2024/05/28 更新

写真a

イシイ ヨウイチ
石井 洋一
ISHII Youichi
所属
理工学部 教授
その他担当機関
理工学研究科応用化学専攻博士課程前期課程
理工学研究科応用化学専攻博士課程後期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 工学博士 ( 東京大学 )

  • 工学修士 ( 東京大学 )

学歴

  • 1986年3月
     

    東京大学   工学系研究科   合成化学専門課程   博士   修了

  • 1983年3月
     

    東京大学   工学系研究科   合成化学専門課程   修士   修了

  • 1981年3月
     

    東京大学   工学部   合成化学科   卒業

経歴

  • 2024年5月 - 現在

    中央大学   研究推進支援本部   本部長

  • 2024年5月 - 現在

    中央大学   副学長

  • 2020年4月 - 2024年5月

    中央大学研究開発機構   機構長

  • 2022年12月 - 2023年3月

    お茶の水女子大学大学院   人間文化創成科学研究科   非常勤講師

  • 2020年12月 - 2021年3月

    筑波大学大学院数理物質科学研究科   非常勤講師

  • 2018年7月 - 2019年3月

    お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科   非常勤講師

  • 2014年10月 - 2015年3月

    東京工業大学   講義等委託教員

  • 2009年11月 - 2013年10月

    中央大学理工学部   学部長

  • 2009年11月 - 2013年10月

    中央大学大学院理工学研究科   研究科委員長

  • 2009年4月 - 2009年9月

    工学院大学   非常勤講師

  • 2009年4月 - 2009年9月

    お茶の水女子大学理学部   非常勤講師

  • 2007年4月 - 2007年9月

    お茶の水女子大学理学部   非常勤講師

  • 2005年4月 - 2007年3月

    分子科学研究所錯体化学実験施設   客員教授

  • 2005年4月 - 2005年9月

    お茶の水女子大学理学部   非常勤講師

  • 2005年1月 - 2005年3月

    東京工業大学資源化学研究所   非常勤講師

  • 2004年4月 - 2004年9月

    お茶の水女子大学理学部   非常勤講師

  • 2004年4月 -  

    東京大学生産技術研究所   研究員(非常勤)

  • 2002年10月 - 2003年3月

    東京都立大学大学院工学研究科   非常勤講師

  • 2002年4月 -  

    中央大学大学院理工学研究科   応用化学専攻   教授

  • 2002年4月 -  

    中央大学理工学部   応用化学科   教授

  • 1998年11月 - 2002年3月

    東京大学大学院工学系研究科   助教授

  • 2000年10月 - 2001年3月

    お茶の水女子大学理学部   非常勤講師

  • 1998年12月 - 1999年3月

    東京農工大学工学部   非常勤講師

  • 1996年3月 - 1998年11月

    東京大学大学院工学系研究科   専任講師

  • 1997年4月 - 1998年3月

    東京大学教養学部   非常勤講師

  • 1995年4月 - 1996年2月

    東京大学大学院工学系研究科   助手

  • 1987年6月 - 1995年3月

    東京大学工学部   助手

  • 1986年4月 - 1987年5月

    東京大学工学部   教務補佐員

▼全件表示

所属学協会

  • 2018年10月 - 現在

    英国王立化学会

  • 1997年1月 - 現在

    アメリカ化学会

  • 1996年1月 - 現在

    触媒学会

  • 1987年1月 - 現在

    有機合成化学協会

  • 1981年1月 - 現在

    日本化学会

  • 先端錯体工学研究会

  • 錯体化学会

  • 近畿化学協会

▼全件表示

研究キーワード

  • 有機金属化学

  • 配位化学

  • 遷移金属錯体

  • C-C結合活性化

  • 多核錯体

  • 有機合成化学

研究分野

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 有機反応機構

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学  / 錯体化学

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 合成化学

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学  / 有機金属化学

論文

  • Lithium Salt of 2,5-Bis(trimethylsilyl)stannolyl Anion: Synthesis, Structure, and Nonaromatic Character 査読

    K. Kitamura, Y. Ishii, T. Kuwabara

    Inorganics   12 ( 3 )   92 - 92   2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    The aromatic character of silolyl and germolyl anions markedly depends on the substituents in the 2,5-positions; carbon-substituted derivatives are nonaromatic, whereas silyl-substituted ones tend to exhibit an aromatic character. However, only carbon-substituted derivatives have been reported for stannolyl anions. In this study, we present the synthesis and structure of a 2,5-disilylated stannolyl anion. Transmetalation of a 2,5-disilyl-1-zirconacyclopentadiene with SnCl4 gave a dichlorostannole 1, which reacted with potassium tris(trimethylsilyl)silanide to introduce a bulky silyl group on the tin atom. Reduction of the 1-chloro-1-silylstannole 2 with lithium generated the lithium salt of the desired stannolyl anion 3 that adopts an η1-coordination to the lithium atom. We concluded that the stannolyl anion 3 is nonaromatic based on the pyramidalized tin center and the C–C bond alternation in the five-membered ring as well as the NMR properties.

    DOI: 10.3390/inorganics12030092

    researchmap

  • One‐pot Syntheses of Benzo‐ and Benzofuran‐fused Iridaoxabenzenes via CH Bond Activations of Alkyl‐bridged Diphenol Derivatives 査読

    T. Iwamoto, M. Suzuki, H. Hasegawa, H. Abeta, Y. Matsuo, T. Tanaka, N. Yasuda, Y. Ishii

    Chemistry – An Asian Journal   e202300640   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Abstract

    One‐pot syntheses of new π‐extended metallaaromatic compounds have been developed by utilizing Ir‐mediated CH bond activation of ethylene‐ or ethylidene‐bridged diphenol derivatives. Depending on the bridging alkyl groups, two types of iridaoxabenzenes, both of which are doubly fused with benzo and benzofuran units, have been obtained. Studies on their structures and electronic characters indicate that both complexes have an aromatic character on the iridaoxacycles, and their π‐conjugated systems are fully delocalized over the whole molecular skeletons. These novel metallaaromatic complexes exhibited some reactivities which are distinct from those reported for the non‐fused metallaaromatic compounds.

    DOI: 10.1002/asia.202300640

    researchmap

  • Binuclear Complexes Supported by a Tetrapyridyl Ligand with a Bending Anthraquinodimethane Linker 査読

    T. Iwamoto, Y. Sotome, Y. Ishii

    ACS Organic & Inorganic Au   3 ( 5 )   305 - 311   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/acsorginorgau.3c00021

    researchmap

  • Retro-Vinylidene Rearrangements of P- and S-Substituted Ruthenium Vinylidene Complexes 査読

    T. Iwamoto, K. Saito, T. Mitsubo, T. Kuwabara, Y. Ishii

    Organometallics   42 ( 2 )   167 - 173   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.2c00552

    researchmap

  • Exo‐ and endo ‐Isomers of Plumbylenes Supported by 1,3‐Diethers of Calix[4]arene 査読

    R. Kuriki, Y. Ishii, T. Kuwabara

    European Journal of Inorganic Chemistry   26 ( 5 )   e202200655   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ejic.202200655

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ejic.202200655

  • Inorganic Salt-assisted Assembly of Anionic π-Conjugated Rings Enabling 7Li NMR-based Evaluation of Antiaromaticity 査読

    S. Ito, Y. Ishii, T. Kuwabara

    Dalton Transactions   51 ( 42 )   16397 - 16402   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Weakly Bound Dimer of a Diaryloxygermylene Derived from a tBuPh2Si-Substituted 2,2'-Methylenediphenol 査読

    R. Yamazaki, R. Kuriki, A. Sugihara, Y. Ishii, T. Kuwabara

    Crystals   12   605   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    DOI: 10.3390/cryst12050605

    researchmap

  • Experimental Observation of β-Carbon Elimination from Alkenylrhodium Complexes through Exchange Reactions of the Alkenyl Unit 査読

    T. Iwamoto, K. Shibuya, T. Takakuwa, T. Kuwabara, Y. Ishii

    Organometallics   41 ( 3 )   182 - 186   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.1c00695

    researchmap

  • A New Strategy for Hyperconjugative Antiaromatic Compounds Utilizing Negative Charges: Dibenzo[b,f]silepinyl Dianion 査読

    S. Ito, Y. Ishii, K. Ishimura, T. Kuwabara

    Chem. Commun.   57 ( 86 )   11330 - 11333   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    DOI: 10.1039/D1CC04434F

    researchmap

  • Selective Double CH Activation at a Methylene Carbon in Methylenediphenol Derivatives to Generate Carbene-Bridged Dinuclear Iridium Complexes 査読

    T. Kuwabara, T. Toriumi, M. Suzuki, Y. Ishii

    Organometallics   39 ( 24 )   4500 - 4509   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.0c00595

    researchmap

  • Synthesis and Structures of Diaryloxystannylenes and -plumbylenes Embedded in 1,3-Diethers of Thiacalix[4]arene 査読

    R. Kuriki, T. Kuwabara, Y. Ishii

    Dalton Transactions   49 ( 35 )   12234 - 12241   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    DOI: 10.1039/d0dt02496a

    researchmap

  • A Tin Analogue of the Cycloheptatrienyl Anion: Synthesis, Structure, and Further Reduction to Form a Dianionic Species 査読

    S. Ito, T. Kuwabara, Y. Ishii

    Organometallics   39 ( 5 )   640 - 644   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.0c00042

    researchmap

  • Ruthenium Vinylidene Complexes Generated by Selective 1,2-Migration of P- and S-Substituents: Synthesis, Structures, and Dichromism Arising from an Intermolecular CH∙∙∙O Hydrogen Bond. 査読

    T. Kuwabara, Y. Aoki, K. Sakajiri, K. Deguchi, S. Takamori, A. Hamano, K. Takano, H. Houjou, Y. Ishii

    Organometallics   39 ( 5 )   711 - 718   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.9b00856

    Scopus

    researchmap

  • Interphase Synergistic Effects of Dynamic Bonds in Multiphase Thermoplastic Elastomers 査読

    S. Kawana, S. Nakagawa, S. Nakai, M. Sakamoto, Y. Ishii, N. Yoshie

    J. Mater. Chem. A   7 ( 37 )   21195 - 21206   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    DOI: 10.1039/c9ta07522d

    researchmap

  • Synthesis of Phosphaphenalenium Salts via PC Reductive Eliminationat a Ru(II) Center and Their Fluorescence Properties 査読

    T. Kato, T. Kuwabara, Y. Minami, T. Hiyama, Y. Ishii

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   92 ( 7 )   1131 - 1141   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本化学会  

    DOI: 10.1246/bcsj.20190090

    researchmap

  • Molybdenum-Mediated Vinylidene Rearrangement of Internal Acylalkynes and Sulfonylalkynes 査読

    T. Kuwabara, K. Sakajiri, Y. Oyama, S. Kodama, Y. Ishii

    Organometallics   38   1560 - 1566   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.9b00019

    researchmap

  • Dinuclear Nickel Complexes Doubly Bridged by Hydrogencyanamido Ligands: Synthesis, Structures and Magnetic Properties 査読

    T. Kuwabara, N. Shiga, S. Kodama, H. Sato, H. Houjou, Y. Ishii

    European Journal of Inorganic Chemistry   2018 ( 29 )   3413 - 3417   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/ejic.201800457

    researchmap

  • Visible-Light-Sensitive Sulfonium Photoacid Generators Bearing a Ferrocenyl Chromophore 査読

    Yukihiro Takahashi, Shintaro Kodama, Youichi Ishii

    Organometallics   37 ( 11 )   1649 - 1651   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    A series of sulfonium salts bearing a ferrocenyl chromophore, [FcMeArS][X] (Ar = Ph, 4-CH3C6H4
    X = BF4, PF6, BArF 4), has been synthesized, which can generate an acid under 436 nm irradiation. The present study provides a rare example of ferrocene derivatives having a photoacid-generating function.

    DOI: 10.1021/acs.organomet.8b00203

    Scopus

    researchmap

  • Ring Slippage and Dissociation of Pentamethylcyclopentadienyl Ligand in an (η5-Cp*)Ir Complex with a κ3-O,C,O Tridentate Calix[4]arene Ligand under Mild Conditions 査読

    T. Kuwabara, R. Tezuka, M. Ishikawa, T. Yamazaki, S. Kodama, Y. Ishii

    Organometallics   37 ( 12 )   1829 - 1832   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    researchmap

  • Reductive Formation of a Vanadium(IV/V) Oxide Cluster Complex [V8O19(4,4'-tBubpy)3] Having a C3-Symmetric Propeller-Shaped Nonionic V8O19 Core 査読

    Y. Inoue, S. Kodama, N. Taya, H. Sato, K. Oh-ishi, Y. Ishii

    Inorg. Chem.   57 ( 13 )   7491 - 7494   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    researchmap

  • Activation of a Carbon-Carbon Bond in Internal Alkynes: Vinylidene Rearrangement of Disubstituted Alkynes at an Ir Complex 査読

    T. Kuwabara, S. Takamori, S. Kishi, T. Watanabe, Y. Ikeda, S. Kodama, Y. Minami, T. Hiyama, Y.Ishii

    Synlett   29 ( 6 )   727 - 730   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Thieme  

    researchmap

  • P-C reductive elimination in Ru(II) complexes to convert triarylphosphine ligands into five- or six-membered phosphacycles 査読

    Takuya Kuwabara, Takahiro Kato, Kouichi Takano, Shintaro Kodama, Yuuka Manabe, Noriko Tsuchida, Keiko Takano, Yasunori Minami, Tamejiro Hiyama, Youichi Ishii

    Chemical Communications   54 ( 42 )   5357 - 5360   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    Rare examples of P-C reductive elimination in ruthenium complexes to generate phosphonium salts are presented. Triarylphosphines are converted into benzophospholium or phosphaphenalenium ligands via cyclometalation and 1,2-insertion of an alkyne followed by P-C reductive elimination. The intermediate in each step was successfully characterized using NMR and X-ray diffraction studies.

    DOI: 10.1039/c8cc02539h

    Scopus

    researchmap

  • Direct Transformation of 2-Acetylpyridine Oxime Esters into α-Oxygenated Imines in an Ir(III) Complex 査読

    H. Takahashi, S. Kodama, Y. Ishii

    Dalton Trans.   46 ( 36 )   12032 - 12035   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    DOI: 10.1039/c7dt02528a

    Web of Science

    researchmap

  • An oxidovanadium(IV) complex having a perrhenato ligand: An efficient catalyst for aerobic oxidation reactions of benzylic and propargylic alcohols 査読

    Daiki Kobayashi, Shintaro Kodama, Youichi Ishii

    Tetrahedron Lett.   58 ( 33 )   3306 - 3310   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    An oxidovanadium(IV) complex having a perrhenato ligand [VO(ReO4)(4,4'-(t)Bubpy)(2)][0.25SO(4)center dot 0.5ReO(4)] (4,4'-(t)Bubpy = 4,4'-di-tert-butyl-2,2'-bipyridine) efficiently catalyzes not only dehydrogenative oxidation of benzylic and propargylic mono-alcohols but also oxidative C-C bond cleavage of meso-1,2-diaryl-1,2-ethanediols under atmospheric molecular oxygen, affording the corresponding carbonyl compounds in good yield. (C) 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.07.034

    Web of Science

    researchmap

  • A Ruthenium Tellurocarbonyl (CTe) Complex with a Cyclopentadienyl Ligand: Systematic Studies of a Series of Chalcogenocarbonyl Complexes [CpRuCl(CE)​(H2IMes)​] (E = O, S, Se, Te) 査読

    A. Suzuki, T. Arai, K. Ikenaga, Y. Mutoh, N. Tsuchida, S. Saito, Y. Ishii

    Dalton Trans.   46 ( 1 )   44 - 48   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    DOI: 10.1039/c6dt04440a

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and Interconversion of V4, V7, and V8 Oxide Clusters: Unexpected Formation of Neutral Heptanuclear Oxido(alkoxido)vanadium(V) Clusters [V7O17(OR)(4, 4'-tBubpy)3] (R = Et, MeOC2H4) 査読

    S. Kodama, N. Taya, Y. Inoue, Y. Ishii

    Inorg. Chem.   55 ( 13 )   6712 - 6718   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    researchmap

  • Theoretical Study on Internal Alkyne/Vinylidene Isomerization in Group 8 Transition-Metal Complexes 査読

    Miho Otsuka, Noriko Tsuchida, Yousuke Ikeda, Natacha Lambert, Rina Nakamura, Yuichiro Mutoh, Youichi Ishii, Keiko Takano

    Organometallics   34 ( 16 )   3934 - 3943   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    DFT calculations on the transformation reaction of the internal alkynes [CpM(PhC equivalent to CC6H4R-p)-(dppe)](+) (M = Fe, Os; R = OMe, CO2Et, Cl) to the corresponding vinylidenes were carried out. It was found that the isomerization of all complexes of group 8 elements studied in the present work, as well as the Ru complex that had already been reported in our previous study, proceeds via a direct 1,2-aryl shift. For the Fe complex, two types of direct 1,2-aryl shifts (paths 1 and 2), which depend on the orientation of the alkyne/vinylidene parts, were found, and the activation free energy of path 2 is smaller than that of path 1. As for the Os complex, path 1 and another direct 1,2-shift, path 3, were obtained, and path 3 has smaller activation free energy, which is the case for the Ru complex. Therefore, the isomerization reaction of internal alkynes to vinylidenes proceeds through path 2 for the Fe complexes and path 3 for the Ru and Os complexes. The 1,2-migration reactions via path 2 for the Fe complex and path 3 for the Os complex were found to be nudeophilic, which is based on an orbital interaction corresponding to an electron transfer from a carbon on the migrating group to the atom being migrated, as well as for the Ru complexes. To evaluate the stability of the alkyne and vinylidene complexes, orbital interaction energies between an organometallic complex part and an internal alkyne or a vinylidene moiety were calculated by natural bond orbital (NBO) analysis. It was revealed that the Os complex has the strongest interaction, followed by the Ru and Fe complexes. Namely, both the internal alkyne complexes and the vinylidene complexes are more stabilized in a heavier metal complex The activation free energy for migration of the aryl or phenyl group is actually the lowest for the Fe complex among the three metals. These findings contribute to the development of the synthetic strategy of vinylidenes from internal alkynes.

    DOI: 10.1021/om501280c

    Web of Science

    researchmap

  • Remote Rearrangement of the Metal Center in a (η6-C6Me6)Ru(II) Complex 査読

    K. Takano, Y. Ikeda, S. Kodama, Y. Ishii

    Chem. Commun.   51 ( 24 )   4981 - 4984   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    DOI: 10.1039/c4cc09699a

    Web of Science

    researchmap

  • Competition between vinylidene rearrangement and 1,2-insertion of carbon-disubstituted internal alkynes at a Cp*Ir(III) complex 査読

    Yousuke Ikeda, Shintaro Kodama, Noriko Tsuchida, Youichi Ishii

    Dalton Trans.   44 ( 40 )   17448 - 17452   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Competition between vinylidene rearrangement/1,1-insertion and 1,2-alkyne insertion into the Ir-Ar bond of [(CpIr)-Ir-star( ppy-F-4)](+) was observed on reaction with diarylacetylenes. The former process afforded the iridacycle 2 via the subsequent 1,4-Ir migration, whereas the latter led to the pyridoisoquinolinium complex 4. Detailed analysis revealed that 4 isomerizes to 2 by heating at 50 degrees C.

    DOI: 10.1039/c5dt02207j

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis of Rhodium–Primary Thioamide Complexes and Their Desulfurization Leading to Rhodium Sulfido Cubane-Type Clusters and Nitriles 査読

    Y. Mutoh, M. Sakigawara, I.Niiyama, S. Saito, Y. Ishii

    Organometallics   33 ( 19 )   5414 - 5422   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    researchmap

  • 1,4- and 1,3-Metal Migration in a Cp*IrIII Complex: Experimental Evidence of Direct 1,3-Metal Migration 査読

    Y. Ikeda, K. Takano, S. Kodama, Y. Ishii

    Organometallics   33 ( 15 )   3998 - 4004   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    researchmap

  • Reversibility of 1,4-Metal Migration in Cp*RhIII and Cp*IrIII Complexes 査読

    Y. Ikeda, K. Takano, M. Waragai, S. Kodama, N. Tsuchida, K. Takano, Y. Ishii

    Organometallics   33 ( 9 )   2142 - 2145   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    researchmap

  • A Novel Octanuclear Vanadium(V) Oxide Cluster Complex Having an Unprecedented Neutral V8O20 Core Functionalized with 4,4 '-Di-tert-butyl-2,2 '-bipyridine 査読

    Shintaro Kodama, Nobuto Taya, Youichi Ishii

    Inorg. Chem.   53 ( 6 )   2754 - 2756   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    A novel octanuclear vanadium(V) oxide cluster complex, [V8O20(4,4'-(t)Bubpy)(4)] (1), was synthesized and characterized by single-crystal X-ray structure analysis to reveal that 1 has an unprecedented neutral V8O20 core. An unexpected interconversion between 1 and the methoxo(oxo)vanadium(V) cluster complex, [V4O8(OMe)(4)(4,4'-(t)Bubpy)(2)] (2), was observed upon changes in the solvent systems.

    DOI: 10.1021/ic4031393

    Web of Science

    researchmap

  • 1,4–Metal Migration in a Cp*Rh(III) Complex 査読

    Y. Ikeda, K. Takano, S. Kodama, Y. Ishii

    Chem. Commun.   49 ( 94 )   11104 - 11106   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    DOI: 10.1039/c3cc46700g

    Scopus

    researchmap

  • Reactivities of Indenylruthenium Complex toward Internal Alkynes: Formation of Disubstituted Vinylidene Complexes and Indenyl–Alkyne Coupling 査読

    Y. Ikeda, Y. Mutoh, K. Imai, N. Tsuchida, K. Takano, Y. Ishii

    Organometallics   32   4353 - 4358   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    researchmap

  • Transformations of Alkynes at a Cyclotriphosphato Ruthenium Complex 査読

    Keiichiro Kanao, Yousuke Ikeda, Kazuhiro Kimura, Sou Kamimura, Yoshiaki Tanabe, Yuichiro Mutoh, Masakazu Iwasaki, Youichi Ishii

    Organometallics   32 ( 2 )   527 - 537   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Photolysis of the cyclotriphosphato complex (PPN)[Ru(P3O9)(eta(6)-C6H6)] (2) with bpy (2,2'-bipyridyl) in alcohols generated a violet solution of (PPN)[Ru(P3O9)(bpy)-(ROH)] (3) with a labile alcohol ligand. Complexes 3 were readily oxidized during recrystallization to give the Ru(III) alkoxo complexes (PPN)[Ru(OR)(P3O9)(bpy)] (4). Treatment of 3 with internal alkynes led to selective formation of eta(2)-alkyne complexes (PPN)[Ru(P3O9)(bpy)(eta(2)-RC CR')] (7), which did not undergo vinylidene rearrangement under heating and photoirradiation conditions in contrast to its dppe analogues. On the other hand, diphenylacetylene complex 7c (R = R' = Ph) gave the alpha-ketocarbene complex (PPN)[Ru(P3O9)(bpy)(= CPhCOPh)] (8) on reaction with m-CPBA. This observation provides a very rare example for the direct and controlled oxidation of a coordinated alkyne ligand. Reactions of 3 with the terminal alkynes in alcohols and in DMF afforded the alkoxycarbene complexes (PPN)[Ru(P3O9)(bpy){= C(OR)CH2CR'}] (9) and the carbonyl complex (PPN)[Ru(P3O9)(CO)(bpy)] (12), respectively, presumably by way of vinylidene intermediates.

    DOI: 10.1021/om3009926

    Web of Science

    researchmap

  • DFT Study of Internal Alkyne–to–Disubstituted Vinylidene Isomerization in [CpRu(PhC≡CAr)(dppe)]+ 査読

    M. Otsuka, N. Tsuchida, Y. Ikeda, Y. Kimura, Y. Mutoh, Y. Ishii, K. Takano

    J. Am. Chem. Soc.   134 ( 42 )   17746 - 17756   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja308018b

    Web of Science

    researchmap

  • Formation of (Alkenylphosphonio)phenylruthenium Complexes from Diphenylacetylene and a [CpRu(dppm)] Cation: Experimental Evidence for the Equilibrium between η1-Disubstituted Vinylidene and η2-Internal Alkyne 査読

    Y. Mutoh, Y. Kimura, Y. Ikeda, N. Tsuchida, K. Takano, Y. Ishii

    Organometallics   31 ( 14 )   5150 - 5158   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/om3004948

    Web of Science

    researchmap

  • Copper and cobalt complexes of octadentate azamacrocycles: Spectrophotometric titration, stopped-flow kinetics and crystallographic study 査読

    Hava Ozay, Yakup Baran, Youichi Ishii

    SPECTROCHIMICA ACTA PART A-MOLECULAR AND BIOMOLECULAR SPECTROSCOPY   83 ( 1 )   525 - 531   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Details of complex formation kinetics are reported for tetrakis(2-hydroxyethyl) substituted cyclen (L-1) and cyclam (L-2) with Cu(II) and Co(II). Stopped-flow kinetics and spectroscopic titration methods were employed for the activation parameters and stability constants, respectively. X-ray studies revealed that the pendant 2-hydroxyethyl groups are not equivalent: two are folded over the macrocycle and maintained by intramolecular hydrogen bonds while the others are extended and pointed away from the macrocyclic cavity. Complex formation kinetics and spectroscopic titration were performed in aqueous acidic buffer solutions. Thermodynamic and kinetic parameters revealed that the ring size of the macrocycles plays an extremely important role for each metal ion studied. Stopped-flow kinetic measurements explained the mechanism of the complex formation process of both Cu(II) and Co(II) which proceed in outer-sphere interactions with ligands. There are two steps in the complex formation of the system studied. The initial step is a second order reaction between the metal ion and macrocycle with a second order rate constant. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.saa.2011.08.078

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and Skeletal Transformation of Cyanamido(2-)- and Cyanamido(1-)-Bridged Ruthenium Complexes with Hexamethylbenzene Ligands 査読

    Tadahiko Nogami, Makoto Imaji, Kaoru Uemura, Yoshiaki Tanabe, Yuichiro Mutoh, Youichi Ishii

    Chem. Lett.   40 ( 10 )   1167 - 1169   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    A series of cyanamido-bridged di- and tetraruthenium complexes with eta(6)-C6Me6 ligands have been synthesized, and their interconversion reactions have been investigated. Facile interconversion between the mu(2)-kappa N,kappa N and mu(2)-kappa N,kappa N' coordination modes of NCNH ligands at a dimetallic core has been observed for the first time.

    DOI: 10.1246/cl.2011.1167

    Web of Science

    researchmap

  • Reversibility of Disubstituted Vinylidene-Internal Alkyne Isomerization at Cationic Ruthenium and Iron Complexes 査読

    Yuichiro Mutoh, Kohei Imai, Yusuke Kimura, Yousuke Ikeda, Youichi Ishii

    Organometallics   30 ( 2 )   204 - 207   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The cationic disubstituted vinylideneruthenium complexes [CpRu{=C=C(Ph)R}(dppe)][BAr4F], which are prepared directly from internal alkynes via 1,2-migration of carbon substituents, are shown to undergo disubstituted vinylidene-to-internal alkyne isomerization on reaction with a monophosphine. The observation provides the first examples in which the reversible conversion between internal alkynes and disubstituted vinylidenes is experimentally confirmed, and the kinetic and mechnistic investigations indicated that an uncommon electrophilic 1,2-migration of the carbon substituents takes place in the internal alkyne-disubstituted vinylidene interconversion.

    DOI: 10.1021/om101109c

    Web of Science

    researchmap

  • Ruthenium Seleno- and Tellurocarbonyl Complexes: Selenium and Tellurium Atom Transfer to a Terminal Carbido Ligand 査読

    Yuichiro Mutoh, Naoki Kozono, Miho Araki, Noriko Tsuchida, Keiko Takano, Youichi Ishii

    ORGANOMETALLICS   29 ( 3 )   519 - 522   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The first five-coordinate selenocarbonyl complex, [RuCl(2)(CSe)(H(2)IMes)(PCy(3))] (2-Cse; H(2)IMes = 1,3-dimesitylimidazolin-2-ylidene), and the tellurocarbonyl complex [RuCl(2)(CTe)(H(2)IMes)(dmap)(2)] (3-CTe; dmap = 4-(dimethylamino)pyridine) was obtained by selenium and tellurium atom transfer reaction to the carbido complex [RuCl(2)(C)(H(2)IMes)(PCy(3))]. Systematic elucidation of the complete series of chalcogenocarbonyl complexes revealed that tellurocarbonyl complex 3-CTe is a potential tellurium atom transfer reagent

    DOI: 10.1021/om901029w

    Web of Science

    researchmap

  • Internal Alkyne-to-vinylidene Isomerization at Cationic Ruthenium and Iron Complexes 査読

    Yuichiro Mutoh, Yousuke Ikeda, Yusuke Kimura, Youichi Ishii

    CHEMISTRY LETTERS   38 ( 6 )   534 - 535   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Cationic ruthenium and iron complexes [CpM(PP)](+) (Cp = eta(5)-C5H5; M = Ru and Fe; PP = Ph2PCH2CH2PPh2, 2PPh(3)) can affect vinylidene rearrangement of general internal alkynes via the 1,2-migration of aryl and alkyl groups. Judging from the migratory aptitude of substituted aryl groups, the present reaction is viewed as an uncommon electrophilic rearrangement.

    DOI: 10.1246/cl.2009.534

    Web of Science

    researchmap

  • Core Expansion Reactions of Cyanamido/Carbodiimido-Bridged polynuclear Iridium Complexes 査読

    Makoto Imaji, Yoshiaki Tanabe, Yuichiro Mutoh, Youichi Ishii

    INORGANIC CHEMISTRY   48 ( 2 )   773 - 780   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Core expansion reactions of di- and tetrairidium complexes [Cp*Ir(mu(2)-NCN-N,N)](2) (1; Cp* = eta(5)-C5Me5), [Cp*Ir(mu(3)-NCN-N,N,N)](4) (2), and phosphine derivatives of 1 have been investigated, and it has been revealed that cyanamido ligands in these complexes can change their coordination modes flexibly on reactions with a second transition metal complex. Treatment of diiridium complex 1 with [Cp*IrCl2](2) gives the tetrairidium complex [(Cp*Ir)(2)(mu(3)-NCN-N,N,N')(2)(IrCp*Cl-2)(2)] (6) with mu(3)-kappa N,kappa N,kappa N' cyanoimido(2-) ligands. On the other hand, the reaction of 1 with [PdCl(eta(3)-C3H5)](2) affords the NCN-bridged Ir2Pd4 hexanuclear complex [(Cp*IrCl)(2)(mu(4)-NCN-N,N,N',N')(2){Pd-2(mu-Cl)(eta(3)-C3H5)(2)}(2)] (7) and Ir4Pd4 octanuclear complex [(Cp*Ir)(4)(mu(4)-NCN-N,N,N,N')(4){PdCl(eta(3)-C3H5)}(4)] (8). The NCN-bridges in 7 provide the first example of the crystallographically determined mu(4)-kappa N,kappa N,kappa N',kappa N' carbodiimido(2-) ligand. Complex 8 with mu(4)-kappa N,kappa N,kappa N,kappa N' cyanoimido(2-) ligands can also be synthesized selectively by the reaction of the parent cubane complex 2 with [PdCl(eta(3)-C3H5)](2). Diphosphine derivative of 1, [{Cp*Ir(mu(2)-NCN)}(2)(mu-dppm)] (4; dppm = Ph2PCH2PPh2), behaves differently on reactions with [PdCl(eta(3)-C3H5)](2) and [MCl(cod)](2) (cod = cycloocta-1,5-diene) to form the NCN-bridged Ir2M2 (M = Pd, Rh, Ir) tetranuclear complexes [(Cp*Ir)(2)(mu(3)-NCN-N,N,N')(2)(PdCl(mu(3)-C3H5)}(2)(mu-dppm)] (9) and [(Cp*Ir)(2)(mu(3)-NCN-N,N,N')(2)(MCl(cod)}(2)(mu-dppm)] (11a, M = Rh; 11b, M = Ir), respectively. The molecular structures for 6, 7, 8, 11a, and 11b have been determined by single-crystal X-ray analyses.

    DOI: 10.1021/ic8017503

    Web of Science

    researchmap

  • Formation of Vinylidenes from Internal Alkynes at a Ruthenium Cyclophosphato Complex 査読

    Y. Ikeda, T. Yamaguchi, K. Kanao, K. Kimura, S. Kamimura, Y. Mutoh, Y. Tanabe, Y. Ishii

    J. Am. Chem. Soc.   130 ( 50 )   16856 - 16857   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society  

    researchmap

  • Syntheses and phosphorescent properties of blue emissive iridium complexes with tridentate pyrazolyl ligands 査読

    Lifen Yang, Furnio Okuda, Katsuaki Kobayashi, Koichi Nozaki, Yoshiaki Tanabe, Youichi Ishii, Masa-aki Haga

    INORGANIC CHEMISTRY   47 ( 16 )   7154 - 7165   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Novel neutral mixed-ligand lr(N boolean AND C boolean AND N)(N boolean AND C)X complexes (N boolean AND C boolean AND N = 1, 3-bis (3-methylpyrazolyl)benzene (bpzb), 1,5-dimethyl-2,4-bis(3-methylpyrazolyl)benzene (dmbpzb), and 1,5-difluoro-2,4-bis(3-methylpyrazolyl)benzene (dfbpzb); N boolean AND C = 2-phenyl pyridine (ppy); and X = Cl or CN) have been synthesized and characterized. An X-ray single-crystal structure of the complex lr(dmbpzb)(ppy)Cl shows that the nitrogen atom in the ppy ligand occupied the trans position to the carbon atom in the tridentate N boolean AND C boolean AND N ligand of dmbpzb with the lr-C bond length of 1.94(1) angstrom, whereas the coordinating carbon atom occupied the trans position of chlorine. Electrochemical data show that the complexes exhibit an oxidation lr(III/IV) process in the potential range of +0.5 similar to 0.9 V and two irreversible reductions at approximately -2.6 and -3.0 V against Fc(0)/Fc(+), respectively. All of the lr(III) complexes do not emit phosphorescence at room temperature, although strong phosphorescence is exhibited at 77 K with the 0-0 transition centered at around 450 nm and lifetimes of 3-14 mu s. DFT calculations indicate that the HOMOs are mainly localized on iridium 5d pi and chlorine p pi*, whereas the LUMOs are mainly from the ppy ligand pi* orbitals. The phosphorescence originates from a (LC)-L-3 state mixed with the (MLCT)-M-3 and (XLCT)-X-3 ones. Temperature-dependent lifetime measurements of lr(dfbpzb)(ppy)Cl reveal the existence of a thermal deactivation process with a low activation energy (1720 cm(-1)) and very high frequency factor (2.3 x 10(13) s(-1)). An unrestricted density functional theory indicates that the dd state, in which both the lr-N (pyrazolyl) bond lengths increase considerably, exists almost at the same energy as that for the phosphorescent state. A thorough analysis based on the potential energy surfaces for the T-1 and S-0 states allows us to determine the reaction pathway responsible for this thermal deactivation. The calculated activation energies of 1600 similar to 1800 cm(-1) are in excellent agreement with the observed values.

    DOI: 10.1021/ic800196s

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and diastereoselective ligand substitution reaction of a mono(sulfido)-bridged Ir-Mo heterodinuclear complex 査読

    Kazuya Arashiba, Shoji Matsukawa, Yoshiaki Tanabe, Shigeki Kuwata, Youichi Ishii

    INORGANIC CHEMISTRY COMMUNICATIONS   11 ( 5 )   587 - 590   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The reaction of the mono(hydrosulfido) iridium complex [Cp*IrH(SH)(PPh3)] (1, Cp* = eta(5)-C5Me5) with [Cp*MCl2(NO)] (2, M = Mo, W) afforded the mono(sulfido)-bridged Ir-Mo and Ir-W heterodinuclear complexes [Cp*IrH(PPh3)(mu-S)MCl(NO)Cp*] (3a and 3a', M = Mo; 3b and 3b', M = W) as a 2:1 mixture of diastereomers. Abstraction of the hydrido ligand in both 3a and 3a' with [Ph3C][BF4] in CH2Cl2-MeCN underwent stereoselectively to give the R-1r,R-M0/S-1r,S-M0 pair of the cationic acetonitrile complex [Cp*Ir(NC-Me)(PPh3)(mu-S)MoCl(NO)Cp*][BF4] (4). The stereochemical course for the formation of 4 from the major isomer 3a was confirmed to be inversion at the iridium center by X-ray crystallographic studies. Ligand substitution experiment of 4 with CD3CN revealed that the stereochemistry of 4 is controlled thermodynamically. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.inoche.2008.02.026

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis, structures, and properties of group 9- and group 10-group 6 heterodinuclear nitrosyl complexes 査読

    Kazuya Arashiba, Hidetaka Iizuka, Shoji Matsukawa, Shigeki Kuwata, Yoshiaki Tanabe, Masakazu Iwasaki, Youichi Ishii

    INORGANIC CHEMISTRY   47 ( 10 )   4264 - 4274   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The reaction of the group 9 bis(hydrosulfido) complexes [Cp*M(SH)(2)(PMe3)] (M = Rh, Ir; Cp* = eta(5)-C5Me5) with the group 6 nitrosyl complexes [CP*M'Cl-2(NO)] (M' = Mo", W) in the presence of NEt3 affords a series of bis(sulfido)bridged early-late heterobimetallic (ELHB) complexes [CP*M(PMe3)(mu-S)(2)M'(NO)Cp*] (2a, M = Rh, M' = Mo; 2b, M = Rh, M' = W; 3a, M = Ir, M' = Mo; 3b, M = Ir, M' = W). Similar reactions of the group 10 bis(hydrosulfido) complexes [M(SH)(2)(dppe)] (M = Pd, Pt; dppe = Ph2P(CH2)(2)PPh2), [Pt(SH)(2)(dppp)] (dppp = Ph2P(CH2)(3)Pph(2)), and [M(SH)(2)(dpmb)] (dpmb = o-C6H4(CH2PPh2)(2)) give the group 10-group 6 ELHB complexes [(dppe)M(mu-S)(2)M'(NO)Cp*] (M = Pd, Pt; M'= Mo, W), [(dppp)Pt(mu-S)(2)M'(NO)Cp*] (6a, M'= Mo; 6b, M'= W), and [(dpmb)M(mu-S)(2)M'(NO)Cp*] (M = Pd, Pt; M' = Mo, W), respectively. Cyclic voltammetric measurements reveal that these ELHB complexes undergo reversible one-electron oxidation at the group 6 metal center, which is consistent with isolation of the single-electron oxidation products [Cp*M(PMe3)(mu-S)(2)M'(NO)Cp*][PF6] (M = Rh, Ir; M' = Mo, W). Upon treatment of 2b and 3b with ROTf (R = Me, Et; OTf = OSO(2)CFA the 0 atom of the terminal nitrosyl ligand is readily alkylated to form the alkoxyimido complexes such as [Cp*Rh(PMe3)(mu-S)(2)W(NOMe)Cp*][OTf]. In contrast, methylation of the Rh-, Ir-, and Pt-Mo complexes 2a, 3a, and 6a results in S-methylation, giving the methanethiolato complexes [Cp*M(PMe3)(mu-SMe)(mu-S)Mo(NO)Cp*][BPh4] (M = Rh, Ir) and [(dppp)Pt(mu-SMe)(mu-S)Mo(NO)Cp*][OTf], respectively. The Pt-W complex 6b undergoes either S- or O-methylation to form a mixture of [(dppp)Pt(mu-SMe)(mu-S)W(NO)Cp*][OTf] and [(dppp)Pt(mu-S)(2)W(NOMe)Cp*][OTf]. These observations indicate that O-alkylation and one-electron oxidation of the dinuclear nitrosyl complexes are facilitated by a common effect, i.e., donation of electrons from the group 9 or 10 metal center, where the group 9 metals behave as the more effective electron donor.

    DOI: 10.1021/ic702309h

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and reactivities of sulfido-bridged Ir-W and Ir-Re heterodinuclear complexes with imido ligands 査読

    Kazuya Arashiba, Yoshiaki Tanabe, Youichi Ishii

    CHEMISTRY LETTERS   36 ( 5 )   622 - 623   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The iridium hydrosulfido complexes [Cp*IrH(SH)(PPh3)] (Cp* = eta(5)-C5Me5) and [Cp*Ir(SH)(2)(PMe3)] were found to serve as effective building blocks for the synthesis of mono- and bis(sulfido)-bridged heterodinuclear complexes with a high-valent tungsten or rhenium-imido center.

    DOI: 10.1246/cl.2007.622

    Web of Science

    researchmap

  • キラルビナフチル基を有する新規光学活性フェロセンの合成と変換反応 査読

    山本真久, 菊地哲, 石井洋一, 福澤信一

    中央大学理工学研究所論文集   12 ( 12 )   99 - 105   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学理工学研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • Syntheses and properties of NCN-bridged tri- and tetranuclear complexes of cobalt and rhodium 査読

    Keiichi Takahata, Noriyuki Iwadate, Hidenobu Kajitani, Yoshiaki Tanabe, Youichi Ishii

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   692 ( 1-3 )   208 - 216   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    The reaction Of [Cp*CoI2](2) (1b) with 2 equiv of NaNCNH affords the 16-membered macrocyclic NCNH-bridged tetracobalt(III) complex [Cp*CoI(mu(2)-NCNH-N,N')](4) (2b), while that with 2 equiv of Na2NCN yields the C-3-elongated cubane-like NCN-bridged tetracobalt(III) complex [Cp*Co(mu(3)-NCN-N,N,N')(3)(CoCp*)(3)(mu(3)-NCN-N,N,N)] (4b). Treatment of [Cp*RhCl2](2) (1c) with 2 equiv of NaNCNH gives the C-3-elongated cubane-like tetrarhodium(III) complex [Cp*Rh(mu(3)-NCN-N,N,N')(3)(RhCp*)(3)(mu(3)-NCN-N,N,N)] (4c) via the macrocyclic complex [Cp*RhCl(mu(2)-NCNH-N,N')](4) (2c). On the other hand, the reaction of [Cp*CoCl](2) (7) with Na2NCN affords the anionic bis(NCN)-capped tricobalt(II) complex Na[(CP*CO)(3)(mu(3)-NCN-N,N,N)(2)] (6). The molecular structures of complexes 2b center dot CH2Cl2 and 4c - 2C(6)H(6) have been confirmed by X-ray analyses. The electrochemical properties of these types of NCN-bridged group 9 metal complexes have also been examined. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2006.08.054

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and reactivities of a bis(cyanamido)-capped triruthenium complex 査読

    Yoshiaki Tanabe, Hidenobu Kajitani, Masakazu Iwasaki, Youichi Ishii

    DALTON TRANSACTIONS   2007 ( 41 )   4701 - 4707   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The tetraruthenium complex [Cp*RuCl](4) (Cp* = eta(5)-C5Me5) reacts with Na2NCN to afford the anionic bis(cyanamido)-capped triruthenium complex [(Cp*Ru)(3)(mu(3)-NCN)(2)](-) (2(-)), which undergoes single electron oxidation to form [(Cp*Ru)(3)(mu(3)-NCN)(2)] upon workup with 1 equiv. of [Cp2Fe](PF6) (Cp = eta(5)-C5H5). Treatment of 2(-) with 1 equiv. of HCl at room temperature leads to the protonation of one of the Ru-Ru edges to give the hydrido-bridged complex [(Cp*Ru)(3)(mu-H)(mu-NCN)(2)], while the cationic side-on NCNH2 complex [(Cp*Ru)(3)(mu-Cl)(mu(3)-NCN)(mu(3)-NCNH2-1 kappa C,N:2 kappa C:3 kappa N)]Cl (5) is obtained by the reaction of 2- with an excess amount of HCl at -78 degrees C. On the other hand, the reaction of 2(-) with BR3 (R = Et, Ph) results in the ligation of two BR3 molecules to the terminal nitrogen atoms of the cyanamido ligands to yield the bis(borane) adduct (PPN)[(Cp*Ru)(3){(mu(4)-NCN)(BR3)}(2)] (6,PPN = Ph3PNPPPh3). 6b (R = Et) slowly liberates one BEt3 molecule in acetone to give the mono(borane) adduct (PPN) [(Cp*Ru)(3)(mu(3)-NCN){(mu(4)-NCN)(BEt3)}] (7). 2(-) is also shown to react with [AuCl(PPh3)] or PhCOCl to afford the tetranuclear heterometallic complex [(Cp*Ru)(3)(mu(3)-NCN){(mu(4)-NCN)(AuPPh3)}] ( 8) or the benzoylcyanamido complex [(Cp*Ru)(3)(mu(3)-NCN)(mu(3)-NCNCOPh)] in which the Au(PPh3)(+) or benzoyl fragment is bound to the terminal nitrogen atom of a cyanamido ligand. The molecular structures of PPN(+)2(-), 5 center dot C6H6, 7 and 8 center dot C6H6 have been determined by single-crystal X-ray analyses.

    DOI: 10.1039/b708328a

    Web of Science

    researchmap

  • Highly phosphorescent iridium complexes containing both tridentate bis(benzimidazolyl)-benzene or -pyridine and bidentate phenylpyridine: Synthesis, photophysical properties, and theoretical study of Ir-bis(benzimidazolyl) benzene complex 査読

    Shinya Obara, Masumi Itabashi, Fumio Okuda, Satoru Tamaki, Yoshiaki Tanabe, Youichi Ishii, Koichi Nozaki, Masa-aki Haga

    INORGANIC CHEMISTRY   45 ( 22 )   8907 - 8921   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Novel mixed-ligand Ir( III) complexes, [ Ir( L)( N boolean AND C) X](n+) ( L) N boolean AND C boolean AND N or N boolean AND N boolean AND N; X) Cl, Br, I, CN, CH3CN, or - CCPh; n) 0 or 1), were synthesized, where N boolean AND C boolean AND N) bis( N-methylbenzimidazolyl) benzene ( Mebib) and bis( N-phenylbenzimidazolyl) benzene ( Phbib), N boolean AND N boolean AND N) bis( N-methylbenzimidazolyl) pyridine ( Mebip), and N boolean AND C) phenylpyridine ( ppy) derivatives. The X-ray crystal structures of [ Ir( Phbib)( ppy) Cl] and [ Ir( Mebib)( mppy) Cl] [ mppy) 5-methyl-2-( 2'-pyridyl) phenyl] indicate that the nitrogen atom of the ppy ligand is located trans to the coordinating carbon atom in Me- or Phbib, while the coordinating carbon atom in ppy occupies the trans position of Cl. [ Ir( Mebip)( ppy) Cl](+) showed a quasireversible Ir( III/IV) oxidation wave at + 1.05 V, while the Ir complexes, [ Ir( Mebib)( ppy) Cl], were oxidized at + 0.42 V versus Fc/Fc(+). The introduction of an Ir - C bond in [ Ir( Mebib)( ppy) Cl] induces a large potential shift of 0.63 V in a negative direction. Further, the oxidation potential of [ Ir( Mebib)( Rppy) X] was altered by the substitution of R, R', and X groups. Compared to the oxidation potential, the first reduction potential revealed an almost constant value at - 2.36 to - 2.46 V for [ Ir( L)( ppy) Cl] ( L) Mebib and Phbib) and - 1.52 V for [ Ir( Mebip)( ppy) Cl. The UV-vis spectra of [ Ir( Mebib)( R-ppy) X] show a clear singlet metal-to-ligand charge-transfer transition around 407 similar to 425 nm and a triplet metal-to-ligand charge-transfer transition at 498 similar to 523 nm. [ Ir( Mebip)( ppy) Cl] + emits at 610 nm with a luminescent quantum yield of Phi = 0.16 at room temperature. The phosphorescence of [ Ir( Mebib)( ppy) X] was observed at 526 nm for X) CN and 555 nm for X) Cl with the high luminescent quantum yields, Phi = 0.77 similar to 0.86, at room temperature. [ Ir( Phbib)( ppy) Cl] shows the emission at 559 nm with a luminescent quantum yield of) 0.95, which is an unprecedentedly high value compared to those of other emissive metal complexes. Compared to the luminescent quantum yields of the Ir( ppy) 2( L) derivatives and [ Ir( Mebip)( ppy) Cl](+), the neutral Ir complexes, [ Ir( L)( R-ppy) X] ( L) Me- or Phbib), reveal very high quantum yields and large radiative rate constants ( k(r)) ranging from 3.4 x 10(5) to 5.5 x 10(5) s(-1). The density functional theory calculation suggests that these Ir complexes possess dominantly metal-to-ligand charge-transfer and halide-to-ligand charge-transfer excited states. The mechanism for a high phosphorescence yield in [ Ir( bib)( ppy) X] is discussed herein from the perspective of the theoretical consideration of radiative rate constants using perturbation theory and a one-center spin - orbit coupling approximation.

    DOI: 10.1021/ic060796o

    Web of Science

    researchmap

  • Observation of new kappa 2C,O :kappa 2C ',O ' coordination mode of 1,1,2,2-tetraacetylethanato ligand in a dinuclear 1,1,1,5,5,5-hexafluoroacetylacetonato palladium(II) complex 査読

    Yutaka Fukuda, Maiko Sakumoto, Yoshiaki Tanabe, Youichi Ishii, Wakako Suzuki, Akiko Nakao

    CHEMISTRY LETTERS   35 ( 8 )   936 - 937   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    We have isolated a new dinuclear palladium(II) complex containing 1,1,2,2-tetraacetylethanato (taet) and 1,1,1,5,5,5-hexafluoroacetylacetonato (hfac) ligands, [(hfac)Pd(C,O-taet)Pd(hfac)] (2b), whose crystallographic study has revealed that taet is coordinated to each palladium center as a kappa C-2,O ligand to form a five-membered chelate ring. Complex 2b provides the first example of the kappa C-2,O:(KC)-C-2',O' coordination mode of beta-diketonato ligand, which slowly tautomerizes to [(hfac)Pd(O,O-taet)Pd(hfac)] (2a).

    DOI: 10.1246/cl.2006.936

    Web of Science

    researchmap

  • トリメタホスフィマト配位子を有するルテニウム、ロジウム、イリジウム錯体の構造と性質 査読

    上村聡, 飯田琢也, 金尾啓一郎, 野川千種, 田辺資明, 大石克嘉, 福澤信一, 石井洋一

    中央大学理工学研究所論文集   11   1 - 10   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学理工学研究所  

    Treatment of (PPN)3[P3(NH)3O6] (PPN = (PPh3)2N+) with [(η6-C6H6)RuCl(μ-Cl)]2 in CH2Cl2 at room temperature gives the anionic ruthenium-trimetaphosphimato complex (PPN)[(η6-C6H6)-Ru{P3(NH)3O6}] (1) in 83% yield. By similar reactions the Cp∗Rh (Cp∗ = η5-C5Me5) complex (PPN)[Cp∗Rh{P3(NH)3O6}] (3) and the Cp∗Ir complex (PPN)[Cp∗Ir{P3(NH)3O6}] (4) are synthesized from [Cp∗MCl(μ-Cl)]2 (M = Rh, Ir) in high yields. X-ray diffraction studies of 1•0.5CH2Cl2, 3•CH2Cl2 and 4•CH2Cl2 have shown that these complexes adopt a three-legged piano-stool structure in the solid state, where the three axial oxygen atoms of the trimetaphosphimato ligand occupy the fac positions. The structure of 1•0.5CH2Cl2 has been compared in detail with that of the corresponding cyclotriphosphato complex (PPN)[(η6-C6H6)Ru(P3O9)] (2). The electrochemical behavior of these complexes is also described.【査読有】

    DOI: 10.24789/00001219

    researchmap

  • Electrophilic O-Methylation of a Terminal Nitrosyl Ligand Attained by an Early-Late Heterobimetallic Effect 査読

    K. Arashiba, S. Matsukawa, S. Kuwata, Y. Tanabe, M. Iwasaki, Y. Ishii

    Organometallics   25 ( 3 )   560 - 562   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Syntheses and properties of emissive iridium(III) complexes with tridentate benzimidazole derivatives 査読

    T Yutaka, S Obara, S Ogawa, K Nozaki, N Ikeda, T Ohno, Y Ishii, K Sakai, M Haga

    INORGANIC CHEMISTRY   44 ( 13 )   4737 - 4746   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    A series of novel emissive Ir(III) complexes having the coordination environments of [Ir(N boolean AND N boolean AND N)(2)](3+), [Ir(N boolean AND N boolean AND N)-(N boolean AND N)Cl](2+), and [Ir(N boolean AND N boolean AND N)(N boolean AND C boolean AND N)](2+) with 2,6-bis(1-methyl-benzimidazol-2-yl)pyridine (L1, N boolean AND N boolean AND N), 1,3-bis-(1-methyl-benzimidazol-2-yl)benzene (L2H, N boolean AND C boolean AND N), 4'-(4-methylphenyl)-2,2':6',2"-terpyridine (ttpy, N boolean AND N boolean AND N), and 2,2'-bipyridine (bpy, N boolean AND N) have been synthesized and their photophysical and electrochemical properties studied. The Ir(III) complexes exhibited phosphorescent emissions in the 500-600 nm region, with lifetimes ranging from approximately 1-10 mu s at 295 K. Analysis of the 0-0 energies and the redox potentials indicated that the lowest excited state of [Ir(L1)(L2)](2+) possessed the highest contribution of (MLCT)-M-3 (MLCT = metal-to-ligand charge transfer) among the Ir(III) complexes, reflecting the sigma-donating ability of the tridentate ligand, ttpy < L1 < L2. The emission quantum yields (Phi) of the Ir(III) complexes ranged from 0.037 to 0.19, and the highest Phi value (0.19) was obtained for [Ir(L1)(bpy)Cl](2+). Radiative rate constants (k(r)) were 1.2 x 10(4) S-1 for [Ir(ttpy)(2)](3+), 3.7 x 10(4) S-1 for [Ir(L1)(bpy)Cl](2+), 3.8 x 10(4) S-1 for [Ir(ttpy)(bpy)Cl](2+), 3.9 X 10(4) S-1 for [Ir(L1)(2)](3+), and 6.6 x 10(4) S-1 for [Ir(L1)(L2)](2+). The highest radiative rate for [Ir(L1)(L2)](2+) With the highest contribution of (MLCT)-M-3 could be explained in terms of the singlet-triplet mixing induced by spin-orbit coupling of 5d electrons in the MLCT electronic configurations.

    DOI: 10.1021/ic048622z

    Web of Science

    researchmap

  • A cyanamido-bridged diiridium complex: A reactive building block for polynuclear cyanamido complexes 査読

    H Kajitani, Y Tanabe, S Kuwata, M Iwasaki, Y Ishii

    ORGANOMETALLICS   24 ( 10 )   2251 - 2254   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    [Cp*IrCl2](2) reacts with 2 equiv of Na2NCN to afford the NCN-bridged diiridium complex [Cp*Ir(μ(2)-NCN-N,N)](2) (5), which undergoes further reactions with donor molecules such as CO and phosphines. Complex 5 works as an excellent building block for the synthesis of the NCN-capped heterotrinuclear complexes [(Cp*Ir)(2)(ML)(μ(3)-NCN-N,N,N)(2)](+) (ML = Rh(cod), CpRu, Pd(η(3)-C3H5)) on reactions with cationic group 8-10 metal complexes such as [Rh(cod)(acetone)](+), [CpRu(MeCN)(3)](+), and [Pd(η(3)-C3H5)(acetone)(n)](+), while the dimerization of 5 leads to the cubane-type tetrairidium complex [Cp*Ir(μ(3)-NCN-N,N,N)](4).

    DOI: 10.1021/om048978i

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis, structures, and solution behavior of Di- and trinuclear titanium(IV)-cyclophosphato complexes 査読

    S Kamimura, T Matsunaga, S Kuwata, M Iwasaki, Y Ishii

    INORGANIC CHEMISTRY   43 ( 20 )   6127 - 6129   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The reaction of the cyclotetraphosphate ion (P4O124-) with [Cp*TiCl3] (CP* = eta(5)-C5Me5) gives [(Cp*Ti)(2)(P4O12)(2)](2-) where the P4O12 ligands adopt a saddle conformation, while that with [(Cp*TiCl)(3)(mu-O)(3)] leads to [(Cp*Ti)(3)(mu-O)(3)(P4O12)](-) containing a crown form P4O12 ligand; both products feature their unique cage structures. On the other hand, the reactions of the cyclotriphosphate ion (P3O93-) with [(Cp*TiCl2)(2)(mu-O)] and [(Cp*TiCl)(3)(mu-O)(3)] afford [(Cp*Ti)(2)(mu-O)(P3O9)(2)](2-) and [(Cp*Ti)(3)(mu-O)(3)Cl(P3O9)](-), respectively, and in both cases the P3O9 ligands bridge two titanium centers with an eta(2):eta(1) mode.

    DOI: 10.1021/ic049206h

    Web of Science

    researchmap

  • シクロトリホスフェートを配位子とするタンタルおよびニオブ錯体の合成と構造 査読

    上村聡, 大石克嘉, 福澤信一, 石井洋一

    中央大学理工学研究所論文集   9   43 - 50   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学理工学研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • Synthesis and characterization. of cyclotetraphosphato complexes of Rh(I), Ir(I), Ru(II), and Pd(II) 査読

    S Kamimura, S Kuwata, M Iwasaki, Y Ishii

    INORGANIC CHEMISTRY   43 ( 2 )   399 - 401   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The cyclotetraphosphate ion (P4O124-) as a PPN (PPN = (PPh3)(2)N+) salt reacts with [MCl(cod)](2) (M = Rh, Ir; cod = 1,5-cyclooctadiene) to give the dinuclear complexes (PPN)(2)[{M(cod)}(2)-(P4O12)], in which the two metal moieties are situated trans to each other with respect to the P4O4 ring in the solid state. In solution, however, these complexes exist as mixtures of trans and cis isomers. On the other hand, the P4O124- ion reacts with 4 equiv of [Rh(cod)(MeCN)(x)](+) cation to give the tetranudear complex [Rh(cod)}(4)(P4O12)], where the four Rh(cod) fragments are bound to the P4O12 platform alternately on both sides of the P4O4 ring. Dinuclear P4O12 complexes of ruthenium and palladium are also synthesized.

    DOI: 10.1021/ic0350382

    Web of Science

    researchmap

  • Hydrolysis of diribonucleoside monophosphate diesters assisted by a manganese(II) complex 査読

    M Yashiro, M Higuchi, M Komiyama, Y Ishii

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   76 ( 9 )   1813 - 1817   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    An Mn2+ complex with 2,2':6',2"-terpyridine (terpy) was found to promote the hydrolysis of NpN (NpN = diribonucleoside monophosphate diester) efficiently at pH 7.0 and 50 degreesC under ambient conditions. The structure of the Mn2+ complex involving a phosphodiester molecule, [(terpy)(dpp)Mn-II(mu-dpp)(2)Mn-II(dpp)(terpy)], dpp = diphenyl phosphate anion, was established by X-ray crystallography, and the coordination mode of Mn2+ to a phosphodiester molecule was considered.

    DOI: 10.1246/bcsj.76.1813

    Web of Science

    researchmap

  • Novel catalytic hydrogenolysis of silyl enol ethers by the use of acidic ruthenium dihydrogen complexes 査読

    Takei, I, Y Nishibayashi, Y Ishii, Y Mizobe, S Uemura, M Hidai

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   679 ( 1 )   32 - 42   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    Treatment of 1-trimethylsilyloxy-1-cyclohexene (1a) in the presence of a catalytic amount of the acidic dihydrogen complex [RuCl(eta(2)-H-2)(dppe)(2)]OTf (4a) [dppe-1,2-bis(diphenylphosphino)ethane, OTf = OSO2CF3] (10 mol.%) under I atm of H-2 in anhydrous ClCD2CD2Cl at 50 degreesC for 8 h afforded cyclohexanone (3a) and Me3SiH in quantitative NMR yields. Silyl enol ethers such as 1-triethylsilyloxy-1-cyclohexene (1b), 1-t-butyldimethylsilyloxy-1-cyclohexene (1c), and other trimethylsilylethers (Id, le, and If) reacted similarly with H-2 to afford the corresponding ketones and trialkylsilanes. The direct proton transfer from H-2 to the trimethylsilyl enol ethers (1a and Id-1f) was confirmed by the experiments employing D-2 gas, where alpha-monodeuterated ketones (3a' and 3d'-3f) were obtained in high yields. The enantioselective protonation of prochiral silyl enol ethers with I atm of H-2 by employing [RUCl(eta(2)-H-2)((S)-BINAP)(2)]OTf (4e) [BINAP = 2,2'-bis(diphenylphosphino)-1, 1'-binaphthyl] and [RUCl(eta(2)-H-2)((R, R)CHIRAPHOS)(2)]OTf (4f) [CHIRAPHOS = 2,3-bis(diphenylphosphino)butane] showed that no enantioselectivity was observed in either catalytic or stoichiometric protonation reactions under various reaction conditions. The reaction of [RuHCl(dppe)(2)] (5a) with one equivalent of Me3SiOTf under 1 atm of H-2 produced rapidly 4a, concurrent with the formation of Me3SiH. Based on these studies, the mechanism for this novel hydrogenolysis of silyl enol ethers is proposed which involves heterolytic cleavage of the coordinated H-2 on the ruthenium atom caused by the nucleophilic attack of the oxygen atom of enol ethers to give ketones and Me3SiOTf, and the subsequent reaction of the resultant complex 5a with Me3SiOTf under I atm of H-2 to regenerate the original dihydrogen complex 4a. On the other hand, the stoichiometric reaction of a lithium enolate 6e with one equivalent of 4e at -78 degreesC in CH2Cl2 under I atm of H-2 afforded 2-methyl-1-tetralone (3e) with 75% ee (S) in > 95% yield, together with the formation of [RuHCl((S)-BINAP)(2)] (5e). (C) 2003 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0022-328X(03)00470-4

    Web of Science

    researchmap

  • Syntheses, structures and solution behaviour of cyclotriphosphato complexes of Pd(II), Pt(II) and Pt(IV) 査読

    S Kamimura, S Kuwata, M Iwasaki, Y Ishii

    DALTON TRANSACTIONS   2003 ( 13 )   2666 - 2673   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The cyclotriphosphate ion (P3O93-) as a PPN [PPN = (Ph3P)(2)N+] salt reacted in CH2Cl2 at room temperature with the cationic solvated complexes of Pd(II) and Pt(II), [M(phosphine)(2)(Me2CO)(2)](2+) [M = Pd, Pt; phosphine = PPh3, PMePh2 1/2 Ph2P(CH2)(2)PPh2 (dppe), 1/2 Ph2P(CH2)(4)PPh2 (dppb)], to give the anionic P3O9 complexes (PPN)-[Pd(P3O9)(PPh3)(2)] (1), (PPN)[Pd(P3O9)(PMePh2)(2)] (2), (PPN)[Pt(P3O9)(PPh3)(2)] (3), (PPN)[Pt(P3O9)(PMePh2)(2)](4), (PPN)[Pt(P3O9)(dppe)] (5) and (PPN)[Pt(P3O9)(dppb)] (6). Crystallographic studies revealed that the P3O9 ligand in complexes 1-4 and 6 adopts a normal chair conformation and behaves as a pseudo-tridentate ligand with two normal M-O bonds and an additional weak M...O interaction. In 1 and 3, the terminal P3O9 oxygen atom weakly bound to the metal centre forms relatively strong intramolecular CH...O hydrogen bonds with the phosphine ligands. In contrast, the P3O9 ligand in 5 is bidentate and takes a pseudo-boat conformation. Complexes 1-6 are fluxional in solution and exhibit only one singlet due to the P3O9 ligand in the P-31-{H-1} NMR spectra at room temperature; the signals of complexes 4-6 split into two at -40 to -70 degreesC. The activation parameters for the fluxional behaviour of 6 were determined by the line shape analysis of the variable temperature P-31- {H-1} NMR spectra. The Pt(IV) complex (PPN)(2)[PtMe3(P3O9)] (7) was also synthesised and structurally characterised.

    DOI: 10.1039/b301223a

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis of ferromagnetic Mn-Pt nanoparticles from organometallic precursors 査読

    K Ono, R Okuda, Y Ishii, S Kamimura, M Oshima

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   107 ( 9 )   1941 - 1942   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    We have synthesized Mn-Pt nanoparticles using a chemical preparation based on a liquid-phase reaction caused by decomposition of organometallic precursors. The synthesized monodisperse Mn52.5Pt47.5 nanoparticles show an fcc crystalline structure and ferromagnetic properties even at the room temperature. Mn52.5Pt47.5, which is not ferromagnetic in a bulk form, shows a completely different physical property in nanoparticles.

    DOI: 10.1021/jp026898r

    Web of Science

    researchmap

  • Mono(sulfido)-bridged mixed-valence nitrosyl complex: protonation and oxidative addition of iodine across the Ir(II)-Ir(0) bond 査読

    T Hattori, S Matsukawa, S Kuwata, Y Ishii, M Hidai

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   2003 ( 4 )   510 - 511   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Treatment of [Cp*IrH(SH)(PMe3)] (CP* = eta(5)-C5Me5) with [IrCl2(NO)(PPh3)(2)] in the presence of triethylamine yielded the sulfido-bridged (IrIro)-Ir-II complex [Cp*Ir(PMe3)(mu-S)Ir(NO)(PPh3)], which further reacted with I-2 and triflic acid to give the diiodo complex [Cp*Ir(PMe3)(mu-I)(mu-S)IrI(NO)(PPh3)] and the hydrido complex [Cp*Ir(PMe3)(mu-H)(mu-S)Ir(NO)(PPh3)][OSO2CF3], respectively.

    Web of Science

    researchmap

  • Stepwise construction of a Re-Pd heterodinuclear core inside the cavity of p-tBu-calix[4]arene 査読

    K Iwasa, T Kochi, Y Ishii

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   42 ( 31 )   3658 - 3660   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    DOI: 10.1002/anie.200351530

    Web of Science

    researchmap

  • Sulfur-bridged early-late heterobimetallics synthesized by incorporation of titanium, vanadium, and molybdenum into bis(hydrosulfido) templates of group 9 metals 査読

    S Kuwata, T Nagano, A Matsubayashi, Y Ishii, M Hidai

    INORGANIC CHEMISTRY   41 ( 17 )   4324 - 4330   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Reactions of the bis(hydrosulfido) complexes [Cp*Rh(SH)(2)(PMe3)] (1a; Cp* = eta(5)-C5Me5) with [CpTiCl3] (Cp = eta(5)-C5H5) and [TiCl4(thf)(2)] in the presence of triethylamine led to the formation of the sulfido-bridged titanium-rhodium complexes [Cp*Rh(PMe3)(mu(2)-S)(2)TiClCp] (2a) and [Cp*Rh(PMe3)(mu(2)-S)(2)TiCl2] (3a), respectively. Complex 3a and its iridium analogue 3b were further converted into the bis(acetylacetonato) complexes [Cp*M(PMe3)(mu(2)-S)(2)Ti(acac)(2)] (4a, M = Rh; 4b, M = Ir) upon treatment with acetylacetone. The hydrosulfido complexes 1a and [Cp*Ir(SH)(2)(PMe3)] (1b) also reacted with [VCl3(thf)(3)] and [Mo(CO)(4)(nbd)] (nbd = 2,5-norbornadiene) to afford the cationic sulfido-bridged VM2 complexes [{Cp*M(PMe3)(mu(2)-S)(2)}(2)V](+) (5a(+), M = Rh; 5b(+), M = Ir) and the hydrosulfido-bridged MoM complexes [Cp*M(PMe3)(mu(2)-SH)(2)Mo(CO)(4)] (6a, M = Rh; 6b, M = Ir), respectively.

    DOI: 10.1021/ic020105y

    Web of Science

    researchmap

  • Syntheses and skeletal transformations of NCNH- and NCN-bridged tetrairidium(III) cages 査読

    Y Tanabe, S Kuwata, Y Ishii

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   124 ( 23 )   6528 - 6529   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    DOI: 10.1021/ja017436e

    Web of Science

    researchmap

  • Organometallic synthesis and magnetic properties of ferromagnetic Sm-Co nanoclusters 査読

    K Ono, Y Kakefuda, R Okuda, Y Ishii, S Kamimura, A Kitamura, M Oshima

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   91 ( 10 )   8480 - 8482   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    We have successfully prepared Sm-Co composite nanoclusters using liquid-phase organometallic synthesis. The chemical composition was determined by quantitative x-ray fluorescence analysis and it is found that the composition of synthesized Sm-Co nanoclusters was Sm poor while the Sm-Co nanoclusters with required composition could be obtained in starting from the excess Sm(acac)(3). From the transmission electron microscopy measurements, the Sm-Co nanoclusters have the uniform size with the diameter of 9 nm. The crystalline structure was fcc which is different from that of bulk SmCo alloy with the same Sm and Co content. The magnetic property was observed by superconducting quantum interference magnetometer and shows the ferromagnetic characteristics. (C) 2002 American Institute of Physics.

    DOI: 10.1063/1.1456407

    Web of Science

    researchmap

  • Sulfido-bridged IrRh2 clusters derived from (hydrogensulfido)iridium complexes and dirhodium fragment. Comparison between hydrido-hydrogensulfido and bis(hydrogensulfido) systems 査読

    A Matsubayashi, S Kuwata, Y Ishii, M Hidai

    CHEMISTRY LETTERS   2002 ( 4 )   460 - 461   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Treatment of [Rh(mu(2)-Cl)(cod)](2) (cod = 1,5-cyclooctadiene) with the hydrido-hydrogensulfido complex [Cp*IrH(SH)(PMe3)] (Cp* = eta(5)-C5Me5) in the presence of triethylamine afforded the hydrido-mono(sulfido) complex [Cp*Ir(PMe3)(mu(2)-H)(mu(3)-S){Rh(cod)}{RhCl(cod)}], whereas the corresponding reaction with the bis(hydrogensulfido) complex [Cp*Ir(SH)(2)(PMe3)] gave the bis(sulfido) complex [Cp*Ir(mu(3)-S)(2){Rh(cod)}(2)] with liberation of trimethylphosphine.

    Web of Science

    researchmap

  • Site-selective and stepwise complexation of two M(cod)(+) (M = Rh, Ir) fragments with calix[4]arene 査読

    Y Ishii, K Onaka, H Hirakawa, K Shiramizu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   2002 ( 10 )   1150 - 1151   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The reaction of [(cod)M(m-OMe)](2) (M = Rh, Ir; cod = cycloocta-1,5-diene) with calix[4]arenes (LH4) in the molar ratio of 0.5-0.6:1 gave the rhodium and iridium pi-arene complexes [(cod)M(eta(6)-LH3)], while that in the molar ratio of 1.1-1.5:1 (M = Rh) led to the selective formation of the dinuclear complexes [{(cod)Rh}(2)(eta(6):eta(2)-LH2)] in which one of the Rh(cod)(+) fragments is coordinated by an eta(6)-aryl group and the other by two phenolic oxygen atoms; the stepwise synthesis of the Rh-Ir heterobimetallic analogue of the latter complex was further achieved.

    DOI: 10.1039/b201992m

    Web of Science

    researchmap

  • Coordination behaviour of (diaryl disulfide)-bridged dinuclear thiairidaindan cores: ligand substitution by isocyanides, CO, hydrazines and hydroxylamine, and related reactions 査読

    S Matsukawa, S Kuwata, Y Ishii, M Hidai

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-DALTON TRANSACTIONS   2002 ( 13 )   2737 - 2746   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The diaryl disulfide ligand in the thiolato-bridged diiridium(III) complexes [{Ir(mu-SC6H4 - nMe(n)CH(2))Cl(PPh3)}(2)-(mu-ArSSAr)] [1a, n = 1, Ar = C6H3Me2-2,6 (Xy); 1b, n = 2, Ar = C6H2Me3-2,4,6 (Mes)] is readily substituted by isocyanides, CO, hydroxylamine and hydrazines to afford the bis(isocyanide), bis( carbonyl) and bis( hydroxylamine) complexes [Ir(mu-SC6H4 (-) nMenCH2)Cl(PPh3)(L)](2) (2a, n = 1, L = XyNC; 2b, n = 2, L = XyNC; 3a, n = 1, L = (BuNC)-N-t; 3b, n = 2, L = (BuNC)-N-t; 4a, n = 1, L = CO; 4b, n = 2, L = CO; 7a, n = 1, L = NH2OH; 7b, n = 2, L = NH2OH) and the bridging hydrazine complexes [{Ir(mu-SC6H4 (-) (n) MenCH2)Cl(PPh3)}(2)(mu-NH2NR2)] (5a, n = 1, R = H; 5b, n = 2, R = H; 6, n = 1, R = Me), respectively. On the other hand, the reaction of 1b with MeLi resulted in reductive cleavage of the disulfide bond to give the coordinatively unsaturated diiridium() complex [Ir(mu-SC6H2Me2CH2)(SMes)(PPh3)](2) (8), which was further converted into the bis( carbonyl) complex [Ir(mu-SC6H2Me2CH2)(SMes)(PPh3)(CO)](2) (9) upon addition of CO. Treatment of 2b with AgPF6 led to the formation of the difluorophosphato-bridged complex [{Ir(mu-SC6H2Me2CH2)(PPh3)(XyNC)}(2)(mu-PF2O2)][PF6] (10). The structures of the thiairidaindan complexes 2b, 4a, 5a, 7a and 8-10 have been determined by X-ray crystallography.

    DOI: 10.1039/b201591a

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis of TiRu2 Heterobimetallic and TiRuM (M = Rh, Ir, Pd, Pt) Heterotrimetallic Sulfido Clusters from a Hydrosulfido-Bridged Titanium–Ruthenium Complex 査読

    S. Kuwata, S. Kabashima, N. Sugiyama, Y. Ishii, M. Hidai

    Inorg. Chem.   40 ( 9 )   2034 - 2040   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • A Ti2Ru2Pd2 oxo-sulfido cluster synthesized by linking two rationally preorganized TiRuPdS2 heterotrimetallic units with an oxo ligand: Its reaction with an alkyne 査読

    S Kuwata, S Kabashima, Y Ishii, M Hidai

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   123 ( 16 )   3826 - 3827   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Ruthenium-Catalyzed Propargylic Alkylation of Propargylic Alcohols with Ketones: Straightforward Synthesis of γ-Keto Acetylenes 査読

    Y. Nishibayashi, I. Wakiji, Y. Ishii, S. Uemura, M. Hidai

    J. Am. Chem. Soc.   123 ( 14 )   3393 - 3394   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Carbonylation reactions catalyzed by homogeneous Pd-Co bimetallic systems 査読

    Y Ishii, M Hidai

    CATALYSIS TODAY   66 ( 1 )   53 - 61   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The PdCl2(PPh3)(2)-Co-2(CO)(8) bimetallic catalyst was found to be effective for the carbonylation of ArI with CO/HSiEt3 to give benzyl silyl ethers as the major product, although neither PdCl2(PPh3)(2) nor Co-2(CO)(8) alone was catalytically active. Addition of NEt3 to the reaction system changed the distribution of the carbonylation products, where 1,2-diaryl-1,2-disiloxyethanes were obtained predominantly. The former reaction is suggested to proceed via the aldehyde intermediate, while a mechanism involving the aroylcobalt complex (ArCO)Co(CO)(3)(PPh3) formed by way of a Pd-Co bimetallic complex is proposed for the latter reaction. On the other hand, PdCl2(PCy3)(2) was found to work as a selective catalyst for the hydroformylation of internal alkynes to give the corresponding alpha,beta -unsaturated aldehydes, and the combined use of PdCl2(PCy3)(2) and Co-2(CO)(8) remarkably improved the catalytic activity with little change of the selectivity. Regio- and chemoselective hydroformylation of alkynes was achieved by using the PdCl2(PCy3)(2) and PdCl2(PCy3)(2)-Co-2(CO)(8) catalysts. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and structures of heterobimetallic Ir2M (M=Pd, Pt) sulfido clusters and their catalytic activity for regioselective addition of alcohols to internal 1-aryl-1-alkynes 査読

    D Masui, T Kochi, Z Tang, Y Ishii, Y Mizobe, M Hidai

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   620 ( 1-2 )   69 - 79   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    The heterobimetallic trinuclear sulfido clusters [(Cp*Ir)(2)(mu (3)-S)(2)MCl2] (M = Pd (3), Pt (4); Cp* = eta (5)-C5Me5) were synthesized from the dinuclear hydrogensulfido complex [Cp*IrCl(mu -SH)(2)IrCp*Cl] (2) and [MCl2(COD)] (COD = cycloocta-1,5-diene), while the reaction of 2 with [Pd(PPh3)(4)] afforded the cationic trinuclear cluster [(Cp*Ir)(2)(mu (3)-S)(2)PdCl(PPh3)]Cl (5). Clusters 3 and 4 reacted with PPh3 to give a series of mono and dicationic clusters including 5, while the dicationic clusters [(Cp*Ir)(2)(mu (3)-S)(2)M(dppe)][BPh4](2) (M = Pd (9), Pt (10); dppe = Ph2PCH2CH2PPh2) were obtained by the reaction with dppe followed by anion metathesis. The molecular structures of 5 . CH2Cl2, 9 . CH3COCH3, and 10 . CH3COCH3 were determined by X-ray crystallography. Clusters 3 and 4 were found to catalyze the addition of alcohols to alkynes to give the corresponding acetals. Internal 1-aryl-1-alkynes were transformed by cluster 3 into the corresponding 2,2-dialkoxy-1-arylalkanes with high regioselectivity up to 99:1, while cluster 4 was a much less regioselective catalyst. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis, Structure, and Reactivities of the Five-coordinate Mo(0) Mono(acetylene) Complex [Mo(HCΞCH)(dppe)2] 査読

    H. Ishino, S. Kuwata, Y. Ishii, M. Hidai

    Organometallics   20 ( 1 )   13 - 15   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/om0007623

    Web of Science

    researchmap

  • Syntheses, structures, and reactivities of heterobimetallic bridging dinitrogen complexes containing group 6 and group 4 or 5 transition metals 査読

    H Ishino, T Nagano, S Kuwata, Y Yokobayashi, Y Ishii, M Hidai

    ORGANOMETALLICS   20 ( 1 )   188 - 198   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    A series of heterobimetallic dinitrogen complexes containing group 6 and group 4 or 5 transition metals were synthesized by the reaction of the tungsten or molybdenum dinitrogen complexes cis-[W(N(2))(2)(PMe(2)Ph)(4)] (1) and trans-[M(N(2))(2)(dppe)(2)] (2) (M = W, Mo) with group 4 or group 5 compounds such as [CpTiCl(3)], [Cp(2)M'Cl(2)] (M' = Ti, Zr, Hf), or [Cp'M'Cl(4)] (Cp' = Cp, Cp*; M' = Nb, Ta). Crystallographic studies of the complexes thus obtained including [WCl(PMe(2)Ph)(4)(mu -N(2))TiCpCl(2)] and [WCl(PMe(2)Ph)(4)(mu -N(2))NbCpCl(3)] revealed that the M-N-N-M' core is essentially linear, and the N-N bond is regarded to have the formal bond order of 2. Several mu -N(2) complexes with methyl ligands at the group 4 or 5 metal center were also obtained through the reaction of dinitrogen complexes 1 and 2a (M = W) with the methyl complexes [Cp(2)ZrMeCl], [TaMe(3)Cl(2)], and [NbMe(3)Cl(3)]. The reaction of the complex [WCl(dppe)(2)(mu -N(2))TiCpCl(2)] with Li(2)S(5) afforded the eta (2)-pentasulfido complex [WCl(dppe)(2)(mu -N(2))TiCpS(5)], where the eta (2)-S(5) ligand forms a six-membered chelate ring with the chair conformation. Protonation of the mu -N(2) complexes having PMe(2)Ph ligands gave NH(3) in moderate yield, concurrent with the formation of a small amount of NH(2)NH(2).

    DOI: 10.1021/om000684j

    Web of Science

    researchmap

  • Ruthenium-catalysed asymmetric hydrosilylation of ketoximes using chiral oxazolinylferrocenylphosphines 査読

    Takei, I, Y Nishibayashi, Y Ishii, Y Mizobe, S Uemura, M Hidai

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   2001 ( 22 )   2360 - 2361   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Chiral ruthenium(II) complexes, RuCl2(PPh3)(oxazolinylferrocenylphosphine), have been found to be effective catalysts for asymmetric hydrosilylation of ketoximes to give the corresponding primary amines in good yields with high enantioselectivities (up to 89% ee) after acid hydrolysis.

    Web of Science

    researchmap

  • Sulfido-bridged titanium-iridium heterobimetallic complexes derived from an iridium hydrosulfido complex 査読

    T Nagano, S Kuwata, Y Ishii, M Hidai

    ORGANOMETALLICS   19 ( 20 )   4176 - 4178   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Reactions of [Cp*Ir(SH)(2)(PMe3)] (1; Cp* = eta(5)-C5Me5) with [CpTiCl3](Cp = eta(5)-C5H5) and [TiCl4(thf)(2)] in the presence of triethylamine afforded the sulfido-bridged titanium-iridium heterobimetallic complexes [CpTiCl(mu(2)-S)(2)Ir-(PMe3)Cp*] (2) and [TiCl2(mu(2)-S)(2)Ir(PMe3)Cp*] (3), respectively.

    DOI: 10.1021/om000417d

    Web of Science

    researchmap

  • Reactions of Cationic Dirhodium and Diiridium Complexes [Cp*M(μ-Cl)(μ-SPri)2MCp*][OTf] (M = Rh, Ir) with Terminal Alkynes. Comparison with the Diruthenium System 査読

    Y. Ishii

    J. Organomet. Chem.   599 ( 2 )   221 - 231   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and characterization of mixed-metal sulfide clusters with the cubane-type PtMo3S4 core 査読

    D Masui, Y Ishii, M Hidai

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   73 ( 4 )   931 - 938   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The reaction of the incomplete cubane-type duster [Mo-3(mu(3)-S)(mu-S)(3)(H2O)(9)]Cl-4 (1) and [Pt(dba)(2)] (dba = 1,5-diphenyl-1,4-pentadien-3-one) in MeOH gave a brown precipitate (4) that contains platinum and molybdenum in the atomic ratio of 1 :3. Further treatment of 4 with 3 equiv of dppe (dppe = 1, 2-bis(diphenylphosphino)ethane) gave the cubane type cluster [PtMo3(mu(3)-S)(4)Cl-4(dppc)(3)] (5) in 37% yield, whose molecular structure was unambiguously characterized by X-ray diffraction study of 5.2CH(2)ClCH(2)Cl.2H(2)O. A similar reaction of 4 with 4 equiv of dppe afforded the cationic cluster [PtMo3(mu(3)-S)(4)Cl-3(dppe)(4)]Cl (6) in 29% yield, which was characterized spectroscopically. The Pd-Mo and Ni-Mo analogues of the above Pt-Mo clusters, [PdMo3(mu(3)-S)(4)Cl .(dppe)(4)]Cl . CH2Cl2 (7) and [NiMo3(mu(3) -S)(4)Cl-4(dppe)(3)] (8), were also synthesized by the reactions of the corresponding aqua clusters with dppe.

    Web of Science

    researchmap

  • Reaction Mechanism of the C≡N Triple Bond Cleavage of β-Ketonitriles on a Molybdenum(0) Center 査読

    Y. Tanabe, H. Seino, Y. Ishii, M. Hidai

    J. Am. Chem. Soc.   122 ( 8 )   1690 - 1699   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Rh4S7 and Ir3CuS6 clusters with di- and trisulfido ligands derived from dinuclear hydrogensulfido complexes 査読

    T Kochi, Y Tanabe, Z Tang, Y Ishii, M Hidai

    CHEMISTRY LETTERS   1999 ( 12 )   1279 - 1280   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Reactions of the dinuclear hydrogensulfido-bridged complexes [Cp*MCl(mu-SH)(2)MClCp*] (M = Rh, Ir) with CuCl2. 2H(2)O lead to formation of Rh4S7 and Ir3CuS6 clusters [(Cp*Rh)(4)(mu(3)-S-2)(2)(mu(4)-S-3)][CuCl2](2) and [(Cp*Ir)(3)(mu(3)-S-2)(3)(CuCl2)][CuCl2] through the oxidative S-S bond formation, the former of which contains a trisulfido ligand of the unprecedented mu(4)-eta(2):eta(1):eta(1):eta(1) coordination mode.

    Web of Science

    researchmap

  • A New Vitamin E (α-Tocomonoenol) from Eggs of the Pacific Salmon Oncorhynchus Keta 査読

    Y. Yamamoto, N. Maita, A. Fujisawa, J. Takashima, Y. Ishii, W. C. Dunlap

    J. Natural Products   62 ( 12 )   1685 - 1687   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Agostic interaction in formally five-coordinate hydridobis[1,3-bis(diphenylphosphino)propane]ruthenium(II) ion 査読

    M Saburi, T Fujii, T Shibusawa, D Masui, Y Ishii

    CHEMISTRY LETTERS   1999 ( 12 )   1343 - 1344   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The molecular structures of [RuH(dppp)(2)](+) (1) and [RuH{OC(CH3)(2)}(dPPe)(2)](+) (2) ions in the PF6- salts were determined by the X-ray crystallography. 1 involves the agostic interaction between the ortho C-H bond of a phenyl group of the dppp ligands and the formally unsaturated Ru center, and takes the cis geometry, where the terminal hydride and the agostic C-H moiety occupy the adjacent sites to each other. 2 adopts a typical octahedral six-coordinate structure with a coordinating acetone molecule trans to the hydride.

    Web of Science

    researchmap

  • Hydrodesulfurization of benzothiophene over zeolite-supported catalysts prepared from Mo and Mo-Ni sulfide clusters 査読

    M Taniguchi, D Imamura, H Ishige, Y Ishii, T Murata, M Hidai, T Tatsumi

    JOURNAL OF CATALYSIS   187 ( 1 )   139 - 150   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC  

    Molybdenum sulfide cluster [Mo3S4(H2O)(9)](4+) and nickel-molybdenum bimetallic sulfide cluster [Mo3NiS4Cl(H2O)(9)](3+) were incorporated into zeolites NaY, HUSY, NaH beta, Na-mordenite (NaMOR), and KL by aqueous ion exchange. EXAFS data revealed that the structure of the molybdenum sulfide cluster remained virtually intact after ion exchange, However, the incomplete cubane-type structure of the cluster might be lost after thermal treatment at 573 K. The structure of the cluster in Mo3S4/NaY and Mo3S4/KL seems to have changed to the MoS2-like structure through the hydrodesulfurization (HDS) reaction, although a considerably high level of dispersion was kept. Mo3S4 cluster catalysts loaded on NaMOR and KL exhibited a higher level of activity for HDS of benzothiophene than Mo3S4 catalysts loaded on the other zeolites. Benzene was formed through acid-catalyzed dealkylation of ethylbenzene, the primary HDS product. Alkylation of benzothiophene with alkenes derived from the cracking of decane as the solvent also occurred, The acidity seems to be produced through the ion exchange and reduction of cationic clusters during activation. Over HUSY- and NaH beta-supported catalysts benzene was the major HDS product, Nickel incorporation into the Mo3S4 zeolite catalysts remarkably enhanced the HDS activity. Introduction of the Mo3NiS4 core into zeolite as a precursor resulted in catalysts with higher HDS activity than that of Mo3S4 core and Ni2+ independently; it is conceivable that the intimate interaction between nickel and molybdenum in the precursor is effective at producing active species. (C) 1999 Academic Press.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and Reactivities of Ir2Ru Heterobimetallic Sulfido Clusters Derived from a Hydrosulfido-Bridged Diiridium Complex 査読

    T. Kochi, Y. Nomura, Z. Tang, Y. Ishii, Y. Mizobe, M. Hidai

    J. Chem. Soc, Dalton Trans.   1999 ( 15 )   2575 - 2582   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Preparation of cationic dinuclear hydride complexes of ruthenium, rhodium, and iridium with bridging thiolate ligands and their reactions with nitrosobenzene 査読

    T Iwasa, H Shimada, A Takami, H Matsuzaka, Y Ishii, M Hidai

    INORGANIC CHEMISTRY   38 ( 12 )   2851 - 2859   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    A series of cationic dinuclear hydride complexes with bridging thiolato ligands [Cp*MH(mu-SPri)(2)MCp*] [OTf] (4, M = Ru; 6a, M = Rh; 7a, M = Ir; Cp* = eta(5)-C5Me5, OTf = OSO2CS) were synthesized by treatment of the corresponding chloro complexes [Cp*RuCl(mu-SPri)(2)Ru(OH2)Cp*][OTf] (1) or [Cp*M(mu-Cl)(mu-SPri)(2)MCp*] [OTf] (2, M = Rh; 3, M = Ir) with HSiEt3. The dirhodium and diiridium complexes 6 and 7 have been shown to possess a bridging hydride ligand by crystallographic analysis, while the diruthenium complex 4 is proposed to have a terminal hydride ligand that undergoes facile migration between the two ruthenium centers in solution. Complexes 4, 6a, and 7a reacted with nitrosobenzene to give the paramagnetic dinuclear nitrosobenzene complexes [Cp*M(mu-PhNO)(mu-sPr(i))(2)MCp*](+) (M = Ru, Rh, Ir) along with azoxybenzene. The molecular structures of the three nitrosobenzene complexes have been determined by X-ray diffraction study to reveal that in each case nitrosobenzene acts as a mu-eta(1):eta(1)-N,O ligand. Judging from the molecular structures and the ESR spectra, the unpaired electron is considered to be located mainly on the nitrosobenzene ligand, at least in the diruthenium and dirhodium complexes. On the other hand, complex 2 reacted with nitrosobenzene to give the incomplete cubane-type trinuclear cluster [(Cp"Rh)(3)(mu-Cl)(2)(mu(3)-S)(mu-SPri)](+), whose molecular structure has also been determined crystallographically.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and structures of tungsten (1-pyridinio)imido complexes and their facile N-N bond cleavage 査読

    H Ishino, S Tokunaga, H Seino, Y Ishii, M Hidai

    INORGANIC CHEMISTRY   38 ( 10 )   2489 - 2496   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The tungsten (1-pyridinio)imido complexes [WX(2)(NNC(5)H(4)OMe)(L)(PMe(2)Ph)(2)](+), [WX(2)(NNC(5)H(2)Me(3))(L)(PMe(2)Ph)(2)](+), and [WCl(2){NNC(5)H(2)(COOEt)(2)Ph}(L)(PMe(2)Ph)(2)](+) (X = Cl, Br; L = CO, C(2)H(4), PMe(2)Ph) were synthesized by the reaction of the salts of pyrylium cations with the hydrazido complexes [WX(2)(NNH(2))(L)(PMe(2)Ph)(2)], which were derived from the dinitrogen complex cis-[W(N(2))(2)(PMe(2)Ph)(4)]. The complexes obtained were characterized by spectroscopic measurements as well as crystallographic studies of cis,mer-[WBr(2)(NNC(5)H(4)OMe-4)(PMe(2)Ph)(3)][PF(6)], cis, trans-[WCl(2)(NNC(5)H(4)OMe-4)(CO)(PMe(2)Ph)(2)][ClO(4)], cis, trans- [WCl(2)(NNC(5)H(2)Me(3)-2,4,6)(CO)(PMe(2)Ph)(2)][OTf] (OTf = OSO(2)CF(3)), and cis,trans-[WCl(2)(NNC(5)H(4)OMe-4)(C(2)H(4))(PMe(2)Ph)(2)][ClO(4)], which revealed that the N-N bond distances of these (1-pyridinio)imido complexes are shorter than those of the trialkyl- or unsubstituted hydrazidium complexes so far reported. The (1-pyridinio)imido complexes with a pi-acidic ligand (CO or C(2)H(4)) undervent smooth N-N bond cleavage on reaction with cobaltocene under ambient conditions to liberate the pyridines in moderate to high yields. In some reactions that were conducted in the presence of HNEt(3)-Cl, the corresponding imido (NH) complexes were recovered as the metal products. The (1-pyridinio)imido complexes also reacted with KOH in MeOH to give the pyridines and ammonia in high yields. These reactions provide the first examples of N-N bond cleavage of well-defined hydrazidium complexes and accomplish the synthesis of pyridines from molecular nitrogen under mild conditions.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and reductive N-N bond cleavage of neutral and cationic titanium (1-pyridinio)imido complexes 査読

    M Retboll, Y Ishii, M Hidai

    ORGANOMETALLICS   18 ( 2 )   150 - 155   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Novel (1-pyridinio)imidotitanium(IV) complexes [Cp'TiCl2(NNC5H3R2-2,6)] (3a, Cp' = Cp, R = H; 3b, Cp' = Cp, R = Me; 3c, Cp' = Cp*, R = Me) were synthesized in high yield from [Cp'TiCl3] and [NH2NC5H3R2-2,6][PF6] in the presence of base. Complex 3b could also be prepared from [Cp2TiCl2] and [NH2NC5H3Me2-2,6][PF6] in the presence of 1 equiv of BuLi. Cationic complexes [Cp*Ti(OTf)(NNC5H3Me2-2,6)(bpy)][OTf] (bpy = 2,2'-bipyridine) (4) and [Cp*Ti(NNC5H3Me2-2,6)(terpy)][OTf](2) (terpy = 2,2':6',2 "-terpyridine) (5) were derived from 3c through reaction with AgOTf in the presence of bpy and terpy, respectively. The structures of complexes 3a, 3b, 3c, and 5 were determined by X-ray crystallography. The N-N bond of 3a-c could be cleaved by reduction with sodium amalgam, liberating the corresponding pyridines in high yield, while the N-N bond in 4 and 5 could be reductively cleaved by cobaltocene in moderate yield. The N-N bond in 3a-c could also be cleaved by cobaltocene in the presence of a proton analogue like Me3SiCl.

    Web of Science

    researchmap

  • Selective N-N and W-N Bond Cleavage of Tungsten Pyrrolylimido Complexes Derived from Tungsten Dinitrogen Complex 査読

    Takao Sasagawa, Hidetake Seino, Youichi Ishii, Yasushi Mizobe, Masanobu Hidai

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   72 ( 3 )   425 - 432   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Treatment of the pyrrolylimido complexes cis,trons-[WX2(NNCH=CIICHL=CH)(L)(PMe2Ph)(2)] (X = Cl, Br, l; L = PMe2Ph (6), CNBu', CO, PhC CH. PhCHO, Br) with LiAlH4 or KOH produced pyrrole, 1-aminopyrrole, and ammonia, where both the reacnon conditions and the nature of the ligand L showed significant effects on the pyrrole/l-aminopyrrole selectivity. Thus, reduction of cis,trans-[WBr2(NNCH=CHCH=CH)(CNBu'(PMe2Ph)(2)] with LiAlH4 followed by methanolysis gave pyrrole and ammonia in almost quantitative yields. On the other hand, l-aminopyrrole was quantitatively produced from the complexes by the reaction of KOH in alcohol when L = CO, PhC.ECH, or PhCHO. While analogous treatment of 6 with KOH in ethanol afforded both pyrrole and 1-aminopyrrole with low selectivity under N-2 atmosphere, 1-aminopyrrole was produced from 6 in excellent yield under 1 atm of CO. On the contrary, pyrrole and ammonia were selectively formed from the reaction of 6b (X = Br) with KOH/18-crown-6 ether in THF. Replacement of one of the PMe2Ph ligands in the diazoalkane complex cis,mer-WBr2(NN=CMeCH2CH2COMe)(PMe2Ph)(3)] (12) by CO or CNBu' facilitated the cyclization of the diazoalkane ligand to provide the (2,5-dimethylpyrrolyl)imido complexes cis,trans[WBr2(NN=CHCH=CMe)(L)(PMe2Ph)(2)] (L = CO 14 L = CNBu' 15), although complex 12 failed to undergo the ring closure by aqueous HBr. 2,5-Dimethylpyrrole and 1-amino-2,5-dimethylpyrrole were selectively obtained by LiAlH4 reduction of 15 and by treatment of 14 with KOH in EtOH, respectively.

    Web of Science

    researchmap

  • Dinuclear pyridine-1-imine-bridged rhodium(III) complexes. Intramolecular carbon-hydrogen bond activation 査読

    M Retboll, Y Ishii, M Hidai

    CHEMISTRY LETTERS   1998 ( 12 )   1217 - 1218   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Novel dinuclear pyridine-l-imine Rh(III) complexes [Cp*Rh(mu(2)-Cl) {mu(2)-NHNC5H4(4-Me)}(2)RhCp*]Cl[PF6](2) (3) and [Cp*Rh(mu(2)-Cl) {mu(2)-NHNC5H3(2-CH2)(6-Me)}RhCl-Cp*][PF6] (4) were synthesized by the reaction of [Cp*RhCl2](2) with [NH2NC5H4(4-Me)][PF6] and [NH2-NC5H3(2,6-Me-2)][PF6], respectively, in the presence of a base. The formation of 4 involves C(sp(3))-H bond activation at the benzylic position of a pyridine-1-imine ligand.

    Web of Science

    researchmap

  • Syntheses of tungsten diazoalkane complexes from a dinitrogen complex and diketones. Conversion of molecular nitrogen into pyrazoles via the diazoalkane complexes as intermediates 査読

    Y Harada, Y Mizobe, Y Ishii, M Hidai

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   71 ( 11 )   2701 - 2708   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The hydrazido(2-) complexes [WCl2(NNH2)(L)(PMe2Ph)(2)] (L = PMe2Ph, CO), derived from the dinitrogen complex cis-[W(N-2)(2)(PMe2Ph)(4)] (1), reacted with beta-diketones (RCOCHRCOR3)-C-1-C-2 (R-1 = Me, Bu-t, Ph; R-2 = H, Me; R-3 = Me, Et, Bu-t, Ph) to afford a series of diazoalkane complexes [WCl2(NN=(CRCHRCOR3)-C-1-C-2)(L)(PMe2Ph)(2)]. The detailed structure of cis,mer-[WCl2(NN=CMeCH2COPh)(PMe2Ph)(3)] has been determined by X-ray analyses. These diazoalkane complexes were treated with a KOH/EtOH mixture to produce pyrazoles in moderate yields, whereas the reaction of 1 with a MeCOCH2COPh/KOH/EtOH mixture resulted in the direct formation of 5-methyl-3-phenylpyrazole.

    Web of Science

    researchmap

  • Head-to-head Z dimerization of terminal alkynes catalyzed by thiolate-bridged diruthenium complexes 査読

    JP Qu, D Masui, Y Ishii, M Hidai

    CHEMISTRY LETTERS   1998 ( 10 )   1003 - 1004   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The thiolate-bridged diruthenium complexes [Cp*RuCl(mu-SR)(2)RuCp*Cl] (R = Me, Et, Pr-n) were found to be effective and highly selective catalysts for the head-to-head Z dimerization of various terminal alkynes including straight-chain aliphatic alkynes and those with functional groups.

    Web of Science

    researchmap

  • Reactivities of the Coordinated Organonitriles in Molybdenum (0) and Tungsten (0) Phosphine Complexes: Protonation of the Nitrile Carbon and Cleavage of the C≡N Triple Bond 査読

    H. Seino, Y. Tanabe, Y. Ishii, M. Hidai

    Inorg. Chim. Acta   280 ( 1-2 )   163 - 171   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0020-1693(98)00060-7

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and Reactivities of the Indenyl-Ruthenium Cluster [(η5-C9H7)Ru(μ-SEt)]3. Indenyl Effect in the Trinuclear Ruthenium Cluster 査読

    T. Sato, M. Nishio, Y. Ishii, H. Yamazaki, M. Hidai

    J. Organomet. Chem.   569 ( 1-2 )   99 - 108   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Metal-Metal Bonding in Pentanuclear Bow-tie Metal Sulfido Clusters. Synthetic and Structural Studies on the Cationic Pentanuclear Clusters [(Cp*Ir)23-S)2(IrCp*)2]n+ (M = Fe, Co, Ni; n = 1, 2) 査読

    Z. Tang, Y. Nomura, S. Kuwata, Y. Ishii, Y. Mizobe, M. Hidai

    Inorg. Chem.   37 ( 19 )   4909 - 4920   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and molecular structure of tetranuclear tungsten-gallium complexes with bridging dinitrogen ligands 査読

    K Takagahara, H Ishino, Y Ishii, M Hidai

    CHEMISTRY LETTERS   1998 ( 9 )   897 - 898   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The dinitrogen complex cis-[W(N-2)(2)(PMe2Ph)(4)] reacted with Ga2Cl4 or GaX3 (X = Cl, Br) to form tetranuclear tungsten-gallium complexes with mu(3)-eta(1):eta(1):eta(1)-N-2 ligands, trans, trans- [{WX(PMe2Ph)(4)(mu(3)-N-2)}(2)(GaX2)(2)] (3). The molecular structure of complex 3a (X = Cl) has been determined by X-ray diffraction study.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and characterization of mononuclear and dinuclear ruthenium complexes with tris(2-pyridylmethyl)amine and tris(5-methyl-2-pyridylmethyl)amine 査読

    T Kojima, T Amano, Y Ishii, M Ohba, Y Okaue, Y Matsuda

    INORGANIC CHEMISTRY   37 ( 16 )   4076 - 4085   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Novel Ru(II) and Ru(III) complexes having TPA (tris(2-pyridylmethyl)amine, L1) and 5-Me-3-TPA (tris(5-methyl-2-pyridylmethyl)amine, L2) were prepared to establish their synthetic routes and to elucidate coordination geometry and interactions between tightly bound tripodal tetradentate ligands and (RuRuIII)-Ru-II/ centers. They include mononuclear Ru(II) complexes [RuCl(DMSO)(L)]ClO4 (1 (L1), 2 (L2)), dinuclear bis-mu-chloro Ru(LI) complexes [RuCl(L)](2)(ClO4)(2) (3 (L1), 4 (L2)), and mononuclear Ru(III) complexes [RuCl2(L)]ClO4 (5 (L1), 6 (L2)). They were characterized by X-ray crystallography (for 2, 3, and 5), H-1 NMR spectroscopy, and cyclic voltammetry. For compound 2, the crystal structure was determined to possess S-bound DMSO ligand which was trans to pyridine and Cl- trans to the tertiary amino group of L2, and this isomer was obtained exclusively. Complex 1 was also isolated as a single isomer. Complex 3 was revealed to be a dinuclear bis-mu-chloro Ru(II) species with the center of symmetry midway between two Cl-. H-1 NMR spectra of Ru(II) complexes 1-4, the molecular structure of 2, and comparison of the molecular structure of 3 with 5 suggest that the interaction between the Ru(II) center, pyridyl moieties, and the DMSO ligand is strengthened by pi-back-bonding from the Ru(II) center to the ligands in addition to sigma-bonding of the tertiary amino group. Electrochemical measurements on 1-6 in CH3CN revealed that the methyl groups on pyridyl rings exert electron-donating effects onto the Ru centers to lower each redox process and such effect strengthens the Ru-S bonding in 2 compared with that in 1, accommodating ct-back-bonding from Ru(II) center to other pi-acceptors such as DMSO in 2 enough to prevent isomerization of DMSO binding mode. The dinuclear complexes 3 and 4 showed relatively large comproportionation constants, which suggest mixed-valent (RuRuIII)-Ru-II states would be stabilized.

    Web of Science

    researchmap

  • Regioselective addition of alcohols to internal 1-aryl-1-alkynes catalyzed by a triangular heterobimetallic Ir2Pd sulfide cluster 査読

    D Masui, Y Ishii, M Hidai

    CHEMISTRY LETTERS   1998 ( 8 )   717 - 718   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The triangular heterobimetallic sulfide cluster [(Cp*Ir)(2)(mu(3)-S)(2)PdCl2] prepared from [PdCl2(cod)] and [Cp*IrCl(mu-SH)(2)IrCp*Cl] was found to catalyze the addition of alcohols to alkynes to give the corresponding ketals. In particular, internal 1-aryl-1-alkynes were transformed into the corresponding 2,2-dialkoxy-1-arylalkanes with high regioselectivity. The analogous Ir2PtS2 cluster proved to be much less selective.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis of boryldiazenido complexes from tungsten dinitrogen complexes 査読

    H Ishino, Y Ishii, M Hidai

    CHEMISTRY LETTERS   1998 ( 7 )   677 - 678   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The anionic tungsten dinitrogen complex trans-[NBu4][W(NCS)(N-2)(dppe)(2)] reacted with primary and secondary boranes to give the corresponding boryldiazenido complexes, among which trans-[W(NCS)(N=NBHCMe2CHMe2)(dPPe)(2)] was structurally determined. A related boryldiazenido complex was also obtained by the reaction of trans-[W(N-2)(2)(dppe)(2)] with 9-borabicyclo[3.3.1]nonyl trifluoromethanesulfonate. These reactions provide the first examples of boration of coordinated dinitrogen.

    Web of Science

    researchmap

  • Syntheses, Structures and Properties of Hydrosulfido-Bridged Diiridium and Dirhodium Complexes, [Cp*MCl(μ2-SH)2MCp*Cl] and [Cp*M(μ2-SH)3MCp*] (M = Ir, Rh; Cp* = η5-C5Me5) 査読

    Z. Tang, Y. Nomura, Y. Ishii, Y. Mizobe, M. Hidai

    Inorg. Chem. Acta,   267 ( 1 )   73 - 79   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Effectiveness of Mo-Ni sulfide clusters in the preparation of zeolite-supported hydrodesulfurization catalysts 査読

    T Tatsumi, M Taniguchi, H Ishige, Y Ishii, T Murata, M Hidai

    APPLIED SURFACE SCIENCE   121 ( 122 )   500 - 504   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The molybdenum sulfide cluster [Mo3S4(H2O)(9)](4+) (1) and the nickel-molybdenum bimetallic sulfide cluster [Mo3NiS4Cl(H(2)0)(9)](3+) (2) were incorporated into zeolites NaY, HUSY, KL, NaMOR and NaH beta by aqueous ion-exchange, The catalysts supported on KL and NaMOR exhibited a higher activity for hydrodesulfurization (HDS) of benzothiophene than catalysts supported on other zeolites. Nickel incorporation into Mo/zeolite catalysts enhanced the HDS activity remarkably. ?he catalysts prepared by ion-exchanging zeolites with 2 were more active in the HDS reaction than the catalysts prepared by ion-exchanging 1/zeolite with nickel nitrate solution; the presence of the Mo-S-Ni linkage in 2 will be effective for producing active HDS species. (C) 1997 Elsevier Science B.V.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and reactivities of cationic diruthenium complexes with terminal vinylidene ligands. Hydration and novel cyclization of acetylenes on the diruthenium center 査読

    Y Takagi, H Matsuzaka, Y Ishii, M Hidai

    ORGANOMETALLICS   16 ( 20 )   4445 - 4452   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The cationic diruthenium complexes with a terminal vinylidene ligand [Cp*RuCl(mu(2)-SPri)(2)-Ru(=C=CHR)Cp*][OTf] (3a, R = COOMe; 3b, R = COMe; 3c, R = H; Cp* = eta(5)-C5Me5, OTf = OSO2CF3) were obtained in high yields by the reaction of [Cp*RuCl(mu(2)-SPri)(2)Ru(OH2)Cp*][OTf] with HC=CR. Hydration of 3a and 3b gave the carbonyl complex [Cp*RuCl(mu(2)-SPri)(2)Ru(CO)Cp*][OTf] and CH3R in almost quantitative yields, while the reaction of 3c with water gave the mu(2)-acetyl complex [Cp*RuCl(mu(2)-SPri)(2){mu(2)-C(=O)Me}RuCp*][OTf] (5). A reaction mechanism for the former reactions is proposed, which includes hydration of the vinylidene ligands to form the mu(2)-beta-ketoacetyl complexes with a six-membered dimetallacyclic structure [Cp*Ru(mu(2)-SPri)(2)(eta(1):eta(1)-mu(2)-mu(2)-COCH2COR')RuCp*](+) (R' = OMe, Me) and the following decarbonylation reaction of the mu(2)-COCH2COR' ligand on the bimetallic center to produce the carbonyl complex and CH3COR' via the enolato-carbonyl complexes [Cp*Ru(CO)(mu(2)-SPri)(2)Ru(OCR'=CH2)Cp*](+). In accordance with this mechanism, the reaction of 3a with MeOH afforded [Cp*Ru(mu(2)-SPri)(2){eta(1):eta(1)-mu(2)-C(OMe)=CHCOOMe}RuCp][OTf] (7). Complexes 3a and 3b reacted with p-tolylacetylene to form the dinuclear metallacyclic complexes 9a and 9b [Cp*Ru(mu(2)-SPri)(2){eta(1):eta(1)-mu(2)-C(Tol)=CCCH=C(R')O}RuCp][OTf] (9a, R' = OMe; 9b, R' = Me), respectively. The structures of 3b, 5, 7, and 9a have been determined by X-ray crystallography.

    Web of Science

    researchmap

  • Selective hydroformylation of internal acetylenes by PdCl2(PCy3)(2): Remarkable synergistic effect of cobalt 査読

    Y Ishii, K Miyashita, K Kamita, M Hidai

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   119 ( 27 )   6448 - 6449   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • The Hydrosulfido-Bridged Diiridium and Dirhodium Complexes[Cp*MCl(μ2-SH)2MCp*Cl] (M=Ir, Rh; Cp* = η5-C5Me5) as Versatile Precursors for Tri- and Tetranuclear Sulfido Clusters 査読

    Z. Tang, Y. Nomura, Y. Ishii, Y. Mizobe, M. Hidai

    Organometallics   16 ( 2 )   151 - 154   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and structure determinations of complexes containing a five-membered lactam structure based on organohydrazido(2-) ligands 査読

    H Seino, Y Ishii, M Hidai

    INORGANIC CHEMISTRY   36 ( 2 )   161 - 171   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Acid-catalyzed reactions of the hydrazido(2-) complexes cis,mer-[WX(2)(NNH2)(PMe(2)Ph)(3)] (X=Cl, Br) with phthalaldehyde gave the (phthalimidin-2-yl)imido complexes cis,mer-[WX(2)(NNCH2C6H4CO)(PMe(2)Ph)(3)], via the condensation of the terminal NH2 group with one of the formyl groups and the following cyclization to form a phthalimidine ring. Crystal structure of the chloro complex 3a was unambiguously determined by X-ray analysis. Reaction of 3a with HBr liberated the (phthalimidin-2-yl)imido ligand as 2-aminophthalimidine in moderate yield, while treatment of 3a with KOH in THF selectively cleaved the N-N bond to give phthalimidine. A similar condensation of the hydrazido(2-) complex trans-[WF(NNH2)(dppe)(2)](+) (8a(+); dppe=Ph(2)PCH(2)CH(2)PPh(2)) with phthalaldehyde resulted in the formation of the diazoalkane complex trans-[WF(NN=CHC6H4CHO)(dppe)(2)](+). However, further treatment of the latter complex with AlCl3 afforded the corresponding (phthalimidin-2-yl)imido complex trans-[WF(NNCH2C6H4CO)(dppe)(2)](+). When 8a(+) and its molybdenum analogue were reacted with 2,5-dimethoxy-2,5-dihydrofuran in the presence of a catalytic amount of acid, trans-[M(NNCH=CHCH2CO)(dppe)(2)](+) (11(+); M=Mo, W) was formed as the kinetic product, which gradually isomerized to the thermodynamically more stable compound trans-[MF(NNCH2CH=CHCO)(dppe)(2)](+) (12(+)). Both 11(+) and 12(+) (M=W) were crystallographically characterized, and the mechanism for the isomerization of 11(+) to 12(+) was proposed based on the results of the H-1 NMR measurements.

    Web of Science

    researchmap

  • Preparation of zeolites incorporating molybdenum sulfide clusters with unusual carbon number distribution in CO-H-2 reactions 査読

    M Taniguchi, Y Ishii, T Murata, M Hidai, T Tatsumi

    PROGRESS IN ZEOLITE AND MICROPOROUS MATERIALS, PTS A-C   105   893 - 900   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The incomplete cubane-type cluster, [Mo3S4(H2O)(9)](4+), and the complete cubane-type clusters, [Mo3NiS4Cl(H2O)(9)](3+) and [Mo3PdS4Cl(H2O)(9)](3+), have been incorporated into zeolites NaY, HUSY, KL, NaMOR and NaH beta by ion exchange. The UV-visible spectra and EXAFS analysis data exhibited that the structure of the molybdenum cluster was maintained after ion exchange but changed after thermal treatment. Destruction of zeolite structure was hardly observed from XRD analyses. These molybdenum-zeolite catalysts, molybdenum-nickel catalysts in particular, were highly selective for C-2 formation from CO-H-2.

    Web of Science

    researchmap

  • Oxidative Addition of Diferrocenyldichalcogenides to [(η5-C5Me5)Ru(μ3-Cl)]4. Syntheses, Crystal Structures and Some Reactivities of Ferrocenylchalcogenolate-Bridged Diruthenium Complexes [(η5-C5Me5)RuCl(η5-EFc)]2 (E = S, Se, Te; Fc=ferrocenyl) 査読

    H. Matsuzaka, J.-P. Qü, T. Ogino, M. Nishio, Y. Nishibayashi, Y. Ishii, S. U, M. Hidai

    J. Chem. Soc., Dalton Trans.   1996 ( 22 )   4307 - 4312   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/DT9960004307

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • A novel catalyst with a cuboidal PdMo3S4 core for the cyclization of alkynoic acids to enol lactones 査読

    T Wakabayashi, Y Ishii, K Ishikawa, M Hidai

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION IN ENGLISH   35 ( 18 )   2123 - 2124   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:VCH PUBLISHERS INC  

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis of tungsten (1-pyridinio)imido complexes: Facile N-N bond cleavage to form pyridine from coordinated dinitrogen 査読

    Y Ishii, S Tokunaga, H Seino, M Hidai

    INORGANIC CHEMISTRY   35 ( 18 )   5118 - 5119   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Syntheses of new copper(II) mixed-ligand complexes and their chromotropic properties in solution and in the solid state 査読

    F Jalilehvand, Y Ishii, M Hidai, Y Fukuda

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-DALTON TRANSACTIONS   1996 ( 15 )   3251 - 3256   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Reaction of acetylacetone (Hacac) with aldehyde (RCHO; R = p-MeOC(6)H(4), p-ClC6H4 or Ph) in 2: 1 mol ratio resulted in the formation of new triketones (HL(2)), which were previously characterized as bis(beta-diketones) of the type [(MeCO)(2)CHCHRCH(COMe)(2)](H(2)L(1)). Mixed-ligand copper(II) complexes with N,N,N',N'-tetramethylethane-1,2-diamine (tmen) and the beta-diketonate moiety of these triketones, [CuCl(L(2))(tmen)], were synthesized and their solvatochromic properties in organic solvents (due to the acceptor properties of the solvent) investigated. The colour of these five-co-ordinated complexes in the solid state gradually changes from green in [CuCl(L(2))(tmen)] through bluish green, [CuCl(L(2))(tmen)]. CH2Cl2, to blue, [CuCl(L(2))(tmen)]. MeOH . CH2Cl2. Crystallographic studies showed that this phenomenon arises from an intermolecular hydrogen bond between the co-ordinated chloride of one complex and the OH group of a triketonate ligand of an adjacent complex and/or cocrystallized MeOH molecule.

    Web of Science

    researchmap

  • Zeolite-supported hydrodesulfurization catalysts prepared by ion exchange with Mo and Mo-Ni sulfide clusters 査読

    T Tatsumi, M Taniguchi, S Yasuda, Y Ishii, T Murata, M Hidai

    APPLIED CATALYSIS A-GENERAL   139 ( 1-2 )   L5 - L10   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Zeolites NaY, HUSY and KL were ion-exchanged with a cationic molybdenum sulfide cluster [Mo3S4(H2O)(9)](4+) with incomplete cubane-type structure and a cationic nickel-molybdenum mixed sulfide cluster [Mo3NiS4Cl(H2O)(9)](3+) with complete cubane-type structure. The UV-visible spectra and EXAFS analysis data exhibited that the structure of the molybdenum cluster was maintained after ion exchange. These zeolite catalysts showed activity for benzothiophene hydrodesulfurization; especially, involvement of Ni resulted in great enhancement of the hydrodesulfurization activity.

    Web of Science

    researchmap

  • Toward direct synthesis of organo-nitrogen compounds from molecular nitrogen 査読

    M Hidai, Y Ishii

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL   107 ( 1-3 )   105 - 112   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Direct synthesis of organo-nitrogen compounds from molecular nitrogen is a challenging subject in the chemistry of nitrogen fixation. Toward this direction, we have long been investigating novel chemical transformations of coordinated dinitrogen. Described herein are our recent results on (1) synthesis of nitrogen-heterocycles from molecular nitrogen via condensation reactions of hydrazido complexes with dialdehydes or their equivalents, (2) bimetallic arylation of molecular nitrogen by using reactions of anionic dinitrogen complexes with eta(6)-fluoroarene complexes, and (3) catalytic silylation of molecular nitrogen.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and crystal structures of thiolate-bridged diruthenium complexes containing two olefinic ligands 査読

    JP Qu, H Matsuzaka, Y Ishii, M Hidai

    CHEMISTRY LETTERS   1996 ( 9 )   767 - 768   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    A series of thiolate-bridged dinuclear ruthenium complexes containing two electron-deficient olefinic ligands [Cp*Ru(mu-SR)(2)(eta(2)-C(2)H(3)R')(2)RuCp*] (R = Pr-i, Et, 2,6-C(6)H(3)Me(2) or 2,4,6-C(6)H(2)Me(3); R' = CN, COOMe or CHO) have been synthesized from Ru(II)-Ru(II), Ru(II)-Ru(III) and/or Ru(III)-Ru(III) precursors, three of which have been characterized by X-ray structural analysis.

    Web of Science

    researchmap

  • SYNTHESIS AND REACTIVITIES OF PYRROLYLIMIDO COMPLEXES OF MOLYBDENUM AND TUNGSTEN - FORMATION OF PYRROLE AND N-AMINOPYRROLE FROM MOLECULAR NITROGEN 査読

    H SEINO, Y ISHII, T SASAGAWA, M HIDAI

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   117 ( 49 )   12181 - 12193   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Hydrazido(2-) complexes trans-[MX(NNH2)(dppe)(2)](+) (M = Mo, W; X = F, Cl; dppe = Ph(2)PCH(2)CH(2)PPh(2)) and cis,mer-[WX(2)(NNH2)(PMe(2)Ph)(3)] (X = Cl, Br), which are readily derived from trans-[M(N-2)(2)(dppe)(2)] (1) and cis-[W(N-2)(2)(PMe(2)Ph)(4)] by protonation, condensed with 2,5-dimethoxytetrahydrofuran to afford pyrrolylimido complexes of the type trans-[MX(NNCH=CHCH=CH)(dppe)(2)](+) (3(+)) and cis,mer-[WX(2)(NNCH=CHCH=CH)(PMe(2)Ph)(3)] (6), respectively. Their structures were characterized spectroscopically and further confirmed by X-ray diffraction study. Electrophilic substitution reactions at the pyrrole ring in complexes 3(+) occurred selectively at the beta-position to give the corresponding beta-substituted pyrrolylimido complexes trans- [MX(NNCH=C(E)CH=CH)(dppe)(2)](+) (E Br, CN, SO3-, COR), although only chlorination of 3(+) with N-chlorosuccinimide in THF took place predominantly at the a-position. This beta-regioselectivity is in sharp contrast to the a-regioselectivity of free pyrrole and is probably caused by the steric effect of the dppe ligands. Complexes 3(+) were readily reduced under ambient conditions with LiAlH4 to liberate pyrrole and N-aminopyrrole in high yields. Further, the tetrahydrido complexes [MH(4)(dppe)(2)], which can be converted back into the original dinitrogen complexes 1, were recovered in moderate yields after the reduction. This accomplishes the synthetic cycle for pyrrole and N-aminopyrrole starting from the dinitrogen complexes 1. beta-Heptylpyrrole was also prepared by starting from 3c(+) (M = W, X = Cl) by the beta-selective heptanoylation followed by the reduction with LiAlH4. On the other hand, reduction of 6b (X = Br) with LiAlH4 predominantly produced pyrrole, whereas treatment of 6b with KOH/EtOH liberated N-aminopyrrole in a high yield.

    Web of Science

    researchmap

  • Preparation of zeolites incorporating molybdenum sulfide clusters with high C-2 hydrocarbon selectivity in CO-H-2 reactions 査読

    M Taniguchi, Y Ishii, T Murata, T Tatsumi, M Hidai

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS   1995 ( 24 )   2533 - 2534   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The incomplete cubane-type cluster, [Mo3S4(H2O)(9)](4+), and the complete cubane-type cluster, [Mo3NiS4(H2O)(9)CI](3+), are incorporated into 12-membered ring zeolites by ion exchange, leading to catalysts which are highly selective for C-2 formation from CO-H-2.

    Web of Science

    researchmap

  • PALLADIUM-CATALYZED FORMATION OF AROYLCOBALT COMPLEXES FROM IODOARENE AND TETRACARBONYLCOBALTATE ANION - SYNTHESES CHARACTERIZATION AND REACTIVITIES OF INTERMEDIATE COMPLEXES 査読

    Y MISUMI, Y ISHII, M HIDAI

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-DALTON TRANSACTIONS   1995 ( 21 )   3489 - 3496   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The complex [Pd(PPh(3))(4)] showed good catalytic activity for the formation of aroylcobalt complexes [Co(OCR)(CO)(3)(PPh(3))] from RI (R = aryl), K[Co(CO)(4)] and PPh(3). Attempts to isolate an intermediate Pd-Co complex in this catalytic reaction were unsuccessful, however a series of heterodinuclear complexes [(Ph(3)P)(OC)RPtCo(CO)(3)(PPh(3))] (R = Ph 1a, C(6)H(4)Me-4 1b or Me 1c), [(Me(3)P)(2)(PhCO)PdCo(CO)(4)] 2 and [(Me(3)P)(2)PhPtCo(CO)(4)] 3 have been prepared from reactions of [MR(O3SCF3)(PR'(3))(2)] (M = Pt or Pd, R' = Me or Ph) with K[Co(CO)(4)] as model intermediate complexes. Prior to the formation of complex 1, transient formation of [(Ph(3)P)(2)RPtCo(CO)(4)] was confirmed by P-31 NMR spectroscopy Of the reaction solution. The reaction of [PtPh(O3SCF3)(PMe(3))(2)] with K[Co(CO)(4)] led to the isolation of the corresponding Pt-Co complex 3, while the palladium analogue resulted in the formation of the CO insertion product 2. Crystal structures of compounds 1a, 1c, 2 and 3 were determined by X-ray diffraction analyses. Addition of ligands L such as CO, Bu(t)NC and PMe(3) to 3 in tetrahydrofuran induced heterolytic cleavage of the Pt-Co bond to form [PtPh(PMe(3))(2)L][Co(CO)(4)]. Thermolysis of complexes 1b and 1c under CO at 50 degrees C resulted in reductive elimination of Co(OCC(6)H(4)Me-4)(CO)(3)(PPh(3)) and Co(OCMe)(CO)(3)(PPh(3)), respectively, from the platinum centre. This strongly suggests the involvement of this type of heterodinuclear Pd-Co complex in the catalytic formation of aroylcobalt complexes.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis, Characterization, and Reactivities of Heterobimetallic μ-Aryl Isocyanide Complexes with an Unusual Bridging Structure 査読

    Y. Ishii, M. Kawaguchi, M. Hidai

    Chem. Lett.   1995 ( 11 )   983 - 984   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • d-f Interaction through Fe-C≡N-Ln Bridging between Dicyanobis(1,10-phenanthroline)iron(II) Complex and LnCl3 査読

    K. HARADA, J. YUZURIHARA, Y. ISHII, N. SATO, H. KAMBAYASHI, Y. FUKUDA

    Chem. Lett.   1995 ( 10 )   887 - 888   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • CLEAVAGE OF THE NB=O BOND OF OXONIOBIUM(V) PORPHYRINS - SYNTHESIS AND CHARACTERIZATION OF NOVEL NIOBIUM(V) PORPHYRINS WITH 2 DISTINCT CATECHOLS 査読

    M KURIHARA, N KATOH, T KOJIMA, Y ISHII, Y MATSUDA

    INORGANIC CHEMISTRY   34 ( 19 )   4888 - 4895   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    A novel catecholato complex, Nb-V(tpp)(cat)(Hcat), where cat and Heat are two distinct catechol ligands (a bidentate catecholate dianion and a monodentate catecholate monoanion, respectively) and tpp is 5,10,15,20-tetraphenylporphyrin dianion, has been isolated in the reaction of NBV(tpp)(O)(AcO) with catechol, where AcO is an acetato ligand. Its molecular structure has been determined by X-ray crystallography. Crystal data: monoclinic, space group P2(1)/c, Z = 4, a = 14.592(3) Angstrom, b = 23.46(1) Angstrom, c = 14.415(4) Angstrom, beta = 100.95(2)degrees, R = 0.079. The molecular structure was confirmed to have no oxo ligand, and in this respect it is unique among the niobium(V) porphyrins. The bidentate and monodentate ligands are located on the same side of the porphyrin ring. The heptacoordinate niobium atom is bonded to the four gyrrole nitrogen atoms and to three oxygen atoms in the catechols. The niobium atom is displaced by 1.02 Angstrom from the mean plane of the four nitrogen atoms. The structure of the complex in solution and the mechanism of the Nb = O cleavage were investigated by means of H-1-NMR spectroscopy. The bidentate catechol is oriented in C-s symmetry with respect to the porphyrin plane, and the monodentate catechol is located perpendicularly to both the bidentate catechol and the porphyrin plane. Two intermediates with the bidentate catechol were observed after addition of 2 equiv of catechol to Nb(tmp)(O)(AcO) at -30 degrees C, where tmp denotes the 5, 10, 15, 20-tetramesitylporphyrin dianion. These intermediates were determined to be Nb(tmp)(cat)(OH) and Nb(tmp)(cat)(AcO). Thus, the Nb = O bond of Nb(tmp)(O)(AcO) was easily cleaved to create the two intermediates. We propose a unique route to the Nb = O cleavage that involves an intramolecular electron transfer from the catechol ligand coordinated at the first stage through a ligand exchange with AcO. Both protonation and electron transfer to the Nb = O moiety play important roles in the Nb = O cleavage.

    Web of Science

    researchmap

  • SILYLATIVE DIMERIZATION OF AROMATIC-ALDEHYDES CATALYZED BY A THIOLATE-BRIDGED DIRUTHENIUM COMPLEX 査読

    H SHIMADA, JP QU, H MATSUZAKA, Y ISHII, M HIDAI

    CHEMISTRY LETTERS   1995 ( 8 )   671 - 672   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    A cationic thiolate-bridged diruthenium complex [Cp(*)RuCl-(mu(2)-SPri)(2)RuCp(*)][OTf] (Cp* = eta(5)-C(5)Me(5), OTf = OSO2CF3) was found to be an efficient catalyst for the reaction of aromatic aldehydes with hydrosilanes in acetonitrile to give 1,2-diaryl-1,2-disiloxyethanes as the major products.

    Web of Science

    researchmap

  • Copper(II) Mixed Ligand Complex with an N-Alkylated Diamine and a New β-Diketonate 査読

    F. Jalilehvand, Y. Ishii, M. Hidai, Y. Fukuda

    Chem. Lett.   1995 ( 8 )   743 - 744   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • STEREOSELECTIVE ADDITION OF CARBOXYLIC-ACIDS TO ELECTRON-DEFICIENT ACETYLENES CATALYZED BY THE PDMO3S4 CUBANE-TYPE CLUSTER 査読

    T WAKABAYASHI, Y ISHII, T MURATA, Y MIZOBE, M HIDAI

    TETRAHEDRON LETTERS   36 ( 31 )   5585 - 5588   1995年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    zThe mixed-metal sulfide cubane-type cluster complex [PdMo3S4(tacn)(3)Cl][PF6](3) (1; tacn = 1,4,7-triazacyclononane) was found to be a highly efficient and selective catalyst for the addition of carboxylic acids to acetylenes with electron-withdrawing groups. The corresponding trans addition products were exclusively obtained in good yields under mild reaction conditions in the presence of a catalytic amount of triethylamine.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and Structure of the Dinuclear η1:η22-Butenynyl Complex which Catalyzes Di- and Trimerization of Ferrocenylacetylene at the Thiolate-Bridged Diruthenium Center 査読

    H. Matsuzaka, Y. Takagi, Y. Ishii, M. Nishio, M. Hidai

    Organometallics   14 ( 5 )   2153 - 2155   1995年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • HOMOGENEOUS MULTIMETALLIC CATALYSTS .11. CARBONYLATION OF ARYL IODIDES WITH HSIET(3) CATALYZED BY PD-CO BIMETALLIC SYSTEMS 査読

    Y MISUMI, Y ISHII, M HIDAI

    ORGANOMETALLICS   14 ( 4 )   1770 - 1775   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The PdCl2(PPh(3))(2)-Ru-3(CO)(12) or PdCl2(PPh(3))(2)-Co-2(CO)(8) bimetallic catalyst has been found to be effective for carbonylation of aryl iodides and HSiEt(3) to give benzyl silyl ether as the major product, although neither PdCl2(PPh(3))(2), Ru-3(CO)(12), nor Co-2(CO)(8) alone had any appreciable catalytic activity. Addition of NEt(3) to the Pd-Co mixed-metal-catalyzed carbonylation reaction remarkably changed the selectivity of the products, and 1,2-diaryl-1,2-disiloxyethane was obtained as the major product. Studies on the hydrosilylation of 4-TolCHO with HSiEt(3) under CO revealed that the formation of benzyl silyl ether in the former reaction may proceed through the formylation of aryl iodide followed by hydrosilylation of the resulting aldehyde. In contrast, the aldehyde was not included as an intermediate in the formation of 1,2-diaryl-1,2-disiloxyethane in the latter reaction. An aroylcobalt complex ArCOCo(CO)(3)(PPh(3)) was suggested as an intermediate for the 1,2-diaryl-1,2-disiloxyethane production based on the following observations: (1) the aroylcobalt complex ArCOCo(CO)(3-)(PPh(3)) can be produced from aryl iodide, [Co(CO)(4)](-), and PPh(3) with a Pd(O) catalyst; (2) hydrosilylation of the aroylcobalt complex ArCOCo(CO)(3)(PPh(3)) under 50 atm of CO pressure produced 1,2-diaryl-1,2-disiloxyethane as the major product. The detailed mechanisms are proposed for the catalytic carbonylations of aryl iodides with HSiEt(3) by using the bimetallic catalysts.

    Web of Science

    researchmap

  • Unusually Strong Interactions Mediated by Both π-π Stacking and CH-π Interactions Present in the Dimer of Nickel(II) Complex Coordinated with n-Butyl-Substituted Salen 査読

    K. Miyamura, A. Mihara, T. Fujii, Y. Goshi, Y. Ishii

    J. Am. Chem. Soc.   117 ( 8 )   2377 - 2378   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis of Malonic Esters by Catalytic Addition of Methyl Formate to α,β-Unsaturated Esters 査読

    Y. Suzuki, H. Katoh, Y. Ishii, M. Hidai

    J. Mol. Catal   95 ( 2 )   129 - 133   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • BIMETALLIC ARYLATION OF MOLECULAR NITROGEN 査読

    Y ISHII, M KAWAGUCHI, Y ISHINO, T AOKI, M HIDAI

    ORGANOMETALLICS   13 ( 12 )   5062 - 5071   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The anionic dinitrogen complex [NBu(4)][W(NCS)(N-2)(dppe)(2)] (6, dppe = Ph(2)PCH(2)CH(2)PPh(2)) smoothly reacted with eta(6)-fluoroarene complexes such as [Cr(eta(6)-P-FC(6)H(4)R)(CO)(3)] (3a, R = COOMe) and [RuCp(eta(6)-FC(6)H(4)R)][PF6] (5, Cp = eta(5)-C5H5, R = H, Me, OMe, COOMe) in THF under mild conditions (0 degrees C to room temperature) to give novel mu-aryldiazenido complexes [W(NCS){N=N[(eta(6)-p-C(6)H(4)COOMe)Cr(CO)(3)]}(dppe)(2)] (7) and [W(NCS){N=N[(eta(6)-p-C(6)H(4)R)-RuCp]}(dppe)(2)][PF6] (10), respectively. mu-Aryldiazenido complexes 7 and [WF{N=N[(eta(6)-p-C(6)H(4)R)Cr(CO)(3)]}(dppe)(2)] (8a, R = COOMe) were also obtained by irradiation of a THF solution of [W(N-2)(2)(dppe)(2)] and 3a in the presence of NBu(4)X(X = SCN or F). The structures of these complexes were fully characterized by spectroscopic and X-ray diffraction analysis. The long N=N bond lengths (1.314(5) Angstrom for 7, 1.33(1) Angstrom for 8a, 1.28(1) Angstrom for 10a (R = H)) and the short N-C bond lengths (1.366(6) Angstrom for 7, 1.30(2) Angstrom for 8a, and 1.40(2) Angstrom for 10a) indicate delocalization of the N=N pi-electrons over the aromatic ring. The reaction was suggested to proceed by the direct nucleophilic aromatic substitution mechanism, rather than the radical mechanism so far reported for alkylation reactions of coordinated dinitrogen. Furthermore, reactions of the diazenido complex [WF(NNH)(dppe)(2)] (12) with fluoroarene complexes 3 (R = COOMe, H) and [FeCp(eta(6)-FC(6)H(4)R)][PF6] (4; R = H, Me) also provide a route to mu-aryldiazenido complexes such as 8 and [WF{N=N[(eta(6)-p-C(6)H(4)R)FeCp]}(dppe)(2)]- [PF6] (13), respectively. Crystallographic data for 7.CH2Cl2: formula C65H57N3O5SP4Cl2-CrW, space group P2(1)/n (monoclinic); a = 24.135(3) Angstrom, b = 20.967(5) Angstrom, c = 12.273(5) Angstrom, beta = 90.06(4)degrees, V = 6210(5) Angstrom(3), Z = 4, R = 0.034, R(w) = 0.029. 8a.2THF: formula C71H71N2O7-FP4CrW, space group P2(1)/a (monoclinic); a = 23.110(5) Angstrom, b = 23.402(7) Angstrom, c 12.046(3) Angstrom, beta = 93.89(2)degrees, V= 6500(3) Angstrom(3), Z = 4, R = 0.056, R(w) = 0.066. 10a.CH2Cl2: formula C65H60N3F6-SP5Cl2RuW, space group P ($) over bar 1 (triclinic); a = 12.630(2) Angstrom, b = 23.648(3) Angstrom, c = 11.507(3) Angstrom, alpha = 103.11(1)degrees, beta = 102.77(1)degrees, gamma = 83.44(1)degrees, V = 3257.1(9) Angstrom(3), Z = 2, R = 0.062, R(w) = 0.054. 13b.Me(2)CO (R = Me): formula C67H66N2OF7P5FeW, space group C2/e (monoclinic); a = 38.090(9) Angstrom, b = 18.507(4) Angstrom, c 18.359(3) Angstrom, beta = 91.25(2)degrees, V = 12939(5) Angstrom(3), Z = 8, R = 0.061, R(w) = 0.071.

    Web of Science

    researchmap

  • 1-Pyrrolylimido Complexes of Molybdinum and Tungsten: Synthesis of Pyrrole from Molecular Dinitrogen and Unusual β-Regioselective Substitution Reactions of Pyrrole Ring on a Metal Complex 査読

    H. Seino, Y. Ishii, M. Hidai

    J. Am. Chem. Soc.   116 ( 16 )   7433 - 7434   1994年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • SYNTHESES OF MIXED-METAL SULFIDE CUBANE-TYPE CLUSTERS WITH THE NOVEL PDMO3S4 CORE AND REACTIVITIES OF THE UNIQUE TETRAHEDRAL PD SITE SURROUNDED BY SULFIDE LIGANDS TOWARD ALKENES, CO, (T)BUNC, AND ALKYNES 査読

    T MURATA, Y MIZOBE, H GAO, Y ISHII, T WAKABAYASHI, F NAKANO, T TANASE, S YANO, M HIDAI, ECHIZEN, I, H NANIKAWA, S MOTOMURA

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   116 ( 8 )   3389 - 3398   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    An incomplete cubane-type cluster [Mo3S4(H2O)(9)]Cl-4 (1) reacted with Pd black in aqueous HCl to give a mixed-metal cubane-type cluster [PdMo3S4(H2O)(9)Cl]Cl-3 (2). Treatment of 2 with 3.3 equiv of 1,4,7-triazacyclononane (tacn) afforded a well-defined single cubane-type cluster [PdMo3S4(tacn)(3)Cl]Cl-3 (3), while an anion metathesis of 2 by 4-toluenesulfonate (TsO) resulted in the formation of a double cubane-type cluster [Pd2Mo6S8(H2O)(18)] (OTs)(8) (4). Detailed structures of both 3 and 4 have been determined by X-ray crystallography. Crystal data for 3.4H(2)O: orthorhombic, space group P2(1)2(1)2(1), a = 17.549(3) Angstrom, b = 20.032(4) Angstrom, c = 10.256(2) Angstrom, V = 3605 Angstrom(3), Z = 4, and R (R(w)) = 0.051 (0.062) for 4014 reflections. For 4.24H(2)O: triclinic, space group P1, a = 15.799(4) Angstrom, b = 18.079(6) Angstrom, c = 11.873(1) Angstrom, alpha = 108.75(2)degrees, beta = 108.73(1)degrees, gamma = 70.87(3)degrees, V = 2944 Angstrom(3), Z = 1, R (R(w)) = 0.028 (0.036) for 10 089 reflections. Cluster 3 was converted into a series of single cubane-type clusters [PdMo3S4(tacn)(3)(L)](4+) containing alkenes, CO, and (t)BuNC coordinated to the tetrahedral Pd site, by the initial anion exchange forming [PdMo3S4(tacn)(3)Cl]X(3) (8a, X = ClO4; 8b, X = BF4; 8c, X = PF6) followed by treatment with these molecules. The alkene cluster [PdMo3S4(tacn)(3)(cis-HOCH2CH=CHCH2OH)](ClO4)(4) (5a') and the carbonyl cluster [PdMo3S4(tacn)(3)(CO)]Cl(ClO4)(3) (6a) have been fully characterized by X-ray analyses. Crystal data for 5a'.2H(2)O: monoclinic, space group P2(1)/m, a = 12.314(1) Angstrom, b = 12.732(2) Angstrom, c = 15.736(2) Angstrom, beta = 94.01(1)degrees, V = 2461 Angstrom(3), Z = 2, R (R(w)) = 0.068 (0.081) for 2743 reflections. For 6a.3H(2)O: orthorhombic, space group Pbca, a = 15.485(13) Angstrom, b = 23.900(6) Angstrom, c = 23.326(7) Angstrom, V = 8633 Angstrom(3), Z = 8, and R (R(w)) = 0.061 (0.069) for 7761 reflections. Interestingly, cluster 8c catalyzes the reaction of a series of alkynic acid esters R(2)C-CCOOR(1) with alcohols R(3)OH to give the trans addition products (Z)-(R(3)O)R(2)C=CHCOOR(1) (R(1) = Me, Et, (t)Bu, Ph, R(2) = H, R(3) = Me; R(1) = R(3) = Me, R(2) = COOMe, Me; R(1) = Ph, R(2) = Et, R(3) = Me; R(1) = Me, R(2) = H, R(3) = Et, PhCH(2)) with quite high selectivity under mild conditions with retention of the cluster core.

    Web of Science

    researchmap

  • PREPARATION AND CHARACTERIZATION OF RHODIUM C-60 COMPLEXES [RH(ACAC)(L)2(C-60)] (L=PY, 4-MEPY, 3,5-ME(2)PY) 査読

    Y ISHII, H HOSHI, Y HAMADA, M HIDAI

    CHEMISTRY LETTERS   1994 ( 4 )   801 - 804   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    A series of novel C-60 rhodium complexes [Rh(acac)(L)2(eta(2)-C60)] (L = pyridine, 4-methylpyridine, 3,5-dimethylpyridine) were prepared by the reaction of [Rh(acac)(C2H4)2] with C-60 followed by treatment with pyridine or its derivatives. The molecular structure of [Rh(acac)(3,5-,Me(2)py)(2)(eta(2)-C-60)].C6H6 was determined by the X-ray crystallographic analysis.

    Web of Science

    researchmap

  • PALLADIUM-CATALYZED FORMATION OF AROYLCOBALT COMPLEXES FROM IODOARENES AND TETRACARBONYLCOBALTATE(-1) ANION AND SYNTHESES OF THE MODEL INTERMEDIATE COMPLEXES 査読

    Y MISUMI, Y ISHII, M HIDAI

    CHEMISTRY LETTERS   1994 ( 4 )   695 - 698   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Anion complex [Co(CO)(4)](-) reacted with iodoarenes to form aroylcobalt complexes in the presence of a palladium catalyst and excess PPh(3). As models of the intermediate of this reaction, Pt-Co and Pd-Co dinuclear complexes were synthesized from reactions of [Co(CO)(4)](-) with Pt(Ar)(OTf)(PPh(3))(2) and Pd(Ar)(OTf)(PMe(3))(2), respectively, and their crystal structures were determined by X-ray analysis.

    Web of Science

    researchmap

  • Conjugate Additions of Organocuprates to α,β-Unsaturated Diazoalkane Complexes of Molybdenum and Tungsten: β-Monoalkylation and α,β-Difunctionalization of α,β-Unsaturated Diazoalkane Ligands 査読

    H. Seino, Y. Ishii, M. Hidai

    Organometallics   13 ( 1 )   364 - 369   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • NOVEL SYNTHESIS OF PHENOL DERIVATIVES BY PALLADIUM-CATALYZED CYCLOCARBONYLATION OF 2,4-PENTADIENYL ACETATES 査読

    Y ISHII, C GAO, WX XU, M IWASAKI, M HIDAI

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   58 ( 24 )   6818 - 6825   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Phenyl acetates were selectively obtained in good yields by cyclocarbonylation of 2,4-pentadienyl acetates in the presence of NEt3, Ac2O, and a catalytic amount of palladium complexes such as PdCl2(PPh3)2 at 120-140-degrees-C under 50 atm of CO. No five-membered ring products were observed. A platinum complex PtCl2(PPh3)2 was also effective as a catalyst. The reaction of 5-phenyl-2,4-pentadienyl bromide with M(CO)(PPh3)3 (M = Pd or Pt) under CO gave the corresponding 6-phenyl-3, 5-hexadienoyl complexes in a high yield, which in turn afforded 2-acetoxybiphenyl in 41-51% yield on heating to 160-degrees-C under 50 atm of CO in the presence of NEt3 and Ac2O. Similar 3,5-hexadienoyl complexes are proposed to be intermediates in the catalytic cyclocarbonylation of 2,4-pentadienyl acetates. On the other hand, PdCl2(PPh3)2-catalyzed carbonylation of o-(bromomethyl)(1-alkenyl)-benzenes in the presence of NEt3 and Ac2O gave 2-naphthyl acetates in moderate yields, while the reaction in the absence of Ac2O gave five-membered ring products such as 2-indanones or a tricyclic lactone by incorporation of one or two CO molecules, respectively.

    Web of Science

    researchmap

  • HOMOGENEOUS MULTIMETALLIC CATALYSTS .10. FORMYLATION OF ARYL AND ALKENYL IODIDES BY PALLADIUM RUTHENIUM BIMETALLIC CATALYSTS 査読

    Y MISUMI, Y ISHII, M HIDAI

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS   78 ( 1 )   1 - 8   1993年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The PdCl2(PPh3)2-Ru3(CO)12 bimetallic system exhibited higher catalytic activity for the formylation of aryl and alkenyl iodides than PdCl2(PPh3)2 or Ru3(CO)12 alone. Thus, in the formylation of iodobenzene (at 70-degrees-C for 1.5 h under 50:50 atm of CO:H-2), the yield of benzaldehyde by PdCl2(PPh3)2-Ru3(CO)12 catalyst (Pd:Ru = 1:2) was about four times as high as that by PdCl2(PPh3)2 alone. Carbonyl complexes of other metals, such as Mn2(CO)10, Co(CO)8, Cr(CO)6, Fe(CO)5, Mo(CO)6 and W(CO)6 were ineffective as the second component of the catalyst. To clarify the mechanism of the synergistic effects, the reaction of PdI(CO-p-Tol)(PPh3)2 with [HRu3(CO)11]- or [HRu(CO)4]-, ruthenium hydride species known to be generated under the catalytic formylation conditions, was performed. The reaction rapidly proceeded at 40-degrees-C nuclear reductive elimination to form p-tolualdehyde, although the reaction with molecular hydrogen was very slow. These results strongly suggest that the improved catalytic activity of the Pd-Ru system is attributable to the high hydrogenolysis activity of in-situ-generated ruthenium hydride species.

    Web of Science

    researchmap

  • PREPARATION AND PROPERTIES OF MOLYBDENUM AND TUNGSTEN DINITROGEN COMPLEXES .39. ALKENYLDIAZENIDO COMPLEXES OF MOLYBDENUM AND TUNGSTEN DERIVED FROM DINITROGEN COMPLEXES - THEIR SYNTHESIS, CHARACTERIZATION, AND NOVEL REACTIVITIES 査読

    Y ISHII, H MIYAGI, S JITSUKUNI, H SEINO, BS HARKNESS, M HIDAI

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   114 ( 25 )   9890 - 9898   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Alpha-deprotonation of molybdenum or tungsten diazoalkane complexes trans-[MF(NN=CR1CHR2R3)(dpe)2][BF4] (1, M = Mo or W, dpe = Ph2PCH2CH2PPh2) by LDA (lithium diisopropylamide) or NaN(SiMe3)2 provides a general route to alkenyldiazenido complexes trans-[MF(NNCR1=CR2R3)(dpe)2] (2). When 1-diazopropane complexes 1b and 1i were deprotonated, the Z-isomers of alkenyldiazenido complexes were predominantly obtained (Z/E = 6-12). The molecular structure of trans-[WF(NNCH=CMe2)(dpe)2].C6H6 (2f.C6H6) was fully characterized by X-ray analysis: C62H61N2WP4F, space group P1BAR (triclinic); a = 13.398 (8) angstrom, b = 19.051 (13) angstrom, c = 11.950 (8) angstrom, alpha = 98.30 (7)-degrees, beta = 114.54 (5)-degrees, gamma = 81.81 (6)-degrees, Z = 2, R = 0.070, R(w) = 0.082. Relatively long N=N and C=C bond distances (1.29 (3), 1.38 (4) angstrom) and short C-N bond distance (1.26 (3) angstrom) in complex 2f.C6H6 as well as the IR data of complexes 2 indicated considerable contribution of a resonance structure where the terminal carbon of the C=C bond is negatively charged. This has been substantiated by the finding that complexes 2 reacted rapidly with alkyl halides or heterocumulenes such as isocyanates and diphenylketene to give the corresponding C-alkylated or acylated diazoalkane complexes in moderate to high yields, respectively. The deprotonation-alkylation reaction of diazoalkane complexes 1 proceeded regioselectively on the carbon atom cis to the lone pair on the nitrogen of the C=N bond, and the repeated deprotonation-alkylation reactions led to the selective alpha,alpha-dialkylation of the diazoalkane ligand. Acylation with excess aryl isocyanates gave the alpha,alpha-diacylated complexes, whose molecular structure was confirmed by X-ray analysis of trans-[WF{NN=CMeCH(CONHPh)2}(dpe)2][BF4] (7a): formula C69H64O2N4WP4F5B, space group P2(1)2(1)2(1) (orthorhombic); a = 13.764 (4) angstrom, b = 35.917 (7) angstrom, c = 12.986 (4) angstrom, Z = 4, R = 0.064, R(w) = 0.069. Reactions of 2 with aldehydes yielded the Aldol-type condensation products. On the other hand, reactions with I2 or CuCl2 caused the oxidative coupling to give novel mu-bis(diazo)alkane complexes, and their dimeric structure was revealed by the X-ray diffraction study of threo-, trans,trans-[(dpe)2WF(NN=CHCHMeCHMeCH=NN)FW(dpe)2][BF4]2.6(C6H6) (threo-14b.6(C6H6)): formula C146H142N4W2P8F10B2, space group C2/c (monoclinic); a = 32.899 (3) angstrom, b = 13.091 (1) angstrom, c = 32.866 (4) angstrom, beta = 109.782 (7)-degrees, Z = 4, R = 0.077, R(w) = 0.078. Electrochemical study of 2 indicated that the oxidative coupling proceeded by the coupling of a cationic species by the one-electron oxidation of 2.

    Web of Science

    researchmap

  • PREPARATION AND PROPERTIES OF MOLYBDENUM AND TUNGSTEN DINITROGEN COMPLEXES .37. NOVEL ARYLATION OF MOLECULAR NITROGEN VIA BIMETALLIC ACTIVATION - REACTION OF COORDINATED DINITROGEN WITH COORDINATED HALOARENE 査読

    Y ISHII, Y ISHINO, T AOKI, M HIDAI

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   114 ( 13 )   5429 - 5430   1992年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • SYNTHESES AND STRUCTURES OF NOVEL RUTHENIUM(II) - CHIRAL DIPHOSPHINE COMPLEXES 査読

    H KAWANO, T IKARIYA, Y ISHII, T KODAMA, M SABURI, S YOSHIKAWA, Y UCHIDA, S AKUTAGAWA

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   65 ( 6 )   1595 - 1602   1992年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Novel ruthenium complexes coordinated with various chiral diphosphines were synthesized by reactions of polynuclear [RUCl2(cycloocta-1,5-diene)]n with the respective diphosphines in the presence of triethylamine. The compositions of the complexes thus obtained were varied according to the solvent used (toluene or ethanol). The structures and dynamic properties of the complexes bearing 2,2'-bis(diphenylphosphino)-1,1'-binaphthyl (binap) in solution were elucidated by the H-1 and (P{H})-P-31-H-1 NMR measurements. The X-ray diffraction analysis of trans-RuHCl((R)-binap)2 indicated that the conformation of seven-membered chelate rings and the edge-face manner of phenyl groups were almost the same as those of corresponding rhodium complexes.

    Web of Science

    researchmap

  • ASYMMETRIC HYDROGENATION OF PROCHIRAL CARBOXYLIC-ACIDS CATALYZED BY THE 5-COORDINATE RUTHENIUM(II)-HYDRIDE COMPLEX [RUH(BINAP)2]PF6 (BINAP=(R)-OR (S)-2,2'-BIS(DIPHENYLPHOSPHINO)-1,1'-BINAPHTHYL) 査読

    M SABURI, H TAKEUCHI, M OGASAWARA, T TSUKAHARA, Y ISHII, T IKARIYA, T TAKAHASHI, Y UCHIDA

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   428 ( 1-2 )   155 - 167   1992年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA LAUSANNE  

    The five-coordinate complex [RuH(binap)2]PF6 (I, binap = (R)- or (S)-2,2'-bis(diphenylphosphino)-1,1'-binaphthyl) has been found to have sufficient catalytic activity for asymmetric hydrogenation of itaconic acid and other prochiral carboxylic acids under mild conditions. The catalytic hydrogenation of itaconic acid by I was examined under a variety of conditions, and the addition of triethylamine was found to effect high enantioselectivities (> 90% ee). H-1 and P-31 NMR examinations of reaction mixtures of I and itaconic acid under conditions similar to the hydrogenation suggested the formation of ruthenium species containing one binap chelate.

    Web of Science

    researchmap

  • PALLADIUM-CATALYZED AND PLATINUM-CATALYZED CYCLOCARBONYLATION REACTIONS OF SUBSTITUTED ALLYL ACETATES 査読

    Y ISHII, M HIDAI

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   428 ( 1-2 )   279 - 287   1992年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA LAUSANNE  

    The scope and limitation of novel palladium- and platinum-catalyzed cyclocarbonylation reactions of 3-arylallyl and 2,4-pentadienyl acetates are described. The detailed mechanism of these reactions is also discussed.

    Web of Science

    researchmap

  • PALLADIUM CATALYZED CYCLOCARBONYLATION OF 3,3-DIARYLALLYL ACETATES 査読

    M IWASAKI, Y ISHII, M HIDAI

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   415 ( 3 )   435 - 442   1991年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA LAUSANNE  

    Palladium-catalyzed cyclocarbonylation of 3,3-diarylallyl acetates afforded 4-aryl-substituted 1-naphthyl acetates where the cyclization occurred selectively on the more electron-rich ring.

    Web of Science

    researchmap

  • NOVEL SYNTHESIS OF PHENOL DERIVATIVES BY PALLADIUM-CATALYZED CYCLOCARBONYLATION OF PENTA-2,4-DIENYL ACETATES 査読

    Y ISHII, C GAO, M IWASAKI, M HIDAI

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS   1991 ( 10 )   695 - 696   1991年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Palladium-catalysed cyclocarbonylation of penta-2,4-dienyl acetates in the presence of NEt3 and Ac2O selectively gives phenyl acetates in good yields.

    Web of Science

    researchmap

  • PREPARATION AND PROPERTIES OF MOLYBDENUM AND TUNGSTEN DINITROGEN COMPLEXES .33. REGIOSELECTIVE MONO-C-ACYLATION AND DI-C-ACYLATION OF TUNGSTEN DIAZOALKANE COMPLEXES VIA ALKENYLDIAZENIDO COMPLEXES 査読

    H MIYAGI, Y ISHII, T AOSHIMA, Y MIZOBE, M HIDAI

    CHEMISTRY LETTERS   ( 4 )   611 - 614   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Tungsten alkenyldiazenido complexes reacted with isocyanates, isothiocyanate, and diphenylketene to give regioselectively alpha-acylated diazoalkane complexes after protonation. In the reaction of trans-[WF(NNCMe = CH2)(dpe)2] (dpe = Ph2PCH2CH2PPh2) with excess aryl isocyanates, alpha,alpha-diacylated diazoalkane complexes such as trans-[WF{NN = CMeCH(CONHPh)2}(dpe)2][BF4] were obtained, whose structure was determined by the X-ray analysis.

    Web of Science

    researchmap

  • OXIDATIVE ADDITION OF CHLOROBENZENE ON AN IRON-CYCLOPENTADIENYL CATION TO A LOW-VALENT PALLADIUM COMPLEX 査読

    T AOKI, Y ISHII, Y MIZOBE, M HIDAI

    CHEMISTRY LETTERS   1991 ( 4 )   615 - 618   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The oxidative addition of the coordinated chlorobenzene in [CpFe(C6H5Cl)][PF6] to Pd(PPh3)4 proceeds under THF-reflux conditions to give [CpFe{eta-6-[PdCl(PPh3)2]C6H5}][PF6]. X-ray analysis of this complex revealed that the phenyl ring is sigma-bound to Pd and pi-bound to Fe, and that the palladium center takes the cis-configuration. This complex reacts with CO/MeOH, CO/HNEt2, styrene, and methyl acrylate to give methyl benzoate, N,N-diethylbenzamide, stilbene, and methyl cinnamate, respectively, after photolysis.

    Web of Science

    researchmap

  • Regioselective Mono-and Di-C-acylation of Tungsten Diazoalkane Complexes via Alkylation of Tungsten Diazoalkane Complexes via Alkenyldiazenido Complexes 査読

    H. Miyagi, Y. Ishii, T. Aoshima, Y. Mizobe, M. Hidai

    Chem. Lett.   1991 ( 4 )   611 - 614   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • CONSTRUCTION OF POLYCYCLIC COMPOUNDS BY CYCLOCARBONYLATION .6. PALLADIUM-CATALYZED CYCLOCARBONYLATION OF 3-(HETEROARYL)ALLYL ACETATES 査読

    M IWASAKI, Y KOBAYASHI, JP LI, H MATSUZAKA, Y ISHII, M HIDAI

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   56 ( 5 )   1922 - 1927   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Acetoxybenzofurans, acetoxybenzothiophenes, acetoxyindoles, and acetoxycarbazoles were obtained in high yields by cyclocarbonylation of 3-furyl-, 3-thienyl-, 3-pyrrolyl-, and 3-indolylallyl acetates, respectively, in the presence of Ac2O, NEt3, and a catalytic amount of PdCl2(PPh3)2 at 130-170-degrees-C under 50-70 atm of CO. 3-(3-Furyl)allyl and 3-(3-thienyl)allyl acetates cyclized selectively at the 2-position of the heterocyclic nucleus to give 7-acetoxybenzofuran and 7-acetoxybenzothiophene, respectively. The synthetic utility of the reaction was demonstrated by the synthesis of cannabifuran from isothymol.

    Web of Science

    researchmap

  • NOVEL KETENE FORMATION BY REACTIONS OF ACID-CHLORIDES WITH LOW-VALENT PLATINUM COMPLEXES 査読

    Y ISHII, Y KOBAYASHI, M IWASAKI, M HIDAI

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   405 ( 1 )   133 - 140   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA LAUSANNE  

    Pt(CO)n(PPh3)4-n (n = 0-2) reacts with Ph2CHCOCl under CO to afford diphenylketene and trans-PtHCl(PPh3)2. For this reaction, the rate law is zero order in the platinum complex, first order in Ph2CHCOCl, and first order in free PPh3. A primary isotope effect (k(H)/k(D) = 4.5) was observed in the reaction of Ph2CDCOCl. A mechanism is proposed which involves the rate-determining enolization of Ph2CHCOCl by PPh3 followed by fast abstraction of HCl by a platinum(0) complex.

    Web of Science

    researchmap

  • Palladium Catalyzed Cyclocarbonylation of 3-(Heteroaryl) allyl Acetates 査読

    M. Iwasaki, Y. Kobayashi, J. Li, H. Matsuzaka, Y. Ishii, M. Hidai

    J. Org. Chem.   56 ( 5 )   1923 - 1927   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • PREPARATION AND PROPERTIES OF MOLYBDENUM AND TUNGSTEN DINITROGEN COMPLEXES .29. REGIOSELECTIVE ALKYLATION OF TUNGSTEN DIAZOALKANE COMPLEXES VIA ALKENYLDIAZENIDO COMPLEXES 査読

    Y ISHII, H MIYAGI, M HIDAI

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS   1990 ( 22 )   1569 - 1571   1990年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Web of Science

    researchmap

  • ASYMMETRIC-SYNTHESIS OF (R) AND (S)-4-(SUBSTITUTED BENZYL)DIHYDROFURAN-2(3H)-ONES - AN APPLICATION OF THE RUTHENIUM BINAP COMPLEX-CATALYZED ASYMMETRIC HYDROGENATION OF ALKYLIDENESUCCINIC ACIDS 査読

    L SHAO, S MIYATA, H MURAMATSU, H KAWANO, Y ISHII, M SABURI, Y UCHIDA

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-PERKIN TRANSACTIONS 1   1990 ( 5 )   1441 - 1445   1990年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Web of Science

    researchmap

  • ASYMMETRIC HYDROGENATION OF PROCHIRAL ALKENES CATALYZED BY RUTHENIUM COMPLEXES OF (R)-(+)-2,2'-BIS(DIPHENYLPHOSPHINO)-1,1'-BINAPHTHYL 査読

    H KAWANO, T IKARIYA, Y ISHII, M SABURI, S YOSHIKAWA, Y UCHIDA, H KUMOBAYASHI

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-PERKIN TRANSACTIONS 1   1989 ( 9 )   1571 - 1575   1989年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Web of Science

    researchmap

  • HOMOGENEOUS MULTIMETALLIC CATALYSTS .9. HYDROFORMYLATION OF NORBORNENE BY COBALT RUTHENIUM BIMETALLIC CATALYST 査読

    Y ISHII, M SATO, H MATSUZAKA, M HIDAI

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS   54 ( 2 )   L13 - L17   1989年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

    researchmap

  • DOUBLE ASYMMETRIC HYDROGENATION OF CONJUGATED DIENES CATALYZED BY RUTHENIUM BINAP COMPLEXES 査読

    H MURAMATSU, H KAWANO, Y ISHII, M SABURI, Y UCHIDA

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS   1989 ( 12 )   769 - 770   1989年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Web of Science

    researchmap

  • HIGHLY SELECTIVE SYNTHESIS OF ALDONOLACTONES FROM PROTECTED ALDITOLS BY RUTHENIUM COMPLEX-CATALYZED DEHYDROGENATION - A METHOD OF CONVERTING ALDOPENTOSES TO THEIR STEREOISOMERS 査読

    M SABURI, Y ISHII, N KAJI, T AOI, SASAKI, I, S YOSHIKAWA, Y UCHIDA

    CHEMISTRY LETTERS   1989 ( 4 )   563 - 566   1989年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

    researchmap

  • SYNTHESIS OF BENZOFURANS AND BENZOTHIOPHENES BY PALLADIUM CATALYZED CYCLOCARBONYLATION OF 3-FURYLALLYL AND 3-THIENYLALLYL ACETATES 査読

    M IWASAKI, JP LI, Y KOBAYASHI, H MATSUZAKA, Y ISHII, M HIDAI

    TETRAHEDRON LETTERS   30 ( 1 )   95 - 98   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Preparation and Reactions of a Novel Five-Coordinate Ruthenium Complex [RuH(BINAP)2] PF6 and Formation of the first Chiral Molecular Hydrogen Complex [RuH(2-H2)(BINAP)2] PF6 (BINAP = (R)-Bis(diphenylphosphino)-1,1'-binaphthyl) 査読

    T. Tsukahara, H. Kawano, Y. Ishii, T. Takahashi, M. Saburi, Y. Uchida, S. Akutagawa

    Chem. Lett.   1988 ( 12 )   2055 - 2058   1988年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Chemical Society of Japan  

    A five-coordinate ruthenium complex with the chiral bisphosphine, (R)-2,2′-bis(diphenylphosphino)-1,1′-binaphthyl (BINAP), [RuH(BINAP)2]PF6 (1) was prepared. The complex 1 was found to be a mixture of two isomers in solution. The exposure of 1 to hydrogen gas gave a chiral molecular hydrogen complex, trans-[RuH(η2-H2)(BINAP)2]PF6 (2). [RuD(η2-HD)(BINAP)2]+ ion formed by introducing D2 gas into a THF-d8 solution of 1 has a H-D coupling constant J(H,D) = 30 Hz (1:1:1), diagnostic of η2-HD complex.

    DOI: 10.1246/cl.1988.2055

    researchmap

  • CONSTRUCTION OF POLYCYCLIC SYSTEMS BY CYCLOCARBONYLATION .3. A NOVEL PALLADIUM-CATALYZED OR PLATINUM-CATALYZED CYCLOCARBONYLATION REACTION OF CINNAMYL COMPOUNDS FOR SYNTHESIS OF 1-NAPHTHOL DERIVATIVES 査読

    H MATSUZAKA, Y HIROE, M IWASAKI, Y ISHII, Y KOYASU, M HIDAI

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   53 ( 16 )   3832 - 3838   1988年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • CONSTRUCTION OF POLYCYCLIC COMPOUNDS BY CYCLOCARBONYLATION .4. HIGHLY SELECTIVE SYNTHESIS OF PHENANTHRYL ACETATES BY PALLADIUM CATALYZED CYCLOCARBONYLATION OF NAPHTHYLALLYL ACETATES 査読

    M IWASAKI, H MATSUZAKA, Y HIROE, Y ISHII, Y KOYASU, M HIDAI

    CHEMISTRY LETTERS   1988 ( 7 )   1159 - 1162   1988年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

    researchmap

  • Preparation and Reactivities of trans-[(E-PhCH=CHCH2CO)MBr(PPh3)2] (M = Pd, Pt) as Key Intermediates for Cyclocarbonylation of Cinnamyl Compounds 査読

    H. Matsuzaka, Y. Hiroe, M. Iwasaki, Y. Ishii, Y. Koyasu, M. Hidai

    Chem. Lett.   1988 ( 2 )   377 - 380   1988年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • RUTHENIUM(II)-BINAP CATALYZED STEREOSELECTIVE HOMOGENEOUS HYDROGENATION OF 1,3-DIKETONES 査読

    H KAWANO, Y ISHII, M SABURI, Y UCHIDA

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS   1988 ( 2 )   87 - 88   1988年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Web of Science

    researchmap

  • RUTHENIUM(II)-BINAP COMPLEX CATALYZED ASYMMETRIC HYDROGENATION OF UNSATURATED DICARBOXYLIC-ACIDS 査読

    H KAWANO, Y ISHII, T IKARIYA, M SABURI, S YOSHIKAWA, Y UCHIDA, H KUMOBAYASHI

    TETRAHEDRON LETTERS   28 ( 17 )   1905 - 1908   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • MOLECULAR-STRUCTURE OF A CATALYTICALLY ACTIVE CHIRAL RUTHENIUM(II) COMPLEX - CHLOROHYDRIDOBIS[(R)-2,2'-BIS(DIPHENYLPHOSPHINO)-1,1'-BINAPHTHYL]RUTHENIUM(II) 査読

    H KAWANO, Y ISHII, T KODAMA, M SABURI, Y UCHIDA

    CHEMISTRY LETTERS   1987 ( 7 )   1311 - 1314   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

    researchmap

  • REGIOSELECTIVE AND STEREOSELECTIVE DEHYDROGENATION OF ALPHA,OMEGA-DIOLS CATALYZED BY A RHODIUM HYDRIDE COMPLEX 査読

    Y ISHII, K SUZUKI, T IKARIYA, M SABURI, S YOSHIKAWA

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   51 ( 14 )   2822 - 2824   1986年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Ruthenium Complex Catalyzed Regioselective Dehydrogenation of Unsymmetrical α,ω-Diols 査読

    Y. Ishii, K. Osakada, T. Ikariya, M. Saburi, S. Yoshikawa

    J. Org. Chem.   51 ( 11 )   2034 - 2039   1986年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • HIGHLY REGIOSELECTIVE LACTONE FORMATION CATALYZED BY RUTHENIUM COMPLEXES - AN APPLICATION TO SYNTHESIS OF ARYLNAPHTHALENE LIGNANS 査読

    Y ISHII, T IKARIYA, M SABURI, S YOSHIKAWA

    TETRAHEDRON LETTERS   27 ( 3 )   365 - 368   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • ルテニウム錯体を触媒とするジオールのエナンチオ場区別脱水素反応 査読

    石井洋一, 佐々木一郎, 碇屋隆雄, 佐分利正彦, 吉川貞雄

    日本化学会誌   1985 ( 3 )   465 - 472   1985年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本化学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • STEREOCHEMISTRY AND RELATIVE STABILITY OF ISOMERS OF TRANS-DICHLOROCOBALT(III) COMPLEXES WITH CHIRALLY SUBSTITUTED 3,7-DIAZANONANE-1,9-DIAMINE 査読

    M SABURI, Y ISHII, S OBATA, M YAMAGUCHI, S YOSHIKAWA

    INORGANIC CHEMISTRY   24 ( 4 )   527 - 533   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • SYNTHESIS OF NOVEL CHIRAL RUTHENIUM COMPLEXES OF 2,2'-BIS(DIPHENYLPHOSPHINO)-1,1'-BINAPHTHYL AND THEIR USE AS ASYMMETRIC CATALYSTS 査読

    T IKARIYA, Y ISHII, H KAWANO, T ARAI, M SABURI, S YOSHIKAWA, S AKUTAGAWA

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS   1985 ( 13 )   922 - 924   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Web of Science

    researchmap

  • REGIOSELECTIVE HYDROGENATION OF UNSYMMETRICALLY SUBSTITUTED CYCLIC ANHYDRIDES CATALYZED BY RUTHENIUM COMPLEXES WITH PHOSPHINE-LIGANDS 査読

    T IKARIYA, K OSAKADA, Y ISHII, S OSAWA, M SABURI, S YOSHIKAWA

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   57 ( 3 )   897 - 898   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

    researchmap

  • Catalytic Regioselective Dehydrogenation of Unsymmetrical α,ω-Diols Using Ruthenium Complexes 査読

    Y. Ishii, K. Osakada, T. Ikariya, M. Saburi, S. Yoshikawa

    Tetrahedron Lett.   24 ( 26 )   2677 - 2680   1983年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • CATALYTIC ENANTIOTOPOS DIFFERENTIATING DEHYDROGENATION OF PROCHIRAL DIOLS USING RUTHENIUM COMPLEX WITH DIOP 査読

    Y ISHII, K OSAKADA, T IKARIYA, M SABURI, S YOSHIKAWA

    CHEMISTRY LETTERS   1982 ( 8 )   1179 - 1182   1982年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 錯体化学 有機・無機複合体の分子科学

    棚瀬知明, 石井洋一, 猪股智彦, 梶原孝志, 北河康隆( 担当: 共著)

    三共出版  2021年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:481   記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 改定6版化学便覧基礎編 無機化合物・錯体・有機金属・生物無機錯体・超分子化合物の性質

    ( 担当: 共著)

    丸善  2021年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • UV硬化樹脂の配合設計、特性評価と新しい応用 有機-金属複合型光酸発生剤の構造と物性

    小玉晋太朗, 石井洋一( 担当: 共著)

    (株)技術情報協会  2017年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:623   担当ページ:90-100   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • ハートウィッグ有機遷移金属化学

    ハートウィグ(著, 小宮三四郎, 穐田宗隆, 岩澤伸治( 担当: 共訳)

    東京化学同人  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • ナノスケール・ミクロスケールから見えるビックな世界

    新藤斎(編)ほか( 担当: 共著)

    中央大学出版部  2013年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:359   担当ページ:20   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • ハウスクロフト無機化学

    ハウスクロフト(著, 巽和行, 西原寛, 穐田宗隆, 酒井健( 担当: 共訳)

    東京化学同人  2012年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:1060   担当ページ:79   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 若手研究者のための有機・高分子測定ラボガイド

    石井洋一, 野瀬卓平, 堀江一之, 金谷利治編( 担当: 共著)

    講談社サイエンティフィク  2006年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:343   担当ページ:166-174   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Two Approaches to Multimetallic Catalysis: Combined Use of Metal Complexes and Multinuclear Complex Catalysts (in Multimetallic Catalysts in Organic Synthesis, Ed. by M. Shibasaki and Y. Yamamoto)

    Y. Ishii, M. Hidai( 担当: 共著)

    Wiley-VCH  2004年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:295   担当ページ:201-223   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 第5版実験化学講座(22) 9族金属錯体Rh, Ir

    石井洋一( 担当: 共著)

    丸善(日本化学会編)  2004年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:538   担当ページ:101-111   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 改定5版化学便覧基礎編I 無機化合物・錯体・有機金属化合物の性質

    石井洋一ほか( 担当: 共著)

    丸善  2004年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Intramolecular Acylpalladation with Arenes, (in Handbook of Organopalladium Chemistry for Organic Synthesis)

    Y. Ishii, M. Hidai, E.-I.Negishi ed( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons, Inc.  2002年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:2553-2558   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Novel Chemical Transformations at Diruthenium Centres Bridged by Thiolato Ligands (in Modern Coordination Chemistry)

    M. Hidai, Y. Ishii, S. Kuwata( 担当: 共著)

    Royal Society of Chemistry  2002年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp208-216   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 空気から酸素を吸収-放出する化合物、楽しい科学の実験室Ⅱ

    浅見真年( 担当: 共著)

    東京化学同人  1995年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:141   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Novel Carbonylation Reactions Catalyzed by Transition Metal Complexes (in Advances in Metal-Organic Chemistry, Vol.4)

    M. Hidai, Y. Ishii( 担当: 共著)

    JAI Press Inc.  1995年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:317   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 第4版実験化学講座(18) 有機金属錯体

    石井洋一( 担当: 共著)

    丸善  1990年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:557   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 現代有機化学の基礎

    干鯛眞信, 石井洋一( 担当: 共著)

    昭晃堂  1989年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:200   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • Vinylidene Complexes 査読

    Takahiro Iwamoto, Youichi Ishii

    Encyclopedia of Inorganic and Bioinorganic Chemistry   1 - 14   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/9781119951438.eibc2800

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/9781119951438.eibc2800

  • 8族金属錯体による内部アルキンの新規活性化法の開拓と有機合成への応用 査読

    武藤雄一郎, 石井洋一, 斎藤慎一

    有機合成化学協会誌   78 ( 7 )   691 - 702   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:有機合成化学協会  

    researchmap

  • Mechanistic insight into organic and industrial transformations: general discussion

    Yutaka Aoki, Matthias Bauer, Thomas Braun, Jamie A. Cadge, George E. Clarke, Derek J. Durand, Odile Eisenstein, Simone Gallarati, Megan Greaves, Jeremy Harvey, Anthony Haynes, Ulrich Hintermair, Alison N. Hulme, Youichi Ishii, Martin Jakoobi, Vidar R. Jensen, Pierre Kennepohl, Shigeki Kuwata, Aiwen Lei, Guy Lloyd-Jones, Jennifer Love, Jason Lynam, Stuart Macgregor, Robert H. Morris, David Nelson, Aaron Odom, Robin Perutz, Markus Reiher, Joseph Renny, Jana Roithova, Laurel Schafer, Samuel Scott, Peter W. Seavill, John Slattery, Toshiro Takao, James Walton, Jonathan D. Wilden, Chun-Yuen Wong, Tom Young

    FARADAY DISCUSSIONS   220   282 - 316   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    DOI: 10.1039/C9FD90072A

    Web of Science

    researchmap

  • Understanding unusual element-element bond formation and activation: general discussion

    Yutaka Aoki, Thomas Braun, David Davies, Odile Eisenstein, Ian Fairlamb, Natalie Fey, Mike George, Christopher Goult, Alexander Hamilton, Zhiliang Huang, Youichi Ishii, Martin Jakoobi, Shigeki Kuwata, Guy Lloyd-Jones, Jennifer Love, Jason Lynam, Stuart Macgregor, Todd B. Marder, Patrick Morgan, Joseph Mwansa, Aaron Odom, Robin Perutz, Markus Reiher, John Slattery, Maria Talavera, Gilian Thomas, Chun-Yuen Wong

    FARADAY DISCUSSIONS   220   376 - 385   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    DOI: 10.1039/C9FD90071C

    Web of Science

    researchmap

  • Physical methods for mechanistic understanding: general discussion

    Yutaka Aoki, Matthias Bauer, Thomas Braun, Jamie Cadge, David Davies, Derek J. Durand, Odile Eisenstein, Daniel Ess, Ian Fairlamb, Natalie Fey, Simone Gallarati, Mike George, Megan Greaves, Meghan Halse, Alexander Hamilton, Jeremy Harvey, Anthony Haynes, Ulrich Hintermair, Alison N. Hulme, Youichi Ishii, Martin Jakoobi, Vidar R. Jensen, Pierre Kennepohl, Shigeki Kuwata, Aiwen Lei, Guy Lloyd-Jones, Jennifer Love, Kevin Lovelock, Jason Lynam, Stuart Macgregor, Todd B. Marder, Evert Jan Meijer, Patrick Morgan, Robert H. Morris, Joseph Mwansa, David Nelson, Aaron Odom, Robin Perutz, Markus Reiher, Joseph Renny, Jana Roithova, Laurel Schafer, David Schilter, Samuel Scott, John Slattery, James Walton, Jonathan D. Wilden, Chun-Yuen Wong, Tolga Yaman, Tom Young

    FARADAY DISCUSSIONS   220   144 - 178   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    DOI: 10.1039/C9FD90070E

    Web of Science

    researchmap

  • 金属との錯形成により感光波長を変更できる配位子型光酸発生剤の開発 (特集 革新的先進材料の開発と応用)

    小玉 晋太朗, 木曽川 悠太, 石井 洋一

    ケミカルエンジニヤリング = Chemical engineering   59 ( 12 )   934 - 939   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:化学工業社  

    CiNii Books

    researchmap

  • Recent developments in the chemistry of seleno- and tellurocarbonyl complexes 査読

    Yuichiro Mutoh, Naoki Kozono, Kota Ikenaga, Youichi Ishii

    COORDINATION CHEMISTRY REVIEWS   256 ( 5-8 )   589 - 605   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    In this review, we describe the chemistry of seleno- (CSe) and tellurocarbonyl (CTe) complexes, which are heavy congeners of carbonyl (CO) complexes. The survey focuses mainly on recent developments made in this area of chemistry in the past 10 years. CSe and CTe complexes reported before 2000 are also reviewed. Metal thiocarbonyls (CS), which have been known for about 40 years. are not discussed in this account because of the existence of excellent up-to-date reviews of this area. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ccr.2011.12.002

    Web of Science

    researchmap

  • 鉄ニトリド(FeN)錯体も単離できる! 後周期遷移金属ニトリド錯体の新展開

    武藤雄一郎, 石井洋一

    化学   64 ( 11 )   72 - 73   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 遷移金属シアナミド錯体の化学 査読

    田辺資明, 石井洋一

    Bull. Jpn. Soc. Coord. Chem.   ( 48 )   59 - 68   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:錯体化学会  

    researchmap

  • シアナミド架橋錯体―多様性と反応性 招待

    石井洋一

    Organometallic News   47 - 50   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:近畿化学協会  

    researchmap

  • 改定されたFeMoコファクターの構造

    石井洋一

    Organometallic News   2003   20   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 均一系?不均一系?

    松川将治, 石井洋一

    触媒   44 ( 3 )   216 - 216   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    CiNii Books

    researchmap

  • イリジウム錯体を利用したn-アルカンからアルケンへの触媒的変換

    石井洋一

    触媒   42 ( 3 )   229   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 鉄ヒドロゲナーゼ活性中心の構造とモデル

    石井洋一

    Organometallic News   2000 ( 1 )   26   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:近畿化学協会  

    researchmap

  • Toward direct synthesis of organonitrogen compounds from dinitrogen: The chemistry of diazoalkane complexes derived from dinitrogen complexes 査読

    M Hidai, Y Ishii

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   69 ( 4 )   819 - 831   1996年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The hydrazido complexes trans-[MX(NNH2)(dppe)(2)](+) (3) and cis,mer-[MX(2)(NNH2)(PMe(2)Ph)(3)] (4) (M = Mo, W; X = halogen; dppe = 1,2-bis(diphenylphosphino)ethane), which are readily derived from dinitrogen complexes trans-[M(N-2)(2)(dppe)(2)] (1) and cis-[M(N-2)(2)(PMe(2)Ph)(4)] (2) by protonation with acid, undergo condensation with aldehydes or ketones (RR'C=O) to give a series of diazoalkane complexes, trans-[MX(NNCRR')(dppe)(2)](+) and cis,mer-[MX(2)(NNCRR')(PMe(2)Ph)(3)]. The diazoalkane ligand in those complexes has a singly-bent structure with the N-N-C bond angle of ca. 120 degrees and the essentially linear N-N-M bond, and may be regarded as a four-electron-donating ligand. Owing to the conjugate structure including the metal center M=N-N=CRR', the diazoalkane complexes exhibit various reactivities including nucleophilic addition, deprotonation, conjugate addition, and reductive dimerization. Condensation of hydrazido complexes 3 and 4 with dialdehydes or their equivalents leads to complexes with nitrogen heterocyclic ligands incorporating the terminal nitrogen atom by way of the cyclization of intermediary diazoalkane complexes. By this method are prepared complexes containing phthalimidine, 1,3-dihydro-2H-pyrrol-2-one, 1,5-dihydro-2N-pyrrol-2-one, and pyrrole moieties. Interestingly, the (l-pyrrolyl)imido complexes with dppe ligands trans-[MX(NNCH = CHCH = CH)(dppe)(2)](+) (26; M=Mo, W) undergo unusual electrophilic substitution reactions at the beta-position of the pyrrole ring. Various types of organonitrogen compounds such as acetone azine, pyrazoles, phthalimidines, pyrroles, and N-aminopyrrole are liberateded from the above complexes in good yields. As a typical reaction, pyrrole and N-aminopyrrole are formed by the LiAlH4 reduction of complexes 26. In this reduction, tetrahydrido complexes [MH(4)(dppe)(2)] (M = Mo, W) are obtained as the metal products, which can be converted back to the starting dinitrogen complexes 1. Thus, a synthetic cycle for the formation of pyrrole and N-aminopyrrole from dinitrogen has been accomplished by using dinitrogen complexes 1.

    Web of Science

    researchmap

  • Hydrodesulfurization of benzothiophene catalyzed by molybdenum sulfide cluster encapsulated into zeolites 査読

    M Taniguchi, S Yasuda, Y Ishii, T Murata, M Hidai, T Tatsumi

    11TH INTERNATIONAL CONGRESS ON CATALYSIS - 40TH ANNIVERSARY, PTS A AND B   101   107 - 116   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE PUBL B V  

    A cationic molybdenum sulfide cluster [Mo3S4(H2O)(9)](4+) with incomplete cubane-type structure and a cationic nickel-molybdenum mixed sulfide cluster [Mo3NiS4Cl(H2O)(9)](3+) With complete cubane-type structure were introduced into zeolites NaY, HUSY and KL by ion exchange. Stoichometry of the ion exchange was well established by elemental analyses. The UV-visible spectra and EXAFS analysis data exhibited that the structure of the molybdenum cluster remained virtually intact after ion exchange. MoNi/NaY catalyst prepared using the molybdenum-nickel sulfide cluster was found to be active and selective for benzothiophene hydrodesulfurization.

    Web of Science

    researchmap

  • 多中心金属上での触媒反応に向けて

    干鯛眞信, 石井洋一

    化学増刊   124 ( 124 )   63 - 68   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:化学同人  

    CiNii Books

    researchmap

  • SYNTHESIS AND REACTIVITIES OF DIAZOALKANE COMPLEXES 査読

    Y MIZOBE, Y ISHII, M HIDAI

    COORDINATION CHEMISTRY REVIEWS   139   281 - 311   1995年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA LAUSANNE  

    Diazoalkane complexes have been attracting wide interest because of their rich coordination chemistry. Diazoalkane ligands, derived from either free diazoalkanes or other precursors such as coordinated dinitrogen, azines, and hydrazones, display numerous coordination modes acting as pi- and/or sigma-bound terminal, bridging, or chelating ligands to form mono- or multimetallic complexes. The reactivities of coordinated diazoalkanes are largely affected by their coordination modes. The variety of reactivities observed for these coordinated diazoalkanes is quite different from those of free diazoalkanes. In this review are described the synthesis, structures, and reactivities of diazoalkane complexes.

    Web of Science

    researchmap

  • 空気から酸素を吸収-放出する化合物

    石井洋一

    現代化学   273   35 - 38   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • パラジウム錯体触媒を用いた環化カルボニル化 査読

    岩崎政和, 石井洋一, 干鯛眞信

    有機合成化学協会誌   49 ( 10 )   909 - 918   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • ルテニウム錯体を用いた触媒反応-ラクトン合成を中心とした選択性の追求-

    石井洋一

    化学と工業   40 ( 1 )   132 - 135   1987年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本化学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 擬四面体ルテニウム錯体上での配位子変換反応の立体化学

    石井洋一

    化学と工業   38 ( 6 )   460 - 461   1985年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ビフェニルホスフィンから誘導されるシクロメタレート錯体のアルキン挿入と環化異性化反応

    新谷 健太郎, 互井 孔貴, 半田 彩恵, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    日本化学会第104春季年会  ( 船橋市、日本大学 )   2024年3月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • ルテニウム-dppm錯体のRu–P結合への位置選択的アルキン挿入反応

    堀之内 陽樹, 木村 祐介, 池田 洋輔, 武藤 雄一郎, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    日本化学会第104春季年会  ( 船橋市、日本大学 )   2024年3月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • ホウ素置換内部アルキンのビニリデン転位

    三坪 拓矢, 坂尻 浩祐, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    日本化学会第104春季年会  ( 船橋市、日本大学 )   2024年3月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • アゾール類およびインドールで置換された内部アルキンのビニリデン転位

    穐本 純花, 鯉渕 領, 岩本 貴寛, 北條 博彦, 石井 洋一

    日本化学会第104春季年会  ( 船橋市、日本大学 )   2024年3月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • 2,2′-メチレンジフェノールから誘導されるジオキシテトリレン二量体の合成、構造およびCH···O水素結合

    杉原 明日香, 下垣内 理世, 石井 洋一, 桑原 拓也

    日本化学会第104春季年会  ( 船橋市、日本大学 )   2024年3月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表   国名:日本  

    researchmap

  • リンと炭素を配位部位とする7員環シクロメタレート錯体の合成とその応用

    石井 美帆, 小林 雄飛, 眞田 暁彦, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    日本化学会第104春季年会  ( 船橋市、日本大学 )   2024年3月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • 準安定配座固定による柔軟なマクロサイクル分子の効率的合成

    関口 若那, 芝間 夏樹, 前田 晃佑, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    日本化学会第104春季年会  ( 船橋市、日本大学 )   2024年3月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • ルテニウム錯体上での窒素置換内部アルキンのビニリデン転位

    穐本 純花, 三坪 拓矢, 青木 寛, 坂尻 浩介, 桑原 拓也, 岩本 貴寛, 石井洋一

    錯体化学会第 73 回討論会  ( 水戸市、水戸市民会館 )   2023年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アントラキノジメタンリンカーを有するテトラピリジル配位子を用いた近接型二核錯体の合成

    五月女 裕太, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    錯体化学会第 73 回討論会  ( 水戸市、水戸市民会館 )   2023年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • フェニルピラゾリル基をもつアルケニルロダサイクルのβ-炭素脱離

    海老原 拓哉, 高桑 智就, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    錯体化学会第 73 回討論会  ( 水戸市、水戸市民会館 )   2023年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Reactivities of Benzo- and Benzofuran-fused Iridaoxabenzenes

    阿部田 陽奈子, 鈴木 美香, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    第69回有機金属化学討論会  ( 吹田市、大阪大学 )   2023年9月  近畿化学協会有機金属部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月    

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シロキサン結合を鍵とする柔軟な有機ケージの合成と機能開拓

    前田晃佑, 岩本貴寛, 本田暁紀, 石井洋一

    第33回基礎有機化学討論会  ( 岡山市、岡山コンベンションセンター )   2023年9月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アントラキノジメタンを架橋部位とするテトラピリジル配位子の合成と配位挙動

    五月女 裕太, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    日本化学会第103春季年会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シロキサン結合を鍵とする柔軟な骨格を持つ有機ケージの創製

    前田 晃佑, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    日本化学会第103春季年会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジベンゾおよびジナフトシレピニルジアニオンの超共役的反芳香族性に及ぼす置換基効果

    口石 大貴, 小林 加奈, 桑原 拓也, 石井 洋一

    日本化学会第103春季年会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ベンゼン環およびベンゾフラン環が縮環したイリダオキサベンゼンの反応性

    阿部田 陽奈子, 石井 洋一, 岩本 貴寛, 鈴木 美香

    日本化学会第103春季年会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • London分散力で制御されるジアリーロキシテトリレン二量体構造の堅牢性

    杉原明日香, 山崎遼, 桑原拓也, 石井洋一

    錯体化学会第72回討論会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • カリックス[4]アレーンイリジウム錯体に対するカチオン性ルテニウムフラグメントの選択的配位

    長谷川 響, 岩本 貴寛, 石井 洋一

    錯体化学会第72回討論会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アントラキノジメタン架橋テトラピリジル配位子の配位挙動

    五月女裕太, 岩本貴寛, 石井洋一

    錯体化学会第72回討論会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • フッ素置換ピリジルフェニルロジウム錯体とシクロプロピルアルキンの挿入/開環反応の機構

    司馬友里, 高桑智就, 佐貫黙雷, 秋山世治, 桑原拓也, 岩本貴寛, 石井洋一

    第130回触媒討論会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ルテニウム錯体上でのホウ素置換内部アルキンのビニリデン転位

    三坪拓矢, 青木寛, 坂尻浩祐, 桑原拓也, 岩本貴寛, 石井洋 一

    第68回有機金属化学討論会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Sequential Insertion/Ring-Opening Reactions of Ccyclopropylalkynes with Fluorinated Pyridiyphenyl Complexes

    Y. Shiba, T. Takakuwa, M. Sanuki, S. Akiyama, T. Kuwabara, T. Iwamoto, Y. Ishii

    44th International Conference on Coordination Chemistry  2022年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月 - 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ルテニウム錯体上でのホウ素置換基内部アルキンのビニリデン転位

    三坪拓矢, 青木寛, 坂尻浩祐, 桑原拓也, 岩本貴寛, 石井洋一

    日本化学会第102春季年会  ( オンライン )   2022年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FT-IR によるアミノ基修飾 SBA-15と窒化 SBA-15 の CO2吸着特性評価

    河野愛紗, 佐藤歩実, 小倉賢, 石井 洋一

    日本化学会 第102春季年会  ( オンライン )   2022年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Observation of β-Carbon Elimination of Alkynes from a Vinylrhodium Complex 国際会議

    T. Takakuwa, M. Kakimoto, M. Sanuki, T. Namba, T. Kuwabara, T. Iwamoto, Y. Ishii

    Pacifichem2021  ( オンライン )   2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Negative hyperconjugative antiaromaticity of a dilithium diphenyldibenzosilepinide 国際会議

    S. Ito, Y. Ishii, T. Kuwabara

    Pacifichem2021  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis and Structures of Calix- and Thiacalix[4]arene Tetrylenes 国際会議

    R. Kuriki, T. Kuwabara, H. Mori, Y. Ishii

    Pacifichem2021  ( オンライン )   2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ジベンゾシレピニルジアニオンの三量体の合成と超共役的反芳香族性

    伊藤正太郎, 石井洋一, 桑原拓也

    第48回有機典型元素化学討論会  ( オンライン )   2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジフェノール類のCH結合活性化による共役系イリダサイクルの合成

    鈴木美香, 岩本貴寛, 桑原拓也, 石井洋一

    錯体化学会第71回討論会  ( オンライン )   2021年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フッ素置換ピリジルフェニエル錯体とシクロプロピルアルキンの挿入/開環反応に関する研究

    司馬友里, 高桑智就, 佐貫黙雷, 岩本貴寛, 桑原拓也, 石井洋一

    錯体化学会第71回討論会  ( オンライン )   2021年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 置換ピリジルフェニルロジウム錯体とアルキンの反応における置換基効果

    高桑智就, 桑原拓也, 岩本貴寛, 石井洋一

    錯体化学会第71回討論会  ( オンライン )   2021年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヘテロ元素置換基を持つルテニウムビニリデン錯体の逆ビニリデン転位

    齋藤京花, 岩本貴寛, 桑原拓也, 石井洋一

    第67回有機金属化学討論会  ( オンライン )   2021年9月  近畿化学協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ir(III)錯体上でのジフェノール類の多重CH結合活性化

