2023/03/27 更新

写真a

ヤスイ テッショウ
安井 哲章
YASUI Tesshou
所属
法学部 教授
その他担当機関
法学研究科刑事法専攻博士課程前期課程
法学研究科刑事法専攻博士課程後期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 博士(法学) ( 中央大学 )

  • 修士(法学) ( 中央大学 )

学歴

  • 2005年3月
     

    中央大学   法学研究科   刑事法専攻   博士後期   修了

  • 2002年3月
     

    中央大学   法学研究科   刑事法専攻   博士前期   修了

  • 2000年3月
     

    中央大学   法学部   法律学科   卒業

経歴

  • 2014年4月 -  

    中央大学法学部教授

  • 2007年4月 - 2014年3月

    中央大学法学部准教授

所属学協会

  • 警察政策学会

  • 日本被害者学会

  • 日本刑法学会

研究キーワード

  • 刑事法学

  • Criminal Law

研究分野

  • 人文・社会 / 刑事法学  / 刑事法学

論文

  • 宣告猶予制度について

    安井哲章

    刑事法ジャーナル   ( 68 )   29 - 36   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 合衆国憲法第五修正の自己負罪拒否特権の誕生

    安井哲章

    法学新報   127 ( 9・10 )   83 - 116   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 強制処分と妨害排除効

    安井哲章

    研修   ( 858 )   3 - 16   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:誌友会  

    researchmap

  • 捜索差押えの対象の特定

    安井哲章

    法学教室   ( 460 )   18 - 21   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:有斐閣  

    researchmap

  • 文書の保護と自己負罪拒否特権

    安井哲章

    刑法雑誌   57 ( 2 )   180 - 194   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本刑法学会  

    researchmap

  • コンスピラシーとテロ等準備罪

    安井哲章

    刑事法ジャーナル   ( 55 )   33 - 39   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:成文堂  

    researchmap

  • 逮捕に伴う捜索・差押え

    安井哲章

    井田良ほか編『新時代の刑事法学』   210 - 239   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:信山社  

    researchmap

  • 行政調査と自己負罪拒否特権

    安井哲章

    中央ロー・ジャーナル   13 ( 2 )   29 - 43   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学法科大学院  

    researchmap

  • アメリカにおける弁護士・依頼者間秘匿特権

    安井哲章

    刑事法ジャーナル   49 ( 49 )   46 - 55   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:成文堂  

    CiNii Books

    researchmap

  • 証拠開示(316条の15第1項・316条の20第1項)

    安井哲章

    法学教室   ( 411 )   26 - 31   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:有斐閣  

    researchmap

  • 誤振込みと詐欺罪

    安井哲章

    法学新報   120 ( 5.6 )   55 - 88   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学法学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 自己負罪拒否特権の性質と機能(1)

    安井 哲章

    比較法雑誌   46 ( 2 )   1 - 33   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • 公判前整理手続における証拠開示

    法学新報   117 ( 9・10 )   103 - 132   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学法学会  

    researchmap

  • 企業犯罪の成立と訴追裁量

    Future of Comparative Study in Law: The 60<SUP>th</SUP> anniversary of The Institute of Comparative Law in Japan, Chuo University   877 - 906   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    researchmap

  • 郵便詐欺罪の研究(二)

    法学新報   116 ( 11・12 )   1 - 25   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学法学会  

    researchmap

  • 郵便詐欺罪の研究(一)

    安井 哲章

    法学新報   115 ( 11・12 )   1 - 33   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学法学会  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 刑法演習サブノート210問

    井田良, 大塚裕史, 城下裕二, 髙橋直哉( 担当: 共著 範囲: 窃盗罪(4)、窃盗罪(5)、窃盗罪(6)、盗品関与罪(1)、盗品関与罪(2))

    弘文堂  2020年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 刑法ポケット判例集

    井田良, 鈴木彰雄, 髙橋直哉, 只木誠, 曲田統, 安井哲章( 担当: 共著)

