2024/05/03 更新

写真a

オオシタ ヒデキ
大下 英吉
OHSHITA Hideki
所属
理工学部 教授
その他担当機関
理工学研究科都市人間環境学専攻博士課程前期課程
理工学研究科都市人間環境学専攻博士課程後期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 名古屋大学 )

学歴

  • 1992年10月
     

    名古屋大学   工学研究科   土木工学専攻   博士後期   中退

経歴

  • 2004年4月 -  

    中央大学理工学部教授

  • 2004年4月 -  

    ~ 中央大学理工学部教授

  • 1998年4月 - 2004年3月

    中央大学理工学部助教授

  • 1996年4月 - 1998年3月

    防衛大学校土木工学科講師

  • 1996年4月 - 1998年3月

    防衛大学校土木工学科講師

  • 1992年10月 - 1996年3月

    広島大学工学部建設構造工学講座助手

  • 1988年4月 - 1992年9月

    前田建設工業株式会社技術研究所研究員

  • 1988年4月 - 1992年9月

    前田建設工業株式会社技術研究所研究員

▼全件表示

所属学協会

  • 日本コンクリート工学協会

  • 土木学会

  • 構成則小委員会委員

  • コンクリート構造の時間依存性変形ひび割れ評価研究小委員会委員

  • コンクリート工学の教育ツール研究委員会委員

  • 透水・脱水型枠委員会委員

▼全件表示

研究キーワード

  • 劣化

  • 強度,耐久性,劣化

  • 強度

  • 耐久性

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント  / 土木材料・施工・建設マネジメント

論文

  • Quantitative Estimation Method for Rebar Corrosion Degree of RC Structures 査読

    Hideki Oshita, Ichimei Sou

    11th International Conference on Structural Analysis of Historical Constructions (SAHC 2018)   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study on Effect of Reinforcement on Evaluation Method of Grout Filling Property in PC Structure by Electromagnetic Inducement 査読

    Yitimeyi Sowu, Hideki Oshita, Shogo Hayashi

    The Sixth Japan-US NDT Symposium Emerging NDE Capabilities for a Safer World   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 腐食したRC部材の剥離・剥落に及ぼす環境条件の影響に関する研究 査読

    宇田周平, 大下英吉, 鈴木修一, 熊野義敏

    コンクリート工学年次論文集   40 ( 1 )   993 - 998   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Quantitative Estimation Method for Rebar Corrosion Degree of RC Structures 査読

    Hideki Oshita

    The Sixth Japan-US NDT Symposium Emerging NDE Capabilities for a Safer World   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study on Modeling of pore strucutre depending on pore diameter and water migration in a microscopiv viewponit 査読

    Naoki Takahashi, Yusuke Fujikura, Hideki Oshita

    Journal of Engineering Mechanics, ASCE   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Quantitative Estimation Method for Rebar Corrosion Degree of RC Structures 査読

    Hideki Oshita

    15th Asia Pacific Conference for Non-Destructive Testing   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 鉄筋腐食が誘発する剥離と鉄筋腐食率の推定に関する研究(解説) 査読

    金本恒之介, 大下英吉

    非破壊検査   141 - 147   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 鉄筋コンクリート構造物の鉄筋腐食に関する各種非破壊・微破壊診断手法(解説) 査読

    大下英吉, 川?佑磨, 高鍋雅則

    非破壊検査   135 - 140   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Quantitative estimation method of rebar corrosion degree of RC structures 査読

    Oshita, H, Kanemoto, K

    Fourth Conference on Smart Monitoring   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 腐食ひび割れが誘発したかぶりコンクリートの剥離・剥落に対する安全余裕度に関する研究 査読

    藤井智大, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   39 ( 1 )   1033 - 1038   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • RC壁部材の疲労性能に及ぼす鉄筋腐食の影響に関する研究 査読

    宇田周平, 大下英吉, 熊野義敏

    コンクリート工学年次論文集   39 ( 1 )   1039 - 1044   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Quantitative estimation method of rebar corrosion rate of RC structures 査読

    Oshita, H, Kanemoto, K

    1st International conference, construction materials for sustainable future   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Residual load capacity of corroded reinforced concrete beam undergoing bond failure 査読

    Wei Dong, Jiabing Ye, Yuki Murakami, Hideki Oshita, Shuichi Suzuki, Tomoaki Tsutsumi

    ENGINEERING STRUCTURES   127   159 - 171   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    20 rebar reinforced concrete beams, including 3 non-corroded beams, 3 unbonded beams, 9 fully corroded beams and 5 partly corroded beams, are loaded under four point static bending test. As a result of the experiment, the unhanded beams suffer arch action at any load level, and the load resisting mechanism of the 13 corroded beams which undergo bond failure changes to arch action near the later loading stage. The 13 corroded beams in the experiment fails as the maximal bond stress in the anchorage region reaches its critical value which cannot keep the balance of the arch rib. The maximal bond force in the anchorage region is taken into account as a key factor in the prediction method, as it has a great effect on the residual load capacity of the corroded beam undergoing bond failure. Based on the experimental result, the maximal bond force in the anchorage region and the residual load capacity are normalized by the values of the unbonded beam, and a model is proposed to predict the residual load capacity of the corroded beam undergoing bond failure based on arch action. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.engstruct.2016.08.044

    Web of Science

    researchmap

  • 鉄筋腐食推定技術の高度化ならびに鉄筋腐食が誘発する剥離と鉄筋腐食率の推定手法に関する研究 査読

    大下英吉, 今井嵩弓, 林詳悟, 福岡養祐

    土木学会論文集E2   72 ( 3 )   268 - 287   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究は,潜伏期或いは進展期といった腐食ひび割れなどの鉄筋腐食に起因した変状がコンクリート表面に発生する前の段階に対しても,また鉄筋の腐食に起因した剥離による空洞の存在の有無に対しても,非破壊かつ非接触でコンクリート内部の鉄筋の腐食性状を高精度かつ簡易に定量化することのできる手法の構築を行った.また,構築した手法に新たな画像処理技術を導入することによって,剥離性状ならびに鉄筋腐食性状の推定精度の高度化も行った.

    DOI: 10.2208/jscejmcs.72.268

    researchmap

  • 異なる環境条件における鉄筋腐食を生じたRC梁の疲労挙動特性に関する研究 査読

    金廣琴乃, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 2 )   811 - 816   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • アスファルト混合物で舗装したRC床版内部の鉄筋腐食検知手法に関する研究 査読

    上田峻也, 大下英吉, 林詳悟, 福岡養祐

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 1 )   2181 - 2186   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 剥離・空洞を誘発した鉄筋腐食の定量的評価の精度向上に関する研究 査読

    金本恒之介, 大下英吉, 林詳悟, 福岡養祐

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 1 )   2175 - 2180   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ミクロな観点に立脚した水分移動モデルの構築 査読

    高橋直希, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 1 )   585 - 590   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 鉄筋腐食によるひび割れ幅進展モデルを用いた内部ひび割れ進展距離に関する研究 査読

    藤井智大, 大下英吉

    コンクリート工学論文集   38 ( 1 )   1137 - 1142   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 電磁誘導加熱によるPC構造物におけるグラウト充填性状評価システムに関する研究 査読

    宮脇俊輔, 大下英吉, 林詳悟, 福岡養祐

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 1 )   2049 - 2054   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study on quantitative estimation of rebar corrosion degree of RC structures 査読

    K.Kanemoto, H.Oshita

    NDT-CE   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Non-destructive Prediction Method of Grout Filling Rate in Pre-stressed Concrete by Electromagnetic Inducting Heating 査読

    S.Miyawaki, H.Oshita

    NDT-CE   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study on Modeling of Microscopic Water Migration Depending on C/S Ratio and Volumetric Changes 査読

    N.Takahashi, H.Oshita

    RILEM   1194 - 1203   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1061/9780784479346.142

    researchmap

  • Study on effect of water migration and visco-elastic behavior on creep deformation 査読

    H.Oshita

    RILEM   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1061/9780784479346.073

    researchmap

  • Fatigue behavior of RC beams with corroded reinforcement 査読

    K.Kanehiro, H.Oshita

    BRITTLE MATRIX COMPOSITES 11   461 - 468   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Experimental study of reinforced concrete beam suffering arch action 査読

    Wei Dong, Hideki Oshita

    BRITTLE MATRIX COMPOSITES 11   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 剥離・空洞を誘発した鉄筋腐食の定量的評価に関する研究 査読

    金本恒之介, 大下英吉, 林詳悟, 福岡養祐

    コンクリート工学年次論文集   37 ( 1 )   1729 - 1734   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Prediction Method for Degree of Rebar Corrosion Degree in Reinforced Concrete by Thermography 査読

    T. Imai, H. Oshit

    JSNDI   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study on Structural Perfomance of Corroded RC Member 査読

    Satomi Yamasaki, Hideki Oshita

    RILEM International workshop on performance-based specification and control of concrete durability   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Prediction Method of Rebar Corrosion Degree in Reinforced Concrete by Thermography 査読

    Takayumi Imai, Hideki Oshita

    RILEM International workshop on performance-based specification and control of concrete durability   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 赤外線によるPC構造物におけるグラウト充填性状評価システムに関する研究 査読

    小池悠介, 今井嵩弓, 大下英吉, 林詳悟

    コンクリート工学年次論文報告集   36 ( 1 )   2008 - 2013   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 拡張型熱画像処理システムによる鉄筋腐食評価手法の高度化 査読

    今井嵩弓, 大下英吉, 林詳悟, 福岡養祐

    コンクリート工学年次論文報告集   36 ( 1 )   2020 - 2025   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 細孔径依存型水分拡散性状を導入した空隙構造モデルの拡張 査読

    大槻浩平, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   36 ( 1 )   598 - 603   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 気体分子運動論に基づいた水蒸気内部拡散による体積変化に関する解析的研究 査読

    横山隼佑, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   36 ( 1 )   478 - 483   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鉄筋腐食が腐食ひび割れおよび拘束圧に及ぼす影響に関する研究 査読

    山崎理美, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   36 ( 1 )   1150 - 1155   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腐食ひび割れの短期延命補修が構造性能の回復に及ぼす影響 査読

    山崎理美, 大下英吉

    鉄筋腐食したコンクリート構造物の構造・耐久性能評価の体系化シンポジウム   JCIC84   303 - 310   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Study on The Pore Structured Model Considering Water Diffusion Depending on Pore Diameter 査読

    Kohei Ohtsuki, Hideki Oshita

    MC ITN   104 - 107   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Study on Mechanism of Volumetric Changes by Internal Vapor Diffusion Based on Kinetic of Gases 査読

    Shunsuke Yokoyama, Hideki Oshita

    MC ITN   153 - 156   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腐食生成物の力学的特性を考慮した腐食ひび割れ幅進展モデル 査読

    足助美岐子, 根岸泰彦, 大下英吉吉

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 1 )   1045 - 1050   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鉄筋腐食推定手法の剥離空洞存在領域への拡張 査読

    根本早季, 今井嵩弓, 大下英吉, 林詳悟, 福岡養祐

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 1 )   1825 - 1830   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 液体浸漬によるセメント系材料の強度メカニズム 査読

    前田春実, 大槻浩平, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 1 )   361 - 366   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 電磁波レーダによる電磁波強度に着目した鉄筋径の推定手法に関する研究 査読

    西田敬, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 1 )   1819 - 1824   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 水分の内部拡散を考慮した体積変化メカニズムに関する研究 査読

    横山隼佑, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 1 )   583 - 588   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • セメントペーストへの耐硫酸性能に及ぼすゼオライトの影響に関する研究 査読

    青木大, 大槻浩平, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 1 )   1699 - 1704   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腐食ひび割れの補修が残存耐荷性能の回復に及ぼす影響 査読

    尾形直紀, 山崎理美, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 2 )   1393 - 1398   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 繰り返し荷重履歴を受ける腐食鉄筋とコンクリートの付着応力モデル 査読

    高田翔太, 山崎理美, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 2 )   559 - 564   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 熱画像処理による鉄筋腐食性状評価の高精度化に関する研究 査読

    今井嵩弓, 根本早季, 大下英吉, 林詳悟

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 1 )   1705 - 1710   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 細孔径に依存した水分拡散を導入した空隙構造モデルに関する研究 査読

    大槻浩平, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 1 )   613 - 618   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鉄筋腐食を生じたRC部材における付着性状モデル構築に関する研究 査読

    山崎理美, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   35 ( 1 )   1039 - 1044   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 気体分子運動論に立脚した水蒸気内部拡散による体積変化に関する研究 査読

    横山隼佑, 大下英吉

    セメント技術大会   67   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • セメントペーストへの耐硫酸性能に及ぼすゼオライトの影響に関する研究 査読

    青木大, 大槻浩平, 大下英吉

    セメント技術大会   67   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ゼオライトと高炉スラグの置換によるセメントペーストの高靭性化に関する研究 査読

    押野秀則, 大下英吉, 内藤英晴, 庄司慎

    セメント技術大会   67   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 液体浸漬によるセメント系材料の強度メカニズム 査読

    前田春実, 大槻浩平, 大下英吉

    セメント技術大会   67   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 空隙構造を考慮した水分拡散・反応連成モデルに関する研究,セメント技術大会 査読

    大槻浩平, 大下英吉

    セメント技術大会   67   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Analytical Estimation For Mechanical Characteristics of Concrete as a Permeable Material 査読

    Hideki Oshita

    FraMCoS 8th   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Developments of Prediction Model for Crack Width Due to Rebar Corrosion 査読

    Mikiko Asuke, Hideki Oshita

    FraMCoS 8th   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Prediction Method of Rebar Corrosion Degree in Reinforced Concrete by Thermography 査読

    Takayumi Imai, Hideki Oshita

    FraMCoS 8th   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 電磁波反射強度に着目した鉄筋かぶり・径の非破壊検査手法に関する研究 査読

    西田敬, 大下英吉

    日本非破壊検査協会講演大会講演概要集   21 - 22   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 赤外線サーモグラフィによるRC構造物の鉄筋腐食性状評価における熱画像中の加熱むら除去方法の検討に関する研究 査読

    今井嵩弓, 矢嵜早織, 大下英吉, 林詳悟

    日本非破壊検査協会講演大会講演概要集   95 - 96   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 赤外線サーモグラフィによる鉄筋腐食の簡易診断手法に関する研究 査読

    矢嵜早織, 今井嵩弓, 大下英吉

    日本非破壊検査協会講演大会講演概要集   97 - 98   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 電磁波反射強度に着目した鉄筋かぶり・径の非破壊検査の手法に関する研究 査読

    西田敬, 大下英吉

    コンクリート構造物の非破壊検査シンポジウム   237 - 242   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 赤外線サーモグラフィによるRC構造物の鉄筋腐食性状評価における熱画像処理方法の検討に関する研究 査読

    今井嵩弓, 矢嵜早織, 大下英吉, 林詳悟

    コンクリート構造物の非破壊検査シンポジウム   405 - 410   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コンクリートの表面温度性状に基づく鉄筋腐食の簡易診断手法に関する研究 査読

    矢嵜早織, 今井嵩弓, 大下英吉

    コンクリート構造物の非破壊検査シンポジウム   411 - 416   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 赤外線サーモグラフィによるRC構造物の鉄筋腐食性状評価における熱画像処理方法の検討に関する研究 査読

    今井嵩弓, 矢嵜早織, 大下英吉, 林詳悟

    コンクリート工学年次論文報告集   34 ( 1 )   1714 - 1719   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腐食生成物の力学的特性に関する研究掲載,コンクリート工学年次論文報告集 査読

    足助美岐子, 後藤成道, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   34 ( 1 )   1096 - 1101   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腐食生成物の力学的特性に関する研究 査読

    足助美岐子, 後藤成道, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   34 ( 1 )   1096 - 1101   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • フック定着部が鉄筋腐食RCはり部材のせん断耐荷性状に及ぼす影響 査読

    金塚智洋, 村上祐貴, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   34 ( 1 )   1066 - 1071   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ゼオライト混入による耐ひび割れ性能の向上に及ぼす高炉スラグの影響に関する検討 査読

    看舎秀明, 大下英吉, 庄司慎, 保木本智史

    セメント技術大会   66   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • RC部材における腐食生成物の力学的特性に関する研究 査読

    後藤成道, 足助美岐子, 大下英吉

    セメント技術大会   66   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 筋腐食率に基づく腐食ひび割れ幅推定手法に関する研究 査読

    足助美岐子, 大下英吉

    セメント技術大会   66   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鉄筋腐食したRC梁部材の残存耐力ならびに破壊性状に及ぼす定着性能の影響に関する研究 査読

    董衛, 村上祐貴, 大下英吉, 鈴木修一, 堤知明

    コンクリート工学論文集   32 ( 2 )   13 - 26   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Concrete Institute  

    本研究では,鉄筋腐食を生じたRC梁部材の残存耐力および破壊性状に及ぼす定着性能の影響を評価した。鉄筋腐食が比較的均一に生じたRC梁部材では,せん断領域における付着応力の低下に伴い主鉄筋の定着領域まで鉄筋を介して荷重が伝達された。この場合,鉄筋腐食により主鉄筋の定着不良が生じていると,設計せん断耐力に比べて,極めて低い荷重レベルで鉄筋の抜出しによる脆性破壊が生じる。定着領域に配筋された補強筋(定着筋)は端部からの鉄筋の抜出しを抑制し,アーチ耐荷機構の形成により,残存耐力の低下を抑制することが明らかになった。さらに,ナットとプレートを用いて主鉄筋端部を固定した場合では,残存耐力の低下は大幅に抑制され,主鉄筋の定着性能が残存耐力性状に極めて大きな影響を及ぼすことが明らかになった。

    DOI: 10.3151/crt.22.3_13

    researchmap

  • コンクリート表面における実計測温度を用いた部分腐食領域を有する鉄筋コン 査読

    倉橋 貴彦, 大下 英吉

    日本応用数理学会論文誌   23 ( 3 )   25 - 44   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 鉄筋腐食により定着不良を生じたRCはり部材の耐荷性状評価 査読

