2024/02/02 更新

写真a

パク ゼウ
朴 宰佑
PARK Jaewoo
所属
商学部 教授
その他担当機関
商学研究科商学専攻博士課程前期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 博士(商学) ( 一橋大学 )

  • 修士(商学) ( 一橋大学 )

学歴

  • 2005年3月
     

    一橋大学   商学研究科 (文部科学省国費留学生 Full Scholarship)   博士後期   修了

  • 2002年3月
     

    一橋大学   商学研究科 (文部科学省国費留学生 Full Scholarship)   博士前期   修了

  • 2000年3月
     

    一橋大学   商学研究科 研究生 (文部科学省国費留学生 Full Scholarship)   修了

  • 1999年2月
     

    Kookmin University   College of Economics and Commerce   卒業

経歴

  • 2021年4月 - 現在

    中央大学   商学部 国際マーケティング学科   教授

  • 2018年4月 - 2021年3月

    武蔵大学   経済学部   教授

  • 2016年4月 - 2018年3月

    千葉商科大学   商経学部   教授

  • 2010年4月 - 2016年3月

    千葉商科大学   商経学部   准教授

  • 2014年4月 - 2015年3月

    University of Oxford   実験心理学科   客員研究員

  • 2008年4月 - 2010年3月

    千葉商科大学   商経学部   専任講師

  • 2006年4月 - 2008年3月

    神戸国際大学   経済学部   専任講師

  • 2005年4月 - 2006年3月

    一橋大学大学院 商学研究科   ジュニアフェロー

▼全件表示

研究キーワード

  • センサリー・マーケティング

  • 感覚マーケティング

  • 消費者心理

  • 消費者行動

  • マーケティング

研究分野

  • 人文・社会 / 商学  / マーケティング

論文

  • Decoding the meaning of alternative proteins: Connotations and music-matching 査読 国際共著 国際誌

    Kosuke Motoki, Ayana Bunya, Jaewoo Park, Carlos Velasco

    Food Quality and Preference   105117 - 105117   2024年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.foodqual.2024.105117

    researchmap

  • Creating luxury brand names in the hospitality and tourism sector: The role of sound symbolism in destination branding 査読 国際共著

    Kosuke Motoki, Jaewoo Park, Abhishek Pathak, Charles Spence

    Journal of Destination Marketing & Management   30   100815 - 100815   2023年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdmm.2023.100815

    researchmap

  • “Human-like” is powerful: The effect of anthropomorphism on psychological closeness and purchase intention in insect food marketing 査読

    Zining Wang, Jaewoo Park

    Food Quality and Preference   109   104901 - 104901   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.foodqual.2023.104901

    researchmap

  • The temperature of newness: How vision–temperature correspondence in advertising influences newness perception and product evaluation 査読 国際共著

    Taku Togawa, Hiroaki Ishii, Jaewoo Park, Rajat Roy

    Journal of Business Research   160   113801   2023年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbusres.2023.113801

    researchmap

  • Sensory Nudge:

    Jaewoo Park, Taku Togawa, Kosuke Motoki

    Japan Marketing Journal   2023年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7222/marketing.2023.002

    researchmap

  • センサリーナッジ― 感覚要因が健康的な食行動に及ぼす影響の文献レビュー ― 査読

    朴 宰佑, 外川 拓, 元木 康介

    マーケティングジャーナル   42 ( 3 )   6 - 16   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7222/marketing.2023.002

    researchmap

  • The connotative meanings of sound symbolism in brand names: A conceptual framework 査読 国際共著

    Kosuke Motoki, Jaewoo Park, Abhishek Pathak, Charles Spence

    Journal of Business Research   150   365 - 373   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbusres.2022.06.013

    researchmap

  • “Looking sharp”: Price typeface influences awareness of spending in mobile payment 査読 国際共著

    Jaewoo Park, Carlos Velasco, Charles Spence

    Psychology & Marketing   39 ( 6 )   1170 - 1189   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mar.21651

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/mar.21651

  • Celebrity insects: Exploring the effect of celebrity endorsement on people’s willingness to eat insect-based foods 査読

    Jaewoo Park, Kosuke Motoki, Carlos Velasco, Charles Spence

    Food Quality and Preference   97   104473 - 104473   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.foodqual.2021.104473

    researchmap

  • Contextual acceptance of novel and unfamiliar foods: Insects, cultured meat, plant-based meat alternatives, and 3D printed foods 査読 国際共著

    Kosuke Motoki, Jaewoo Park, Charles Spence, Carlos Velasco

    Food Quality and Preference   96   104368   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.foodqual.2021.104368

    researchmap

  • The effect of perceived scarcity on strengthening the attitude–behavior relation for sustainable luxury products 査読 国際共著

    Jaewoo Park, Hyo Jin Eom, Charles Spence

    Journal of Product & Brand Management   31 ( 3 )   469 - 483   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: accepted_final_sustainable_luxury.pdf

    DOI: 10.1108/jpbm-09-2020-3091

    researchmap

  • How early acquired phonemes present in words (or brand names) can evoke the expectations of sweet tastes 査読 国際共著

    Abhishek Pathak, Gemma Anne Calvert, Kosuke Motoki, Jaewoo Park

    Food Quality and Preference   96   104392 - 104392   2021年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.foodqual.2021.104392

    researchmap

  • A sound brand name: The role of voiced consonants in pharmaceutical branding 査読 国際共著

    Jaewoo Park, Kosuke Motoki, Abhishek Pathak, Charles Spence

    Food Quality and Preference   90   104104 - 104104   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.foodqual.2020.104104

    researchmap

  • Constructing healthy food names: On the sound symbolism of healthy food 査読 国際共著