    弘文堂  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • プロセス講義刑事訴訟法

    亀井源太郎, 岩下雅充, 堀田周吾, 中島宏, 安井哲章( 担当: 共著 範囲: 第17章「証拠法総論(1)」、第18章「証拠法総論(2)」、第19章「排除法則」、第20章「自白法則(1)」、第21章「自白法則(2)」、第22章「伝聞法則(1)」、第23章「伝聞法則(2)」、第24章「伝聞法則(3)」)

    信山社  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 判例講義刑事訴訟法

    平良木登規男, 椎橋隆幸, 加藤克佳編( 担当: 共著 範囲: 担当:47「逮捕に伴う捜索・差押え(3)」、48「逮捕に伴う捜索・差押え(4)」、49「別件捜索・差押え」)

    悠々社  2012年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • ブリッジブック裁判法【第2版】

    小島武司編( 担当: 共著 範囲: 担当:第12講義「刑事訴訟法の改革」)

    信山社  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • よくわかる刑事訴訟法

    椎橋隆幸編( 担当: 共著 範囲: 担当:Ⅵ証拠10「補強証拠」、Ⅵ証拠11「共犯者(共同被告人)の供述」、Ⅶ裁判、Ⅷ上訴、Ⅸ非常救済手続、Ⅹ特別手続、?裁判の執行)

    ミネルヴァ書房  2009年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 刑法各論30講

    立石二六編著( 担当: 共著 範囲: 担当:第29講「犯人による犯人蔵匿・証拠隠滅・偽証の教唆」)

    成文堂  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • Kyllo v. United States, 533 U.S. 27 (2001)

    安井哲章

    米国刑事判例の動向   Ⅶ   242 - 246   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    researchmap

  • Riley v. California, 134 S. Ct. 2473 (2014)

    安井哲章

    米国刑事判例の動向   Ⅶ   339 - 349   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    researchmap

  • Minnesota v. Olson, 495 U.S. 91 (1990)

    安井哲章

    米国刑事判例の動向   Ⅵ   518 - 522   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    researchmap

  • 逮捕の違法と勾留

    安井哲章

    刑事訴訟法判例百選[第10版]   30 - 31   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:有斐閣  

    researchmap

  • Bailey v. United States, 133S.Ct.1031(2013)

    安井哲章

    アメリカ法2014—1   197 - 202   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日米法学会  

    researchmap

  • 刑事訴訟法三一六条の一七の主張明示義務は自己に不利益な供述の強要に当たらないとされた事例

    安井哲章

    法学新報   121 ( 5.6 )   391 - 407   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:中央大学法学会  

    刑事訴訟法三一六条の一七の主張明示義務は、被告に対し、自己に不利益な供述を強要するものではないと判示した、最決平成二五年三月一八日の研究。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/item/md/rsc/p/8438/

  • 善意の例外

    米国刑事判例の動向   Ⅳ   637 - 651   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    researchmap

  • 刑法各論講義(第2回)

    白門   64 ( 6 )   62 - 78   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:中央大学通信教育部  

    researchmap

  • 刑法各論講義(第1回)

    白門   64 ( 4 )   97 - 110   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:中央大学通信教育部  

    researchmap

  • 営業の秘密に関する提出命令

    判例セレクト   2011 ( Ⅱ )   41   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:有斐閣  

    researchmap

  • 令状による差押え(1)—範囲

    刑事訴訟法判例百選[第9版]   52 - 53   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:有斐閣  

    researchmap

  • 海外法律事情 アメリカ刑事法の調査研究(125) Arthur Andersen LLP v. United States, 554 U.S. 696 (2005)

    安井 哲章

    比較法雑誌   44 ( 3 )   541 - 551   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • 一 国土交通大臣の自動車製作者等に対する道路運送車両法(平成一四年法律第八九号による改正前のもの)六三条の四第一項に基づく報告要求が補助機関である国土交通省職員の専決により有効に行われたと認められた事例/二 道路運送車両法六三条の四第一項に基づく報告要求に対し自動車製作者の従業者が虚偽の報告を行ったとして、虚偽報告罪の成立が認められた事例

    判例時報   ( 2054 )   190 - 195   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:判例時報社  

    researchmap

  • 刑訴法316条の26第1項の証拠開示命令の対象となる証拠の範囲

    刑事法ジャーナル   ( 12 )   95 - 102   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:成文堂  

    researchmap

  • 海外法律事情 アメリカ刑事法の調査研究(114) United States v. Jiminez Recio

    比較法雑誌   41 ( 4 )   187 - 195   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    researchmap

