)

    Faculty of Physics, St.Ptersburg University,Russia  1997年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:91-100   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 「応用解析学入門―複素関数論・フーリェ解析・ラプラス変換―」

    白井 宏( 担当: 単著)

    コロナ社  1993年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:265 p.   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Analytical and numerical methods in electromagnetic wave theory

    M.Hashimoto, M.Idemen, O.A.Tretyakov, Authors( 担当: 分担執筆 範囲: Wavefront and complex resonance descriptions in time transient EM responses by simple geometries (Chap.8))

    Science House Co. Ltd  1993年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:590p.   担当ページ:pp.373-417   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Solid Mechanics Research for Quantitative Non-Destructive Evaluation

    J.D.Achenbach, Y.Rajapakse, Authors( 担当: 分担執筆 範囲: Hybrid ray-mode and wavefront-resonance techniques for acoustic emission and scattering in multiwave layered media)

    Martinus Nijhoff Publishers (The Netherlands)  1987年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:438 p.   担当ページ:pp. 377-388   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Hybrid ray-mode and wavefront-resonance techniques for acoustic emission and scattering in multiwave layered media ( pp. 377-388 ) in Solid Mechanics Research for Quantitative Non-Destructive Evaluation ( 438p. )

    J.D.Achenbach, Y.Rajapakse, Authors( 担当: 単著)

    Martinus Nijhoff Publishers (The Netherlands)  1987年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • マイクロマウス・マイコン迷路ロボットの作り方

    白井 宏( 担当: 分担執筆 範囲: 2章8節、2章13節)

    近代科学社  1981年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:186p.   担当ページ:pp.117-121, pp.149-155   記述言語:日本語   著書種別:一般書・啓蒙書

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • High Frequency EM Scattering by a Large Building with Multiple Windows

    C. M. Bui, H. Shirai

    24th edition of the International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications (ICEAA 2023)  2023年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Extended Physical Optics Approximation for Edge Diffraction by Dielectric Wedges

    D. M. Nguyen, H. Shirai

    24th edition of the International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications (ICEAA 2023)  2023年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High Frequency Scattering by a Thick Conducting Plate With Multiple Holes -E Polarization Case-

    C. M. Bui, H. Shirai

    URSI General Assembly and Scientific Symposium 2023 (URSI GASS 2023)  2023年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TM Polarized Plane Wave Scattering by a Conducting Plate with Multiple Holes

    C. M. Bui, H. Shirai

    2023 International Symposium on Antennas and Propagation and USNC-URSI Radio Science Meeting  2023年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Uniform Asymptotic Solution for Edge Diffraction of H-Polarized Electromagnetic Plane Wave by Dilectric Wedges

    D. M. Nguyen, H. Shirai

    URSI International Symposium on Electromagnetic Theory 2023 (URSI EMTS 2023)  2023年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • D. M. New Formulation of Physical Optics Approximation for Edge Diffraction by Dielectric Wedges

    D. M. Nguyen, H. Shirai, S.-Y. Kim

    2022 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications (ICEAA 2022)  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fundamental Analysis on EM Wave Scattering by Simple Cracks on Conducting Plane

    R. Sato, H.Shirai

    2022 Japan Radio Science Meeting (URSI-JRSM)  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TM Polarized Plane Wave Scattering by a Window on a Thick Conducting Wall 国際会議

    C. M. Bui, H. Shirai

    2022 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation (APS/URSI 2022)  ( Denver, USA. )   2022年7月  IEEE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Extended Physical Optics Approximation for Electromagnetic Wave Scattering from Penetrable Objects 招待 国際会議

    Hiroshi Shirai

    XXXIV General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science (URSI GASS 2021)  2021年8月  URSI

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Uniform Asymptotic Solution for Dielectric Wedge Diffraction Based on Equivalent Currents 招待 国際会議

    D. M. Nguyen, H. Shirai, S.-Y. Kim

    XXXIV General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science (URSI GASS 2021)  2021年8月  URSI