    Kosuke Motoki, Jaewoo Park, Abhishek Pathak, Charles Spence

    Food Quality and Preference   90   104157 - 104157   2021年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.foodqual.2020.104157

    researchmap

  • Turning the other cheek: Facial orientation influences both model attractiveness and product evaluation 査読

    Jaewoo Park, Charles Spence, Hiroaki Ishii, Taku Togawa

    Psychology & Marketing   38 ( 1 )   7 - 20   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/mar.21398

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/mar.21398

  • 昆虫食受容に関する心理学的研究の動向と展望 査読

    元木 康介, 石川 伸一, 朴 宰佑

    心理学研究   92 ( 1 )   52 - 67   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4992/jjpsy.92.20402

    researchmap

  • Shivering for Status: When Cold Temperatures Increase Product Evaluation 査読

    Jaewoo Park, Rhonda Hadi

    Journal of Consumer Psychology   30 ( 2 )   314 - 328   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcpy.1133

    researchmap

  • Tasting names: Systematic investigations of taste-speech sounds associations 査読

    Kosuke Motoki, Toshiki Saito, Jaewoo Park, Carlos Velasco, Charles Spence, Motoaki Sugiura

    Food Quality and Preference   80   103801 - 103801   2020年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Product names can be developed to effectively convey specific sensory attributes to the consumer. Most of the previous research on crossmodal correspondences has shown that people selectively associate words (e.g., ‘Maluma’, ‘Takete’) with taste attributes. To provide practical insights for naming new products in the food industry, it is important to obtain a more nuanced understanding concerning those properties of speech sounds (i.e., vowels, consonants) influencing people's taste expectations. In this study, we investigated taste-speech sound correspondences by systematically manipulating the vowels and consonants comprising fictitious brand names. Based on the literature on crossmodal correspondences and sound symbolism, we investigated which vowels/consonants contribute more to the association between speech sounds and tastes (sweet/sour/salty/bitter). Across three experiments, we systematically varied vowels (front: [i][e], back: [a][u][o]), and affricate consonants (e.g., fricative: [f][s], stop: [p][t]) as well as voiced/voiceless consonants (e.g., voiced: [b][d], voiceless: [f][k]). Japanese participants were presented with brand names and had to evaluate the taste that they expected the product to have. The results revealed that: (1) front (back) vowels increased expected sweetness (bitterness), (2) fricative (stop) consonants increased expected sweetness (saltiness/bitterness), (3) voiceless (voiced) consonants increased expected sweetness/sourness (saltiness/bitterness). Moreover, consonants, which were pronounced first in the brand names, exerted a greater influence on expected taste than did the vowels. Taken together, these findings help advance theoretical foundations in sound-taste correspondences research as well as provide practical contributions to the food practitioners to develop predictive product names.

    DOI: 10.1016/j.foodqual.2019.103801

    Scopus

    researchmap

  • A Packaging Visual-Gustatory Correspondence Effect: Using Visual Packaging Design to Influence Flavor Perception and Healthy Eating Decisions 査読

    Taku Togawa, Jaewoo Park, Hiroaki Ishii, Xiaoyan Deng

    Journal of Retailing   95 ( 4 )   204 - 218   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jretai.2019.11.001

    researchmap

  • Reactions to Nonconformity Imagery in Advertising among Chinese and Japanese Consumers: The Effect of Personal and National Cultural Tightness 査読

    Nara Youn, Jaewoo Park, Hyo Jin Eom

    Journal of Advertising   48 ( 5 )   532 - 554   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/00913367.2019.1674754

    researchmap

  • 審美性知覚と消費者行動の接点 招待 査読

    朴宰佑, 外川拓

    マーケティングジャーナル   38 ( 4 )   20 - 34   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7222/marketing.2019.014

    researchmap

  • 小売マーケティングにおける触覚要因の効果 ―身体化認知理論からの示唆― 招待

    外川拓, 石井裕明, 朴宰佑

    流通情報   ( 536 )   29 - 38   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • When Does Perceived Hardness Affect Consumers’ Judgments: A Conceptual Replication of Krishna and Morrin (2008) 査読 国際共著

    Togawa, Taku, Hiroaki Ishii, Jaewoo Park, Rajat Roy

    Journal of Marketing Behavior   3 ( 3 )   29 - 38   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Consumer evaluation of healthy, unpleasant-tasting food and the post-taste effect of positive information 査読

    Satoko Suzuki, Jaewoo Park

    Food Quality and Preference   66   107 - 110   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Previous research on taste evaluations has often featured tasty foods. However, some foods taste unpleasant, particularly those that are good for our health. In two experiments, we showed that for unpleasant-tasting foods, the effect of positive information on taste experiences differs from the findings in the previous literature. When positive information about the food was given after tasting, participants evaluated the product experience more positively than when the same information was given before tasting. Here, we propose the mobilization-minimization hypothesis as a potential explanation for this post-tasting positive information effect. Furthermore, mediation analysis revealed a significant indirect effect of information order on product evaluation through emotional change. Taken together, learning positive information about unpleasant-tasting foods, particularly about their health benefits, may minimize the negative emotional impact of that experience, thereby positively influencing product evaluation. The theoretical and practical implications of this research are discussed.