  • 海外法律事情 アメリカ刑事法の調査研究(113) United States v. Gonzalez-Lopez, 74U.S.L.W.4453 (2006)

    比較法雑誌   41 ( 3 )   275 - 286   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    researchmap

  • 海外法律事情 アメリカ刑事法の調査研究(112) Whitfield v. United States, 73U.S.L.W.4053 (2005)

    安井 哲章

    比較法雑誌   41 ( 2 )   175 - 182   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • 企業の刑事責任と共謀

    安井 哲章

    比較法雑誌   40 ( 2 )   137 - 164   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • 事後強盗罪の罪の基本概念

    法学新報   113 ( 1.2 )   365 - 401   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学法学会  

    researchmap

  • 共謀罪の基本概念

    安井 哲章

    比較法雑誌   40 ( 1 )   109 - 141   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • 海外法律事情 アメリカ刑事法の調査研究(106) Harris v.United States,536U.S.545(2002)

    比較法雑誌   39 ( 4 )   199 - 209   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    researchmap

  • 行政手続における自己負罪拒否特権の適用(二・完)

    桃山法学   ( 7 )   125 - 154   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:桃山学院大学総合研究所  

    researchmap

  • 海外法律事情 アメリカ刑事法の調査研究(106) Harris v.United States,536U.S.545(2002)

    39 ( 4 )   199 - 209   2006年

     詳細を見る

  • 医師法二一条にいう死体の『検案』の意義と死体を検案して異常を認めた医師がその死因等につき診療行為における業務上過失致死等の罪責を問われるおそれがある場合の医師法二一条の届出義務と憲法三八条一項との関係が問題となった事例」

    安井 哲章

    法学新報   112 ( 5・6 )   383 - 400   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:中央大学法学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 行政手続における自己負罪拒否特権の適用(一)

    桃山法学   ( 6 )   1 - 32   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:桃山学院大学総合研究所  

    researchmap

  • 海外法律事情 アメリカ刑事法の調査研究(102) Chavez v.Martinez, 71U.S.L.W.4387(May 27,2003)

    比較法雑誌   39 ( 4 )   319 - 332   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    researchmap

  • 自己負罪拒否特権と文書提出命令(四・完)

    安井 哲章

    法学新報   111 ( 11・12 )   231 - 251   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学法学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 自己負罪拒否特権と文書提出命令(三)

    安井 哲章

    法学新報   111 ( 5・6 )   315 - 342   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学法学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 海外法律事情 アメリカ刑事法の調査研究(102) Chavez v.Martinez, 71U.S.L.W.4387(May 27,2003)

    39 ( 4 )   319 - 332   2005年

     詳細を見る

  • 自己負罪拒否特権と文書提出命令(二)

    安井 哲章

    法学新報   111 ( 3・4 )   331 - 358   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学法学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 自己負罪拒否特権と文書提出命令(一)

    安井 哲章

    法学新報   111 ( 1・2 )   299 - 328   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学法学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 情況証拠の積み重ねによって殺意を認定できるかが問題となった事例

    法学新報   111 ( 1.2 )   437 - 450   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:中央大学法学会  

    researchmap

  • 海外法律事情 アメリカ刑事法の調査研究(98) Mckune v.Lile, 536U.S.24(June 10,2002)

    安井 哲章

    比較法雑誌   37 ( 4 )   177 - 189   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本比較法研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • 文書と自己負罪拒否特権―collective entity法理の形成過程―

    大学院研究年報   ( 33 )   317 - 333   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学大学院研究年報編集委員会  

    researchmap

  • 海外法律事情 アメリカ刑事法の調査研究(98) Mckune v.Lile, 536U.S.24(June 10,2002)

    37 ( 4 )   177 - 189   2004年

     詳細を見る

  • 自己負罪拒否特権の原理的考察

    大学院研究年報   ( 32 )   291 - 304   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学大学院研究年報編集委員会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 文書の保護と自己負罪拒否特権

    日本刑法学会第95回大会  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap