2024/04/12 更新

写真a

クボタ アキラ
久保田 彰
KUBOTA Akira
所属
理工学部 教授
その他担当機関
理工学研究科電気電子情報通信工学専攻博士課程前期課程
理工学研究科電気・情報系専攻博士課程後期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 工学博士 ( 東京大学 )

  • 工学修士 ( 東京大学 )

学歴

  • 2002年3月
     

    東京大学   工学系研究科   電子情報工学専攻   博士   修了

  • 1999年3月
     

    東京大学   工学系研究科   電子情報工学専攻   修士   修了

  • 1997年3月
     

    大分大学   工学部   電気電子工学科   卒業

  • 1993年3月
     

    大分県立大分上野丘高等学校   卒業

経歴

  • 2011年4月 -  

    中央大学理工学部准教授

  • 2009年4月 - 2011年3月

    中央大学理工学部電気電子情報通信工学科助教

  • 2006年4月 - 2009年3月

    東京工業大学大学院総合理工学研究科物理情報システム専攻助教

  • 2005年4月 - 2006年3月

    東京工業大学大学院総合理工学研究科物理情報システム専攻助手

  • 2004年8月 - 2005年3月

    神奈川大学ハイテク・リサーチ・センターポスト・ドクター研究員

  • 2002年4月 - 2004年7月

    東京大学大学院新領域創成科学研究科日本学術振興会特別研究員

▼全件表示

所属学協会

  • IEEE

  • 電子情報通信学会

研究キーワード

  • image information processing

  • 画像情報処理

研究分野

  • 情報通信 / 知覚情報処理

論文

  • Evaluation of Pseudo-Haptics system feedbacking muscle activity 査読

    Yoshihito Tanaka, Akira Kubota

    28th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3562939.3565682

    researchmap

  • Restoring Edge and Color using Weighted Near-Infrared Image and Color Transmission Maps for Robust Haze Removal 査読

    Onhi Kato, Akira Kubota

    2022 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC)   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.23919/apsipaasc55919.2022.9979960

    researchmap

  • Scene-Independent Optimum View Interpolation Filters for Stereo Images 査読

    Seiji Nakatsubo, Akira Kubota

    The Eleventh International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2022)   OS2-3   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Robust and Efficient Homography Estimation Using Directional Feature Matching of Court Points for Soccer Field Registration 査読

    Kazuki KASAI, Kaoru KAWAKITA, Akira KUBOTA, Hiroki TSURUSAKI, Ryosuke WATANABE, Masaru SUGANO

    IEICE Transactions on Information and Systems   E104.D ( 10 )   1563 - 1571   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communications Engineers (IEICE)  

    DOI: 10.1587/transinf.2021pcp0003

    researchmap

  • Cauchy Aperture and Perfect Reconstruction Filters for Extending Depth-of-Field from Focal Stack 査読

    Akira KUBOTA, Kazuya KODAMA, Asami ITO

    IEICE Transactions on Information and Systems   E102.D ( 11 )   2093 - 2100   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communications Engineers (IEICE)  

    DOI: 10.1587/transinf.2019pcp0006

    researchmap

  • FAST CAMERA SELF-CALIBRATION FOR SYNTHESIZING FREE VIEWPOINT SOCCER VIDEO 査読

    Qiang Yao, Akira Kubota, Kaoru Kawakita, Keisuke Nonaka, Hiroshi Sankoh, Sei Naito

    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING (ICASSP)   1612 - 1616   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Recently, non-fixed camera-based free viewpoint sports video synthesis has become very popular. Camera calibration is an indispensable step in free viewpoint video synthesis, and the calibration has to be done frame by frame for a non-fixed camera. Thus, calibration speed is of great significance in realtime application. In this paper, a fast self-calibration method for a non-fixed camera is proposed to estimate the homography matrix between a camera image and a soccer field model. As far as we know, it is the first time to propose constructing feature vectors by analyzing crossing points of field lines in both camera image and field model. Therefore, different from previous methods that evaluate all the possible homography matrices and select the best one, our proposed method only evaluates a small number of homography matrices based on the matching result ofthe constructed feature vectors. Experimental results show that the proposed method is much faster than other methods with only a slight loss of calibration accuracy that is negligible in final synthesized videos.

    Web of Science

    researchmap

  • 焦点の異なるステレオ画像からの線形フィルタによる視点内挿法 査読

    久保田 彰, 児玉 和也, 羽鳥 好律

    電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J98-D ( 10 )   1325 - 1334   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.14923/transinfj.2015JDP7025

    researchmap

  • LINEAR VIEW/IMAGE RESTORATION FOR DENSE LIGHT FIELDS 査読

    Kazuya Kodama, Akira Kubota

    2014 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING (ICIP)   5462 - 5466   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Scene refocusing and free viewpoint image reconstruction from a dense light field acquired by a massive camera array or a lens array are actively studied. However, it is difficult to directly integrate acquired information into a light field without defects. For example, actually, a massive camera array hardly works without failure of several cameras, and part of multi-view images are missing. On the other hand, because a lens array consists of very small lenses gathering only limited rays, acquired images themselves are often noisy. This paper proposes simple linear filters achieving view/image restoration to obtain a dense light field robustly in suppressing such defects without block matching used by the conventional approaches of view synthesis and denoising. Experimental results show that the proposed filters can be flexibly designed for various defects based on the relation between a 4D light field and the corresponding 3D multi-focus images.

    Web of Science

    researchmap

  • Efficient Reconstruction of All-in-Focus Images Through Shifted Pinholes from Multi-Focus Images for Dense Light Field Synthesis and Rendering 査読

    Kazuya Kodama, Akira Kubota

    IEEE TRANSACTIONS ON IMAGE PROCESSING   22 ( 11 )   4407 - 4421   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Scene refocusing beyond extended depth of field for users to observe objects effectively is aimed by researchers in computational photography, microscopic imaging, and so on. Ordinary all-in-focus image reconstruction from a sequence of multi-focus images achieves extended depth of field, where reconstructed images would be captured through a pinhole in the center on the lens. In this paper, we propose a novel method for reconstructing all-in-focus images through shifted pinholes on the lens based on 3D frequency analysis of multi-focus images. Such shifted pinhole images are obtained by a linear combination of multi-focus images with scene-independent 2D filters in the frequency domain. The proposed method enables us to efficiently synthesize dense 4D light field on the lens plane for image-based rendering, especially, robust scene refocusing with arbitrary bokeh. Our novel method using simple linear filters achieves not only reconstruction of all-in-focus images even for shifted pinholes more robustly than the conventional methods depending on scene/focus estimation, but also scene refocusing without suffering from limitation of resolution in comparison with recent approaches using special devices such as lens arrays in computational photography.

    DOI: 10.1109/TIP.2013.2273668

    Web of Science

    researchmap

  • 並列処理に適した非因果的符号化手法を用いたフレーム内適応符号化方式 査読

    王翠, 久保田彰, 羽鳥好律

    画像電子学会論文誌   42 ( 3 )   345 - 357   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Institute of Image Electronics Engineers of Japan  

    本論文では,非因果的内挿予測と直交変換とのハイブリッド符号化を用いたマルチエンコード選択型の符号化方式を提案する.提案方式は,直交変換と量子化順序の組合せにより11種類のモードを設定し,ブロックごとに符号化誤差電力が最小となるモードを選択する.実験により,実現したい所要符号量によって直交変換の優劣が変動することを確認し,複数のモードから選択的に符号化を行うことの有効性を示した.その上で,従来ハイブリッド符号化方式において用いられてきたゾーナルサンプリングを,空間領域でのサブサンプリング処理にまで拡張できることを示し,所要符号量の制御に有効であることを示した.さらに,H.264 (High Complexity Mode) に比べて,提案方式はPSNRで最大約6 dB 程度の画質改善があることを確認した.特に,提案方式では,精細部分での画質の改善があること,高ビットレートにおいて特性改善が顕著であることが示された.

    DOI: 10.11371/iieej.42.345

    researchmap

  • Quality-optimized Encoding of JPEG Images using Transform Domain Sparsification 査読

    Junichi Ishida, Gene Cheung, Akira Kubota, Antonio Ortega

    IEEE International Workshop on Multimedia Signal Processing   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 直交変換・非因果的内挿予測ハイブリッド符号化による符号化効率の向上 査読

    森俊介, 久保田彰, 羽鳥好律

    画像電子学会論文誌   40 ( 6 )   985 - 992   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:画像電子学会  

    本論文では,帰還差分量子化に基づく内挿予測と直交変換を組み合わせたハイブリッド符号化方式を提案する.直交変換にはH.264と同様にDCTを用いる.提案方式では,ブロックごとに内挿予測誤差を算出し,それをDCTした信号に対して帰還差分量子化を行う.量子化の際,低次成分を先に量子化し,その後は高次成分から量子化する順序変更と符号化誤差の増加率に基づいた量子化ステップを変更を導入する.本手法により,直交変換による信号電力の集中を実現し,高次成分の切捨てによる符号量の削減が可能であることを示す.計算機実験では,空間領域における帰還差分量子化法に比べて最大で2dBの品質改善が達成されることを示す.