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • GO-Based Equivalent Current Formulation for Scattering from Circular Conducting Cylinders and Strips 国際会議

    N. Q. Ta, H. Shirai

    2021 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications (ICEAA 2021)  2021年8月  ICEAA

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Approximate analysis of EM wave scattering from two cracks on a ground plane 国際会議

    R. Sato, H. Shirai

    2020 ISAP International Symposium on Antennas and Propagation  ( Osaka, Japan )   2021年1月  IEICE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High Frequency Asymptotic Evaluation for Electromagnetic Scattering from a Circular Conducting Cylinder -E Polarization- 国際会議

    N. Q. Ta, H. Shirai

    2020 International Conference on Communications and Electronics (ICCE)  ( Phu Quoc, Vietnam )   2021年1月  IEEE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TE Plane Wave Diffraction by Window Aperture on a Thick Conducting Wall 国際会議

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    2020 IEEE International Conference on Advanced Tecnologies for Communications (ATC 2020)  ( Nha Trang, Vietnam )   2020年10月  IEEE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High Frequency Diffraction by Thick Loaded Conducting Slits -H Polarization Case- 国際会議

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    2020 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation (APS/URSI 2020)  ( Montreal, Canada (Online Conf.) )   2020年7月  IEEE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 導体平板上の2つのクラックからの電磁波散乱に関する基礎研究

    佐藤 亮一, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  ( 佐賀 )   2019年11月  電子情報通信学会 電磁界理論研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High Frequency Asymptotic Evaluation of PO Integral for EM Scattering from PEC Circular Cylinder 国際会議

    T. Q. Ngoc, H. Shirai

    2019 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications (ICEAA 2019)  ( Granada, Spain )   2019年9月  ICEAA

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fundamental Analysis of Electromagnetic Wave Scattering from Multi-layered Window Glass in Multi-frequency Band 国際会議

    R. Sato, H. Shirai

    2019 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications (ICEAA 2019)  ( Granada, Spain )   2019年9月  ICEAA

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High Frequency Diffraction by Thick Loaded Conducting Slits -H Polarization Case- 国際会議

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    2019 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation (APS/URSI 2019)  ( Atlanta, GA USA )   2019年7月  IEEE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High Frequency Diffraction by Rectangular Hole in a Thick Conducting Screen -H Polarization Case- 国際会議

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    2019 PhotonIcs & Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2019)  ( Rome, Italy )   2019年6月  PIERS

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Plane Wave Diffraction by Loaded Slit in a Thick Conducting Screen

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  ( 鳥取 )   2018年11月  電子情報通信学会 電磁界理論研究会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High Frequency Scattering from Dielectric Rectangular Cylinders -TE Polarization-

    H. N. Quang, H. Shirai

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  ( 鳥取 )   2018年11月  電子情報通信学会 電磁界理論研究会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Electromagnetic Plane Wave Diffraction by Thick Conducting Slits -E Polarization Case- 国際会議

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    2018 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2018)  ( Busan, Korea )   2018年10月  IEICE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EM Wave Scattering by a Window on a Wall 国際会議

    H. Shirai, M. Shimizu, R. Sato

    2018 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications  ( Cartagena de Indias, Columbia )   2018年9月  ICEAA

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Reflection and Transmission Features of Scattered Field from Multi-layered Window Glass in High Frequency Band 国際会議

    R. Sato, H. Shirai

    Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)  2018年8月  PIERS

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Diffraction Study with Prof. Kohei Hongo 国際会議

    H. Shirai

    Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)  2018年8月  PIERS

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High Frequency Scattering from Conducting Rectangular Cylinder via Surface Equivalence Theorem 国際会議

    H. N. Quang, H. Shirai

    Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)  2018年8月  PIERS

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • H-polarized Plane Wave Diffraction by Thick Conducting Slits 国際会議

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)  2018年8月  PIERS

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Plane Wave Scattering from Two Cracks on Conducting Plane 国際会議