    鈴木 美香, 桑原 拓也, 石井 洋一

    日本化学会第101春季年会  ( オンライン )   2021年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジリチウムジベンゾゲルメピニドの合成、構造および超共役的反芳香族性

    野口 尚弥, 伊藤 正太郎, 桑原 拓也, 石井 洋一

    日本化学会第101春季年会  ( オンライン )   2021年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 置換ピリジルフェニルロジウム錯体とアルキンの反応における置換基効果

    高桑 智就, 柿本 萌衣, 佐貫 黙雷, 難波 孝行, 岩本 貴寛, 桑原 拓也, 石井 洋一

    日本化学会第101春季年会  ( オンライン )   2021年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヘテロ元素置換基を持つルテニウムビニリデン錯体の逆ビニリデン転位

    齋藤京花, 岩本貴寛, 桑原拓也, 石井洋一

    日本化学会第101春季年会  ( オンライン )   2021年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超共役的反芳香族化合物の合成およびその二量体における反芳香族性の低下

    伊藤 正太郎, 桑原 拓也, 石井 洋一

    日本化学会第101春季年会  ( オンライン )   2021年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    A17-1am-07

    researchmap

  • メチレンジフェノールから誘導されるスタンニレンの合成とその性質

    杉原明日香, 栗木隆之介, 桑原拓也, 石井洋一

    日本化学会第101春季年会  ( オンライン )   2021年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超共役を利用した含ケイ素反芳香族化合物の合成と性質

    伊藤正太郎, 桑原拓也, 石井洋一

    第47回有機典型元素化学討論会  ( オンライン )   2020年12月  有機典型元素化学討論会実行委員会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジリチウムジベンゾシレピニドの合成、構造および反芳香族性

    伊藤正太郎, 桑原拓也, 石井洋一

    第24回ケイ素化学協会シンポジウム  ( オンライン )   2020年11月  ケイ素化学協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ir(III)に配位したカリックス[4]アレーンへの末端アルキン挿入による環拡大反応と環拡大カリックスアレーンの配位挙動

    森大樹, 山崎拓哉, 桑原拓也, 石井洋一

    錯体化学会第70回討論会  ( オンライン )   2020年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ir錯体上での15,16族元素置換内部アルキンのビニリデン転位

    青木寛, 高森修平, 桑原拓也, 石井洋一

    錯体化学会第70回討論会  ( オンライン )   2020年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 1-ナフチルホスフィンから誘導されるビニルロジウム錯体におけるアルキンのβ-炭素脱離

    澁谷昂志, 加藤崇博, 桑原拓也, 石井洋一

    錯体化学会第70回討論会  ( オンライン )   2020年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フッ素置換ピリジルフェニル錯体から誘導されるビニルロジウム錯体におけるアルキンのβ-炭素脱離

    高桑智就, 柿本萌衣, 佐貫黙雷, 難波孝行, 桑原拓也, 石井洋一

    錯体化学会第70回討論会  ( オンライン )   2020年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鉄錯体上でのスルホニルおよびチオアルキンのビニリデン転位と生成物のクロミズム挙動

    関口雄平, 青木寛, 桑原拓也, 石井洋一

    日本化学会第100春季年会  ( 東京理科大学野田キャンパス(野田) )   2020年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ビニルロジウム錯体からのアルキンのβ-炭素脱離の観測 (1)

    澁谷昂志, 桑原拓也, 石井洋一

    日本化学会第100春季年会  ( 東京理科大学野田キャンパス(野田) )   2020年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ビニルロジウム錯体からのアルキンのβ-炭素脱離の観測 (2)

    高桑智就, 難波孝行, 桑原拓也, 石井洋一

    日本化学会第100春季年会  ( 東京理科大学野田キャンパス(野田) )   2020年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ir錯体上での15,16族元素置換内部アルキンのビニリデン転位

    青木寛, 高森修平, 桑原拓也, 石井洋一

    日本化学会第100春季年会  ( 東京理科大学野田キャンパス(野田) )   2020年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スタンナシクロペンタジエニルカチオンの合成検討

    北村浩平, 桑原拓也, 石井洋一

    日本化学会第100春季年会  ( 東京理科大学野田キャンパス(野田) )   2020年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ir(III)錯体に配位したカリックス[4]アレーンへの末端アルキン挿入による環拡大反応

    森大樹, 山崎拓哉, 桑原拓也, 石井洋一

    日本化学会第100春季年会  ( 東京理科大学野田キャンパス(野田) )   2020年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カリックスおよびチアカリックス[4]アレーンテトリレン錯体の合成と構造

    栗木隆之介, 桑原拓也, 石井洋一

    第46回有機典型元素化学討論会  ( 松山大学(松山) )   2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthetic Studies of a Tin Analog of Cyclopentadienyl Cation 国際会議

    K. Kitamura, T. Kuwabara, Y. Ishii

    International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tin and Lead  ( 埼玉大学(さいたま) )   2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis of Tin-Containing Dianionic Antiaromatic Compounds 国際会議

    S. Ito, T. Kuwabara, Y. Ishii

    International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tin and Lead  ( 埼玉大学(さいたま) )   2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ロジウム錯体上でのピリドイソキニリニウムへのN-C還元的脱離に及ぼすフッ素置換基の効果

    難波孝行, 柿本芽衣, 佐貫黙雷, 桑原拓也, 石井洋一

    第66回有機金属化学討論会  ( 首都大学東京(八王子) )   2019年9月  近畿化学協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 15, 16族元素置換基を持つRu二置換ビニリデン錯体のクロミズム挙動の解明

    青木寛, 坂尻浩祐, 出口和樹, 桑原拓也, 小玉晋太朗, 鷹野景子, 北條博彦, 石井洋一

    錯体化学会第69回討論会  ( 名古屋大学(名古屋) )   2019年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ルテニウムピラーアレーン錯体の合成と物性

    堤崎悠飛, 桑原拓也, 石井洋一

    錯体化学会第69回討論会  ( 名古屋大学(名古屋) )   2019年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ピリジルフェニル配位子をもつ9族金属錯体上でのアルキンの酸素酸化反応

    難波孝行, 秋山世治, 小玉晋太朗, 桑原拓也, 石井洋一

    錯体化学会第69回討論会  ( 名古屋大学(名古屋) )   2019年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Cp*Irノルボルネン錯体における1,4-Ir転移とレトロDiels-Alder反応に関する量子化学的研究

    山中聡美, 土田敦子, 熊谷進, 本多 峻也, 桑原拓也, 小玉晋太朗, 石井洋一, 鷹野景子

    第13回分子科学討論会  ( 名古屋大学(名古屋) )   2019年9月  分子科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    4P089

    researchmap

  • Formation of carbene-bridged dinuclear iridium complexes through double C-H activation of 2,2'-methylenebisphenols 国際会議

    Y. Ishii

    Faraday Discussions  ( York (UK) )   2019年9月  Royal Society of Chemistry

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • メタラシクロヘプタトリエニルジアニオンの合成とその反芳香族性

    伊藤正太郎, 桑原拓也, 石井洋一

    第30回 基礎有機化学討論会  ( 大阪国際交流センター(大阪) )   2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthetic Research of Tin Containing Seven-Membered Ring Antiaromatic Compound 国際会議

    S. Ito, T. Kuwabara, Y. Ishii

    The 13th International Conference on Heteroatom Chemistry  ( Prague, Czech Republic )   2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthesis, Structures and Fluorescence Properties of Phosphaphenalenium Salts 国際会議

    T. Kuwabara, T. Kato, Y. Minami, T. Hiyama, Y. Ishii

    The 13th International Conference on Heteroatom Chemistry  ( Prague, Czech Republic )   2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthesis and Reactivity of exo/endo-Calix[4]arene Plumbylene Complexes 国際会議

    R. Kuriki, T. Kuwabara, Y. Ishii

    The 13th International Conference on Heteroatom Chemistry  ( Prague, Czech Republic )   2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ピリジルフェニル配位子をもつ9族金属錯体上でのアルキンの酸素酸化反応

    難波孝行, 秋山世治, 桑原拓也, 小玉 晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第99春季年会  ( 甲南大学(神戸) )   2019年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ビスフェノール類の二重CH活性化によるカルベン架橋Ir二 核錯体の合成

    鳥海拓矢, 石川幹也, 桑原拓也, 小玉 晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第99春季年会  ( 甲南大学(神戸) )   2019年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 15・16族元素置換基を持つルテニウム二置換ビニリデン錯体 の合成とそのクロミズム挙動

    坂尻浩祐, 青木 寛, 出口和樹, 桑原拓也, 北條博彦, 石井洋一

    日本化学会第99春季年会  ( 甲南大学(神戸) )   2019年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スタンナシクロヘプタトリエニリデンの合成と反応性

    伊藤正太郎, 桑原拓也, 石井洋一

    日本化学会第99春季年会  ( 甲南大学(神戸) )   2019年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthetic Studies of a Silylene Complex of Calix[4]arene

    R. Kuriki, T. Kuwabara, Y. Ishii

    日本化学会第99春季年会  ( 甲南大学(神戸) )   2019年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 二重CH活性化によるカリックス[8]アレーンIr二核錯体の合成

    鳥海拓矢, 桑原拓也, 小玉晋太朗, 石井洋一

    第65回有機金属化学討論会  ( 同志社大学 )   2018年9月  近畿化学協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シクロヘプタトリエニルアニオン高周期類縁体の合成

    伊藤正太郎, 桑原拓也, 石井洋一

    第65回有機金属化学討論会  ( 同志社大学 )   2018年9月  近畿化学協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モリブデン(0)錯体による内部アシルおよびスルホニルアルキンのビニリデン転位

    坂尻浩祐, 大山陽祐, 桑原拓也, 小玉晋太朗, 石井洋一

    第65回有機金属化学討論会  ( 同志社大学 )   2018年9月  近畿化学協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Rh(III)ホスフィン錯体からの P-C 還元的脱離によるホスファフェナレン誘導体の合成

    加藤崇博, 清水颯太, 中村峻之, 小玉晋太朗, 桑原拓也, 石井洋一

    第122回触媒討論会  ( 北海道教育大学函館校 )   2018年9月  触媒学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Interconversion of Nonionic Vanadium Oxide Cluster Complexes Involving Redox Reactions of Vanadium 国際会議

    S. Kodama, Y. Inoue, N. Taya, H. Sato, K. Oh-ishi, Y. Ishii

    43rd International Conference on Coordination Chemistry  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • P–C Reductive Elimination in Ru(II) Complexes to Convert Triarylphosphine Ligands into π-Conjugated Phosphacycles 国際会議

    T. Kato, K. Takano, T. Kuwabara, S. Kodama, Y. Minami, T. Hiyama, Y. Ishii

    28th International Conference on Organometallic Chemistry  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 1,4-Metal Migration vs Epimerization–Retro-Diels-Alder Reaction Triggered by Norbornadiene Insertion at Cp*M Complexes (M = Rh, Ir) 国際会議

    S. Kumagai, S. Honda, K. Takano, T. Kuwabara, S. Kodama, S. Yamanaka, N. Tsuchida, K. Takano, Y. Ishii

    28th International Conference on Organometallic Chemistry  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Vinylidene Rearrangement of Internal Acyl- and Sulfonylalkynes in Molybdenum(0) Complexes 国際会議

    K. Sakajiri, Y. Oyama, T. Kuwabara, S. Kodama, Y. Ishii

    28th International Conference on Organometallic Chemistry  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis of a Calix[8]arene Complex with a Diiridium Core inside the Cavity through Double CH Activation 国際会議

    T. Toriumi, T. Kuwabara, S. Kodama, Y. Ishii

    28th International Conference on Organometallic Chemistry  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Vinylidene Rearrangement of Groups 15 and 16 Element Substituted Internal Alkynes 国際会議

    S. Takamori, K. Sakajiri, K. Deguchi, S. Kodama, T. Kuwabara, Y. Ishii

    28th International Conference on Organometallic Chemistry  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Stepwise Dissociation of Pentamethylcyclopentadienyl Ligand in an (η5-Cp*)Ir Complex with a κ3-O,C,O Tridentate Calix[4]arene Ligand 国際会議

    T. Kuwabara, R. Tezuka, M. Ishikawa, T. Yamazaki, S. Kodama, Y. Ishii

    28th International Conference on Organometallic Chemistry  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Development of Sulfonium Photoacid Generators Bearing a Ferrocenyl Chromophore 国際会議

    Y. Takahashi, S. Kodama, Y. Ishii

    43rd International Conference on Coordination Chemistry  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Reductive Elimination of Phosphonium Salts from Ru(II) and Rh(III) Phosphine Complexes 国際会議

    T. Kato, K. Takano, T. Kuwabara, S. Kodama, Y. Minami, T. Hiyama, Y. Ishii

    43rd International Conference on Coordination Chemistry  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ru上でのP-C還元的脱離を経るホスファフェナレニウムの合成と蛍光特性

    加藤 崇博, 桑原 拓也, 小玉 晋太朗, 南 安規, 檜山 爲次郎, 石井 洋一

    錯体化学会第68回討論会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非イオン性混合原子価バナジウム(IV/V)13核酸化物クラスター錯体の合成と性質

    井上裕太, 小玉晋太朗, 大石克嘉, 石井洋一

    日本化学会第98春季年会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モリブデン錯体上でのスルホニルアルキンのビニリデン転位とスルフィナート脱離

    坂尻 浩祐, 桑原 拓也, 小玉 晋太朗, 石井 洋一

    日本化学会第98春季年会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ホスフィン配位子をもつRu錯体と内部アルキンの反応に関する理論的研究

    眞鍋優佳, 土田敦子, 高野紘一, 石井洋一, 小玉晋太朗, 鷹野景子

    日本化学会第98春季年会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ru (II) 錯体上での硫黄置換内部アルキンのビニリデン転位

    高森修平, 坂尻浩祐, 出口和樹, 小玉晋太朗, 桑原拓也, 石井洋一

    日本化学会第98春季年会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アルキニルホスホナートを用いたルテニウムビニリデン錯体の合成とその擬似結晶多形

    出口和樹, 坂尻浩祐, 高森修平, 桑原拓也, 小玉晋太朗, 鷹野景子, 北條博彦, 石井洋一

    日本化学会第98春季年会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • P-C還元的脱離を経るホスファフェナレン誘導体の合成とその蛍光特性

    加藤崇博, 桑原拓也, 小玉晋太朗, 南安規, 檜山爲次郎, 石井洋一

    日本化学会第98春季年会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ir(III)アリール錯体とノルボルナジエン類との特異な反応

    熊谷進, 本多峻也, 髙野紘一, 桑原拓也, 小玉晋太郎, 山中聡美, 土田敦子, 鷹野景子, 石井洋一

    第120回触媒討論会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フェロセニルスルホニウム基を有する可視光感光型光酸発生剤の開発

    髙橋幸弘, 小玉晋太朗, 石井洋一

    第64回有機金属化学討論会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ir錯体上での二置換アシルアルキンのビニリデン転位

    高森修平, 小玉晋太朗, 桑原拓也, 南安規, 檜山爲次郎, 石井洋一

    第64回有機金属化学討論会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 非イオン性混合原子価バナジウム8核酸化物クラスター錯体の合成

    井上裕太, 小玉晋太朗, 佐藤博彦, 石井洋一

    錯体化学会第67回討論会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ru(II)ホスフィン錯体からのホスホニウム塩の還元的脱離反応

    加藤崇博, 髙野紘一, 桑原拓也, 小玉晋太朗, 南安規, 檜山爲次郎, 石井洋一

    錯体化学会第67回討論会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CH活性化されたカリックスアレーンを三座配位子として含む Cp*Rh(III) 錯体の合成

    手塚良玄, 石川幹也, 桑原拓也, 小玉晋太朗, 石井洋一

    錯体化学会第67回討論会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • テトラアミン配位子を持つシアナミド架橋ニッケル二核錯体の合成と磁気的性質

    志賀なつみ, 桑原拓也, 小玉晋太朗, 佐藤博彦, 石井洋一

    錯体化学会第67回討論会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • C=C二重結合回転が制御するRh錯体の温度依存異性化反応に関する量子化学的研究

    土田敦子, 池田洋輔, 高野紘一, 小玉晋太朗, 石井洋一, 鷹野景子

    錯体化学会第67回討論会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Interconversion among Non-ionic Vanadium Oxide Clusters

    Y. Inoue, S. Kodama, Y. Ishii

    The 3rd Chuo/NCU Chemistry Workshop  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Development of Visible Light Sensitive Photoacid Generators with a Ferrocenyl Sulfonium Group

    T. Takahashi, S. Kodama, Y. Ishii

    The 3rd Chuo/NCU Chemistry Workshop  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Remote Rearrangement of the Metal Center in d6-Metal Complexes

    Y. Ishii

    The 3rd Chuo/NCU Chemistry Workshop  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • P-C 還元的脱離を経由した環状ホスホニウム配位子をもつロジウム(I) 錯体の生成

    中村峻之, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第97春季年会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 置換ピリジルフェニル配位子をもつIr(III)錯体における1,3-ブタジインの変換反応

    秋山世治, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第97春季年会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カリックスアレーンのCH 活性化を利用したCp*Rh(III)錯体の合成

    手塚良玄, 石川幹也, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第97春季年会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋ニッケル二核錯体の合成と磁気的性質

    志賀なつみ, 小玉晋太朗, 佐藤博彦, 石井洋一

    日本化学会第97春季年会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • イリジウム錯体上でのアシルアルキンのビニリデン転位

    高森修平, 貴志智, 渡邉誉弘, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第97春季年会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フェロセニル基をクロモフォアに有する光酸発生剤の開発

    高橋幸弘, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第97春季年会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • C3対称を有する非イオン性混合原子価バナジウム(IV/V)8核酸化物クラスター錯体の合成と性質

    井上裕太, 小玉晋太朗, 佐藤博彦, 石井洋一

    日本化学会第97春季年会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Observation of Phospharuthenacycle and Phospholium Complexes Relevant to Catalytic Synthesis of Phospholes

    S. Kodama, K. Takano, N. Tsuchida, K. Takano, Y. Ishii

    International Symposium on C-O Activation  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ir(III)-フェニル錯体と2,5-ノルボルナジエンの反応

    石井洋一, 本多峻也, 秋山世治, 髙野紘一, 小玉晋太朗

    第118回触媒討論会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ピリジルフェニル配位子を有するIr錯体上での1,2-挿入を経由する内部アルキンの変換反応

    秋山世治, 小玉晋太朗, 石井洋一

    第63回有機金属化学討論会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • カチオン性ルテニウム錯体上におけるシクロプロパン環を持つ内部アルキンの反応

    武藤雄一郎, 阿部遙, 石井洋一, 斎藤慎一

    第63回有機金属化学討論会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シクロメタル化Ru(II)ホスフィン錯体からの還元的脱離によるRu(0)ホスホニウム錯体の生成

    小玉晋太朗, 髙野紘一, 土田敦子, 鷹野景子, 石井洋一

    第63回有機金属化学討論会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ピリジルアルキンのビニリデン転位を経由したロダサイクル錯体の生成

    中村峻之, 小玉晋太朗, 石井洋一

    第63回有機金属化学討論会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ピラー[5]アレーンを配位子とした 8, 9 族金属錯体の合成と性質

    近藤潤, 佐伯真由美, 小玉晋太朗, 石井洋一

    錯体化学会第66回討論会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非イオン性バナジウムオキソクラスター間の相互変換反応

    井上裕太, 田谷信人, 小玉晋太朗, 佐藤博彦, 石井洋一

    錯体化学会第66回討論会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋ニッケル二核錯体の合成と磁気的性質

    志賀なつみ, 小玉晋太朗, 佐藤博彦, 石井洋一

    錯体化学会第66回討論会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 過レニウム酸イオンを有するオキソバナジウム錯体を触媒とするアルコール類の空気酸化

    小林大樹, 小玉晋太朗, 石井洋一

    錯体化学会第66回討論会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カリックスアレーン配位子を利用したη1-Cp*Ir錯体の合成

    手塚良玄, 石川幹也, 山崎拓哉, 小玉晋太朗, 石井洋一

    錯体化学会第66回討論会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Development of Ligand Type Photoacid Generators With The Ability of Changing Its Photosensitive Wavelength By Complex formation With Metals

    Aki Tsukimura, Shintaro Kodama, Youichi Ishii

    27th International Conference on Organometalic Chemistry  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Vinylidene Rearrangement of Internal Alkynes at Ir(III) Complexes Having a Fluorine-Substituted 2-Pyridylphenyl Ligand

    S. Akiyama, Y. Ikeda, S. Kodama, Y. Ishii

    27th International Conference on Organometallic Chemistry  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Reactivities of Vinylrhodium(III) Complexes Derived from Sequential Vinylidene Rearrangement and 1,1-Insertion of Silylalkynes

    T. Nakamura, Y. Ikeda, S. Kodama, Y. Ishii

    27th International Conference on Organometallic Chemistry  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 銅錯体をクロモフォアに有する新規光酸発生剤の開発

    月村安希, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第96春季年会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 過レニウム酸イオンをもつオキソバナジウム錯体を触媒とするアルコール類の酸素酸化

    小林大樹, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第96春季年会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cp*Ir(III)フェニル錯体と2,5-ノルボルナジエンの反応

    本多峻也, 髙野紘一, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第96春季年会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フッ素置換2-ピリジルフェニル配位子をもつIr(III)錯体における内部アルキンのビニリデン転位の制御

    秋山世治, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 土田敦子, 鷹野景子, 石井洋一

    日本化学会第96春季年会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヘテロアリールアルキンのビニリデン転位と1,1-挿入で生成するRh(III)錯体

    中村峻之, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第96春季年会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Pillar[5]areneを配位子とした9属金属錯体の合成と性質

    近藤潤, 佐伯真由美, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第96春季年会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ru(II)-PPh3錯体とアルキンの反応によるη4-ホスホニウム配位子をもつRu(0)錯体の生成

    髙野紘一, 小玉晋太朗, 土田敦子, 鷹野景子, 石井洋一

    日本化学会第96春季年会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中性混合原子価バナジウム(IV/V)オキソクラスター錯体の合成と性質

    井上裕太, 田谷信人, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第96春季年会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Control of Vinylidene Rearrangement and 1,2-Insertion of Internal Alkynes

    Y. Ikeda, Y. Mutoh, S. Kodama, Y. Ishii

    Pacifichem 2015  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Interconversion among Neutral Vanadium(V) Oxo Cluster Complexes by Changing the Solvent Systems

    S. Kodama, N. Taya, Y. Ishii

    Pacifichem 2015  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Remote Rearrangement of the Metal Center in (η6-C6Me6)M(II) (M = Ru, Os) Complexes

    K. Takano, Y. Ikeda, S. Kodama, Y. Ishii

    Pacifichem 2015  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • [3,3]-Sigmatropic rearrangement of pyridyl ketone oxime esters at an Ir complex

    H. Takahashi, S. Kodama, Y. Ishii

    Pacifichem 2015  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ir(III)-ppyF4 錯体上での内部アルキンのビニリデン転位と1,2-挿入の競合

    秋山世治, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 土田敦子, 石井洋一

    第62回有機金属化学討論会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • (η6-アレーン)Os 錯体上における金属中心の遠隔転位

    髙野紘一, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 土田敦子, 鷹野景子, 石井洋一

    第62回有機金属化学討論会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • テルロカルボニル配位子を持つハーフサンドイッチ型ルテニウム錯体の合成と反応

    鈴木あゆみ, 新井隆弘, 池永幸太, 石井洋一, 斎藤慎一, 武藤雄一郎

    第62回有機金属化学討論会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ビニリデン挿入を経由する Rh(III) 中心の遠隔転位

    中村峻之, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 石井洋一

    第62回有機金属化学討論会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アルキル炭素からアリール炭素への Rh(III) 中心の 1,4-転位

    石井洋一, 福田絵女, 髙野紘一, 池田洋輔, 小玉晋太朗

    第116回触媒討論会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Rh(III) アルケニル錯体における 1,3-Rh 転位の反応機構に関する量子化学的研究

    大塚美穂, 土田敦子, 池田洋輔, 髙野紘一, 小玉晋太朗, 石井洋一, 鷹野景子

    錯体化学会第65回討論会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 過レニウム酸イオンをカウンターイオンにもつオキソバナジウム錯体の酸化触媒活性

    小林 大樹, 小玉 晋太朗, 石井 洋一

    錯体化学会第65回討論会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ルテニウム錯体をクロモフォアに有する可視光対応型光酸発生剤の開発

    月村安希, 小玉晋太朗, 石井洋一

    錯体化学会第65回討論会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • イリジウムとの錯形成によるオキシムエステル類から α-置換イミン類への変換反応

    高橋 宏幸, 小玉 晋太朗, 石井 洋一

    錯体化学会第65回討論会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • (η6-アレーン)Ru 錯体上での金属中心の1,4-転位

    髙野紘一, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 土田敦子, 鷹野景子, 石井洋一

    錯体化学会第65回討論会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 1,4-Migration of the metal center in (eta6-arene)Ru(II) complexes

    K. Takano, Y. Ikeda, S. Kodama, Y. Ishii

    17th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Direct conversion of ketoxime esters into alpha-acyloxy imines in an Ir(III) complex

    H. Takahashi, S. Kodama, Y. Ishii

    Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Competition between vinylidene rearrangement and 1,2-insertion of internal alkynes at an Ir(III) complex

    S. Kodama, Y. Ikeda, N. Tsuchida, Y. Ishii

    17th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mo 錯体上における内部アルキンのビニリデン転位

    大山陽祐, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第95春季年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アルコールに対する中性八核バナジウムオキソクラスター錯体の反応性

    小玉晋太朗, 田谷信人, 石井洋一

    日本化学会第95春季年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アルキル炭素からアリール炭素への Rh(III) 中心の 1,4-転位

    福田絵女, 髙野紘一, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第95春季年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • (η6-C6Me6)Ru(II) 錯体上における金属中心の遠隔転位

    髙野紘一, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第95春季年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ビニリデン挿入を鍵とするRh(III)中心の1,4-転位と1,5-転位

    中村峻之, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第95春季年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cp*Ir(III) 錯体上での内部アルキンのビニリデン転位と [1,2] 挿入の競合

    池田洋輔, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第95春季年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ir 錯体上でのオキシムエステル類の α-置換イミン類への変換反応

    高橋宏幸, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第95春季年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カリックスアレーンイリジウム(III) 錯体上での炭素‒水素および炭素‒炭素結合活性化反応

    石川 幹也, 山崎 拓哉, 小玉 晋太朗, 石井 洋一

    錯体化学会第64回討論会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • チオおよびセレノニトロシル錯体の合成

    深田 豪, 阿部 航, 栗原 崇, 武藤雄一郎, 石井洋一, 斎藤慎一

    錯体化学会第64回討論会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Rh(III)錯体における選択的1,4-Rh 転位の反応機構に関する量子化学的研究

    土田敦子, 藁谷真衣子, 池田洋輔, 高野紘一, 小玉晋太郎, 石井洋一, 鷹野景子

    錯体化学会第64回討論会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ir(III)錯体における内部アルキンからのビニリデン錯体生成とその反応性

    渡邉誉弘, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 武藤雄一郎, 石井洋一

    錯体化学会第64回討論会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cp*Rh(III)錯体上における金属中心の1,4-転位の置換基効果

    髙野紘一, 池田洋輔, 藁谷真衣子, 小玉晋太朗, 土田敦子, 鷹野景子, 石井洋一

    第61回有機金属化学討論会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Cp*Ir(III)錯体上における金属中心の1,4-転位と1,3-転位

    池田洋輔, 髙野紘一, 小玉晋太朗, 石井洋一

    第61回有機金属化学討論会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Development of a Visible-light-sensitive Photoacid Generator Bearing a Ruthenium Complex as its Chromophore

    S. Kodama, Y. Kisogawa, Y. Ishii

    XXVI International Conference on Organometallic Chemistry  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Vinylidene Rearrangement of Internal Alkynesat an Ir(III) Complex

    T. Watanabe, Y. Ikeda, S. Kodama, Y. Mutoh, Y. Ishii

    XXVI International Conference on Organometallic Chemistry  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis and Properties of Tellurocarbonyl Complexes with Various CoordinationGeometries

    Y. Mutoh, K. Ikenaga, T. Arai, N. Kozono, Y. Ishii

    XXVI International Conference on Organometallic Chemistry  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Substituent Effect on 1,4-Migration of the Metal Center in Cp*Rh(III) and Cp*Ir(III) Complexes

    K. Takano, Y. Ikeda, M. Waragai, S. Kodama, N. Tsuchida, K. Takano, Y. Ishii

    XXVI International Conference on Organometallic Chemistry  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A Windmill-shaped Vanadium(V) Oxide Cluster Complex Having a Neutral V8O20 Core Bearing 4,4’-Di-tert-butyl-2,2’-bipyridine

    N. Taya, S. Kodama, Y. Ishii

    XXVI International Conference on Organometallic Chemistry  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis and Characterization of a Neutral Octanuclear Vanadium(V) Oxide Cluster Complex Having a Windmill-shaped V8O20 Core

    S. Kodama, N. Taya, Y. Ishii

    41th International Conference on Coordination Chemistry  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of a Visible-Light-Sensitive Ruthenium Complex Having a Photoacid Generating Function

    Y. Kisogawa, S. Kodama, Y. Ishii

    41th International Conference on Coordination Chemistry  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthesis and Structures of Polynuclear Palladium(II) and Platinum(II) Cyanamido Complexes

    M. Suzuki, A. Shima, S. Kodama, Y. Ishii

    41th International Conference on Coordination Chemistry  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • C-H and C-C Bond Activation in Iridium(III) Calix[4]arene Complexes

    Y. Ishii, T. Yamazaki, S. Kodama

    41th International Conference on Coordination Chemistry  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Cp*Rh(III) および Cp*Ir(III) 錯体上における金属中心の1,4-転位の可逆性

    髙野紘一, 池田洋輔, 藁谷真衣子, 小玉晋太朗, 土田敦子, 鷹野景子, 石井洋一

    日本化学会第94春季年会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ir(III) 錯体上における内部アルキンのビニリデン転位

    渡邉誉弘, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第94春季年会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cp*Ir(III) 錯体上における金属中心の遠隔転位

    池田洋輔, 髙野紘一, 小玉晋太朗, 石井洋一

    日本化学会第94春季年会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 硫黄、アミン、およびアルコールを用いる新規チオアミド合成法

    逆井信裕, 塚本英二郎, 小玉晋太朗, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第94春季年会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 可視光照射により酸を発生する新規ルテニウム錯体の開発

    木曽川悠太, 小玉晋太朗, 石井洋一

    錯体化学会第63討論会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • d8金属中心を有するシアナミド架橋パラジウム多核クラスターの合成

    鈴木将人, 小玉晋太朗, 石井洋一

    錯体化学会第63回討論会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 含窒素二座配位子を有する新規バナジウム八核酸化物錯体の開発

    田谷信人, 小玉晋太朗, 石井 洋一

    錯体化学会第63回討論会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cp配位子を持つセレノおよびテルロカルボニル錯体の合成と性質

    新井隆弘, 池永幸太, 小園直輝, 武藤雄一郎, 石井洋一

    錯体化学会第63回討論会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Li8M2(M = Ir, Rh, Ru)骨格を有するカリックスアレーン錯体の合成と構造

    山崎拓哉, 小玉晋太朗, 武藤雄一郎, 石井洋一

    錯体化学会第63回討論会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Cp*Rh(III) 錯体上における金属中心の遠隔転位

    池田洋輔, 小玉晋太朗, 石井洋一

    第59回有機金属化学討論会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 1,4-Metal migration in a Cp*Rh(III) complex

    Y. Ikeda, S. Kodama, Y. Ishii

    17th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A novel octanuclear vanadium oxide cluster complex

    S. Kodama, N. Taya, Y. Ishii

    20th EuCheMS Conference on Organometallic Chemistry  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ru錯体における内部アルキン/ビニリデン異性化反応の理論的研究―配位子の立体的および電子的効果

    太田千裕, 大塚美穂, 土田敦子, 池田洋輔, 伊藤彰, 武藤雄一郎, 石井洋一, 鷹野景子

    第16回理論化学討論会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 含窒素二座配位子を有する新規バナジウム多核酸化物錯体の開発

    田谷信人, 小玉晋太朗, 石井洋一

    第93日本化学会春期年会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カリックスアレーンを配位子とするLi8M2 (M = Rh, Ir, Ru) 錯体の合成

    山崎拓哉, 小玉晋太朗, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第93日本化学会春期年会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Rh(III)錯体上での金属中心の1,4-転位

    池田洋輔, 小玉晋太朗, 石井洋一

    第93日本化学会春期年会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cp 配位子を持つルテニウムテルロカルボニル錯体の合成

    新井隆弘, 池永幸太, 小園直輝, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第93日本化学会春期年会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 可逆反応による修復性ポリマーに対する官能基まわりの化学構造の影響

    篠原さつき, 大矢延弘, 石井洋一, 吉江尚子

    第93日本化学会春期年会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Reactivities of an Indenylruthenium Complex toward Internal Alkynes: Formation of Disubstituted Vinylidene Complexes and Reversible Indenyl-Alkyne Coupling

    Y. Ikeda, K. Imai, S. Kodama, Y. Mutoh, Y. Ishii

    12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • チオアミド錯体の脱硫によるキュバン型クラスターの合成と反応性

    先川原将宏, 新山一平, 武藤雄一郎, 石井洋一

    錯体化学会第62回討論会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cp 配位子を持つルテニウムセレノカルボニル錯体の合成と構造

    新井隆弘, 池永幸太, 小園直輝, 武藤雄一郎, 石井洋一

    錯体化学会第62回討論会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロジウム-dmso 錯体から誘導される Rh(Ⅲ)-シクロトリホスファト錯体の構造と反応

    坂本昂弘, 池田洋輔, 小玉晋太朗, 石井洋一

    錯体化学会第62回討論会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋白金二核錯体を用いた異種金属クラスター錯体の合成

    島暁, 野上忠彦, 尾田健太, 川鍋幸祐, 石井洋一, 小玉晋太朗, 武藤雄一郎

    錯体化学会第62回討論会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 第8族遷移金属錯体における内部アルキン/ビニリデン異性化反応に関する理論研究

    大塚美穂, 土田敦子, 池田洋輔, 武藤雄一郎, 石井洋一, 鷹野景子

    錯体化学会第62回討論会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • セレノおよびテルロカルボニル錯体とCNXyおよびDMAPの反応

    池永幸太, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第59回有機金属化学討論会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • インデニルルテニウム錯体と内部アルキンとの反応によるビニリデン錯体の形成およびインデニル配位子とのカップリング

    池田洋輔, 今井浩平, 小玉晋太朗, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第59回有機金属化学討論会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Formation of Five-Coordinate Seleno- and Tellurocarbonyl Complexes and Their Reactivities

    K. Ikenaga, Y. Mutoh, Y. Ishii

    25th International Conference on Organometallic Chemistry  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis of Rhodium Sulfido Clusters by Desulfurization of Thioamide Complexes

    M. Sakigawara, I. Niiyama, Y. Mutoh, Y. Ishii

    25th International Conference on Organometallic Chemistry  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Dynamic Structure Control of Calixarene Rhenium Conmplexes

    R. Shiraki, K. Shiraishi, Y. Mutoh, Y. Ishii

    25th International Conference on Organometallic Chemistry  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ru 錯体における内部アルキンからビニリデンへの異性化機構に関する量子化学的研究

    大塚美穂, 土田敦子, 池田洋輔, 木村祐介, 武藤雄一郎, 石井洋一, 鷹野景子

    第92日本化学会春季年会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Dppm 配位子を持つシアナミド架橋ルテニウム錯体の合成と反応性

    野上忠彦, 今治誠, 植村薫, 田辺資明, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第92日本化学会春季年会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • セレノおよびテルロカルボニル錯体とホウ素化合物の反応による5配位16 電子錯体の合成とその反応性

    池永幸太, 小園直輝, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第92日本化学会春季年会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cp 配位子を持つ8 族金属錯体上での内部アルキン- 二置換ビニリデン転位に及ぼす配位子の効果

    伊藤彰, 中村理奈, ランベール ナターシャ, 木村祐介, 池田洋輔, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第92日本化学会春季年会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロジウムチオアミド錯体の脱硫によるキュバン型クラスターの生成

    先川原将宏, 新山一平, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第92日本化学会春季年会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Coupling of Internal Alkynes and Dppm at a Ruthenium Complex Leading to Unexpected Formation of Alkenylphosphonio Complex

    Y. Mutoh, Y. Kimura, Y. Ikeda, Y. Ishii

    International Symposium on Organometallic Chemistry 2011  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthsis and Skeletal Transformation of NCN- and NCNH-Bridged Ruthenium Complexes with C6Me6 Ligands

    T. Nogami, M. Imaji, K. Uemura, Y. Mutoh, Y. Ishii

    International Symposium on Organometallic Chemistry 2011  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis and Reactivities of cis-(Hydroxo)(nitrosyl)rhenium Calix[4]arene Complexes

    R. Shiraki, Y. Mutoh, Y. Ishii

    International Symposium on Organometallic Chemistry 2011  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 9 族金属錯体上での第一級チオアミドの脱硫とキュバン類似クラスターの生成

    先川原将宏, 新山一平, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第61回錯体化学討論会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シス(ヒドロキソ)(ニトロシル)カリックスアレーンレニウム錯体の合成と反応性

    白木里沙, 白石梢, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第61回錯体化学討論会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テルロカルボニル配位子を持つルテニウム錯体の合成と反応性

    池永幸太, 小園直樹, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第58回有機金属化学討論会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ルテニウム錯体上における内部アルキンと dppm 配位子のカップリングによるアルケニルホスホニオ錯体の形成

    武藤雄一郎, 木村祐介, 池田洋輔, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第58回有機金属化学討論会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Vinylidene Rearrangement of Internal Alkynes

    Y. Ishii

    14th Asian Chemical Congress  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ru 錯体における内部アルキン‐ビニリデン異性化経路の量子化学的研究 -ONIOM法を用いた反応制御因子の解明-

    大塚美穂, 土田敦子, 池田洋輔, 木村祐介, 武藤雄一郎, 石井洋一, 鷹野景子

    第61回錯体化学討論会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Reversibility of Internal Alkyne-Disubstituted Vinylidene Isomerization at Cationic Ruthenium and Iron Complexes