    村上祐貴, 董衛, 大下英吉, 鈴木修一, 堤知明

    土木学会論文集E2   67 ( 4 )   605 - 624   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • RC梁部材のダボ作用に及ぼす鉄筋腐食の影響に関する研究 査読

    梶山裕稔, 池田春樹, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   32 ( 2 )   619 - 624   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PREDICTED METHOD FOR BOND STRESS BEHAVIOR DEPENDED ON CRACK WIDTH IN CORRODED 査読

    董衛, 大下英吉, 鈴木修一, 堤知明

    コンクリート工学年次論文報告集   33 ( 2 )   631 - 636   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 空隙構造と含水状態に基づくセメント硬化体の体積変化機構のモデル化に関する研究 査読

    藤倉裕介, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   33 ( 1 )   611 - 616   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • PREDICTED METHOD FOR BOND STRESS BEHAVIOR DEPENDED ON CRACK WIDTH IN CORRODED REINFORCED CONCRETE 査読

    董衛, 大下英吉, 鈴木修一, 堤知明

    コンクリート工学年次論文報告集   33 ( 2 )   631 - 636   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 鉄筋腐食したRCはり部材の残存耐荷性能に及ぼす定着性能の影響 査読

    村上祐貴, 塩谷文彬, 堤知明, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   32 ( 2 )   1489 - 1494   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • RC構造物における鉄筋腐食性状評価システムの構築に関する研究 査読

    大下英吉, 篠野哲也, 鈴木綾

    日本非破壊検査協会講演大会講演概要集   239 - 240   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 湿度変化に伴うセメントペーストの長さ変化と脱水量の相関性に関する研究 査読

    小泉諒, 大下英吉, 藤倉裕介

    セメント技術大会   65   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鉄筋の腐食性状評価に及ぼすコンクリート表面のひび割れの影響に関する研究 査読

    篠野哲也, 森田賢資, 大下英吉

    日本非破壊検査協会講演大会講演概要集   235 - 236   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ゼオライトを混入したセメントペーストのひび割れ抵抗性向上に関する研究 査読

    保木本智史, 内藤英晴, 石田積, 大下英吉

    セメント・コンクリート論文集   65 ( 176 )   176 - 183   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Cement Association  

    本研究は、ゼオライトのイオン交換能によるNa、K金属の捕集効果に着目し、普通ポルトランドセメントに人工ゼオライトを混和材として混入した状態におけるアルカリイオン濃度の変化を観察するとともに、ひび割れ抵抗性の検討を行うことを目的とした。また、水和率の計測や細孔径分布の測定により、ゼオライトがセメントペーストの細孔構造に与える影響の確認を行った。その結果、ゼオライトを混入するとペースト中のアルカリ金属が捕集されることと、ひび割れ抵抗性が向上することを確認した。しかし、ひび割れ抵抗性はNa、Kイオンのアルカリ金属の影響だけでなく細孔構造や水和にともなう生成物質などが複合的に影響を及ぼしているものと推測される。

    DOI: 10.14250/cement.65.176

    researchmap

  • Influence of both stirrup spacing and anchorage performance on residual strength of corroded RC beams 査読

    Wei Dong, Yuki Murakami, Hideki Oshita, Shuichi Suzuki, Tomoaki Tsutsumi

    Journal of Advanced Concrete Technology   9 ( 3 )   261 - 275   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, the influences of both stirrup spacing and anchorage performance on the residual strength of corroded RC beams are investigated. With the increase of stirrup spacing, the applied load is easily transferred to the anchorage region, and with the increase of the corrosion ratio of rebar, the mechanism of corroded RC beams shifts from beam action to arch action. In the case of non-uniform corrosion of the main rebar, the maximum deviation ratio of the corrosion ratio of main rebars is over 0.9, and the beam suffers flexural failure due to the yielding of rebars in the extremely corroded region. In the case of uniform corrosion of the main rebars, the maximum deviation ratio of the corrosion ratio of main rebars is below 0.9, and there are two situations. If the bottom portions of the stirrups are sufficient, the applied load is restricted in the support span, and the corroded beam presents a flexural failure mode. On the other hand, if the bottom portions of the stirrups are insufficient, the applied load is transferred to the anchorage, and the corroded beam is inclined to suffer bond failure. Moreover, when the beam suffers bond failure, the residual strength depends on the anchorage performance. Copyright © 2011 Japan Concrete Institute.

    DOI: 10.3151/jact.9.261

    Scopus

    researchmap

  • コンクリート表面温度に基づく三次元鉄筋腐食形状推定問題に対する数値実験 査読

    倉橋貴彦, 大下英吉

    日本機械学会   7   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 腐食を生じた鉄筋構造物の残存耐力に及ぼすせん断補強筋の影響 査読

    董衛, 鈴木修一, 児島拓朗, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   32 ( 1 )   1097 - 1102   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 任意湿度下における内部含水状態を考慮したセメント硬化体の空隙構造形成モデル 査読

    藤倉裕介, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   32 ( 1 )   569 - 574   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • セメントペーストの吸脱着性状に及ぼす温度の影響に関する研究 査読

    市川智子, 大下英吉, 仲井和之

    コンクリート工学年次論文報告集   32 ( 1 )   533 - 538   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鉄筋腐食診断におけるコンクリート表面温度性状に及ぼすひび割れの影響に関する研究 査読

    根岸沙織, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   32 ( 1 )   1745 - 1750   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • イオン交換能に着目したゼオライトと膨張材の併用によるセメントの耐ひび割れ性能向上に関する検討 査読

    丹羽浩介, 大下英吉

    セメント技術大会   64 ( 58-59 )   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • セメントペーストの吸脱着性状に及ぼす温度の影響に関する研究 査読

    市川智子, 大下英吉, 仲井和之

    セメント技術大会   64   130 - 131   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コンクリート表面の温度性状に基づくRC構造物における鉄筋腐食性状の定量化に関する研究 査読

    篠野哲也, 大下英吉

    日本非破壊検査協会講演大会講演概要集   111 - 112   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • クラック幅による鉄筋周り腐食形状決定問題に関する数値実験 査読

    倉橋貴彦, 大下英吉

    日本機械学会   22 ( 801 )   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • スタッドを有する鋼コンクリート界面における引張応力依存型の付着性状に関する研究 査読

    外山征, 大下英吉

    コンクリート工学論文集   15 ( 1 )   1 - 12   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3151/crt1990.15.1_1

    researchmap

  • 乾湿変化と中性化を受けるコンクリートの変形性状に関する解析的研究 査読

    宮崎慎也, 佐々木崇, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   25 ( 1 )   791 - 796   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 遷移材齢時におけるコンクリートの局所的熱変形性状に及ぼす岩盤節理の影響に関する研究 査読

    村上祐貴, 佐々木恒也, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   25 ( 1 )   1043 - 1048   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 熱画像処理に基づくコンクリート内部の鉄筋腐食評価システム構築に関する基礎的研究 査読

    茂木淳, 山越孝太郎, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   25 ( 1 )   1679 - 1684   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    著者らは,新たな非破壊検査として,コンクリート内部の鉄筋を強制加熱することによるコンクリート表面の経時温度変化から鉄筋腐食の有無および程度に関するシステムの構築に着手しており,既往の研究までの成果として,腐食した鉄筋の熱的特性を定量的に解明しなければならないことおよび鉄筋に対する強制加熱手法に問題点が残された。本研究では,昨年度の問題を解明するとともに,腐食評価システムの構築を行った。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10638104

  • 静水圧環境下におけるコンクリートの曲げ挙動に関する実験的研究 査読

    松下博憲, 佐藤聡平, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   25 ( 1 )   371 - 376   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    著者らは大深度静水圧下におけるコンクリートの圧縮および引張強度特性について実験的な評価を行い,静水圧載荷持続時間が長くなると上述の強度特性は静水圧値によらず有効応力原理に従うことを明らかにした。本研究では,大深度海洋下におけるコンクリートの曲げ強度特性を詳細に明らかにする目的で,作用静水圧値および静水圧載下持続時間をパラメータとして曲げ強度試験を実施し評価した。その結果,静水圧の値および載荷持続時間が長くなると,曲げ強度が小さくなることが明らかとなった。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637886

  • クリープ変形として捉えた自己収縮モデルの水セメント比依存型への拡張に関する研究 査読

    山下良平, 劉兆涛, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   25 ( 1 )   449 - 454   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究は,クリープ変形として捉えた統一的な自己収縮モデルの構築を目的としている。著者等が構築した自己収縮メカニズムに基づくモデルを任意の水セメント比にも適用可能とするために,水和反応度に関連付けた水和反応進行過程における体積収縮モデルを導入した。その結果,本研究で構築した自己収縮モデルの適用性が確認された。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637899

  • 表面エネルギー理論に基くコンクリートの乾湿変化による3次元変形挙動モデルの構築に関する研究 査読

    角田洋, 外山征, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   25 ( 1 )   455 - 460   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コンクリートのpHを考慮した酸素濃度勾配による鉄筋腐食性状に関する解析的研究 査読

    臼木悠祐, 茂木淳, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   25 ( 1 )   827 - 832   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    鉄筋コンクリート中の鉄筋が腐食し,それを解析する際,腐食電流と腐食電圧の算出は不可欠である。本研究ではその腐食電流を算出する式に,酸素濃度とpHの項を代入し,腐食電流と酸素濃度,pHの関係を導き出し両者が鉄筋腐食性状に関してどのような影響を及ぼすかの数値シミュレーションを行い,腐食箇所の断定を行った。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637962

  • コンクリート内部に存在する鉄筋とコンクリート界面における統一的透水係数の構築 査読

    森本康照, 小野貴史, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   25 ( 1 )   593 - 598   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    著者らは,鉄筋とコンクリート界面における透水係数に及ぼす鉄筋軸に対するコンクリートの打設方向,鉄筋径,水セメント比および材齢の影響に関する実験を行い,これらの要因により透水係数は指数的に相違すること,またその性状がコンクリート構造物の劣化性状に大きな影響を及ぼすことを指摘している。本研究では,上述した既往の実験データおよび既往のコンクリートの透水係数を包囲的に整理することにより,コンクリートの打設方向と本研究の範囲内における任意の水セメント比,鉄筋径および材齢に対して統一的な透水係数予測式の構築を行った。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637923

  • 粗骨材のBridging効果による局所的に異なるセメントペーストの初期応力性状に関する研究 査読

    小野貴史, 角田洋, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   25 ( 1 )   599 - 604   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究では,コンクリートの自己収縮に起因する素材レベルでの初期欠陥を詳細に評価することを目的として,粗骨材のBridging効果によるセメントペーストが局所的に異なる変形および初期応力性状を呈することに着目し,粗骨材間セメントペーストを完全に拘束した状態での局所的なひずみの測定実験を実施した。その結果,粗骨材界面区間において大きな膨張ひずみおよび引張応力が発生すること,拘束初期引張応力は中心区間に向かって弱くなり材齢とともに大きくなることが明らかとなった。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637924

  • アルカリイオン濃度に基づくコンクリートの炭酸化によるpH遷移に関する解析的研究 査読

    佐々木崇, 島袋出, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   25 ( 1 )   689 - 694   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    コンクリートの中性化を解析的に予測するにあたり,従来,中性化による細孔溶液のpH遷移は単に水酸化カルシウムと炭酸による反応のみで評価されてきたが,細孔溶液のpHに影響を及ぼす細孔溶液中のアルカリイオン濃度について検討を加える必要がある。本研究では,分析化学的手法に基づき細孔溶液中の各種イオン平衡を考慮したpH遷移の算出,および中性化メカニズムに関する検討を行った。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637939

  • 水セメント比の違いによる鉄筋近傍の透水性状に関する実験的研究 査読

    青木秀行, 村上祐貴, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   24 ( 1 )   519 - 524   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    水セメント比の相違が鉄筋近傍部における透水性に与える影響評価を目的として,水セメント比の異なるコンクリート供試体の加圧透水試験を行い,鉄筋軸方向に対する打設方向,材齢および鉄筋径の相違をパラメータとした議論を行った。その結果,鉄筋近傍部における透水性は,水セメント比,打設方向,材齢および鉄筋径により大きく変動することが確認された。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637326

  • 熱画像処理に基づく鉄筋コンクリート部材の劣化性状評価システムに関する基礎的研究 査読

    茂木淳, 一ノ瀬晴幸, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   24 ( 1 )   1593 - 1598   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    コンクリート構造物の欠陥に対する維持管理は,耐久性を考慮するにおいて無視できない問題であり,中でもコンクリート構造物の鉄筋の腐食は寿命を左右する重大な劣化現象である。本研究は,鉄筋腐食に関する非破壊検査の技術向上を目的として,熱画像処理と熱伝導解析に基づく新たな劣化診断システムの開発に関する基礎的研究を行った。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637505

  • 濃度依存型の炭酸化反応速度定数とpH遷移に関する研究 査読

    山本耕児, 宮崎慎也, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   24 ( 1 )   765 - 770   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    著者等は,既に実験的および熱力学的手法に基づき炭酸化によるコンクリートのph遷移に関する研究を実施した。その結果,促進中性化試験により得られた炭酸化反応速度定数は,高炭酸ガス濃度下においてその適用性が確認された。しかしながら,低濃度下においては全く異なる傾向となり,炭酸ガス濃度に依存した炭酸化反応速度定数の定量的評価が不可欠であるということが明らかとなった。本研究では,逆解析的手法に基づき各種炭酸ガス濃度下における炭酸化反応速度定数を算出し,その濃度依存型に対する検討を行った。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637367

  • コンクリートの力学的特性に及ぼす微細空隙内部の水圧性状に関する研究 査読

    木村健, 劉兆涛, 一ノ瀬晴幸, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   24 ( 1 )   291 - 296   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    従来,コンクリートの圧縮強度等の力学的特性は含水状態によって全く異なることが報告されているが,微細空隙中の間隙水圧性状の影響に関しては殆ど議論されていない。この種の典型的事例が大深度海洋下或いは地中におけるコンクリート構造物であり,水圧性状を考慮した力学的挙動の詳細な評価が不可欠である。本研究では,微細空隙中の各種静水圧環境を模擬できる装置により,各種静水圧作用下に長期間(24hour)と短期間(0hour)静置した場合を比較することによるコンクリートの力学的特性に関する影響評価を実施した。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637288

  • 打継面の水分移動性状がコンクリートの変形挙動に及ぼす影響に関する研究 査読

    中村直樹, 井谷大介, 村上祐貴, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   24 ( 1 )   351 - 356   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 水和反応生成を伴うコンクリート中の水分移動モデルの構築に関する研究 査読

    内田真就, 茂木淳, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   24 ( 1 )   651 - 656   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    従来,コンクリート中の水分移動は単にバルク水としての移動の評価に留まっているが,コンクリート構造物の詳細な耐久性評価を行うに際しては,ひび割れ表面或いは細孔壁面に存在する未水和セメントとの水和反応を伴う水分移動モデルの構築が重要となる,本研究は,水和反応生成を伴う水分移動モデルの構築を行うとともに,その定性的な評価を実施した。その結果,最終的に水和反応生成過程の定量化が透水係数という1つの指標により表現することが可能となった。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637348

  • 乾湿変化と炭酸化に伴う体積変化による複合劣化に起因する変形性状に関する研究 査読

    宮崎慎也, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   24 ( 1 )   723 - 728   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究では,著者等が構築した相対湿度変化を考慮した炭酸化に関する連成モデルを拡張し,炭酸化による体積変化である炭酸化収縮とコンクリートの水分量の変化に伴う体積変化である乾燥収縮および湿潤膨張を相対湿度依存型として捉え,炭酸化と乾燥収縮・湿潤膨張の複合劣化としての変形挙動に関する解析モデルの構築を行った。その結果,挙動を支配するものは乾燥収縮・湿潤膨張のみならず炭酸化も大きく関与していることが確認された。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637360

  • 粘性ポテンシャル曲面の構築とコンクリートの時間依存挙動に関する基礎的研究 査読

    三浦真司, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   24 ( 1 )   375 - 380   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    従来のクリープ評価手法は,主に一軸応力状態下における軸方向クリープ挙動のみを考慮しているため,複合応力状態下における部材レベル或いは構造物レベルの全体的なクリープ挙動を詳細には評価不可能なものである。本研究は,複合応力状態下におけるクリープ構成則の構築を目的とし,実験的手法に基づいて構築されたクリープ構成則の適用性評価を行った。その結果,本研究の範囲内において,本モデルの適用性が確認された。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637302

  • 水分の吸脱着速度を導入した表面エネルギー理論に基づくセメントペーストの体積変化に関する研究 査読

    張戸祐典, 外山征, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   24 ( 1 )   381 - 386   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究では,表面エネルギー変化の評価に汎用性を持たせるために,表面エネルギー変化によりセメントペーストの乾湿による体積変化を統一的に表すことのできるモデルの構築を目的として,水分の吸脱着実験に基づいて,吸脱着速度を時間の関数として表現し,それを導人した表面エネルギー変化に基づく体積変化モデルの構築を行うとともに構築したモデルに基づく解析シミュレーションを実施した。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637303

  • セメントペーストの細孔組織に及ぼす初期変形性状の影響に関する実験的研究 査読

    劉兆涛, 染谷弘法, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   24 ( 1 )   477 - 482   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    コンクリート中に存在するセメントペーストは,材齢初期において骨材問のかみ合わせによる拘束力により空問軸をパラメータとした変形を生じるものと想定される。本研究では,骨材問に存在するセメントペーストの空間軸毎に異なる初期変形性状の解明を目的とし,局所的な自己収縮測定および局所的な強度実験を実施した。その結果,骨材問セメントペーストにおいて不均一な初期変形性状が発生し,細孔組織形成にも影響を及ぼすことが明らかとなった。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10637319

  • スタッド付き鋼・コンクリート界面の付着性状に及ぼす側圧効果の影響に関する研究 査読

    笠井裕次, 河村哲男, 大下英吉

    コンクリート工学論文集   13 ( 2 )   1 - 13   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3151/crt1990.13.2_1

    researchmap

  • 鋼・コンクリート接合部における変形挙動のモデル化とその適用性に関する研究 査読

    大下英吉, 小田朋輝, 河村哲男

    コンクリート工学論文集   12 ( 2 )   1 - 13   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本コンクリート工学会  

    An analytical model was developed for the mechanical behavior in joint surface of composite structures, which consist of steel plates and concrete. Steel plates were idealized into shell elements and assumed to behave as the elastoperfectly plastic models. Concrete was idealized into solid elements and assumed to behave as the elastoplastic model in which the hardening and softening behavior of concrete can be estimated due to the 2 parameters model of Drucker-Prager type yield surface. In the joint surface, using Lagrange undecided multiplier method in which the continuity of displacement can be taken into account and the joint elements in which the slip can be taken into account, the modeling of virtual elements was constructed.<BR>Due to the comparison between the experimental and analytical results for the mortarfilled steel tubular columns under uniaxial compression, the analytical results show a good agreement with experimental results and it should be noted that the applicability of the proposed model was confirmed.