    R. Sato, H. Shirai

    Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)  ( Toyama, Japan )   2018年8月  PIERS

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • H-polarized Plane Wave Diffraction by Thick Conducting Slits 国際会議

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    2018 IEEE International Conference on Communications and Electronics (ICCE 2018  2018年7月  IEEE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High Frequency Wedge Diffraction Analysis via Surface Equivalence Theorem 国際会議

    H. N. Quang, H. Shirai

    2018 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation (APS/URSI 2018)  ( Boston, USA )   2018年7月  IEEE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Proposal of Novel Reflection/Transmision Coefficient for Efficient Propagation Analysis at Outdoor-indoor Interface Environment

    R. Sato, A. Takatori, H. Shirai

    2nd URSI AT-RASC  ( Gran Canaria, Spain )   2018年5月  URSI

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High-frequency Asymptotic Solution of Scattering Field by Three-layered Dielectric Slab for Accurate Propagation Analysis 国際会議

    R. Sato, H. Shirai

    2017 International Symposium on Antennas and Propagation  2017年11月  IEICE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 電波伝搬解析効率化のための多層誘電体スラブの反射・透過特性に関する基礎研究

    佐藤 亮一, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Plane Wave Diffraction by a Rectangular Hole in a Thick Conducting Screen

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Electromagnetic Plane Wave Scattering by a Rectangular Hole in a Thick Conducting Screen

    K. N. Nguyen, H. Shirai

    2017 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High Frequency Plane Wave Scattering Analysis from Dielectric Cuboids - TM Polarization - 国際会議

    H. N. Quang, H. Shirai

    2017 URSI General Assembly and Scientific Symposium (GASS)  2017年8月  URSI

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Design of Multiband Antennas Using Asymmetric E-CRLH TL unit cells

    H. B. Chu, H. Shirai

    2017 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and USNC-URSI Radio Science Meeting  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Efficient Approximate Solution of Scattering Field by Three-layered Dielectric Slab for Accurate Propagation Analysis

    R. Sato, H. Shirai

    2017 International Conference on Computational Electromagnetics  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自由空間法による誘電率推定についての研究

    ヌェン ヌゴック アン, 白井 宏

    2017年 電子情報通信学会総合大会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FDTD法のデルタギャップ給電のギャップ長が入力インピーダンスに及ぼす影響

    鄭 子才, 白井 宏

    2017年 電子情報通信学会総合大会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 誘電体が装荷された厚みのある導体スリットによるE平面波回折

    清水 将行, 白井 宏, 佐藤 亮一

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 後方散乱量からの誘電体柱状物体の形状推定

    木角 飛鳥, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FDTD解析のための効率のよい車両モデル化について

    石藤 太地, 鄭 子才, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Compact D-CRLH Metamaterial Antenna for WLAN and WiMAX Multiband

    H. N. Quang, H. Shirai

    2016 International Symposium on Antennas and Propagation  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Radiation Efficiency of Multi-arm Open-ended Spherical Helix Antennas 国際会議

    K. Fujita, H. Shirai

    2016 International Symposium on Antennas and Propagation  2016年10月  IEICE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Electromagnetic Scattering by Simplified Crack Models on Conducting Ground Plane

    R. Sato, H. Shirai

    2016 International Symposium on Antennas and Propagation  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Novel Closed-Form Solutions for Designing Extended-Composite Right/Left-Handed Transmission Lines

    H. B. Chu, H. Shirai

    2016 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2種類の小型球面ヘリカルアンテナにおける放射効率

    藤田 佳祐, 白井 宏

    2016電子情報通信学会 ソサイエティ大会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 屋内伝搬問題に対する簡易レイランチング法の高効率化

    佐藤 亮一, 白井 宏

    2016電子情報通信学会 ソサイエティ大会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Diffraction by Thick and Loaded Slit -E-polarization Case-