    DOI: 10.11371/iieej.40.985

    researchmap

  • Depth Map Coding using Graph Based Transform and Transform Domain Sparsification 査読

    Gene Cheung, Woo-shik Kim, Antonio Ortega, Junichi Ishida, Akira Kubota

    IEEE 13th International Workshop on Multimedia Signal Processing   1 - 6   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 単一のレンズ系からの多様なボケ味の生成 査読

    児玉和也, 久保田彰

    65 ( 3 )   372 - 381   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3169/itej.65.372

    Scopus

    researchmap

  • ゴーストを抑制可能な空間不変ディジタル・リフォーカス法 査読

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    画像電子学会論文誌   39 ( 4 )   421 - 432   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:画像電子学会  

    researchmap

  • Robust reconstruction of arbitrarily deformed bokeh from ordinary multiple differently focused images 査読

    Kazuya Kodama, Ippeita Izawa, Akira Kubota

    Proceedings - International Conference on Image Processing, ICIP   3989 - 3992   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper deals with a method of generating seriously deformed bokeh on reconstructed images from ordinary multiple differently focused images including just simple bokeh such as Gaussian blurs. We previously proposed scene re-focusing with various iris shapes by applying a three-dimensional filter to the multi-focus images. However, actually the proposed method implicitly assumed that the feature of the iris can be expressed mathematically and it has some symmetry like a horizontally open iris. In this paper, at first, the captured multi-focus images are robustly decomposed into components, each of which goes through its own corresponding pin-hole on the lens, by using dimension reduction and a two-dimensional filter. Then, based on the appropriate composition of the components, reconstruction of arbitrarily deformed bokeh introduced by any user-defined iris is achieved. By some experiments, we show that our novel method can generate even seriously deformed bokeh that does not have simple symmetry. © 2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICIP.2010.5650900

    Scopus

    researchmap

  • 帰還差分量子化を用いた内挿予測符号化における量子化順序の適応制御方式 査読

    藤田尚宏, 久保田彰, 羽鳥好律

    映像情報メディア学会誌   63 ( 11 )   1652 - 1658   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Institute of Image Information and Television Engineers  

    An optimal quantization ordering in the feedback quantization scheme for interpolative prediction coding designed to reduce the coding error power is proposed. This method adaptively selects the optimal quantization order to minimize the coding error power from candidate orders for each one dimensional block of 9x1 pixels. These candidate orders can be determined through a numerical analysis of the coding error with respect to all the quantization orders. Simulation results show that the proposed method can effectively reduce the error power and that selecting the optimal order from only four candidate orders can improve the PSNR by about 2 dB, which is just 0.36 dB below the heighest quality image decoded using all 5040 candidate orders. In the case of two-dimensional blocks, although the numerical analysis shows that the coding error power is almost identical among all the possible orders, simulation results demonstrate that selecting the optimal order from four orders in horizontal and vertical directions improves the PSNR by 2.6dB in the case of an 8×8 block.

    DOI: 10.3169/itej.63.1652

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00340281879?from=CiNii

  • Arbitrary Viewpoint Image Synthesis on Multi-Layered Scene Using Reconstruction Filters 査読

    Keita Suzuki, Hiroki Sato, Tadaaki Hosaka, Akira Kubota, Ryutaro Oi, Kazuya Kodama, Takayuki Hamamoto

    2009 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATION SYSTEMS (ISPACS 2009)   375 - +   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In arbitrary viewpoint image synthesis, methods to use shape information of subjects have been widely proposed. However, the shape estimation is generally a time-consuming task, and is not suitable for the real time implementation. In this paper, we focus on the reconstruction filtering method in which arbitrary viewpoint image synthesis is performed without the shape estimation on the assumption that subjects exist on predetermined two planes. We propose an extension of this method to a three (and more)-layered scene and derive the filters. Furthermore, the proposed method is implemented on an FPGA, and favorable image synthesis has been achieved in real time.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2009.5383824

    Web of Science

    researchmap

  • Arbitrary viewpoint image synthesis for real-time processing system using multiple image sensors 査読

    Hiroki Sato, Sho Ogura, Tadaaki Hosaka, Takayuki Hamamoto, Akira Kubota, Ryutaro Oi, Kazuya Kodama

    Proceedings - VRCAI 2009: 8th International Conference on Virtual Reality Continuum and its Applications in Industry   233 - 237   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    We have studied arbitrary viewpoint image synthesis using multiple sensors based on image-based rendering, in which the depth estimation is required for generating precise virtual images. Major problems in this estimation process include the increase of computational efforts and the decrease in performance for occluded regions. To solve these difficulties, we improve our depth estimation process by using the multi-resolution method and by weighting similar pixels to the target pixel in the block matching. Furthermore, we incorporate the proposed method to our prototype hardware system using the CMOS image sensors we have originally developed. Experimental results show that our proposed method and prototype system are efficient and effective compared to the previous work and that arbitrary viewpoint images are synthesized favorably. Copyright © 2009 by the Association for Computing Machinery, Inc.

    DOI: 10.1145/1670252.1670301

    Scopus

    researchmap

  • 三次元焦点ぼけ構造からの効率的な自由視点画像生成 査読

    欧曦, 児玉和也, 久保田彰, 浜本隆之

    電子情報通信学会論文誌   J91-D ( 12 )   2854 - 2856   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    筆者らは,焦点合せの異なる画像群に線形の三次元フィルタを施すことで様々な画像を生成する手法を検討している.ここでは,演算量の大きな三次元FFTにかえて,次元削減と二次元FFTに基づき効率的に所望の自由視点画像を生成する手法を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • Efficient free viewpoint image acquisition from multiple differently focused images 査読

    Xi Ou, Takayuki Hamamoto, Akira Kubota, Kazuya Kodama

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   6822   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper deals with the technique for generating free viewpoint images by using multi-focus imaging sequences. The method may enable us to realize dense 4-D ray-space reconstruction from 3-D multi-focus imaging sequences. Previously, we proposed a method of generating free viewpoint, iris and focus images directly from multi-focus imaging sequences with a 3-D convolution filter that expresses how the scene is defocused in the sequence. However, the cost of the spatial frequency analysis based on 3-D FFT is not inexpensive. In this paper, efficient reconstruction of free viewpoint images by dimension reduction and 2-D FFT is discussed. We show some experimental results by using synthetic and real images. Epipolar plane images are also reconstructed in order to show the disparity between generated free viewpoint images clearly. © 2008 SPIE-IS&amp
    T.

    DOI: 10.1117/12.767604

    Scopus

    researchmap

  • Image-Based Refocusing By 3D Filtering 査読

    Akira Kubota, Kazuya Kodama, Yoshinori Hatori

    Proc. of Pacific Rim Symposium on Image Video and Technology 2007 (PSIVT2007)   385 - 398   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Multi-View Imaging and 3DTV 査読

    Akira Kubota, Aljoscha Smolic, Marcus Magnor, Masayuki Tanimoto, Tsuhan Chen, Cha Zhang

    Signal Processing Magazine   24 ( 6 )   10 - 21   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Synthesis of Arbitrary View Images for Real-time Multiple Cameras System 査読

    Yasuyuki Haruta, Akira Kubota, Ryutaro Oi, Takayuki Hamamoto

    Proc. of International Conference on Computational Intelligence Robotics and Autonomous Systems 2007 (CIRAS2007)   75 - 80   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Massey Univ. (New Zieland)  

    researchmap

  • A Variational Recovery Method for Virtual View Synthesis 査読

    Akira Kubota, Takahiro Saito

    Proc. of International Conference on Image Processing 2007 (ICIP2007)   IV   421 - 424   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 円形多眼画像からの逆フィルタによる中心視点画像の生成手法 査読

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    電子情報通信学会論文誌   J90-D ( 7 )   1714 - 1715   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    円形に配置された多眼カメラの取得画像群から,中心視点画像を生成するため手法を提案する.シーンを含む奥行範囲からの取得光線の値をすべて加算した画像から中心視点画像を生成するための逆フィルタを二次元周波数領域で導出する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 次元削減に基づく焦点ぼけ画像群からの効率的な全焦点画像生成 査読

    児玉和也, 久保田彰

    電子情報通信学会論文誌   J90-D ( 7 )   1697 - 1699   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    本論文では,焦点合せの異なる画像群からの全焦点画像の生成について論ずる.筆者らが提案してきた三次元FFTに基づく手法は演算コスト等が小さくない.画像群を統合した単一画像への二次元フィルタの適用により高速,安定に画像生成を実現する手法を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 2層の奥行きシーンの4視点取得画像から中心視点画像を直接生成するための視点内挿フィルタ 査読

    久保田彰, 相澤清晴

    電子情報通信学会論文誌   J90-D ( 7 )   1716 - 1717   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    2層の奥行からなるシーンに対して,正方形の頂点に配置された4眼カメラの取得画像群から,中心視点画像を直接生成するための,線形かつシフト不変なフィルタを導出する.従来のLight Field Rendering法では,劣化が生じる条件であっても,提案フィルタにより,領域分割を行うことなく,中心視点画像を鮮鋭に生成できる.

    CiNii Books

    researchmap

  • Simple and fast all-in-focus image reconstruction based on three-dimensional/two-dimensional transform and filtering 査読

    Kazuya Kodama, Hiroshi Mo, Akira Kubota

    ICASSP, IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing - Proceedings   1   I769 - I772   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper deals with all-in-focus image reconstruction by merging multiple differently focused images. We previously proposed a method of generating an all-in-focus image from multi-focus imaging sequences based on a 3-D filtering. In this paper, we first combine the sequence into a 2-D image. Just by applying a 2-D filter to the image, we realize fast reconstruction of all-in-focus images robustly. In order to reduce the cost of image acquisition, the optimal number of multiple differently focused images is also discussed. In addition, we introduce a simple estimation method utilizing the 2-D filter for the parameter of 3-D blurs. We show experimental results of fast all-in-focus image reconstruction by using synthetic and real images. © 2007 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICASSP.2007.366021

    Scopus

    researchmap

  • View interpolation by inverse filtering: Generating the center view using multiview images of circular camera array 査読

    Akira Kubota, Kazuya Kodama, Yoshinori Hatori

    VISUAL COMMUNICATIONS AND IMAGE PROCESSING 2007, PTS 1 AND 2   6508   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    This paper deals with a view interpolation problem using multiple images captured with a circular camera array. An inverse filtering method for reconstructing a virtual image at the center of the camera array is proposed. First, we generate a candidate image by adding all correspondence pixel values based on multiple layers assumed in a scene. Second, we model a linear relationship between the desired virtual image and the candidate image, and then derive the inverse filter to reconstruct the virtual image. Since we can derive the inverse filter independent of the scene structure, the proposed method requires no depth estimation. Simulation results using synthetic images show that increasing the number of cameras and layers improves the quality of the virtual image.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis of Arbitrary View Images Using Depth Estimation Based on Iterative Comparison 査読

    Yasuyuki Haruta, Akira Kubota, Ryutaro Oi, Takayuki Hamamoto

    Proc. of International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communications 2006 (ISPACS2006)   1   566 - 569   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • A Study on Biometric Authentication based on Arm Sweep Action with Acceleration Sensor 査読

    Fuminori Okumura, Akira Kubota, Yoshinori Hatori, Kenji Matsuo, Masayuki Hashimoto, Atsushi Koike

    Proc. of International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communications 2006 (ISPACS2006)   219 - 222   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • High-Speed All-in-Focus Image Reconstruction by Merging Multiple Differently Focused Images 査読

    Kazuya Kodama, Hiroshi Mo, Akira Kubota

    Proc. of Pacific-Rim Conference on Multimedia 2006 (PCM 2006)   909 - 918   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Free Viewpoint, Iris and Focus Image Generation by Using a Three-Dimensional Filtering Based on Frequency Analysis of Blurs 査読

    Kazuya Kodama, Hiroshi Mo, Akira Kubota

    Proc. of International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing 2006 (ICASSP 2006)   II   625 - 628   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Deconvolution method for view interpolation using multiple images of circular camera array 査読

    Akira Kubota, Kazuya Kodama, Yoshinori Hatori

    Proceedings - International Conference on Image Processing, ICIP   1049 - 1052   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper deals with a view interpolation problem using multiple images captured with a circular camera array. A novel deconvolution method for reconstructing a virtual image at the center of the camera array is presented and discussed in a framework of image restoration in the frequency domain. The reconstruction filter does not depend on the scene structure
    therefore the presented method requires no depth estimation. The simulation result using synthetic images shows that increasing the number of the cameras improves the quality of the virtual image. ©2006 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICIP.2006.312735

    Scopus

    researchmap

  • Free iris scene re-focusing based on a three-dimensional filtering of multiple differently focused images 査読

    Kazuya Kodama, Hiroshi Mo, Akira Kubota

    Proceedings - International Conference on Image Processing, ICIP   2033 - 2036   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper describes a method of scene re-focusing with various iris shapes by integrating a sequence of multiple differently focused images. First, we introduce a formula that combines the sequence and spatial information of a scene with a convolution of a 3-D blur. The blur expresses how the scene is defocused in the sequence. Based on the formula, in the 3-D frequency domain we can design filters merging certain frequency components of the sequence to generate images that would be acquired with various iris shapes. Some experiments of scene re-focusing using synthetic and real images indicate that we can not only arbitrarily suppress blurs of the sequence but also generate images with asymmetrical blurs like motion blurs. ©2006 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICIP.2006.312846

    Scopus

    researchmap

  • Light Field Renderingにおける合焦判定と全焦点画像合成 査読

    高橋桂太, 久保田彰, 苗村健

    電子情報通信学会論文誌   J88-D-II ( 3 )   573 - 584   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    Light field rendering (LFR)とは, あらかじめ取得された多視点画像から自由視点画像を合成する, イメージベーストレンダリングの基本的な手法である.この手法では, 合成画像において焦点ぼけのような現象が現れることが知られている.現実のシステムでは, この"焦点"が合う範囲が非常に狭い場合が多いという問題点がある.本論文では, LFRの合成画像における"合焦"の度合を, 安定に判定する新しい尺度を提案する.また, この尺度を用いて, "合焦"距離が異なる多数枚の画像から, "焦点"が合っている領域を統合することで, シーン全体を鮮明にとらえた"全焦点"画像を合成する手法を提案する.更に, 画像合成の実験を行い, 提案手法によって, 最終的な合成画像の品質が向上することを確認した.

    CiNii Books

    researchmap

  • All-in-focus image generation by merging multiple differently focused images in three-dimensional frequency domain 査読

    Kazuya Kodama, Hiroshi Mo, Akira Kubota

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   3767   303 - 314   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper describes a method of image generation based on transformation integrating multiple differently focused images. First, we assume that objects are defocused by a geometrical blurring model. And we combine acquired images on certain imaging planes and spatial frequencies of objects by using a convolution of a three-dimensional blur. Then, we reconstruct an all-in-focus image from the acquired images based on spatial frequency analysis using three-dimensional FFT. Some experiments of image generation utilizing synthesized images and real images are shown and extension of the method integrating multiple differently focused images in three-dimensional frequency domain is discussed. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2005.

    DOI: 10.1007/11581772_27

    Scopus

    researchmap

  • Direct filtering method for image based rendering 査読

    Akira Kubota, Kiyoharu Aizawa, Tsuhan Chen

    Proceedings - International Conference on Image Processing, ICIP   3   1 - 4   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Image based rendering (IBR) is basically a light ray resampling method for generating a novel image without aliasing artifacts from a given set of sampled light rays. To avoid aliasing artifacts, conventional methods require an estimate of the scene geometry. In this paper, we present a novel IBR method by linear filtering without estimating the scene geometry, for the simplified case when generating a virtual image at the center of 2×2 sparse camera array for a two depth-layers scene. The reconstruction filter used in the proposed method can derived by integrating all the process in our previously proposed method into an one-shot process. © 2005 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICIP.2005.1530313

    Scopus

    researchmap

  • A Focus Measure for Light Field Rendering 査読

    Keita Takahashi, Akira Kubota, Takeshi Naemura

    Proc. of International Conference on Image Processing 2004 (ICIP2004)   4   2475 - 2478   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Virtual View Synthesis through Linear Processing without Geometry 査読

    Akira Kubota, Kiyoharu Aizawa, Tsuhan Chen

    Proc. of International Conference on Image Processing 2004 (ICIP2004)   3   3009 - 3012   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ICIP.2004.1421746

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/icip/icip2004-5.html#KubotaAC04

  • イメージフュージョンによる任意視点画像の鮮鋭化手法 査読

    久保田彰, 相澤清晴

    情報科学技術レターズ   ( 3 )   201 - 204   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • All-Focused Light Field Rendering 査読

    Akira Kubota, Keita Takahashi, Kiyoharu Aizawa, Tsuhan Chen

    Proc. of Eurographics Symposium on Rendering 2004 (EGSR2004)   235 - 242   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Eurographics  

    DOI: 10.2312/EGWR/EGSR04/235-242

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/rt/rt2004.html#KubotaTAC04

  • Reconstructing dense light field from a multi-focus images array 査読

    Akira Kubota, Kiyoharu Aizawa, Tsuhan Chen

    Proc. of International Conference on Multimedia and Expo 2004 (ICME2004)   III   2183 - 2186   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/icmcs/icme2004.html#KubotaAC04

  • All in-focus image synthesis from under-sampled light fields 査読

    Keita Takahashi, Akira Kubota, Takeshi Naemura

    Proc. of International Conference on Artificial Reality and Telexistence 2003 (ICAT2003)   249 - 256   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • A novel image-based rendering method by linear filtering of multiple focused images acquired by a camera array 査読

    A Kubota, K Aizawa

    2003 INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING, VOL 3, PROCEEDINGS   701 - 704   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we present a novel approach to image-based rendering (IBR) for generating an arbitrary view image with arbitrary focus for a scene consisting two approximately constant depths. The presented method differs from the conventional IBRs using multiple view images in that we acquire two differently focused images from each camera position and render parallax and focus effects on objects at different depth simply by linear filtering of the acquired images without segmentation. Experimental results on the real images acquired with 4 cameras located in parallel are presented.

    Web of Science

    researchmap

  • Object-based approach to image-based rendering with linear filters using defocus information 査読

    A Kubota, K Aizawa

    VISUAL COMMUNICATIONS AND IMAGE PROCESSING 2003, PTS 1-3   5150   1329 - 1336   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    In this paper, we present a novel approach to image-based rendering (IBR) that for generates an arbitrary view image with arbitrary focus for a scene consisting two approximately constant depths. The presented method differs from the conventional IBRs using multiple view images in that we acquire two differently focused images at each camera position and render parallax and focus effects on each object simply by linear filtering of the acquired images without segmentation. Experimental results on the real images acquired with 4 cameras located in parallel are presented.

    Web of Science

    researchmap

  • 多数の昆虫顕微鏡画像からの全焦点画像と3次元画像の生成 査読

    椿泰範, 久保田彰, 相澤清晴

    映像情報メディア学会誌   56 ( 2 )   263 - 270   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    researchmap

  • Virtual view generation by linear processing of two differently focused images 査読

    A Kubota, K Aizawa

    16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOL I, PROCEEDINGS   504 - 507   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    This paper presents a novel method to render shifting (parallax) and focussing effects on object in a scene for generating a virtual view image with arbitrary focus. Two differently focused images of a same scene-near-focused image and far-focused image-are used as input images under the assumption that a scene has near and far objects. The proposed method can freely handle the shifting and the focussing effect on each object according to the view point and the focus depth of the virtual camera only by linear filtering of the input images without any segmentation or 3D modeling of the objects. Experimental results using real images are shown to test the performance of the method.

    Web of Science

    researchmap

  • All-focused image generation and 3D modeling from microscopic images of insects 査読

    Yasunori Tsubaki, Akira Kubota, Kazuya Kodama, Kiyoharu Aizawa

    Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   56 ( 2 )   263 - 270   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inst. of Image Information and Television Engineers  

    In this paper, we describe a method for generating an all-focused image from a large number of microscopic images of insects. First, we describe our previously proposed select-and-merge method for all-focused image acquisition. We can obtain good results by using this method for two differently focused images. However, this method can't give a good result when a large number of images are used. We thus developed a method that compares each image with those preceding and following it based on the estimation of focused regions. We compare the results of image reconstruction by using the new method with those obtained by using our previously method. We then generate a 3D image bye using the intensity of an all-focused image and the depth of in-focus regions, both obtained by our proposed method.

    DOI: 10.3169/itej.56.263

    Scopus

    researchmap

  • Arbitrary view and focus image generation: Rendering object-based shifting and focussing effect by linear filtering 査読

    A Kubota, K Aizawa

    2002 INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING, VOL I, PROCEEDINGS   489 - 492   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper presents a novel method to render shifting (parallax) and focussing effects on object in a scene for generating a virtual view image with arbitrary focus. Two differently focused images of the same scene-near-focused image and far-focused image are used as input under the assumption that a scene has near and far objects. The proposed method can freely handle the shifting and the focussing effect on each object according to the view point and the focus depth of the virtual camera only by linear filtering of the input images without any segmentation or modeling of the objects. Experimental results using real images are shown to test the performance of the method.

    Web of Science

    researchmap

  • All-focused image generation and 3D modelling of microscopic images of insects 査読

    Yasunori Tsubaki, Akira Kubota, Kiyoharu Aizawa

    Proc. of International Conference on Image Processing 2001 (ICIP2001)   197 - 200   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ICIP.2001.958458

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/icip/icip2001-2.html#TsubakiKA01

  • A new approach to depth range detection by producing depth-dependent blurring effect 査読

    A Kubota, K Aizawa

    2001 INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING, VOL III, PROCEEDINGS   740 - 743   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper presents a new method for detecting depth range of the scene from two differently focused images This method first generates three images with differently emphasized blui using linear filtering of the two acquired images for mole depth-sensitive estimation. In this point this method is different from the conventional approaches The discrete Fourier transform of the ratio between the generated images is then introduced as a criterion of the depth range Finally through the thresholding, process of the (11-tenon according to its correspondence to the depth oil the basis of imaging model, depth range is estimated in five steps in depth Experiments for synthesized and real images are performed to test the proposed method.

    Web of Science

    researchmap

  • Image based rendering by using multiple differently focused images 査読

    Kiyoharu Aizawa, Akira Kubota

    Proc. of Pacific-Rim Conference on Multimedia 2000 (PCM2000)   10 - 13   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 多焦点動画像の高速レジストレーションとリアルタイム処理 査読

    コニーリアニグナディ, 久保田彰, 相澤清晴

    映像情報メディア学会誌   54 ( 11 )   1657 - 1659   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    本稿では, 任音焦点動画像をリアルタイムに再構成するシステムとその前処理として必要とされるレジストレーション手法の高速化を提案する.ここでは, 提案されるシステムの構成を示し, 処理の流れを説明した後, 試作システムとシミュレーション結果を示す.毎秒3フレーム程度の任意焦点動画像システムが実現できた.レジストレーション手法では, 輝度投影分布のマッチングアプローチを適用することによって, 従来の階層化マッチング法に比べて, 処理速度が200倍程度上がることが確認できた.

    DOI: 10.3169/itej.54.1657

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00071151243?from=CiNii

  • Object-based visual effects by using multi-focus images and its real-time implementation 査読

    Kiyoharu Aizawa, Akira Kubota, Gunadi, C.R

    Proc. of International Conference on Multimedia and Expo 2000 (ICME2000)   I   289 - 292   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ICME.2000.869598

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/icmcs/icme2000.html#AizawaKG00

  • 複数の異なる焦点画像からの多様な映像生成 査読

    児玉和也, 久保田彰, 相澤清晴, 羽鳥光俊

    映像情報メディア学会誌   54 ( 3 )   426 - 430   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    researchmap

  • 多焦点画像処理のための位置合わせ手法と撮像系の構築 査読

    久保田彰, 児玉和也, 相澤清晴

    映像情報メディア学会誌   54 ( 2 )   260 - 267   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    researchmap

  • Producing object-based special effects by fusing multiple differently focused images 査読

    Kiyoharu Aizawa, Kazuya Kodama, Akira Kubota

    IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology   10 ( 2 )   323 - 330   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    We propose a novel approach for producing special visual effects by fusing multiple differently focused images. This method differs from conventional image-fusion techniques because it enables us to arbitrarily generate object-based visual effects such as blurring, enhancement, and shifting. Notably, the method does not need any segmentation. Using a linear imaging model, it directly generates the desired image from multiple differently focused images.

    DOI: 10.1109/76.825731

    Scopus

    researchmap

  • Inverse filters for reconstruction of arbitrarily focused images from two differently focused images 査読

    A Kubota, K Aizawa

    2000 INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING, VOL I, PROCEEDINGS   101 - 104   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper describes a novel filtering method to reconstruct an arbitrarily focused image from two differently focused images. Based on the assumption that image scene has two layers - foreground and background -, two differently focused images are used as inputs, one of which is focused on the foreground and the other is focused on the background. The linear equation that holds between these images and the desired image, which is derived from their imaging mod els, can be formulated as an image restoration problem. This paper shows that the solution of this problem exists as an inverse filter and the desired image can be reconstructed only by the linear filters. As a result, reconstruction with high accuracy and fast can be achieved. Experiments using real images are shown.

    Web of Science

    researchmap

  • Inverse filters for generation of arbitrarily focused images 査読

    A Kubota, K Aizawa

    VISUAL COMMUNICATIONS AND IMAGE PROCESSING 2000, PTS 1-3   4067   1633 - 1641   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    This paper describes a novel filtering method to reconstruct an arbitrarily focused image from two differently focused images. Based on the assumption that image scene has two layers - foreground and background -, the method uses the linear imaging model of the acquired two differently focused images and the desired image with arbitrary blurring; effect manipulated independently in each Ia;ver. The linear equation that holds between these images, which is derived fi om the imaging model, can be formulated as image restoration problem. This paper shows the solution of this problem, completely exists as an inverse filter, and the desired image can be reconstructed only by the linear filtering. As a result, reconstruction with high accuracy and fast processing call be achieved. Experiments using real images are shown.

    Web of Science

    researchmap

  • Implicit 3D Approach to Image Generation: Object-Based Visual Effects by Linear Processing of Multiple Differently Focused Images.

    Kiyoharu Aizawa, Akira Kubota, Kazuya Kodama

    Multi-Image Analysis   226 - 237   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/3-540-45134-X_17

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/tfcv/tfcv2000.html#AizawaKK00

  • Generation of Various Images Using Multiple Differently Focused Images 査読

    Kazuya Kodama, Mitsutoshi Hatori, Akira Kubota, Kiyoharu Aizawa

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers   54 ( 3 )   426 - 430   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3169/itej.54.426

    Scopus

    researchmap

  • Image-registration method and multi-focus camera for multi-focus image processing 査読

    Akira Kubota, Kazuya Kodama, Kiyoharu Aizawa

    Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   54 ( 2 )   260 - 267   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inst. of Image Information and Television Engineers  

    We describe an image-registration method and a camera system for multi-focus image processing. We also describe a novel method for high-speed generation of arbitrarily focused images using graphic accelerator. The registration method uses global and local registration. The former corrects for differences in the displacement and scale between acquired images by using a hierarchical block-matching technique
    the latter corrects for local deformation due to lens distortion. The developed camera can capture three differently focused images simultaneously for the same scene, so that we can generate an arbitrarily focused image for dynamic scene. Finally, we show example motion images with an arbitrary focus generated from two differently focused image sequences captured by the proposed camera.

    DOI: 10.3169/itej.54.260

    Scopus

    researchmap

  • Registration and blur estimation methods for multiple differently focused images 査読

    Akira Kubota, Kazuya Kodama, Kiyoharu Aizawa

    Proc. of International Conference on Image Processing 1999 (ICIP1999)   447 - 45   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ICIP.1999.822936

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/icip/icip1999-2.html#KubotaKA99

  • Producing Object-based special effects by integrating multiple differently focused images: implicit 3D approach to image content manipulation 査読

    Kiyoharu Aizawa, Kazuya Kodama, Akira Kubota

    Proc. of International Conference on Image Processing 1999 (ICIP1999)   515 - 519   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ICIP.1999.822949

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/icip/icip1999-2.html#AizawaKK99

  • 複数の異なる焦点画像を用いた視差と焦点ぼけを操作する映像生成 査読

    児玉和也, 久保田彰, 相澤清晴, 羽鳥光俊

    映像情報メディア学会誌   52 ( 9 )   1336 - 1342   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 基本からわかる 信号処理講義ノート

    ( 担当: 共著)

    オーム社  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 3DTV System with Depth-Image-Based Rendering: Architectures, Techniques and Challenges

    ( 担当: 共著)

    Springer  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

MISC

  • フォーカルスタックから光線空間を再構成するフィルタバンク (画像工学)

    久保田 彰, 児玉 和也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 228 )   71 - 73   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • フォーカルスタックから光線空間を再構成するフィルタバンク (メディア工学 映像表現&コンピュータグラフィックス)

    久保田 彰, 児玉 和也

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   41 ( 33 )   71 - 73   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 解説「多視点画像を使って焦点ぼけ画像を生成するフィルタ手法」

    久保田彰

    画像ラボ   19 ( 12 )   31 - 35   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本工業出版  

    CiNii Books

    researchmap

  • 腕の振りに基づく生体認証とテンプレート更新による経時変化の抑制 査読

    松尾賢治, 奥村文教, 橋本真幸, 小池淳, 久保田彰, 羽鳥好律

    電子情報通信学会論文誌   J91-B ( 6 )   695 - 705   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    筆者らはこれまでに,腕の振り動作に基づく新しい生体認証について検討し,携帯電話上の個人認証を実現するための基本方式を提案した.この方式は腕を振る動作中の加速度を個人の特徴量として取得し,DPマッチングにより相違度を比較する.腕の振り動作認証は,携帯電話に簡易な操作性と高い利便性を提供する反面,同一人物であっても各試行における変動は大きく,特に中長期の経時により広がる変動への耐性が要求される.そこで本論文では,腕の振り動作認証においてテンプレートの更新により経時変化を抑制する方法を提案する.提案法は,登録されているテンプレートと新たに入力された時系列データとの間で相違度を最小とする経路をDPマッチングにより求め,その経路に基づいて新たなテンプレートを作成する.また,相違度に対するしきい値を導入し,適応的に更新の要否を判定してテンプレートの更新の信頼性を高める.被験者12名による2か月にわたる認証実験の結果,提案更新法により等誤り率5.01%を達成し,更新を行わない場合の等誤り率17.0%を大幅に改善した.

    CiNii Books

    researchmap

  • 奥行き推定を必要としない視点内挿手法とその安定性解析 ―円周配置の多視点画像を用いた中心視点画像の生成― 査読

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    電子情報通信学会論文誌   J90-D ( 4 )   1063 - 1072   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    円周上に奥行方向に向いて配置された多眼カメラの画像を用いて,その円の中心における仮想画像(中心視点画像)を生成する視点内挿問題を扱い,シーンの奥行推定を必要としない視点内挿手法を提案する.提案手法では,まず,シーンが一枚の平面であると仮定し,この平面を奥行に反比例するように移動させながらLight Field Rendering法を用いて中心視点画像の候補となる画像列を生成する.次に,その候補画像列を,シーン中の三次元的なテクスチャ分布が劣化した三次元信号としてモデル化できることを示し,候補画像列から中心視点画像を生成するための逆フィルタを導出する.逆フィルタは,シーンに依存せず,多眼カメラの配置から決定されるため,提案手法はシーンの奥行を推定する必要がない.また,多眼カメラの台数を増やすと,逆フィルタは発散することなく安定な特性となることを示し,中心視点画像が良好に生成できることをシミュレーションにより検証する.

    CiNii Books

    researchmap

  • Free iris and focus image generation by merging multiple differently focused images based on a three-dimensional filtering

    Kazuya Kodama, Akira Kubota

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E90D ( 1 )   191 - 198   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper describes a method of free iris and focus image generation based on transformation integrating multiple differently focused images. First, we assume that objects are defocused by a geometrical blurring model. And we combine acquired images on certain imaging planes and spatial information of objects by using a convolution of a three-dimensional blur. Then, based on spatial frequency analysis of the blur, we design three-dimensional filters that generate free iris and focus images from the acquired images. The method enables us to generate not only an all-in-focus image corresponding to an ideal pin-hole iris but also various images, which would be acquired with virtual irises whose sizes are different from the original one. In order to generate a certain image by using multiple differently focused images, especially very many images, conventional methods usually analyze focused regions of each acquired image independently and construct a depth map. Then, based on the map, the regions are merged into a desired image with some effects. However, generally, it is so difficult to conduct such depth estimation robustly in all regions that these methods cannot prevent merged results from including visible artifacts, which decrease the quality of generated images awfully. In this paper, we propose a method of generating desired images directly and robustly from very many differently focused images without depth estimation. Simulations of image generation are performed utilizing synthetic images to study how certain parameters of the blur and the filter affect the quality of generated images. We also introduce pre-processing that corrects the size of acquired images and a simple method for estimating the parameter of the three-dimensional blur. Finally, we show experimental results of free iris and focus image generation from real images.

    DOI: 10.1093/ietisy/e90-d.1.191

    Web of Science

    researchmap

  • Reconstructing dense light field from array of multifocus images for novel view synthesis

    Akira Kubota, Kiyoharu Aizawa, Tsuhan Chen

    IEEE TRANSACTIONS ON IMAGE PROCESSING   16 ( 1 )   269 - 279   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    This paper presents a novel method for synthesizing a novel view from two sets of differently focused images taken by an aperture camera array for a scene consisting of two approximately constant depths. The proposed method consists of two steps. The first step is a view interpolation to reconstruct an all-in-focus dense light field of the scene. The second step is to synthesize a novel view by a light-field rendering technique from the reconstructed dense light field. The view interpolation in the first step can be achieved simply by linear filters that are designed to shift different object regions separately, without region segmentation. The proposed method can effectively create a dense array of pin-hole cameras (i.e., all-in-focus images), so that the novel view can be synthesized with better quality.

    DOI: 10.1109/TIP.2006.884938

    Web of Science

    researchmap

  • Reconstructing dense light field from array of multifocus images for novel view synthesis

    Akira Kubota, Kiyoharu Aizawa, Tsuhan Chen

    IEEE TRANSACTIONS ON IMAGE PROCESSING   16 ( 1 )   269 - 279   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    This paper presents a novel method for synthesizing a novel view from two sets of differently focused images taken by an aperture camera array for a scene consisting of two approximately constant depths. The proposed method consists of two steps. The first step is a view interpolation to reconstruct an all-in-focus dense light field of the scene. The second step is to synthesize a novel view by a light-field rendering technique from the reconstructed dense light field. The view interpolation in the first step can be achieved simply by linear filters that are designed to shift different object regions separately, without region segmentation. The proposed method can effectively create a dense array of pin-hole cameras (i.e., all-in-focus images), so that the novel view can be synthesized with better quality.