    DOI: 10.3151/crt1990.12.3_1

    researchmap

  • セメント系材料の水和発熱依存型としての線膨張係数に関する研究 査読

    渡邊智紀, 服部大輔, 笠井哲郎, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 2 )   889 - 894   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • セメント系材料における炭酸化によるpH遷移に関する解析的研究 査読

    吉田浩也, 宮崎慎也, 佐伯竜彦, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 2 )   481 - 486   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究では,実現象を踏まえた物理化学的手法によりコンクリートの炭酸化によるpH予測が可能な簡易モデルの構築を行った。その結果,比較的高炭酸ガス濃度下に対しては,その適用性が評価されたことに対して,低濃度下に対しては差異が認められ,本来,濃度依存性ではない炭酸化反応速度定数を濃度依存性に拡張する必要があることが明らかとなった。

    CiNii Books

    researchmap

  • 鋼・コンクリート界面の側圧依存型せん断伝達挙動に基づく変形解析 査読

    笠井裕次, 河村哲男, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 1 )   697 - 702   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究では,合成構造物に適用可能な変位の連続性および不連続性を統一的に評価可能なモデルの構築を行った。合成構造物のモデル化においては,実現象を評価しうるようにコンクリートを立体要素,鋼部材をアイソパラメトリックシェル要素とし,その接合部にはLagrangeの未定乗数法を用いた結合要素と側圧に依存するスタッド付き鋼とコンクリート界面のせん断挙動を評価したモデル式を含むジョイント要素を組み合わせることで変位の連続性と側圧作用下における変位の不連続性を考慮したモデルである。そして,実験結果との対比により,構築したモデルの適用性評価を実施した。

    CiNii Books

    researchmap

  • セメント系材料の相対湿度変化を考慮した炭酸化・コンクリート骨格連成解析による変形挙動に関する研究 査読

    宮崎慎也, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 2 )   475 - 480   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    コンクリートの炭酸化反応を引き起こす炭酸ガスの拡散と、反応による応力性状について、昨年度著者等が構築したモデルに炭酸ガスの拡散性状に影響を及ぼす水分の拡散を付加し、乾湿変化を受けながらの炭酸ガスの拡散と,反応による応力性状に関するシミュレーションを行った。その結果,乾燥過程および湿潤過程において,応力性状に違いが確認された。

    CiNii Books

    researchmap

  • 新旧コンクリート打継面の変形性状に及ぼす水分移動の影響に関する実験的研究 査読

    江上健太郎, 村上祐貴, 三浦真司, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 2 )   367 - 372   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    新旧コンクリートの打継強度に影響を及ぼす主な要因の一つは旧コンクリートの表面処理度である。本研究ではコンクリート円柱供試体側面に一定水圧を持続的に戴荷し,水の圧入現象により内部空隙に発生する間隙水圧及び変形挙動に関する測定実験を行った。その結果,打継面の処理の有無がコンクリート共試体の変形性状及び強度特性に大きな影響を及ぼすことがわかった。

    CiNii Books

    researchmap

  • 自己収縮存在下におけるセメント系材料のクリープ特性に関する研究 査読

    浜中隆, 佐々木美江, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 2 )   739 - 744   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究は,自己収縮モデルを導入した既存の解析手法1)の加圧環境下への適用性範囲の拡張,さらに若材齢時におけるクリープ予測式の提案を目的とした。解析手法の適用性評価は,雰囲気圧および載荷材齢をパラメータとした自己収縮測定値との比較により実施した。その結果,雰囲気圧の増加に伴い自己収縮も増加し載荷材齢が小さい程雰囲気圧による影響が大きいこと,さらに,既存の解析手法の加圧環境下への適用性が確認された。

    CiNii Books

    researchmap

  • 鉄筋とコンクリートの付着性状に関する直応力依存型挙動のモデル化と適用性評価 査読

    工藤礼央, 染谷弘法, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 3 )   847 - 852   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    実構造物において,鉄筋周辺は各種レベルの応力が生じた多軸応力状況下におかれており,そのような応力の違いは付着性状に影響をあたえる重要な因子である。本研究では,鉄筋垂直軸方向の応力の違いが付着性状に与える影響を実験的に解明しモデルの構築および適用性の評価を行う。

    CiNii Books

    researchmap

  • 表面エネルギー理論に基づいた局所的水分含有量の異なるセメント・コンクリートの乾燥収縮応力に関する解析的研究 査読

    渡辺孝司, 山口智大, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 2 )   691 - 696   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    従来,乾燥収縮は環境変化により部材レベルで捉えられていた。しかしながら,環境変化によるコンクリートの乾湿変化は,コンクリート組織の緻密性により表面近傍において顕著となる。この場合,コンクリートの断面内において,乾湿分布を生じ,その結果として内部拘束的な乾燥収縮ひずみ分布による応力が発生することになる。本研究では,著者等が過去に発表した表面エネルギー理論に基づいた乾燥収縮評価手法を,乾湿変化によって局所的に水分含有量が異なるコンクリート部材に発生する乾燥収縮ひずみ分布による応力を評価可能なように拡張を行い,応力性状の定性的評価について考察を行った。

    CiNii Books

    researchmap

  • コンクリートの打設方向による鉄筋近傍の透水性状に関する実験的研究 査読

    上嶋宣裕, 一ノ瀬晴幸, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 2 )   841 - 846   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    加圧透水試験により,打設方向の異なるコンクリート供試体を用いて,打設方向の相違が鉄筋近傍部における透水性に与える影響を基礎的に評価する実験を行った。また,打設方向に加えて鉄筋径の異なる供試体を用い,鉄筋径がブリージング水の上昇による鉄筋下面の透水性に与える影響を評価した。その結果,鉄筋近傍部における透水性は打設方向および鉄筋径による両者の影響を大きく受けることが確認された。

    CiNii Books

    researchmap

  • コンクリートのクリープ性状に及ぼす水分移動の影響および骨格の粘弾性挙動の影響に関する研究 査読

    大下英吉

    土木学会論文集   2001 ( No.669、?-50 )   51 - 69   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究では, コンクリートのクリープ性状に及ぼす間隙水の水分移動の定性的・定量的な影響評価を行うことを目的として, 供試体内部における間隙水の拡散現象および外部への浸出現象を統一的に評価可能なクリープモデルの構築およびそれに間隙水およびセメントペーストの粘弾性挙動を導入したクリープモデルの構築を行った. そして, クリープ性状に及ぼす間隙水の水分移動の影響に関する実験的および解析的評価を行い, その影響を明確にした. さらに, クリープ性状に及ぼす間隙水の水分移動の影響および間隙水とコンクリート骨格の粘弾性挙動の影響および両者の相関性に関する評価も行い, コンクリートのクリープ機構の解明を実施した.