    DOI: 10.1016/j.foodqual.2018.01.006

    Scopus

    researchmap

  • Does Face Orientation Affect the Perception of a Model and the Evaluation of Advertised Product? 査読 国際共著

    Jaewoo Park, Charles Spence, Hiroaki Ishii, Taku Togawa

    European Advances in Consumer Research   11   35 - 38   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Who Prefers More Visually Pleasing Products? Exploring Determinants of Consumers' Visual Aesthetic Consciousness 査読

    Jaewoo Park, Togawa Taku, Hiroaki Ishii

    Conference Proceedings of the 5th International Conference on Business, Economics, Management and Marketing   10 - 16   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 重さは評価を高めるのか?接触欲求と視覚的表現による調整効果の検討 査読

    石井裕明, 朴宰佑, 外川拓

    消費者行動研究   24 ( 1 )   1 - 26   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Which Side of the Face Do You Like Better? Pose Orientation, Impression Formation, and Product Attitude 査読

    Jaewoo Park, Taku Togawa, Hiroaki Ishii

    46th Annual Conference Proceedings of European Marketing Academy   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 時間概念の空間的表象と消費者評価

    朴宰佑

    千葉商大論叢   54 ( 2 )   77 - 92   2017年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 製品の視覚的な重さと購買の重要性判断

    外川拓, 朴宰佑

    千葉商大論叢   54 ( 2 )   163 - 177   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:千葉商科大学国府台学会  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1381/00005312/

  • 消費者行動における触覚経験の影響 -ハプティック知覚に関する研究の展開と課題- 査読

    朴宰佑, 石井裕明, 外川拓

    流通研究   19 ( 1 )   1 - 13   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本商業学会  

    DOI: 10.5844/jsmd.19.1_1

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of Lightness-Location Congruency on Consumers’ Purchase Decision-Making 査読

    Tsutomu Sunaga, Jaewoo Park, Charles Spence

    Psychology & Marketing   33 ( 11 )   934 - 950   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley-Liss Inc.  

    A considerable body of psychological and neuroscientific research has demonstrated the existence of robust sensory correspondences between various features, attributes, or dimensions of experience in different sensory modalities. Despite findings indicating the importance of sensory correspondences to human information processing, research on purchase decision-making has not to date focused sufficiently on this phenomenon. The present study examines how the lightness of packaging colors, and the location of products on a display shelf interact to affect consumers’ purchase decision-making via perceived visual heaviness. As predicted, a display with light (dark) colored products positioned in the upper (lower) shelf positions increases shoppers’ perceptual fluency and facilitates their visual search, thus leading to the suggestion that “light” (heavy) locations are most appropriate for light (dark) colored products. Moreover, the lightness-location congruent display is shown to influence people's choice behavior positively as well. This research also demonstrates that when consumers consider the lightness (in terms of their weight) of the products, they are more likely to choose light (vs. dark) colored products located in the upper shelf positions. These results therefore demonstrate that consumers’ purchase decision-making may be promoted by in-store environments designed to be congruent with their sensory correspondences.

    DOI: 10.1002/mar.20929

    Scopus

    researchmap

  • 「硬さ」「重さ」の感覚と消費者の意思決定 ─ 身体化認知理論に基づく考察 ─

    外川 拓, 石井 裕明, 朴 宰佑

    マーケティングジャーナル   35 ( 4 )   72 - 89   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本マーケティング協会  

    DOI: 10.7222/marketing.2016.016

    CiNii Books

    researchmap

  • Is Cold Always Bad? The Positive Effect of Perceived Coldness on Luxury Perceptions 査読

    44th Annual Conference Proceedings of European Marketing Academy   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    researchmap

  • 在外研究レポートー身体性認知理論に基づく感覚マーケティングの研究 招待

    朴宰佑

    View & Vision   39 ( 39 )   68 - 73   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:千葉商科大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • What Makes Desire for Touch Strong? Investigation of Individual Determinants of Desire for Touch 査読

    10   409 - 411   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    researchmap

  • マーケティング文脈における接触の効果および接触動機の規定要因に関する研究

    朴宰佑

    千葉商大論叢   50 ( 2 )   121 - 133   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:千葉商科大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1381/00004945/

  • マーケティングにおける感覚的訴求の効果 招待

    朴宰佑

    View & Vision   33   11 - 15   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:千葉商科大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 消費者の生活満足、購買満足、および地域に対する評価の関連性-市川市民に関する消費動向調査のデータ分析-

    朴宰佑

    国府台経済研究   22 ( 2 )   69 - 86   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:千葉商科大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • ブランドネームの発音による商品属性連想の基礎的分析 招待

    朴宰佑

    経済系   245   80 - 99   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関東学院大学経済研究所  

    1. 研究の目的と背景2. リサーチクエスチョン3. 実験デザイン4. 分析5. 結論

    researchmap

    その他リンク: https://kguopac.kanto-gakuin.ac.jp/webopac/NI20000759

  • [経営を読み解くキーワード]感覚マーケティング 招待

    朴宰佑

    一橋ビジネスレビュー   58 ( 1 )   100 - 101   2010年6月

     詳細を見る

  • ブランドネームの発音がブランド評価に及ぼす影響—Sound Symbolism 理論からのアプローチ 査読

    朴宰佑, 大瀬良伸

    消費者行動研究   16 ( 1 )   123 - 136   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    researchmap

  • ブランドネームの発音が製品属性の連想およびブランド態度に及ぼす影響 査読

    朴宰佑, 大瀬良伸

    日経広告研究所報   43 ( 247 )   73 - 88   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日経広告研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • The Effect of Brand Sound on Consumers' Brand Evaluation in Japan 査読

    Latin American Advances in Consumer Research   2   188 - 189   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    researchmap

  • 象徴的消費が消費者の自己概念の形成に及ぼす影響の実証研究

    朴宰佑

    経済経営論集   27 ( 2 )   55 - 75   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神戸国際大学学術研究会  

    CiNii Books

    researchmap

  • インターネットによる生活変化とデジタル・デバイド

    朴宰佑

    神戸国際大学紀要   ( 73 )   15 - 31   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神戸国際大学学術研究会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 地域ブランドの開発・育成に向けての一考察:実態特性による地域特性の把握 査読