    Y. Mutoh, K. Imai, Y. Kimura, Y. Ikeda, Y. Ishii

    19th EuCheMs International Conference on Organometallic Chemistry at Toulouse  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Desulfurization of Primary Thioamides at a Rh Complex

    M. Sakigawara, I. Niiyama, Y. Mutoh, Y. Ishii

    19th EuCheMs International Conference on Organometallic Chemistry at Toulouse  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Cp*Rh錯体上における第一級チオアミドの脱硫

    先川原将宏, 新山一平, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第91春季年会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • イソシアニド配位子を持つルテニウムテルロカルボニル錯体の合成と反応

    小園直輝, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第91春季年会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • インデニルルテニウム錯体上における内部アルキン-二置換ビニリデン相互変換

    今井浩平, 木村祐介, 池田洋輔, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第91春季年会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Sulfurization-triggered Migration of an Alkyl Ligand at an Ir-Re Dinuclear Complex

    A. Nezaki, K. Arashiba, Y. Mutoh, Y. Ishii

    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis of the Bis(vinylidene)-bridged Dinuclear Complexes via Internal Alkyne-to-vinylidene Isomerization

    R. Nakamura, Y. Ikeda, Y. Mutoh, Y. Ishii

    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Reversibility of Disubstituted Vinylidene-Internal Alkyne Isomerization at Cationic Ruthenium Complexes

    K. Imai, Y. Kimura, Y. Mutoh, Y. Ishii

    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Reactivities of Ruthenium Seleno- and Tellurocarbonyl Complexes

    N. Kozono, Y. Mutoh, Y. Ishii

    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis and Properties of Ruthenium Seleno- and Tellurocarbonyl Complexes

    Y. Mutoh, N. Kozono, M. Araki, N. Tsuchida, K. Takano, Y. Ishii

    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ルテニウム錯体上における二置換ビニリデン-アルキン異性化反応の可逆性

    今井浩平, 木村祐介, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第57回有機金属化学討論会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ir-Re 二核コアの硫化に伴うアルキル配位子の金属間転位反応

    根﨑明澄, 荒芝和也, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第57回有機金属化学討論会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 内部アルキン-ビニリデン転位を利用したビニリデン架橋二核錯体の合成

    中村理奈, 熊谷健太郎, 池田洋輔, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第57回有機金属化学討論会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 配位不飽和なシアナミド架橋(アレーン)ルテニウム二核錯体の合成と反応性

    野上忠彦, 今治誠, 植村薫, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第60回錯体化学討論会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • チオアミド配位子を持つルテニウム錯体の合成と触媒活性

    田口雄基, 新山一平, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第60回錯体化学討論会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 内部アルキンのビニリデン転位をめぐって

    石井洋一

    日本化学会第4回関東支部大会  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ruthenium Seleno- and Tellurocarbonyl Complexes: Selenium and Tellurium Atom Transfer to a Terminal Carbido Ligand

    Y. Mutoh, N. Kozono, M. Araki, N. Tsuchida, K. Takano, Y. Ishii

    24th International Conference on Organometallic Chemistry  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthesis of NCN-bridged Polynuclear (Arene)ruthenium Complexes

    T. Nogami, M. Imaji, K. Uemura, Y. Mutoh, Y. Ishii

    24th International Conference on Organometallic Chemistry  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • [CpFeCl(pp)] の改良合成法の開発とハロゲン化アルキルとの反応

    熊谷健太郎, 池田洋輔, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第90春季年会  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 内部アルキン-ビニリデン転位を利用したビス(ビニリデン)架橋二核錯体の合成

    中村理奈, 池田洋輔, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第90春季年会  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ルテニウム錯体上における二置換ビニリデン-アルキン異性化反応

    今井浩平, 木村祐介, 池田洋輔, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第90春季年会  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ルテニウム錯体上におけるdppm と内部アルキンのカップリング反応

    木村祐介, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第90春季年会  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ルテニウムセレノおよびテルロカルボニル錯体とホスフィンの反応

    小園直輝, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第90春季年会  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthesis and Reactivities of Ruthenium Seleno- and Tellurocarbonyl Complexes

    N. Kozono, M. Araki, Y. Mutoh, N. Tsuchida, K. Takano, Y. Ishii

    The Eleventh International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 末端カーバイド配位子へのセレンおよびテルル原子トランスファーによるセレノおよびテルロカルボニル錯体の合成と性質

    武藤雄一郎, 小園直輝, 荒木美峰, 土田敦子, 鷹野景子, 石井洋一

    第56回有機金属化学討論会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CpRu(II)およびCpFe(II)錯体上における内部アルキンのビニリデン転位

    木村祐介, 池田洋輔, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第56回有機金属化学討論会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • チオアミド配位子を持つルテニウム錯体の合成と性質

    新山一平, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第59回錯体化学討論会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • レニウムカリックスアレーン錯体における(ヒドラジド)(オキソ)/(ジアゼニド)(ヒドロキソ)異性化挙動

    白石梢, 近藤綾乃, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第59回錯体化学討論会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シアナミド架橋クラスターの骨格変換とコア拡張反応

    石井洋一

    第59回錯体化学討論会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Self-assembly Approach toward NCN-bridged Multinuclear Complexes

    Y. Mutoh, Y. Ishii

    The 3rd International Symposium on Synergy of Elements  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Vinylidene Rearrangement of Internal Alkynes at CpRu and CpFe Complexes

    Yuichiro Mutoh, Youichi Ishii

    The 4th International Conference of Concerto Catalysis  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Vinylidene Rearrangement of Internal Alkynes at CpRu and CpFe Complexes

    Y. Mutoh, Y. Ikeda, Y. Kimura, Y. Ishii

    15th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed towards  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis and Catalytic Activity of Ruthenium Complexes with a Thioamide Ligand

    Y. Mutoh, Y. Taguchi, I. Niiyama, Y. Ishii

    15th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed towards Organic Synthesis  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シス(ヒドラジド)(オキソ)レニウムカリックスアレーン錯体の合成と反応性

    白石梢, 近藤綾乃, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第89日本化学会春季年会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cp- およびCp*-Ru(II) 錯体における内部アルキンからのビニリデン錯体形成

    木村祐介, 池田洋輔, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第89日本化学会春季年会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • セレノカルボニル配位子を持つルテニウム錯体の合成

    小園直輝, 荒木美峰, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第89日本化学会春季年会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 酸素および窒素をドナー原子とする後周期金属多核錯体の合成戦略と特性

    石井洋一

    元素相乗系化合物の化学 第4回公開シンポジウム  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロリン酸配位子をプラットフォームとする遷移金属錯体とその反応性の開発

    石井洋一

    協奏機能触媒 第3回公開シンポジウム  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • セルフアセンブリ法によるシアナミド架橋混合金属三核クラスターの選択的合成

    武藤雄一郎, 今治誠, 高畑恵一, 田辺資明, 石井洋一

    第55回有機金属化学討論会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • チオアミド配位子をもつルテニウム、ロジウム、イリジウム錯体の合成と性質

    新山一平, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第58回錯体化学討論会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • イミド配位子を持つスルフィド架橋Ru-Mo, W, Re錯体の合成と反応性

    吉田いずみ, 荒芝和也, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第58回錯体化学討論会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Formation of Vinylidenes from Internal Alkynes at a Ruthenium Cyclophosphato Complex

    Y. Ikeda, T. Yamaguchi, K. Kanao, K. Kimura, S. Kamimura, Y. Mutoh, Y. Tanabe, Y. Ishii

    XXIII International Conference on Organometallic Chemistry  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis and Properties of NCN-bridged Multinuclear (Arene)ruthenium Complexes

    Y. Mutoh, M. Imaji, Y. Tanabe, Y. Ishii

    XXIII International Conference on Organometallic Chemistry  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シクロリン酸配位子を基盤とする有機金属錯体の化学

    石井洋一

    東北大学第25回無機・分析化学コロキウム  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Formation of Vinylidenes from Internal Alkynes at a Cyclotriphosphato Ruthenium Complex

    Y. Ishii

    The Second International Symposium on Chemistry of Concerto Catalysis  2008年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モノ(スルフィド)架橋Ir-Re二核錯体とカルコゲンとの反応

    荒芝和也, 武藤雄一郎, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第88春季年会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロトリホスファトルテニウム錯体における内部アルキンの酸化的ビニリデン転位

    木村祐介, 池田洋輔, 山口高史, 田辺資明, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第88春季年会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋混合金属クラスターの構築

    今治誠, 田辺資明, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第88春季年会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 8族-6族異種金属二核イミド錯体の合成と構造

    吉田いずみ, 荒芝和也, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第88春季年会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • チオアミド配位子を持つルテニウム、ロジウムおよびイリジウム錯体の合成と構造

    新山一平, 武藤雄一郎, 石井洋一

    日本化学会第88春季年会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Core Expansion Reactions of Cyanamido Clusters

    M. Imaji, Y. Tanabe, Y. Mutoh, Y. Ishii

    The 1st International Symposium on Synergy of Elements  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シクロトリホスファトルテニウム錯体における内部アルキンのビニリデン転位

    石井洋一, 池田洋輔, 山口高史, 金尾啓一郎, 木村和寛, 上村聡, 武藤雄一郎, 田辺資明

    第54回有機金属化学討論会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アレーン配位子を有するシアナミド架橋ルテニウム多核錯体の合成と反応性

    今治誠, 田辺資明, 武藤雄一郎, 石井洋一

    第54回有機金属化学討論会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • NHC配位子を持つ9族-6族混合金属二核ニトロシル錯体の合成と構造

    青木友宏, 荒芝和也, 武藤雄一郎, 田辺資明, 石井洋一

    第57錯体化学討論会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • O-アルキルアミジノウレアを配位子とする有機金属錯体の合成と反応性

    小林弘樹, 高畑恵一, 武藤雄一郎, 田辺資明, 石井洋一

    第57錯体化学討論会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 中員環ジアミンおよびその誘導体配位子を含む銅(II)錯体の合成と構造特性

    堀恵理子, 田辺資明, 石井洋一, 福田豊

    第57錯体化学討論会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • トランスジオキソレニウムカリックスアレーン錯体の合成と反応性

    猿谷直紀, 小川秋水, 近藤綾乃, 武藤雄一郎, 田辺資明, 石井洋一

    第57錯体化学討論会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋白金錯体の合成

    桑原寿和, 小出和生, 陳智政, 武藤雄一郎, 田辺資明, 石井洋一

    第57錯体化学討論会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不均一系触媒の構造を模したシクロホスファトルテニウム錯体の合成と反

    石井洋一, 金尾啓一郎, 上村聡, 田辺資明

    第100回触媒討論会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Formation of Vinylidenes from Internal Alkynes at a Ruthenium Cyclotriphosphato Complex

    Y. Ikeda, T. Yamaguchi, K. Kanao, K. Kimura, S. Kamimura, Y. Mutoh, Y. Tanabe, Y. Ishii

    14th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed towards Organic Synthesis  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スルフィド架橋Ru-Moニトロシル錯体の合成と反応性

    立沢将城, 荒芝和也, 田辺資明, 桑田繁樹, 石井洋一

    日本化学会第87春季年会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋ルテニウム多核錯体の合成と構造

    今治誠, 高畑恵一, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第87春季年会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロトリホスファトルテニウム錯体における内部アルキンのビニリデン転位

    池田洋輔, 山口高史, 金尾啓一郎, 木村和寛, 上村聡, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第87春季年会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • トランスジオキソレニウムカリックスアレーン錯体の合成と反応性

    猿谷直紀, 小林秋水, 近藤綾乃, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第87春季年会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Re-Agカリックスアレーン錯体のキャビティ内でのニトリル、イソシアニドの配位挙動

    大西諒子, 小川秋水, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第87春季年会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 1,2,9,10-テトラゲルマシクロヘキサデカ-3,7,11,15-テトライン類似体の合成と反応

    大戸惇一, 三浦淑行, 南条真佐人, 持田邦夫, 石井洋一

    日本化学会第87春季年会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カリックス[4]アレーンRu, Rh錯体における自己包摂現象

    石井洋一, 小野崎真治, 藤本浩介, 井崎恵介, 小川秋水, 近藤綾乃, 田辺資明

    第53回有機金属化学討論会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロトリホスフィマト配位子を持つRuメタノール錯体の合成と置換反応

    飯田琢也, 金尾啓一郎, 上村聡, 田辺資明, 石井洋一

    第53回有機金属化学討論会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • カリックスアレーンキャビティ内でのRe-PtおよびRe-Cu二核コアの構築

    大西諒子, 小川秋水, 岩佐健太郎, 近藤綾乃, 田辺資明, 石井洋一

    第56回錯体化学討論会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋イリジウム多核錯体への金属フラグメントの集積化

    今治誠, 高畑恵一, 梶谷英伸, 田邉資明, 石井洋一

    第56回錯体化学討論会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スルフィド架橋9族-7族異種金属二核錯体の合成と構造

    荒芝和也, 田辺資明, 石井洋一

    第56回錯体化学討論会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Coordination of Late-transition-metal Complexes inside the Cavity of Calix[4]arenes

    Y. Ishii, S. Onozaki, K. Izaki, K. Fujimoto, A. Ogawa, A. Kondo, K. Iwasa, T. Kochi, Y. Tanabe

    XXII International Conference on Organometallic Chemistry  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Syntheses, Structures, and Properties of Cyanamido-Bridged Group 9 Transition Metal Clusters

    Y. Tanabe, K. Takahata, N. Iwadate, H. Kajitani, S. Kuwata, M. Iwasaki, Y. Ishii

    XXII International Conference on Organometallic Chemistry  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • カリックスアレーンキャビティ内でのRe-PtおよびRe-Cu二核コアの構築

    小川秋水, 岩佐健太郎, 近藤綾乃, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第86春季年会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロジウムカリックスアレーン錯体における「自己包接」現象

    藤本浩介, 小野崎真治, 小川秋水, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第86春季年会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロトリホスフィマト配位子を持つルテニウムメタノール錯体の合成と置換反応

    飯田琢也, 金尾啓一郎, 上村聡, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第86春季年会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロトリホスファトルテニウム錯体上での内部アルキンからのビニリデンの生成

    山口高史, 木村和寛, 金尾啓一郎, 上村聡, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第86春季年会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋イリジウム二核ならびに四核錯体へのパラジウムの集積化

    今治誠, 高畑恵一, 梶谷英伸, 田邉資明, 石井洋一

    日本化学会第86春季年会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド配位子の柔構造を活用した多核錯体の構築

    石井洋一

    動的錯体の自在制御科学 第5回公開シンポジウム  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Coordination of Late-transition-metal Complexes inside the Cavity of Calix[4]arenes

    Y. Ishii, S. Onozaki, K. Izaki, A. Ogawa, A. Kondo, K. Iwasa, T. Kochi, Y. Tanabe

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Syntheses and Transformation of NCN-Bridged Ir and Ru Complexes

    Y. Tanabe, H. Kajitani, S. Kuwata, M. Iwasaki, Y. Ishii

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Activation of a NO Ligand at Early-late Heterobimetallic Complexes

    K. Arashiba, S. Matsukawa, Y. Tanabe, S. Kuwata, M. Iwasaki, Y. Ishii

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis, Structures and Isomerization of Re-Rh Calix[4]arene Complexes

    A. Ogawa, A. Kondo, K. Iwasa, Y. Tanabe, Y. Ishii

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Highly Phosphorescent Iridium(III) Mixed-Ligand Complexes Containing Both Tridentate Bis(benzimidazolyl)benzene and Bidentate Phenylpyridine

    M. Haga, S. Obara, M. Itabashi, Y. Ishii, K. Nozaki

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthesis and Photoluminescent Properties of Iridium Complexes with Both Bidentate and Tridentate Ligands Containing Ir-C Bonds

    M. Itabashi, Y. Tanabe, Y. Ishii, K. Nozaki, M. Haga

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Syntheses of NCN-Bridged Cluster of Clusters type Complexes

    K. Takemoto, H. Kajitani, Y. Tanabe, Y. Ishii

    The International Symposium on Dynamic Complexes  2005年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ホスホナトあるいはホスフィナト配位子によって架橋されたRh, Ir錯体の合成と構造

    岩田剛, 木村友哉, 上村聡, 田辺資明, 石井洋一

    第55回錯体化学討論会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ルテニウムヒドロスルフィド錯体を利用したスルフィド架橋混合金属ニトロシル錯体の合成

    立沢将城, 荒芝和也, 田辺資明, 桑田繁樹, 石井洋一

    第55回錯体化学討論会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 三座配位子内にIr-C結合を有するIr錯体の発光のプロトンスイッチング

    小川智史, 野崎浩一, 田辺資明, 石井洋一, 芳賀正明

    第55回錯体化学討論会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 二座、三座混合配位子内にIr-C結合を持つ新規Ir錯体の構造と発光特性

    板橋真澄, 小原慎也, 田辺資明, 石井洋一, 野崎浩一, 芳賀正明

    第55回錯体化学討論会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ルテニウムシクロトリホスファト錯体と小分子の反応

    金尾啓一郎, 木村和寛, 上村聡, 田辺資明, 石井洋一

    第52回有機金属化学討論会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • イミド配位子を持つ 9 族-6 族硫黄架橋二核錯体の合成と反応性

    荒芝和也, 田辺資明, 石井洋一

    第52回有機金属化学討論会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シアナミド架橋多核錯体:構造的多様性と反応性

    石井洋一

    埼玉工業大学若手研究フォーラム2005  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミドの有機金属化学

    石井洋一

    Organometallic Seminar XXXII  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • オキソ架橋Ti6Mo2八核錯体の合成と反応

    竹本康一, 上村聡, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第85春季年会  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋コバルト三核ならびに四核錯体の合成

    高畑恵一, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第85春季年会  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ルテニウムカリックス[4]アレーン錯体における自己包接現象

    小野崎真治, 井崎恵介, 山口孝弘, 小川秋水, 近藤綾乃, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第85春季年会  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロトリホスファトルテニウム錯体の反応性

    木村和寛, 上村聡, 田辺資明, 石井洋一

    日本化学会第85春季年会  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ir-C結合を含む二座、三座混合配位子を持つイリジウム錯体の構造と発光特性

    板橋真澄, 小原慎也, 田辺資明, 石井洋一, 野崎浩一, 池田憲昭, 大野健, 芳賀正明

    日本化学会第85春季年会  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋錯体-多様性と反応性

    石井洋一

    近畿化学協会有機金属部会平成16年度第4回例会  2005年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthesis and Reactivities of Anionic NCN-Bridged Triruthenium Complexes

    H. Kajitani, Y. Tanabe, Y. Ishii

    The International Symposium on Dynamic Complexes  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ルテニウムシクロホスファト錯体の反応性

    上村聡, 木村和寛, 金尾啓一郎, 田辺資明, 岩崎政和, 石井洋一

    第51回有機金属化学討論会  2004年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アニオン性シアナミド架橋ルテニウム三核錯体の反応性

    石井洋一, 梶谷英伸, 田辺資明, 岩崎政和

    第51回有機金属化学討論会  2004年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • レニウム-ロジウム混合金属カリックスアレーン錯体の合成と異性化

    小川秋水, 岩佐健太郎, 近藤綾乃, 田辺資明, 石井洋一

    第51回有機金属化学討論会  2004年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シアナミド架橋ロジウムおよびコバルト四核錯体の合成と構造

    高畑恵一, 岩楯展行, 田辺資明, 石井洋一

    第54回錯体化学討論会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • カリックスアレーンを配位子とするレニウム錯体とヒドラジン類との反応

    近藤綾乃, 岩佐健太郎, 田辺資明, 岩崎政和, 石井洋一

    第54回錯体化学討論会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ニトロシル配位子をもつ6族-10族混合金属二核錯体の合成と構造

    飯塚秀隆, 荒芝和也, 田辺資明, 桑田繁樹, 石井洋一

    第54回錯体化学討論会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テトラケトン配位子を含むPd(Ⅱ)複核錯体の合成とその性質

    作本麻衣子, 石井洋一, 福田豊

    第54回錯体化学討論会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Stepwise Construction of Re-Pd and Re-Rh Cores inside the Cavity of p-tBu-Calixarene

    Y. Ishii, A. Ogawa, A. Kondo, K. Iwasa, T. Kochi

    XXIst International Conference on Organometallic Chemistry  2004年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • レニウム・ロジウム二核カリックスアレーン錯体の合成と異性化

    小川秋水, 岩佐健太郎, 近藤綾乃, 石井洋一

    日本化学会第84春季年会  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋ルテニウム三核錯体の反応性

    梶谷英伸, 岩崎政和, 石井洋一

    日本化学会第84春季年会  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ニトロシル配位子を持つビス(スルフィド)架橋6族-10族混合金属二核錯体の合成と構造

    飯塚秀隆, 荒芝和也, 松川将治, 桑田繁樹, 石井洋一

    日本化学会第84春季年会  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロトリホスフィマト配位子を有する新規遷移金属錯体の合成

    上村聡, 岡秀幸, 池田富美子, 野川千種, 桑田繁樹, 岩崎政和, 石井洋一

    第50回有機金属化学討論会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シアナミド架橋ルテニウム三核錯体の合成と反応性

    梶谷英伸, 岩崎政和, 石井洋一

    第50回有機金属化学討論会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ニトロシル配位子を持つモノ(スルフィド)架橋6族-9族混合金属二核錯体の合成と反応性

    荒芝和也, 松川将治, 桑田繁樹, 岩崎政和, 石井洋一

    第53回錯体化学討論会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋を持つチタン6核錯体の合成

    竹本康一, 桑田繁樹, 岩崎政和, 石井洋一

    第53回錯体化学討論会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • カリックスアレーン配位子を持つジオキソレニウム錯体とヒドラジン類との反応

    近藤綾乃, 岩佐健太郎, 岩崎政和, 石井洋一

    第53回錯体化学討論会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Cyanamido-Bridged Polynuclear Iridium Complexes: Skeletal Transformations and Heterobimetallic Cluster Formation

    Y. Ishii

    The International Symposium on Dynamic Complexes  2003年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis and Structures of Cyclophosphato Complexes of Titanium

    Y. Ishii, M. Iwasaki, S. Kamimura, S. Kuwata

    XVth FECHEM Conference on Organometallic Chemistry  2003年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スルフィド架橋6属-9属混合金属二核錯体の合成と構造

    荒芝和也, 松川将治, 桑田繁樹, 石井洋一

    日本化学会第83春季年会  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ニトロシル配位子を持つビス(スルフィド)架橋ロジウム-タングステン混合金属二核錯体の反応性

    松川将治, 荒芝和也, 桑田繁樹, 岩崎政和, 石井洋一

    日本化学会第83春季年会  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シアナミド架橋混合金属三核錯体の合成と構造

    梶谷英伸, 田辺資明, 桑田繁樹, 石井洋一

    日本化学会第83春季年会  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ニトロシル配位子を持つモノ(スルフィド)架橋9族金属錯体の反応性

    第52回錯体化学討論会  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロテトラホスフェートを配位子とするチタン錯体の合成と構造

    上村聡, 岡秀幸, 松永師, 池田富美子, 桑田繁樹, 岩崎政和, 宮本健, 石井洋一

    第52回錯体化学討論会  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ニトロシル配位子を持つモノ(スルフィド)架橋ルテニウム-イリジウム二核錯体の合成と構造

    松川将治, 服部孝徳, 桑田繁樹, 干鯛眞信, 石井洋一

    第52回錯体化学討論会  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カリックス[4]アレーンのキャビティの内側での Re-Pd および Re-Rh ヘテロ二核コアの構築

    岩佐健太郎, 河内卓弥, 石井洋一

    第49回有機金属化学討論会  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シアナミド架橋イリジウム2核錯体の合成と反応性

    梶谷英伸, 田辺資明, 桑田繁樹, 石井洋一

    第49回有機金属化学討論会  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthesis and Skeletal Transformations of NCNH- and NCN-Bridged Tetrairidium(III) Cages

    Y. Ishii, H. Kajitani, Y. Tanabe, S. Kuwata

    35th International Conference on Coordination Chemistry  2002年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 9族金属単核モノおよびビス(ヒドロスルフィド)錯体から誘導されるスルフィド多核錯体の構造とその反応性

    松林昭博, 桑田繁樹, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第81春季年会  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • イリジウム、ロジウムの単核NCNH錯体の合成と連結異性

    田辺資明, 梶谷英伸, 桑田繁樹, 石井洋一

    日本化学会第81春季年会  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロテトラホスフェートを配位子とする新規なTi錯体の合成とその構造

    上村聡, 松永師, 桑田繁樹, 岩崎政和, 石井洋一

    日本化学会第81春季年会  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ニトロシル配位子を持つ9族金属モノ(スルフィド)架橋二核錯体の合成と反応性

    服部孝徳, 松川将治, 桑田繁樹, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第81春季年会  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カリックスアレーンキャビティの内側におけるRe-PdおよびRe-Rh異核コアの段階的構築

    岩佐健太郎, 河内卓弥, 石井洋一

    日本化学会第81春季年会  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Sm-Co 合金ナノ微粒子の合成と磁気特性の評価

    奥田隆一, 掛札洋平, 上村聡, 小野寛太, 石井洋一, 尾嶋正治

    日本化学会第81春季年会  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 遷移金属シクロホスフェート錯体の化学

    石井洋一

    Organometallic Seminar XXV  2001年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 9族金属ヒドロスルフィド錯体を用いた硫黄架橋前周期後周期異核錯体の合成

    桑田繁樹, 長野達也, 松林昭博, 石井洋一, 干鯛眞信

    第48回有機金属化学討論会  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ルテニウム触媒を用いたプロパルギルアルコールとケントとの反応によるプロパルギル位アルキル反応

    西林仁昭, 脇地一生, 石井洋一, 植村榮, 干鯛眞信

    第48回有機金属化学討論会  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • NCNH、NCN架橋4核イリジウム錯体の合成と構造

    田辺資明, 桑田繁樹, 石井洋一

    第48回有機金属化学討論会  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Calixarene配位子を含むRu2及びRuRh二核錯体の合成

    尾中賢一, 石井洋一

    第51回錯体化学討論会  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シクロテトラホスフェート配位子を有する新規貴金属錯体の合成とその構造

    上村聡, 桑田繁樹, 石井洋一

    第51回錯体化学討論会  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロトリホスフェート配位子を有する新規なNbおよびTa錯体の合成とその構造

    上村聡, 桑田繁樹, 石井洋一

    第51回錯体化学討論会  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モリブデン(Ⅰ)ビス(ニトリル)錯体の合成と性質

    中川登紀子, 田辺資明, 石野博重, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第79春季年会  2001年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • タングステン(O)5配位モノアセチレン錯体の反応性

    萩野谷尚志, 石野博重, 桑田繁樹, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第79春季年会  2001年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 9族金属ヒドロスルフィド錯体を用いた硫黄架橋前周期-後周期異核錯体の合成

    桑田繁樹, 長野達也, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第79春季年会  2001年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シクロテトラホスフェートを配位子とする新規なロジウムおよびイリジウム錯体の合成と構造

    上村聡, 桑田繁樹, 石井洋一

    日本化学会第79春季年会  2001年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ルテニウム触媒によるプロパルギルアルコールのプロパルギル位アルキル化反応

    脇地一生, 西林仁昭, 石井洋一, 上村榮, 干鯛眞信

    日本化学会第79春季年会  2001年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthesis, Reactions and Catalytic Activity of Ir2M (M = Ru, Pd) Heterobimetallic Sulfido Clusters

    Y. Ishii, D. Masui, T. Kouchi, Y. Mizobe, M. Hidai

    2000 international Chemical Congress of Pacific Basin Societies  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Ti2Ru2Pd2S4O Booksshelf-like Sulfido ClusterRsynthesized by Oxo-linkage of Two Rationally Preorganized TiRuPdS2 Heterotrimetallic Units

    S. Kuwata, S.-I. Kabashima, Y. Ishii, M. Hidai

    2000 International Chmical Congress of Pacific Basin Societies  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Agostic Interaction with Methylene C-H Group in Five-coordinete Ruthenium Complex [RuH(dppb)2]PF6

    S. Miyata, M. Saburi, H. Shibuya, Y. Ishii

    2000 International Chmical Congress of Pacific Basin Societies  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • CN Triple Bond Cleavage of β-Ketonitriles on a Mo(0) Center

    Y. Ishii, Y. Tanabe, H. Seino, M. Hidai

    2000 international Chemical Congress of Pacific Basin Societies  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Unusual Attractive Interaction between the Ru Center and a P-C σ-Bond in [RuH(dpmb)2]BPh4

    M. Saburi, T. Fujii, D. Masui, Y. Ishii

    2000 International Chmical Congress of Pacific Basin Societies  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 低原子価モリブデン錯体上におけるβ-ケトニトリルのCN三重結合の開裂の反応機構

    石井洋一, 田辺資明, 清野秀岳, 干鯛眞信

    第47回有機金属化学討論会  2000年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カリックス[4]アレーン上への2つのRh(COD)+フラグメントの選択的かつ段階的集積

    尾中賢一, 平川秀彦, 白水航平, 石井洋一, 干鯛眞信

    第47回有機金属化学討論会  2000年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モリブデン(0)およびタングステン(0)5配位モノアセチレン錯体の酸化および酸との反応における溶媒効果

    石野博重, 桑田繁樹, 石井洋一, 干鯛眞信

    第50回錯体化学討論会  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • トリメタホスフェート配位子を有する新規なPdおよびPt錯体の合成とその構造

    上村聡, 桑田繁樹, 干鯛眞信, 石井洋一

    第50回錯体化学討論会  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒドラジン類及びヒドロキシルアミンを配位子に持つチオラート架橋二核イリジウム錯体の合成と反応性

    松川将治, 桑田繁樹, 石井洋一, 干鯛眞信

    第50回錯体化学討論会  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ビス(ヒドロスルフィド)チタン錯体を用いたチタン(Ⅳ)-イリジウム(Ⅲ)キュバン型スルフィドクラスターの合成

    桑田繁樹, 岸村顕広, 石井洋一, 干鯛眞信

    第50回錯体化学討論会  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モリデブン窒素錯体とシアノメチルホスホン酸エステルの反応によるジ(ニトリルエノラート)錯体の生成

    田辺資明, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第78春季年会  2000年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Carbonylation Reactions Catalyzed by Homogeneous Pd-Co Bimetallic Systems

    Y. Ishii, M. Hidai

    10th CRC International Symposium of Catalysis Research Center  1999年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 窒素錯体から誘導される5配位モリブデン(0)モノアセチレン錯体の構造と反応

    石野博重, 桑田繁樹, 石井洋一, 干鯛眞信

    第49回錯体化学討論会  1999年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • タングステンと5族遷移金属を含む異種金属二核架橋窒素錯体の合成

    石野博重, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第76春季年会  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリスルフィド配位子を有する異種金属二核架橋窒素錯体の合成

    長野達也

    日本化学会第76春季年会  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒドロスルフィド架橋二核ロジウムおよびイリジウム錯体と塩化第二銅との反応によるジスルフィド・トリスルフィドクラスターの合成と構造

    河内卓彌, 田辺資明, 唐振, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第76春季年会  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • イリジウム-ルテニウム混合金属硫黄クラスターの位置選択的アルキル化反応

    河内卓彌, 石井洋一, 干鯛眞信

    第45回有機金属討論会  1998年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • タングステン-ガリウム混合金属架橋窒素錯体の合成と分子構造

    高河原薫, 石野博重, 石井洋一, 干鯛眞信

    第48回錯体化学討論会  1998年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • PtMo3S4 コアを持つ混合金属キュバン型クラスターの合成と反応性

    増井大, 石井洋一, 干鯛眞信

    第48回錯体化学討論会  1998年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モリデブン窒素錯体とピバロイルアセトニトリルの反応による(メチレンアミド)(ニトリルエノラート)錯体の合成とその反応性

    田辺資明, 清野秀岳, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第74春季年会  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アニオン性タングステン窒素錯体からのボリルジアゼニド錯体の合成

    石野博重, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第74春季年会  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 硫黄架橋混合金属3核クラスター触媒を用いた内部フェニルアセチレンへのアルコールの反マルコフニコフ付加

    増井大, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第74春季年会  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • チオラート架橋ルテニウム2核錯体触媒を用いた末端アルキンの選択的二量化によるエンインの合成

    曲景平, 増井大, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第74春季年会  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 分子状窒素からの複素環化合物の合成

    石井洋一

    日本化学会第74春季年会  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Selective Hydroformylation of Internal Acetylenes by PdCl2(PCy3)2: Remarkable Synergistic Effect of Cobalt

    Y. Ishii, K. Miyashita, K. Kamita, M. Hidai

    The Seventh International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry  1997年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒドロスルフィド架橋二核錯体を用いた多様な貴金属-スルフィドクラスターの合成

    唐振 他

    第44回有機金属化学討論会  1997年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低原子価モリブデン錯体上におけるβ-ケトニトリルのC≡N三重結合の開裂反応

    田辺資明, 清野秀岳, 石井洋一, 干鯛眞信

    第44回有機金属化学討論会  1997年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ruthenium-Pyridylamine Complexes as Functional Models of Non-Heme Iron Enzymes

    T. Kojima, T. Amano, Y. Ishii, Y. Matsuda

    The Eighth International Conference on Bioinorganic Chemistry  1997年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Transformation of molecular Dinitrogen into Nitorogen-Heterocycles Using Molybdenum and Tungsten Complexes

    H. Seino

    The Eighth International Conference on Bioinorganic Chemistry  1997年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • インデニル基を補助配位子として持つチオラート架橋ルテニウム三核錯体の合成とその反応性

    佐藤哲

    日本化学会第72春季年会  1997年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 架橋チオラート配位子を有するカチオン性二核ロジウムおよびイリジウムヒドリド錯体の合成とニトロソベンゼンとの反応

    岩佐貴文, 島田仁, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第72春季年会  1997年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ir4M (M=Fe, Co, Ni)型コアを有するスルフィド架橋混合金属5核クラスターの合成と構造

    唐振, 石井洋一, 溝部裕司, 干鯛眞信

    日本化学会第72春季年会  1997年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロジウム二核錯体を用いたα,β-不飽和アルデヒド、ケトンの立体選択的1,4-ヒドロシリル化反応

    島田仁, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第72春季年会  1997年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 混合金属錯体触媒を用いたアルキンのヒドロホルミル化によるα,β不飽和アルデヒドの合成

    宮下賢哉, 上田健二, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第72春季年会  1997年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 分子状窒素からのピリジン環の直接合成

    石野博重, 徳永晋一, 清野秀岳, 石井洋一, 干鯛眞信

    第43回有機金属化学討論会  1996年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • カチオン性二核ルテニウム錯体上での末端アルキン類の水和と炭素-炭素結合の切断

    高木幸浩, 松坂裕之, 石井洋一, 干鯛眞信

    第43回有機金属化学討論会  1996年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒドロスルフィド架橋ルテニウム、ロジウム、イリジウム二核錯体から誘導される混合金属スルフィドクラスターの合成およびその反応性

    桑野繁樹

    第43回有機金属化学討論会  1996年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • テトラケトンとジアミンを含む銅(Ⅱ)複核錯体の合成と性質

    酒井麻子, 長尾憲治, 石井洋一, 干鯛眞信, 福田豊

    第46回錯体化学討論会  1996年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 架橋ヒドロスルフィド配位子を有するイリジウムおよびロジウム二核錯体の合成と反応

    唐振, 野村安雄, 石井洋一, 溝部裕司, 干鯛眞信

    第46回錯体化学討論会  1996年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 分子状窒素からのピリジン環の直接合戦

    徳永晋一, 清野秀岳, 石井洋一, 干鯛眞信

    日本化学会第70春季年会  1996年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二分子のη2配置アクリロニトリルを含む複核ルテニウム錯体の合成と構造

    石井洋一, 曲景平, 西尾正幸, 干鯛眞信

    日本化学会第70春季年会  1996年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 架橋チオラート配位子を有するカチオン性二核ルテニウム-ヒデリド錯体合成とアルキン類との反応

    西尾正幸, 石井洋一, 島田仁, 溝部裕司, 干鯛眞信

    日本化学会第70春季年会  1996年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PdMo3S4キュバン型クラスターを触媒に用いたアルキン酸の分子内環化反応

    若林敬規

    日本化学会第70春季年会  1996年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Novel Synthesis of Nitrogen-Heterocycles from Molecular Dinitrogen via Steowise Conversion on the Molybdenum and Tungsten Complexes

    H. Seino, Y. Ishii, M. Hidai

    1995 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  1995年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis and Structure of the Dinuclear η2:η12-Butenynyl Complex That Catalyzes Di- and Trimerization of Ferrocenylacetylene at the Thiolate-Bridged Diruthenium Center

    H. Matsuzaka, Y. Takagi, Y. Ishii, M. Nishio, M. Hidai

    1995 International Chmical Congress of Pacific Basin Societies  1995年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Hydrodesulfurization of Benzothiophene Catalyzed by Molybdenum Sulfide Cluster Encapsulated into Zeolites

    M. Taniguchi, Y. Ishii, T. Murata, M. Hidai, T. Tatsumi

    1995 International Chmical Congress of Pacific Basin Societies  1995年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The Characterization and Reactivity of a Bis-μ-chloro Polypyridyl Ruthenium(II)Dimer

    T. Kojima, T. Amano, Y. Ishii, Y. Matsuda

    1995 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  1995年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Direct Synthesis of Organo-Nitrogen Compounds via Dinitrogen Complexes

    Y. Ishii, H. Seino, M. Hidai

    The 30th International Conference on Coordination Chemistry  1994年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Novel Transformation of Coordinated Dinitrogen Aiming at the Synthesis of Organo-Nitrogen Compounds

    Y. Ishii, H. Seino, M. Kawaguchi, Y. Ishino, M. Hidai

    Seventh IUPAC Synposium on Organometallic Chemistry Directed towards Organic Synthesis  1993年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Novel Cyclocarbonylation of Aryl-Substituted Allyl Acetates

    Y. Ishii, H. Matsuzaka, M. Hidai

    3rd Anglo-Japanese Advanced Research Meeting on Organometallic Chemisutry  1990年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis of Fused Aromatic Systems by a Novel Cyclocarbonylation

    M. Hidai, M. Iwasaki, H. Matsuzaka, Y. Koyasu, Y. Ishii

    The Fourth International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry  1988年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Application of Ruthenium Catalyzed Hydrogen Transfer Reaction to the Asymmetric Synthesis of Monosaccharides

    M. Saburi, T. Ikariya, Y. Ishii, I. Sasaki, S. Yoshikawa

    Third IUPAC Symposium on Organometallic Chemistry Directed towards Organic Synthesis  1985年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Stereoselective Lactone Formation Using Ruthenium Catalyst

    Y. Ishii, I. Sasaki, T. Ikariya, M. Saburi, S. Yoshikawa

    The 1984 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  1984年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Preparation and Properties of New Chiral Ruthnium Complexes with BINAP Ligand

    T. Ikariya, Y. Ishii, M. Saburi, S. Yoshikawa

    The 1984 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  1984年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 第一製薬研究企画賞

    1994年12月   有機合成化学協会   窒素分子を窒素源として用いる窒素複素環化合物合成法の開拓

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 配座多様性に基づく機能性分子の開発

    2024年4月 - 2025年3月

    中央大学  中央大学理工学研究所共同研究  中央大学理工学研究所

    石井 洋一, 張 浩徹, 本田 暁紀, 岩本 貴寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 高活性酸化状態の発生を基にした触媒創製

    2023年4月 - 2024年3月

    中央大学  中央大学理工学研究所共同研究  中央大学理工学研究所

    石井 洋一, 張 浩徹, 中田 明伸, 岩本 貴寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 歪のないビニル錯体からのアルキンのβ炭素脱離反応の開拓

    2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  基盤研究(C)(一般)  中央大学

    石井洋一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • ビニルロジウム錯体上でのアルキンの β 炭素脱離反応の開発

    2020年4月 - 2021年3月

    東京応化科学技術振興財団 

    石井洋一, 桑原拓也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    直接経費:800000円 )

    researchmap

  • 二置換アルキンのビニリデン転位の一般化と利用

    2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  基盤研究(C)(一般)  中央大学

    石井洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    researchmap

  • カリックスアレーンのCH結合活性化で誘導される有機金属錯体の特性

    2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般)  中央大学

    石井洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    researchmap

  • 金属触媒を利用する安定結合の活性化と新規合成変換法の創出

    2012年10月 - 2018年3月

    科学技術振興機構  公的機関からの助成金(私大助成等)  先導的物質変換領域(ACT-C)  中央大学

    檜山為次郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 多核錯体の一次元連結手法の開発と利用

    2012年4月 - 2015年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(C) 

    石井洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4200000円

    researchmap

  • セレノおよびテルロニトロシル錯体の合成法確立と性質の解明

    研究課題/領域番号:23550082  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C) 

    武藤 雄一郎, 石井 洋一

      詳細を見る

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    ニトリドレニウム錯体とセレンとの反応からセレノニトロシル(NSe)錯体が得られた。最終的に構造は予備的ではあるがX線構造解析によって確認した。ジチオカルバマト配位子をもつ求核性のニトリドモリブデン錯体とセレンとの反応では、ジチオカルバマト配位子の分解が起こる、あるいは、溶媒にもちいた二硫化炭素(CS2)が反応し、チオニトロシル(NS)錯体やイソチオシアナト(NCS)錯体を生成した。後者の反応は、金属錯体によってCS2が還元的不均化で形式的にSとCSを生成する珍しい系である。一方、テトラアニオン配位子をもつ求電子性のニトリドルテニウム錯体とイオウとの反応では、対応するNS錯体が速やかに生成した。

    researchmap

  • レニウムカリックスアレーン錯体におけるキャビティ動的制御法の開発

    研究課題/領域番号:21550069  2009年4月 - 2012年3月

    文部科学省  科学研究費補助金 基盤研究(C)  基盤研究(C)  中央大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    カリックスアレーンを配位子とするcis-ジオキソレニウム錯体とアリールヒドラジン類並びにヒドロキシルアミンとの反応を詳しく検討し、溶媒の選択によってキャビティの形状変化を伴う異性化反応が進行すること、ヒドラジンの場合には可逆的な異性化であることを見出した。また、カリックスアレーンやヒドラジン上の置換基の影響の解明や反応速度の検討を行い、これらの動的なキャビティの形状制御の機構について明らかにした。

    researchmap

  • シクロリン酸をプラットフォームとする多核金属錯体触媒の開発

    研究課題/領域番号:20037060  2008年4月 - 2010年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)  特定領域研究  中央大学

    石井洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3800000円

    本研究では、不均一系触媒のモデル錯体としてシクロリン酸イオンを補助配位子とする遷移金属錯体に着目し、これまでに(PPN)[Ru(P_3O_9)(MeOH)(dppe)](1)と内部アルキンの反応ではアルキル、アリール基が転位してビニリデン錯体が生成することを見出している。本年度は、この反応をさらに検討し、長鎖内部アルキンを用いると酸化を伴ってケトビニリデン錯体が生成すること、Cp配位子を持つ錯体でも転位が進行することを見出した。まず1と5-デシンのC_2H_4Cl_2溶液に紫外線を照射したところ、プロパルギル位の酸化を伴う転位が進行し、ケトビニリデン錯体(PPN)[Ru(P_3O_9){=C=C(C_4H_9)(COC_3H_7)}(dppe)]を得た。同様の条件下で1と2-ノニンとの反応ではビニリデン錯体とケトビニリデン錯体を2:1の比で得たが、他の内部アルキンとの反応はいずれもビニリデン錯体のみを与えた。次に、内部アルキン-ビニリデン転位の一般性を確認するため、Cp配位子を持つルテニウム錯体の反応を検討した。[CpRuCl(dppe)]とPhC=CArの反応はAgPF_6あるいはNaBPh_4存在下で行っても複雑な混合物を与えたが、NaBAr^F_4存在下では対応するビニリデン錯体[CpRu(=C=C(Ph)Ar)(dppe)][BAr^F_4]が選択的に生成した。同様の反応は鉄錯体上においても進行したが、本反応は鉄錯体上において内部アルキンの炭素置換基の転位によりビニリデンが生成する初めての例である。一連の芳香族置換基の転位能の序列を検討した結果、炭素置換基の転位能の順序はC_6H_4CO_2Et>C_6H_4Cl>C_6H_4Me>C_6H_4OMeであり、本反応が有機化学では非常に珍しい炭素置換基の求電子転位で進行していることが示された。

    researchmap

  • シアナミド架橋を利用したクラスターオブクラスターの合成

    2007年4月 - 2009年3月

    中央大学  中央大学特定課題研究費 

    石井洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1580000円

    researchmap

  • シクロリン酸配位子をプラットフォームとする多核金属錯体触媒の開発

    研究課題/領域番号:19028059  2007年4月 - 2008年3月

    文部科学省  科学研究費補助金 特定領域研究  特定領域研究  中央大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

    分子性金属錯体を不均一系金属担持触媒の分子モデルとして利用することは、不均一系での反応機構を解明して高機能触媒を設計するための有効な手法である。本研究では、ヒドロキシアパタイト担持金属触媒のモデルとしてシクロリン酸イオンを補助配位子とする遷移金属錯体の反応性を検討した。
    まず、ベンゼン錯体(PPN)[Ru(P_3O_9)(C_6H_6)]とbpyあるいはdppeをメタノール中で紫外線照射することによりアルコール錯体(PPN)[Ru(P_3O_9)(ROH)(L)](L=bpy,dppe)を得た。前者はジフェニルアセチレンとの反応でη^2-アルキン錯体(PPN)[Ru(P_3O_9)(PhC≡CPh)(bpy)]を与え、さらにmCPBAと反応させるとα-ケトカルベン錯体(PPN)[Ru(P_3O_9)-(=C(Ph)COPh)(bpy)]へと誘導された。一方、dppe錯体と内部アルキンとの反応では、置換基の種類によりアルキン錯体(PPN)[Ru(P_3O_9)(RC≡CR')(dppe)]あるいはビニリデン錯体(PPN)[Ru(P_3O_9){=C=C(R)R'}(dppe)]が生成することを見出した。後者の生成は、内部アルキンから一般的な炭素置換基の転位によるビニリデンの生成というほとんど例のない反応である。また、単離したアルキン錯体を紫外線照射または加熱したころ、ビニリデン錯体へと異性化することが確認された。このビニリデン転位における置換基の転位傾向を検討するため、^<13>C標識されたPhC≡^<13>CRを用いて詳しく検討した結果、アルキン上の置換基の転位はCOOEt>Me>Phの順に起こり易いことが判明した。この序列は有機化学で一般に見られる有機基の求核的転位とは異なった機構で本反応が進行することを示唆する。

    researchmap

  • 窒素および酸素をドナー原子として有する混合金属クラスターの合理的合成法の確立

    研究課題/領域番号:19027052  2007年4月 - 2008年3月

    文部科学省  科学研究費補助金 特定領域研究  特定領域研究  中央大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4300000円

    窒素や酸素を配位原子とするハードな配位子を含む後周期遷移金属多核錯体は、機能性材料などへの利用の可能性から合成法開発が望まれている。本研究では特徴ある三次元構造と高い機能とを持っ混合金属クラスターを精密合成する方法を開発することを目指して、シアナミドおよびホスホナト架橋錯体の新規合成と特性の開発を検討した。
    まず補助配位子としてアレーンを持つシアナミド架橋ルテニウム錯体について検討した結果、従来にない構造の錯体の合成に成功した。すなわち、[RuCl_2(η^6-C_6Me_6)]_2とNaNCNHをメタノール中で反応させることにより、二核錯体[{(η^6-C_6Me_6)Ru(μ-NCNH-N,N)}_2(μ-NCN-N,N)]を選択的に得た。本錯体はdppm錯体[{(η^6-C_6Me_6)Ru(μ-NCN-N,N)}_2-(μ-dppm)]を経由してRu_2Ir_2四核錯体[{(η^6-C_6Me_6)Ru(μ-NCN-N,N)IrCl(cod)}_2(μ-dppm)]へと誘導された。一方、K_2NCNをトルエン中90℃で反応させた場合には、引き伸ばされたキュバン型の四核錯体[(η^6-C_6Me_6)Ru(μ_3-NCN-N,N,N')_3-{(η^6-C_6Me_6)Ru}_3(μ_3-NCN-N,N,N)]が生成した。さらに、[RuCl_2(η^6-C_6Me_6)]_2と[MCl(cod)]_2(M=Rh,Ir)を過剰のNa_2NCN存在下で反応させた場合には、RuM_2混合金属クラスター[{(η^6-C_6Me_6)Ru}{M(cod)}_2(μ-NCN)_2]が一段階のセルフアセンブリ反応で選択的に生成することが判明した。本反応は混合金属クラスター合成の簡便な手法として興味深い。ホスホナト多核錯体の合成に関しても検討を加え、9族金属四核錯体の合成とフラクショナルな構造を明らかとした。

    researchmap

  • カリックスアレーンのキャビティ内部空間を利用した高度配位制御

    研究課題/領域番号:18550061  2006年4月 - 2008年3月

    文部科学省  科学研究費補助金 基盤研究(C)  基盤研究(C)  中央大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4240000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:540000円 )

    カリックスアレーン類はキャビティと呼ばれる包接サイトと配位部位を併せ持つ興味ある分子であるが,キャビティ空間の特質を積極的に利用したカリックスアレーンの配位化学は未開拓の分野である。本研究では,まずカリックスアレーンの芳香環のキャビティ内面に後周期遷移金属フラグメントがπ-配位した錯体を中心に詳しく検討を行った。その結果,比較的コンパクトなCpRu^+や(C_5H_4Me)Ru^+はキャビティ内側に配位するのに対し,立体的に大きなCp^*Ru^+はキャビティ外側に配位することを示した。また,カリックスアレーンの環反転をO-アセチル化またはO-プロピル化で禁止するとCpRu^+の配位がキャビティ外側に起こることなどを明らかとし,キャビティ内側への配位が外側への先行配位と「セルフインクルージョン」現象の結果であることを立証した。
    一方,本研究に先立って合成したcis-ジオキソレニウム錯体への異種金属取り込みに関しては,Cu(MeCN)^+およびAg(acetone)^+を取り込んだ混合金属二核錯体の合成に成功し,キャビティ内へのアルキン類取り込み反応の基質選択性を,速度論および熱力学的安定性の見地から検討した。これにより,カリックスアレーンのキャビティの形状を反映した,従来にない選択性の発現を確認した。さらに,このジオキソレニウム錯体から誘導されるRe-Rh錯体の異性化反応について,溶媒によりその構造が制御される現象を見出し,その理由を検討した。これにより,キャビティ内配位とキャビティ外のアレーンπ-配位の相互変換についてはじめて明らかにすることができた。

    researchmap

  • シアミナド架橋の柔構造を利用した多核錯体の合成戦略と高次構造化

    研究課題/領域番号:16033257  2005年4月 - 2006年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(特定領域研究)  特定領域研究  中央大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

    前年までの研究で合成したシアナミド架橋混合金属三核錯体[(Cp^*Ir)_2(CpRu)(NCN)_2]^+(Cp^*=η^5-C_5Me_5)に対してNa_2NCNを反応させることにより、三核錯体がシアナミド架橋でさらに連結された六核錯体[{(Cp^*Ir)_2(CpRu)(NCN)_2}_2(NCN)]が生成することを見出した。この反応はクラスターを集合させてクラスターオブクラスターを合成する方法として興味深いものである。また、イリジウム二核錯体[Cp^*Ir(NCN)]_2と[Ni(cod)_2]の反応では2つのジイリジウムユニットがNi(0)中心へ集積し、4本の金属間結合を有する[(Cp^*Ir)_4Ni(NCN)_4]が生成した。
    一方、[RhCl(cod)]_2と0.5モルの[Cp^*CoI_2]_2または[Cp^*MCl_2]_2(M=Rh,Ir)を過剰量のK_2NCNと反応させた場合には、セルフアセンブリにより選択的に無電荷の混合金属三角錯体[(Cp^*M){Rh(cod)}_2(NCN)_2]を与えた。原料錯体のモル比を調節することで混合金属クラスターを選択性よく合成できることは、錯体合成上有利であり興味深い。
    さらに、キュバン型四核錯体[Cp^*Ir(NCN)]_4や二核錯体[CP^*Ir(NCN)]_2の末端窒素上へ金属フラグメントを集積化することを試み、[Pd(allyl)Cl]_2との反応から八核錯体[(Ir_4Cp^*_4)(NCN)_4{Pd(allyl)Cl}_4]および六核錯体[(Cp^*_2Ir_2Cl_2)(NCN)_2{Pd_2(allyl)_2(Cl)}_2]を合成した。これらの錯体は、いずれも珍しいμ_4-NCN-N,N,N,N'およびμ_4-NCN-N,N,N',N'配位子を含む。

    researchmap

  • シクロリン酸の構造的特徴を活かしたかご状有機金属多核錯体の構築と無機材料への応用

    研究課題/領域番号:16550101  2004年4月 - 2006年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究C2)  基盤研究(C)  中央大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3700000円

    まず、[cp*TiCl_3]や[(Cp*TiCl)_3(O)_3]などのチタン錯体とシクロホスファト塩類との反応では、かご状のアニオン性二核錯体である(PPN)_2[(Cp*Ti)_2(P_4O_<12>)_2]や三核錯体(PPN)[(Cp*TiO)_3(P_4O_<12>)]をはじめとして、特徴ある構造の多核錯体が生成した。特に後者の錯体は、三核チタンユニットとシクロホスファト部分が相対的に回転するユニークな動的挙動を示した。
    一方、ホスホナト配位子を含むロジウム、イリジウム錯体の検討では、[{M(diene)}_4(RPO_3)_2]の組成を持つ3種の構造を結晶解析により明らかとした。それらは溶液中では容易に相互変換されるが、その過程にある3種もの構造が決定できたことは興味深い。これらの錯体のうち[{Ir(cod)}_4(^tBuPO_3)_2]の熱分解反応を検討した結果、予想されるリン酸イリジウムおよび酸化イリジウムの混合物が生成することが判明した。無機材料としての特性は明らかではないが、組成を制御した無機材料の合成にホスホナト架橋多核錯体が利用できる可能性を示すことができたと考える。
    さらに、シクロトリホスファトを配位子とするルテニウム錯体の合成を詳しく検討した。その結果、(PPN)[(C_6H_6)Ru(P_3O_9)]をメタノール中dppe存在下で光照射するとメタノール錯体(PPN)[(C_6H_6)Ru(P_3O_9)]が得られ、その配位メタノールが窒素、エチレンに容易に置換できること、3-ヘキシンとの反応ではエチル基の転位によりビニリデン錯体が生成することを見出した。内部アルキンからビニリデン錯体への異性化はほとんど例のない反応であり、興味深い成果である。

    researchmap

  • シアミナド架橋の柔構造を利用した多核錯体の合成戦略と高次構造化

    研究課題/領域番号:16033257  2004年4月 - 2005年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(特定領域研究2)  特定領域研究  中央大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

    前年までの研究で合成したシアナミド架橋混合金属三核錯体[(Cp^*Ir)_2(CpRu)(NCN)_2]^+(Cp^*=η^5-C_5Me_5)に対してNa_2NCNを反応させることにより、三核錯体がシアナミド架橋でさらに連結された六核錯体[{(Cp^*Ir)_2(CpRu)(NCN)_2}_2(NCN)]が生成することを見出した。この反応はクラスターを集合させてクラスターオブクラスターを合成する方法として興味深いものである。また、イリジウム二核錯体[Cp^*Ir(NCN)]_2と[Ni(cod)_2]の反応では2つのジイリジウムユニットがNi(0)中心へ集積し、4本の金属間結合を有する[(Cp^*Ir)_4Ni(NCN)_4]が生成した。
    一方、[RhCl(cod)]_2と0.5モルの[Cp^*CoI_2]_2または[Cp^*MCl_2]_2(M=Rh,Ir)を過剰量のK_2NCNと反応させた場合には、セルフアセンブリにより選択的に無電荷の混合金属三角錯体[(Cp^*M){Rh(cod)}_2(NCN)_2]を与えた。原料錯体のモル比を調節することで混合金属クラスターを選択性よく合成できることは、錯体合成上有利であり興味深い。
    さらに、キュバン型四核錯体[Cp^*Ir(NCN)]_4や二核錯体[CP^*Ir(NCN)]_2の末端窒素上へ金属フラグメントを集積化することを試み、[Pd(allyl)Cl]_2との反応から八核錯体[(Ir_4Cp^*_4)(NCN)_4{Pd(allyl)Cl}_4]および六核錯体[(Cp^*_2Ir_2Cl_2)(NCN)_2{Pd_2(allyl)_2(Cl)}_2]を合成した。これらの錯体は、いずれも珍しいμ_4-NCN-N,N,N,N'およびμ_4-NCN-N,N,N',N'配位子を含む。

    researchmap

  • シアナミド架橋の柔構造を利用した多核錯体の合成戦略と高次構造化

    研究課題/領域番号:15036263  2003年4月 - 2004年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(特定領域研究2)  特定領域研究  中央大学

    石井洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

    本研究ではシアナミド架橋多核構造の多様性を追究して混合金属錯体を含む多核構造の自在な構築のための手法を確立し,さらにはシアナミドの架橋配位能を活用して多核錯体を構造ユニットとして集積させた「クラスターオブクラスター」へと展開することを目的として以下検討を行った.まず[Cp^*IrCl_2]_2と2倍モルのNa_2(NCN)とを乾燥メタノール中室温で反応させたところ,シアナミド架橋二核錯体[Cp^*Ir(μ_2-NCN)]_2(1)が濃赤色結晶として収率47%で得られた.錯体1は,架橋N原子がsp^3混成による非平面構造を取って孤立電子対を持つ一方,二核コアの電子数(32e)からは潜在的に配位不飽和であると考えられる興味深い錯体である.実際に1はその構造的特徴に基づくさまざまな反応性を示し,エロンゲーテッドキュバン型錯体やキュバン型錯体への二量化,ホスフィンの配位,COの挿入によるシアノゲンイソシアナート錯体の生成,異種金属フラグメントの取り込みによる混合金属三核錯体の生成などの特徴ある変換が起こることを見出した.また、キュバン型錯体への二量化については速度論的解析を行い,これが二次反応であること,キュバン錯体に近い会合状態が遷移状態であることなどを明らかにした。
    一方,[Cp^*RuCl]_4とNa_2(NCN)をメタノール中で反応させることにより空気に不安定なNa[(Cp^*Ru)_3(μ_3-NCN)_2](2)暗赤色の結晶性固体として得た.2はアニオン性錯体であることから,種々の求電子剤と反応することが期待される.実際に,HClとの反応ではプロトンが1つのRu-Ru結合に付加したヒドリド架橋錯体,[AuCl(PPh_3)]との反応からは一方のNCN配位子の末端窒素原子に{Au(PPh_3)}^+が結合した四核錯体が生成した.この結果は2の三核コアを金属イオンで連結した「クラスターオブクラスター」合成につながるものである。

    researchmap

  • 無機材料科学に関連した遷移金属シクロホスフェートの開発

    2003年4月 - 2004年3月

    中央大学  中央大学理工学研究所共同研究費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:990000円

    researchmap

  • カリックスアレーン上への位置選択的・段階的な錯体の集積と機能開発

    研究課題/領域番号:13650899  2001年4月 - 2003年3月

    文部科学省  文部科学省科学研究費(基盤研究C2)  基盤研究(C) 

    石井 洋一, 桑田 繁樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4100000円

    カリックスアレーンの酸素配位サイト、アレーン配位サイト両配位部位への金属錯体フラグメントの位置選択的、段階的な集積法の開発を目指し、カリックス[4]アレーン類への7-10族金属錯体フラグメントの新規導入反応を検討した。まず、カリックス[4]アレーン類とロジウム二核錯体[Rh(cod)(OMe)]2の反応では、初めに導入されるRh(cod)フラグメントはアレーン配位サイトに選択的に配位するのに対し、第二のRh(cod)フラグメントは酸素配位サイトに選択的に配位することを見出した。このことは第一のRh(cod)フラグメントがアレーン配位サイトに配位することにより酸素配位サイトの配位能力が向上し、第二のRh(cod)フラグメントを配位できるようになったことを示す。この配位コントロールを利用し、位置選択的にイリジウム、ロジウムフラグメントを導入したヘテロ二核錯体を合成することにも成功した。次に、カリックス[4]アレーンと[Cp^*RuCl]4との反応からはCp^*Ruフラグメントがアレーン配位サイトに1つ、あるいは2つ導入された錯体を得た。興味深いことに、後者の錯体ではCp^*Ruフラグメントが隣り合った芳香環に配位した構造となっており、従来報告されていた関連するCp^*Rh, Cp^*Irなどの錯体とは異なった位置選択性で反応が進行することが明らかとなった。さらに、t-ブチルカリックス[4]アレーンと(Ph4P)[ReOC14]との反応および酸化銀による酸化でアニオン性ジオキソレニウム錯体を合成し、これを利用することによりレニウム-パラジウムおよびレニウム-ロジウム二核コアをカリックスアレーンのキャビティ内に持つ錯体の合成にも成功した。これらはカリックスアレーンのキャビティ内に異種遷移金属・多核コアを構築した最初の例であり、カリックスアレーン上での多核錯体合成に重要な知見である。

    researchmap

  • 小分子の特異な活性化を目指した金属反応場の構築

    研究課題/領域番号:09102004  1997年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特別推進研究  東京大学

    干鯛 眞信, 西林 仁昭, 石井 洋一, 溝部 裕司, 清野 秀岳, 桑田 繁樹

      詳細を見る

    配分額:201000000円 ( 直接経費:201000000円 )

    本研究により,三級ホスフインを補助配位子とするタングステンの窒素錯体と,配位不飽和ルテニウム錯体と水素ガスから生成するカチオン性ルテニウム水素錯体とを温和な条件下(55゜C)で反応させることによりアンモニアが生成することが明らかとなった.これは錯体に配位した窒素分子を水素ガスを用いてアンモニアへと変換できた最初の例である.また,硫黄架橋二核モリブデン錯体上で水素分子を配位活性化した後,タングステン窒素錯体と室温で反応させることによって,アンモニアが得られることも明らかとなった.
    一方,窒素固定酵素の活性部位構造に密接に関連する遷移金属と硫黄からなるクラスター化合物の合成に関しては,3から5核にわたる同種または異種遷移金属中心をもつ一連のクラスターの一般性のある合成法の確立に成功した.これによって,第4族から第11族にわたる様々な金属を1種類から3種類含む硫黄架橋金属クラスター骨格を系統的に構築することが可能となった.
    なお,これらの錯体やクラスターを用いて,窒素ばかりでなく,アルキン,アルケン,イソシアニドなどの小分子についてもその新規な活性化と反応性の開発が達成できた.

    researchmap

  • メタロ芳香族化合物の新規な合成法と反応

    研究課題/領域番号:09650948  1997年    

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)  東京大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1700000円 )

    researchmap

  • 多中心金属反応場での特異な有機合成反応の開発

    研究課題/領域番号:08455422  1996年 - 1997年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)  東京大学

    干鯛 真信, 石井 洋一, 溝部 裕司

      詳細を見る

    配分額:7400000円 ( 直接経費:7400000円 )

    遷移金属クラスターは複数の金属中心を持つため、単核錯体にはない多くの特徴を持ち、それらに基づく高度な触媒活性も期待できる。本研究では高い触媒活性を示す混合金属キュバン型クラスター錯体の分子設計、合成、機能開発を目的として以下の検討を行った。
    まず、すでに合成に成功している[PdMo_3S_4Cl(tacn)_3][PF_6]_3(1,tacn=1,4,7-triazacyclononane)を触媒として用い、ω-アルキン酸の分子内環化を検討した。その結果、クラスター1はアセトニトリル中での2,2-ジメチル-5-ヘキシン酸の環化では単核錯体PdCl_2(PhCN)_2の17倍という高活性で対応するδ-ラクトンを与えた。さらに、4-ペンチン酸の環化によるγ-ラクトンの生成ではではターンオーバー数は100000に達した。これらの反応では1のキュバン骨格が保たれていることも確認された。今回見出した高度な活性は、パラジウムが4面体構造を取りつつキュバン型クラスターに取り込まれた1の特異な構造に基づくもので、極めて興味深い。また、クラスター1は水溶性でかつ水に安定であり、ω-アルキン酸の環化反応を水を溶媒として行うこともできた。金属錯体を用いた均一系触媒反応は通例有機溶媒を必要とし、この点が工業上の制約となっているが、本反応が水中でも行えることは工業化学的に意義深い。一方、チオラート架橋を有する複核ルテニウム、ロジウム錯体の触媒反応性についても検討を加え、[Cp^*RuCl(SPr^i)_2Ru(OH_2)Cp^*[OTf]が芳香族化合物のアリルハライドまたはアリルアルコールを用いたアリル化に対して高い触媒活性を持つこと、[Cp^*Rh(SPr^i)_2RhCp^*]触媒によるα,β-不飽和アルデヒド、ケトンのヒドロシリル化ではZ-シリルエノールエーテルが選択的に合成できることが判明した。これらの反応は従来の単核錯体触媒ではほとんど行えない反応であり、複核金属錯体の特異な反応サイトの特徴が現れていると言える

    researchmap

  • 多核錯体に特異的なトランス付加型挿入反応の開発と利用

    研究課題/領域番号:08651000  1996年    

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)  東京大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

    隣接した複数の金属原子を含む多核錯体は、単核錯体とは異なった特異な化学変換を行える可能性を持っているが、実際に多核錯体を合理的に分子設計し、その特徴を活かした有機合成を実現した例は必ずしも多くない。本研究では、最近見出した複核ルテニウム錯体を触媒とするフェロセニルアセチレンの3量化反応ではアセチレンがトランスの立体化学でRu-C結合に挿入していると考えられる結果を得ていることから、ルテニウムをはじめとする複核ヒドリド錯体とアセチレン類の反応を詳しく検討した。
    まずルテニウムヒドリド錯体[Cp^*RuH(SPr^i)_2RuCp^*][OTf]とアセチレンジカルボン酸ジメチルの反応を検討したところ、Ru-H結合へのC≡C結合のトランス型挿入反応により反応するカチオン性ビニル錯体が収率64%で得られることを見出した。X線構造解析によれば、この錯体においてアセチレンジカルボン酸ジメチルに由来する配位子部分は、ビニル炭素-ルテニウムのσ結合の他にエステルのカルボニル酸素-ルテニウムの配位結合を持ち、架橋構造を取っている。本系でもアセチレンのRu-H結合への挿入反応がトランスの立体化学で進行したことから、トランス型の挿入反応は複核ルテニウム反応場の特徴の1つといえるものと考えている。一方、エステル基を持たない1-ヘキシン、4-メチル-1-ペンチンでは2核ルテニウム錯体上でアセチレンが2量化することによりカチオン性ブテニニル錯体が、また3-フェニル-1-プロピルでは類似のブテニニル錯体の生成後さらに環化が進行してインダン骨格を有する錯体が生成した。これとは対照的に、ロジウム、イリジウムのヒドリド錯体[Cp^*MH(SPr^i)_2MCp^*][OTf](M=Ir,Rh)はアセチレン類に対しほとんど反応性を示さなかった。

    researchmap

  • β-置換ピロールの新規合成法の開発

    研究課題/領域番号:07555284  1995年 - 1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)  東京大学

    干鯛 眞信, 小安 幸夫, 石井 洋一

      詳細を見る

    配分額:6200000円 ( 直接経費:6200000円 )

    ピロール環のβ-位への置換基の自在な導入は新しい医薬、農薬などの開発のうえで不可欠である。本研究では、Mo,Wの窒素錯体から誘導される新規ピロリルイミド錯体の特性を活用して窒素分子からβ-置換ピロールを合成する、全く新しいピロールの合成プロセスを開発することを目的に、以下検討を行った。
    まず、Mo,Wの窒素錯体[M(N_2)_2(Dppe)_2](M=W,Mo),[W(N_2)_2(PMe_2Ph)_4]からプロトン化と2,5-ジメトキシテトラヒドロフランとの縮合により1-ピロリルイミド錯体[MF(NNC_4H_4)-(dppe)_2][BF_4](1a,M=W;1b,M=Mo),[WX_2(NNC_4H_4)(PMe_2Ph)_3]2を得た。続いて錯体1のアシル化、ブロモ化、シアノ化等を詳しく検討し、これらの反応が遊離のピロールと異なり高度にβ-選択的に進行することを見出した。このβ-選択性はdppe配位子のフェニル基の立体的な効果によると考えられる。次に錯体1,2からピロール、N-アミノピロールを遊離させる反応を種々検討したところ、錯体1aのLiAlH_4還元ではピロールが選択的に、また1bからはピロールとN-アミノピロールとが得られ、[MH_4(dppe)_2](3)が中程度の収率で回収された。錯体3は窒素ガスとの反応で窒素錯体に変換できることが知られており、窒素分子からピロール、N-アミノピロールを合成するサイクルを実証することができた。さらに、1aをヘプタノイル化して得られるβ-ヘプタノイルピロリルイミド錯体をLiAlH_4還元したところ、β-ヘプチルピロールが得られた。β-置換ピロールを窒素分子から実際に合成できることが示せたことは極めて重要な成果である。一方、錯体2およびその誘導体のアルコール中KOHとの反応の検討から、選択的かつ定量的にN-アミノピロールを得ることもできた。このほか、ラクタム、ピリジンの合成に関しても窒素錯体からフタルイミジン-2-イルイミド、ピリジニオイミド錯体を合成し、そこからフタルイミジン、ピリジン類を得ることに成功している。

    researchmap

  • バイメタリック系を用いた窒素分子と芳香族炭化水素の反応

    研究課題/領域番号:07855105  1995年    

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  奨励研究(A)  東京大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    筆者は最近配位窒素分子と配位ハロアレーンの反応により窒素分子をアリール化するバイメタリック系の開発に成功している。本研究ではより高度なバイメタリック反応系を新たにデザインすることにより、配位窒素分子を芳香族炭化水素によってアリール化する反応の開発を目的として、以下の検討を行った。
    まず、求核性が高いと考えられるアニオン性の窒素錯体[NBu_4][W(NCS)(N_2)(dppe)_2]を選び、求核試薬の付加を受けることが知られているベンゼン錯体[Cr(CO)_3(C_6H_6)],[RuCp(C_6H_6)][PF_6](1)との反応を試みたが、これらは反応性を示さず、また錯体1のシクロペンタジエニル配位子にさらに電子吸引性基を導入した[Ru(C_5H_2Me-PhCOOEt)(C_6H_6)][PF_6]との反応も検討したがやはりN-C結合の生成は認められなかった。
    一方、アニオン性の窒素錯体[NBu_4][W(CN)(N_2)(dppe)_2]と[RuCp(C_6H_5F)][PF_6]との反応を検討したところ、シアノ配位子のアリール化が進行して新規なμ-イソシアニド錯体[WF{CN(C_6H_5)RuCp}(dppe)_2]が得られた。この錯体のX線構造解析ではイソシアニド配位子は従来にないイミノカルビン型の構造をとっており、フェニル基がルテニウムにη^5-配位していることが判明した。同様の錯体は種々の置換フルオロアレーン配位子をもつルテニウム錯体を用いても得られた。このようなイソシアニドの新しい配位様式は、electron richなタングステン中心とelectron deficientなルテニウム中心とにμ-配位することでイソシアニド配位子が特異な活性化を受けていると見なせるものであり、極めて興味深いと考えている。

    researchmap

  • 高度な触媒機能を有するキュバン型錯体の分子設計

    研究課題/領域番号:07216216  1995年    

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  重点領域研究  東京大学

    干鯛 眞信, 石井 洋一

      詳細を見る

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

    遷移金属クラスターは複数の金属中心を持つため、単核錯体にはない多くの特徴を持ち、それらに基づく高度な触媒活性も期待できる。本研究では高い触媒活性を示す混合金属キュバン型クラスター錯体の分子設計、合成、機能開発を目的として以下の検討を行った。
    まず、これまでに合成している8属貴金属を含む混合金属キュバン型クラスター[PdMo_3S_4Cl‐(C_6H_<15>N_3)_3][PF_6]_3(1,C_6H_<15>N_3=1,4,7‐triazacyclononane)の触媒機能開発に関しては、すでにアセチレンカルボン酸エステルへのアルコールの立体選択的付加を見出している。本研究ではアセチレンカルボン酸エステル、アミドなどへのカルボン酸類の付加を検討したところ、収率よく対応するZ‐3‐アシロキシアクリル酸エステル類を与えることを見出した。特にプロピオール酸エステルへの付加の反応は従来類似の反応で用いられている単核のパラジウム、ロジウム、ルテニウム錯体では進行せず、クラスター1に特徴的な反応である。また、ω‐アルキン酸の分子内環化にも1は高い活性を示し、アセトニトリル中での2、2‐ジメチル‐5‐ヘキシン酸の環化ではPdCl_2(PhCN)_2の17倍という高活性で対応するδ‐ラクトンを与えた。さらに、4‐ペンチン酸の環化によるγ‐ラクトンの生成ではではターンオーバー数は100000に達した。これらの反応では1のキュバン骨格が保たれていることも確認された。ここで見出された高度な活性は、パラジウムが4面体構造を取りつつキュバン型クラスターに取り込まれた1の特異な構造に基づくものであり、極めて興味深い。

    researchmap

  • 均一系バイメタリック錯体触媒を用いた新規合成反応の開発

    研究課題/領域番号:05855135  1993年    

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  奨励研究(A)  東京大学

    石井 洋一

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    2種あるいはそれ以上の金属元素を含むバイメタリック(マルチメタリック)錯体触媒系は、単一金属触媒では達成できない特異な触媒反応を達成できる可能性があるが、実際にはバイメタリック錯体触媒の検討例はこれまでごくわずかである。最近、当研究室ではPd(PPh_3)_4-Co_2(CO)_8、Pd(PPh_3)_4-Ru_3(CO)_<12>バイメタリック触媒を用いることによりヨードアレーン(ArI)、CO、ヒドロシラン(HSiR_3)からNEt_3存在下ではArCH(OSiR_3)CH(OSiR_3)Arが、一方NEt_3の存在しない場合にはArCH_2OSiR_3がそれぞれ良好な収率で得られることを見出している。本研究ではこの反応のうち特にNEt_3存在下における金属触媒種同士の相乗効果発現機構を中心に検討を加えた。まず、系内でCo_2(CO)_8、ヒドロシラン、NEt_3から生成すると考えられる[Co(CO)_4]^-とArIとの反応をPd(PPh_3)_4触媒およびPPh_3存在下に検討し、ArCOCo(CO)_3(PPh_3)が触媒的に生成することを見出した。この反応はArIのパラジウムへの酸化的付加で生成するArPdI(PPh_3)_2と[Co(CO)_4]^-とから複核錯体の形成を経て進行するものと考えられる。実際にはArPdI(PPh_3)_2と[Co(CO)_4]^-の反応では還元的脱離が速いため複核錯体は単離できなかったが、PhPt(OTf)(PPh_3)_2、PhPd(OTf)(PMe_3)_2、PhPt(OTf)(PMe_3)_2と[Co(CO)_4]^-の反応ではそれぞれArPt(CO)(PPh_3)-Co(CO)_3(PPh_3)、PhCOPd(PMe_3)_2-Co(CO)_4、PhPt(PMe_3)_2-Co(CO)_4が得られ、その構造をX線構造解析により決定した。これらの結果から、Pd-Co系触媒によるArI、CO、ヒドロシランの反応ではまずArIがパラジウムに酸化的付加し、次いでAr基またはArCO基がPd-Co複核錯体形成を経てコバルト上へ移動し、さらにヒドロシランとの反応によりArCH(OSiR_3)CH(OSiR_3)Arなどの生成物を与えたものと判明した。このようなバイメタリック触媒系での相乗効果発現の機構が明らかにされた例は少なく、今回の結果は新しい触媒設計に重要な知見となるものと考えられる。

    researchmap

  • モリブデンあるいはタングステン‐ホスフィン複合系を用いた有機合成

    研究課題/領域番号:03215211  1991年    

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  重点領域研究  東京大学

    干鯛 眞信, 石井 洋一

      詳細を見る

    配分額:2000000円 (