    DOI: 10.2208/jscej.2001.669_51

    researchmap

  • 環境条件の違いによる側面水圧作用下におけるコンクリートのクリープ挙動に関する研究 査読

    小田耕平, 川名健, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   22 ( 2 )   637 - 642   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 拘束効果を有する鉄筋とコンクリートの付着性状に関する研究 査読

    工藤礼央, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   22 ( 3 )   1267 - 1272   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 細孔分布を考慮したコンクリート中の微視的水分移動のモデル化 査読

    中本敦, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   22 ( 2 )   727 - 732   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    コンクリートを骨材,セメントペースト,液体および気体の4成分から成る3相複合材料であるものと考え,コンクリート中の力の釣り合い,質量保存則および液相,気相における熱力学的平衡の定式化を行い,連成させることにより,水分移動に関する解析理論の構築を行うものとする。その結果,コンクリート材齢における供試体高さと間隙水圧および間隙空気圧の関係を予測できることがわかった。

    CiNii Books

    researchmap

  • 三軸応用力状態下におけるコンクリートのクリープと間隙水圧挙動の相関性に関する研究 査読

    斉藤俊一, 清水喜博, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   22 ( 2 )   541 - 546   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • スタッドを有する鋼・コンクリート界面における付着性状の統一的モデルに関する研究 査読

    笠井裕次, 山野誠悦, 河村哲男, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   22 ( 3 )   1171 - 1176   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    従来,スタッド付き鋼とコンクリートという合成構造において,一面或いは二面せん断実験によって付着特性を捉える事に留まっている。それによるスタッド抵抗と,拘束圧作用時の鋼コンクリート界面に働く動摩擦力による界面抵抗の両者により単純累加抵抗が与えられている。そこで,本研究は側圧制御式押し抜き試験法を用いて拘束圧作用時のτ/fc'~相対ずれ関係を算出し,本研究における付着性状の統一的モデル(τ/fc'-S関係)の構築を行った。そして構築された統一的モデルと既存の実験値を比較し,その適用性を評価した。その結果,従来行われてきた上述の手法では適用ができないことが確認された。

    CiNii Books

    researchmap

  • セメント系材料の中性化・変形連成解析による変形挙動に関する研究 査読

    稲岡利秀, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   22 ( 2 )   769 - 774   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究では,中性化を引き起こす物質の拡散現象と中性化よる中性化領域および非中性化領域の変形性状を統一的に解明することのできるモデルの確立を目的として,中性化・変形連成解析手法の構築を行った。その結果,応力性状に及ぼす炭酸化反応の影響は,非常に大きいことが明らかになった。

    CiNii Books

    researchmap

  • セメント系材料中の微細空隙壁面への水分の吸・脱着現象を考慮した拡散 査読

    氏家大介, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   22 ( 2 )   709 - 714   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • セメント系材料中の微細空隙壁面への水分の吸脱着速度に関する実験的研究 査読

    深堀伸一, 氏家大輔, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   22 ( 2 )   715 - 720   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    コンクリート内部の水分移動現象に細孔壁面への水分の吸着・脱着現象を考慮するために質量法による吸脱着量測定試験装置を製作し,セメントペーストに吸着・脱着した水分量を実験的に求めた。この実験によって得られた測定結果をもとに時間-吸脱着速度の関係を導き,セメント系材料中の微細空隙壁面への水分の吸脱着性状を定量的に評価した。

    CiNii Books

    researchmap

  • Modeling of water migration phenomenon in concrete as homogeneous material 査読

    H Oshita, T Tanabe

    JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE   126 ( 5 )   551 - 553   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASCE-AMER SOC CIVIL ENGINEERS  

    A mathematical model for water migration in concrete as a homogeneous material tone that does not contain cracks) is developed in detail. In the proposed model, concrete is assumed to be composed of aggregate, cement paste, and water, for which the compressibility is taken into account. Then, the governing equation for water migration in concrete as a homogeneous material is developed by coupling the mass conservation law and the force equilibrium equation.

    DOI: 10.1061/(ASCE)0733-9399(2000)126:5(551)

    Web of Science

    researchmap

  • Water migration phenomenon model in cracked concrete. I: Formulation 査読

    H Oshita, T Tanabe

    JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE   126 ( 5 )   539 - 543   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASCE-AMER SOC CIVIL ENGINEERS  

    A mathematical model for water migration in concrete that changes from a homogeneous to a nonhomogeneous material due to its loading history is developed in detail. In the proposed model, concrete is assumed to be composed of aggregate, cement paste, water, a crack band, and an interfacial crack between the aggregate and cement paste. The discontinuities for displacement and hydraulic gradient on cracks are considered on the microlevel. Then the governing equation for water migration in concrete as a homogeneous and a nonhomogeneous material is developed by coupling the mass conservation law and the force equilibrium. Therefore, it is possible to apply the developed model not only to cement-based material but also to porous permeable material like soil material and rock. However, the applicability of the developed model must be confirmed by comparing the experimental results.

    DOI: 10.1061/(ASCE)0733-9399(2000)126:5(539)

    Web of Science

    researchmap

  • Water migration phenomenon model in cracked concrete. II: Calibration 査読

    H Oshita, T Tanabe

    JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE   126 ( 5 )   544 - 549   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASCE-AMER SOC CIVIL ENGINEERS  

    The material parameters to express the degree of discontinuity of hydraulic gradient in the developed model (Part I) are calibrated based on the sensible analysis of the experimental results, and then the applicability of the calibrated parameters is discussed. As a result: the material parameters are calibrated by the sensible analysis, and then its relevance can be confirmed by another experiment. Moreover, it can be seen that the normalized permeability of concrete as a nonhomogeneous material by the initial permeability (homogeneous material) can be regressed with three straight lines in the crack width axis with the logarithm. Then the intersection point at the crack width axis shows the critical width at which leakage will not occur, The intersection point at the last two straight lines shows the critical Reynolds number at which flow becomes laminar to turbulent according to the experimental result.

    DOI: 10.1061/(ASCE)0733-9399(2000)126:5(544)

    Web of Science

    researchmap

  • クリープ変形として捉えた自己収縮モデルの構築とその適用性評価 査読

    大下英吉, 濱中隆, 渡邊智紀

    土木学会論文集   641 ( 46 )   53 - 66   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究は, クリープ変形として捉えたセメント・コンクリートの自己収縮モデルの詳細な構築を目的として, 著者らが構築した水・コンクリート骨格連成解析手法に自己収縮の影響を考慮したモデルの導入を行った. そして雰囲気圧をパラメータとした自己収縮の測定実験を行い, 実験結果との比較により本モデルの適用性評価を行った. その結果, セメントの種類によっては自己収縮に及ぼす大気圧あるいは雰囲気圧の影響が非常に大きいことが認められた. また, 構築した解析手法の0.5気圧下および0.3気圧下での早強, 普通セメントへの適用性が確認できた. さらに, 現在の自己収縮実測値の問題点を指摘すると共に, 自己収縮に含まれる雰囲気圧によるクリープ特性の影響評価を行った.

    DOI: 10.2208/jscej.2000.641_53

    researchmap

  • Water migration phenomenon in concrete in prepeak region 査読

    Hideki Oshita, Tada-Aki Tanabe

    Journal of Engineering Mechanics   126 ( 6 )   565 - 572   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASCE - American Society of Civil Engineers  

    An experimental and analytical study on pore-water pressure occurring in the prepeak region of concrete due to the external load is performed to investigate the mechanism of water migration in concrete. In the experiment, an apparatus is developed that can measure the pore-water pressure in concrete under fixed lateral displacement. Concrete strain, stress, and pore-water pressure are measured
    the experimental parameters are the loading age and water curing period. The effects of each parameter on pore-water pressure generation are discussed. The pore-water pressure occurring in the prepeak region of concrete can be measured due to the development of a cell that is imitated to be completely fixed for the lateral displacement and undrained condition for pore water. The ratio of pore-water pressure to concrete stress is very high. The existence of the inflection point means that negative pore-water pressure exists in the voids formed by the hydration reaction during a curing period.

    DOI: 10.1061/(ASCE)0733-9399(2000)126:6(565)

    Scopus

    researchmap

  • Water migration phenomenon in concrete in postpeak region 査読

    Hideki Oshita, Tada-Aki Tanabe

    Journal of Engineering Mechanics   126 ( 6 )   573 - 581   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASCE - American Society of Civil Engineers  

    An experimental and analytical study on pore-water pressure occurring in the postpeak region of concrete due to the external load is performed to investigate the mechanism of water migration in concrete. In the experiment, an apparatus is developed that can measure the pore-water pressure in concrete under the control of lateral pressure. Concrete strain, stress, and pore-water pressure are measured
    the experimental parameters are the loading age, lateral pressure, and curing method. The effects of each parameter on pore-water pressure generation are discussed. Further, the main factor that influenced the pore-water pressure is investigated. As a result, it becomes possible to measure the pore-water pressure occurring in concrete under the arbitrary stress state due to the development of a cell that imitates the triaxial, almost undrained condition. The pore-water pressure occurring in concrete due to the external load divides the high rate compared .with the concrete stress. In the prepeak region, i.e., volumetric contraction of concrete, the positive pore-water pressure increment occurs, while in the postpeak region, i.e., volumetric expansion of concrete, the negative pore-water pressure increment occurs.

    DOI: 10.1061/(ASCE)0733-9399(2000)126:6(573)

    Scopus

    researchmap

  • プレピーク領域において繰り返し荷重を受けるコンクリートの間隙水圧に関する実験的・解析的研究 査読

    大下英吉, 石川靖晃

    土木学会論文集   620 ( V-44 )   91 - 102   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究では, 荷重履歴による間隙水圧特性の詳細な評価を行うことを目的として, 繰り返し荷重下における間隙水圧特性に関する実験的および解析的評価を行った. まず, 前報で報告した横方向変位拘束型である一次元圧密状態を摸擬した間隙水圧測定用セルを用い, 載荷材齢をパラメータとした実験を実施し, 繰り返し荷重下の間隙水圧特性を論じるとともに実験パラメータが間隙水圧特性に及ぼす影響を検討した. そして, 筆者等が構築した水・コンクリート骨格連成解析手法を時間依存型挙動に対しても適用可能なように拡張し, 繰り返し荷重下のコンクリート応力に及ぼす間隙水圧の影響評価を解析的にも実施した.