    DOI: 10.1109/TIP.2006.884938

    Web of Science

    researchmap

  • Free iris and focus image generation by merging multiple differently focused images based on a three-dimensional filtering

    Kazuya Kodama, Akira Kubota

    IEICE Transactions on Information and Systems   E90-D ( 1 )   191 - 198   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    This paper describes a method of free iris and focus image generation based on transformation integrating multiple differently focused images. First, we assume that objects are defocused by a geometrical blurring model. And we combine acquired images on certain imaging planes and spatial information of objects by using a convolution of a three-dimensional blur. Then, based on spatial frequency analysis of the blur, we design three-dimensional filters that generate free iris and focus images from the acquired images. The method enables us to generate not only an all-in-focus image corresponding to an ideal pin-hole iris but also various images, which would be acquired with virtual irises whose sizes are different from the original one. In order to generate a certain image by using multiple differently focused images, especially very many images, conventional methods usually analyze focused regions of each acquired image independently and construct a depth map. Then, based on the map, the regions are merged into a desired image with some effects. However, generally, it is so difficult to conduct such depth estimation robustly in all regions that these methods cannot prevent merged results from including visible artifacts, which decrease the quality of generated images awfully. In this paper, we propose a method of generating desired images directly and robustly from very many differently focused images without depth estimation. Simulations of image generation are performed utilizing synthetic images to study how certain parameters of the blur and the filter affect the quality of generated images. We also introduce pre-processing that corrects the size of acquired images and a simple method for estimating the parameter of the three-dimensional blur. Finally, we show experimental results of free iris and focus image generation from real images. Copyright © 2007 The Institute of Electornics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1093/ietisy/e90-1.1.191

    Scopus

    researchmap

  • 解説「視点と焦点の異なる画像群を用いたイメージ・ベースド・レンダリング―領域分割をすることなく,焦点ぼけから視差を作り出す視点内挿アルゴリズム―」

    久保田彰, 相澤清晴

    画像ラボ   17 ( 11 )   11 - 14   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本工業出版  

    CiNii Books

    researchmap

  • 3次元フィルタリングに基づく焦点合わせの異なる多数枚の画像群からの全焦点画像の生成

    児玉和也, 久保田彰

    映像情報メディア学会誌   60 ( 7 )   1077 - 1084   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3169/itej.60.1077

    Scopus

    researchmap

  • Special issue on multi-view image processing and its application in image-based rendering

    Akira Kubota, Tsuhan Chen

    SIGNAL PROCESSING-IMAGE COMMUNICATION   21 ( 6 )   451 - 453   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    DOI: 10.1016/j.image.2006.03.010

    Web of Science

    researchmap

  • 解説「画像復元法に基づいた自由視点画像の生成」

    久保田彰, 斉藤隆弘

    OplusE   28 ( 3 )   59 - 62   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:新技術コミュニケーションズ  

    researchmap

  • 多視点からの多焦点画像を用いた密な光線空間の構築とそれに基づいた任意視点画像の生成

    久保田彰, 相澤清晴

    映像情報メディア学会誌   60 ( 5 )   797 - 806   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3169/itej.60.797

    Scopus

    researchmap

  • 高品質な映像生成に適した焦点ぼけ画像群の構造化に関する検討

    児玉 和也, 久保田 彰

    電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式   105 ( 461 )   19 - 24   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    筆者らは, 焦点合わせの異なる多数枚の撮像画像群を3次元情報とみなし, これから様々な映像を生成する手法を検討している.本稿ではまず, 撮像画像間の撮像範囲の相違や焦点合わせ間隔の補正等により, 焦点ぼけ画像群を適切に構造化する手法を検討する.あわせて, 構造化後の3次元焦点ぼけを表すパラメータと生成画像の品質との関係を雑音への耐性も含めて検証し, 望ましい撮像条件を明らかにする.また, 画像生成時に仮定したぼけの程度や対象物体の存在範囲などからの誤差の影響による品質劣化についても検証を行い, 本手法が有効に機能する範囲を示すとともに, 窓関数を用いた劣化抑制等の必要性の有無など一般の劣化画像の復元処理との相違についても論ずる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 高品質な映像生成に適した焦点ぼけ画像群の構造化に関する検討

    児玉 和也, 久保田 彰

    情報処理学会研究報告オーディオビジュアル複合情報処理(AVM)   2005 ( 124 )   69 - 74   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    筆者らは,焦点合わせの異なる多数枚の撮像画像群を3次元情報とみなし,これから様々な映像を生成する手法を検討している.本稿ではまず,撮像画像間の撮像範囲の相違や焦点合わせ間隔の補正等により,焦点ぼけ画像群を適切に構造化する手法を検討する.あわせて,構造化後の3次元焦点ぼけを表すパラメータと生成画像の品質との関係を雑音への耐性も含めて検証し,望ましい撮像条件を明らかにする.また,画像生成時に仮定したぼけの程度や対象物体の存在範囲などからの誤差の影響による品質劣化についても検証を行い,本手法が有効に機能する範囲を示すとともに,窓関数を用いた劣化抑制等の必要性の有無など一般の劣化画像の復元処理との相違についても論ずる.This paper deals with image generation based on transformation integrating multiple differently focused images into structured 3-D information. First, we describes a method of image size correction and focus interpolation for the integration. In addition, relation between a certain parameter of the structured 3-D information and quality of generated images is discussed taking noise into consideration. Furthermore, we examine how errors of assumptions about blurs and scenes degrade generated images. Difference between our proposed method and conventional image restoration such as necessity of using window functions is also mentioned.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00041160/

  • 高品質な映像生成に適した焦点ぼけ画像群の構造化に関する検討

    児玉 和也, 久保田 彰

    映像情報メディア学会技術報告   29 ( 73 )   19 - 24   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Reconstructing arbitrarily focused images from two differently focused images using linear filters

    A Kubota, K Aizawa

    IEEE TRANSACTIONS ON IMAGE PROCESSING   14 ( 11 )   1848 - 1859   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    We present a novel filtering method for reconstructing an all-in-focus image or an arbitrarily focused image from two images that are focused differently. The method can arbitrarily manipulate the degree of blur of the objects using linear filters without segmentation. The filters are uniquely determined from a linear imaging model in the Fourier domain. An effective and accurate blur estimation method is developed. The simulation results show that the accuracy and computational time of the proposed method are improved compared with the previous iterative method and that the effects of blur estimation error on the quality of the reconstructed image are very small. The method performs well for real images acquired without visible artifacts.

    DOI: 10.1109/TIP.2005.854468

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Reconstructing arbitrarily focused images from two differently focused images using linear filters

    A Kubota, K Aizawa

    IEEE TRANSACTIONS ON IMAGE PROCESSING   14 ( 11 )   1848 - 1859   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    We present a novel filtering method for reconstructing an all-in-focus image or an arbitrarily focused image from two images that are focused differently. The method can arbitrarily manipulate the degree of blur of the objects using linear filters without segmentation. The filters are uniquely determined from a linear imaging model in the Fourier domain. An effective and accurate blur estimation method is developed. The simulation results show that the accuracy and computational time of the proposed method are improved compared with the previous iterative method and that the effects of blur estimation error on the quality of the reconstructed image are very small. The method performs well for real images acquired without visible artifacts.

    DOI: 10.1109/TIP.2005.854468

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 解説「顕微鏡画像の全焦点化と奥行き情報の取得 多数枚の昆虫顕微鏡画像からの全焦点画像と3次元画像の生成」

    椿泰範, 久保田彰, 相澤清晴

    画像ラボ   13 ( 10 )   19 - 21   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本工業出版  

    CiNii Books

    researchmap

  • 線形フィルタによる2枚の合焦画像からの任意ぼけ画像の再構成 査読

    久保田彰, 相澤清晴

    電子情報通信学会論文誌   J83-D-II ( 12 )   2663 - 2674   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 複数尤度に基づく検出処理を組み合わせたParticle Filterによる人物追跡

    鵜殿康太郎, 久保田 彰

    画像工学研究会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ORB特徴量を用いたParticle Filterによる人物追跡手法

    伊藤剛大, 久保田 彰

    画像工学研究会  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多重解像度分解を用いたシーンのレイヤ表現に基づく視点内挿法

    安田 奨, 久保田 彰

    画像工学研究会  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AECを用いた奥行きマップに対する動画圧縮方式

    伊藤一樹, チョン ジーン, 久保田 彰

    画像工学研究会  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PNG画像におけるフィルタの最適選択と圧縮特性の改善

    高橋哲平, 久保田 彰

    画像工学研究会  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 雑音と欠損視点に対応する光線空間復元

    児玉 和也, 久保田 彰

    映像メディア処理シンポジウム  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 近赤外画像を利用した霞のある屋外画像の明瞭化の一手法

    山口浩平, 久保田 彰

    画像工学研究会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 直交変換を用いたNear-Lossless符号化の一検討

    伊藤 一樹, チョン ジーン, 久保田 彰, オルテガ アントニオ

    画像符号化シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • フィルタの最適選択と色空間変換を用いた PNGの圧縮特性改善

    高橋 哲平, 久保田 彰

    画像符号化シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • コンピュータトモグラフィを利用した自由視点画像の生成