    H. Shirai, M. Shimizu, R. Sato

    2016 International Symposium on Electromagnetic Theory  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Far Field Radiation Pattern Analysis of an Antenna Installed in an Automobile

    Z. Zheng, H. Shirai

    2016 URSI Asia-Pacific Radio Science Conference  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ray-mode Conversion Technique Applied to Thick Slit Diffraction

    H. Shirai, M. Shimizu, R. Sato

    16th International Conference on Mathematical Methods in Electromagnetic Theory  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evanescent Modal Effect to E Polarized Plane Wave Diffraction by a Wide and Thick Slit

    H. Shirai, M. Shimizu, R. Sato

    2016 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内部のエネルギーを考慮した薄い小型球殻共振アンテナの放射効率

    藤田 佳祐, 白井 宏

    2016電子情報通信学会 総合大会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 誘電体円筒からの電磁波散乱推定に関する研究

    相磯 潤也, 白井 宏

    2016電子情報通信学会 総合大会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SBR法を用いた屋内の壁厚を考慮した電磁波伝搬推定について

    林 孝洋, 白井 宏

    2016電子情報通信学会 総合大会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Dimension Estimation of Polygonal Dielectric Targets From Surface Reflection RCS

    A. Kisumi, H. Shirai

    2015 International Symposium on Antennas and Propagation  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Multiple Edge Interaction Effect to Plane Wave Scattering by a Wide and Thick Slit

    M. Shimizu, H. Shirai, R. Sato

    2015 International Symposium on Antennas and Propagation  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ray-mode Conversion Technique Applied To Plane Wave Diffraction By a Thick Slit

    H. Shirai, M. Shimizu

    2015 Korea-Japan Joint Conference on EMT/EMC/BE  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 厚みのあるスリット構造中の非伝搬モードによる散乱への影響

    清水 将行, 白井 宏, 佐藤 亮一

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 表面反射散乱量からの誘電体四角柱の寸法推定

    木角 飛鳥, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 車内アンテナの遠方放射指向性の解析

    鄭 子才, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SBR 法を用いた電磁波伝搬の推定

    田畑 貴宏, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小型導体球殻アンテナの放射特性について

    藤田 佳祐, 白井 宏

    電子情報通信学会 電磁界理論研究会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小型球形アンテナにおける共振時の放射効率について

    藤田 佳祐, 白井 宏

    2015年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Non-Destructive Estimation Method of Permittivity of Dielectric Materials

    A. N. Nguyen, H. Shirai

    2015 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Compact Triple-Band Metamaterial Antenna for WLAN and WiMAX Applications

    H. N. Quang, H. Shirai

    2015 International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of Curvature of Antipodal Structure on Vivaldi Antennas 国際会議

    H. B. Chu, H. Shirai, D.C.Chien

    2015 IEEE AP-S Symposium on Antennas and Propagation  2015年7月  IEEE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Theoretical Study on the Radiation Efficiency of Electrically Small and Thin Spherical Shell Antennas

    K. Fujita, H. Shirai

    2015 1st URSI Atlantic Radio Science Conference  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 導体平板上に設けられた単純クラックモデルからの散乱

    佐藤 亮一, 白井 宏

    電子情報通信学会 全国大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 球形均質アンテナにおける電磁蓄積エネルギの平衡条件

    藤田 佳祐, 白井 宏

    電子情報通信学会 総合大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 時間領域RCSを用いた複素誘電率推定に関する研究

    相磯 潤也, 白井 宏

    電子情報通信学会 総合大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • On the Radiation Efficiency of Homogeneous Antennas

    K. Fujita, H. Shirai

    2014 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2014)  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SBR法を用いた室内電磁波伝搬の解析

    田畑 貴宏, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小型球形アンテナにおける最大放射効率とそれを実現する励振電磁界について

    藤田 佳祐, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モノスタティック RCS を用いた損失をもつ誘電体材料の誘電率の推定について

    ヌエン ヌゴック アン, 白井 宏

    電気学会電磁界理論研究会  2014年11月 

     詳細を見る<