    大瀬良伸, 大平修司, 朴宰佑

    商品研究   55 ( 1,2 )   1 - 15   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本商品学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 日清ファルマ:コエンザイムQ10の量産化と事業化

    朴宰佑, 松井剛

    一橋ビジネスレビュー   54 ( 3 )   124 - 139   2006年12月

     詳細を見る

  • ソーシャル・タイプと象徴的結合の対応関係の探求:シロガネーゼの描写記事の内容分析を中心に

    朴宰佑

    一橋論叢   134 ( 5 )   89 - 108   2005年11月

     詳細を見る

  • 日本における商品研究の現状と新しい研究視点の提示 査読

    片岡寛, 朴宰佑

    商品研究   54 ( 1,2 )   1 - 10   2005年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本商品学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 商品の象徴的結合の理論的研究 査読

    朴宰佑

    商品研究   53 ( 1,2 )   29 - 38   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本商品学会  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 意匠性を高める顔料技術

    ( 担当: 分担執筆 範囲: 消費者は何に美しさを感じるのかーデザイン要素と審美性知覚(第4章第6節))

    サイエンス&テクノロジー  2021年5月 

     詳細を見る

  • 1からの消費者行動

    松井, 剛, 西川, 英彦, 朴, 宰佑, 山本, 奈央, 浦野, 寛子, 鈴木, 智子(経営学), 水越, 康介, 北村, 真琴, 石井, 裕明, 大竹, 光寿

    碩学舎,中央経済グループパブリッシング (発売)  2016年1月  ( ISBN:9784502161513

     詳細を見る

    総ページ数:iv, 11, 261p   記述言語:日本語  

    researchmap

  • ソロモン消費者行動論

    Solomon, Michael R., 大竹, 光寿, 北村, 真琴, 鈴木, 智子(経営学), 西川, 英彦, 朴, 宰佑, 水越, 康介, 松井, 剛

    丸善出版  2015年1月  ( ISBN:9784621088777

     詳細を見る

    総ページ数:xxv, 796p   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 商品開発

    片岡寛, 山本恭裕, 見目洋子, 平塚三好, 朴宰佑, 大平修司, 小川亮, 平島廉久, 今井文俊, 貴島良介 ほか

    実教出版  2014年1月  ( ISBN:9784407203073

     詳細を見る

    総ページ数:206p, 図版6p   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 現代商品論

    見目, 洋子, 神原, 理, 大原, 悟務, 朴, 宰佑, 大平, 修司

    白桃書房  2006年12月  ( ISBN:9784561651635

     詳細を見る

    総ページ数:vii, 204p   記述言語:日本語  

    researchmap

MISC

講演・口頭発表等

  • It looks work better: Embedding a posture silhouette in medicine packages to increase purchase intention

    Zining Wang, Jaewoo Park

    Association for Consumer Research, Annual Conference (Seattle, USA)  2023年10月 

     詳細を見る

  • Male or female: the effect of human face presence on consumers’ responses to the advertised insect food

    Zining Wang, Jaewoo Park

    15th Pangborn Sensory Science Symposium (Nantes, France)  2023年8月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • How and when do virtual influencers positively affect consumer responses to endorsed brands?

    Barbara Kobuszewski Volles, Jaewoo Park, Anneleen Van Kerckhove, Maggie Geuens

    European Association for Consumer Research (Amsterdam, Netherlands)  2023年7月 

     詳細を見る

  • Does the juxtaposition of the couple’s image influence perceived gender equality in advertising?

    Jaewoo Park, Hiroaki Ishii, Taku Togawa

    European Association for Consumer Research (Amsterdam, Netherlands)  2023年7月 

     詳細を見る

  • The Semantic Congruence of Sound and Visual Position of Brand Names: Downstream Effect of Fluency and Moderated Effect by Product Origin

    Hiroaki Ishiii, Taku Togawa, Jaewoo Park

    Society for Consumer Psychology Annual Conference (San Juan, Perto Rico)  2023年3月 

     詳細を見る

  • Virtual (vs. human) influencers’ perception of uniqueness and their advertising effectiveness for luxury vs. mass-market brands

    Barbara Kobuszewski Volles, 朴 宰佑

    第65回消費者行動研究コンファレンス  2022年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Facing Direction and Implied Motion in a Product Image Interact to Influence the Consumer’s Response to Advertising

    Jaewoo Park, Taku Togawa, Hiroaki Ishii, Charles Spence

    Association for Consumer Research, Annual Conference (Denver, USA)  2022年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Exploring the influence of robot voice pitch on consumer responses to robotic service in restaurants 国際会議

    10th European Conference on Sensory and Consumer Research  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月    

    会議種別:ポスター発表   国名:フィンランド共和国  

    researchmap

  • Celebrity insects: Exploring the effect of celebrity endorsement on people’s willingness to eat insect-based foods

    朴 宰佑, 元木 康介, Carlos Velasco, Charles Spence

    第63回消費者行動研究コンファレンス  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 冷たいほど新しい?広告画像の視覚的温度が製品の 新しさ知覚に及ぼす影響

    外川 拓, 石井 裕明, 朴 宰佑

    第62回消費者行動研究コンファレンス  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月    

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Exploring the role of perceived risk on attitude toward chatbot services among aging consumers

    Hyo Jin Eom, Jaewoo Park

    Global Marketing Conference (Seoul, Korea)  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Semantic Congruity of Price and Name: The Effect of Precise or Round Numbers and Sound Symbolism

    Hiroaki Ishii Jaewoo, Park, Taku Togawa

    Association for Consumer Research, ACR Conference 2020  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 観光地や宿泊施設の広告レイアウトと消費者の心理的距離