    久保田彰

    映像メディア処理シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 周波数領域上での線型結合に基づくScene Refocusing

    児玉 和也, 久保田 彰

    映像メディア処理シンポジウ  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非因果的フレーム内符号化の簡易な適応選択方式

    王 翠, 久保田 彰, 羽鳥 好律

    画像符号化シンポジウム  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 非因果的符号化方式の時間相関方向への拡張

    王 翠, 久保田 彰, 羽鳥 好律

    画像符号化シンポジウム  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 反復埋込法を用いた自由視点画像への電子透かし法

    阿部 拓也, 久保田 彰

    映像メディア処理シンポジウム  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 複数の周波数帯での奥行推定に基づく自由視点画像合成手法の提案

    中嶋 俊介, 久保田 彰

    映像メディア処理シンポジウム  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 固有空間法を用いた顔動画像からの個人認証

    早田 光太郎, 久保田 彰

    映像メディア処理シンポジウム  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ペナルティ関数法を用いた奥行マップの疎表現

    石田 淳一, チョン ジーン, 久保田 彰, オルテガ アントニオ

    画像符号化シンポジウム  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Free viewpoint image generation using defocus multiview images

    Akira Kubota, Yoshinori Hatori

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2009年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 実写画像に基づいた自由焦点・視点画像の生成

    映像情報メディア学会,次世代画像入力専門研究部会,2008年度研究会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 奥行き変化のあるシーンに対する超解像反復アルゴリズム

    横山あみ, 久保田彰, 羽鳥好律, 酒澤茂之

    画像電子学会 第243回研究会講演予稿,画像電子学会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パラメトリック固有空間法を用いた手持ちカメラからの動画像による本人認証

    森住 祐介, 松尾 賢治, 久保田 彰, 羽鳥 好律

    画像電子学会 第243回研究会講演予稿,画像電子学会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 焦点の異なるステレオ画像からの中間視点画像の生成

    濱中智仁, 久保田彰, 羽鳥好律

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 奥行き変化のあるシーンに対する高精細画像の反復再構成

    横山あみ, 久保田彰, 羽鳥好律

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非因果的内挿によるBピクチャ符号化方式の検討

    原部智哉, 羽鳥好律, 久保田彰

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パラメトリック固有空間法を用いた手持ちカメラからの動画像による本人認証

    森住祐介, 松尾賢治, 久保田彰, 羽鳥好律

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内挿予測・DCT量子化を用いたハイブリッド符号化方式の検討

    森俊介, 久保田彰, 羽鳥好律

    画像符号化シンポジウム資料,電子情報通信学会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非因果的内挿予測によるBピクチャ符号化方式の検討

    原部智哉, 羽鳥好律, 久保田彰

    画像符号化シンポジウム資料,電子情報通信学会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多視点画像に基づいた仮想視点画像の超解像処理

    横山あみ, 久保田彰, 羽鳥好律

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パラメトリック固有空間法を用いた手持ちカメラからの動画像による本人認証の一検討

    森住祐介, 松尾賢治, 小池淳, 久保田彰, 羽鳥好律

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 画像をたくさん撮ったあとに焦点や視点を変える画像処理~イメージ・ベースド・レンダリング~

    (株)東芝 デジタルメディアネットワーク社 講演会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 手持ちカメラで取得した顔動画像からの個人認証の一検討

    森住祐介, 松尾賢治, 久保田彰, 羽鳥好律

    情報科学技術フォーラム講演論文集,電子情報通信学会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内挿符号化によるBピクチャ符号化方式の検討

    原部智哉, 羽鳥好律, 久保田彰

    情報科学技術フォーラム講演論文集,電子情報通信学会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 円周配置多眼画像からの視線一致画像の合成と高精細化

    横山あみ, 久保田彰, 羽鳥好律

    情報科学技術フォーラム講演論文集,電子情報通信学会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 反復復元法に基づいた仮想視点画像の生成

    久保田彰, 齊藤隆弘

    信学技報(パターン認識・メディア理解研究会),電子情報通信学会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 画像処理による視点内挿の試み ―視点移動のための線形変換処理―

    計測自動制御学会四国支部講演会  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3次元焦点ぼけ構造からの次元削減に基づく自由視点画像生成

    欧曦, 児玉和也, 久保田彰, 浜本隆之

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スペクトル分解に基づいたシーン非依存型の視点内挿フィルタ

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 合焦判定法を利用した仮想視点画像の生成

    大澤克俊, 久保田彰, 羽鳥好律

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 仮想平面を用いた多視点映像の予測内挿符号化方式の検討

    鈴木裕高, 久保田彰, 羽鳥好律

    映像符号化シンポジウム資料,電子情報通信学会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多視点画像に基づいた焦点効果のレンダリング手法

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    第6回情報科学技術フォーラム講演集,電子情報通信学会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 合焦判定法を利用した中心視点画像の生成

    大澤克俊, 久保田彰, 羽鳥好律

    第6回情報科学技術フォーラム講演集,電子情報通信学会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 仮想平面を用いた多視点映像の予測内挿符号化方式の検討

    鈴木裕高, 久保田彰, 羽鳥好律

    第6回情報科学技術フォーラム講演集,電子情報通信学会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 合焦判定を用いた仮想視点画像の生成

    大澤克俊, 久保田彰, 羽鳥好律

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 疎な光線データからのエイリアジングを抑制した焦点ぼけ画像の生成

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 誤り領域判定に基づく多眼カメラを用いた距離推定の高精度化

    小倉翔, 春田康行, 久保田 彰, 大井隆太朗, 浜本隆之

    映情学技報(情報センシング研究会),映像情報メディア学会  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 円周配置カメラの実写画像を用いた中心視点画像の生成

    久保田彰, 佐久間あい, 児玉和也, 羽鳥好律

    画像電子学会第231回研究会予稿集,画像電子学会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • View interpolation by inverse filtering: generating the center view using multiview images of circular camera array

    Visual Communications and Image Processing 2007  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 仮想平面を用いた多視点映像の予測符号化方式の検討

    2007年 

     詳細を見る

  • 合焦判定を利用した中心視点画像の生成

    2007年 

     詳細を見る

  • Generating center-view image by using depth-from-focus

    IEVC2007  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Interpolative prediction based on virtualplane multi-view image coding

    IEVC2007  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • View interpolation by inverse filtering: generating the center view using multiview images of circular camera array

    Visual Communications and Image Processing 2007  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Generating center-view image by using depth-from-focus

    IEVC2007  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Interpolative prediction based on virtualplane multi-view image coding

    IEVC2007  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 加速度センサを用いた手振りによる個人認証の研究

    奥村文教, 久保田彰, 羽鳥好律, 松尾賢治, 橋本真幸, 小池淳

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 次元削減に基づく焦点ぼけ画像群からの効率的な映像生成

    児玉和也, 久保田彰

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 円周多眼画像からの光線内挿手法

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 円周多眼画像からのウィナーフィルタによる任意焦点画像の再構成

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    画像の認識・理解シンポジウム講演予稿集,電子情報通信学会  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3次元フィルタリングに基づく焦点ぼけ画像群からの全焦点画像センシング法の提案

    児玉和也, 久保田彰

    第12回センシングシンポジウム講演論文集,画像センシング技術研究会  2006年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 円周多眼画像からの任意焦点画像の再構成

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 画像復元法を用いた円周多眼画像からの視点内挿とその安定性

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    信学技報(サイバーワールド研究会),電子情報通信学会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 信号処理手法によるView Interpolationの試み

    神奈川大学電子情報系ハイテク・リサーチ・センター第2回シンポジウム  2006年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Deconvolution Method for View Interpolation using Multiple Images of Circular Camera Array

    IEEE international conference on image processing  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Deconvolution Method for View Interpolation using Multiple Images of Circular Camera Array

    IEEE international conference on image processing  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高品質な映像生成に適した焦点ぼけ画像群の構造化に関する検討

    児玉和也, 久保田彰

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3次元デコンボリューション法による中間視点画像の生成

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2005年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 円形多眼画像からの中心画像の再構成問題

    久保田彰, 児玉和也, 相澤清晴, 羽鳥好律

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2005年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3次元焦点ぼけ構造を用いて視点と焦点ぼけを操作する画像生成

    児玉和也, 久保田彰

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2005年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Light Field Rendering の先鋭化

    第4回情報科学技術フォーラムFIT2005,3次元ビデオ処理に関するシンポジウム  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Direct filtering method for image based rendering

    IEEE Int. Conf. Image Processing  2005年 

     詳細を見る

  • Direct filtering method for image based rendering

    IEEE Int. Conf. Image Processing  2005年 

     詳細を見る

  • Iterative Reconstruction of Virtual View from Multiple Images Captured with an Unstructured Camera Array

    Akira Kubota, Kiyoharu Aizawa

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 任意視点画像の反復再構成-不規則配置の多眼カメラ画像への適用-

    久保田彰, 相澤清晴

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2004年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • All-Focused Light Field Rendering

    Eurographics Symposium on Rendering  2004年 

     詳細を見る

  • All-Focused Light Field Rendering

    Eurographics Symposium on Rendering  2004年 

     詳細を見る

  • 焦点ぼけ情報を利用した任意視点・焦点画像の生成

    久保田彰, 相澤清晴

    3次元画像コンファレンス講演論文集,画像電子学会  2003年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多視点・焦点画像の線形フィルタリングによる任意視点・焦点画像の生成

    久保田彰, 相澤清晴

    映情学技報(メディア工学研究会),映像情報メディア学会  2003年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多焦点ステレオ画像の線形処理による視点と焦点の内挿

    久保田彰, 相澤清晴

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2002年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多焦点画像を用いたIBRによる仮想視点・任意焦点画像の生成

    久保田彰, 相澤清晴

    日本バーチャルリアリティ学会 第7回大会講演予稿集,日本バーチャルリアリティ学会  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複数のぼけ画像を用いた全焦点画像生成

    大野哲之, 久保田彰, 相澤清晴

    画像の認識・理解シンポジウム講演予稿集,電子情報通信学会  2002年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 線形処理を用いた視差と焦点ぼけのレンダリングによる仮想カメラ画像の生成

    久保田彰, 相澤清晴

    画像の認識・理解シンポジウム講演予稿集,電子情報通信学会  2002年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ぼけ強調処理による奥行きの推定精度の改善

    久保田彰, 相澤清晴

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2001年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 焦点ぼけの強調による奥行き領域の検出法

    久保田彰, 相澤清晴

    信学技報(パターン認識・メディア理解研究会),電子情報通信学会  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 焦点ぼけ付与による奥行き領域の検出法の検討

    久保田彰, 相澤清晴

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  2000年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 線形処理による多合焦画像を用いた視覚効果生成

    久保田彰, 相澤清晴

    日本バーチャルリアリティ学会 第5回大会講演予稿集,日本バーチャルリアリティ学会  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 線形フィルタを用いた多焦点画像からの視覚効果処理-強調,流れ場,シフト処理-

    久保田彰, 相澤清晴

    映像情報メディア学会 年次大会講演予稿集,映像情報メディア学会  2000年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 逆フィルタによる多焦点画像からの映像生成 -焦点ぼけ,流れ場,強調・シフト-

    久保田彰, 相澤清晴

    画像の認識・理解シンポジウム講演予稿集,電子情報通信学会  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多焦点画像からの逆フィルタによる任意焦点画像の再構成

    久保田彰, 相澤清晴

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  1999年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 顕微鏡を用いた非常に多数枚の昆虫画像からの超高精細全焦点画像再構成の検討

    児玉和也, 久保田彰, 椿泰範, 相澤清晴, 羽鳥光俊

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  1999年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 回転とスケール変化を考慮した多焦点画像のレジストレーション手法

    久保田彰, 相澤清晴

    映像情報メディア学会 年次大会講演予稿集,映像情報メディア学会  1999年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多焦点画像の回転を考慮したレジストレーションと任意焦点画像の逆フィルタによる高速再構成

    久保田彰, 相澤清晴

    信学技報(画像工学研究会),電子情報通信学会  1999年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多焦点画像処理のためのグローバル/ローカルレジストレーションと多焦点動画像カメラの試作

    久保田彰, 児玉和也, 相澤清晴, 羽鳥光俊

    信学技報(パターン認識・メディア理解研究会),電子情報通信学会  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 任意焦点画像処理用撮像カメラの試作

    久保田彰, 児玉和也, 相澤清晴, 羽鳥光俊

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  1998年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 焦点画像処理のための複数焦点画像間のレジストレーションとぼけ推定

    久保田彰, 児玉和也, 相澤清晴, 羽鳥光俊

    電子情報通信学会 ソサイエティ大会論文集,電子情報通信学会  1998年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 焦点合わせの異なるレジストレーションとぼけ推定

    久保田彰, 児玉和也, 相澤清晴, 羽鳥光俊

    映像メディア処理シンポジウム資料,電子情報通信学会  1998年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • IEEE MMSP'12 Top 10% paper award

    2012年9月   Quality-optimized Encoding of JPEG Images using Transform Domain Sparsification

    unichi Ishida, Gene Cheung, Akira Kubota, Antonio Ortega

  • 映像情報メディア学会 平成23年度丹羽高柳賞論文賞

    2012年5月  

  • 画像符号化シンポジウム ベストポスター賞

    2011年10月   画像符号化シンポジウム   ペナルティ関数法を用いた奥行マップの疎表現

    石田 淳一, チョン ジーン, 久保田 彰, オルテガ アントニオ

  • Top 10% paper award in MMSP'11

    2011年10月   Depth Map Coding using Graph Based Transform and Transform Domain Sparsification

    Gene Cheung, Woo-shik Kim, Antonio Ortega, Junichi Ishida, Akira Kubota

  • フロンティア賞

    2007年12月   映像メディア処理シンポジウム2007   スペクトル分解に基づいたシーン非依存型の視点内挿フィルタ

    久保田彰, 児玉和也, 羽鳥好律

  • フロンティア賞

    2005年12月   映像メディア処理シンポジウム2005   3次元焦点ぼけ構造を用いて視点と焦点ぼけを操作する画像生成

    児玉和也, 久保田彰

  • 研究奨励賞

    2003年12月   映像情報メディア学会   多視点・焦点画像の線形フィルタリングによる任意視点・焦点画像の生成

    久保田彰

  • 学術奨励賞

    2003年  

  • 鈴木記念賞

    2001年  

  • 鈴木記念賞

    2000年8月   映像情報メディア学会   線形フィルタを用いた多焦点画像からの視覚効果処理-強調,流れ場,シフト処理-

    久保田彰

  • 学生論文賞

    1999年12月   映像メディア処理シンポジウム1999   多焦点画像からの逆フィルタによる任意焦点画像の再構成

    久保田彰

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 古典的画像復元問題の自然な拡張に基づく立体映像情報に適した品質劣化抑制手法の探求

    研究課題/領域番号:26330215  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)  国立情報学研究所

    児玉 和也, 久保田 彰

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    多視点画像群など膨大な情報を要する立体映像メディアに関し、各種デバイス等の制約を越える品質向上手法が強く求められている。これに対し、焦点ボケ構造を介し当該画像群のような立体映像情報の冗長性を活用する品質劣化抑制フィルタの構成およびその柔軟な拡張と体系化を検討した。実際、高精度な雑音除去のみならず欠損視点の復元など様々な劣化の抑制あるいは高品質化への展開における当該フィルタの有効性が確認された。あわせて、提案する品質調整の枠組をリアルタイムに実現する映像システムを構築し、大規模な実画像情報にも対応しうる効率性を実証的に明確にした。

    researchmap

  • 多機能・高品質コンピュテーショナルイメージングのための信号変換理論の構築と検証

    研究課題/領域番号:20700154  2008年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)  東京工業大学

    久保田 彰

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    視点位置,焦点合わせの異なる画像群から,それぞれのパラメータを変更した画像を生成するためのアルゴリズムを開発し,シミュレーションにより効果を確認した.アルゴリズムでは,シーンを多数枚の平面の集合であるとして,平面ごとに取得画像と生成画像との関係を線形モデルで記述した.複数の線形モデルを解く際に,シーンがどの平面に属しているかという情報を削除することができるため,信号処理による信号変換が可能であることがわかった.

    researchmap

  • 自由視点画像の生成のための、シーン構造に依存しない光線内挿法とその理論構築

    研究課題/領域番号:18700169  2006年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)  東京工業大学

    久保田 彰

      詳細を見る

    配分額:2700000円 ( 直接経費:2700000円 )

    多視点画像から自由視点画像を生成する際に対象シーンの奥行を推定しない方法を開発した。本手法は、多視点画像にフィルタを施すアプローチをとっている。このフィルタをシーンに依存することなく導出することに成功した。ただし、次の2点を仮定している:(1)奥行が2層である。(2)カメラの配置が円形である。(1)を仮定した場合は、それぞれに生じる対応点ずれを一種のぼけ作用としてとらえて、画像復元手法を適用し、繰り返し法の有限回における解として自由視点画像を生成した。(2)を仮定した場合は、対応点ずれを3次元の点広がり関数としてとらえて、逆フィルタ法を適用した。本手法は、コンピューターにて合成した画像に対して有効に動作することを確かめた。また、最適なカメラ配置やノイズ耐性についても調べた。その結果、カメラは奇数台がよく、ノイズ耐性はカメラ台数が多いほど向上することがわかった。また、ある台数以上で理論的には逆フィルタが安定にかつ一意に決定されることを示した。

    researchmap

知的財産権

  • 疎表現奥行き画像生成装置及びそのプログラム

    ジーン・チョン,アントニオ・オルテガ

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-267265  出願日:2010年11月30日

    公開番号:特開2012-119901  公開日:2012年6月21日

    出願人(機関):学校法人中央大学