    DOI: 10.2208/jscej.1999.627_91

    researchmap

  • 荷重履歴下における間隙水圧特性に関する研究 査読

    一ノ瀬晴幸, 伊東隆, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   21 ( 2 )   625 - 630   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    繰り返し荷重下におけるコンクリート中に発生する間隙水圧に関するより詳細な評価を行うことを目的として,繰り返し荷重を受けるコンクリートの内部空隙に発生する間隙水圧の測定実験を実施した。さらに,変形挙動に及ぼす間隙水圧の影響評価も実施した。

    CiNii Books

    researchmap

  • 水圧作用下におけるコンクリートのクリープ挙動に関する解析研究 査読

    梨木義春, 井之上尚史, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   21 ( 2 )   799 - 804   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 水圧作用下におけるコンクリートのクリープ挙動に関する実験的研究 査読

    井之上尚史, 梨木義春, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   21 ( 2 )   793 - 798   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    コンクリート表面に水圧が作用した場合の変形挙動を詳細に評価するため,円柱供試体に一定の側面水圧を作用させ,水の圧入現象によってコンクリート内部空隙に発生する間隙水圧および変形挙動に関する測定実験を実施した。一定側圧を載荷させた場合,内部空隙に発生する間隙水圧による水分移動の影響により軸方向の変形が徐々に大きくなるというクリープ現象が生じた。一定側圧の値は灘ンクリートの一軸引張強度に比べ非常に小さな値にもかかわらずほどんどの供試体においてクリープ破壊を生じた。間隙水圧による水分移動はコンクリートの変形や強度特性に大きな影響を及ぼすことが明らかとなった。

    CiNii Books

    researchmap

  • 乾湿変化による乾燥収縮の解析的評価 査読

    斉藤理浩, 打越輝昌, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   21 ( 2 )   715 - 720   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 自己収縮に及ぼすクリープ特性に関する実験的研究 査読

    濱中隆, 渡邊智紀, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   21 ( 2 )   739 - 744   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 拘束効果を有する鋼・コンクリート界面の付着性状に関する研究 査読

    笠井裕次, 佐藤宏治, 河村哲男, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   21 ( 3 )   1093 - 1098   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究は,多軸応力状態下におけるスタッド付き鋼とコンクリートとの付着性状に関して,押し抜き試験法,側圧制御式押し抜き試験法を行い,これらの異なる拘束条件の下で,拘束効果の影響を実験的に解明するために実施した。その結果,圧縮の側圧による鋼とコンクリートとの完全なる一体化および,引張の側圧によるコンクリートの脆性的破壊が確認され,側圧が,鋼コンクリート界面の付着性状に大きく影響していることが分かった。

    CiNii Books

    researchmap

  • セメントペーストの微細空間隙内における水の吸脱着に関する研究 査読

    氏家大介, 中本敦, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   21 ( 2 )   817 - 822   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多孔質材料としてのコンクリートの破壊エネルギーとその実験的評価に関する研究 査読

    大下英吉, 谷口幸弘

    土木学会論文集   620 ( V-43 )   257 - 270   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2208/jscej.1999.620_257

    researchmap

  • 不均質材料としてのコンクリートの均質化透水係数に関する解析的研究 査読

    大下英吉

    土木学会論文集   620 ( V-43 )   291 - 302   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究では, マイクロ或いはマクロレベルにおいて局所的に異なるコンクリートの透水係数をひび割れが存在する状態においても統一的に均質化することのできる詳細なモデルの構築を行うとともに, その適用性を評価した. ひび割れを有するコンクリートは, ひび割れ領域, 非ひび割れ領域からなるものとし, ひび割れ面における動水勾配の不連続性をミクロレベルにおいて考慮することにより透水係数の均質化理論の構築を行った.

    DOI: 10.2208/jscej.1999.620_291

    researchmap

  • 粘弾塑性モデルを導入した水・コンクリート骨格連成解析手法による間隙水圧特性評価に関する研究 査読

    大下英吉, 石川靖晃, 林真弘

    コンクリート工学年次論文報告集   20 ( 2 )   715 - 720   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 荷重履歴を受けるコンクリート中の間隙水圧に関する実験的研究 査読

    林真弘, 大下英吉, 石川靖晃

    コンクリート工学年次論文報告集   20 ( 2 )   709 - 714   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    繰り返し圧縮載荷下でのコンクリート内部に発生する間隙水圧測定実験を実施し,間隙水圧のヒステリシスがコンクリートの応力特性に及ぼす影響について検討を行った.その結果,繰り返し載荷を行うと全応力と間隙水圧の経路は全く定性的に異なることが確認された.

    CiNii Books

    researchmap

  • 水和反応によるクリープ特性としての自己収縮に関する解析的研究 査読

    加藤克規, 笠井哲郎, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   20 ( 2 )   787 - 792   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究は,セメント・コンクリート材料の自己収縮を詳細に評価することのできる数値モデルの確立を目的として,大下らが構築した水・コンクリート骨格連成解析手法に自己収縮の影響を考慮したモデルの導入を行った.そして,実測結果との比較により本モデルの適用性評価を行った.さらに,現在の自己収縮実測値の問題点を指摘するとともに,自己収縮に含まれる1大気圧によるクリープ特性の影響評価を行った.

    CiNii Books

    researchmap

  • 側圧作用下におけるコンクリートの変形特性に関する研究 査読

    櫻井拓也, 桧新太郎, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   19 ( 1 )   553 - 558   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 間隙水圧を考慮したコンクリートの破壊エネルギーに関する研究 査読

    谷口幸弘, 小池晃, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   19 ( 2 )   573 - 578   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コンクリートのポストピーク領域における間隙水圧に関する実験的・解析的研究 査読

    大下英吉, 田邊忠顕

    土木学会論文集   35 ( 564 )   109 - 120   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究は, Post-Peak 領域におけるコンクリート内の透水メカニズムを解明することを目的として, 側圧を一定とした条件のもとコンクリートに荷重が作用した場合に生じる間隙水圧に関する実験的および解析的検討を行うものである. 本研究では, まずコンクリートの Pre-Peak および Post-Peak 領域において発生する間隙水圧の測定が可能なセルの開発を行った. 実験では載荷材齢, 養生方法および作用側圧をパラメータとしたコンクリート応力, ひずみおよび間隙水圧等の測定を行い, 間隙水圧特性に及ぼす各パラメータの影響についての検討を行うことにより, Pre-Peak および Post-Peak 領域における間隙水圧特性の違いを議論した. さらに, 実験結果に対する解析的評価を行うことにより, 間隙水圧の発生メカニズムについての議論も行った.

    DOI: 10.2208/jscej.1997.564_109

    researchmap

  • 不飽和モルタル中の水分移動に関する実験的研究 査読

    木全博聖, 石川靖晃, 大下英吉, 田辺忠顕

    コンクリート工学年次論文報告集   18 ( 1 )   591 - 596   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    不飽和モルタル中の水分移動に関する実験:及びその解析的評価を行う。コンクリート中の空隙湿度の経時変化を実験的に明らかにするため、多孔質材料中の水分移動測定装置を新たに開発した。また解析では、コンクリート骨格に作用する応力と間隙水圧の力の釣合いを考慮した連成拡散方程式を立て、空隙の相対湿度の時間変化を追った。

    CiNii Books

    researchmap

  • Design Concept for Underground Storage System of Radioactive Waste 査読

    H.Oshita, T.Endo, T.Tanabe

    Proc. of the International Symposium on Concrete In The Service Of Mankind, Concrete for Infrastructure and Utilities   527 - 536   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 側面水圧による円柱供試体の切断現象 査読

    松林博文, 田澤榮一, 大下英吉, 梅津啓史

    コンクリート工学年次論文報告集   18 ( 1 )   567 - 572   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コンクリート内部に発生する間隙水圧の予測とその影響評価に関する解析的研究 査読

    大下英吉, 田辺忠顕

    土木学会論文集   29 ( 526 )   29 - 41   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究は, コンクリートや岩盤などの多孔質材料に適用可能な水分移動に関する解析理論の構築を行った. そして, コンクリート内部に発生する間隙水圧に関する解析的評価を行ない, 実測結果との比較により本モデルの適用性を示した. さらに, 本モデルを用いてコンクリートの強度特性に及ぼす間隙水圧の影響に関するメカニズムの解明を行ない, 水分移動の定量的評価の重要性を示した.

    DOI: 10.2208/jscej.1995.526_29

    researchmap

  • 不均質材料の透水性に関するモデル化とその適用性評価 査読

    大下英吉, 田辺忠顕

    土木学会論文集   29 ( 526 )   63 - 77   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2208/jscej.1995.526_63

    researchmap

  • 時間依存挙動に対する若材令コンクリートのモデル化 査読

    石川靖晃, 大下英吉, 阿部博俊, 田辺忠顕

    土木学会論文集   28 ( 520 )   123 - 133   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    若材齢コンクリートの時間依存挙動を検討するため, 材料物性値の変化を考慮にいれた数理モデルを提案した. ここでは, 主に間隙水が若材齢コンクリートのクリープおよびレラクセーションに及ぼす役割について論じている. そして, 実験値と解析値とを比較し, 間隙水の影響について検討した.

    DOI: 10.2208/jscej.1995.520_123

    researchmap

  • コンクリートの内部空隙に発生する間隙水圧に関する実験的研究 査読

    谷口幸弘, 大下英吉, 田辺忠顕

    コンクリート工学年次論文報告集   17 ( 1 )   731 - 736   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    コンクリート中の水分移動を空隙に発生する間隙水圧としてとらえ、側圧を一定とした三軸状態における間隙水圧測定実験を行い、コンクリートの強度特性に及ぼす間隙水圧の影響に関する実験的検討を実施した。その結果、間隙水圧は載荷応力に対して非常に大きな割合を占めており、また体積ひずみの変化が主要因となって間隙水圧が発生し、コンクリートの体積収縮ひずみ過程において間隙水圧勾配は正となり、体積膨張過程においては負となることが明らかとなった。

    CiNii Books

    researchmap

  • 不飽和コンクリート中の気相・液相の移動に関する研究 査読

    木全博聖, 大下英吉, 田辺忠顕

    コンクリート工学年次論文報告集   17 ( 2 )   1275 - 1280   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    コンクリート中の移動水分は、拡散現象により液相と気相の相変化が生じていることが実験的に報告されている。しかし、これまでのコンクリート中の水分移動に関する研究では主に液相のみの評価が行われており、又熱力学的考察も十分ではなく、実現象をとらえるには不十分である。そこで本研究では、熱力学的観点からコンクリート中の水分移動に関するモデルの構築を行った。また、その解析結果は浸透深さ試験結果と良い一致を示した。

    CiNii Books

    researchmap

  • 不均質材料の透水メカニズムに関するモデルの構築 査読

    大下英吉, 田辺忠顕

    コンクリート工学年次論文報告集   17 ( 2 )   1269 - 1274   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    本研究は、コンクリートが均質材料から不均質材料に至るまでの統一的な水分移動に関する解析手法の構築を目的として、筆者らが提案した不均質材料としての変形および透水に関する構成則の拡張を行った。そして、実測値との比較により本解析手法の適用性を示すとともに、ひびわれ性状と透水係数との関係式を提案した。

    CiNii Books

    researchmap

  • コンクリートに発生する間隙水圧の実測とその影響に関する実験的研究 査読

    大下英吉, 田辺忠顕

    土木学会論文集   27 ( 514 )   75 - 84   1995年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究は, コンクリートの応力特性に及ぼす間隙水圧の影響に関するメカニズムの解明を実験的に行うことを目的として, 間隙水圧特性に及ぼす各種要因の影響に関する実験的検討を試みたものである. 実験では, コンクリートの材令, 含水率, 損傷の程度をパラメータとしたコンクリート応力, 間隙水圧等の測定を行い, 各パラメータが及ぼす影響について論じ, 間隙水圧に及ぼす主要因の決定を行った.

    DOI: 10.2208/jscej.1995.514_75

    researchmap

  • 粘塑性飽和透水性材料としての若材令コンクリートの変形挙動 査読

    石川靖晃, 大下英吉, 田辺忠顕

    コンクリート工学年次論文報告集   16 ( 1 )   603 - 608   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 初期応力を考慮した若材令コンクリートの水分移動特性に関する解析的研究 査読

    大下英吉, 谷口幸弘, 田辺忠顕

    コンクリート工学年次論文報告集   16 ( 1 )   639 - 644   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 若材令コンクリートの強度に及ぼす間隙水圧に関する基礎的研究 査読

    谷口幸弘, 大下英吉, 田辺忠顕

    コンクリート工学年次論文報告集   16 ( 1 )   645 - 650   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • The Thermal Stress Behavior of Concrete Based on The Micromechnical Approach 査読

    H.Oshita, T.Tanabe

    Proc. of the International RILEM Symposium on Thermal Cracking in Concrete at Early Ages   119 - 126   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Thermal Stress Analysis of Early Age Massive Concrete with Concrete Model as Saturated Porous Permeable Material 査読

    Y.Ishikawa, H.Oshita, T.Tanabe

    Trans. of the Japan Concrete Institute   15 ( 1 )   123 - 130   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 不連続面を有する弾塑性多孔質材料の変形挙動に関する解析的研究 査読

    大下英吉, 田辺忠顕

    コンクリート工学年次論文報告集   15 ( 1 )   573 - 578   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Creep Mechanism of Early Age Concrete modeling with Two Phase Porous Material 査読

    H.Oshita, Y.Ishikawa, T.Tanabe

    Proc. of the Fifth International RILEM Symposium on Creep and Shrinkage of Concrete   465 - 470   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • モルタル充填鋼管柱の圧縮耐荷性状 査読

    藤井堅, 大下英吉

    コンクリート工学年次論文報告集   15 ( 2 )   953 - 958   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Analytical Study on Deformation of Elasto-Plastic Porous Material Affected by Pore Water Pressure 査読

    H.Oshita, D.Lokuriyana, T.Tanabe

    Trans. of the Japan Concrete Institute   14 ( 1 )   147 - 154   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • RCボックスカルバート側壁部における温度ひび割れ幅に関する研究 査読

    河野一徳, 谷直樹, 大下英吉

    コンクリート構造物の体積変化によるひび割れ幅制御に関するコロキウム   55 - 60   1990年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • エース コンクリート工学

    大下英吉( 担当: 単著)

    朝倉書店  2001年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 構成モデル小委員会(301)成果報告書

    大下英吉( 担当: 単著)

    2000年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • コンクリートのクリープおよび乾燥収縮小委員会成果報告書

    大下英吉( 担当: 単著)

    2000年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

講演・口頭発表等

  • コンクリートの破壊エネルギーに及ぼす間隙水圧の影響に関する実験的研究

    檜新太郎, 大下英吉

    土木学会年次学術講演会講演概要集,土木学会  1996年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • コンクリート中に発生する間隙水圧に関する実験的研究

    谷口幸弘, 大下英吉, 田辺忠顕

    土木学会中部支部研究発表会講演概要集,土木学会中部支部  1994年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • コンクリート中の気相あるいは液相水分の移動に関する解析的研究

    木全博聖, 大下英吉, 田辺忠顕

    土木学会中部支部研究発表会講演概要集,土木学会中部支部  1994年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 統一化塑性モデルにおけるNonlocal化手法に関する研究

    山本博稔, 大下英吉, 田辺忠顕

    土木学会中部支部研究発表会講演概要集,土木学会中部支部  1994年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • RC構造物の維持管理

    2010年 -  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • コンクリートの各種初期欠陥性状とそれらの統一的評価システムの構築に関する研究

    2008年 -  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 大深度海洋下・大深度地下におけるコンクリートの力学的特性に関する研究

    2008年 -  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 鋼・コンクリート合成構造物の統一的変形予測システムの構築に関する研究

    2008年 -  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • コンクリート構造物の維持・補修・劣化システム構築に関する研究

    2008年 -  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

知的財産権

  • 鉄筋コンクリート構造物の防食構造及び防食方法

    刈田 祥彦

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-091816  出願日:2019年5月15日

    公開番号:特開2020-186443  公開日:2020年11月19日

    登録番号:特許第7304570号  登録日:2023年6月29日 

    出願人(機関):学校法人中央大学、前田建設工業株式会社

  • セメントコンクリート硬化体の収縮によるひび割れの抵抗性を改善する方法

    山本 賢司,山岸 隆典,田原 和人,松久保 博敬,盛岡 実

     詳細を見る

    出願番号:特願2009-202166  出願日:2009年9月2日

    公開番号:特開2011-51832  公開日:2011年3月17日

    登録番号:特許第5463508号  登録日:2014年1月31日 

    出願人(機関):学校法人中央大学、デンカ株式会社

委員歴

  • 2018年9月 - 現在

    日本非破壊検査協会   鉄筋腐食診断に係る技術ガイドライン作成研究委員会委員長  

  • 2016年9月 - 2018年8月

    日本非破壊検査協会   鉄筋腐食診断手法研究委員会(第2期)委員長  

  • 2014年9月 - 2016年8月

    土木学会コンクリート委員会   コンクリートにおける水の挙動研究小委員会委員長  

  • 2014年9月 - 2016年8月

    日本非破壊検査協会   鉄筋腐食診断手法研究委員会(第1期)委員長  

  • 2011年6月 - 2013年5月

    日本コンクリート工学協会   鉄筋腐食したコンクリート構造物の構造・耐久性能評価の体系化研究委員会幹事長  

  • 2002年6月 - 2004年5月

    日本コンクリート工学協会   透水・脱水コンクリートの品質改善方法研究委員会  

  • 2003年 -  

    土木学会   関東支部 学術研究部会幹事  

  • 1995年 -  

    日本コンクリート工学協会   自己収縮委員会委員  

▼全件表示