    石井裕明, 外川拓, 朴宰佑, 松本大吾

    日本観光研究学会 第34回全国大会  2019年12月 

     詳細を見る

  • How the Experience of Heaviness versus Lightness Can Influence Preference for Combined and Partitioned Prices

    Togawa, Taku, Rajat Roy, Hiroaki Ishii, Jaewoo Park

    Association for Consumer Research, 2019 ACR Conference (Atlanta, USA)  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Using Visual Packaging Design to Influence Taste Perception and Food Consumption: A Cross-Modal Effect Approach 国際会議

    Togawa, Taku, Jaewoo Park, Hiroaki Ishii, Xiaoyan Deng

    Association for Consumer Research 2019 Conference (Atlanta, USA)  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Exploring the effect of celebrity endorsement on consumer evaluation of insect-based food

    Jaewoo Park, Satoko Suzuki

    13th Pangborn Sensory Science Symposium (Edinburgh, Scotland)  2019年7月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of Juxtaposition of Endorsers and Products in Advertisements 国際会議

    Park, Jaewoo, Taku Togawa, Hiroaki Ishii

    ICORIA 2019: The 18th International Conference on Research in Advertising (Krems, Austria)  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Conceptual association of vertical layout in advertisements and psychological distance 国際会議

    Ishii, Hiroaki, Taku Togawa, Jaewoo Park, Daigo Matsumoto

    ICORIA 2019: The 18th International Conference on Research in Advertising (Krems, Austria)  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 統一論題ラウンドテーブル「消費者行動論者は消費者をどう捉えているのか?」 招待

    須永務, 朴宰佑, 新倉貴士, 松下光司

    第58回消費者行動研究コンファレンス  2019年5月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Can Packaging Imagery Fill Your Stomach? Effects of Product Image Location on Flavor Richness, Consumption Quantity, and Subsequent Choice 国際会議

    Togawa, Taku, Jaewoo Park, Hiroaki Ishii, Xiaoyan Deng

    Association for Consumer Research (Dallas, USA)  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ブランドネームとパッケージ・デザインの感覚的一致の効果 招待

    石井裕明、外川拓、朴宰佑  2018年8月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Asymmetric Congruity Effect: The Role of Sound Symbolism in Semantic Congruity 国際会議

    Ishii, Hiroaki, Taku Togawa, Park, Jaewoo

    American Psychological Association, APA Annual Convention 2018 (San Francisco, USA)  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 起用モデルの顔の向きが広告評価に与える影響 招待

    朴宰佑, Charles Spence, 石井裕明, 外川 拓

    早稲田大学 センサリー・マーケティング連続シンポジウム 第1回 我が国におけるセンサリー・マーケティングの可能性と課題  2018年8月 

     詳細を見る

  • Does Your Brand Name Sound Heavy or Light? The Congruency Effect of Sound and Visual Position of Brand Name on Product Evaluation 国際会議

    Ishii, Hiroaki, Taku Togawa, Park, Jaewoo

    11th European ACR Conference (Ghent, Belgium)  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Does Face Orientation Affect the Perception of a Model and the Evaluation of Advertised Product? 国際会議

    Park, Jaewoo, Charles Spence, Hiroaki Ishii, Taku Togawa

    11th European ACR Conference (Ghent, Belgium)  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Who Prefers More Visually Pleasing Products? Exploring Determinants of Consumers’ Visual Aesthetic Consciousness 国際会議

    Park, Jaewoo, Taku Togawa, Hiroaki Ishii

    International Conference on Business, Economics, Management and Marketing (Oxford, UK)  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 感覚マーケティングをつかむ ~その効果と影響メカニズム~ 招待

    朴宰佑

    第1194回 マーケティング創造研究会  2018年2月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 消費者行動における身体化認知:既存研究の整理 招待

    朴 宰佑

    早稲田大学 消費者行動研究所 公開シンポジウム  2017年7月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Which Side of the Face Do You Like Better?: Pose Orientation, Impression Formation, and Product Attitude 国際会議

    Park, Jaewoo, Taku Togawa, Ishii Hiroaki

    The European Marketing Academy (EMAC), 46th Annual Conference (Groningen, Netherlands)  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モデルの顔のアングルが人物評価および製品態度に与える影響の探索的研究

    朴宰佑, 石井裕明, 外川拓

    日本消費者行動研究学会第53回消費者行動研究コンファレンス  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Does Visual Heaviness Convey Rich Flavor? Effect of Product Image Location on Consumers’ Taste Expectation

    Togawa, Taku, Jaewoo Park, Hiroaki Ishii

    Association for Consumer Research (Berlin, Germany)  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Does Hand Cleansing Affect Feelings of Guilt for Smoking Behavior? The Effect of Physical Cleansing on Perceived Consumer Guilt

    Jaewoo Park, Ishii Hiroaki, Taku Togawa

    European Marketing Academy, 45th Conference (Oslo, Norway)  2016年5月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The Spatial-temporal Congruency Effect of Product Direction and Position on Product Attitude

    Park, Jaewoo, Tsutomu Sunaga, Taku Togawa, Hiroaki Ishii

    APA(American Psychological Assciation)Annual Convention (Toronto, Canada)  2015年8月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Effect of Spatial-Temporal Congruency on the Evaluation of a Retro Product

    Park Jaewoo, Charles Spence

    Association for Consumer Research Asian Pacific Conference (Hong Kong, China)  2015年6月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effect of Irrelevant Haptic Inputs on Consumer’ Judgment: The Moderating Role of Construal Level

    Taku Togawa, Ishii Hiroaki, Park Jaewoo

    Association for Consumer Research Asian Pacific Conference (Hong Kong, China).  2015年6月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Is Cold Always Bad? The Positive Effect of Perceived Coldness on Luxury Perceptions

    Jaewoo Park, Rhoda Hadi

    EMAC(European Marketing Academy)Annual Conference (Luven, Belgium)  2015年5月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Exploring Possible Causes For a Gender Difference in The Effect of Heaviness on Consumer Evaluation

    Jaewoo Park, Hiroaki Ishii, Taku Togawa

    Association for Consumer Research North America Conference (Baltimore, USA)  2014年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Construal Level Effects on Product Evaluations and Willingness to Pay-Haptic and Licensing Effects

    Hiroaki Ishii, Taku Togawa, Jaewoo Park

    APA(American Psychological Association)Annual Convention (Washington, D.C., USA)  2014年8月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • When Does Weight Influence Evaluations? Examining the Moderating Role of Consumers’ Construal Level

    Hiroaki Ishii, Taku Togawa, Jaewoo Park

    Society for Consumer Psychology, Annual Winter Conference (Miami, USA)  2014年3月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Do Not Wash Your Hands When You Eat Junk Food: The Possibility of a Reverse Macbeth Effect in Consumer Behavior

    Jaewoo Park, Hiroaki Ishii

    Association for Consumer Research North America Conference (Chicago, USA)  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Does Heavier Weight Mean More Power? Examining the Moderating Role of Dominance Trait and Semantic Congruence

    Hiroaki Ishii, Jaewoo Park

    Association for Consumer Research North America Conference (Chicago, USA)  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Gender Differences in the Influence of Weight on Product Evaluation

    Jaewoo Park, Hiroaki Ishii

    Association for Consumer Research European Conference(Barcelona, Spain)  2013年7月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 重さは評価を高めるのか‐重さと評価の調整変数の検討

    石井裕明, 朴 宰佑

    日本消費者行動研究学会第46回コンファレンス  2013年3月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • What Makes Desire for Touch Strong? Investigation of individual determinants of desire for touch

    Jaewoo Park, Hiroaki Ishii

    Association for Consumer Research, Asian Pacific Conference (Queenstown, New Zealand)  2012年7月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ブランドネームの発音が製品属性の連想およびブランド態度に及ぼす影響

    朴 宰佑, 大瀬良伸

    日本商業学会関東部会  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Effect of Brand Sound on Consumers' Brand Evaluation in Japan

    Jaewoo Park, Shin Osera

    Association for Consumer Research, Latin America Conference(Sao Paulo, Brazil)  2008年8月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 地域イメージの構成要素の発見に向けての一考察

    大平 修司, 大瀬良伸, 朴 宰佑

    日本商品学会全国大会  2007年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 象徴的消費ニーズの構成要因および規定要因に関する研究

    朴宰佑

    日本消費者行動研究学会コンファレンス  2007年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地域イメージが商品評価に及ぼす影響:即席そばを事例に

    朴宰佑, 大平修司, 大瀬良伸

    日本商品学会東日本部会大会  2006年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • コエンザイムQ10の量産化と事業化:日清ファルマの事例研究

    朴宰佑, 松井剛

    日本商品学会関東部会大会  2006年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 象徴的消費が自己概念に及ぼす影響力の変化に関する実証研究

    朴宰佑

    日本マーケティング・サイエンス学会研究大会  2005年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 象徴的消費が新しい自己概念の形成に及ぼす影響の実証研究

    朴宰佑

    日本消費者行動研究学会コンファレンス  2005年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リージョン・オブ・オリジンを活用した商品開発の可能性: 実態特性とイメージ特性による地域特性の把握

    大平修司, 大瀬良伸, 朴宰佑

    日本商品学会東日本部会大会  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 象徴的消費と新しい自己概念の形成

    朴宰佑

    日本商品学会全国大会  2005年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 変化する自己概念と象徴的消費の関係:役割移行への着目

    朴宰佑

    日本商品学会関東部会大会  2004年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 商品の象徴的補完性の理論的研究

    朴宰佑

    日本商品学会関東部会大会  2003年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • POSデータのマネジメントへの適用:ドレッシング市場を事例として

    大瀬良伸, 大平修司, 朴宰佑

    日本商品学会関東部会大会  2003年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ソーシャル・タイプの描写にみられる象徴的結合の内容分析:シロガネーゼの描写記事分析を中心に

    朴宰佑

    日本商品学会全国大会  2003年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 日本商品学会賞 奨励賞

    2020年8月   日本商品学会  

  • ベストティーチャー賞

    2019年4月   武蔵大学  

  • JACS-SPSS論文プロポーザル賞

    2005年11月   日本消費者行動研究学会   優秀賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 消費者行動における知覚バイアスの発生とその影響に関する体系的研究

    研究課題/領域番号:19H00601  2019年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)  早稲田大学

    守口 剛, 恩藏 直人, 竹村 和久, 阿部 誠, 阿部 周造, 須永 努, 石井 裕明, 外川 拓, 奥瀬 喜之, 八島 明朗, 平木 いくみ, 石田 大典, 朴 宰佑

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:41600000円 ( 直接経費:32000000円 、 間接経費:9600000円 )

    昨年度に行なった既存研究の整理から、視覚刺激に関連する既存研究が多く存在することが再確認された。これらの研究の整理から、未検証で独自性のある研究テーマとして、商品陳列の方法(horizontal display vs. vertical display)と視覚的情報処理の関係に焦点を当てることとした。20年度前半に、このテーマに関する既存研究の整理と研究仮説についての検討を行った。
    また、視覚刺激に関連する研究とは逆に、嗅覚刺激の影響についての既存研究の蓄積はそれほど多くない。一方で、昨年度実施した既存研究の整理と研究課題の検討によって、視覚刺激がもたらす知覚バイアスのメカニズムが、嗅覚刺激に関しても成り立つのではないかとの仮説を得た。この点に着目して、新規性がありインパクトのある研究成果をいち早く創出するために、嗅覚刺激に関連する研究を前倒しして行うこととした。嗅覚刺激に関する研究については、実験参加者に香りを呈示するための専門的な機器、ツールが必要となるため、それらを有する香料メーカーの協力を得て、対面での実験を実施する計画を立てていたが、20年はじめからの新型コロナの流行により実験実施が困難になった。嗅覚刺激を用いた実験は、実験参加者にマスクを外してもらい香りを嗅いでもらう必要があるため、新型コロナの流行が落ち着くまでの間、実験を延期することとした。
    感覚間相互作用に関する研究テーマの中で、聴覚刺激と視覚刺激の相互作用に焦点を当てた研究についても、昨年度に実施した既存研究の整理から、未検証で独自性のあるテーマが抽出された。このテーマについて、20年度後半に対面での実験を実施した。
    なお、これまでの研究成果について20年度末にシンポジウムを開催して報告する計画を立てていたが、新型コロナの影響を鑑み、延期することとした。

    researchmap

  • ジェンダー差が消費者行動に与える影響の体系的研究

    研究課題/領域番号:20K01999  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)  武蔵大学

    朴 宰佑, 石井裕明, 外川 拓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究の目的はジェンダー差が消費者の購買意思決定とマーケティング刺激に対する消費
    者反応に与える影響について体系的かつ包括的な研究知見を導出することである。
    2年目の2021年度には購買意思決定における男女差に焦点を当てて、オンラインによる消費者実験を実施した。より具体的には将来の食糧問題を解決する有効な手段として注目されている昆虫食に焦点を当て、それを普及する上でのセレブリティ・エンドースメント効果とそこにおける消費者の反応の男女差を検証した。
    具体的にはアメリカ人を対象に、セレブリティ・エンドースメントが消費者の昆虫食の喫食意向に与える影響を検証した。その結果、消費者が知覚するセレブリティの信頼性、昆虫食知識、昆虫食の推奨人としての適合性は消費者の昆虫食に対する喫食意向を高める要因である一方、セレブリティの外見的魅力は昆虫食の喫食意向に有意な影響を与えないことが確認された。また、3つのセレブリティ・タイプ(俳優、ミュージシャン、アスリート)のうち、男性に対しては俳優とスポーツ選手が、女性に対しては俳優が昆虫食に対する喫食意向を高めることに有効である反面、ミュージシャンは男女いずれの喫食意向に対しても有効でないことが明らかにした。
    こうした研究成果は食心理学、食品科学のトップジャーナルのひとつである国際ジャーナルFood Quality and Preferenceに論文として掲載した。

    researchmap

  • 感覚マーケティングに対する企業視点と消費者視点からの包括的検討

    研究課題/領域番号:19H01541  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)  成蹊大学

    石井 裕明, 阿部 周造, 守口 剛, 恩藏 直人, 朴 宰佑, 平木 いくみ, 岩下 仁, 外川 拓, 金子 充

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:16510000円 ( 直接経費:12700000円 、 間接経費:3810000円 )

    本研究では、マーケティング関連分野におけるセンサリー・マーケティングへの注目を背景に議論を進めている。2020年度および2021年度は、主に以下の点について、研究を展開した。
    第一に、視覚を中心とした複合感覚への影響に注目した議論の進展である。これまでに進めてきた先行研究のレビューをベースとして、主に広告における視覚的な刺激の影響を明らかにしてきた。たとえば、広告を閲覧するデバイスの違いにより、消費者に好まれる表現が異なることを指摘した。こうした知見は日本マーケティング学会が発行するマーケティングジャーナルにて発表した。また、関連した研究成果を国際的な学術雑誌で複数発表したほか、国内外の学会での研究発表も行っている。
    第二に、触覚を中心とした複合感覚への影響に注目した議論である。特に温度の影響に注目し、先行研究のレビュー論文を執筆したうえで、インターネット広告における季節要因の影響や、視覚から得られる温度知覚が店舗内購買行動に及ぼす影響などについて明らかにしてきている。これらの研究成果は、日本消費者行動研究学会のカンファレンスにおいて複数回報告したほか、大学紀要でも発表している。
    第三に、小売企業の経営者におけるセンサリー・マーケティングに対する意識の整理である。これまでに実施してきた小売企業経営者に対するインタビュー調査の結果を整理することにより、小売企業経営者が有するセンサリー・マーケティングに対する意識や方針がビジネス成果に影響を及ぼすプロセスを探索的に検討した。成果の一部は、日本マーケティング学会による第9回マーケティングカンファレンス2020にて発表した。
    いずれの議論においても、本研究が目指す消費者行動の包括的な把握や実務への応用性を強く意識し、実験的手法と実際の購買データを組み合わせた議論を進めるなど、多様な研究手法を用いて、研究知見の一般化を図っている。

    researchmap

  • ブランドへの信頼感を醸成する視覚的コミュニケーションに関する検討

    研究課題/領域番号:19K01943  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)  千葉商科大学

    外川 拓, 石井 裕明, 朴 宰佑

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本年度も広告画像が製品やブランドに対する消費者知覚にどのような影響を及ぼすのか、という点について、理論と実証という2つのアプローチで検討を行ってきた。
    理論面では、前年度に引き続き、広告画像、パッケージ・デザイン、ロゴ・デザインなど、マーケティング刺激の視覚的な特性に関する先行研究を継続的にレビューし、メンバー間で共有した。
    実証面では、本年度も複数の実験を実施することにより、仮説の検討を試みた。これまで継続的に実施してきた先行研究レビューを踏まえ、本研究課題では、冷たさや温かさなど、何らかの温度感を連想させる画像を広告へ掲載することにより、革新性や信頼性など、広告製品に対する消費者知覚が変化することを予測した。前年度にも基礎的な実験データの収集は完了していたが、影響関係のメカニズムや発生条件をさらに精緻に捉えるため、本年度は、追加的な実験を行った。
    実験結果は、日本消費者行動研究学会第62回消費者行動研究コンファレンス、および日本マーケティング学会 カンファレンス2021 リサーチプロジェクト・セッションにおいて発表した。両発表において得られたフィードバックを反映しながら、研究成果を論文としてまとめ、当初の予定通り、海外の学術誌に投稿した。
    従来と同様、海外の研究協力者との取り組みも進めた。前年度に引き続き、本年度も研究代表者と研究協力者との間で共同研究契約を締結し、画像から伝わる重さの感覚が消費者の価格知覚に及ぼす影響について検討を行った。すでに実施した実験のデータ分析が完了したため、論文として成果をまとめ、海外の学術誌に投稿した。
    いずれの論文も、本報告書執筆時点では査読中であり、今後、必要に応じてさらに追加的な実験や分析を行う予定である。

    researchmap

  • 文化的価値観と購買意思決定に関する日本、韓国、中国消費者の 国際比較研究

    2019年4月 - 2021年3月

    独立行政法人日本学術振興会  二国間交流事業(対応機関との合意に基づく共同研究) 

    朴宰佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 製品の審美性が製品評価に与える影響の包括的研究

    研究課題/領域番号:16K03938  2016年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C) 

    朴 宰佑, 外川 拓, 石井 裕明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では、デザインによる製品差別化を図る上で中核となる「審美性」概念に注目し、審美性が製品評価にいかなる影響を与えるかを検討している。2018年度は、大きく2つの方向性から研究を行った。ひとつは、審美性をもたらす構成要素と原理および審美性知覚が製品評価に与える影響についての理論的研究である。もうひとつは、審美性理論に依拠した実証研究の実施であった。
    理論的研究では心理学および消費者行動研究の包括的なレビューを行い,消費者がどのようなデザインに対して審美性を知覚するのかについて整理を行った。具体的には,色,形状,水平配置,垂直配置といった要素が審美性知覚に及ぼす影響について,既存の研究知見を整理し,体系化を図った。また、この研究成果は『マーケティングジャーナル』のレビュー論文として公表した。
    実証研究では、製品や広告の視覚提示に注目し、広告等における人物モデルや製品の提示角度や配置が審美性知覚および製品評価に与える影響を検証した。これらに関する研究成果はACR(Association for Consumer Research)、 APA(American Psychological Association)、EACR(European Association for Consumer Research)などの国際学会で積極的に発信すると同時に、研究成果を『マーケティングジャーナル』の論文として公表した。また、現在も研究成果の論文化を進めており、成果の一部を『PLOS ONE』論文として投稿している。さらに、2018年度の計画に含まれていた文化差の研究の一環として中国と日本の消費者の広告イメージに対する評価の違いについての消費者研究も開始し、現在もその研究を継続中である。

    researchmap

  • 高級感を引き起こす製品デザインに関する包括的検討

    研究課題/領域番号:26380568  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C) 

    石井 裕明, 朴 宰佑, 外川 拓, 岩下 仁

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究は、デザインによって引き起こされる高級感知覚に注目し、検討を進めてきた。特に、近年のセンサリー・マーケティングへの注目に鑑み、視覚以外も含め、包括的な感覚要因の影響を重視しながら議論を展開した。行われた調査からは、硬さや重さといった触覚要素が知覚品質を高めること、こうした効果が消費者の性別や解釈レベルによって調整されることなどが明らかにされた。また、聴覚的な要因と視覚的な要因の適合性が、消費者反応を向上させることも示された。さらに、視覚的なデザイン要因が、触覚知覚に影響を及ぼすことで、最終的な消費者反応を左右することも指摘している。

    researchmap

  • ブランド・マネジメントにおけるデザインの役割についての包括的検討(研究分担者)

    2015年4月 - 2016年3月

    千葉商科大学  学術研究助成 

    外川拓

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ブランドネームの発音を起点とするブランド要素間の整合性が広告態度およびブランド態度に及ぼす影響

    2009年4月 - 2010年3月

    吉田秀雄記念事業財団  吉田秀雄記念事業財団研究助成 

    朴宰佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ブランドにおける地域イメージの効果とブランド・コミュニケーションに関する研究

    2008年4月 - 2009年3月

    吉田秀雄記念事業財団  吉田秀雄記念事業財団 研究助成 

    朴宰佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

現在の担当授業科目

  • 2023年度   ベーシック演習Ⅰ   学部

  • 2023年度   ベーシック演習Ⅱ   学部

  • 2023年度   マーケティング入門   学部

  • 2023年度   消費者行動論   学部

  • 2023年度   演習Ⅰ   学部

  • 2023年度   演習Ⅱ   学部

  • 2023年度   演習Ⅲ   学部

  • 2023年度   演習Ⅳ   学部

  • 2023年度   演習論文   学部

  • 2023年度   消費者行動論Ⅰ   大学院

  • 2023年度   演習Ⅰ(消費者行動論)   大学院

  • 2023年度   演習Ⅱ(消費者行動論)   大学院

  • 2023年度   特殊研究Ⅰ(消費者行動論)   大学院

  • 2023年度   特殊研究Ⅱ(消費者行動論)   大学院

  • 2023年度   特殊研究Ⅲ(消費者行動論)   大学院

▼全件表示